5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

近くのものを見るときに老眼鏡

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/21(木) 06:14 ID:eMtyNc9s
を掛けると近視になりにくいと思うのですがいかが?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/21(木) 10:49 ID:Xwosp7AY
老眼のメカニズムが解ってないでしょ?
近眼は水晶体の筋肉の連続した緊張で遠くに焦点があわなくなる事。
老眼は水晶体の筋肉の老化で焦点範囲が狭くなる事。
老眼鏡はそのときどきでつけたり取ったりするでしょ?

3 ::2001/06/22(金) 04:42 ID:1me4WkPs
近視のメカニズムも老眼(遠視)のメカニ
ズムも分かってます。

近くを見るときは水晶体の筋肉が緊張して、
水晶体を分厚くする。

これを繰り返すと筋肉が緊張したままに
なり、近眼になる。

そこで、近視になる前に、近くを見るときに凸
レンズである老眼鏡を掛けるようにすれば、水晶
体が分厚くなったのと同じ効果が得られ、筋肉を
緊張させずに済む。

つまり老眼鏡(凸レンズ)が近視の予防になると
言うことです。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/07/04(水) 20:03 ID:???
それは仮性近視でしょ?
軸性の近視だったら意味ないよ。

5 :角膜屋:2001/07/04(水) 20:08 ID:TaZYHOmk
雲霧法のことを言ってるんじゃないですか?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 21:26 ID:pfe8Tdqo
1の言ってる事は一理あります。
実際その原理を利用した、近視進行予防レンズ(こんな名称だったかな?)
なるものが発売されております。
これは、近視になった人が更に近視の度が強くならないように架けるめがねですが、
1は、多分これを近視になる前から架けろといいたいのだと思います。
このレンズは、簡単に言うと累進レンズを応用したものです。
俺、個人の意見としては、調節力があるのに使わないのは、調節力の衰えにつながると考えています。
だから、何ともいえないですが、実験の結果は効果あり と出ています。

近視とは、悪い目じゃありません。進化した目です。
例えば、アフリカの目がいい人が、日本で生活したら目が疲れてしょうがないと思います。
それに比べ、-1.50D〜-2.00D程度の近視の人の疲れは少ないでしょう。
近視とは、現代日本の生活様式に合わせて進化した進んだ目なのです。
ただ、必要以上に進んだ場合は、最悪ですけどね。
マンモスの牙も同じような事か。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 23:00 ID:???
軸性近視になるメカニズムもわかっているのでしょうか?

8 :一店長:2001/07/04(水) 23:38 ID:ODKT7ulw
調節力が充分にあるうちは、それと平行して眼を内側に寄せるちからが働きます(輻輳って言います)。
老眼鏡(近見用)レンズを使用すると、この打ち寄せの働きまで損なわれ、近見時にモノが横ずれを起こして
見えることが考えられます。
まあ、そこまで大袈裟ではないんですが、いずれにしても老眼鏡で近視予防とは、あんまり健全ではないですよね。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 23:52 ID:???
かってにやれ

10 :映像人:2001/07/05(木) 02:23 ID:DGyCU04w
> 軸性の近視だったら意味ないよ。

仮性と軸性を明確に区別することはできません。

11 ::2001/07/06(金) 00:27 ID:lkVQ9Vqc
近見作業時の老眼鏡使用を実践したことがあります。
結論から言うと「この方法を教えてくれた人に感謝」です。

一日十時間以上計算機を使ってソフトウェア開発をやっていて調節性眼精疲労を患いました。
ランドルト環を使った深視力の測定では左右ともに1.0、両眼で1.2あり、これだけ見れば
「よい目ですね」と羨ましがられましたが読書や計算機使用では10分も経つと目が開かなくなり、
まるで作業にならない状態でした。眼科医は炎症を抑える薬を出して「適度に休め」と言うだけで、
それでは一時的に回復してもまたすぐに元の状態かそれ以上に悪化しました。
「眼科医は目の病気は治せるが視力のトラブルは治せない」のは本当だとわかりました。

遮光グラスを買おうとして眼鏡店に行ったら度の弱い老眼鏡(+0.25か0.5)を使う方法を紹介され、
2週間ほど続けてみました。上述のとおり私は深視力が悪いわけではなく眼鏡をかけた経験が
なかったため最初のうちは気持ち悪かったのですが慣れると余分な力が抜けて疲れが軽減されることが
はっきり感じられました。

その後は傾斜沈設型の机を導入して目とディスプレイの距離を離し(70〜80cm)
作業環境を改善したので老眼鏡は不要になりました。
(というより老眼鏡は30cm付近を見るように作られているのでそれ以上離れると合いません)

私にとっての老眼鏡は骨折時の松葉杖のようなものでした。
なくて済むならそのほうがよいです。
使ったのは近くに長時間焦点を合わせつづける場面だけで、それ以外はもちろん外して過ごしました。
今後使おうとする人がいるならそこを誤解しないほうがよいと思います。

老眼鏡と銘打たれてはいませんが「デスクワーク用」と称した製品もあります。
(たとえばHOYAのLecture)

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/15(日) 02:14 ID:I04NT6DM
元ネタはおそらくここですな

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/1955/tukkungeo/kinsi.html

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/15(日) 07:54 ID:???
>>11
矛盾あるね。ネタだからしょうがないか。

>>度の弱い老眼鏡(+0.25か0.5)を使う方法
>>老眼鏡は30cm付近を見るように作られているのでそれ以上離れると合いません

この人が、正視と仮定して、30cm付近を見る。それ以上離れると見えにくいめがねの度は、
+3.00は、必要です。
+0.50だと、2m先まで見えるはずです。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/15(日) 10:45 ID:???
この方法は1960年代に既に試みられ、治験なしと退けられました。
大体が毛様体緊張説は荒唐無稽なのです。これも1970年前後に退けられてます。
未だにこれを放送するメディアは猛省を。
毛様体が硬くなるというなら、それじゃあ近眼の人は35くらいで老眼になってしまうじゃないですか。

15 ::2001/07/16(月) 10:38 ID:IJITxDCk
>>13
いま手元に+0.50がありますが2mも離れるとぜんぜん見えません。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/16(月) 10:57 ID:Sq/x3p7U
35才くらいで老眼の症状が表れる人はいてます。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/16(月) 23:24 ID:???
>>15
それは、あなたが正視じゃないからです。
近視である可能性が大きいです。

18 :やぎ:2001/07/30(月) 12:52
>>16

20代後半からいますね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 17:50
「見える」を拡大解釈していませんか。

老眼鏡は30cm以内の所を見るように作られています。
1mや2m先が見えるように感じられたとしても、負担が大きいのでお勧めしません。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 20:41
ある眼科医は「調節をしない目は衰えるのが早い」と言っていたが
調節力のある年齢の人が近用メガネを掛けるのは
楽なのはわかるが、調節しなくなるので運動不足と同じ状態にならないか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 08:56
>>20
なります。
ですから使う場面を選ぶのです。

22 :20:2001/08/06(月) 19:16
>>21
調節がある人ならば、使う場面なんて早々無いと思うぞ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 23:48
FreeBSD Press
でも紹介されていました。さすが計算機屋の気持ちがよくわかる。
それ以来愛用してます。

24 :映像人:2001/08/08(水) 21:17
>>22
使う場面がない人が無理に使うものではありません。
ふつうに歩ける人が松葉杖をついたりしないのと同じです。
クリチカルな人だけで。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)