5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

競輪放送 目安箱

225 :3900万円の名無しさん:02/06/04 08:18
先日、神戸に住む旧友の西澤ワから電話がかかってきた。
「サンテレビから電話があって」と話す声は、明らかに沈んでいた。
「来年は戦力外通告を受けた」
西澤は現役最年長のスポーツアナウンサーで、
特にサンテレビでは開局以来32年間実況を勤めてきた、
関西を代表するキャスターである。
しかし、今年で67歳。
日本のほとんどの放送局が、
メインキャスターとしては年を取りすぎていると判断する年齢だ。
実際、彼が全国ネット局の社員だったら、
10年かもっと前に解雇されていたか、
管理職に昇進して退職していただろう。

日本では、アナウンサーや記者などマスコミの人間はほとんどがサラリーマンで、
ずっと同じ組織(共産主義のようだと言う人さえいる)に所属する。
特別な才能を期待されるわけではなく、実力に見合った評価もされない。
会社に忠実な社員として言われたとおりの仕事をし、
日常業務のなかで記事を書き、実況をすればいい。
そして、新人を起用して一から始めようと会社が判断したら、
退職金をもらって喜んで引退するものだ。
もちろん、日本にもフリーの人気ジャーナリストが少しはいるが、
大手マスコミの社員には、まず目立った存在はいない。
大手のテレビ局やラジオ局、新聞社、雑誌社は、社員のスターを必要としない。
ピカソは欲しくないのだ。
会社は、標準的な給料で満足し、会社が決めた時期に静かに去る人間を求めている。
赤ワインが十分に熟すことはない。
そして、視聴者や読者は最高級のワインを飲ませてはもらえない。

67歳の西澤のように「若い」熟練のキャスターがいれば、
2002年のW杯という本物のドラマをファンは楽しめるだろう。
しかし残念ながら、日本のほとんどのテレビ局は、幼い女性アナウンサーを揃え、
才能(タレント)のない「タレント」やコメディアン、
そして長嶋茂雄のようにサッカーをほとんど知らないゲストを集め、
放送を台無しにすることだろう。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)