5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

狭山事件

1 :そして誰もいなくなった:02/02/11 10:58
怖い。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 11:00
狭山といえばお茶。

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 11:06
うん。実際には一人しか殺害していないのに、連続殺人以上の怖さがアル。

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 11:08
狭山茶は狭山市の他、入間市、所沢市でも生産されている。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 11:09
所沢産の狭山茶は、風味がよいらしいぞ。

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 11:10
まー恐いんだけど、面倒なテーマですよ。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 11:15
部落問題とは切り離して、この事件の狂気について考えたい

8 :メカ:02/02/11 11:17
そんなに、ヤバイお茶なんですか?

9 :メカ沢 新一  ◆vc80AQ3A :02/02/11 11:18
あれ?

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 12:07
狭山事件やアメリカのウェスト・メンフィス3(THE WEST MEMPHIS 3)
みたいな社会的な偏見や差別感情が起こした冤罪事件はいっぱいあるよ。
いわゆる社会の多数派の持つ狂気って怖いよね。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 12:09
>>10
いや、差別の狂気より、この事件自体が怖い。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 12:30
>>8
飲んだら…

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 13:10
ttp://www.f2.dion.ne.jp/~sayama1/

真面目に語ろうか。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 14:28
>>13
でもそのサイトは、部落色が強すぎないか?

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 14:50
そうね。もうちょっと客観的な資料はないものか。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 15:37
これはどお?

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 15:42
>1
ソースは?

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 15:43
>16と17
質問と答えが前後してる…

19 :脅迫状:02/02/11 15:50
少時様  このかみにツツんでこい

子供の命がほ知かたら4月29日五月2日の夜12時に、
金二十万円女の人がもツて前さのヤの門のところにいろ。
友だちが車出いくからその人にわたせ。
時が一分出もをくれたら子供の命がないとおもい。ー
刑札には名知たら子供は死。
もし車出いツた友だちが時かんどおりぶじにか江て気名か ツたら
子供わ西武園の池の中に死出いるからそこ江いツてみろ。
もし車出いツた友だちが時かんどおりぶじにかえツて気たら
子供わ1時かんごに車出ぶじにとどける。
くりか江す 刑札にはなすな。
気んじょの人にもはなすな
子供死出死まう。
そのままかえてきて、こどもわころしてヤる。



20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 16:03
この話をこの板でやるのは気が引けないか?

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 16:06
>>19
この脅迫状の写真が見たい。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 16:12
>>20
よそでやると、喧しいのが沢山くるし。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 16:16
結局、冤罪だったってことでいいの?
小学生の時、道徳の時間にさんざん「石川さんは冤罪」と
教わったけど。
一連の経緯を小説風にして紹介した本をテキストとして
使っていたなあ。

兵庫県芦屋市の某市立小学校です。

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 16:33
コワイ。
事実は小説より奇なり。

25 :加藤ティ〜:02/02/11 19:41
特攻狭山っていう珍走団を知ってる。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 19:58
うわ、頭悪そうな名前…本当に特攻して逝って欲しい

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 20:15
地名は、本当は今の入間市が「狭山」、狭山市が「入間」なんだだそうだ。


28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 20:27
出棺の時の写真を見たことがありますが、白いのぼりと、白い棺、
なぜか庭先の泥濘具合が、やけに印象に残りました。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 21:10
>>19
この文章、いつ読んでもめちゃくちゃこわい・・・

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/11 21:39
原文が見たいなぁ

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 07:47
関係者のうち4人が自殺。
内、二人が狂い死に!

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 08:24
特攻狭山、まだあるのかいっ。20年前には既にあったような。
狭山市立入間中出身ですが、何か?


33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 09:27
>>23
冤罪だろうね。
というか司法では「疑わしき罰せず」の原則があるので、
100%犯人だという証拠が無い限り、無罪なのが原則なんだが。
松本サリン事件、甲山事件、徳島ラジオ商殺し、免田事件や島田事件など最低の冤罪事件が多い。
警察や検察はメンツを重視して、こういうバカなことをするんだろうね。
松本サリン事件など途中で何度もオウムや集団犯行の疑いを示唆する証拠がでてきてるんだけどね。
島田事件では犯行状況からありえない証拠品がでてきてるし、
甲山事件は
二件連続で学校で児童が水死(事故死でしょ)したのを
検察官が法廷で「容疑者の女性が一件目の事故を誤魔化すためにわざと児童を落として殺した」と、
常識では考えられない動機を陳述している。
この狭山事件も一件目の謎の自殺をした男性が「犯人ではありえない」とおかしな発表をしている。
犯人は生きたまま捕まえないといけないそうだ。

ところで、どう見てもこのスレ、板違いだよ。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 13:58
いや、いいんだよここで。
他だと、差別関係者がなだれ込んできて、事件の本質より冤罪のヒステリー集団になっちまう

ところで、島田事件って何?

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 16:40
脅迫状の拡大

http://www.mukaino.gr.jp/fukisito/Zsayama/Zsayama.htm

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 16:52
うーん。小さい
http://www.try-net.or.jp/~dreamc44/kensyo.html

37 :名無しさんが後ろに・・・:02/02/12 19:32
ageage

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 19:34
狭山市民でありながら、狭山事件のことをよく知りません。
どんな事件か教えてプリーズ

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 19:53
ネットっでちょいと調べれば一発。>38

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 20:03
>>38
庄屋の娘がブラック民の男と故意に落ちたが周囲の圧力に耐え切れず心中を図る。
しかし死ぬ間際、娘は男に「私を殺して、あなたは私の分まで生きて欲しい」
と願う。最後のセックスのあと、男は泣きながら娘の首を締め、殺害する。
男は警察に捕まり罪人にされるが、徹底して無実を主張する。なぜなら彼女を殺し、
自分の人生を奪ったのは、体裁だけ繕った日本の社会に根強く残る差別だからだ...
という話だYO!

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/12 20:15
( ´_ゝ`) 「狭山心中」という文楽ができそうだね。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/13 10:06
>>38
まず>>16へ逝け。それから他へ飛べ

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/13 11:09
>>40
それ(・∀・)イイ!

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/13 21:12
やはり最後のSEXは中だししたのですか?

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/14 10:18
>>44
YES。血液型はB型。

46 :なぞ:02/02/15 00:44
定説?では、すでに犯人は自殺していると聞いたが。
大体変死しているのは、身内、知合い関係者だよね。
ちょっと疑問だったのが、犯人が被害者のチャリを押しながら
その家がどこにあるか、近所で聞いていることなんだよね。
そして、被害者宅にその脅迫状を置き、自転車ももとの納屋に返してんだよね。
これは、捜査の撹乱なのかねえ。

それと被害者の胃からお昼には食べなかった、確か未消化のトマトが出てきてる。
ということは、誰かと食事したと推測される。
イコールが犯人とはいえないが、被害者と近いスジだよね。


47 :ヤマキヨ:02/02/15 00:46
W-inds hiro eriko 葉山事件。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/15 01:38
身近な冤罪なんて山ほどある。
検事・判事・弁護士まで全部グルなんて珍しくもなんともない。


49 :a:02/02/15 01:49
冤罪ばっかに触れないで、何故あれだけ何人もの関係者が自殺したのかとか
そっちの方が興味深い。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/15 10:16
>>46
そのへんの詳しいサイトない?

51 :なぞ:02/02/15 12:45
サイトは調べてないんだけど、
本では岩波新書『狭山裁判』上下(野間宏)、
読み物仕立ての晩聲社『犯人』(殿岡駿星)など。
図書館にいけば幾つか捜せると思うよ。
後、イラストで書かれている本もあったな。タイトルど忘れ。
それには、結構詳しいイラストや被害者の学生手帳の写真とか載ってた。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/15 16:17
>>38

とりあえず狭山市図書館へ行きましょう。
郷土資料室(?3F)に、狭山事件の本が特別枠で置いてあるから。
事件の資料は、裁判の記録まで殆ど揃っているほど。
行ってみる価値おおいにアリだよ。


53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/15 17:27
>>51-52
ありがと。

54 :やかん:02/02/16 07:12
>>34
多分、静岡県島田市で5・60年ほど前に起きた幼女誘拐殺人のこと。
大井川の遠州側の山で起きたと思う。

冤罪で、10年か15年ぐらいまえに釈放されてます。
釈放された人が、えらい老けてしまっているのが印象的だった。

狭山とは関係無いSage

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/18 03:06
今更ですが、今日このスレを読んだので・・・

この事件の事は知りませんでした(無知でスマソ)が、検索して調べてみると確かに不気味ですね、この事件。
調べた中でも↓このサイトが詳しいかと。リンク集も充実してました。

狭山事件-最新情報
ttp://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/sayama/
脅迫状の原文写真
ttp://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/siryou/sayama_jiken/kyouhakujyou2.html

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/18 19:00
S37.6.中旬  バイク代金横領 (実際は、代金を遊ぶ金に使って、払えなかったこと)
S37.11.19  建材泥棒 (道端に積んである材木を人に言われて何本か失敬したこと)
S38.1.下旬 鶏泥棒 (友達と酒を飲んで、その勢いで、やったこと、田舎では、見つかると怒られるけど、見つからないとなんとも思われない時代があったのです)
S38.3.6   鶏泥棒
S38.3.7   車上より衣類を盗む(借りた服を返し忘れていたこと)
S38.3.7   イモ泥棒(腹が減ったから、畑から少しもらったこと)
S37.11.23  些細なことに因縁をつけ傷害事件。(車の接触事故で、相手と口論になり、手が出たこと)
S38.1.7   上記の被害者との話し合いの場でさらに傷害傷害事件。 (同上)
S38.2.19  傷害事件(?)

石川さんがとんでもない悪だというイメージを、警察は作ろうとして、また、逮捕する口実を探し徹底した身辺捜査をしました。
事件のおきた5月の13日以降の石川さんの身辺捜査でつかんだ情報の中から、事件にできそうなの選んだのです。
そして、事件として立件もされていなかったことを、「被害者」のところへ行って、「被害届」を書かせ、それをもって、事件として取り扱い、起訴したのです。
裁判所は、警察の立件と「被害届」があれば、簡単に有罪にします。
しかし、これらの件は、警察が言っていたように「これだけで10年は刑務所だ」というのとは程遠いもので、罰金、始末書、でけりがつく(通常なら面倒なので警察も裁判になんかしない)ことです。
ですから、普通なら、警察沙汰にはならないことです。部落民は割るが多い、という偏見を利用した悪質な、「石川悪人」説です。
石川さんは逮捕後、これらの余罪についてはすぐに認めています。殺人の件だけは頑強に否認しましたが。
皆さんに聞きますが、例えば、友達に何か、本とか借りて、返すのを忘れているなんてこと経験してませんか。それが、もし、友達が「被害届」なんか出したら、警察沙汰になるのです。
そして、何か大事件がおきて、警察が、嫌疑をかけたら、徹底的に調べ上げられるのですから、自分が忘れていたようなことまで、事件にされたりして、プライバシーが全部あばかれるのです。
警察の事件捜査の常道です。弱みを握って、それで脅かし、「自白」させる、根っからの悪人のように扱うのです。
腐れ厨房は聖人君子ですか? それとも、わたしと同じようないいこともやるけど、時には悪いこともやる人間なのですか。
人を悪人であるように言う場合二通りあります。ひとつは、本当に悪人である場合、もうひとつは、そうでもないのに悪人にしたい場合です。
「火の無いところに煙はたたない」といいますが、石川さんは、悪ふざけが過ぎたり、物忘れをしたり、ちょっと短気なところがあっただけの人です。
警察に、殺人事件の関係でにらまれた、ということを別にすれば、どこにでもいるようなお兄さんです。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/18 19:35
>>55
脅迫状の写真、こえぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーー

58 :なんか似てないか?:02/02/19 10:41
大阪府箕面市の山中で、トラック運転手岡野満義さん(57)が
他殺体で見つかった事件で、奪われた岡野さんのトラックにひ
き逃げされて死亡した無職男性(57)の長男(26)が箕面署捜
査本部の事情聴取に対し「父と一緒にシートに包まれた大きな
荷物を山中に運んだ」と供述していたことが18日、分かった。
長男は同日午前、大阪府豊中市のマンションから飛び降り自殺した。

長男は「何を運んだか知らない」と供述したが、捜査本部は無職男性
と長男が岡野さんの遺体運搬にかかわったとみて捜査している。

ひき逃げの被害者の長男は18日午前9時45分ごろ、豊中市庄内
西町4丁目のマンション11階から落ちるのを10階にいた清掃員に
目撃された。現場に遺書はなかったという。
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1011941488/450


59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/19 11:24
唯一犯人に接触したという姉の証言は本当なのだろうか。
40人の警官に、来る時も去るときも目撃されてないなんて?????
そもそも犯人が身代金を取りに来ていないとすると・・・・・・・コワー

60 :なぞ:02/02/20 00:02
犯人が来なかった、ということはないでしょう。
姉と近くにいた刑事、村の協力者も聞いています。


61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 00:13
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

被害者のお姉さんも発狂して自殺・・・

62 :なぞ:02/02/20 00:22
埼玉県警と本庁による、犯人の取り逃がしという大失態。
被害者周辺の変死者に対しての簡単な捜査で済ませた失態。
かばん、時計、万年筆の発見による不可思議。(デッチあげ)
被害者の下校後の足取りの不明確さ。
犯人の脅迫状を届けるまでの行動。




63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/02/20 00:30
石川が犯人に間違いなしです。

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 00:43
この自殺者の多さは何?
ほんと1の言うように「そして誰もいなくなった」って感じだ…
コワイヨー

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 01:24
>>61
お姉さんは犯人を知ってたんだよね。
なんで遺言のこしてくんなかったんだ。

66 :なぞ:02/02/20 03:04
>>65
姉の変死については、医者が行った時にはすでにきれいな状態で、
布団に寝かされていたらしい。
劇薬のビンも洗われた後だった。
医者も簡単に自殺として片付けてしまった。
遺言書は、警察の方にあるのかは不明。
許嫁は、葬儀にもで無かった。遺言についても証言が曖昧。
彼は被害者の長男の中学時代の同級生。
後に姉は、犯人を知っていたんじゃないか、という噂も流れたが
真相は闇の中へ。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:29
犯人が被害者宅に脅迫状と自転車を届けたなら、足跡ぐらい取れなかったのか?
まさかワラジでもないだろ。

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:34
被害者を霊能者が霊視すればすぐ解決じゃん。警察も頭悪いな。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:48

 何かすげーどっきりした。
 オレの彼女、狭山市民で石川姓だぞ。



70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:50
>>69
本日1番の怖いレス。
人権版(実は差別版)に逝け。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:50
マシリト小泉は、冤罪追及特命大臣作るべき。
三権分立なんかクソくらえだ。


72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:52
糞田舎の事件だ、犯人は地元の有力者。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 03:58
>71
犯罪を犯せば必ず捕まるということを示すには、少々の冤罪は必要なんだよボケ

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 04:09
無知の涙。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 04:39
>>72
有力者がなんで金がいる?

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 06:40
あっそー

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 11:27
>>66
つーか、そもそも検死制度をもっと充実させるべき。
5大都市にしかないからね。(札幌・東京・名古屋・大阪・神戸)
ほかの所は警察署の嘱託医が死亡診断書かいてる。
この人たちは普段は警察官の健康診断とかやってるだけで
死因特定とかの専門知識はほとんどないんだから。

78 :通りすがり:02/02/20 11:50
>>75
誘拐事件に見せかけるためでは?

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 17:04
>>78
なぜ有力者は、中田家の次女を殺したかったのか?

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 17:15
>>60
村の協力者って誰なの。

81 :なぞ:02/02/20 17:45
元PTA会長。
お金の受け渡し時に姉さんと付き添って行った。
法廷の証言では、
聞き覚えはないが、土地の人だというような感じは直感的にした。
と述べている。
当然、誘拐ということで、5月3日朝から地元消防団、機動隊など
百数十人が山狩りをしている。
そこで、自転車の荷台のゴム紐が発見されている。



82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/20 23:46
>>元PTA会長
それにしては字が下手だね。

83 :なぞ:02/02/21 01:14
>>82
72のいう有力者っていうのとは違うよ。
元PTA会長は、ただの協力者。

この地区は、同じ姓が多くて判らなくなるね。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 01:44
名前からしてヤバいね→挟山


85 :なぞ:02/02/21 01:52
脅迫状に関して、
高等教育を受けた者がワザと下手に書いているのか、
字の書けない者が、書いたのか?
この脅迫状は、ボールペンで書かれたもので、幾つかの修正は
万年筆で書かれた。
(宛名)少時様→○○○○(被害者宅)
4月29日→五月2日
前の門→さのヤ

大学ノート1枚の脅迫状と身分証明書が、二重封筒に入れられてあった。
>>55に原文写真。
指紋は、3つ検出されたが対象不可能。

なぜ、脅迫状の変更が必要だったのか?
当初からお金目当ての誘拐だったのか?
それ以外の目的があったのか?


86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 03:24

>人権版(実は差別版)に逝け。

 何故?



87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 03:30
少時様って誰?

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 15:23
>脅迫状に関して、
>高等教育を受けた者がワザと下手に書いているのか、
>字の書けない者が、書いたのか?

字の書けない者が見よう見真似で書き写すと、まっすぐな字列にならない。


89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 17:14
>>55
なるほど。脅迫状はこういう風に書くのか。勉強になるなぁ。

90 : :02/02/21 17:40
りぼんか・・・。

91 :なぞ:02/02/21 21:33
狭山事件を考える場合、
冤罪事件としての方向性と事件そのものを推理していく方向性があると思う。
前者の場合は差別との関わりが重要になり、後者はあまりにも多くのなぞが
ある事件として興味をそそられる。
警察の威信を賭けた犯人逮捕と疑問のある証拠物件。
犯人は最初から身代金目当てであったのか?またはイタズラ目的での犯行か?
はたまた怨恨なのか?

>>87
犯人の偽装工作か、もしくは「しょうじ」という家を当初狙ったのか?
市内には当時の電話帳だけで10人ほどの「しょうじ」という家があったらしい。姓か名かは不明。




92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 21:35
凶悪事件の犯人が不明な場合は、治安維持のため、誰かそれらしいスケープゴートを捕まえる
必要性がある。冤罪かどうかはさしたる問題ではない。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/21 22:07
>92
何を言いたいのか、理解に苦しむ。
なぜ狭山事件がこれほど有名なのか、それは冤罪の可能性が高く
そして差別問題が絡んでいるためである。
どうして、冤罪かどうかさしたる問題がないのか。
言ってる意味が判らない。

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 10:48
ここでは差別を語らず、謎を語ろう。

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 11:09
>>93
差別問題に乗じて活動宣伝をしたやつらがいただけ。
冤罪ではないことはすでに裁判所で確定した。
仮にやってないとしても、もはや言い分は通らない。


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 11:16
未公開の証拠も不気味。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 13:27
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

裁判所で確定したのかどうか知らないけど、これを読む限りではなあ。
このスレに関係者がいる訳じゃなし、言い分もへったくれもなかろ。

なんか変なのがいるなあ・・・



98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 14:32
>>94に賛成。
この脅迫状の変更箇所が気になる。


99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 17:25
ほんとは身内絡み。
被害者の妹と自殺した兄の近親相姦が原因て、
どこかで見たな。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 17:26
100!

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 17:26
>>99
兄は自殺してないだろ

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 18:29
このスレ見るまでは、事件の名前くらいしかしらなかったけど、
1人目に自殺したやつがすんげえ怪しいんじゃないの?

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 18:36
手塚巨匠の異作「奇子」をなんとなく思い出させる。

104 :なぞ:02/02/22 19:24
1人目の自殺者は、結婚式を明日に控えてた。
5月4日に被害者の遺体が発見され、6日の朝に新築中の家で農薬を飲んで井戸へ。
解剖はされずに医者の判断で自殺となった。
以前に被害者宅で作男をしていたとこもある。
当日のアリバイも親戚のアリバイのみ。
当初、警察のリストにも入ってたらしく、この変死ということで
今もってシロかクロか判断できないでいる。(30歳)
2人目の自殺者は、11日にナイフで心臓をグサリ。
やげん坂の山林中で怪しい3人連れを見たと届けた男性(31歳)。
そして3人目が、被害者の姉。
翌年の石川被告の死刑判決が決まってから数カ月後。
薬物自殺。遺体がきれいになって布団の中に入っていた、農薬のビンも洗われていた。婚約者は葬儀にも顔をださなかった。
解剖もされず、最初の自殺者を見た医師によって判断された。
事件発生から3年後にスコップが盗まれたという養豚所経営の兄が、
礫死体で発見。
14年後、被害者の次兄が自殺。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 19:35
>14年後、被害者の次兄が自殺。
自殺の原因はなに?

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/22 19:42
>事件発生から3年後にスコップが盗まれたという養豚所経営の兄が、
>礫死体で発見。
この人と下の人は同一人物?「養豚場経営の兄」の意味がわからない。

1966年(昭和41年)10月、事件当時、地元の養豚場に勤めていて、捜査本部の参考者リストに載っていた中年男のTが、西武線入曽駅近くで電車に轢かれて死亡した。警察は自殺と断定した。

107 :なぞ:02/02/22 20:32
>>105
原因その他の詳細不明。
>>106
I兄弟の弟が養豚場の経営者。
この経営者のIさんと弟(さらなる弟か?)とかつての同僚のTの3人は6月4、5日に別件逮捕されている。(Iさんが何人兄弟なのかは判らない)
礫死したのは、Iさんの兄。
養豚場経営者の弟と変死した兄は、用事があるためトラックで出かける。
用事がすんだ弟が車に帰ると、兄はいなかった。
その夜、兄は電車に轢かれて死亡したらしい。
警察によれば、どこかで酒を飲んで轢かれたんじゃないかとみている。
ただし、どこで飲んだのか、ひとりだったのかはなぞ。





108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/24 15:05
では、石田兄とTが同じ年に二人とも轢死自殺したということですか?

こえぇぇぇぇぇぇーーーーーー

109 :なぞ:02/02/24 15:22
Tさんについては、本によってイニシャルが違うので
どの人を指しているのか判りません。
たぶんTさんが、経営者の兄さんの事だと思います。
(登利造さんが轢死しました。)
そして、別件逮捕された3人のうち1人が、抗議のため留置場で
自殺未遂をしています。


110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/25 12:55
犯人は、自転車をひいて脅迫状を持っていく途中、民家で被害者宅への道を聞いている。
その民家の人は、犯人の顔、特長を見ていないのか?

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/26 11:37
>民家で被害者宅への道を聞いている
少なくとも脅迫状を持っていったのは、奥富ではないな。

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/26 20:07
もう終わった事件のことをガタガタ言わないの!あんたらみたいなのをクレーマーって言うんだよ!!

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/26 20:40
事件は何も終わっていない。
何も解決していないのが狭山事件。
もしかして、真犯人はまだ生きているかもよ。

114 :終了:02/02/26 20:41
真犯人は石川。
-------------------------終了---------------------------

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/26 21:50
犯人は単独ではないだろ?

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/26 22:29
>>111
どうして、そう言えるのか?
彼のアリバイは、親戚関係の証言だけ。
シロとも言えないのでは。

117 :派尻:02/02/26 22:30
初代タイガーマスク

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/27 09:07
>>>111
奥富も犯行にかかわっていると思ふ。ただ、被害者の家で働いたことがある彼が道をたずねるのはおかしい。
よって共犯(主犯?)者が脅迫状を持っていったことになる。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 00:35
登場人物多くてサパーリ分からん

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 02:48
私が住んでいる所は、狭山事件の被害者の家があったすぐ近く。
事件後、善枝地蔵を作って、善枝さんの霊を弔っているんですよ。
遺体発見場所や、関係者が轢死(自殺と言われている)した線路や
冤罪の石川さんの家があった場所もどこだか知っていますが、
あんな謎の多い不気味で凄惨な事件があった場所だとは思えない・・・
今はごく普通の住宅街です。(畑や雑木林はまだ残ってはいますが)

もしかしたら、狭山事件の真犯人は今でもこの辺で普通に生活してるかも
知れないですね。怖いと言うよりも、哀しい感じがします。

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 03:16
善枝地蔵は写真で見た事があります。
なんか悲しいですね。
狭山は行ったことがないんですが、その当時とは随分と様変わりしたと
聞きます。まあ事件から39年になろうとしているんですから。
事件関連の本を読むたびに、何が真実で何が嘘なのか判らなくなってきます。
メビウスの帯状態です。
まだ身代金受け渡しの場所の『さのヤ』とか、養豚場、加佐志街道の関口自転車店は健在なのですか?


122 :120:02/02/28 04:13
>>121
本当にどこに真実があるのか解らない事件ですね。
狭山事件があった辺りは、今では静かな住宅街です。
もちろん、「部落」という暗い過去があった痕跡さえありません。
昭和40後半位から新興住宅地として整備され始め、その頃から
住み始めた人達が多くなり、当時の事件を知る人達は減っています。
関口自転車はよく分かりませんが、養豚場はもうありません。
さのやは、建物は新しくなったけど「佐野屋酒店」として今も営業中です。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 05:04
この事件のようなことに、みんな巻き込まれないとは言えないんだよね。
もし、自分自身が、自分の大切な人が別件逮捕だ拘留だ、死刑判決だって
なったら、やっぱり事実でないことに巻き込まれたならいやですよ。

なんで本当にやった者が裁きを受けないのだろうか。
ともあれ、この板の趣旨からすると、あまりにも謎の多い部分について
考えてみたりするのが良いと思われ。

私の個人的な推理としては、当事者はまだ生きて安穏と日常生活を営んでいる。
最後の方に電車に飛び込んで自殺とされた者を、酔わせて電車に放り込んだ奴で
あるとみる。
この者は許せないものであるが、どういう経緯があったのかを、空白の事実を
想像するところが、この板には丁度いいように思われ。

どこか違う地方に流れているかも知れないから、お前の近所に住んでいるかも
しれないって考えたら、ちょっとこわいですか?私は恐ろしいです。

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 05:43
>>103 奇遇だね〜俺も連想した。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 06:00
部落や在日は疑われて当然。時にはスケイプゴートも必要ってことさ。

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 10:15
>>125
キミ、「スケイプゴート」の意味知ってる?(ププ

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 11:37
無視無視。
92=123

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 13:25
>>127
番号間違えてほったらかしはいけないよ。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 14:37
ゴメンネ。<<128、123
完璧に間違えてたよ。冤罪だった123。
92=125

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/28 20:41
92=125をさらし上げ=スケープゴート(ww

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/01 15:12
被害者に残された、B型の精液は誰のもの?

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/01 19:38
DNA鑑定が出来るなら98%以上の確率で、犯人が特定できるね。

133 :これか?:02/03/01 20:35
http://www.opas.gr.jp/osakasayama/

134 : :02/03/01 22:23
>>132
こんな時代が来るんなら
冷凍してとっとけばよかったよな。


135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/02 18:38
今朝永六輔のラジオでこの話やってた。なんでもアメリカで冤罪事件が
あったとき、ボブ・ディランがそれを題材にした歌を歌って事件の話が
広まり再審請求が認められた、と言う話があるそうで。で、狭山事件も
ボブ・ディランに歌ってもらって再審を認めさせようとしている人がい
るらしい。その人が電話でラジオに出演してて、グラミー賞の会場に
もぐりこんでボブ・ディランに直訴しようとしたが失敗した、という話
をしていた。実現したらすごいとは思うけどなぁ・・・。

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/02 21:16
これ、石川青年を登場させないで、犯人は迷宮入りで逮捕・起訴されなかったとしても、すごいミステリーになるよね。
無論、Bは単なる貧困層として描く。
映画化きぼーん。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/02 21:57
図書館で、この事件の当時の新聞をみたよ。
4月には吉展事件が起り、そして5月にはこの事件。
重なる誘拐捜査。


138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/03 00:01
>>137
だからなに?

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/03 01:25
=137
あっ、ゴメン。・・・爆睡しちゃてた。
コピーしてきたからうPしょうかなあ、と思っただけ。


140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/03 13:21
すごいふるくさいかんじがします。

141 :切腹しましょう:02/03/03 13:57
うんこ食べる?

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/04 18:08
>>141たべない

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/04 18:27
つーか真犯人が誰であろうと関係ないだろ。つまらん。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/04 18:32
このスレは>>143に関係ある事件のみを扱うスレになりました。



145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/04 18:36
重大事件が発生して犯人が誰かわからない場合は、治安を維持し警察権力を
守るためにそれらしいヤツを捕まえる必要があるんだよ。狭山事件の場合は
それがたまたま石川だったわけだ。さっさと死刑にしとけばよかったのにな。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/04 18:41
スケープゴート君ハケーン

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/04 19:25
ヤツのカキコは、同じことしか書けねえ。
スケープゴートくん。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/05 18:19
>>136
最近は犯人がはっきりとわからないミステリーが流行しているから、割といいせんいくかも寝。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/05 18:29
当時の日本の風俗を正確に再現すれば、外国にもウケル(無論Bは、文盲の小作集落として描く)
ついでに、ろくな検死もしないで遺体を火葬させた医師も一枚かませてやれ(恨

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/03/05 18:48
( ^▽^)<犯人はあたしですよ〜!


151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/05 18:48
( `.∀´)=○)T▽T)/‥:∴∵ …



152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/07 21:37
>>139
うpして!


153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/10 02:08
ずいぶん昔に三一ブックス読みました。
冤罪と思ってましたけど複数犯で有罪が大方の見方なんですか?
脅迫文の筆跡は全然違いますわネ。複数犯なら他の人はだれネ。
最初御兄さんを引っ張ると脅され一家の唯一の働き手が居なくなると困るので
官権の口車に乗ってしまう。

興味深いのは被害者の一家一門は全員亡くなってしまった。
当時被害者宅はお家騒動でごたごたしていた。


154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/10 13:39
被害者宅で亡くなったのは、姉と弟だけでしょ。
家庭は複雑だったみたいで、被害者と自殺した姉は本当の姉妹ではなかったみたいだね。
物証のカバン、時計、万年筆は警察のデッチ上げっぽいが、
本当に石川被告が無罪とは・・・・
彼の最初のアリバイも不明確で、家族と口合わせをしていた感があるし。
被害者の兄も証言が一定でないし、永遠にナゾ。




155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/11 01:11
やはり近親相絡み。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/11 01:40
目的が判らないね。
なぜ、被害者宅の名前を脅迫状に書けたのか。(フルネームで父親名)
脅迫状を挟む前に庭で、封を破いて差し込んだのはなぜ?
(翌日、兄が庭で破いた封を発見。それも早朝に手掛かりを捜してて)
遺体が発見された当時もマスコミ関係が大勢、狭山にいたらしいが、
兄は証拠を撮ろうとカメラで現場付近を撮ってたようだね。
かなり犯人捜しをしているみたい。


157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/11 15:31
>>156
目的は金。これは間違いない。身代金を取りに来たのだから。

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/11 16:03
>>145
あまりにあからさまな冤罪は、治安の維持にも警察権力を守るのにも
役にたたんと思うぞ。

159 :...:02/03/11 16:05
関係者
tkyo7307.ppp.infoweb.ne.jp

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/11 19:53
呪いとか幽霊とかよりも、警察の方がコワイYO!

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/12 00:13
臭いものには蓋をしろ精神もこわい

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/12 10:59
だからこそ、未開示の証拠が見たい。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/15 16:47
迷宮入り防止あげ

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 00:21
この事件で一番印象的なのは被害者家族の証言。

被害者の姉は被害者が当日所持していたカバンの品触れ手配の際、警察官にその内容を聞かれ、
ある少女雑誌の名前を挙げているが、それは被害者が事件当日登校後に友人から借りたもので、
自宅にいた姉が知るはずのないものだった。被害者は下校時に事件に遭遇し、カバンも自宅へ
は戻らず、市内の畑に捨てられているのが発見されたのはずっとあとなのに、なぜ姉はその中
身を知ることができたのか?

また隣接する所沢署の警官の証言によると、当日夕方に「狭山で女生徒が行方不明」という連絡
を県警本部より受け、西武園の池の捜索に駆り出されたというが、この時刻は自宅に脅迫状が届
いたとされる時刻より前である。同じ頃中田家の親族が市内の某家に被害者の消息を尋ねに来た
という事実もある。さらに被害者の自転車は脅迫状発見と同時に自宅車庫で発見されているが、
その直前に被害者の兄は妹を探すと称して豪雨の中自家用トラックで外出し、戻ったばかりだっ
た。自転車のサドルや泥除けは汚れておらず、豪雨の中を自走してきたとは思えない状態で、常
識的に見て車で運んで来たと思われる。田舎の夜に車が自宅の庭に入って来たら気付かない家族
はいないと思われるが、当日夕方以降兄以外の車の出入りはなかったという。では被害者の自転
車は誰が運んできたのか?

このあたりを追求していくと非常に不気味。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 08:56
不気味アゲ

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 09:42
http://cgi24.plala.or.jp/artists/imgboard.cgi

2枚写真を張付けた。
納屋と脅迫状の届いた玄関。
直リンだと見れないかもしれないが。
ttp://cgi24.plala.or.jp/artists/img-box/img20020316093730.jpg
ttp://cgi24.plala.or.jp/artists/img-box/img20020316093811.jpg

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 11:07
166が貼ってくれた脅迫状発見の状況写真を見ただけでも家族証言の不自然さは
ぬぐえない。その時間家族4人はガラス戸1枚隔てた土間に置かれた飯台を囲んで
被害者の帰りを心配しながらうどんの夕食を摂っていたとされる。写真のガラス戸
は下1列がスリガラスで、あとは素通しである。室内の照明で近づく人間がいれば
丸見えのはずで、器具を使うか這ってでもいかない限り脅迫状の差し入れは不可能
と思われるが地面にはそのような痕跡はなかった。また防音性も低いので、豪雨の
中人間が近づけば雨に打たれる音や雨滴が跳ねる音など、何らかの異常を感じるは
ずである。4人もの人間が被害者の帰りを心配しながら(これも実は不自然なのだ
が)このような状況下、目と鼻の先の犯人の接近や脅迫状の差し入れに誰も気づか
なかったということがあるだろうか

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 11:18
すでに解決済みの事件のことでガタガタ騒ぐな。

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 12:06
スケイプゴート様御帰還。

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 13:23
>>168
では、真相をどうぞ教えてください

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 13:38
怖いねぇ。人間って。

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 22:51
刑札(裁判所か?)が、証拠の開示を拒否する法的根拠ってなんだろ。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/16 23:48
詳しくは判らんが、
基本的には日本の制度の問題と思われる。
検察は、全ての証拠を見せる必要性がなく
被告人に不利な証拠しか開示しないのは、
法の建て前として、弁護人側は有利な証拠を提示して争えばいいということ。
国家=警察・検察>被告の弁護人の図式。


174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/18 20:19
刑札にはなすな

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/23 15:58
くりか江す 刑札にはなすな

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/24 13:21
Bでなくて、チョンを犯人にすれば問題ないのに。

177 :何気に怖い:02/03/25 18:51
気んじょの人にもはなすな



178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/25 18:53
で、進犯人は誰よ?

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/25 19:45
部落を犯人にして何の問題がある?さっぱりわけわからん。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/25 22:19
犯人はまだ健在か。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/25 23:04
どうだろうな。
仮に犯人が一連の自殺者じゃないにしても、
もう40年も前の事件だし名。


182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/26 13:52
初めは、被害者と奥富の共犯で実家から金を引き出すだけのつもりだった。
そこに、結婚を控えた奥富の弱みを握るXが加わり、被害者を強姦して殺した。
奥富は後に引けなくなり、協力したが結婚を前に絶望して自殺した。

・・・・・・どお?

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/26 16:20
被害者と奥富は、ただならぬ関係をもってしまった。
誕生日に一緒に食事をする。
その帰り道にXに見つかり、言い争いから殺してしまう。
あとは、吉展ちゃん事件をヒントに身代金目当ての誘拐偽装工作。
姉と奥富はXが犯人だと薄々感じていたが、石川が捕まったことにより
後ろめたさから自殺してしまう。




184 :プンスカ(−−#:02/03/26 17:42
完璧な板違いですね。
どうして、こういう話しをオカ板でやるんですか?
どこに心霊や超能力やUFOや宇宙人や妖精やUMAや
怪奇現象の要素があるんですか?
犯人は宇宙人だと主張したり、四次元空間で事象が
狂ったとか主張したり、超能力で真相を探るならともかく、
こういう話しは他に議論する板があるでしょう。
板の私物化というか、
オカルト板の板ジャックは止めてください。
>>1は推理がうんぬんの前に削除依頼、出してきてください。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/26 22:26
>>182
そういえば脅迫状の筆跡は奥富の字に似ているらしいね。


186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/27 13:22
被害者は、殺される前から性体験があると検死結果が出ているけど、
自殺したお姉さんはしょょょじょだったのだろうか、ハァハァハァハァ

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/27 18:41
この事件て冤罪ってことで有名になってるけど司法関係者は皆
石川は絶対有罪だってことになってるらしい。
というかこの時代証拠をでっちあげるのは珍しくなかったことだし。

それに石川という男はあれでいて…

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/27 18:42
>>184
怖いからいいじゃん

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/27 20:06
石川自身がなんと言おうとも、DQNなのは間違いないし、この事件で逮捕されなくても100%重大事件を起こしたに違いない。
がしかし、共犯もいたはずだからなんとしても未開示の証拠が見たいぬぬぬぬ

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/27 20:26
この事件はとっくに時効が成立しているよ。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/27 22:51
>>186
姉さんには、いいなずけがいてすでに籍ははいってました。
通い妻みたいな。
ただ、中田家では、母親が早くに亡くなって
姉が母替わりをしていたみたいです。
この事件の証拠はあまりに信憑性にかけるものばかり。
しかし、だからといって石川被告がすべて無罪なのだろうか?
何かしらに関わって、二重の複合犯罪の可能性はないのかしら。

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/28 12:27
ありそう。

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/03/30 18:47
あげ〜ん

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/30 19:05
小学生の時、狭山事件の事 学校で教わった。ついでに
さ〜べつさいば〜ん うちくだぁ〜こ〜ぅ と云う歌も。
男子が きゃ〜べつだぁいこ〜ん うりさばこぉ〜う と替え歌して先生に怒られていた。
そんだけ。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/30 19:30
どうせBだしこいつが犯人でいいじゃん






ということになったのか?

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/30 19:43
メールが一通届いてるよ
新着メール
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/siryou/sayama_jiken/kyouhakujyou2.html

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/30 20:01
>>194
ワラタ

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/31 00:50
解○子○も会〜♪

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/31 17:25
昭和20年代、被害者の母親が中田家に嫁入りしてきた翌朝、家の庭に村の墓地の
墓石が多数投げ込まれていた。母親は男性関係が複雑で結婚を妬んだ村の男たちの
仕業だという。被害者自身も父親は他の兄弟とは異なるという噂が地元では根強く
囁かれている。このことが事件の遠因と指摘する声もある。

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/31 19:05
お姉さんと被害者は、異母姉妹だって証言してたね。
母親からの因縁なら、脅迫状に父親の姓名を書けるね。

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/31 22:38
200は裁判での弁護人質問で弁護人が「腹違い」と訊いたことに対して姉が肯定した
ことを言ってるのだと思うが、あれは弁護人側に錯覚があり本来は「種違い」と訊くべ
きところだった。従って「異母姉妹」ではなく「異父姉妹」である。また中田家には事
件以前に家を出て、実家との音信を絶って生活していた長女がいるが、次女のT恵は「
うちは女はY枝(被害者)とあたしの2人だけだったので・・・」と証言しことさら長
女の存在を隠そうとしている。長女が家を出た原因については明らかでないが、家に留
まっていればさらなる犠牲者の発生をみただろうという指摘もある。

何れにせよこの事件が被害者一家と無関係な第三者による身代金目当ての誘拐や、行き
ずりの性犯罪の結果でないことは確実である。

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/01 12:49
それにしても、狂い死ぬほどの恐怖もしくは良心の呵責とは・・・・・・・

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/01 18:00
何が恐いって、
脅迫状の誤字具合が
2ちぇんねらーっぽいのが
一番恐いんですけど。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/01 18:18
自分を隠そうとすると、必然的にこうなる。
当然、字の書ける者がワザと書いた脅迫状。

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/01 18:47
>>201
>家に留 まっていればさらなる犠牲者の発生をみただろうという指摘もある。
そんな恐ろしい指摘があるとは……。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm
でも微妙に示唆されていましたが、狭山事件の正体が
複雑な家族関係を巡るお家騒動である可能性がある
ということですね?

よろしければソースとか教えて頂けませんか?
少し勉強してみたくなったので。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/01 22:34
>205
俺は某ジャーナリズム校に在籍してた20年以上前から独自に追っかけてるので・・
この事件の基礎資料は公判が継続していた70年代に出たものがほとんどで書籍は
すべて絶版、現在ネット上で簡単に見れるソースはないが、いちおう目ぼしいもの
を挙げておいた。このうち辺境社と三一新書のシリーズは古書のネット通販などの
目録でよく見かけるので比較的手に入りやすい。なお80年代以降の書籍が真犯人
についての指摘に口を濁しているのは、人権意識の高まる中、某氏の名誉毀損に直
結する問題を孕んでいるからと俺は推測している。

狭山事件 権力犯罪の構造 亀井トム 三一書房 1975
狭山事件 第1集 亀井トム 辺境社 1974
狭山事件 第2集 亀井トム 辺境社 1974
狭山事件無罪の新事実 亀井トム+栗崎ゆたか 三一新書 1977
狭山事件権力犯人と真犯人 亀井トム編 三一新書 1977
狭山事件への告発状 亀井トム編 三一新書 1978
狭山差別裁判 部落解放同盟編
狭山事件公判速記録(非売品)

207 :>>1-206 を読まずにカキコ:02/04/01 22:38
をいをい、ここは人権板かい?

208 :ダヌル・ウェブスター:02/04/01 23:16
>ちなみにフルネームでのヒットは無し。

キミの「出歯亀田吾作」はわりと珍しい名前だよ。

209 :205:02/04/01 23:21
>>206
20年以上もかけて研究していらっしゃるのに、気前良くいろいろ教えてくれて
本当にどうもありがとうございます。

>この事件の基礎資料は公判が継続していた70年代に出たものがほとんどで書籍は
>すべて絶版、現在ネット上で簡単に見れるソースはないが、
OK、とりあえず図書館行ってきますね。
私の住んでいる地方にも狭山事件を考える会があるようなので、
きっと地元の図書館にもリストのどれかの資料があるだろうと
思う。

>>207
個人的には、この事件の政治的・人権問題的な側面にはあんまり関心が
ないんだわ……。どちらかというと社会心理学的な側面からこの事件を
見たい。この事件の背景にある、昭和30年代の農村の風土に興味がある
のね。ある意味「津山三十人殺し」にも通じる匂いがする。

あの時代の日本人の心の中にあった閉鎖性や因習や暗い執着が
被害者や石川氏を不幸に追い込んだのではあるが、
実はそういうものは現代の日本でも田舎だろうが都会だろうが
随所に根強く残っていて、我々にも決して無縁の話じゃないん
じゃないかと。

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/02 13:57
なんと言っても、一人殺したのに、こんなに恐ろしいとは。


211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/02 23:18
>205
あなたの方向性は正しいと思う。
かって中田家の三男K治の「自殺」をある週刊誌は「また死んだ・・狭山事件の八ッ墓村」
というタイトルで報道した。むろんこれは当時ヒットしていた映画のタイトルになぞらえ
たに過ぎないのだが、はからずもこの事件の本質を示していた。この事件は被害者一家を
巡る人間関係、それを取り巻く地域社会の特性に着目しないかぎり絶対に理解、解明はで
きない。

農村地帯特有の奔放な男女関係、住宅地図を開くと一目だが隣近所が皆同姓という濃い血
縁関係の集落、東京オリンピックを翌年に控えた好景気の中、東京の衛星都市として急発
展し地価も急騰する農村、その中に芽生えた遺産相続にまつわる近親憎悪、この事件の背
景は横溝正史の小説がくりかえし描くところと全く同じものである。彼の小説がいつの時
代も読者を魅了するように、この事件の真相もまた人類に普遍的な問題を孕んでいるのだ。

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/02 23:23
どうでもいいけど酒井法子って狭山じゃなかった
福岡と狭山をいったりきたりしてたんだよね
西武ライオンズみたいなやつ
福岡と狭山・・・・・・・・これ以上は何もいわぬ

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/02 23:24
石川さんの写真てだせないの?

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/02 23:43
>>213石川さんの写真はリンク先とかにもあったと思うよ

それよりも被害者の善枝の写真ってのはやっぱりなにのかな?

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/03 00:26
当時の新聞には載ってるんだろうけどね。


216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/03 01:02
持ってるけど、被害者の写真をうPする気にはなれないな。
図書館で、新聞の縮小版みてみれば出てるよ。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/03 17:58
狭山事件って、こんなに謎の多い事件だったんだ・・・知らなかった。
興味ないスレでものぞいてみると意外と収穫があるね。

っていうか、メカ沢新一ワラタ!!

218 : :02/04/05 21:20


219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/08 12:17
関係者のカキコきぼーん

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/09 18:12
実際、犯行現場は何処だったんでしょうかね。

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/10 01:35
犯行現場として、当時建築中でほぼ完成していたO富G二の新居に目を向ける人は
多い。この新居はO富G二がたまに泊まる他は無人であった。土中から発見された
被害者Y枝の遺体は靴をはいていなかったが、ソックスの足の裏には目だった汚れ
はなかった。また司法解剖の結果当日昼の調理実習で食べたカレーライス以後にト
マトと米飯を含む食事をしていたことが判明したが(他に副食物を摂った形跡がな
いことから米飯はおにぎりとみられている。)当日被害者の生存が確認されている
下校時からすでに雨が降り始めており、その後豪雨になったことを考えると、食事
の提供を含む犯行は屋内で行われたことが明白である。被害者は後頭部に死線期の
ものと見られる打撲傷を負い、また鼻血を出した形跡がある。一説によるとそのこ
とを想定して警察はO富G二宅のルミノール反応を含む検証を実施しているとされ
るが、それらの結果は開示されないままである。

そして何より疑いを深めるのが死体埋没現場から徒歩2〜3分という近さ。現在こ
そ全くの住宅街となっているが、事件当時はこの新居から道を隔てて埋没現場まで
は畑で人家はほとんどなかった。また事件翌日の未明、埋没現場近くの住人が近隣
の飼い犬が異様に長い間吠えるのを聞いているが、これは遺体を運ぶ犯人の動きに
反応したものだと言われる。埋没現場は農道で車が入った形跡がないことから遺体
は徒歩かリヤカーなどで運んだとみられ、深夜さほどの遠距離からの運搬とは思え
ない。O富G二は被害者が幼少の頃中田家で働いており面識があり、犯行時間帯と
みられる当日夕方に確たるアリバイがなく、結婚式を目前にして農薬を飲んだあげ
く井戸に飛び込むという自殺の理由もはっきりしない。必然的に眼はO富G二とそ
の新居の存在に向かわざるを得ないのである。

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/10 01:43
冤罪だろうと思う。
最近も、エアコン取り付ける仕事した人がはめられそうになったよね。
疑われてる人が証拠を分析することによって
疑いを晴らすことになるかもしれない、でもその証拠は警察が持ってるといった場合、
警察はその証拠を消し去ることが許されてるんだとさ。
真犯人を捕まえようなんて気はないんだよね。
日本の警察はすごいとか言われてたけど世間が冤罪に厳しくなったら成績の数字が悪くなってるもん。
こわいよ。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/10 02:34
>>222
全体の検挙率は下がっているけど、殺人・放火・強盗・強姦といった凶悪犯の
検挙率は横這い気味であまり変わっていないよ。
http://hakusyo1.moj.go.jp/image/41/image/h008001003h.jpg
http://hakusyo1.moj.go.jp/image/41/image/h008001002h.jpg

検挙率が下がっているのは、主として財産犯が増加したことが原因。
http://hakusyo1.moj.go.jp/image/41/image/h001006e.jpg

どこで冤罪と検挙率低下の関係を吹き込まれたのかは知らないが、仮にも人を
非難するならば、正確な事実に基づいてやるべきだと思うよ。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/10 12:04
>>223
正直、迷宮入りが多い。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/10 16:08
>>221 サンクス。
被害者が最後にみられたのは、加佐志街道の関口自転車店で
後輩に合ってるよね。
ゆえに車で、X氏とドライブインでトマトを含んだ食事をしたとか。
あと、脅迫状を届けるのに、近くの民家で道を聞いた(これが犯人だったら)
のが事実だとすると、奥富は被害者宅は知ってるはずだからねえ。

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/10 21:06
狭山事件って公告が否決されたよね・・・?









227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 05:35
>車で、X氏とドライブインでトマトを含んだ食事をしたとか
これは事件を推理した某書の記述に拠ったものと思うが、素直には頷けない。
事件当時の社会通念は未成年が喫茶店に入っても不良と言われた状態である。成人男性
と制服の女子高生が一緒にドライブインに行くことは、本人にとっても犯人にとっても
かなりの勇気を要する。また事件が報道された段階で従業員が気がつくものと思われる
がそのような届出はなかった。胃内容から見ても商業施設での食事とは思えず、被害者
が誕生日のお祝いを口実に誘い出された形跡があるのを考えると、一般家屋で「とりあ
えずそれでも食べてて」と出された食事とみるのが合理的である。事件当時周辺は純粋
な農村地帯で、ドライブインなどは所沢、川越付近の街道沿いにしかなかった。仮に現
場周辺にあったとしてもかなりの住民が顔見知りの地元での利用は、犯人の心理として
避ける筈である。さらに最後に目撃された段階でも被害者は自転車に乗っていた。車に
乗せるためには自転車を一旦何処かに置かせ、犯行後にそれを回収しなければならない
が、最終目撃時間と死亡推定時刻とを考えあわせるとあまり時間的余裕があったとは思
えず、ドライブインへの往復や自転車の回収を想定するより犯行の行われた家屋まで直
接乗り付けたと見るほうが自然である。現在でも関口自転車店付近での最終目撃以降の
被害者の行動は判明していない。被害者が走り去った道の先は沢の集落付近でY字路と
なっている。右は被害者の自宅がある堀兼、赤坂方面だが、未確認情報によると被害者
は左の道を行ったという。この道の先には天S寺という寺があり、その付近で犯人と落
ち合ったものとみられる。この地域はO富G二の新居とは反対の方角であり、それ以降
の経路の具体的な推測は困難で、この付近に知られざる犯行家屋があった可能性もある。
しかし死体遺棄、埋没の状況からはO富G二の新居が何らかの役割を果たしているとみ
るほうがやはり自然であろう。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 07:32
 狭山事件をテクストにした推理小説が2年位前に出てなかった?
 っていうか板違いスマソ。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 09:17
agee

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 15:12
結局中田家の財産を相続したのは誰なんですか?

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 17:48
兄じゃろう。
でもそんなに財産あるのか?

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 17:50
>>228
別に板ちがいじゃないよ。
オイラも知りたいよ、その小説。

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 18:59
兄怪しいな、といってみるテスト。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/11 19:15
やっぱしなぁ、といってみるテスト。

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/12 02:06
保守してあげる。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/12 20:31
1審で罪状を認めている。
裁判で犯行を認めて冤罪であるはずがない。
裁判官に拷問されたとでもいいたのか。


237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/12 21:19
罪状を認めたから何なの?
別に冤罪かどうかを考えているんではないよ。
レス違いだろう。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/14 13:07


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/14 14:41
>>236
オオバカ。何のためにオカ板に来ているんだ!

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/14 14:49
あいつも可哀相に。
あの頃の警察は今より酷かったからな。
本当の犯人の見当はついていたはずなのに。

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/17 20:51




242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/17 21:11
んで狭山事件のどこがオカルとなの?

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 00:11
>>242
まだまだ修行が足りないね。
深層を探れば探るほど・・・・・

244 :ダヌル・ウェブスター:02/04/18 00:11
海洋深層水

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 00:41
>>242
気になる〜〜教えてくれ〜〜〜

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 00:48
国は狭山差別裁判を再審せよ!

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 01:01
しかし、再審ってさあ、それって石川被告の無罪を証明するだけだよね。
それで終わりか。
事件の見直しといっても、すでに時効か。
とすると、再審しかないか。

248 :金田一:02/04/18 01:34
ジッちゃんの名にかけて事件を解決してみせる!

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 01:39
シルフィードいませんか??
指名手配中です。
知っている方は 九州おっさんの怖い話 まで

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 01:42
おい!結局、真犯人はどなたですか?

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/18 03:00
候補としては、
自殺した○富氏。
生きているX氏。
全然知らない第3の男。


252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 10:11
単独犯ではないかもな

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 11:10
元狭山市民です。
入間川○小学校に通い、中○中に通うはずでした。
線路沿いの細い上り坂と車止めのT字路の辺りに住んでました。
狭山事件署名運動している人達の姿をよく見かけたな。
確か中○中の近くの雑木林でも殺人事件なかったけ?
宮○勤の時も随分大騒ぎになってましたけど、なんだか部落な方々が善良な母親様方に随分マークされてました。
子供心になんてやつらだと。

なつかしいなあ。今でもあんのかな、猫女の家。

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 15:23
ねこおんなですか


255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 16:32
>>254
ねこおんなの庭には防空壕が…
小学校時代の秘境でした

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 16:55
自殺者とされたからって本当にそいつが自殺したとは限らない。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 17:47
奥富氏と姉、養鶏場経営者の兄の3人の自殺については
検死解剖がされなかったために、幾つかの疑問点が生まれている。

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/21 13:08
医者が怪しい。

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/23 16:42
俺んちの裏にくぼがわっていうどぶ川があるんだけどさ
よくそこに「石川さんの無罪を証明しよう」みたいな団体が
来てなんか現場検証やら話し合いみたいなことをやっている
ここも事件になんか関係ある場所なのか?
解る人、知っている人いたら情報キボンヌ



260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/25 13:29
>>259

>>55

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/26 09:09
保全。

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/27 00:02
中田家の農地、山林四町歩(潜在的価格は坪十万円と安く見積もっても十二億円)
は長男健治氏の心境ではすでに自分一人のものであるらしい。姉、弟とともに将来
は四等分、均等配分の意志なぞみじんもないようである。
これについて昭和46年9月「週刊アサヒ芸能」の記者が兄健治と対談した記事を
みると次のようである。

「犯人身内説を受けて中田健治さんがいう。「うちの財産ですか。兄弟はみんな外
にでて、たしかに私が中田家を継いでいますが、ここらあたりは一反歩百六、七十
万円でうちは三町もっているから四千五百万円ですが地価のとくに安いところです
から、百姓やっていてもバカをみますよ。以前、名古屋のほうの新聞だったかに長
男が怪しいなんて書かれたんですが、ぼくはやましいことないから平気ですよ。」
静かな口調だった。」

ところで兄のいうようにかりに一反歩(三百坪)百六、七十万円なら坪五、六千円
とみているわけだが当時でも坪二三万円とみられている。又、「うちは三町」とい
っているが父の警察調書では畑二町三反、山林一町三反、宅地一反三畝計三町七段
三畝、一万一千九○坪である。平均坪五千円として五千五百万円、坪三万円とすれ
ば三億三千万円である。そして兄は中田家を継いでいる、と称しても父がいなくな
れば姉弟四人で四等分ではないか。誰も相続権を放棄していないし、長男が勝手に
「自分独りのもの」とみなしているところにおかしな心境がみえているのではない
か。「百姓をやっていてもバカをみる」といいながら独りで継いだ気になっている
ところに矛盾がある。「バカをみる」なら長男が農家を継ぐことを拒否している例
もあることゆえ土地を長女や弟に譲って勤人でもする方がよい。長女、弟たちに父
の存命中に土地を四等分して「バカをみないようにする」なら長男の言行は一致し
「長男が怪しいなんて書かれない」事になるわけだ。犯罪があるとその結果誰が一
等利益したか、又誰がその利益を世間にごまかそうとするかの二点を世間は疑いの
的とするのは定石であり、多くの実例と推理小説が強調するところである。
(亀井トム「狭山事件 権力犯人と真犯人」1977)
※この著書は次兄喜代治の「自殺」以前に発表された。

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/27 19:15
佐川事件とは、どう違いますか。

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/28 00:10
中田家は中流と書いてあったけど、かなりの資産家なんだあ。
事件発生の時、脅迫状を見つけてから警察に通報するまで
兄が主導権を握ってるよね。オヤジの影が薄い。


265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/28 11:13
失礼しまーす。
保全ageです。


266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/28 20:13
1.中田家からの事件の最初の届出は狭山警察でなくその自宅であることの証拠

中田家の父と長男は5月1日の午後7時40分に玄関で脅迫状を発見、午後8時
頃狭山署につき、事件を知らせ、供述調書作成に応じ、それにより警察の初動捜
査が開始されたものと公表されている。翌日(5月2日)父栄作が狭山市掘兼松
本留造方において狭山署勤務大野喜平警部補に録取された供述調書の中で栄作は
次のように述べている。

「12.それで先程申し上げました通りせがれの運転する車で駐在所と本署に出
頭して脅迫状と写真の添付してある善枝の身分証明書を警察に提出した次第であ
ります。」

因みにこの前日、5月1日の夜、狭山署で堀兼駐在所の田島保巡査に対して供述
した調書でも同様「これは大変なことになったと思い早速警察へその脅迫文を持
ってお願いに来たのであります。」とあり、1日、2日の供述調書を通じて脅迫
状は警察へ持って行き、そこで提出したことになっている。

つまり脅迫を受けたことの届けと調べは中田栄作と健治が5月1日午後8時に狭
山署に行ってそこで始めてなされたこと、従って狭山署で脅迫状等の重要証拠の
提出がなされたということになっており、誰もそのことに疑いを持たなかったの
である。ところがこれが虚偽であることは、当日の当直であった故関口邦造巡査
部長の残した公文書によってこの上もなく明らかにされているのである。事実は
警察の方が中田家の知らせにより(おそらくは有線電話によるものであろう)中
田家へ事情を聞きに寄っていることが明らかにされている。
5月1日当日、即ち事件発生・届け出のの後にその日のうちにつくられた当直の
関口邦造の「領置調書(甲)」を次に掲載する。関口はそれらの重要証拠品をど
こで受取ったかを率直に明らかにしている。

領置調書(甲)
被疑者不詳に対する営利誘拐恐喝未遂被疑事件につき本職は昭和38年5月1日
狭山市大字上赤坂100番地において差出人が任意提出した左記目録の物件を領
置した。
昭和38年5月1日
狭山警察署司法警察員巡査部長 関口邦造 印
(押収品目録略)

以上の領置調書によれば封筒入り脅迫文1通と中田善枝名入り身分証明書は5月
1日、中田邸内の物置にあった善枝の婦人用自転車とともに関口邦造に中田家で
渡されていることは明白である。中田栄作や健治がいうように5月1日午後8時
に小型トラックで狭山署に着いてから提出したものであることが明白に否定され
ている。つまり脅迫の届けは5月1日午後5時前後にあり、このとき関口巡査部
長その他の署員が中田家にかけつけていること、そして事情を聞きとると同時に
証拠物を領置しているのである。(後略)
(亀井トム「狭山事件への告発状」1978)

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/28 22:25
脅迫状の届けについて
1審第1回公判調書によれば、証拠目録(342点)のうち弁護士が同意した5点
すなわち、
1、5月1日付 狭山警察署司法巡査田島保に対する供調書(証人中田栄作)
2、領置調書 関口邦造巡査
3、4、5省略
のように弁護士が同意した訳だから、問題はないのでは。

関口邦造巡査の押収品目録に脅迫状があったのだろうか。
それと脅迫の届けは5月1日午後5時前後の根拠がよく判らないけど。
狭山警察に行って届け出をしてから、要請を受けて関口邦造巡査が中田家に向かった。
ということはないのか。
そこで、目撃証言として内田幸吉宅に中田栄作宅はどこか訪ねた男がいたのが
要請を受けた関口邦造巡査らではなかったのか。
もし、中田親子と狭山警察の虚偽であるならば、何のメリットがあるのだろうか。



268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/29 00:56
細田行義元所沢署長の証言(昭和51年6月)
あの日はメーデーだったね。メーデーたって所沢のは大したことはなくってね。
市役所の前に五〜六百人集まって、米軍基地のまわりをこう、グルーッとまわる
のさ。それでときどき止まっちゃあ、ほら、基地を返せえって叫んだりしてね。
だけども中じゃ、米兵が銃を構えてるんだね。
メーデーの警備が終わったのが五時ごろだったかな。それから官舎に帰って一服
してたら、当直から電話があったんだよ。本部長が見えられるからすぐ来てくれ
ってんだね。官舎は署の裏手にあって、そうだなぁ、二○○メートルもあったか
な。だからすぐ自転車で飛んでった。五分か十分待ってたら本部長が運転手一人
連れてきてね。狭山で女学生が誘拐されたらしいんで、西武園を検索してくれっ
ていうのさ。いや、もうそんな詳しい話きかなくったって、それだけ言われりゃ
十分さ。本部長はすぐ帰ってった。時間はそうだなぁ、こう薄暗くなりかけてた
時だから、六時半ちょっとすぎになるんかな。(後略)

以下七回にわたる談話をまとめた確認事項
@昭和38年5月2日は、県警幹部はだれひとりとして所沢署にあらわれていない。
前述したように長谷部元警視は、5月2日午後7時30分〜8時ごろ、狭山署に応援
に赴く途中で中刑事部長とともに所沢署をたずね、西武園の検索を指示したといって
いる。また長谷部元警視と同行したとされる中勲刑事部長は「所沢署に西部園の検索
を指示したのは自分である。5月2日夕方、狭山署へ行く途中で立ち寄った。長谷部
警視は自分とは同行していない。」と、私たちに答えている。ところが当の所沢署長
は、ふたりのどちらも来なかった。しかも県警から人が来て西武園の検索を指示され
たのは5月2日のことではないというのである。

A西武園の検索を指示するために所沢署にあらわれたのは、上田明県警本部長。あら
われた日時は38年5月1日午後6時半少しすぎのことである。

B県警本部長があらわれる前に、所沢署刑事課に県警から電話連絡があり、女子高生
行方不明、誘拐の可能性ありとの内容を伝えてきた。県警本部長があらわれたのはそ
の後(何分くらいかは不明)である。

C県警本部長から検索を指示されたのは確かに西部園であったが、自分の判断で狭山
湖(山口湖ともいう)にした。犯罪が行われるとすれば、人気の多い西武園より狭山
湖のほうが可能性が高いと考えたのが理由である。

D狭山湖の検索は3回行った。5月1日、2日、3日のそれぞれ夜である。

E上田県警本部長があらわれた次の日の朝(5月2日)署員の若手捜査員を1名、狭
山署へ応援に派遣した。県警本部からの要請である。

F自分(細田)は、家族が脅迫状を持って警察に届出る以前に「女子高生行方不明、
誘拐の可能性あり」との連絡があったときいている。つまり脅迫状の発見・届出より
も、行方不明の届出が早かったということである。

G犯人を取り逃がした状況について自分(細田)が聞いているのは、張り込んだ若い
警察官が飛び出すのが早すぎて、犯人に気付かれたためだということである。

所沢署巡査野口利蔵の証言
5月1日、暗くなってから署員に非常召集がかかり、狭山湖の検索をやった。上司の
巡査部長と二人で夜が明けるまで狭山湖のまわりを歩き回っていた。クタクタになっ
て署に帰ったら、こんどは狭山署に応援。あんなにくたびれたことは滅多になかった。

NHK所沢支局の通信員遠山真平も所沢署が五月一日から狭山湖の検索を行っていたこと
を認めている。

以上(亀井トム「狭山事件無罪の新事実」1977)より抜粋

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/29 18:45
亀井トム氏は何者?

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/30 10:56
ううう〜怖い〜

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/30 21:07
>268
成る程、県警本部(浦和)から所沢署まで車で駆けつけるのに1時間半くらいと
みて、事件の実際の通報は5時前後と推測されるわけか。しかも県警本部長がじ
かに指揮をとるほどの事件・・西武園の捜索を指示しているところをみると、後
に届いたとされる脅迫状と同等の情報をすでに持っていたわけだ。あの時代の労
働運動は今と比較できないくらい警察にとっては重要な取締対象だったから、メ
ーデー警備を終えてすぐという元署長の証言は説得力があるな。ところが起訴事
実では5時頃というとまだ何も起きていない時間・・・警察と被害者家族はなぜ
事実を隠しているのか・・・
続報キボンヌ

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/30 21:54
しかし、この証言など公判で使われているのか?
検察側としては、石川供述書が崩れるので不利な証言となるよねえ。
弁護士はどう思っているんだろうか。
それと、亀井トム氏以外で、このことを述べている人はいるのか。
狭山関連の本では、あまり取り上げられていないねえ。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 06:50
良スレage

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 07:11
人権板と違って面白いですね。
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/rights/1011852689/l50

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 12:15
長谷部梅吉警視(当時県警本部捜査一課課長補佐)の証言(2審第8回公判)
Q宇津弁護人 A長谷部証人

Q中田善枝さんが殺害されたという事件に関係されたのは、いつからですか
A当初からでございます。
Q当初といいますと
A5月2日の午後6時から7時ごろではなかったかと思います。そういう報告を
 受けまして、それから本部が浦和市にありましたから、そこで情報を聞きまして
 それから現場へかけつけたわけです。
Q善枝ちゃん殺しの事件について、特捜本部が組織された時期と大体同じことにな
 るわけですか。
Aそれよりも実際は早かったんです。捜査本部は、犯人に逃走されたのちに組織され
 るという形式になっておりますが、実際は犯人に逃げられる前に張り込みをした。
 そのとき私のほうから行っております。
Qと、捜査本部の組織された日は、犯人に逃走された日の何時になりますか。
A私は本当の係りでないから、詳しいことは判りませんが、2日の逃走された日
 の10時ごろじゃないかと思うんです。何時に設置されたということは、私は
 聞いておりません。

長谷部証人は自分が捜査に参加した時期を「5月2日の午後6時から7時ごろでは
なかったか」と明確に述べながら、一方捜査本部がいつ組織されたかとの問いに「
2日の逃走された日の10時ごろじゃないか」と述べている。公表されている佐野
屋での張り込みは3日午前0時のことであるから、2日の午前0時に「逃走された」
のでなければ2日中にに捜査本部を組織することはできない。つまり捜査本部は2日
午前0時に犯人が「逃走した」あと、2日午前10時に組織されたのである。
ここに1日深夜から2日0時過ぎにかけての張り込みの実施と犯人の逃走が思わず
告白されている。

山下了一警部(当時県警本部捜査一課課長補佐)の証言(2審第41回公判)
Q宮沢弁護人 A山下証人

Qその時あなたはその捜査に参加しましたか。
A参加しました。
Qどういうふうに指示があって参加したわけですか。
A狭山にこういうふうな事件があったから行くようにと。
Q誰から言われたんですか。
A当時の部長か課長だと思います。
Qそうすると捜査一課からは何人くらいいかれたんですか。
Aそれは逃走事故があった日ですか。
Q5月1日です。
Aそうですね。はっきりした数字は記憶ありませんが、10人前後かも知れません。
Qあなたはいつ狭山に行かれるようになりましたか。
Aその翌日だと思います。
Qそうすると5月2日ということになりますか。
Aええ張り込みをやった日ですから。

ここで山下証人は5月1日に県警本部から10人前後が捜査に参加したこと、その
日に「逃走事故」があったことを明確に証言している。この中で面白いのは山下証人
は逃走事故と張り込みをやった日をはっきり区別していることだ。山下証人が2日に
狭山に行って参加した張り込みというのは当然佐野屋の張り込みのことである。その
前日に「逃走事故」があったにもかかわらず、翌日にやった張り込みとは一体何か?
ここに警察と被害者家族がひた隠す、狭山事件の根本的な作為の一端がある。

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 13:00
その脅迫状から、当日1日の夜中の12時に佐野屋か2日の12時佐野屋なのか
判断がつかなかった。
そしてとりあえず当日の夜に佐野屋周辺に刑事5〜6人と姉とが張込んでいる。犯人の動きはなく、実際には2日の夜中12時に約40名が張込むが、犯人取り逃がしている。
日は明けての3日には、特別捜査本部本部長に県警刑事部長中勲警視正、福本部長に狭山署長竹内武雄、本部長補佐役に将田政二警視ほか4名があたるととになった。




277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 13:20
あらら、改行されてなかったね。ゴメン。
あたるととになった。→あたることになった。

275の証言は、別に問題がないのでは。
ようするに、犯人を取り逃がした前日にも
張込みはしているんだよね。
脅迫状からの日時がハッキリしなかったからね。
問題なのは、>>268での細田証言。
その1日5時すぎには、西武園の捜索をとの連絡をうけたこと。
さらには関口巡査の領置調書からの判断での、亀井トム氏の解釈。
すなわち、1日5時には県警に通報があった説。




278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 14:21
怖いかも・・・。age

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 16:13
なにげにこのスレ見て、他サイトも見てきた。
コワイ。
偶然、今日が5月1日でだったのがコワイ。
さらに今日は妹の誕生日・・・(マジ)
無事に帰って来るか心配になる・・・

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 17:08
>277
張り込みが2回あったことが問題でなく、とりあえず張り込んだが犯人側の
動きがなかったとされる2日未明の方に「逃走事故」があったことを示唆している
ことが問題なんだろ。よく読めよ。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 18:00
>>279
貴方が、強姦殺人をしていなければ、帰ってきます・・・・・・・・

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 18:27
その逃走事故って何のこと?
ここに書かれている抜粋の山下警部証人、
A 逃走事故があった日ですか。(山下警部証人は弁護人に確認している
Q 5月1日です。(これは1日深夜12時の捜査状況について
A ・・・・はっきりした数字は判らないが、10人前後・・・
 (1日深夜12時に張込みをしたことを証言

ここからは、別に逃走事故=5月1日とは読み取れないけど。
このように答えているのでは、
A 逃走事故があった日ですか。(=取り逃がした日のこと)
Q 5月1日です。(弁護人は、その前日の張込みについて聞いている)

どこに示唆しているのか?


283 :シルフィード:02/05/01 18:28
>>282
前スレが容量オーバーになるだろうから立てましたYO!
ヽ(´ー`)ノ〜♪

【過去ログ】
1:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1016851442/
2:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019933158/l50
3:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1020218178/l50

【姉妹スレ】
九州おっさんに警察は何故メスを入れない
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019582739/l50

【吸収おっさんの怖い話@閉鎖中】
http://www.k-osan.com/

                

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 19:17
40名も張り込んでいて、犯人に逃げられるなんて
考えられないなー
犯人はテレポートしたのではないか。 とか言ってみるテスト

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 21:44
266の続き

次に重要なことは5月1日付けのこの公文書の事件名は「被疑者不詳に対する
営利誘拐恐喝未遂被疑事件につき」と書かれていることである。事件は1日中に
恐喝「未遂」事件とされている。このことは5月1日のうちに(2日の午前零時以
前に)犯人が身代金とりに指定の場所に出現し、金をとれずに逃走したことを意味
しているのである。つまり5月2日の午前零時になる前に指定の場所に出現した犯
人の取り逃がしがあり、1日のうちに営利誘拐恐喝未遂事件となったということな
のである。(だからそういう事情を反映してか、事件公開後の5月4日の地元紙埼
玉新聞は5月1日の「当夜狭山署に営利事件特別捜査本部を設けた」と書き、また
「2日から捜査本部が掘兼支所に設置された」(東京新聞)と書く新聞もみられた
のである。)ともあれ、5月1日中に作成の脅迫状、自転車等の領置調書に事件が
「恐喝未遂事件」とされたことは意味深長である。
(亀井トム「狭山事件への告発状」1978)

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/01 23:26
亀井トム氏の説によると
脅迫状が届いたその夜、犯人との接触があり取り逃がしたと。
そして、公表されている2日深夜の犯人再び取り逃がしということ。
だよね。
しかし、5月1日の公文書はどのような内容のモノに書かれていたのか?
彼によれば、脅迫状も公表よりもっと早く、県警が知ったということであるが。
もし、犯人との接触があったと言うならば、それは脅迫状からの
『・・・2日の夜12時に・・・』ということしかありえないよね。
いわゆる、1日の深夜0時。
そうすると、それ以前の公文書に「未遂」と書かれているのは
不自然だよね。
こうは考えられないのか、
2日夜の犯人取り逃がしがあって、それ以前の公文書にも書いた。
いわゆるあとづけ。




287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/05/02 00:21
被害者の写真ならここだよ↓

http://www.jomon.ne.jp/~oldpine/sayama/jiken.html

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 00:44
>286
>しかし、5月1日の公文書はどのような内容のモノに書かれていたのか?
266の続き、とかいてあるし
285の下のほうにもかいてあるけど
266で紹介されてる領置調書(甲)のことじゃないの。被害者家族が提出
した事件の証拠品(脅迫状や自転車)を受け取ったという調書なのだから、
よほどの理由がないかぎり2日後以降に書くというのはおかしいよね。彼の
いいたいのは証拠品の提出を受けた1日の夜から、1日付けで文書を書く
2日の未明(1日の捜査終了後にまとめて書いたとして)までの間に「未遂」
とする事態(犯人の出現と逃走)があったということではないの。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 01:05
>>288
判るんだけど、
領置調書(甲)では「被疑者不詳に対する営利誘拐恐喝未遂被疑事件につき」
とは書かないでしょう。
後から、事件の重要性から書足したとは考えられないか。
286にも書いたが、
犯人との接触があったとしても、それは1日の深夜しかないわけで、
それ以前には「未遂」とは書いてある訳がない。
領置調書(甲)の証拠品で「未遂」事件と書いてあったらおかしいでしょう。
後から書足したというのが自然。
すなわち、1日の深夜に逃走事故はなかったと。
ゆえに、「未遂」事件と書いてあるのがどの公文書なのかだよね。
それとも、犯人からの接触が他にあり、1日の早い時期に捜査していたのか。
もう少し、その辺の確証が薄いような。
この件については、亀井トム氏しか唱えていないのも
イマいち解せない。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 07:21

とりあえず「加盟富む」って誰よ?
の謎。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 12:00
>>290
206 に書いてあるルポライター。

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 20:13
>289
ここで展開されている議論の内容はともかく、
その時代に少数意見とされた説が後の時代に定説となった例はガリレオの昔から
いくらでもある。真実の追究には説の支持者の多少は関係ない。特に個人対個人
の議論でなくこの事件のような相手が公権力の場合はなおさら。たとえ一人の主張
であっても充分信頼に足る証拠があるなら認めるべきで多数決で決めるものではない。

それから289は「あとから書き足した」などとなんでもないことのように言う
が学級日誌のたぐいならともかく、公文書を過去に遡って書き足したり訂正する
こと自体法律で認められていない。そのような主張をするならその理由と状況を
実証しないと議論の対象にはならない。このような歴史的事実の検証には「文書
の間違い」とか「証言の間違い」というような一次資料の訂正を前提とした主張
はよほど客観的な検証に耐えうる証拠を提示できない限り慎むべき。邪馬台国論
争の魏志倭人伝の解釈にみられるように「西は東の間違い」とか「○里(距離)
は○里の間違い」とか主張していたらいくらでも自説に都合のいいように資料操
作することが可能だからね。

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 20:26
何回も聞くけど、
「被疑者不詳に対する営利誘拐恐喝未遂被疑事件につき」
と書いてある公文書はどれなの?
まずそれを明解にしてよ。


294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 21:11
領置調書(甲)
被疑者不詳に対する営利誘拐恐喝未遂被疑事件につき本職は昭和38年5月1日狭山市大字上赤坂100番地において
差出人が任意提出した左記目録の物件を領置した。
昭和38年5月1日
狭山警察署司法警察員巡査部長 関口邦造 印

押収品目録
符号151 番号1 身分証明書 数量1 差出人/中田栄作 狭山市上赤坂100番地 所有者/中田栄作 狭山市上赤坂100番地  
        2 封筒入脅迫文  1         同上                  同上           
        3 セキネ号婦人車 1         同上                  同上           
          H41602 

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 22:00
>>294
わざわざサンクスね。
トム氏の著作読んでみたいね。
今までのレスから
1、脅迫状もしくは、県警はもっと早い時間に事件を知った。
2、脅迫状を受けとった当日1日の夜12時の張込みで、犯人との接触
  (逃走事故)があったんではという考え方。
ということですよね。


296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/02 22:10
恐ろしい。
自分が当事者でも、狂うかもしれない・・・・・・・・・

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/03 11:49
1日夜中12時に1回目の逃走事故はなかったのではと。
もし犯人と接触していれば、公表されてる2日の取り逃がしで
犯人が再び現れるとは考えにくい。
しかしながら、この領置調書によるところの
「被疑者不詳に対する営利誘拐恐喝未遂被疑事件」と書かれたナゾ。
関口巡査が、中田家で押収した3点と書かれたナゾはなんだろう。
1日の証拠押収の時間は不明みたいだけど、
その時点ではまだ営利誘拐恐喝事件であり、父親と長男が県警に
脅迫状をもって届けているわけだし・・・・・
てことは、脅迫状以外にも犯人からの連絡があった可能性か。
さらに闇だな。

改ざんで有名になりつつある埼玉県警だからなあ。

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/03 18:43
上田県警本部長が6時半過ぎに所沢署に姿を見せるためには県警本部は
遅くとも、その1時間前には事件発生のニュースを掴んでいなくてはな
らない。しかも、本部長が直接乗り出すほどの内容をもったニュースを、
である。

もっとも、当時は吉展ちゃん事件が未解決で、警察のみならず、マスコミ
も一般も「誘拐」には非常に敏感になっていたという事情があった。ふだん
なら記事にならないようなちょっとした事件が新聞やテレビで大きく報道
され、いかにも誘拐犯罪が流行しているかのような錯覚が世間に生まれて
いたからである。

また、上田県警本部長は着任してまだ日が浅かった。細田元所沢署長によれ
ば、着任してからしばらくの間は、本部長がそんな形で出歩くことはそう珍
しいことでもないという。「あそこの署長はどんなヤツだったんかな」とい
うことで、ちょっとした用事をもって出掛けていくのは普通のことだという
のである。

だから、県警本部長が動いたということを、すぐ「重大なニュース」と結び
つける必要はないのかもしれないが、それにしても6時半すぎといえば勤務
時間を過ぎている。しかも、帰り道にちょっと寄るというのでもない。

やはり私たちとしては、それなりの内容をもったニュースが県警本部に届け
られたのだと考えるのである。それに細田元所沢署長は「脅迫状は届出があ
ったあと、投げこまれたと聞いている」と言っているのだ。「脅迫状がきて
届出があった。それから警察が動いたというのではツジツマが合わない」と
も言うのである。

(中略)ここでは「善枝行方不明、誘拐のおそれあり」との届出が、実際に
はもっと早かったのではないかと疑うに足る状況証拠を、いくつか提出して
おこう。(以下続く)
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/03 21:21
(298の続き)
第一に、中田栄作の供述調書(昭和38年5月1日付)である。脅迫状を
もって田島保堀兼駐在所巡査と共に狭山署に出頭した際のもので、録取者
は田島保巡査と署名されている。一部を引用してみよう。

四女善枝は今年の四月から埼玉県立川越高等学校入間川分校に入学、毎日
通っておりました。
今朝も午前7時50分頃、婦人乗り自転車に乗って登校しました。いつも
なら学校が終わって帰宅するのは午後5時半頃には帰ってくるのですが、
今日は帰る時間になっても帰宅しないので、之は雨が降ってきたので雨具
の用意をして行かなかったので学校の方で待っているかもしれないと思っ
て長男健治当25歳を学校まで様子見ながら傘を持っていかせました。時
間は6時50分頃だったと思います。(後略)

この供述調書には、兄中田健治が善枝を迎えに行ったのは午後6時50分
頃のことだったと明記してある。しかし、よく読んでみると次のようなこと
に気づく。つまり善枝はいつもなら5時半頃には帰ってくる。ということは
「今日は帰りが遅いな」と考え始めるのは、5時半を少しまわった頃でなけ
ればならない。5時半を10分かそこら過ぎればもう「遅いな」ということ
になるはずだ。それに、雨はすでに4時30分から本格的に降っている。
「帰る時間になっても帰らないから雨のせいだと考えて迎えを出した」とい
うなら、遅くとも6時頃までには迎えに出ていなくてはならないのだ。
ひどい雨が降っている。善枝は傘を持っていないことは最初からわかってい
るのだから、5時半から7時前まで放っておくとは考えられないのである。

次にあげられるのは、善枝を迎えに行った兄健治の法廷での証言である。
二審第六○回公判調書から引用してみよう。質問者は山上弁護人である。

山 事件当日のことになりますが、あなたに思い出していただきたいので
  すが、5月1日の朝からのお仕事の内容、どういうことをなさってい
  たか、思い出していただくために、夜7時40分頃に脅迫状を見つけ
  たということになっていますから、それ以前のことを遡って、5月1
  日のお仕事はどういうことでしたか。
健 ホーレン草だか、山東菜だかを作ってたと思います。
山 それはお家でなさってらっしゃったんですか。
健 家の前でやるわけです。
山 敷地の中で。
健 そうです。
山 その仕事はいつまでかかったんですか。何時頃まで。
健 3時か4時頃から雨が降って来て、雨にかかりながら納屋の軒先でやっ
  ていたんですが、5時頃までかかったんじゃないでしょうか。
山 そうすると5時位から一服ということになりますか。
健 その間に3時休みとかすることはしますけれども。
山 5時以後はどういうことになるんでしょうか。
健 ・・・・・。
裁 自動車で迎えに行かれたのが6時50分ということになっていますが
  証拠上。その間ですね。
健 迎えに行く寸前までかかっていたように思ってますね。仕事が。それ
  から洗ったり、荷造りしたりして。水洗いなどしますから。

仕事が終わったのは5時くらい。それから善枝を迎えに行くまでの2時間
近く、何をしていたのかとの弁護人の問いに中田健治は沈黙した。裁判長
の助け舟がなければどうなっていただろうか。(中略)
山上弁護人の問いに、中田健治が沈黙してしまった理由は何か。もちろん
どう答えるべきかを考えていたと言えるかもしれない。そんな細かいこと
にはいちいち意味はないと。

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/03 21:22
しかし私たちにはそうは思えない。狭山市役所堀兼支所から少し入間川寄
りの道路際に原島自転車店がある。そこの主人の話では、5月1日の夕方
中田栄作の親類のものがたずねてきて、「善枝が学校から帰ってこない。
誘拐かもしれない。そうじゃないかもしれないが心配して探している。も
し善枝が立ち寄ったら、家の者が心配しているから早く帰るよう伝えてく
れ」との伝言を残していったというのである。原島自転車店の主人の話で
は、善枝の家族の者が来たというのではない。上赤坂地区に多数ある中田
家の親類の一人が来たという。「後で考えれば、ちょうどその頃脅迫状が
来てたんだ。」というところをみれば、中田家の親類の者(誰であったか
現在のところ不明)が原島自転車店をたずねて伝言を残したのは7時30
分前後のことと思われる。
いずれにしても、強い雨の降るなか、しかも日暮れて真暗ななかを、親類
の者が善枝を捜し歩いていたというのだから、その時すでに事態は容易な
らざるところまできていたと考えるのが自然ではなかろうか。とても帰っ
て来ない善枝を放っておいて夕食をとっていられたとは思えないのである。
いや、夕食をとっていたのが事実なら、それまで善枝の姿を求めて東奔西
走し、ひとまず腹ごしらえを・・・という段階であったにちがいない。
その理由は今のところ私たちには不明だが、中田健治が沈黙したのは、血
縁の者までも動員して善枝を捜し歩いていた事実を明らかにできなかった
からだと考えられる。

私たちは、中田善枝の家族が「善枝誘拐さる」の情報を受け取ったのは午
後7時40分よりさらに数時間早かった。しかもそれは脅迫状という形で
はなく、電話によるものか、あるいは伝聞によるものではなかったかと考
えている。
「もしかすると誰かのいたずらかもしれない。」とは思いながら、いつも
より善枝の帰りが遅いので家族は警察に連絡し、一方で応援を頼んで心当
りを捜し歩いた。
そうこうするうちに脅迫状が届けられた。誘拐をおそれていた家族は素早
く反応した。脅迫状が届いてから警察に届け出るまでの時間がきわめて短
いことに疑惑が向けられているが、あらかじめ家族がそのおそれを持って
いたとすれば、反応が早かったのはごく自然である。(以下続く)
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

301 :銅鑼衛門:02/05/03 22:13
惨い事件だな

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/04 00:00
>>300
いつも情報ありがたく読ませてもらってます。
亀井トム氏の著作、なんとか捜して注文してみました。
今まで思っていた以上に、ミステリアスな狭山事件。

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/04 05:58
>>300
最近のオカ板には珍しい、資料と考察にみちたスレ。
興味深く読ませてもらってます。

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/05 00:41
竹内武雄(事件当時狭山警察署長・特捜本部副本部長)の証言
(2審第41回公判) 質問者・宇津弁護人

宇 捜査本部としてはそういう指示を流したことがあるわけですか。
竹 だから最初はその小時と(中田善枝の行方を捜すことの)両方ですが、
  すぐ(少時の方は)薄くなったわけですね。すぐ打ち切ったわけです。
宇 それは特捜本部としては誰にそういう指示を流したのですか。
竹 そういう細かい点、私は。
宇 狭山署の警察官ということですか。
竹 いや、そうではありません。すぐ翌日、多分2日の晩ですね。県下の刑
  事を動員しまして、二百名以上を集めましたが、まあ混成部隊ですが、
  それと死体の発見が主力でしたから、ほとんどが山狩りで、消防団全部を
  動員して死体発見のため、被害者の発見が先だったんですね。

「少時様」という最初の宛名の尋問から「多分2日の晩、県下の刑事がを二百
名以上」狭山署に集められ、被害者の死体発見に全力をつくしたことが明らか
にされている。弁護人は少時の捜査のことをなおも尋問を続けたところ竹内は
次の証言をしている。

宇 そうしますと、狭山所管内にはですね、少時というものは存在しないとい
  うようなことは、確認の上、その後の捜査が進んだわけですね。
竹 確認する、しない。その辺がまだはっきりしないうちに死体の方が四日で
  しょうか、多分発見されております。それでまあ、最初は急遽二、三百人
  集めましたが、そのほうもごたごたしまして、一日二日は捜査までいかん
  です。一日、二日は捜査といっても、捜査というほどでもなかったですね。
  機動隊が山狩りするとか、消防団が山狩りするで、死体の発見が主でした。

竹内は2日の晩、県下の刑事を二百名以上集めたということに続いて「一日、
二日は部隊を編成して死体を主に山狩りをした」といっているのであるが、一
日、二日は「ついたち、二日」の意味にとれば、一日の深夜から犯人と死体捜
査が始まっているととれ、「一両日」の意味にとれば二日、三日の意味にとる
ことができる。一日の夜、犯人に逃走されたから、二日の晩迄県下から捜査員
二、三百人集めたことはすでに明らかであり、善枝は一日の深夜から二日の朝
にかけて犯人に殺されているとみて、一両日は死体の発見に全力をつくしたと
いう事実が明らかにされているのである。二日の深夜から三日の零時にかけて
犯人が逃走したのであるなら、その以前に二日の晩迄に県下各署に応援を求め
ることはありえないことはいう迄もない。又二日の晩迄に二百人以上を集めて
その日は何もさせず、一晩宿泊させて、三日から捜査に従わせたということも
あり得ず、野口巡査の法廷証言にあるように二日朝から捜査と山狩りが行われ
たということが真実とみなされる。
(亀井トム「狭山事件への告発状」1978)  

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/05 01:14
そこで私たちは野口利蔵に面会を求め、5月2日以降の捜査の状況を
取材しようとしたのである。私たちが聞くことのできた話の内容をま
とめると次の通り。

@5月1日は暗くなって狭山湖の周辺の捜索を行い、明るくなるまで
 続けた。2日の朝、署長から招集を受け、狭山署に手伝いに行った。

A狭山署に到着してすぐ事情の説明を受けたが、あまり詳しいことは
 聞かされていない。その時、脅迫状のことは知らされなかった。
 自分が狭山署に到着した時は、すでに各署からの応援が来ていた。
 人数は正確にはわからないが、かなり大勢だったことは確かである。

B自分は若い巡査だったので、全体の事情を知らされることはなかっ
 た。上司に指示されたことをやるだけで、その結果がどうなるかも
 全くわからなかった。

C自分が主に従事したのは、堀兼地区の巡回連絡である。住民台帳を
 持って各戸を訪ね、「何か変わったことはないか」「物置などに誰
 かがいるかも知れないからちょっと見てくれ」などと連絡して歩い
 た。

D(5月2日の張り込みには参加したのかという問いに対して)
 狭山署へ行ったのは5月2日の朝だが、その夜に張り込みをやるな
 どという話は聞かなかった。従って犯人が逃げたとも聞いていない。
 自分が狭山署へ応援に行ったのは、犯人に逃げられた後で、これは
 断言してもよい。
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/06 22:05
迷宮入り回避!

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/07 17:47
トム氏の無実の新事実と告白状をゲット。
読むのが楽しみです。wakuwaku。

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/07 17:55
期待あげー

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/07 19:56
ほぼ前述したような筋道で、私たちは現在まで議論されてきた狭山事件の
推移を組み変えてみた。ひとまずここで整理しておくと、大体次のように
なる。

@事件の発覚は、昭和38年5月1日、午後7時40分、家人が脅迫状を
発見した時ではない。脅迫は、電話か他の方法でそれよりも数時間前に行
われており、家人は血縁の者までを動員して善枝の行方を捜していた。そ
の一方では警察にその旨を通報し、警察ではすでに狭山署、県警とともに
捜査の態勢に入っていた。

A善枝の誘拐が決定的になったのが、脅迫状発見の時刻である。それまで
は「誘拐」の確証がなかったので、もしかしたら誰かのいたずらかもしれ
ないとか、家出かもしれないとかいった憶測も行われていた。が、善枝の
身分証明書を同封した脅迫状が届けられた時点で、誘拐は確定した。しか
し、それが5月1日午後7時40分であったとはかぎらない。

B誘拐が確定的になった後、県警と狭山署は合同で捜査、張り込みを実施
したが、若い警官(それが誰であったかは不明)の勇み足で犯人逮捕に失
敗した。

C警察側は失敗を糊塗すべく画策し、5月2日の張り込み、犯人取り逃が
しを演出した。

一見すると荒唐無稽のようであるが、よくよく考えれば、むしろこちらの
ほうが筋が通ると私たちは考えている。
しかし、ここに、どうしてもまだわからないことがひとつある。それは5
月1日、犯人を取り逃がしたことは確かだとして、その捕り物の行われた
場所がどこであったかである。
普通に考えれば、2日夜と同じ佐野屋の前ということになるが、そうでは
ないと考えられるフシがあるのだ。ひとつは、佐野屋の主人、佐野良二の
法廷での証言では、5月1日の夜、まったくそんなことが行われたことは
知らなかったということ。もう一つは被害者善枝の次兄喜代治にインタビ
ューしたときのことである。(以下続く)
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/07 20:36
(309の続き)
私たちは、中田家家族には、できれば迷惑をかけたくなかった。証人
として法廷に立った長兄中田健治は別として、他の家族には、いまわ
しい出来事を思い出させるようなことをしたくなかった。だから、次
兄喜代治の経営する食堂に入り、食事をしながら話をしたにもかかわ
らず、事件についての質問を切り出せずに引きあげてきたことが2度
もあった。そして3度目、ついに意を決して目的を告げ、話を聞かせ
てくれるように頼んだのだが、その時彼は「5月1日夜の張り込みの
ことを覚えていますか」という私たちの質問に、「ああ、家のまわり
でやりましたね、そのことですか」と反問してきたのである。その時
彼は十九歳。妹が犠牲になった事件のことだから、忘れようにも忘れ
られないはずである。その人が、「佐野屋」といわずに「家のまわり
」と言ったのだ。
そして、続いての質問、「家のまわりは何人くらいでやったんですか
」の問いには、「ちょっと待ってくださいよ」と下を向き、一人二人
と指折り数えはじめたのである。明らかに彼は家のまわりで行われた
張り込みを明確に記憶しているのである。
つまり、5月1日の張り込み、犯人取り逃がしの舞台は、中田家の周
辺であった可能性も残されているのである。
私たちは「5月2日夜12時、佐野屋の前」というのが犯人の指定で
あると、百パーセント信じているわけではない。「1日夜12時、前
の門」であった可能性もかなり高いと見ているのだ。(後略)
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

喜代治さんは「ちょっと待ってくださいよ」と下を向いた。何かを思
い出そうとする時に、誰でも思わずとってしまう姿勢である。そして
聞きとれるかとれないかという小さな声で「あすこと、ここと・・」
とつぶやきながら、一人、二人と指折り数えはじめた。五本の指を全
部折り、六人、七人と折った指を伸ばしかけたところでやっと顔をあ
げた。「忘れた人もいるかもしれませんが、このくらいだったように
思いますよ」少なくとも、彼が鮮明に記憶しているだけで六人から七
人の警官が、中田家の周囲で張り込んだということである。
(栗崎ゆたか「狭山事件・中田家の悲劇」問題小説/昭和1977年12月号)

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/07 22:57
公式発表では、1日にとりあえず6〜7人で張込みしているが、
それは確か脅迫状どうりに佐野屋だったよね。
結局は空振りという事で、2日の深夜12時に取り逃がしている。
もし>>309 のように
もっと前に犯人からの誘拐脅迫があったとしたら、
あの脅迫状の真贋はどうなのだろうか?
県警が改ざんしたか、偽装工作したのか?
2日深夜12時の犯人とのやり取りは? ダミーだったのか。
一般的な情報では、姉が1日の張込みには協力しているが
2日の取引きはいやがってるよね。(結局は説得されて行くが)
謎が謎を呼ぶね。


312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/08 00:21
>311
長くなるのでこれまで割愛していましたが、311の疑問に該当する部分
を抜粋しておきます。

5月2日の早朝の段階で警察が増田秀雄に中田登美恵の説得を依頼したの
は、すでにその時、登美恵は5月2日夜の張り込みに協力しないだろうと
の確かな見通しが警察にあったことを示している。推測すれば、登美恵自
身の口からその旨の意思表示があったとも考えられる。
それに対して警察は、登美恵を説得する根拠を持っていなかった。警察の
説得は効き目がないことを知っていたのである。そうでなければ警察は、
自ら登美恵を説得するか、あるいは中田栄作、中田健治等の家族を通じて
登美恵の説得にあたったはずなのだ。

さらに、登美恵はなぜか警察を信用していなかった。というのは、2日夜
佐野屋に立つについて、増田秀雄が身辺につきそう条件ではじめて了解し
たと増田秀雄は証言している。数十名にのぼる警官が張り込みを行うこと
は登美恵も知っていたはずである。もちろん登美恵の身辺にも、身辺警護
の目的を持った警官が張り込んでいる。にもかかわらず、民間人である増
田秀雄の護衛付きでなければ承知しなかったのは、登美恵と中田栄作が警
察を信用していなかったからではないだろうか。

前夜(5月1日)、家族が脅迫状を発見した時は、とるものもとりあえず
警察に通報したとされている。警察や近所の人に話したら子供を殺すとい
う犯人の脅しより、警察に対する信頼の方が強かったわけだ。だから中田
家の家族が最初から警察を信用していなかったという論は成り立たない。
以上の点を合わせて考えてみると、5月1日夜7時40分、脅迫状を発見
したとされる時刻から5月2日朝6時前、警察が増田秀雄に電話で呼び出
しをかけるまでの間に、事態を大きく変化させる「何か」があったという
結論を出さざるを得ない。

その何かとは「善枝はもう殺されてしまったかもしれない」と家族を悲し
ませる何かであり、警察が信用されなくなってしまう何かであり、さらに
警察が善枝の家族に対して、説得の言葉を失ってしまう何かである。

ここまでくればあとは明らかである。5月1日夜、念のためと称して行わ
れたとされる張り込みは、実は念のためなどではなく、まさに本番だった
のだ。この夜犯人が現れて、警察の失敗でこれを取り逃がしてしまったの
だ。だから中田父娘は「もう殺されてしまったかもしれない」と悲しみに
くれたし、警察は説得の言葉を失ったのだ。(後略)
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/08 03:33
うわわわわあああー

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/08 06:04
こういうタイプの怖い事件。他にないの?津山とか狭山みたいの

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/08 11:42
脅迫状は刑札の捏造?

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/08 17:39
刑札が証拠の開示を拒むわけが分かった・・・・・・

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 00:02
『狭山事件への告発状』読んでいる途中だけど、非常にコワイね。
ここではタイトルどおりに、埼玉県警部長上田明、県警刑事部長中勲、中田健治の3人を告訴するという形で、その理由と証拠について書かれている。
全体的な要約としてそれを動機、実行、仕上げの3段階としてとらえている。
・第一次犯罪
狭山事件の発生に当って、他に営利誘拐罪の犯人逮捕の失敗の前例があって
世論のきびしい折柄、初動捜査における犯人逮捕に又々失敗し、恐怖に陥った。
張込みと犯人逃走の日時と場所を変更偽造。被害者が犯人に殺害される
責任の回避。
・第二次犯罪
真犯人逮捕が不可能となり、冤罪の手段でニセ犯人をつくりあげた。
・第三次犯罪
部下警察官及び被害者家族の法廷での組織的偽証。



318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 10:01
「狭山事件への告発状」って今売ってるの?

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 14:20
>>318
狭山事件で検索すれ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/shoseki/shoseki.html

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 19:21
刑札の話が矛盾してるのは分かったが
裁判所の再審査請求破棄なんて裁判所にもなんかしらの圧力がかかってるのか?


321 :R-7:02/05/09 21:42
つまり、警察が「前の門」を「さのヤの門」に改竄したってこと?
5/2の張り込みは、「犯人を取り逃しはしたが、被害者はそれ以前に殺されていた」
ということにするためにでっち上げられた、と。しかしそれにしても、40人で
取り囲んでいたことにする必要はなかったんでは? 5/1は6〜7人だったんでしょ?

>>320
当時の最高裁の判決(というか、冤罪を証明するような証拠・証言の露骨なしりぞけ方)、
読んでみ。「これが公正な裁きを下す機関か」と疑いたくなるよ。

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 22:15
>>321
当時だけならいいけどなぁ
裁判所はいまだに再審を棄却し続けてるわけで、
これは一体どうして?


323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 23:10
『狭山事件無実の新事実』も購入して今読んでいる。
これは、1977年発行。
フリールポライター集団『文殊社』のメンバー4人(森山康平、小林峻一、
片桐軍三、栗崎ゆたか)が取材し、栗崎氏がまとめて第1部を執筆、
第2部を亀井トム氏が執筆している。
元所沢署細田行義署長のインタビューで、
1日のメーデーの日に午後6時半ちょっとすぎに、
県警上田本部長がきて、狭山で女学生が誘拐されたらしいので、
西武園を検索してくれと依頼してきた。
このことは、長谷部警視、中刑事部長の2日に所沢署にいって
西武園の指示をしたということと大きく食違う。
1日の事件発生から県警がすでに動いていたらしく、
そこにすべての真実が隠されている。との認識のもとに展開されている。

確かに公表では、1日の深夜に狭山署で6-7人で張込みをしていることに
はなっているが。実際には県警が張込みを実施して、犯人逃走があったと。
そのために、県警上層部はこの失態を隠ぺいするために、
2日深夜うその逃走劇を演出したらしい。
これについては『狭山事件への告発状』(1977年亀井トム著)に詳しく
書かれている。

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 00:20
>321
>しかしそれにしても、40人で取り囲んでいたことにする必要はなかったんでは?

(前略)
結局何を言おうとしているのかというと、任命された犯人は二人いたので
大谷木指揮者は畑の方に5分たってから飛び出して追いかけ、つづいて副
指揮者(山下警部)の方は農協の方へ追いかけたのである。(これならば
自然らしく、部落青年に犯行を押し付けるまではまあそれでもよかったの
である。
ところが5月23日、石川一雄氏を逮捕、6月21日以後、犯人であるこ
との自白を強要した。はじめは脅迫状の内容、善枝誘拐の仕方、体内の精
液、死体埋葬、脅迫の仕方や脅迫状の届け方等からみて、複数犯にしない
と世間やマスコミが納得しないと考えていたが、やがて石川単独犯で処理
する方針がきまると(6月23日以後)、複数犯をにおわすすべての証拠、
犯跡をつくりかえてしまった。

石川被告が逮捕され、自白以前の段階で山下警部に取調べをうけていたと
き、佐野屋に二人で行ったろう、一人は短刀を持っていたろう、しゃがん
でいた茶の木に刃物で木を切った跡がある、佐野屋の方に向かってさぐり
の投石をしたことはないか、二人のうち一人は畑の方へ、一人は農協の方
へ逃げたのではないかと、二人の足跡を見せられたと二審冒頭の自白取り
消し後、弁護人に話している。自白以前の段階では長谷部警視らの想定に
したがって、石川ともう一人の青年に「佐野屋行きの役割」を押し付ける
予定であったとみられる。植木屋兼ブローカー奥富栄を操作し、「5月1
日、犯行現場の山の近くで石川と東島を見た」という情報を流させ、結局
石川、東島を追い込もうとしていた段階で「犯人二人出現」を有効に利用
しようとしていた。しかし石川単独犯と方針が決まり次第、その方向に逆
らう情報と資料は隠しつくされ、否定しつくされた。
(亀井トム「狭山事件 無罪の新事実」1977)

つまり警察の当初の予定?では、脅迫状に「友だちが車でいく」とあった
り、犯行の状況から複数犯を想定し、身代金受け渡しも複数で現れること
にして証拠などもその方向で準備していた。だから2隊に分けていたし、
それだけの人数が必要と想定していた。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 00:43
>>322
在野の「市民運動派部落運動何がなんでも無実主張派」は好き勝手書けるけどなー。
実際に事件に当たってる司法部としては、言いたくても言えないことが多すぎるのよ。

最近の神奈川県警とかならどうしようもないが、当時の事件は「市民運動家」が乗り出すと何でも無罪に見えるもんだよ。


326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 01:44
公表での脅迫状は、午後7:40頃に脅迫状が届き、父親栄作と長男健治は
堀兼駐在所へ即座に届け、駐在所巡査と狭山警察署へいっている。
しかし、この新事実として脅迫状は午後5時前後と考えられている。
疑問点
県警が脅迫状のきた時間を偽装する必要性はあったのか。
1日の深夜に取り逃がしがあった場合、それを秘密にする意味があるのか。
(初動捜査をして失敗したのが、狭山署という事にしたかったのか)
被害者の殺害時間を考えると、取り逃がしたために殺されたことには
ならない。
もし犯人からのコンタクトで、早い時間での接触があって、
取り逃がし→殺害という線は薄いような気がするが。




327 :R-7:02/05/10 10:43
>>326
そういえば、被害者の推定死亡時刻っていつだったっけ?
事件の概要を説明するhpをいくつか見たけど、記載されてなかったような…?
失踪直後(つまり5/1の深夜以前)に殺されていたのなら、確かに5/1の張り込みと
逮捕失敗を隠蔽する理由がない。

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 10:55
もしかして司法に圧力をかけたのは介抱胴命・・・


329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 11:36
sage

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 13:15
5月4日の夜、解剖した五十嵐勝爾鑑定により
午後10時20分、捜査本部は記者会見し、
死亡推定時刻は1日午後3時半ごろで、
食事から最短3時間であると発表している。
また弁護士側、京都大学教授上田政雄鑑定では
かなり多く残っているので、食後2時間ぐらいと考えるのが適当としている。
ただし、午後3時前後の目撃証言などと学校の昼食では出なかった、
トマトが胃の残留物にあったことから、他でトマト料理を食べた可能性も
ある。すなわち、もっと遅い時間に殺害されたかも。


331 :なんだかな:02/05/10 13:23
>>328
もしかしなくてもそうだ

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 13:32
やれやれ、まだこの板違いスレ続いてるの?
たかだか、一件の冤罪殺人事件なんてどうでもいいよ。
そんなことより、やらなくていけないことが世間にはいっぱいあるのにね。
それにあなた達は別に石川さんを庇ってとか、新犯人を突き止めるためとかではなく、
たんに話しのタネにしてるだけなのが気にくわないなあ。
はっきり言って、そんな事件、真相がどうだろうと、どうでもいいよ。
今更、証拠が出てくるわけでなし、真相は永遠にわからないよ。

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 13:48
>>332
たしかに板違いスレだよね。
興味、持つんだったら「メルボルン事件」とか本当に哀れな被害者がいる事件にしたらいいのに・・・
狭山事件よりも遥かに恐くて冤罪を食らってる人たちがかわいそうな事件だよ。

http://piza2.2ch.net/occult/kako/998/998219302.html


334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 13:54
たかだか、
やらなくていけないことが世間にはいっぱいあるのにね。
はっきり言って、そんなモノどうだろうと、どうでもいいよ。
今更。

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 13:59
>>334
メルボルン事件は現在進行中の事件。
5人の日本人旅行グループ(一人は二十歳ほどの女性)がメルボルンで
スーツケースに麻薬が入ってたとかいう罪をデッチあげられ、
懲役25年もの判決を受けて、8年立った今でも収監されてる。
助けてあげたいね。

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 14:03
>>335
本気で助けてあげたいと思うんら、署名するとかいくらでもできることはあるはず。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 14:07
>>336
そうだねえ「2ch」と「メルボルン事件」で検索してみると、結構、HITしたからね。
2ちゃねらーの間では有名な事件かもしれない。
中には「2chのみんなでメルボルン事件被害者を救おう」なんて内容もあって、微笑ましかったです。
たまには善行も良いんじゃないかな?

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 15:15
一度、裁判で有罪判決が出てしまうと
それをひっくり返すには、相当の新証拠なりの新事実がないと
なかなか再審までもっていくのも大変です。
まして外国というと非常に厳しいでしょう。
政府の働きかけやマスメディアに動いてもらうしかないのかなあ。
また、タイでの付き添いの現地ガイドの証言とかはどうなっているのか
興味はそそられます。
それと彼等との関係。

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/10 15:21
338 追加
まあ、冤罪繋がりということで、
メルボルン事件関連のアドを貼るのはいいと思いますが、
興味があれば見てくれる人もいるでしょうに。
ただ、このオカルト板で狭山事件のスレも板ちがいと
言われているので、どうなんでしょうか。

以上、
狭山事件と関係ないのでsage

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/11 23:16
age



341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/12 22:06
age

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/12 22:36
あげ

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/13 20:47
公判調書での1日の捜査について、あれだけ県警らの初動捜査開始が
曖昧だと何かあるのでは、と勘ぐるよね。
被害者親子の供述書での脅迫状発見から、狭山署まで届けるのも
えらく不自然。
普通すぐには警察に届けないだろうし、近所に電話をかけたりして
本当に誘拐されたのたか、家族会議みたいのもやってもいいはず。
脅迫状には、明らかに警察に知らすな。と書かれている訳だから
すぐの行動は躊躇するのに。
やっぱり、その前に犯人からの電話なりがあった可能性もあるか。

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/13 22:21
横浜駅前では、今でも年数日「狭山事件」のビラが配られて
冤罪をはらすための協力をよびかけている人たちがいるよ。

一度ビラもらったことあるから、事件のあらましこそ
知っていたが、こんなに変死者が出たなぞの多い事件
だとは知らなかった・・・。

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/14 18:28
冤罪などどうでもいい。
この事件が興味深いのだ

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/14 19:47
ただこの事件の概要や経過などを記した文献が
当然、冤罪事件、部落差別事件としての立場に立っているので
果たして、正確な情報として鵜のみにしてイイものなのか。
また、冤罪、差別といったものと切り離せない事件であることも
事実ではある。
最終的には、県警本部も被害者家族も公判での曖昧模糊とした
供述が存在している。
すでに事件発生から39年。
捜査に携わった者たちも80代後半やすでに死亡している。
事件捜査の秘密があるとしたら、それを墓場まで持っていくつもり
なのだろうか。



347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/15 12:48
いまこそ、真実を語るべき。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/16 01:30
他の謎めいた事件(下山、三鷹、帝銀など)については様々なエリアの人間によって
活発な検証や推理が著されているのに、この事件については亀井トム氏を除けば非常に
少ない。
やはり、差別問題と繋げて語られる事が多すぎるが故に取り上げる事を避ける人が
多いのではないだろうか。

事件を事件として検証すべきだったし、また背後にある日本人の因習などに根付く
精神性といった部分も心理学的にきっちり考察されるべきケースだと考えられる。
そういうアプローチが特定のイデオロギーのせいで遠ざけられてきたとすればこれは
極めて残念なことではないだろうか。

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/18 12:43
あげとく

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/20 03:13
トム氏の説によると、
2日の夜12時の張込み-犯人取り逃がしという事態が、
実は1日に犯人取り逃がしがあったんではと考えている。
そして、脅迫状も1日午後7時30分頃よりも、もっと早い時間に
届けられているのでは、とも考えられている。

私的に考えたこと。
1日5時前後に犯人から、電話で誘拐および脅迫があった。
家族は、いたずらだと思って現金の支払いを拒んだ。
そして、近所や学校を捜す。また県警にも連絡。
しかし県警はまだそれほど事態を重くみていない。
午後7時30分に脅迫状とともに身分証が届けられる。
すぐに県警に走る。

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/22 20:02
で、真犯人は?

352 :銅鑼衛門:02/05/22 20:16
俺じゃないことは確かだが・・・

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/23 10:31
一番最初の自殺者。


354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/23 12:02
なぜ、強姦しなければならなかったのか?

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/23 17:12
強姦とは限らないよ。
すでにそれ以前から緒除幕の破損は認められている。
ただし、それがSEXなのか、激しい運動の為の亀裂かは不明。
やはり、恋人関係にあって当日に逢い引き。
結婚をまじかに迫り、関係を清算しようとするが、
口論のすえ逆上して事件が起ってしまう。
よくある単純なパターン。
考えたすえに、誘拐に見せるための偽装として脅迫状を書く。


356 :八王子:02/05/24 01:00
僕の想像ですよ。
最初は単なるお金欲しさの誘拐だったんじゃないかな。
この時点で悪いのは、もちろん誘拐犯人。
でも1日の犯人取り逃がしが有って警察がいろんな操作をしたから、
ややこしくなったんじゃないかな。
僕の想像ですよ。
僕の想像ですよ。



357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/24 05:28
亀井トムという人物が気になって検索をかけてみた。
健在だった。
しかし驚いたのは、彼が現在ロサンゼルスの日本人コミュニティー団体の会頭を
していること。
国内の偏狭な左寄りの活動からは距離を置くようになったのかと邪推してみる。
彼は今、'70年代を費やした狭山事件のことをどう思っているのだろうか。
そしてなにゆえ日本を離れたのか。

http://www.jccsc.com/jp/

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/24 17:13
埼玉新聞の編集やってるよね。
もしかして、彼は日系かも知れないね。

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/24 19:25
>>355
B型の精液が残され、パンツが降ろして状態で発見されましたが?

360 :エンドオブザオメガ ◆BX3nIyKs :02/05/24 19:38
>>359そんな事言うもんじゃありません。

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/24 19:56
恋人の場合はSEXの後、絞殺した可能性もあり。
目隠しをしたり、パンツも下げて埋めてるのは不自然。
さらに頭の上にあった玉石は、埋葬の風習として埋めたり、
または犯人が顔を傷つけないために埋めたのか。


362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/24 22:17
<埼玉統一スレッド>
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1022241007/l50


363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/25 06:23
強姦は気持ちいい(女も)死姦はもっと気持ちいい(女はどうだろ?)

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/25 23:14
読めば読むほど疑問が出てきて、しかもそれが遥か昭和という過去の
闇の中に葬り去られていると思うと、底知れぬ戦慄を感じます。
でももうこれ以上の新事実は出てこないのでしょうね。
事件が風化していくのも頷ける気がします。

いや〜しかしなんか不安が残る事件だわ。

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/27 10:51
>>364
いや、まだ検察が保管している未開示の証拠がある

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/27 20:48
この事件気になるのでageときます。
なんせ狭山市民なもので・・・

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/27 22:17
狭山の図書館には、資料が揃っているのか。
行った人いる?

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/27 22:42
狭山市民さん、よかったら地域レポートきぼん♪

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/29 00:41
狭山の図書館には資料が揃ってたよ。

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/29 16:05
age


371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/30 02:50
謎だらけの事件だよ。
真相は藪の中・・・・


372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/31 01:55
age

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/31 15:47
要するに、
初動捜査のミスで犯人を取り逃がした大失態を何とか隠し通したい警察側と、
ある事情で真犯人を公けにしたくない被害者側の思惑が一致し、
別件で逮捕した被差別集落出身者の単独犯行に仕立て上げ、真実を糊塗した。
──ということ?

この事件の不可解さは、事件後の変死者の多さだよなぁ。
不謹慎だけど、まるで探偵小説だよこりゃ。

警察が捏造するのは、まぁ理解の範疇としても、
それに協力する被害者側というのが、何とも謎だよなぁ。

誰か事件関係者のプロフィールまとめてほすぃ。
とくに5人の変死者の。


374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/31 19:18
電車に飛び込んだTが怪しいとか自殺者がうたがわれているじゃないですか。
自殺者の指紋と封筒等の指紋の照合はやったのでしょうか?


375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/31 21:05
奥富玄二 S38.5.6 農薬エンドリンによる自殺-井戸で発見。
B型結婚式前日。
田中登(31)  S38.5.11 事件当日見た不審な3人連れの男たちについて証言。
中田登美恵 S39.7.14 薬物自殺。遺体がきれいになって、農薬のビンも洗われていた。
石田登利造 S41.10.24 石田養豚所の経営者石田一義の兄。礫死体で25日に発見。
中田喜代治 S52.10.4 中田家二男自殺

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 03:00

◆◆◆◆◆◆◆ここまで読んだ◆◆◆◆◆◆◆

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 04:35
死体発見現場近くの芋貯蔵用穴(通称イモ穴)で発見された「ビニール風呂
敷」について

この「ビニール風呂敷」は見分調書にあるように「白地に赤で鶴亀松竹梅宝
船の帆に寿の模様」のあるもので、私たちが結婚式とか祝賀会などのお土産
折詰を包むのでよく知っている「ビニールの風呂敷」である。そしてこの風
呂敷は「その対角が夫々不正三角形に切り取られている」とあるように、対
角がちぎれている。その「切り取られた」部分はどうかというと死体発掘の
現場から発見されている。(被害者の足首を縛った木綿細引紐に結ばれてい
た)

六 証拠資料
前記祝用風呂敷一枚および棍棒を被害者の兄に提示したところ、被害者のも
のでないことが判明、本件犯行に使用した疑があるので、これを領置調書乙
の通り領置した。(見分調書)

この「被害者の兄」というのは中田健治(当二十六年)で、この見分のとき
には「本見分に立会していた」もので「この死体は、私の妹中田善枝に相違
ない旨」申し立てており、同時に「棍棒」や「ビニール風呂敷」は「被害者
のものでない」と証言している。
この「ビニール風呂敷」が善枝の所持品でないとすると、どうして犯行に使
われるようになったのか。誰のもので、どこから、どのようにして持ってき
たかが問題になる。(中略)

「このビニール風呂敷は、その後被害者が持っていたものと確認されたよう
である。というのは実況見分に兄健治が立会っていたのに、実況見分調書に
よれば、いまだ被害者が持っていたものと確認されていないが、その後の捜
査過程のなかでは、これが被害者が持っていたものとして取り扱われている
からである。しかし、いつその旨の確認がなされたのかは、証拠上不明であ
る」(更新手続における弁護人意見/中田直人)
と述べているのは当然の追求である。中田健治は当初の確認を変更したのか
しないのか、変更したとすれば、それはヤミ取引というものである。

この「ビニール風呂敷」を善枝の所持品としなくても、どこからでも持って
これる。それほど普通にあるものである。例えば事件直後の五月六日に結婚
前夜に自殺?したとされている元中田家の作男で、血液型B型の奥富玄二の
許には、まず存在しておかしくないものである。常識的には存在している方
が当然といえる祝用ビニール風呂敷である。(後略)
(北川鉄夫「狭山事件の真実」1972)

378 :俺の予想:02/06/01 09:56
中田健治:遺産を独占する為に妹の殺害計画を立案する。
奥富玄二:被害者と男女の関係を持つが、中田健治にそそのかされ犯行に加担し、後に殺害される。
田中登:事件当日、犯人グループを目撃してしまい、それがバレて口封じの為に殺害される。
中田登美恵:真犯人の正体に気付くが、遺産の独占を狙う中田健治に殺害される。
石田登利造:実行犯。 口封じの為に奥富同様、殺害される。
中田喜代治:事件のほとぼりが冷めた頃、遺産の独占を狙う中田健治に殺害される。
警察:初動捜査のミスと責任追求を恐れ、中田健治に石川を貶める事を持ちかける。
   (中田健治が真犯人である事には気付かず)


379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 12:56
舞台をアメリカ中西部に、逮捕者をネイティヴアメリカンの青年に置き換え
大胆に翻案すれば、社会派サスペンスのできあがり。
ティム=ロビンスあたりに企画を持ち込みたい。

にしても、どっかでつかまらんかった犯人はにこにこしてるんでしょうなぁ。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 13:47
でもほら、俗に「一人殺すと二人三人と殺したくなる」っていうじゃない。
服毒って女性っぽい手口だし、みんな最初はグルだったりして。

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 17:11
奥富玄二の死亡診断書を書いた医師鈴木将の証言(二審第六四回公判)
問い 山上弁護人

山 そうするとこの先生の診断書見ますと、エンドリンというようなことが書いて
  あるようですが、これは農薬でございますか。
鈴 そうですね。
山 これは口の中、あるいは胃の中から吐き出されたものからお調べになったとい
  うことになるんだすか。
鈴 細かい科学的な検査というものは私たち、もっていませんから、手続きをね。
  だからそういうことはしていないけれども、周囲の状況、あるいはそういうに
  おいとかね。たとえば一般の病気にしても下痢していると腸がこわれてると想
  像すると同じように、一般の状況から察してみて、それを飲んだようなにおい
  がしているからそうじゃないかというふうなことは考えられるわけだね。
山 このにおいというのは口からのにおいでしょうか。何か吐き出したものがあっ
  て、そこからにおうとか、そういうふうなご記憶はどうでしょうか。
鈴 吐物からもにおうし、口からもにおいました。
山 吐物もありもしたか。
鈴 あったと思いますよ。
山 この、先生がみられたときには、死体は井戸に飛び込んだのをすでに引き上げ
  られたときに行ったんですか。
鈴 そうそう。

要するに家人に呼ばれて行ってみたら、すでに死体は飛び込んだ井戸から引き上げ
られていた、室内の吐瀉物、死体の口の周りから農薬エンドリンの臭いがしたから
エンドリンを飲んで自殺したと思ってそう書いた、ということなのである。
すべてが推定によるもので、解剖しないことには本当にエンドリンを飲んだのかど
うかわからないし、そもそも自分の意思で飲んだのかどうかもわからない。言い換
えれば何か別の方法で殺害して、口の周りや、室内にエンドリンを塗りたくってい
ても結果としては同じことである。農薬を飲んで死に切れないので井戸に飛び込ん
だということになっているが、農薬を飲んで苦しんでいるときにそれだけの余力が
あるのかどうか、目撃者があるわけではなくすべてが結果からの推測で、これでは
とても「自殺」とは言えないのではなかろうか。

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 18:16
中田登美恵の死亡診断書を書いた医師鈴木将の証言(二審第六四回公判)
問い 山上弁護人

山 そのことについて少し述べていただきたいんですが、この先生のお宅
  におうかがいして、私どもがいろいろおうかがいしたときに、先生の
  お話になられたなかに、どうも死因がわからんといいますか、非常に
  奇妙な感じを受けたんだということをいっておられましたが、それは
  何に原因してそういうふうな印象をもらされたんでしょうか。
鈴 そうねえ、一般に何で亡くなられたにしても、苦悶の形をしているね。
  老衰というのはいちばん楽な死に方だね。だけど普通の毒で死んだとか
  何とかいう人は非常に苦悶の体で死んでるな。ところがこの人はすっか
  りととのってきれいになって亡くなったね。だからすごく奇異な感じを
  もったよね。
山 すっかりととのってきれいというのは仏さんとしてきれいというんです
  か、身づくろいが。
鈴 身づくろいは普通のものだったけど、吐物がないとか、たとえば失禁と
  かいうことがなかったということですね。そういうものが伴うものだね
  たいがいね。
山 この人の場合にはそういう何か毒薬を用いたというような徴候もなかっ
  たと、こういうことですか。
鈴 それはあったかもしれないけれども、そこの様子じゃわからなかったで
  すね。ただそういう死に方もないとはいえないね。絶対用いないとは私
  はいえないよ。
山 先生は農薬を用いたんじゃないかということで、家族の方に農薬のびん
  はないかというようなことをたずねられたようですね。
鈴 うん。
山 その際、どうだったのでしょうか。
鈴 なかったね。そしてみんなきれいに洗ってあったね。
山 びんを洗ってあった。
鈴 うん、だからどうもね。
山 先生が中田さんのうちに着かれてまあすぐ死体を見られたということに
  なりますと、そのときの死体の状況はまだなま暖かいといいますかもう
  冷えきって固くなる、硬直状態といいますか、その程度は。
鈴 私もいくつも死体をみてるからもう忘れてるけれども、硬直があったと
  思います。
山 これは死後何時間ぐらいして、まあ、普通これは科学的には厳密にはな
  かなかむつかしいということを聞いておりますが、通常硬直というのは
  死後・・・。
鈴 さあ、私も法医じゃないから、そのへんはくわしくはわからないですね。
  知らないといったほうが正しいのですね。
山 とにかく硬直がきておったように思うと。
鈴 そうですね。
山 で、布団が敷かれてあって、すでに普通の人が寝るような形で安置され
  ていた、こういうことになりますか。
鈴 そうですね。

つまり鈴木医師が訪れた時には、遺体はすでに通常の通夜などの時のように
きれいな形で布団に寝かされていた。苦悶のあともなく、こういう場合につ
きものの失禁などもなかったというのである。これは明らかに死後加工され
た状態である。仮に布団に入った状態で薬をあおったとしても、苦しむうち
に姿態が乱れ、周囲が荒れた状態になるのが普通である。死因の追求にあま
り熱心にみえない鈴木医師さえも「奇異に感じた」状況であった。一応農薬
自殺を疑った鈴木医師は、家人に農薬の瓶の有無を尋ねたが、それらはすべ
てきれいに洗ってあったというのである。(続く)

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 18:51
中田登美恵の死亡診断書を書いた医師鈴木将の証言(二審第六四回公判)
問い 山梨検察官

山 そのときの死亡診断書ですがね、まあ直接の死因として薬物自殺となっ
  て いるんですが。
鈴 ああ、そうですか。
(中略)
山 ただこの死亡診断書を見ますと、まあ、おいでになった時間がこれは一
  つの問題なんですけれども、発病より死亡までの時間として五時間とな
  っているんですよね。
鈴 それは想像ですよ。だって死んだ時間がわからないでしょう。だいたい
  だからうちの者がうちをあけた時間からそのへんまでということにした
  んじゃないでしょうか。あくまでも想像ですよ、それは。
山 五時間というのは本人が死んだのは何時頃という推定はどうやってつけ
  られた。
鈴 だからうちの人が朝ご飯食べるときは生きてたでしょう。それから今度
  は昼に帰ってきたといったかな、そうじゃないですか。そうするとその
  間ぐらいはだいたい五時間ぐらいあったんじゃないかというふうな、多
  くの根拠をそこにもって私書きませんでしたけれども、わかりませんで
  すよ。私はどうやってわかるかといえば食べ物を行政解剖でもして出さ
  なければわかりませんよ。出ますか。

鈴木医師は一応薬物自殺として診断書を書いたものの、薬物中毒の明確な痕
跡もなく、死亡推定時刻も特に根拠がないことを認めている。これでは先の
奥富玄二のケースと同じく「自殺」と理解することはとてもできない。少な
くとも「変死」とすべきであるし、どちらの場合も医師の診断時すでに遺体
に工作がなされている可能性を考えると、むしろ「他殺」を疑うのが自然と
すら思えるのである

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 19:46
今まで自殺と思ってた死亡者も他殺の可能性が強いのか?
ますます近親者が怪しい。

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 21:31
他殺でも可能だということだよ。


386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 21:36
関係者の変死がとだえたのと時効(殺人15年)は関係あるんだろうか・・・
たんにもうほとんどが死んだのか・・・

しかし、長兄があやしいという仮説をたてる場合
「財産を独り占め」以外にも、なにか被害者を亡き者にするよう決意せしめる
強い動機があってしかるべきだと思うのだ。




387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 21:42
長男と被害者の男女の関係は。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/02 03:43
>386
たしかこのスレの上の方にもあったと思うが、長男と被害者は戸籍上は兄妹だが、
実際は被害者が母親の不行跡、つまり不倫によって生まれた「種違い」であった
らしいことが裁判の過程で示唆されている。。長兄にはそのことに対する嫌悪感
があり、被害者が一族の財産を受け継ぐ権利を持つことに対する排斥感が日常か
らあったのではないかと想像する。証拠として開示されている被害者の日記にも
長兄と喧嘩してくやしいといったことが事件直前の日付けまで書かれており、被
害者が実際に慕っていたのは次兄だったようだ。

389 :検索結果:02/06/02 07:35
タイトル:狭山事件
著者名:亀井トム
でそれぞれ検索してみた。

wwwOPAC(japanese)
http://catalog.library.metro.tokyo.jp/

東京都立中央図書館
1. 狭山事件(続)無罪の新事実 / 亀井トム‖著 / JCA出版 , 1980.2
2. 狭山事件権力犯人と真犯人 / 亀井トム‖著 / 三一書房 , 1977 ( 三一新書 )
3. 狭山事件無罪の新事実 / 亀井トム‖著 / 三一書房 , 1977 ( 三一新書 )
4. 狭山事件への告発状 / 亀井トム‖編著 / 三一書房 , 1978.7 ( 三一新書 )
5. 狭山事件権力犯罪の構造 / 亀井トム‖著 / 三一書房 , 1975
6. 狭山事件 / 亀井トム‖著 / 辺境社 , 1972
7. 狭山事件 ; 第2集 / 亀井トム‖著 / 辺境社 , 1974

東京都立日比谷図書館
該当する資料はありません.

東京都立多摩図書館
1. 狭山事件無罪の新事実 / 亀井トム‖著 / 三一書房 , 1977 ( 三一新書 )


国立国会図書館 - National Diet Library - Web-OPAC
http://webopac2.ndl.go.jp/
1. 狭山事件/第2集/亀井トム/辺境社/1974 
2. 狭山事件/亀井トム/辺境社/1972 
3. 狭山事件への告発状/亀井トム/三一書房/1978.7 
4. 狭山事件権力犯罪の構造/亀井トム/三一書房/1975 
5. 狭山事件 権力犯人と真犯人/亀井トム/三一書房/1977.9 
6. 狭山事件(続)無罪の新事実/亀井トム/JCA出版/1980.2 
7. 狭山事件無罪の新事実/亀井トム,栗崎ゆたか…/三一書房/1977.7 


すべて閲覧のみ(貸し出し不可)


390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/02 09:06
http://219.23.28.73:8080/black.php?kill=HOMO

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/02 11:02
http://www.easyseek.net/search/index.php3?c_no=10&search=%8BT%88%E4%83g%83%80&x=32&y=22
現在、古本で買えるトム氏の本。
ちなみに私もココで購入した。

392 :サーティ-ン ◆13WZtCNg :02/06/02 11:03
指おにぎり。

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/04 02:45
「疑わしき罰せず」の原則だけど、犯人はいるわけだよね・・・


394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/04 12:33
あげます。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/04 22:58
ここで、長兄が疑わしいという説を採用し、
その動機が種違いの妹へのカネがらみの排斥感にあると仮定すると
複数犯はわかるにしても、なぜ誘拐・身代金要求(→性交渉後殺害)という
まわりくどいやりかたをとり、またなぜ彼女を亡き者にしたのか。

そもそも被害者の実父に当たる人間は本人や家族の知るところであったのか。
被害者の動静をその人物は用意に知ることができる立場にあったか。
もし被害者が困窮する場合、何らかのかたちで援助が期待できるだけの
地位や経済力のある人間か。
そのへんはもう誰か調べているんだろうな。



396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/04 23:02
用意に→ 容易にのあやまりです

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/05 11:57
犯人は複数なわけ?
近親相姦ということで、何かのイザコザで
思わず殺してしまった。
仲間には、誘拐脅迫を唆して(殺したことは伏せとく)
身代金を取る計画を実行する。
犯人としては、自分の犯した罪をカモフラージュできる。
また警察の動向も知る事ができる。
さらに仲間は、誘拐脅迫だけじゃなく、被害者が殺されていることを
知って自責の念にかられる。
なんとなく、火曜サスペンスの乗りになってきてしまった・・・・

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/05 20:05
あげとく
何かあぽーんされそう。

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/05 21:05
>>228
たぶん、篠田秀幸『人形村の殺人』(2001・角川書店)のことだと思うが、
このスレ的には読む価値なさそうな感じ。

古くてよければ、
佐木隆三『狭山事件』(文藝春秋,1977)→改題して『ドキュメント狭山事件』(文春文庫,1979)
一応小説となっているけど、もし松本清張の『小説帝銀事件』みたいな感じだったら
このスレ的に読む価値ありそう(と、勝手に予測)


400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/05 22:27
>399
いちおうマジレスだが
佐木隆三『狭山事件』(文藝春秋,1977)→改題して『ドキュメント狭山事件』
(文春文庫,1979)
は狭山事件を扱った著作の中でもワーストのトップにランクされるものの一つ。
新たな視点は何もなく、事件の経過とそれまで指摘された問題点をなぞってみせ
ただけ。当時直木賞を受賞したばかりの人気作家と裁判の成行きが注目されてい
た事件をマスコミが組み合わせただけで、おそらく佐木にとっても悔いの残る作
品だったと想像する。そもそもこのスレの上のほうで紹介されている亀井の著作
の原点となった数々の新事実は、佐木の著作のリサーチのために集められたルポ
ライター集団の取材によるもの。佐木自身は積極的な取材をした形跡もなく、ル
ポライター集団の取材結果もなぜか作品には全く反映されていない。おそらく当
時の弁護団などの政治的背景に佐木が配慮したものと思われる。

これが新刊ですぐ入るものであれば、事件を知らない人がごく一般的な事件の経
過を掴むのには便利かもしれないが、このスレで触れられているような疑惑の部
分にはほとんど触れられていないし、探してまで読むような価値のある著作では
ない。
ちなみに狭山事件を扱った作家関連の一般書では野間宏「狭山裁判(上)(下)」
が丹念な取材と事実の追求で最もレベルが高い。ただし当時の裁判状況を反映して
石川被告の無実を立証することにポイントがおかれているのは致し方ない。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/05 23:12
佐木隆三と野間宏の2冊読ませてもらったよ。
>>400 のいう通り、『ドキュメント狭山事件』は当時の経過を知る上では読みやすいんじゃないか。
『狭山事件上下』は、幾つかの問題点に対して細かく書かれているね。
結局はこれ以上の新事実はでてきていない。
まあ、亀井トム関連の過激な告発以外は。


402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/06 00:50
この事件も風化されてしまう・・・


403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/06 21:48
被害者もグルになってのカネ目当ての狂言誘拐の線は?

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/07 11:13
>>403
推理して。

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/07 22:41
ここまで一気に読んだ、
こんな事件だったとは・・・あげ。

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/09 01:54
石川は人殺しのくせに冤罪の主張してるよ。

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/10 21:50
age

age

age

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/11 07:48
狭山事件は39年前の事件なんですか!
私もここまで一気に読んできました。
事件の事をもっと詳しく知りたくなりましたので
今日図書館にいってみま〜す。


409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/11 07:48
>>408
逝ってよし

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/12 20:20
408番さん逝かないで
図書館で読んだ事とかをカキコして下さい。
待ってるよー!



411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/12 21:47
今、石川はどうなってるのか?
まだ狭山に住んでるのか?
スンマソ!疑問に思ったので。

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/13 00:07
今日、サノヤでタバコを買いました。
サノヤのすぐ脇の道路は今工事の最中で、そう遠くないうちに
この付近の環状道路のひとつとして貫通します。
なんだか、この辺りも刻々と変わって来て、あんな陰湿で
疑問の残る冤罪事件があった場所だとは信じられません。

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/13 00:28
図書館で呼んだ記憶あり。
若いころの石川さん、結構かわいい顔してるのにね。

自分がやりましたといえば、10年で出してやる、って言われて
自白?するんだっけ。
量刑考えて間違いなく死刑なのに。
そのへんがあわれな感じがしたなあ。

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/13 10:26
age

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/13 20:59
石川さんに家は火事になって、今は別にプレハブで
事務所がありますよね。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/13 21:43
20年前からの狭山市民です。
ここを読んで事件を思い出したので、図書館から
「狭山事件の写真集」などを借りて読みました。

事件現場、出会いの場所、石川宅などが地図に出てたので
歩いてみました。
殺害現場とされている雑木林は、今では宅地化されています。
関口自転車店は裏側に、現在新道が工事中で店舗は改築されてます。

↑の方も書かれてますが、石川宅は何年か前に火事で焼けたと
新聞にでてましたが、狭山市駅近くなので行って来ました。

プレハブの建物に「狭山裁判現地事務所」の看板が出ていて
建物脇の自転車置き場に、おじさんがいたので
『あの〜こちらは狭山事件の・・・』と話し掛けたところ
本人の石川一雄さんだったので、ちょっとびっくり!!

『家は火事で焼けてしまいましたが、中に鴨居が復元されてますので
見てみますか?』と勧められたので中に入りました。
お勝手口から台所、お風呂と復元されていて、『ここが万年筆が
発見された鴨居です』と指さされた鴨居は、窪みのない横柱で
身長163cmの私でも、背伸びをすればよく見えました。
鴨居右側にはネズミ穴があり、第一回家宅捜査の時には
この穴を塞いでいた布を取り出してまで調べた・・・と
なってますが、その時に万年筆があれば見落とす筈はありません。

万年筆は警察のデッチ上げだと思いました。

興味のある方は一度行かれたらいかがですか?

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/13 23:19
>>416
貴重な現地情報、サンクスです。
また時間があれば、散策して様子をレスして下さいな。
荒神様とか、まだあるんでしょうね。
あとゴム紐の発見現場は、発表と違う場所らしいが、
その付近には壊れた小屋があって、そこが殺害現場じゃないか
とも書いてあったと思う。
現在の西友の近くになるのだろうか。

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/14 00:44
>417
ゴム紐発見現場は西友からをさらに沢方面に向かい、交番を過ぎて小川沿いを
左に入ったあたり、現在の中央2丁目。付近に藁や枯れ枝で囲った小屋があり、
警察が草刈鎌、荒縄を押収しており、初期段階で殺害現場ではないかと報道さ
れたのは事実だが、現在では死体の状況などから無関係との説が有力。またそ
もそも発見されたゴム紐が本当に善枝の所持品であったのかについても疑問視
されている。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/14 01:08
数十人で張っていて逃がしたのか・・・警察もむ

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/14 03:01
本当に犯人取り逃がして、警察もアホ!だよね。
身代金の受け渡しの時に捕まえてたら、犯人が分かり
何人もの自殺者を出さなくても良かったはずだ。


421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/14 10:27
age

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/15 08:31
続きは?


423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/15 10:32
一度資料を読んで、狭山へ行ってみたくなった。

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/15 22:30
狭山ツアーとかないのかな。


425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/16 12:03
ゴム紐は名前が書いてある訳じゃないし
善枝ちゃんのだなんて断定する方が
へんだ〜〜〜よ

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/16 14:28
生徒手帳や筆箱なども見つかって無いんだよね。
なんでだろう?
カバンや教科書は見つかっているのに。
ただしカバンは?が付くが。

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/16 16:14
ようし!!わかったぁ!!犯人は2チャンネラーだ!!
脅迫状の当て字の多さが 何よりの証拠

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/16 23:05
昔チカンの森で、クワガタ獲りに行った事ある。その中に廃墟っぽい
建物があって、プールのようなものもあったがそれが山学校なのかな?

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/17 02:45
山学校って今は何処にあるの?
それと殺害現場って、今はどうなってるのかな・・・
宅地化されてる?

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/17 04:27
狭山事件が、2ちゃんねるのスレッドに出てるとは・・
意外と有名だったんですかね。
狭山に20年住んでるくせに、
このスレ見るまで詳細知らなかった。
ところで山学校って、中央中と東中の間にある
林の中にあるやつじゃなかった?
今はどうなってるか知らないけど。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/18 02:28
age

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/18 03:15
それで石川氏はどんな暮らしをしてるのか?
被害者の家族の方は今も狭山でくらしてるの?

433 :?-??:02/06/18 21:08
age

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/18 22:34
DAT落ちはイヤ!

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/18 23:24
age

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/19 01:10
やっぱり地元じゃアンタッチャブル?

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/19 11:25
何年か前に火事があったけど、あそこの住人って・・

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/19 12:06
>>432
石川氏のサイト
http://www.f2.dion.ne.jp/~sayama1/index.html

被害者の長兄はまだご存命なのだろうか。
ずいぶん疑惑の多い人だったみたいだけど。

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/21 01:54
古くからの地元民に話を聞いた所、
やはり石川氏だと確信してるようだ!


440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/21 11:02
↑の方と同じ様な話はよく耳にしますが
地元の方々はある種の偏見をお持ちでは
ないでしょうか?
私も25年前からの狭山市民で、狭山事件に関する本を
何冊か読みましたが、冤罪の様な気が致します。

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/22 02:51
冤罪だとおもわれ。


442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/22 15:38
>>440
だから、客観的に見てどうしても不審感がぬぐえない
被害者家族らが地域社会で生活できてるんだって。
あれほどばたばた変死していた関係者が、
時効後は誰も死んでないという罠もあるし。


443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/22 16:32
時効っていつになるの?
それに主要な登場人物はすでに早くに亡くなっているからね。
被害者家族は地元で同情的ではあるんじゃないの。


444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/22 17:19
マジ怖い事件だね
鬱になるキーワードが満載だ。すげー

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/22 22:40
>>440
ある種の偏見で片付かないから
今だにすっきりしていないのでは・・・

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 00:53
ageまーす。

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 02:02
国は狭山差別事件を再審せよ!

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 04:19
私、25年前からの狭山市民です。
小学校の時に同和教育でやりましたよー、狭山事件。ただ小学生にはちと難しかったかな・・・
授業でやるまで部落差別ってものを知らなかったし、身の周りで体験したこともなかったんで。
当時、先生たちに「この事件は冤罪です!」と説明(すりこみ)されたので、
今でも「狭山事件」=「冤罪」という感じ。
この機会にいろいろ調べてみようかな。


449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 04:43
山岸凉子あたりに漫画化して欲しいような事件ですな。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 10:58
埼玉県警のねつ造=冤罪

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 22:44
警察は確証はあるけど、証拠が無かったから
証拠をねつ造したのでは・・

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/23 22:51
教育の名の元に、しつこく部落だの同和だのと
学校で教えるからいつまでたってもこの手の問題
は無くならない。

ふつーに生活してたら、そんな単語、知らずに過ごすぞ。


453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/24 22:47
同和とかは東京に住んでて
全然気にしてなかったよ。
そんなのナンセンス!

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/24 22:55
もう解決済みの事件についてガタガタ抜かすな。実際被差別部落出身者の犯罪率
は非常に高い。警察がマークするのもごく自然な行為。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/24 23:06
ズバリ地元、狭山市立堀兼小・堀兼中卒です。
同級生に石川君石川さん・中田さん数人いました。
小中学校時代はこの件あんま深くやらなかったような気がする。
卒業後、高校で同和教育やった時に堀兼?ヲイヲイって感じでした。
それにしても事件の内容知れば知るほどなぞばかり。

ちなみに、あの辺が部落だってのも授業で聞いて知ったけど、同級生の石川君たちへ別に特別な感情はナイね。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/24 23:34
解決してないから、こうして問題が続いている。
それが自然な行為だからといって、でっち上げが許されるのか。
ある意味で、一般市民でも言われ無き濡れ衣をかけられるのが
国家権力。


457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/25 06:21
age

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/25 21:10
狭山事件の特異な性格、事件発生と初動捜査の段階で
県警首脳の失態かくしと責任逃れのため、事件の作為的
つくりかえが行われ、その為真犯人にアリバイが与えられる
という異常事態が生じた。

公表された死体発見以前にすでに早期発見・検分・鑑定がなされ、
その際、県警首脳の責任を軽減し、かつ犯人を特定の差別をうけている
人達の誰かに押しつけるべく、死体の現状と周辺の状況を変更・加工した上で
二日後に再発見を予定して埋没したものである。

こういう事情をかくすため死体が予定どおり再発見されたとき、
それが初めて発見され、その死体現状が原犯罪のままの死体遺棄で
あるかのようにみせかけ、手の込んだ微妙な不正と作為の実況見分・
鑑定がなされる必然性があった。

そういう視角から実況見分・鑑定をみると、原犯罪と加工犯罪の矛盾、
調書・鑑定書と本来の死体現象との矛盾、見分と鑑定の内部における
科学性と詐欺性の同居という矛盾が指摘されてくるのである。
      亀井トム著 狭山事件 続無罪の新事実より

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/25 21:31
なに、続もあるんだー。
しかし、死体の発見が発表より前に発見されたという根拠は
どういうことがあるの?


460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/26 02:51
犯人を特定の差別をうけている人にする為
警察はすぐにバレル不自然な証拠をつくりあげるの?

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/26 08:02
>>460・・・でなくて
県警首脳の失態隠しと責任逃れのため
特定の差別をうけている人達の誰かに押しつけた。
・・・と>>458に書いてある。

>>459 亀井トム著 狭山事件(続)無罪の新事実・・・を
読んでみたら

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/26 13:35
>459
「続無罪の新事実」は22年前の本なので簡単には手に入らないとので要約すると

まず1日の張り込みの失態を糊塗するため、犯人出現を1日遅らせて2日夜に偽装張り込み
をやるのはいいとして、その後死体が日時が経ってから発見されて、腐乱や白骨化していた
場合、死亡日時の推定は難しく、身代金引渡し失敗の前に犯人が被害者を殺害していたこと
の証明が困難となり、偽装張り込みをすることの意味がなくなる。いいかえれば偽装張り込
みを考案した時点で被害者の死体はすでに一旦発見されており、警察はその死亡時刻などの
情報を持っていたのではないかという疑いが考察の発端。

死体の発見者とされている人物が2人おり、当時の新聞報道もそれぞれ分かれている。が裁
判で証人として出廷しているのは1人だけで、もう1人は事情聴取も受けていない。

中特捜本部長は死体発見の3時間後、現場での実況見分が始まって1時間20分後まだ司法
解剖もなされていない時点で、被害者は2日朝以前(張り込み失敗以前)に殺害されたと推
定し、営利誘拐から暴行殺人事件への切り替えを記者発表している。死後3日経った死体は
解剖により胃内容などを精査しないと死亡日時の推定は困難なはずで、あまり手回しがよす
ぎるのではないか。

死体発見現場の農道に不審な土の盛り上がりがあるのは、すでに3日朝以降から付近の住民
に目撃され、報道機関も知っていた。現地に大量投入された捜査員にも当然情報は入ってい
たはずで、4日朝まで何もしなかったというのはおかしい。また現場の地主は普段は3日に
1回は畑に行くといっているのにその時に限って死体発見までの1週間行っていないと証言
し、死体関連の事実から極力遠ざかろうとしているふしがみられる。しかも中特捜部長は地
主が2日朝農道の異常を発見したことが聞き込みで判明したと記者発表で述べているのにで
ある。

死体解剖鑑定書に「角膜は微混濁を呈するも、徑約〇、七糎に開大せる歪曲瞳孔を容易に透
見せしむ」との記載がある。角膜混濁の状態は死後の経過時間を推定する根拠の一つとなる
もので、この表現は死後半日から1日半くらいの状態とみるのが普通とされる。しかし実際
の解剖は死後丸3日、74時間後のはずである。これは何を意味するのか。

千葉大法医学教授の記述によると、薬物、顕微鏡による精液検査は死後40〜50時間まで
は検出可能だが、それ以上経過したものは証明が困難なことが多く、また精子の血液型検査
も死後20時間までは証明しえたが、それ以上は証明し得ないものが多いと書かれている。
死後74時間以上経過した時点でこれらが判明したというのは法医学上の常識に反する。

被害者はタオルで目隠しをされていたが、その下の閉じた瞼の中には土粒が入っていた。千
葉大の鑑定意見書によると、死後6〜11時間経過した死体は27%が開眼しているという
観察データがあるという。これをあてはめると被害者の死体はこの時間内に土に埋められて
いたか路上に放置されていたかで、その後自然にか人の手によって瞼が閉じられた可能性が
ある。いずれにしてもタオルの目隠しはそれ以後の偽装となる。

まだたくさんあるが、主なものはこんなところ。

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/26 16:59
>>461さん
サンキュー!
亀井トム著 狭山事件(続)無罪の新事実
を読んでみます。

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/26 17:21
=459
>>462
いつもお手数かけます。
その前の2冊は手にいれたんですが、続のほうは知りませんでした。
もう一度、他の文献も読み直してみます。
ありがとう。

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/26 23:50
あー最初から読むのに3時間かかったぜ。
こんなにそそられるスレ初めてよ。
俺は狭山市立中央中学校出身。
俺の生まれる15年前の事件(今俺は24歳)で何も知らんかったけど、
ただ有名な事件だって事は知ってたし、同和教育もやった。
学校の前でしょっちゅう署名運動をやってたのも覚えてる。
狭山を愛してる人にとっては触れて欲しくない事件なのかもしれないね。

430のみて「あーあれなんだ!」と思ったよ。
ガキの頃あそこらへんの雑木林を友達と探検してて、
コケはえまくりの古びたプールを発見して「なんだこれ?」と思ったことがある。
すげー久しぶりに思い出した。
もっかい行ってみたいな。多分まだあるでしょ「山学校」。

サノヤとか、殺害現場の場所とか、詳しく教えてください。
すげー興味ありんす。

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/27 02:13
age


467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/27 02:54
>465
サノヤは・・何て言って書いて良いのかな。
465は車に乗る? もしかしたら知らない道かも知れないけど、
知っているという前提で書くね。分からなかったらゴメン。
中央中ならマルエツ知ってるよね、その前の道を川越方面に行くと
狭山台に交番とトヨタが両脇にある交差点があるよね。
ハミータとか言う回転寿司もあったっけ。
その交差点を右折して、まーっすぐ行くとT字路にぶつかるんだけど、
そのT字路を右折すると、すぐ左側に小綺麗な酒屋がある。
それがサノヤ。今は佐野屋という名前。すぐに分かると思うよ。

殺害現場は・・・うーん、それはちょっとここでは遠慮しておきます。ゴメンね。
もし凄く興味があるなら、狭山市の図書館に狭山事件についての
コーナーがあるから、そこで調べればすぐに分かるよ。
他にも色々詳しく知る事が出来るし、ぜひ足を運んでみてね。
私、短大の卒論で狭山事件について書いたんだけど、
色々な意味で興味深かった。ちなみに私も狭山市民です。

468 :465:02/06/27 21:16
>467
ありがとうございます。んじゃ467は言わば狭山事件の専門家ですね。
サノヤの場所はほぼわかりました。
今度図書館に行って見ますわ。

467的にはズバリ犯人は?

469 :467:02/06/27 22:40
>>468
いいえ、どういたしまして。
犯人はどうなんでしょうね・・。本当に謎が多い事件だと思います。
色々な文献などを見ると、圧倒的に「冤罪」を題材にした物ばかりなので
当時の事件を生で知らない私には、やはり石川さんは犯人ではないのかな?と
いうイメージを持ってしまいます。
警察のねつ造疑惑や、あまりにも合点のいかない物的証拠・状況証拠、
関係者の相次ぐ謎の死・・などが膨大な資料の中に記載されているので、
それらの資料を読みふけっていると何が「正」で何が「不正」なのか、
さっぱり分からなくなりました。

ただ、友人と狭山事件の各現場をまわっていた時に、当時からそこに住んでいる
住人の方にお話を伺う機会があったのですが、その方やその方の知人の方々は
今でも石川さんが黒だと思っているらしいという事が、話の隅々から伝わって
来ました。(ハッキリとは仰いませんでしたが・・)
生で事件を知っている人は「黒」、知らない私が「白」と思っているのも
何か不思議で、卒論も結局「今はもう謎のみが残るだけ」という結果で終わらせました。

470 :465:02/06/28 00:45
>>467
まあねぇ。わかるわけないんすよねぇ。
「冤罪」を前提にしてこの事件を考えるのはいかんと思うし、
警察もアホじゃないですし。

「生で事件を知っている人」は石川さんに対して、
彼が部落出身者であることを意識してるのかな?
そこら辺の感覚がイマイチわからん。
部落のことなんて、狭山に住んでて一時も感じたことはなかったし、
友達にも石川性の人とかいたけど別に偏見とかなかったからなぁ。
39年前の狭山にはホントにあったのかしら?
「あそこらへんは部落だから近寄っちゃダメよ!」とか言ってたのかしら?
親に聞いてもなぁ・・・。


471 :467:02/06/28 01:35
>>470
そうなんですよね、冤罪を前提にこの事件を捉えるのは
間違っていますよね。

部落の事ですが、私がお話を伺った方は、はっきりと「部落」と
いう言葉は口にしなかったと記憶しています。
でも「むこうに住んでいた人達」っていう感じの言い方をしていました。
差別するような(見下すような)言い方ではなく、サラッと「むこう」と
言っていたのが、返ってリアルでした・・。
当時は「むこう」=部落があるのが当たり前だったからでしょうね。
私が話を伺ったのは、かつて部落があった地域の方ではなかったので、
石川さんのご自宅付近に当時から住まれている方に伺っていたら、
部落についてまた違うお話が聞けたのだと思います。
ちなみに私も部落に関しては偏見はないです。
かつて部落があった場所には、高校時代の友人の家もありますし。
でも部落と呼ばれる地域があった頃は、悲しいけど差別・偏見で
満ちていたのでしょうね。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 01:41
昔の地元民は、詮索したくないんっじゃないかなあ。
だから犯人は当初の通りだと思っているかも。
それと偏見もあるだろうし。
このレスで挙がった名前だってかなりあるから、その親類関係とか
多くの事件関係者および知合いが多いんじゃないの。
うかつな事は言えないかもね。



473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 01:50
しかし、この事件は冤罪でしか捉える事はできないのでは?
警察がウソでも逮捕、勾留し、裁判で刑が述べられれば、
あとは控訴、冤罪でしか晴らせる道はないのではないのかしら。
検察側は、真犯人が名乗り出るまではそのまま突っ走るでしょう。

474 : :02/06/28 01:59
最初に自白してんじゃねーか、しかも一貫して自白していたとある
それを冤罪にしたてあげるとは、確かに弁護士は凄腕だが
フツーに考えれば石川以外に犯人は考えられない
だいたい、微罪逮捕とか言ってるヤシがいたが、そうか?
ヒトにバイク代払わせて返さないってのは、忘れたとかルーズとかの問題
ではない、根本的なコイツの人間性が伺える事象だ。
腹が減ったから他人の畑から芋獲っていいなら、腹が減ったから他人の財布
から金獲って飯食いに行ってもいいのか?
ちょっと機嫌が悪いから、人に暴力を振るうようなヤシは平気でヒトを殺しそ
うだぞ。

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 02:53
>>465
あそこ行ったことある人居たんだー!!なんか嬉しいカモ。
でっかいプールあったよーって周りの人に言っても信じてもらえなかったから
私自身昔行っただけだったからなんか幻?だったのかと思ってたよ(苦笑)

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 04:02
いちおうマジレスすると
467は卒論の対象にした割にはこの程度↑の問題意識しか持ち得ないうえに
「狭山事件の専門家ですね」などと言われて謙遜も否定もしてないのはかなり
痛いな。

467の書いていることには閉鎖的な旧いタイプの農村社会を襲った踏み絵的
な現象に対する社会学的見地からの考察が全く欠如している。当時の各村がい
かに自己防衛に走り、犯人の存在を外部に求めたかは国会図書館や大宅文庫で
当時の新聞や雑誌を検索すればいくらでも見つかる。(現在からみれば決して
公平な記述とはいえないが)それらが警察を含めて被差別部落に向かって収束
していったのが現在の結果。

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 04:28
脅迫状の字と石川さんの字、比べてどう思う?
始めは似てるなーと思った。
でも細部を比べると違う。
石川さんが意識的に筆跡を変えていれば・・・わからない。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 05:51
>477
脅迫状の字って怖いよな

>476
言いたい事がよく分かんね
もっと簡単に書いておくれよ
つか自分も狭山事件について調べた時は
469とおんなじような感想持ったけどなー
476こそ専門家?(w

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 13:32
てゆーか467は事件の社会学、民俗学的な視点と、刑事事件としての真相究明、裁判批判
という2つの視点をごっちゃにしてるな。
事件の直接的な目撃証人とかは別として、普通の地域住民は一般人と同じく新聞、テレビの
報道や、地域で囁かれる根拠に乏しい噂の類を判断材料にしてものを言ってるわけだから、
別に具体的な根拠のある意見でもなんでもない。しかもなまじ捜査対象の日常などをよく知
っているから、なおさら客観的な判断にはなりにくい。
「事件が地域社会に与えた影響」といった面ではじゅうぶん参考資料になりうるし、それな
りに価値のある検証テーマだが、それと真相究明は全く別の次元。当時からの地元住民の意
見をいくら集めても冤罪か否かなどの判断材料にはなり得ない。

480 :467:02/06/28 14:47
私の書き込みで不愉快な思いをした方々にお詫び致します。
もちろん、私の狭山事件の専門家だなんて、これっぽっちも思っていませんが、
(実際、今でも分からない事だらけで、事件の内容を1/10も理解していないと
思っています)否定も謙遜もしなかったのは、468さんが冗談で書いていると
思ったので、別にその事には触れなかっただけなんです。すみません。

部落についての社会学的見地は、ご指摘通り、私も殆ど理解していないと思っています。
当時の部落民の自己防衛などは色々読みましたし、被差別部落の開放運動まに
ついてなども調べたりしましたが、(当たり前ですが)私が部落を見たわけでも
ありませんですので、非日常的というか、歴史的事例としてしか捉えられなかったと
思います。それが文章に出てしまっていて、お恥ずかしい限りです。

それから最後に・・私の書き方が悪く、誤解されてしまいましたが、私が卒論として
まとめたかったのは、狭山事件の真相究明ではなく、狭山事件における事件関係者及び
地元民の心理的作用でした。(テーマが歴史的事変における人間心理でした)
「今となっては謎のまま」という結果というのは、狭山事件について自分なりに
触れてみて、年代は違うとは言え、地元民である私にとって正直に浮かんだ言葉だったので
レポートの最後に書き込んだ・・という意味です。
ただ、事件の真相を究明しなくとも、事件について調べているうちに、色々な憶測が
私の中に生まれたのも事実で、今回このスレッドには私の個人的な見解として簡単に
書き込んでしまいました。しっかりとこの事件を捉えている方には、不真面目や
不適当な書き込みと思われても仕方がないですね。
卒論などと大層な事を言いましたが、民俗学や心理学をほんの僅かかじっただけの
若輩学生がまとめたものです。大変失礼致しました。

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 16:28
>>480
そんなに謙虚になることはないよ。
別に不愉快になるようなことは書いてないし、それぞれの見方や考え方が
あるわけだからね。
たぶんここでは、冤罪事件や被差別運動に関してのレスよりも
事件そのものの持つ奇怪さに興味をもってレスしてくる方が多い。
また単純に現在と過去の原風景にも興味をそそられる。
地元民として、またレスしてくださいな。

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 19:49
所沢出身です。友人が狭山にいます。
事件発生当時、友人が記憶するのは空に舞うヘリコプター
だったようです。
脅迫状、石川氏の筆跡に似てるといえば似てるし、くずしかた
はかなり書き慣れた者ともいえるし。
あと、地元ではほとんど石川氏クロの印象です。
真犯人として、よく被害者の長兄があげられます。
実家の前に善枝ちゃん地蔵を建ててあったのを見て
もしかしたらちがうのでは、と思いました。
あの地蔵、夜見るとかなり恐い。
あの地蔵を毎日見るとなると、かなり神経やられます。
長兄はちがうのでは、と思ったのですが、最近になって地蔵が
なくなったのは何故?
真犯人はやはり原点にもどれで、作男だった人物では。


483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 19:56
部外者があれこれ詮索せず、そっとしておいてあげるのが何より被害者への供養になります。
野次馬根性丸出しはみっともないですよ。

484 :465:02/06/28 21:39
俺からみたらあんたらみんなアタマいいよ・・・。
467もすげーし、476,479は何言ってるかよくわからん。
「踏み絵的」ってなに?

>当時からの地元住民の意見をいくら集めても、冤罪か否かなどの判断材料にはなり得ない。
そうかな?俺はなり得ると思うぞ。


485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 22:57
部落問題に興味のある方は是非人権問題板にお越しください
http://tmp.2ch.net/rights/index.html#menu

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 23:10
>>484
まあ、467さんが調べたかったのは
「狭山事件における事件関係者及び地元民の心理的作用」だと言ってるから
476さんも479さんもそれなら納得したんじゃないすか?

個人的に、467さんの文章の書き方は読みやすいので
もっといろいろ話を聞きたいなあ。
俺はこのスレを見るまで狭山事件のことすら知らなかったし(授業で習ったっけ?)
狭山が何県にあるかすら知らんかった・・・(´Д`;)

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 01:09
age


488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 12:25
脅迫状をよく読むと一種の「詩」になっているのがよく分かる。
語尾に「韻」を含ませた上、「おもい。−」という風にハイフンまで用いるところ
など、これを書いたのはかなりのインテリ知識人だと思う。

文面も短い文章の中に言いたい事を全て効果的に述べており、
しかも強調したい二行は離して大きな字で書いている。
ろくに読み書きが出来なかった石川さんが書ける文章では絶対にない。

ところで、被害者の家族のひとりは石川さん逮捕のあと、
ある新聞に亡き善江さんを偲ぶ「詩」を発表している。
これが驚いた事に脅迫状の文体にそっくりなのだ。
今その文面は手元にないが、のちほど転載するのでみなさんの判断を仰ぎたい。

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 12:29
>488 訂正。 善江さん→善枝さん

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 13:04
石川氏逮捕の日、5月23日のサンケイ新聞夕刊に掲載された被害者の実兄中田健治
の「犯人たるお前に」と題する手記だね。図版がないとスレのみんなには比較しても
らえないが、文体では強調する部分を2行だけ独立させている点、脅迫状の文字は無
理に稚拙さを装ったとみられるが、所々に顔を覗かせる達筆の部分の筆跡は石川氏ど
ころではなく素人目にもかなり似ている。

特に妙に達筆な脅迫状4行目の「分」と手記の「全」や「今」の冠部分、ひらかなの
「お」と「か」など。また11行目の「致」の左を略した筆致は脅迫状の大文字で強
調された「子供」の「子」に運筆の具合がそっくり。筆跡鑑定はDNAなどと違って
決定な証拠とはなりえないが、この2つを筆跡鑑定したらどういう結果がでるのだろ
うかと思ってしまう。

俺は今手元にあるがせっかくだから488さんのアップを待ちましょう。

491 :488:02/06/29 13:22
>>490
いえいえ、ご遠慮なく。私は二〜三日かかるし、図版自体もアップできないので、
今手元にお持ちなら、ぜひすぐアップして下さい。みなさんのためにも。

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 13:44
166番さんが貼り付けられた画像を
保存している人がいらっしゃいましたら
うpお願いします。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 17:33
ここが詳しかった
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/sayama/

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 18:14
うpまだかな〜?

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 18:15
ドキドキざます。。。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 18:37
>>484
>>当時からの地元住民の意見をいくら集めても、冤罪か否かなどの判断材料にはなり得ない。
>そうかな?俺はなり得ると思うぞ
同意
当時の地元住民の意見を聞けば、どんな部落の資料を読むよりも
部落や当時の時代背景について解るんじゃない?
地元住民が黒っていうから、じゃぁ石川氏は黒って判断するんじゃなく、
それも重要な所謂社会的見解に繋がると思うんだけどな
どう判断するかは個人の勝手だけど、より詳しく事件を追及したかったら
資料を調べるだけより、よっぽど有意義だと思うよ

497 :1だけど:02/06/29 19:41
この事件は、部落問題を絡めると必ず荒れる。
事件の真相(深層)を語りたい。
しかし、真相を得るためには、検察にある未開示の証拠しかない。
残念ながらこの公開は当事者の死後になるだろう。
皮肉なことに、石川の死を待つことになる・・・・・・・・・・

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 21:33
467は無実。
冤罪である。

よって犯人は476と479。

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 21:37
>>498 あんた粘着だな・・・

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/29 21:58
500もらいっ!

501 :  :02/06/29 22:01
( ´,_ゝ`)

502 :465:02/06/29 22:16
トルコも
勝ったし。

マターリ
いきますか。

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/30 01:49
age


504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/30 02:05
>488&ALL
今ちょっと事情があって画像UPができない。スマソ。
俺の持ってるのは縮刷版のコピーだが同じものが亀井トム「狭山事件権力犯人と真犯人」
の232ページに掲載されているので持ってる人(は知ってると思うが)、図書館などで
見れる人はそっちを見てください。同書の巻末には脅迫状の図版も掲載されているので、
見比べるのに便利です。とりあえず文面だけでも転載しておきます。

サンケイ新聞に寄せられた兄健治さんの手記(囲みのタイトル)

善枝の位牌の前で犯人逮捕の報をきき
「善枝!本当にこの人なのか?」
と聞いても 遺影は何もいわず、表情すら
変えられないのです。
全国から多大なる激励、慰めの手紙をいただき
一刻も早く今日のこの日を待って居たのですが
長びいてしまいました。  これも農村という古
くからの何者かゞ ひそんで居たのではないのか?
と責めざるお得ないのです
この様な憎むべき犯罪が善枝以外に 誰の許
にも起こらぬ様世の皆様にお願い致します

(約3〜4行分アキ)

苦しかった事だろう 善枝よ!
安らかに ねむりたまえ!

          中田健治

サンケイ新聞昭和38年5月23日夕刊掲載(原文は縦書き、改行、字間、誤字は原文のまま)

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/30 02:38
奥村玄二と姉の登美恵はやっぱ他殺(とくに奥村のほう)だと思う。
犯人が長兄だとすると、義枝さん殺しをはじめとする一連の関係者の死は、長兄による連続殺人ということになる。
善枝さん意外の関係者は自殺とされた理由は、
警察が他殺を認めれば当然獄中の石川は犯人ではなく、連続殺人なので石川の免罪が世間にばれてしまうからだと思う。
だってそうするとつじつまが合うんだもん。


506 :505:02/06/30 02:43
でも、自殺(ほんとは多分殺された)した姉の登美恵の婚約者が証言台で事実上の証言拒否をしたが、
何を恐れて、あるいは誰をかばっていたんだろう。知りたいです。

507 :505:02/06/30 02:50
ただ一人自殺もせず殺されることもなく、生き残ったのも長兄。
脅迫状についていた指紋も長兄のものだけだったと思う(間違ってたらスマソ)。
あと、当時確か何かのメディアで犯人を推理して見せてたけど、とにかく現場の土の盛り方とか、妙に詳しくて奇妙だと思った。

あ や し い ・・・

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/30 03:03

筆跡見れなきゃ意味ないじゃん!

画像UPまだですか?>自説ぶって実兄犯人説を書き込んだ>>488及び>>490

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/30 07:30
>505
いちおう訂正しとくと
奥村玄二→奥富玄二
免罪→冤罪

510 :505:02/06/30 12:21
>>509
訂正ありがとうございました。

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/30 20:04
あげ

512 :505:02/07/01 00:49
ちなみに>>506自殺した姉登美恵の婚約者だったY氏の証言台での発言は、
読んでて本当になんだか不思議な感想を持ちました。
私なりに要約して以下に書いてみます。この点、もう外出だったらスイマセン。

婚約者に死なれた方の言葉のようには思えないばかりか、
登美恵の遺書を「見せてもらった」(しかし誰に見せてもらったのかは忘れた!そうです)
にもかかわらず、見せてもらった遺書を誰に返したか、自分の手元に
保管したいと希望(←婚約者の遺書ならそれが自然だと私は思う)したか、
などについては忘れたとか記憶にないとか、全然あやふやな証言をした。
更に、登美恵さんのお葬式があったか、通夜もしくは葬儀に入ったか、
それさえも「覚えてない」って逝っている。

ーーー
以上です。失礼しました。
あ、あと被害者の長兄の筆跡、私も見たいです。
持っている方是非是非うぷしてください。
でわ。いちおageときますね。

513 :505:02/07/01 00:55
あら又誤字・・・(恥
訂正しときます。。

「通夜もしくは葬儀に入ったか」→「行ったか」でした。
ちなみにY氏は、婚約者への愛情はあったと思う
(肉体関係もあったと証言している。)
それなのに、証言台での発言はなんかこう、
愛想を尽かしたというか、あきらめたというか、ああよくわかんないw
とにかく愛情の片鱗も読み取れませんでした。

>>512


514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 01:53
>>512
確か、すでに籍には入れてたんだよね。
それで中田家では母親が早くに亡くなって、
姉登美恵が母親代わりをしながら、通い妻みたいにしてたんじゃなかったけ。
それと、Y氏は兄健次とは同級生。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 11:01
長兄の「手記」には、あと犯人に宛てた「メッセージ」がある。

犯人たるおまえに
なぜ善人に戻って呉れなかったのか、悪に取りつかれたおまえでさえ戻るのみの善をおまえは
もって居た筈であり、その善は今日のこの日を待っては居なかった筈なのに……

>>504 の文と併せて読むと、大変興味深い。
彼はかなりの文学好きで、おそらく詩なども自作していと思われる。
普通、こういう「手記」のなかでこういう「文学的表現」は使わないと思うのだが…

逮捕された「犯人」(この時点では石川さん)へ呼びかけた文としては、異様に感じる。
まるでよく知っている人間へ宛てた文章のように思えるのは気のせいだろうか。
無残な形で殺された妹への無念の想いもあまり感じられない。
どこか突き放した印象だ。裁判で明らかになったように、兄妹仲は相当悪かったのが、
この「詩」的な「手記」にもよく表れているように思う。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 11:33
>515
薀蓄はいいから、うpすると言っておいて何故やめたのか理由を延べよ

517 :515:02/07/01 12:01
>>516
申し訳ない。私はスキャナーを持っていないので、画像をアップ出来ないんですよ。
それに「手記」の現物は>>504さんが挙げた本に載っているが、
>>515で紹介した文章は載っていない。

>>515の文は甲斐仁志著「狭山事件を推理する〜Vの悲劇」(三一書房)から
引用したものだが、この本には現物の画像はない。
同じサンケイ新聞の5月23日の夕刊からの引用なのに、これでは二種類の「手記」が
存在することになるので、これはちょっとした謎。
同日のサンケイ新聞の縮刷版をみればわかると思うが・・・

いずれにせよ、なんとかして画像はアップしますので、いましばらくお待ち下さい。


518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 12:39
>517
私が入手したのは該当部分の切り抜きのコピーなのではっきりしませんが
サンケイの埼玉版と聞いています。締め切り?の関係で全国版とは違った
紙面になっているのでは、と想像しますが。515の文は紙面では図版は
ないのでは、と思います。

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 13:04
>516
もともと誰も画像UPするなんて言ってないでしょう。
私は504の言っている本を探してもう見ました。
だだの粘着クレクレ君ならもう少し口を慎しみましょう。

520 :>519:02/07/01 13:32
490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/29 13:04
石川氏逮捕の日、5月23日のサンケイ新聞夕刊に掲載された被害者の実兄中田健治
の「犯人たるお前に」と題する手記だね。図版がないとスレのみんなには比較しても
らえないが、文体では強調する部分を2行だけ独立させている点、脅迫状の文字は無
理に稚拙さを装ったとみられるが、所々に顔を覗かせる達筆の部分の筆跡は石川氏ど
ころではなく素人目にもかなり似ている。

特に妙に達筆な脅迫状4行目の「分」と手記の「全」や「今」の冠部分、ひらかなの
「お」と「か」など。また11行目の「致」の左を略した筆致は脅迫状の大文字で強
調された「子供」の「子」に運筆の具合がそっくり。筆跡鑑定はDNAなどと違って
決定な証拠とはなりえないが、この2つを筆跡鑑定したらどういう結果がでるのだろ
うかと思ってしまう。

俺は今手元にあるがせっかくだから488さんのアップを待ちましょう。


491 :488 :02/06/29 13:22
>>490
いえいえ、ご遠慮なく。私は二〜三日かかるし、図版自体もアップできないので、
今手元にお持ちなら、ぜひすぐアップして下さい。みなさんのためにも。


521 :488=515=517:02/07/01 15:10
私の書き方が悪かったようで、「手記」の画像を心待ちにしていた方には
本当に申し訳ない。知人にでも頼んでみて出来るだけ早くアップしたいと思って
いますので、なにとぞご容赦下さい。

「狭山事件」については、むろん部落差別も大きな問題としてあるが、
やはり事件自体の特異性と、事件後、関係者が次々に不信な死を遂げている点が
他の未解決事件とは違って異様な印象を受けるのである。

「不信な死」とはこのスレでも触れられている数名の「自殺者」と「事故死者」のほか、
脳内出血(くも膜下出血)による「自然死」も含まれる。
そしてこの事件は、警察は証拠を捏造してまで石川さんを犯人と断定したがために、
その後の「不信死」については警察は黙殺せざるをえなかった気がするのである。

さらに真犯人は被害者家族の身内のかなり近いところにおり、長兄をはじめ家族にはその
見当はついているように思う。
そして石川さんが逮捕されたことで、警察が提出した偽装証拠に迎合し、石川さんをいけにえに
することで、なぜか真犯人をかばっているような気がするのである。
次女の「自殺」は石川さんの一審死刑判決の数日後というのは偶然だろうか。

私は、>>488で長兄の「手記」が「脅迫状の文体にそっくり」とは書いたが、
彼を真犯人とは思わない。むしろこの「詩的」な文章が、彼がよく知っている
「真犯人」への、あるメッセージのような気がしてならないのである。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 15:47
>>521
ROMってるとあなたがこの事件を客観的によく吟味されているのがわかります。
たとえ2chのオカルト板発信であっても、
この事件に一人でも多くの人に関心を持ってもらうことは有益です。
また何かあったら、是非お聞かせくださいね。


523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 17:58
中田善恵さんの生徒手帳の画像って既出ですか?

524 :488:02/07/01 18:39
もう一言。
私に書き方のせいで、脅迫状を書いたのが長兄と思った人が多いと思う。
私もはじめてこの「手記」を見たとき、そう思った。
達筆な文字の部分は、たしかに脅迫状の文字ともよく似ているとは思う。

だがしかし、本当に彼が脅迫状を書いたのなら、彼は真犯人か少なくともその共犯者ということになる。
そんな人間が、堂々と新聞に直筆の「手記」の掲載を許可するだろうか。
彼は同時期に雑誌のインタビューに答えて石川さんを犯人視したコメントを発表しているし、
サンケイ新聞にも「石川が逮捕された日に善枝の仏壇の鐘がチンと鳴った」などと話している。

石川さんが犯人でなければ困る事情があったとしか思えないが、
この時点では、石川さんはまだ起訴されたわけではなく、仮に真犯人か共犯者ならば、
より慎重に行動せねばならない時期でもある。

にもかかわらず、自分が疑われかねない「十三行詩」(脅迫状は十四行詩)を発表した長兄の
意図はどこにあるのか。
これは「俺は全てを知っているぞ」という真犯人に宛てたメッセージととれるのである。

事件の真相については、正直言ってまだよく分からないが、私なりに推理した部分だけでも
述べたいと思う。
一度にたくさんの書込みは出来ないので、続きはまた明日とします。
私の推理(らしきもの)に意見がある方は、ご遠慮なくご批判下さい。

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 19:06
身分証の写真、なんかかわいそうだね。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/01 23:17
>>523
うPするのは、あんまり喜ばしいことではないような・・・

>>524
長男は、遺体発見の時にカメラ片手に撮影しに行ったり、
(もしかしてヤジ馬に犯人がいるかもしれない、という考えがあったらしい)
埋めた土の残土の処理法などを推理するなど探偵まがいなことをしている。
そして重要なポイントでは必ず彼の姿がある。
脅迫状の発見、佐野やへの姉の輸送、姉の自殺など。
証拠品の確認の証言なども曖昧な場面もある。
学生時代優秀だった彼が、直筆を載せたからといって
自分に不利になるようなことにはならない、という自負があるのではないか。

もし被害者の行方不明時に彼のアリバイが崩れたら、
しかし、彼のアリバイを証言した姉はもう居ない。


527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/02 07:26
きょうも うp無しか。。。。

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/02 08:24
>520
ご本人が殊勝にも謝ってるみたいなのでこれ以上言わんが、

>俺は今手元にあるがせっかくだから488さんのアップを待ちましょう。
>いえいえ、ご遠慮なく。私は二〜三日かかるし、図版自体もアップできないので

誰も自分からUPするとは言ってない。お互いが相手のUPを期待してるだけ。

529 :488:02/07/02 10:50
この事件は謎が多すぎて、どこから手を付けてよいか分からないくらいだ。
とりあえず、このスレで出ている疑問点を最初から整理して推理していこうと思う。
まず>>85で挙げられた謎。

 >脅迫状に関して、
 >高等教育を受けた者がワザと下手に書いているのか、
 >字の書けない者が、書いたのか?

これについては、>>488で述べた通り、少なくとも高校卒業以上の学力があり、
文学・詩歌を趣味とする社会人であることに間違いない。
文章もかなり書きなれており字も達筆である。

 >この脅迫状は、ボールペンで書かれたもので、幾つかの修正は
 >万年筆で書かれた。
 >(宛名)少時様→○○○○(被害者宅)
 >4月29日→五月2日
 >前の門→さのヤ
 >なぜ、脅迫状の変更が必要だったのか?

脅迫状は複数の無学の者が「しょうじ」家の子供の営利誘拐を4月29日に企てたが果たせず、
予定を変更して中田善枝さんを狙ったように見せかけたものである。
訂正した日付と「さのヤ」の文字の筆跡を替え、筆記具も変更することで
複数犯を印象付けたものと考えられる。

一度封印された封筒が開封されたまま届けられているのも、犯人にとっては、あくまでも
金が目的であり、誘拐の対象は誰でもよかったとの印象を与えるための作為である。
犯人は、一ヵ月前に起こった「吉展ちゃん事件」をまねた誘拐事件に偽装する必要があった。
すなわち、犯行はあくまで行きずり無学の者が行ったという筋書きである。
このことは、犯人が善枝さんと顔見知りであることを推理させる。

 >当初からお金目当ての誘拐だったのか?
 >それ以外の目的があったのか?

もちろん金が目的の誘拐事件などではない。
ある事情で善枝さんを殺害した犯人が営利誘拐に偽装し、「行きずりの複数犯が
たまたま善枝さんを誘拐したが、家族が警察に知らせたことにより、金をとれな
くなったので殺した」というストーリーを作って実行した事件である。

530 :イルハン萌え:02/07/02 11:05
とりあえず、筆跡等の鑑定しているサイトです。
当然ながら「冤罪事件」という立場のようです。
サイトの下のほうに、「鑑定書」、「写真資料」がありました。
まあ、そこそこ面白いので逝ってみてください。

ttp://www.kanshiki.com/sayama/

531 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/02 11:56
こちらは、狭山事件の事件そのものを
語り合うスレですよね。
「冤罪」「部落差別」系の話は人権問題の方へどうぞ。

未だに石川、白か黒かなんて論争はシラけてしまいます。
地元の人達だって、よほどの馬鹿でないかぎり、
石川・黒なんて思っていませんよ。本当は・・・

3年くらい前に、犯人の自宅に電話しました。
その時はまだご健在でしたが、そうですか、あのお地蔵さん
もうないんですか〜
現地調査に行った時、写真撮っておいてよかったです。

(確認事項)
*張り込みは2度行われた
  公表されているのは2度目の張り込みで、刑札の自作自演。
*死体は2度発見された
  公表されているのは2度目の発見で、刑札の自作自演。
*発見された被害者の遺留品の数々は、刑札の自作自演。
*脅迫状に万年筆で手をいれたのは刑札。
*U田証言は、刑札のデッチアゲ。
  若い男が道を尋ねに来たという、アレ。
  裁判でのやりとりが、非常に笑えるので、
  あのブ厚い本を参照。
*母の死
  被害者の母は、前日まで元気に農作業をしていたが、
  父と長兄の手によって、突然精神病院に入れられ、
  数日後に謎の死をとげている。

>>524
彼はクレバーで、非常に冷徹な人間ですよ。
しかも、すべての事情を熟知している彼が、
すでに刑札も自分の手中にあると確信していた。
なにしろ刑札が、駆けずり回り、あの手この手を使って
犯人をデッチアゲ、自分を擁護してくれるわけですから。
あなたの推理、楽しみにしてます。


532 :写真が:02/07/02 12:18
中田家の納屋の前、
長兄の車と、善枝さんの自転車の横に立つ
姉の姿が、とても悲しいです。

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/02 13:34
>>531
>未だに石川、白か黒かなんて論争はシラけてしまいます。
>地元の人達だって、よほどの馬鹿でないかぎり、
>石川・黒なんて思っていませんよ。本当は・・・

そうなの?
アンタ地元の人?
それとも地元の人達がそう言ったのか?
論争は確かに少々シラけるが、決めつけるアンタにはもっとシラけるw

>3年くらい前に、犯人の自宅に電話しました。
この事件の犯人知ってるのか? 誰?

534 :482:02/07/02 14:17
亀井トム氏とは直接、川越のご自宅で面会したことがあります。
日系社会の代表者として健在、という前出の写真は別人です。
地元狭山で取材してきましたが、現地では噂もふくめていろいろ
飛び交ってます。死体埋没の土地所有者と被害者の親が噂が、とか
記事にかくまでのことでもないような噂がかなりありました。


535 :531は何言ってんの?:02/07/02 14:44
>531 
結局何が言いたいの?

>こちらは、狭山事件の事件そのものを語り合うスレですよね
って、直接事件をその目で見ていたわけでもないのに、なぜ「そのもの」が語れるの?
警察やその他関係者が真実を隠蔽しているらしい、という視点から、事件の本当のいきさつを推察することしか今はできない。
また、そうである以上は、「冤罪」「部落差別」といった問題は、絶対に論点から外せない。
あと、このスレの住人も、石川が黒と思ってるのほとんどいないだろ。真犯人は誰か、という流れなんだから。
531は、かなり思い込み入ってんじゃないですか?

犯人をご存じなそうですが、霊視の結果以外で分かったんなら、教えて下さい。



536 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/02 14:55
>>533
シラけさせてしまいましたか。
それは、すみませんでした。

私としては、特定人物犯人説にたって
書き込みしましたので、決めつけをご容赦していただいた上で、
議論していただければさいわいです。


537 :488:02/07/02 15:08
>>531さんが書かれている「確認事項」は、亀井トム氏と文芸春秋の取材グループが
現地での関係者への取材をもとに発表した「警察・検察による一大陰謀論」である。
地元で地道に真相解明活動をされている亀井氏には敬服するが、
これをすべて当局の自作自演劇とするのはあまりにも無理があるように思う。

亀井氏は長兄主犯説を以前から唱えている人であり、531さんのいう「犯人」も
彼を指しているのだと思う。
また小説「犯人〜狭山事件より」(晩聲社刊)を上梓した殿岡駿星氏は、大胆にも
長兄の単独犯行説を匂わせた上、近親相愛にも踏み込んでいるが、ある理由から
このようなことは絶対にありえないと断言できる。

たしかに長兄の言動には不信な部分が多く、大変あやしいと思われても仕方ないが、
私は、彼は主犯でも共犯でもないと思う。
ただ、事件発生のかなり早い時点で真犯人の見当はついているはずである。
それは父親も次姉も同様である。
もちろん当然の事ながら、石川さんが無実であることは誰よりもよく知っているはずである。

ではなぜ、真実を告白しないのか、あるいは出来ないのか。
狭山事件の謎を解く鍵は、実はここにある。

538 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/02 15:54
>>535
私が「そのもの」と言っていつのは「狭山・女子高生殺人事件」であり、
あなたが論点から外せないとおっしゃっているのは
「冤罪・狭山事件」「差別捜査」「差別裁判」のことでは。

このスレの主さんはそれをあえて分けて考え、
「女子高生殺人事件」としてのみ語り合おうと思っていると、
私は判断しました。
その上で「冤罪」や「差別」といったキーワードが出てくるのは
必然であると思います。


539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/02 17:06
>>538
明解でいいですね。その通りだと思います。

>>537
ある理由というのは?
全ての文献を読んだわけではないが、犯人を推理するなら
1石川被告
2中田家の兄
3自殺した奥田氏
4登場してきてないナゾの人物
5 1〜4までの共犯者

>>534
亀井トム氏が別人とは、同性同名で関係ないということなのか?


540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/02 17:30
私の私的推理

犯人は元作男
元々被害者も共犯、1週間前に起こった大事件を参考に家から金を
取ろうとしたもの。
しかし、何らかの要因で善枝さんは死んでしまった。
長男は早期に犯人を特定。
後日、追及したところ犯人は自殺。
事件後長男を中心に関係者全員に疑心暗鬼が広まる。

なんてところでどう?

541 :534:02/07/02 17:37
狭山事件の亀井氏と前出の顔写真で日系社会云々という人物は
まったく別人ということです。本人はご健在ならいまも川越で
蟄居なさっているのでは。
なお、篠田秀幸作「人形村の殺人」の推理で、
佐野や付近での犯人の声「おら、30分で帰る」と現場を早く
立ち去ろうとしたのは、被害者兄がアリバイつくりのため早く警察関係者
のいる場所にもどる必要があったから、とういうのもうなずける部分が
あるが、肉親(姉)が現金渡し役で来て、肉声を聞いているのでかなり無理が
ある(もっとも姉が犯人側なら話は別だが)。
帝銀事件も狭山事件も、現地では逮捕された人物が
犯人という風潮はいまだに根強いです。

542 :488:02/07/02 17:51
>>539
「ある理由」と、自分から書いてしまってはっきり述べないのは卑怯と言われるかも
しれないが、これは個人のプライバシーに関わることなので、私としてはより慎重に
対処すべきと思っています。

それを踏まえて、すでに知られていることなので書いておくと、
長兄と善枝さんは片親が違うことと、二人は正反対の性格で兄妹仲は非常に悪かった。
これは次姉が法廷で弁護士に問われて「無言の肯定」をしている。

そういう家庭環境だけに、長兄は妹が死体で発見されても平然と写真を撮っていられたし、
亡き妹への「追悼詩」がまるで第三者的表現なのもうなずける。
事件前、中田家はすでに家庭内崩壊寸前であったとみる人もいるほど。

真犯人像については、謎を推理していく段階で明らかにしていきたいと思っているが、
>>539で挙げられた人物のうち、1の石川さんは無論のこと2の長兄も犯人ではなく、
3の自殺したO氏も無関係。亀井トム氏はこのO氏を一時は佐野屋にあらわれた共犯者として
いたが、私はまったく関係がないと思う。
ただし、自殺に関しては結果的に真犯人にはめられた可能性があると思う。


543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/02 18:17
俺の私的推理

犯人は元作男
被害者との関係を清算しようとしたが拒まれ、殺害。


なんてところでどうよ。

544 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/02 18:53
(補足)
要するに「狭山・女子高生殺人事件」の犯人と、
「冤罪・狭山事件」の犯人は違うということです。
勿論後者の犯人は刑札であり、司法であり、地域の差別意識であるわけです。

>>541
2度目の張り込みで現れたのは、刑札の大根役者じゃないかな?
脅迫状につじつまを合わせたセリフは、あまりに不自然。
すぐ近くに刑札が張り込んでいる事を知りながら、
おちおちと姉に話しかけているのも不自然。
刑札が追走するまでのタイムラグも不自然です。

>>542
じっくりいきましょう。楽しみです。


545 :488:02/07/02 19:10
>>543
中田家の元作男であるO氏が真犯人であるとは、確かに興味深い推理ではある
(事実、彼の自殺後「追い詰められた犯人が自殺か」と地元民・マスコミともに一時騒然となった)。

が、彼の学歴・職歴・性格を考慮すると、狭山事件の怜悧・沈着・冷静・高学歴の
真犯人像とは程遠い。いわんや金のために殺人の共犯者になるような人物でもない。

私はO氏は事件とは全く関係なく、結婚式を前日に控えての自殺も、家族など周りの
期待に反して気が弱い性格が災いし、将来の夫婦生活を悲観してのものだとは思ってはいるが、
家族の「自殺の原因は思い当たらない」という証言を聞くと、次のような推理も成り立つのである。

O氏は結婚生活のための新居を建築中であった。
善枝さん殺害現場がこの新居であった可能性がある(これは亀井トム氏も同様の推理をしている)。
むろんO氏は殺人事件の現場になろうとは露ほども思ってはいなかった。
知人である真犯人に好意で部屋を提供しただけだったかもしれない。

しかし善枝さんの死を知り、結果的に「共犯」にされてしまうと思い恐怖にかられた。
しかも自分の血液型は真犯人と同じB型である。もしかしたら犯人扱いされて警察に
取調べられるかもしれない。
小心者の彼にはその恐怖心から逃げるのには自殺するしかなかったのかもしれない。

真犯人は、O氏が自分には太刀打ちできないと悲観して死を選ぶほどの
地元の「大物」で「名士」であった可能性がある。

546 :465:02/07/02 22:47
>531
>3年くらい前に、犯人の自宅に電話しました。
ワラタ

あんたが大将。

547 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/02 23:00
たしかに、これだけのことを刑札の自作自演だと決めつけるのには
無理もあろうかと思います。
しかし、一度ついたウソを正当化するためには、
雪達磨式にウソをかさねていかなければなりません。
無理を強引に通したゆえ、ここまでハチャメチャになったのでは?

(ちょっといっぷく)
長兄の手記ですけど、
クールでクレバーな彼にしては、
支離滅裂な文章だと思いませんか?
あの気色の悪い脅迫状を書いた感覚が残っていて、
あのような文面になってしまったのでは? (藁

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 00:07
488さんの「推理」といっておきながら「○○は無関係」といった断定的なことを
先に書く論理の進め方が少々気になるのですが、まずは488さんがそう推定するこ
とを事実に基づく具体的根拠から明らかにして話を進めていただけませんか。

>知人である真犯人に好意で部屋を提供しただけだったかもしれない。

>真犯人は、O氏が自分には太刀打ちできないと悲観して死を選ぶほどの
地元の「大物」で「名士」であった可能性がある。

例えばこう推論する根拠は何ですか?推論の結果を先に書かず、その根拠としたもの
から記述を進めていただけるとありがたいのですが。そうでないと読む方は判断する
ことができません。「かもしれない」「可能性がある」かどうかははそれらを総合し
て読む側が判断することです。このような実際の事件を論じる場合はそれが正しい進
め方だと思いますが。



549 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/03 10:10
<爆笑・内田証言について>

事件当日の19時30分頃、石川さんによく似た若い男が、
被害者宅の所在を尋ねて来たというもので、
事件発生から一ヶ月以上もたった6月4日に突如としてあらわれました。

考えてもみて下さい。
行きずりの女子高生を強姦・殺害したとする犯人が、
脅迫状を携帯したうえ、被害者の自転車に乗ってのこのこと現れ、
被害者宅とは目と鼻の先である内田家に立ち寄り、
被害者宅の場所を尋ねるなんて事があったとするなら、
これは犯罪史上に残る稚拙でマヌケな犯人ということになります。
このデッチアゲ証言は、捜査当局の差別・偏見を露骨に露呈したものです。
さらに、被害者が帰宅しないことで大騒ぎになっているかもしれない
中田家の納屋にきちんと自転車を戻し、
玄関のガラス戸に脅迫状を差し入れるなど、
まさに常軌を逸した作り話であると言わざるを得ません。

裁判で内田証人は、弁護人の質問に対し曖昧な答弁を繰り返したあげくに、
検察官の顔色を伺いながら「はぁ、言っていいもんだか、なんだか・・・」
と言葉につまり、「へぇ、おら百姓だもんで、なんにもわかんねぇ・・」などと自らを蔑視。
このような目撃証言に証拠価値は無いと思います。

あのお地蔵さんが内田家の方向を向いていたのは、偶然でしょうか?

550 :488:02/07/03 11:15
>>548
Oさんについては、このスレでも犯人視されているようなので、本人の名誉のためにも
誤解を解いておきたいと思ったのです。
犯人でないとする根拠は、>>545で述べたとおりですが、たしかにあの時期の「自殺」には
事件と全く無関係とする100%の自信がないので、後段で私なりの推論を述べました。
彼と事件との「かかわり」について、もうすこし述べてみます。

真犯人はO氏に捜査の眼が行くように「罠」を仕掛けた可能性がある。
善枝さんの死体は彼の新築中の家の近くに埋められており、スコップ・荒縄・ロープ・
ビニール風呂敷・教科書・カバン・ゴムひもなど数多くの物品が見つかっている。
このことを見ても真犯人の用意周到さと巧妙・狡猾さを感じざるを得ない。

また逆に、このことはO氏が犯人ではないことを如実に物語っている。
これから結婚生活を営もうとする新居の近くに死体を埋めた上、証拠品をばらまくとは
到底考えられないからだ。

O氏が中田家の元作男で善枝さんとも顔見知りであったことから、当然疑われるわけで、
気の弱い彼は、そのことを気にして恐れたのではないか。
そして同時に悩んでいた結婚生活への不安感とが重なって自殺したのではないかというのが
私の推理である。

真犯人像についてすこし触れてしまったが、その推理の根拠についてはこの事件の謎を
ひとつひとつ解きほぐしていく過程で明らかにしていきたいと思います。


551 :名無しさん:02/07/03 11:40
>488さん
O氏が気が弱いとは、何かの本に書いてあるのですか?
気が弱いとか気が強いとか、第三者には判り難いと
思うのですが、いかがでしょうか?

552 :488:02/07/03 12:09
>>551
O氏の性格については、このスレでも紹介されている亀井トム氏の著作他に述べられています。
また、現地で支援運動をしている複数の人からも聞いています。

彼は婚約者がいながら善枝さんとつきあうなどということが出来るタイプの性格ではないし、
中田家との接点も、むかし作男をしたことがあるという程度。
犯人は彼の自殺後もいろいろな偽装工作をしているので、事件の主犯でないことは100%
断言できる。

では共犯ではないかとの疑問もあるが、彼は真犯人との接点がありその正体を知ってしまった
可能性はゼロとはいえないし、自分がはめられたことを恐怖して自殺したことも考えられるが、
総合的に判断して事件とは無関係というのが私の見方です。

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 12:20
>>549
内田証言の全文が読みたい。でないとなにが爆笑なのか分からん。

554 :551:02/07/03 14:06
>>488さん
なるほど。わかりました。
複数の証言ですか。
どうもありがとうございました。

555 :534:02/07/03 14:22
死体埋没地点のそばにあった0氏宅が殺害現場と考えるのが
合理的でしょう。犯行のときにもっとも大変なのは死体を
どこに隠蔽するかであって、死体移動距離がもっとも少ない
0氏宅を疑うのが妥当でしょう。遺体は雨にもかかわらず
濡れていなかった点も屋内殺人をにおわせる。それに体内から
発見された精液がB型、O氏もB型、犯行当日はO氏は早退、
以後のアリバイが不透明、などからいってももっとも怪しい。
現実の犯罪は、だれかを罠にかけようという複雑な経路は
とらない(とれない)。早く死体を隠したいのが犯行心理です。
磯川全次作「戦後ニッポン犯罪史」(批評社)
のなかで、磯川氏はO氏従犯、主犯石川とりぞう氏を
あげているが、かなり迫真に富むものです。


556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 15:02
>>549
内田証言の信憑性について取り沙汰されているが、
この事件の証言者は、ほとんどが曖昧な証言で
前言をひるがえしたりしている。
そういうことを考えると、果たしてこれが爆笑になるかは疑問。
逆に県警のウソの要請があれば、もう少しましな証言をするのではないか。
事実は小説より奇なり、からすると
犯人が自転車に乗って来たこともありうる。

やげん坂?で不信人物を目撃した男性が、取り調べ後
自宅で、それも奥さんと赤ん坊がいる中でナイフで自殺するということも
普通では考えられられない。

内田証言は、別の警官が道を訪ねに来たとも言えるし、
はっきりとその男を見たわけではない。
犯人は脅迫状を届けに、近くまで車できて自転車を納屋に入れたとも
言えなくはない。


557 :488:02/07/03 15:06
>>534
磯川全次氏の著作は読んではおりませんが、主犯IT氏・従犯O氏というのは
かなり無理がある設定です。
IT氏もまた>>545で述べた「真犯人の条件」にまったく当てはまりません。
これならば、まだ亀井トム氏がとなえた「主犯長兄、従犯O氏・IT氏」の方が
説得力はあるといえます。

それにO氏の新居が、犯行現場である可能性はあると私も思っていますが、
その場合でもO氏は部屋を好意で提供しただけで、殺人の共犯者ではないと考えています
(ただ、のちに真相を知った可能性はある)。

そしてIT氏の件ですが、私は彼が共犯(あるいは真犯人の狡猾な罠にはまって
従犯にひきずりこまれた)可能性は五分五分の確率であるのではないかと見ています。
理由については複雑なので、これも推理の過程で明らかにしていきます。

いずれにせよ、この事件は相当に切れる頭脳を持った男が周到に計画を練って
引き起こした事件であることは間違いありません。
犯行は時間的制約があり、犯人はかなり急いで犯行と「事後処理」をしたことに
疑いはありませんが、決して偶発的・突発的犯行ではありえません。

そして、その怜悧な真犯人の正体に最も早く気付いたのは、
ほかならぬ被害者・善枝さんの兄であったはずです。



558 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/03 15:27
>>553
申し訳ありません。
爆笑なのは裁判での弁護人vs内田証人の質疑応答なのですが、
「狭山裁判・上&下」という本に詳しく書かれております。
高くて買えませんので、図書館で借りました。
あなたの最寄の図書館にも在ればいいのですが。


559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 16:14
>549
一審第5回公判(昭和38年11月13日)
石=石田亨弁護人 内=内田幸吉証人

石 あなたは警察へ、5月1日の夕方変な男が尋ねてきたということをすぐ
  届けたんですか。それともすぐ届けなかったんですか。
内 すぐ届けませんでした。
石 いつ頃届けられたんですか。
内 さあ、あれは。
石 おおまかで結構です。
内 十日、二十日くらいたってからでしょうか。長くなって忘れちゃって、
  どうも。
石 すぐ届けなかった理由は何かあるんですか。近所のうちで被害にかかって
  るわけですからね、早く届けるということがまあ一応常識的に考えられる
  わけですが。
内 そうです。
石 おそくなった理由ですね。
内 はあ。
石 何か特にあったわけですか。
内 それなんです。このやたら話していいかなんか。なにしろ百姓のことで何
  もわからないのでやたら・・・
石 いや率直なところでいいですがね。あるいはあなた自身、自分がなんか、
  どうしてもいやだっていうことなのかもしれないし、そうでないかもしれ
  ませんが。
内 申しあげてあるわけだと思いますが何ももう長くなって・・・
石 いやいや簡単でいいです。簡単でいいです。
内 ・・・・・・
石 あまりむずかしくお考えにならないでいいです。
内 (小声)でどうもこのなんつっていいかな・・・なんとも考えておらんの
  で、ちょいと。
石 理由があるんですか、ないんですか。
内 理由は・・・理由ってほどでもないと思うんだが
石 ああそうですか。
内 へい。
(後略)

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 16:47
二審第16回公判(昭和41年5月31日)
中=中田弁護人 石=石田弁護人 内=内田幸吉証人

中 (被告石川一雄を指示した上)
  証人はそこにいる人に前にあったことがあるか。
内 ありません。
中 証人は昭和三十八年五月一日の晩証人のところへ尋ねたということについ
  て原審で証言されているわけですが、今弁護人が指示した人はその人では
  ないわけですか。
内 古いことではっきりしたことはわかりません。
中 証人は原審でこの同じ被告人をみて、五月一日の晩、尋ねてきたのはこの
  人だと言っておるがどうか。
内 忘れました。
中 原審では十日か二十日位経てから証人が五月一日の晩のことを届出たとい
  うことを言っており、それに対して、どうしてそんなにおそく届出たかと
  いうことを聞いたが証人ははっきりした理由はいわなかったが、その理由
  は何か。
内 届出る前に届出た方がいいか、届出ない方がいいか、とても心配してしま
  い、恐ろしくなってしまったのです。
井波裁判長 何が恐ろしくなったのか。
内 それがよくわからないのですが、警察に届出る前、ただ恐ろしかったので
  す。
石 恐ろしかったといわれるが、どういうことで恐ろしかったのか。
内 ただ恐ろしかったのです。
石 若い男が家を尋ねにきたということで恐ろしくなることがあるか。
内 警察に届けるということが恐ろしかったのです。
石 証人は届けるとき、その男がどういう人かということを知っていたのか。
内 つらは見たことがない、知らない人でした。
石 証人が家を教えたということで恐ろしくなったというわけは何か。
内 ただ恐ろしかったということでよくわかりません。
石 何がただ恐ろしいというのか。
内 口では言えないのですが、恐ろしかったのです。
平岡検事 証人は原審で証人として取調べをうけたとき、被告人の顔をみてこ
  の人だといっておるが、その原審でみた人と警察でみたという人と同じ人
  であったか。
内 矢張り似ていました。
平 今言った二回みた人とここにいる人は似ておるかどうか。(そのとき被告
  人を指示した)
内 どうもよくわかりません。
(後略)

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 16:49
脅迫状で一つ矛盾点を見つけたんで書いときます。ガイシュツだったら
すんません。
上の方で友達が時間内に帰ってこなかった場合人質を殺すと2回繰り返し
ている割に最期の部分では帰って殺すって書いてますよね。
ってことは複数犯に見せかけようとして書いてたものが最期の部分で
それを忘れて本音をかいたってことかな。
これも捜査を撹乱する為にあえてそうしたんならかなりのものだけど
普通に考えたらあんまり頭の良くない人だよねえ。

562 :561:02/07/03 17:28
それと最後の文章だけ付け加えて書いてるみたいだね。
金と人以外全てひらがなになってるしおそらく最後の
文章が犯人が漢字等を意識せず書いた素の文章って事かな?
って事は犯人は薄学なんじゃあないのかな

563 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/03 17:36
>>559-560
大変ありがとうございます! 感謝します。
また、勝手なことを申し上げますと、
私が一番笑ってしまったのは、内田家で飼っていた犬が
吠えたの吠えないのという問答のところなんです。
今、思い出しても笑えます。

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/03 23:33
そんなに薄学である人間が、行き当たりばったりの
殺人事件を犯し、運良く完全犯罪成立?
そんなもん?

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 00:28
488さん
IT氏とは? 何者ですか?
初めて聞く名前なので教えて下さい。  
           すみません!!

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 12:15
>>565
石川さんとも縁のあった、養豚場の長兄。
共犯容疑で、厳しい取調べを受ける。
また調書では、石川さんがこの養豚場でスコップを盗み、
死体を埋めるために使用したことになっている。
スコップは、何度も山狩りが行われた後の麦畑で、
突如として発見されている。

>>561
矛盾点はありません。よく読んでいただきたい。

>>562
脅迫状から「犯人=薄学」ときめつけた初動捜査のミスが、
この冤罪事件の発端であり、
真犯人を、事件から大きく遠ざけてしまう結果にもなった。
あの脅迫状が、作為と計算に満ちた、非常に重要な
犯罪資料であることは明白。

567 :566:02/07/04 12:25
あ、私は488さんではありません。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 17:48
565です。
566さん有難うございました。
養豚場の長兄なのですね、登場人物が多く
頭がゴチャゴチャになってしまう・・・

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 18:20
彼はアリバイというか、1日のお金の受け渡しの時間
知合いと飲んでなかったけ。
他に何か、犯行をほのめかすようなことはあるの?

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 18:27
刑札は1日の夜に犯人を取り逃がしたとしても、何故2日の夜も取り逃がした
と偽装したのでしょうか。1日の夜は無かったことにして2日の夜は張ったが
現れなかったといったスジにしたほうが、というより普通そうすると思うの
ですが。なぜ偽犯人を出してわざわざ取り逃がしたといったスジにしたので
しょうか。

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 18:48
昭和38年の20万円って、
現在でいったら、幾らくらいの価値?

20万円って、あまりにも少なすぎる金額な気がするんですけど・・・。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 18:53
大卒初任給8000円から9000円、ラーメン一杯30円くらいの時代でしょうか。

573 :488:02/07/04 19:04
脅迫状を読んで、これを書いたのが低学歴の人間と思う人がいまだにいるというのは、
ある意味で真犯人の「作為」がいかに狡猾であるかを証明しているように思う。
そして石川さんが取調べ中に書かされた文字と比較して「似ている箇所が多い。
やっぱりあやしいのでは?」などと言う人がいるので、しつこいようだがもう一度指摘しておこう。

脅迫状を書いたのは、かなりの高学歴(おそらく大学卒)で、文学(特に西洋の自由詩など)を
趣味とし、文章を書くことに長けている人物である。
文章とは、字が書けさえすれば誰でも作れるというものでは決してない。
特に短い文章に伝えるべきことを簡潔で効果的に表現するというのは、
多くの本を読み、沢山の文章を書くという、かなりの熟練を必要とする。

単に字が似ているということだけでは、書いた者の特定は絶対にできない。
これでも首をひねる人は、事件を知らない中学生に、伝えたい内容だけを
教えて「脅迫状」を書かせて見比べてみれば、よく理解できるだろう。
いや、中学生どころか大人でもかまわない。その結果に少なからず驚かされるだろう。

貧困と差別のため小学校もろくに行っておらず、漢字はおろかひらがなも満足に書けず、
職場の欠勤届も同僚に代筆してもらっていた当時の石川さんに、
この文章を構成する能力など、絶対にあり得ない。

この脅迫状の特徴をさらに挙げると、「子供を殺す」いうことを
表現を変えて5回も繰り返していることだ。
曰く「子供の命がないとおもい」「子供は死」「子供わ西武園の池の中に死出いる」
「子供死出死まう」「こどもわころしてヤる」

一般に、文章を作ったことが少ない人は、同じ表現を繰り返してしまうものだが、
このことから真犯人は文章を書き慣れているどころか、相当な読書家であることが伺える。
そして、文を読む人間への「視覚効果」まで考慮して、終わりの方の3行は大きく書いている。
さらに改行も適切(小学生などはダラダラと文をつなげてしまい分かりにくい文章になる)であり、
すでに述べたが、一行ごとに「韻」を含んだ「自由詩型」の文章になっているのである。

思えば、犯人の策略がずばりと当たり、警察がこの脅迫状を書いたのは無学・無教養の者と
断定したことが全ての悲劇の始まりであった。

だがしかし、いち早くその真犯人のトリックを見破った長兄は、真犯人にしか分からぬ方法で
「メッセージ」を送った。そしてなぜかそのことは誰にも知らせず、真犯人の出方をさぐった。
それがあのサンケイ新聞掲載の「犯人たるおまえに」と題する「自由詩」なのである。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 19:09
>>571
DQNによる、無計画な、突発的犯行だと思わせるには、
手ごろな額だったのでは。
犯人の策略を感じます。

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 19:39
「となりのトトロ」の舞台って、
昭和30年代初頭の狭山なんだよね・・・。

メイや五月が走り回ったあの森で、
実はこんな陰惨な差別や事件があったのか

576 :575:02/07/04 19:41
>実はこんな陰惨な差別や事件があったのか

>数年後、こんな陰惨な差別や事件が

に訂正しる

577 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/04 20:28
>>569
石川さんは、その養豚場で働いていたことがあり、
当然、顔見知りであった。

被害者がいつも、学校から帰る道(事件当日は違う)を、
ほぼ同じ時刻に通るトラックがあった。
それは、エサにする残飯を自衛隊入間基地から引き取って来る、
養豚場の車両である。
したがって、被害者に以前から目を付けていたと疑われた。

そして、IT氏もまた石川さんのように、
被差別部落の人間であった。


578 :534:02/07/04 20:32
488さんの推理だと、真犯人は大卒、ということは
被害者の長兄はのぞかれますね。彼は大卒ではありません。
それから、となりのトトロの舞台は、所沢市の
狭山丘陵、八国山のことですので。
なお、私の取材ノートを開くと、被害者が殺害される
前日に友人と遊んでいた、その友人の兄と話した
ことがありますが、なんの予兆も感じられなかった
とのこと。
それから、磯川説を無理がある、との指摘ですが、
現在の推理ではもっとも合理性があります。
作男のO氏は残留精液の血液型の合致、アリバイの不成立、
埋葬現場の隣接、などから捜査の輪が狭まり自殺したのが
もっとも合理的でしょう。もちろん、長兄の黒い霧は残りますが。




579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 20:43
>569
569の言ってるのはその弟で養豚場の経営者石田一義。養豚場が中田家や佐野屋
に近く被差別部落の若者が出入りしているので当初疑われたがアリバイが成立した。
ここで言われているのはその兄で変死者の一人石田登利造。(昭和41年10月2
4日午後11時52分西武線入曽駅付近の踏切で川越行終電車に轢かれ死亡)

580 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/04 21:32
>>570
刑札と中田家(主に長兄)の間に、
取引があったと思われます。

1日の張り込みに失敗し、中田家に弱みをもった刑札が、
さらに、脅迫状の一部書き換えと、2日の茶番劇を提案する。
中田家としては、犯人取り逃がしの事実を変えない事を条件にした。
刑札が最低でも欲しかったのは、被害者の殺害が、
犯人取り逃がし以前に行われたという逃げ道である。

2度目の張り込みで、姉が行くことを渋ったのも当然である。

重要参考人が含まれているかもしれない中田家に、
首根っこを押さえられた刑札が、石川有罪のために証拠捏造を重ね、
冤罪の道をひた走ったのである。

こんな感じですけど、いかがですか?

581 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/04 21:47
>>569 >>579
失礼、スマソ!

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 22:14
警察発表の経過とトム氏らの主張する2度目の取り逃がしの演出。
この2つの方向性のどちらかをとることで随分と違ってくるなあ。
トム氏らの主張はインパクトがあるが、最後のツメがまだ納得できない。
・1日の犯人取り逃がしの事実の証拠がうすい。
・中田家が警察と口裏を合わせなければならない理由。

意外と県警は信じられないようなチョンボをやるとこだと思うが。
吉のぶちゃん事件での取逃がしや三億事件のモンタージュなど。

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 22:20
数日前にこのスレを発見し、それ以来頭から離れなくなってしまった。

俺の疑問点。
1.5月2日深夜の張り込みの時、登美恵を説得した増田秀雄なる人物は
  中田家(登美恵)とどうゆう関係にある人物なのか?(>>312参照)
2.>>570の仮説には俺も同意なのだが、>>309-310を見る限り5月1日深夜の
  張り込みは佐野屋ではなく中田家の周りで行われた可能性が高い。
  そう考えると、なぜ警察は5月2日深夜の張り込み場所を佐野屋に変更
  したのか?

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 22:37
>>575
うーん、ちょっと違うかな・・
トトロの故郷は狭山丘陵と言われていて、確かに‘狭山’って地名が
入るんだけど、狭山丘陵は狭山市じゃないんだよ。
埼玉県と東京都の境にあって、埼玉県だと所沢市のはじっこが
狭山丘陵に入っている。ちなみにそこには狭山湖などの人造湖もあって
東京都民の水瓶にもなっているよ。西武ライオンズの本拠地もその辺。

狭山事件と離れちゃったのでサゲます。

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 22:56



586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 23:00
>>583
増田氏は中学校のPTA会長であり、息子は被害者と同級生。
事件当時、農協そばで木材業を営み、狭山署から2日朝6時頃に
電話があり協力依頼された。
・前線基地の場所の確保
・佐野やの犬、スピッツの隔離
・民間車で佐野やへの輸送
・いやがる姉の説得




587 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/04 23:02
>>582
中田家と刑札の口裏あわせの理由は、580の通りですが、
中田家の中に犯人が存在する場合に、
利害関係が完全に一致するのです。

>>583
2の疑問点は、単純に考えれば・・・
「車出いく」と書いてきた犯人に対して、
それなりに大規模な張り込みがしやすい事。(のちのポーズとして)
中田家近辺よりも、偽犯人の接近・逃走がしやすい事。
同じ場所でやることに抵抗感があった。(近所の目など)
一度目の張り込みを、念のための「予行」に見せかける。
などが予想されます。

588 :583:02/07/04 23:19
>>583の「2.>>570の仮説」は「2.>>580の仮説」の間違いです。

>>586-587
レスどうも。

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 23:25
犯人はとなりのトトロ

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/04 23:40
酒鬼薔薇も冤罪↓
http://www.hoops.livedoor.com/~forum2000/ques524.htm

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 00:55
増田秀雄について586にちょっと補足すると、

「わたしはもと中野学校の出身でね、憲兵をやっていたから張り込みなんかは
お手のものなんだ。」(週刊文春38年6月1日号・本人談)
地区の防犯協会会長でもあり、いわば警察と住民とのパイプ役的な人物。

それにしても586の挙げている増田秀雄への協力要請事項はどう考えてもわざわざ
民間人の手を借りなくても警察自身で出来そうなことだ。いくら日頃繋がりのある人
物とはいえ、民間人に捜査上の秘密を話してまで依頼しなくては実現できないことと
は考えられない。この張り込みにはもう一人、善枝の堀兼中学時代の担任、相沢健一
氏も参加している。このようにまだ極秘捜査(地域一体には知れ渡ってはいるが)の
段階で親族以外の民間人をさほどの必然性がないのに参加させているあたりも明らか
に通常の捜査常識とは異なっており、デモンストレーションとの疑いを濃くさせる。

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 01:28
>>591
しかし、県警の自作自演ということになると、
最終的な脅迫状の問題、
訂正箇所も県警がやったということにならないか。
しかし、訂正箇所の筆記用具に関して知ってるはずの
県警が間違えるはずはないのでは。


593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 10:00
学生の頃、文字学なるものを少しかじりまして、研究も少ししたことが
あります。そんなしろうと学者である私が見てもあの脅迫状は文盲で
ある石川氏が書いたものとは思えません。
なぜなら字を書けない人は当然字を読めないので、何かを真似て白紙に
書きこんでも読める文章にならないのが通説です。3、4歳児に新聞
の見出しなどを真似て写させると一部の明晰な子を除き大抵の子は
なにやら文字を崩した記号のような感じになります。日本語を理解
しない外国人の方数人にも協力を頂いた際にも、驚いたことに日本の
3、4歳児に似た記号文字になったことがありました。
脅迫状を見る限り字が書ける人物が自分の癖を故意に除き、他人の
文字に似せた感じもします。少なくとも文字の書けない人は何かを
真似てもあそこまでは人に読ませる文字は書けないと断言できます。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 11:09
中田の兄、姉は真犯人を知っていた。

が、しかし、その人間は身内もしくは親類だった。

真犯人がわかり、身内の恥が分かるよりは、粗暴な部落者がつかまったほうがいい。
(ばれた場合、まずその土地には住めない。兄も姉も一生が台無しになると思った。)

数年の刑期になると思われたが、石川の死刑判決を聞いて姉が錯乱。

このままでは、ばれてしまうと思い余った兄が、農薬で殺害。

医者が来るまでに、証拠隠滅。無能な医者は、不審死とせず解剖もしないで死体を焼却。

真犯人は今も年老いて、生きている・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 11:16
作家・本橋信宏著「にくいあんちくしょう」(ちくま文庫)
のなかで、石川一雄氏の巻があり、このなかで
狭山事件の諸説をわかりやすく紹介してます。
本橋氏も狭山事件ウオッチャー。
このスレであまり紹介されていない甲斐仁志著「狭山事件を推理する」
(三一書房)は、真犯人は被害者身内に近い関係者、とあり被害者姉と
善枝両者と関係をもった人物が三角関係を清算するために犯行におよんだという
説。本橋氏による分類では、
*身内主犯説 部落解放同盟 犯行は身内の騒動をカモフラージュするため。
*身内主犯複数犯説 亀井トム 上とほぼ同じだが、IT氏O氏従犯説。
*単独身内説 殿岡駿星 痴情のもつれ。
*身内関係者説 甲斐仁志 ほぼ々。
*顔見知り説 磯川全次 主犯IT氏、従犯O氏。

596 :488:02/07/05 11:42
5月2日の佐野屋での張込みと犯人取り逃がしの件は、確かに謎が多い。
亀井トム氏や栗崎ゆたか氏をリーダーとする「文朱社」が主張する、
「張込みは1日が本番で、2日は警察の自作自演」という説も、
全く否定するものではないが、その可能性は低いと思う。

(ちなみにルポライター・グループ「文朱社」のメンバーの一人で、狭山事件に
ついて精力的な取材活動をしていた片桐軍三氏は昭和52年暮れに変死している。)

多くの警察官はおろか民間人をも巻き込んでの「大芝居」は、いくらなんでも
出来ないのではないかという気がする。それにこの事件では、石川さんを犯人に
仕立てるために、警察は数多くの証拠品の偽造・捏造をやってはいるが、
さすがに脅迫状に手を加えるというのは考えにくい。

それよりも気になるのは、民間人の協力者である増田氏の存在である。
PTA会長で戦時中は憲兵の下士官でもあった増田氏は、中田家の事情もよく知っ
ており、地元の名士でもあった。
そして警察の捜査方法をなかば公然と批判し、独自に事件について調べていた形跡がある。

彼は石川さんが一審で死刑判決を受けた四日後に、それまで元気で血圧なども全く
正常だったにもかかわらず「脳内出血」で倒れ、数日後に急死している。
そしてその4ヶ月後に、善枝さんのただひとりの理解者であり母親代わりでもあった
次姉は実家で「自殺」するのである。

私は、死の前にこの二人は真犯人の正体を掴んでいたのではないかと推測している。
そして次姉の死後、中田家の長兄は、マスコミを通じてまたしても「真犯人」に対し、
ある「メッセージ」を送っているのである。

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 11:44
中田長兄はまだ存命なんすか??

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 12:17
597<
生きていたらどうする ?

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 12:35
二十年くらい前会社の宿職室で読んだ週刊誌の特集で狭山のことを
かなり踏みこんで書いているのを読んだ憶えがあるのだが内容をさっぱり
思い出せない。
私は北海道出身なんでまるで白鳥事件みたいに欺瞞に満ちた内容だな、て
感想は残っているのだけども雑誌の名前も結論も思いだせない、ク〜。

600 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/05 13:02
>>595
「狭山事件を推理する」は、私や、おそらく488さんも、
ソースにさせてもらっております。
あの本では、重要人物を消去法によって全て消し去り、
犯人を特定していませんね。
姉妹と関係をもってしまった、中田家とは身近にいる中年の男という説。
しかし、その著者が最後に指摘した、脅迫状に見られる特徴のある字、
特に「様」「時」に注目していますが、
私は、長兄の手記の原文の写真を見た時に、背中が凍りつきました。
「様」のつくりの部分の崩し方が、あまりにも似ていたのです。


601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 13:22
善枝さんは雨の前に家に帰っていた。
そのため自転車とかばんは雨にも濡れず家にあった。
殺害現場は自宅。
遺体を車で運べる人物は一人。
かばんの中身を姉が知っていたのはこのため。


602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 13:45
「父は最初から(もう殺されている)と言っておりました。
そして妹の死を知った今は、(犯人が捕まっても、会いたくもないし、
写真を見たくもない。犯人の方でも、私の顔を見られないだろう。
よく知っている人にちがいないだろうから)と言っております。」
>5月23日・週刊現代

「・・・気心の知れた、信じあい、助け合ってきた人たち。
どうしてその中に、犯人がいるなどと思えるでしょう。
私は(もうたくさん、やめて!)と、刑事さんたちに向かって叫びたくなりました。
そんなことをしたって、もう妹は帰ってこない。
なにもかも手遅れなのだ・・・」
>6月3日・女性自身


603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 15:00
この事件は当時ものすごい反響でマスコミも含めて注目度はかなり高かったと
思う(私当時12歳)
事件後10年、15年経っても週刊誌で特集を目にしたし個人的に追っている
ライターも多かったと思われる。
で、私も昔雑誌にて目にしたX氏の存在。だけど具体的にこの人X氏って言うのは
ないのだよね。壁に当たった時に出てくる存在のようで、それともライターまで
もが推定無罪で保護していたのであろうか。

604 :597:02/07/05 16:41
>>598
ご存命で住所がわかれば聞きに行こうかと。当方入間です。

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 16:59
>604
手ぶらで行くなよ。

606 ::02/07/05 17:53
犯人は電車に引かれて死んだ男で共犯は自殺したO氏と言う説がある。O氏は犯人に弱みを握られてたとすれば理解できなくもない。被害者の首に巻かれていた紐の結び方は特殊で誰にでも出来るものではなく、犯人にはその知識があった。
謎ですけど…

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 18:38
>>604
やめといた方が無難ですね。
それよりか、トム氏とかに会った方が有意義かもね。
それにその後の解釈などを知りたいね。

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 21:47
>>601
斬新でしかも妙に説得力がある。

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 21:48
>488
「文朱社」→「文殊社」ね。

それともうそろそろ具体的な証拠を挙げて考察を展開していただけませんか?
論拠を示さない「可能性は低いと思う」「考えにくい」「推測している」などの
羅列は飽きました。
先のレスで「推理の過程で明らかにする」と言っておきながら一向にそれらしい
記述が出てきませんが。


610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 22:05
石川が無実なのかどうかは知らないが、この事件は
怪童やら過激派やらの危ない連中のおもちゃに
成り下がっている。書籍も、そういう色の付いた左巻き
連中の出したもんがほとんどで、政治色がミエミエで信憑性に欠ける。
もう今更真実は分からんよ。放置プレイにしとくのが一番いいだろ。

611 :488:02/07/05 22:13
ご指摘ありがとうございます。
推論の根拠は示しながら書いているつもりなのですが、私もプロのライターではないので
できればどこの部分が分かりにくいのか具体的に質問があれば出来る範囲で述べていきます。

このスレではまず最初に、長兄が書いた「犯人たるおまえに」の考察を述べようと思ったのですが、
画像のアップがあと数日かかりそうなので、アップ後にと思っています。
前にも述べたように私はこの一文が事件の謎を解く鍵だと考えていますが、
長兄を真犯人とは思っていないので、文章だけでいいと思っていたのですが、
知らない方が、どうしても現物が見たいという気持ちもよく分かるので、
ちょっと時間を置いていたわけです。

そこでとりあえずそちらは後回しにして、次姉が「自殺」したあと、
長兄がとった不可解な「言動」の謎を先に推理してみたいと思います。
ただ、申し訳ないが今日はもう書込みが出来ないので、明日の昼頃とさせて下さい。

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 22:17
601の説は確かに事件を考える上で重要な要素を含んでいる。
被害者の自転車が最後に目撃(午後3時頃?奥富孝志少年)されてから中田家の
納屋に移動(午後7時半、一応警察の発表に拠る)しているのは確かなわけだか
ら、被害者の死後誰が、どうやって移動させたのかは従来から議論の対象となっ
ている。亀井氏などは長兄が被害者を探しにいくといって学校などを回ってきた
際、O氏の新宅からトラックに積んで帰ってきたと推測していたようだ。

一方、被害者のカバンも、姉登美恵は発生直後の供述でその中身として、被害者
が事件当日登校後に級友の中根敏子から借りた「女学生の友」があったことを述
べており、被害者の下校後から供述までの間に、中を見る機会があったのは確実。
(証拠品のカバンは6月24日石川氏の自供後に発見。初期に父親が供述したカ
バンと異なっており、警察が偽造したものといわれる)
するとそれはどのような場面だったのか・・

601の説だと確かにこれらは解決するが、その前後、家族の行動とかとの関り
をもう少し傍証を入れて推理してほしい。

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/05 23:23
中田家が犯行現場だとすると、家族全員共犯という事ですか?
で、主犯の長兄が、共犯者と内情を知るものを、
次々に消していったとー
まさに「そして誰もいなくなった」・・・
この推理、スゴイことになるなあ〜

614 :613:02/07/06 00:11
あと、主犯IT・従犯OG説の場合、
OGの動機は結婚前の清算。
ITの動機は20万円? 強姦?
となると、脅迫状には何のトリックも無いことに。
脅迫状が、作為と計算のもとに書かれたとすれば、
この説と、OG単独犯説は消えそう。

皆さんは、姉の婚約者の存在をどう見ますか?


615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 00:12
うるせー馬鹿!

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 00:56
O氏の婚約者だった人って
その後幸せになれたのかな・・

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 01:01
age

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 01:18
この事件でいつも不思議なのは、
父である栄作の影が非常に薄い事。
栄作主犯・長兄従犯!

被害者の種父は、PTA会長か?


619 :601:02/07/06 09:42
601は私の考えた説ではなく三十年くらい前に週刊誌かなにかで読んだ記事です。
被害者は少女の割りに強い性格で加害者とは母親の件で数年来強い対立をしていた。
加害者は遺体を運搬し処理を信頼できる第3者に依頼した可能性があり。
その第3者が被害者を死姦した可能性あり。
被害者の胃に残されていた米粒はお握りの可能性が高く、加害者は農作業に出る
時に昼食、または間食でお握りを畑に持参していくことが多かった(トマトもしかり)
どの家人が度の程度かかわっているかは不明。
こんな感じだったと思う。思い出したらまた書くきに。

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 11:14
>>619
う〜ん、信頼できる第3者というより犯人に服従する第3者とした方が
わかりやすいかも。
「俺はすぐ戻るから、どこそこに埋めておけ、けっして口外するな」と。

621 :あなたのうしろに通りすがリさんが・・・:02/07/06 12:04
>>619
母親の件って何??

622 :488:02/07/06 12:27
次姉は、石川さんが犯人とされ、裁判が始まった時くらいからふさぎ込むことが
多くなり、次第にノイローゼ症状が重くなっていた。
彼女は事件後婚約し、すでに入籍していたが中田家に女手がないので実家にとどまり、
新婚生活もままならない毎日であった。

唯一の話し相手であった妹を失った上、家を出て夫と暮らすことも許されない。
スポーツ万能で勝気だった妹とは違い、おとなしく優しい性格の次姉にとっては
耐えがたい生活だったはずだ。

次姉は、事件当時から独自に調査をしていた石川さんの支援者・荻原佑介氏の訪
問を受ける。そして石川さんが無罪であることの論拠を示された彼女は、
そのとき顔面蒼白となるのである。
「石川さんが無罪ならば、やはりあの人が…」

次姉は裁判で警察に迎合して佐野屋にあらわれた犯人の声を「石川さんにそっくり」と
証言したことを後悔し始める。
そして一審での石川さんの死刑判決の報を聞き、自責の念にかられるのである。
さらに狭山事件のをめぐる直接的・間接的関係者の内、少なからぬ人々が訴えている症状、
「原因不明の頭痛と身体のだるさ」に彼女も悩まされるのである。

夫にあてた遺書のなかの「私は美しい花をみても美しく思えない女になったしまった」
という言葉に彼女の苦悩がよく表現されている。
そして次姉の日記には、真犯人の名前がはっきりと記されてあった。
(続く)

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 12:59
長兄は、長男で頭の良い自分が、(百姓に学問はいらぬ)
という父の意に沿い、夜間学校出身であったため、
種違いの妹が、昼間の高校に行く事を強く反対していた。
勝気で奔放な性格も、長兄の気に入らなかった。

父と長兄は、母の死について、善枝に納得のいく説明が出来なかった。
もしくは、本当の理由を知っていたか?


624 :488:02/07/06 13:01
>>622の続き)
次姉の「自殺」後、長兄はマスコミの取材に答えて、彼女が生前に付けていた
日記の存在を明かし、
「日記には常識では考えられないことが書いてあったんですが…」
とコメントしている。

しかしその「常識では考えられないこと」の内容については口をつぐんでいる。
これはどういうことであろうか。

わざわざ日記の存在を公表し、内容に興味を引くコメントを残しながら、肝心の
内容についてはだんまりを決めこむ。
中身が話せないならば、日記のことなど最初から触れなければいいではないか。
にもかかわらず、そこに書かれてあったことについて思わせぶりな話しをする。
それもマスコミに対して。
はたして長兄のこの不思議な言動は、何を意味するのか。

私には、あの「犯人たるおまえに」同様、これはマスコミを利用して行った長兄
の真犯人に宛てたメッセージであると思う。
つまり「自殺した彼女の日記にはおまえの名前が書かれている。俺はお前の策略
をすべて見抜いているぞ」という意味が込められているのである。

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 13:02
まじごめ、俺犯人知ってる。

626 :あなたのうしろに通りすがリさんが・・・:02/07/06 14:41
この事件のポイント

司法→石川氏犯人説
開放同盟→身内説(ここで言うところの601説?)
ジャーナリスト→中年X氏(養豚場経営者の兄?ここでいうところの488説?)

が大きい柱とおもう。しかし石川氏説は刑札による証拠偽装(万年筆)など
多くの論で問題外とされる。すると身内かX氏となるが重要なポイントは
善枝さんの日記が握ってはいないだろうか。X氏と付き合いがあれば近い
表記もあるだろうに。また善枝さんがO氏と付き合いがあった無かったに
ついて資料によって差がある。この点も重要な点であるので注意したい。

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 14:42
ふーん よかったね

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 15:21
この脅迫状って何度読んでも
怖い。
詩的というか全体で完結している感じが
怖い。
しかも本物を見ないと伝わってこないのよね。



629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 18:35
すまん、488よ。
脅迫状の文が詩的で韻を踏んでるというが
そうか?
同じような表現は多いが韻を踏むというほどでもないと思うが。
それに高学歴で文学のたしなみがある人が書いたもの、と推理する根拠は何?
どうも犯人を特定してからの488の勝手なこじつけに思えてならないのだが。
できればこの文の詳しい解説きぼんぬ。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 18:55
主犯:中田長兄
従犯:石田兄、奥富玄二

こう仮定すると多くの疑問に辻褄が合う。
・脅迫状の筆跡が長兄のそれと似ている点。文章が簡潔で詩的である点。
  長兄が書いたとすれば当然である。
・被害者の自転車、および脅迫状の発見課程の不自然さ。
  長兄が被害者を捜しに行ったときに仲間の所から持ち帰ったと考えられる。
・被害者の首にあったひもが「ひこつくし」という専門的な結び方であった点。
  石田弟が養豚場を営んでいた関係上、その兄が「ひこつくし」を知っていた
  としても不思議ではない。
・5月1日深夜の逃走事故。
  長兄は当日の警察の張り込み体制を知りうる立場にあった。例えば、実際に
  仲間を現場に向かわせなくとも、深夜12時過ぎに中田家へ
  「さっき、金を取りに行ったが警察がいたから引き返してきた。子供は殺す」
  というような電話を掛けさせれば、警察は張り込みに失敗したと思うだろう。
  また、実際に金を取りに来たのだと思い、身代金目的の営利誘拐という方向に
  捜査の目を向けてしまったとしても不思議ではない。
・長兄が真犯人でありながらマスコミの取材を受け、また手記を寄稿した点。
  5月1日深夜の逃走事故の後、警察は自らの失態を隠蔽するため数々の嘘と
  捏造を繰り返す。この警察の「石川さんが犯人でなければ困る事情」を知って
  いたと考えれば、長兄の行動も不思議ではない。逆に「真犯人であれば自分に
  疑いがかけられるような行動をするはずがない」というような推理に誘導する
  こともできる。

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 21:16
>>628
脅迫状の写真を見て、
この事件にハマッテいく人、少なくないのでは?
迫力あるよね。

「気んじょの人にもはなすな」が、
犯人にとってどうしても書かなければならない用件であったとすれば、
犯人は被害者方の「気んじょ」にいることは確実である。
(狭山事件を推理する)より〜

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 21:16
新種の千葉発見!!!その名も「千葉ネーヨ」!
この性器の大ハッケソに創価学会も騒然???

.%%%%%%%%
6|-○-○ | 
 |   >  |   ┌────────────
 \ ー /  < 千葉ネーヨ
   \.\    └───/|────────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪

今年6月頃インド、パキスタン国境付近でハッケソされた。
核ジッケソの影響により、ネーヨが頭脳革新を起こし、
知能を高めたらしい!!さぁ、みんなもこの性器の
大ハッケソを広め伝えるんだ!!!コピペして。


633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/06 23:12
age

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 00:13
age


635 :怖い:02/07/07 00:34
総合的に考えると、兄が一番怪しいが、もし全く関係なかったら
凄い生き地獄のような生活をしいられてる。彼の人生はメチャメ
チャ。でももう高齢になられてますよねえ。

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 01:24
>>630
IT従犯の必然性が乏しいような。
「ひこつくし」は、当時S運輸に勤めていたOGでも可能。

やげん坂付近で目撃された3人組が怪しいとすると、
PTA会長・長兄ー主犯、OGー従犯


637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 04:29
こわすぎ
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


どのスレよりこわいのでは?
何しろ「事実」だからな


638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 07:34
被害者が可哀想過ぎる…

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 10:01
>>638
そうだね。でも事件が解決しないのが一番悲しい。
真犯人が仮に捕まっても被害者は帰ってこないのは世の常だけど解決すれば
少しは供養になるような気がする。
>>636
「ひこつくし」ですが古い資料になればなるほど「ひこつくしのような」
縛り方となっているものが後年になるほど「ひこつくし」である、となって
いる、事実はどうなのか。
「やげんの坂」での目撃証言をしたあとの目撃者は非情におびえていた。
大の大人をおびえさせ、さらに即日自殺させるような事とはいったい ?

僕は上のほうにもありましたが被害者の「母親の件」というのが凄く引っ
かかります。被害者は自分の日記にここのところの家庭内トラブルを書いて
いるらしいし、同級生にも家庭の不和の悩みを語っている「母親の件」とは
いったい ?

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 10:18
長兄が犯人とすれば、すべて辻褄が合ってしまうのがこの事件。
仮の話しだが家族で知っていたのは弟を除く全てではないのか(弟は後年
知ったのではと思う)
昭和三十年代の地方で家の実質の働き頭である長兄にある事情を付きつけ
反目する妹。この妹を癇癪を起こし撲殺してしまっても家族は家から殺人者
(しかも身内殺し)を出すくらいなら誘拐事件で偽装しても不思議は無い気が
する。

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 10:35
次姉を狂わせてしまうほどの犯人は、やっぱOでもITでも無いだろな。
まして石川氏ではありえへん。

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 11:30
>>641
警察は当初自殺したO氏が犯人と断定したのだよね、しかし国家公安委員長による
犯人は生きて捕まえなければならない、の一言で捜査は振り出しに。
で、市民情報で金に困っているBがいるとのことで事件は奇奇怪怪なものへと。
一言が大きかったね。

643 :少時様:02/07/07 14:07
風化防止age

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 18:39
このスレも佳境ですね。
しかし、肝心なことは全て出ていない。
証言、証拠、また証拠の捏造。

一部のレスは的を得てはいますが・・・

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 19:34
板違いスレって迷惑だなあ。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 21:39
645 消防ハケーン。あげ。

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 21:54
>>644
君の推理を聞こうじゃないか。

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/07 22:51
・父母の結婚式、中田家の庭に大量の墓石投入事件

・前日まで元気だった母を、精神病院に強制入院、数日後に死亡事件

・長姉の中田家縁切り家出事件

・末っ子の被害者でけタネちがい

これらの事は、じつは母親が事件の真相に係わっていることを意味している。
狭山事件は、すでに母の死から始まっていた。

649 :648:02/07/07 22:55
「でけ」−「だけ」の間違い

650 :ななし:02/07/07 23:11
妙に気になるのは脅迫状に書き消されていた少時様って誰なんだ?

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 00:49
>>648
タネ違いのことなんだけど、母親が不倫をしたということになるのか?
普通だったら離縁じゃないのかなあ。
(特に昔の農村地域なら、世間体もあるだろうし)
相手は誰?

それと、事件が起った頃にまだ母親は生きてたのか?

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 01:36
時間的関係がわかるよう648をもう少し詳しく紹介すると

昭和8年5月12日被害者の母故ミツは隣村である川越市中福から中田家に嫁いだが
婚礼の翌朝、村落の墓地の墓石や卒塔婆が大量に庭に投げ込まれていた。ミツは平素
から素行になにかと噂があり、この時も結婚を妬んだかっての男たちが嫌がらせに行
ったのだと囁かれている。
また結婚当時「中田家に生まれた女子は育たない」という予言めいた噂も流れたが、
長女は事件前に家族と対立して勘当同然に家出、次女登美恵が事件後「自殺」三女善
枝が事件で殺害され、結果的にその通りになった。

ミツは昭和28年12月30日午前10時30分に東京都北多摩郡小川町(当時)の
国立療養所精神科で、死亡診断書によれば「脳腫瘍」で死亡した。病名とは関係のな
い精神科で死亡していること、自宅から近い川越や所沢の病院でなく、遠い縁のない
病院に入院していること、入院から約10日で死亡しているが、近隣住民の目撃によ
るとミツは入院前日まで畑仕事をしていた、脳腫瘍がそれほど短期間に発病して死に
至るとは通常考えられない、などの疑惑が囁かれている。

ミツは結婚後も男との噂が絶えず、当時地元ではミツに振られた男が腹いせに毒を飲
ませた、近所の病院では噂が広まり世間体が悪いので、家族が医者に金を含ませて遠
隔地の病院に入院させ死亡診断書も工作させたとの噂が流れた。この事件の犯人と善
枝の出生、後年の善枝殺害との間に関連をみる人もいる。

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 07:27
ヤレヤレ、>>645のとかも言ってるが板違いってだけでなく、ウルトラ失礼なスレだな。
これは推理小説ではなく実在の事件なんだし、あいつが犯人だこいつが犯人だと大騒ぎするのはどうだろうか?
長兄が犯人だとか言ってる奴がいるが、
私が長兄なら、あんたらを名誉キソンで訴え、同時に六千万円の慰謝料を払うように民事訴訟も起こすが
それでもいいのか?
2chでは本当はIP、完ぺきに取ってるんだぞ。
推理ゴッコも結構だが、もっとさしさわりない人物を犯人役にしてくれよ。
とりあえず、問題になるようにこのスレの存在は人権団体などしかるべき場所に伝えておくね。
聞き入られないだろうが、一応削除以来もしておきます。

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 09:37
>635
ニチャンの書きこみで訴えていたら、とっくに解同の身内(兄)犯行説を訴えて
いるだろ。すこしは背景を調べてから書きこめよ。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 09:50
>>654 解同の名前はだすな。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 10:03
653 厨房ハケーン

その「しかるべき場所」とやらを書いてもらおうか?

657 :488:02/07/08 10:30
>>626
私の推理は「養豚場のIT氏犯人説」ではありません。
また、ジャーナリストの中でも彼を少なくとも「主犯」と見ている人は少ないと思います。

>>629
「脅迫状」の謎については>>529>>573で詳しく分析したつもりですが、
これが「自由詩」であることと、決して無学はおろか相当な文学的素養がないと
書けない文章であることについて述べてみます。

まずいきなり「子供の命がほ知かたら・・・」という書き出しで始まる点が特徴的だ。
普通なら「子供は預かった」とかいう「誘拐の事実」から書き出すはずだが、
犯人は善枝さんの学生証を脅迫状に同封し、自転車まで返しているので、
それは必要ないと思ったのだろう。

こういう合理的な考えで手紙を書くというのは、報告書などを
書き慣れている社会人であることを彷彿とさせる。

3行目と4行目で行の終わりに「ハイフン(ダッシュ)」を用いている。
これは日本語の文章ではあまり見かけないが、西洋の自由詩ではよく使われている技法である。

そして4行目と5行目であるが

 時が1分出もをくれたら子供の命がないとおもい。―
 刑札には名したら小供は死。

通常なら「命がないとおもえ」だろうが、「おもい」としてダッシュを付けることで
余韻が残る行となっている。
また次の行も「死」で止めることで相手に「子供の死」を印象付ける効果を狙っている
上に、どちらも「い音」で韻を含ませている。
声を出して読めば分かるが、この韻を含んだ2行があるために、
全体的にリズムがある文章となっている。

さらに6行目か9行目までは行の終わりを
「気名かッたら。」「そこ江いッてみろ。」「「かえッて気たら」「ぶじにとどける」
という風にすべて「R音」で統一している。

以上、犯人はもちろん脅迫状を「自由詩」として書こうと思ったわけではないのだろうが、
ふだん詩歌などをよく創作しているせいか、その趣味が自然に文章にあらわれたのだと思う。
また、漢字の当て字「刑札」「気んじょ」など)もかなり作為的である。
無学な者ならひらがなで書くはずだが、わざわざそれと分かる漢字を当てていることにも
注目したい。

それと長兄がサンケイ新聞で発表した文章の画像を、やっとフロッピーに取り込んでもらいました。
ところが、これをどうやったらこの掲示板に載せられるのかが分からない。
どなたかお手数ですが、その方法を教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。


658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 11:24
こんにちは488さん。私は上のほうのレスで文法学を少しかじったといいました
小僧です。
ハイフンの意味について西洋の自由詩的とありましたが、他の意味で戦前、戦中
の方々の「文の閉め」的使用にも見うけられます。
現在でも領収書の金額の最後に横棒を引き、これ以上文字や数字を書き入れ
られなくするあれです。
重要な文章や公的な役割のある書類などで文の後の余白に線をピッと引くことは
現在では見られませんが当時ではそう言った職歴のある方の文章では見られたの
ではと思います。

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 11:44
>>658
いまでも弁護士なんかは使うよ > -

660 :488:02/07/08 12:11
>>658-659
確かに「ハイフン」については「西洋の自由詩型」以外にもご指摘の可能性も
あると思います。
いずれにせよ、文学好きのインテリ社会人という犯人像には変わりはないですね。
それと、この脅迫状が「横書き」である上に行の乱れがなくきれいに揃っている
ことも特徴的です。
横書き文章を相当書き慣れている(あるいはそのような仕事をしている)人物で
あることが伺えます。

さらに、犯人は英文(ローマ字)もかなり書き慣れているような気がします。
横書きの筆の運びがそう感じさせることと、最後から3行目の
「子供死出死まう。」の「子」の字ですが、これはまるでローマ字「Z」の
小文字の筆記体ですね。
これは決して偶然ではなく、普段の「くせ」がつい出てしまったものと思われます。
ローマ字をよく書く者でなければ、こういう書体にはならないと思います。

昭和三十八年当時の時代背景を考慮すると、ローマ字または英文を書き慣れた
人間といえば、大学卒のインテリであるとしか思えません。

主犯について、石川さんは無論のことO氏でもIT氏でもないと私が断言するの
は以上の理由による推理の結果です。


661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 12:22
>>651
昔の農村では、世間体のために離婚できないのです。
>>all
過去レスに、よく目を通されることをきぼ〜ん。
488氏の労も考慮して。

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 12:34
>>488さん
夜間学校卒のインテリでは、役不足ですか。
脅迫状の「様」と長兄の手記の「様」の酷似は無視されますか?

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 13:17
652
たぶん、今になっていくら調べても善枝ちゃんの母チャンのことは調べ切れ
ないと思うのでここに書きます。
善枝ちゃんの母チャンはあることが原因で善枝ちゃんを連れて実家に帰る
ことにしました、しかしそれは善枝ちゃんの家が母チャンの実家にお金を
返さなければならないことになります。
それで家族は母チャンを病院にいれます。良くわからない事を口しゃべる
からと放り込んだのです。ほんとうはほとぼりを冷ますつもりだったので
すが、今と違い精神病院はひどいところです。
母チャンは悲観して自殺してしまったと聞きました、しかし病院では自殺は
許されません。善枝ちゃんは中学の時に親戚に知らされました。上の姉ち
ゃんが家を出た理由もそれだと知らされました。
善枝ちゃんは相当に悩みました。母チャンが家を出る理由が自分にあったの
かも知れなかったからです。このことは今、誰に聞いても調べられないかも
しれません(もっと詳しい人がいるかもしれませんが言わないでしょう)
最後に善枝ちゃんのために1秒でもいいから祈ってあげてください、それが
供養になります。お願いします。

664 :648:02/07/08 13:32
>>663
なるほど。
私は、お地蔵さんの前で手を合わせた事がありますが、
もう一度、合掌・・・

665 :488:02/07/08 13:33
>>662
長兄は夜間高校を卒業後、会計事務書に勤めていたことがある。
したがって「横書き」には慣れているはずだし、字も達筆で文章もうまい。
高校時代の成績もトップクラスで非常に頭が切れる。
これは又聞きではあるが、小説もよく読んでいたそうである。
「朴訥な農村青年」という人物像は、全く当てはまらない。

成績優秀な長兄としては、おそらく大学に進学したかったのだろう。
もともと妹の善枝さんとは不仲である上に、自分でさえ行けなかった普通高校に
善枝さんが通っていることに憎悪の念をたぎらせ、決定的な兄妹喧嘩をきっかけに
犯行を計画した。同時に中田家の財産をひとり占めするのが動機であった……

……というのが、長兄主犯説の大筋であり、そのように疑われても仕方がない
部分もたしかにある。特に裁判の二審で証言台に立った彼の、とても頭脳明晰とは
思えない「記憶喪失」ぶりなどは、そう感じさせるに十分ではある。
この点は、石川さんの単独犯行ということで事件が落着することに、
真犯人との「利害」が一致するところがあるようである。

だが私は、この「狭山事件」を単に「女子高校生誘拐(偽装)殺人事件」で帰結するとは
考えていないこともあり、その真犯人が長兄とはどうしても思えないのである。

真犯人は、事件を単純な営利誘拐事件にみせかけ、無学な不良グループの犯行と見られるよう
計画したが、万一警察が善枝さんの周辺に捜査を進めた場合は、長兄が犯人視されることを狙って
「罠」を仕掛けた可能性がある。
善枝さんの自転車が、彼女が普段置く納屋に置かれていたことなどがその最たるものだ。
しかし長兄は、そのたくらみをいち早く見破り真犯人を特定し、彼に挑戦状を突きつけた。

それが、善枝さんの遺体発見時の「カメラ撮影」であり、マスコミへの「コメント」
であり、サンケイ新聞への「手記」であったと思うのである。

私ばかりが書き込んでもいけないので、今日はこれまでとしておきます。
私とは異なる見方をしている方のご意見も参考にしたいので、
私への批判も含めて、みなさんの書き込みも楽しみにしています。


666 :488:02/07/08 13:37
>>665
訂正。 1行目 「…会計事務所に勤めていた…」

667 :662:02/07/08 13:54
>>488さん
質問・疑問へのお答えで、手を煩わせてしまっておりますので、
次は、あなたの推理を進めていただきたいと思います。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 14:12
>>665
被害者の通っていた高校のことで、
今文献がないので、うろ覚えなのですが、
普通とはいえ別科に通っていたんですよね。これは、3年制でしたけ?
兄は大学に行きたかったのかもしれませんが、
確か、病院通いをしてましたよね。(会計事務所に行く前)
そして簿記学校にも行っています。
特にこのことは憎悪の念の要因になりますか。
また、父親が健全なこの時期に財産の独り占めを考えるかどうか疑問。

また後半部分の真犯人の目的、動機は何だったのでしょうか?
それに対して長男が挑戦状を叩き付ける目的は?
もし長男が真犯人を知っていたなら、そんなまわりくどいことはしないのではないか。
マスコミを利用してそれらしい該当者についてコメントしていると思うが。

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 15:16
1000レスまでに真相がわかりますように・・・・・・・・・・・

670 :豆知識:02/07/08 15:40
長男が、遺産の独り占めするため云々という説については、それはありえないと考える。
昭和30年代ごろまでは、まだまだ嫡男嫡流的な思想が、農村には残っており(今でも地方の農村部ではそうであるが)
長男に田畑をすべて相続させることはよくあること。法的には相続放棄――女性が嫁ぐ際に、持参金を持って行かせる、
親の死後に、相続放棄印を押す)ということ。地方豪農であればあるほど、そうした。『家』を存続、守るためである。


671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 16:00
長男が財産を独り占めにするため・・・というのは特殊な意見と
思うな。
長男、次男あとは女の子の構成で次男はのちに料理店経営で家を
出ているので意味無いと思う。
秘めることがあって家を守るため、というのが主流と思っていたよ。

672 :639:02/07/08 17:12
>>663
そうなのですか・・・なんか悲しいですね・・・
(私も合掌)

673 :667に同意:02/07/08 17:15
やれやれ、これじゃ先に進めんわ・・・

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 17:36
>>669
わかるわけないだろうが、あんたら何様のつもりだ。

675 :555 :534 :02/07/08 18:00
488さんは、真犯人がO・G氏を犯人にしたてるために
ワナにしかけたといってみたり、今度は長兄を犯人にしたてる
ためにワナをしかけた、といってみたり、なんでもワナをしかけて
みたくなるんですね。現実の犯罪は、そこまで深謀をはりめぐらせるほど
ひまでありません。わたしも過去に取材してみて感じたのですが、
あまり複雑に考えすぎるのは狭山事件をかえって誤った方向に
導いてしまうでしょう。もっと合理的に単純に推理しなければ。
被害者の首にまかれていた特殊な縄の結び方、ひこつくしは
まさにアリバイの不透明なI・T氏の持ち技です。
そして彼が被差別部落出身者ということで、解放同盟も
及び腰になっている感もあります。さらに被害者の体内に残っていた
血液型B型の精液と自殺したO・G氏の血液型が合致、
しかも当日のアリバイがない、という事実をもっと謙虚に
とらえないと。




676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 18:51
>675
ほんとうに被害者の首に「ひこつくし」による縛った紐があったのであろうか。
当初の遺体発見時の地方紙に書かれていた首には紐が巻かれてあった、という
記述が本当で刑札の特殊な縛り方への誘導があったとは考えられないだろうか。
B方向への。

677 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/08 19:09
>>675さん
「ひこつくし」にこだわっておられるようですが、
昔の農村の人は大概、いろんな縛り方を知っていたと思うし、
死体にいろいろな細工を施したのが、
犯人であるかも疑わしいのです。
真犯人の意図からして、死体の発見を遅らせることに、
さしたる必然性がないにもかかわらず、深さ86cmもの
巨大な穴を掘って埋めているのもおかしい。
恐らく、かなり早い時点に死体は雑木林かどこかで、遺留品とともに発見された。
死体の発見が早すぎては困る立場にある組織が、
死体と遺留品を一時的に保管し、新たに穴を掘って、
顔が見えないようタオルで隠し、頭の上に玉石を置き、
強姦されたようにズロースをさげて、埋めた。
遺留品の行方は、皆さんご承知の通りです。

ここはひとつ、488さんの説を最後まで見てみたいのですが、
反論はそれからでもよろしいかと思うのですが・・・

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 19:36
>>677
ある組織が86cmも深く掘るのも解せないが。
過去レスでも遺体発見は、実際よりも早く見つかり、
警察の威信を守るために発見を遅らせる偽装工作をしたのでは
ないかと書かれていたね。
その遺体の状況の報告は気になところではあるが、
やはり、どうしてそのような発見のされ方になるのか、イマイチ。
そして、もし早期に発見されてたとしたら、
いくら農村部とはいえ地元民に目撃されてるのではないか。

掘り下げていけばいくほど、謎がイモの弦のように延びてくる。

679 :555 :534・675:02/07/08 19:59
手元にある発見時の検死写真を見ても
被害者に首に巻かれているのは特殊な
結び方、いわゆる野犬狩りの際の
ひこつくし様というやつです。
警察のカモフラージュ(鴨居の上の万年筆工作)と
死体発見をごっちゃにしては、とんでも本に堕してしまいます。



680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/08 22:17
公式発表における死体発見の際、首に「ひこつくし様」の木綿紐が巻かれていたことは
確かだと思うが、それが真犯人(殺害犯人)の行為だったかについては異論がある。

まず一つは被害者の死因は鑑定書によれば頚部を手などで圧迫されたための窒息死であ
って、木綿紐は凶器ではない。ではなぜ木綿紐が首に巻かれていたのか、とりあえずは
犯人の偽装工作という見方が一般的であろう。しかしこれまでも議論されてきたように
4日朝発掘された死体の状況は必ずしも殺害犯人の最終行為ではない可能性がある。

まず死体には背部にも死斑があり、これは死亡後の一時期仰向けに寝かされていた時間
があったことを意味する。(発見時はうつぶせ)通常一旦できた死斑が消えずに残るた
めには8時間以上というのが法医学上の一般的な見方である。被害者は胃内容の解剖結
果から食後2時間程度で殺害されたと見られている。被害者の最後の食事時間は正確に
はわからないが下校は3時半過ぎとみられ、4時前後の食事、その後の姦淫を経て6時
頃の殺害と推定できる。すると仰向けに置かれていた時間を8時間とみると、5月2日
未明、午前2時頃以降にうつぶせにしたと考えられる。またその時間ごろ死体発見現場
付近に住む主婦は近所の複数の犬が普段にない「異常な」吠え方をしたのを聞いており
調書にも取られている。従ってこの時間帯に死体をうつぶせにして発見時のように埋没
したのではないかと推測される。この死亡時の仰向けと8時間後のうつぶせにして埋没
した行為を同一人の行為と考えるのはかなり無理があろう。従って現在言われている発
見時の死体の状況(ひこつくしを始めとする目隠し、手足を縛った荒縄など)を殺害犯
人の意思に基づく行為とするには慎重な検討を要するだろう。

681 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/08 22:28
>>678
事件発生後、2度?の山狩りが行われ、その時に異常がみとめられなかった
茶畑の農道から、後日残土の盛り上がりによって死体が発見されています。
発見前には、近くで消防団員風の数人の男たちが目撃されたという証言も
あるようです。
遺留品や、証拠物品も、山狩りの後から発見されていますね。
死体と遺留品は、山狩りで発見されていた可能性が高いとおもい。ー
もちろん発見したのは、地元民かもしれません。
地元民の協力や、当局との口裏あわせは、
のちのち押し黙ってしまう彼らを見れば理解できます。

1メートルくらい掘るよう指示されたとすれば、
現場で実際には86センチしかほらなかったというのも自然です。

>>679
ひこつくし=IT=犯人
あなたの結論はよく解かりました。

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 11:04
デイビッド・リンチのツインピークスの元ネタは狭山事件でないだろうか。
狭山に赤い部屋があれば解決する??

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 11:07
>>682
ドーナッツ屋さんがないと無理。

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 11:18
いまさらですが公式の遺体発見現場が眉唾というのは事件当時から言われている
ことですよ。農道脇の特に現地の関東ローム層は地表と10cm掘り返すと土の色が
変わる、さらに盛り土になっていれば現地の人間が複数も見落とすわけが無いの
です。そこから発見された遺体の首に特殊な縛り方があるとされても何らかの
誘導がみられると解釈してもしかたがないでしょう。

685 :あなたのうしろに善枝さんが・・・:02/07/09 13:42
>>684
極めて早い段階から、ある方向に
捜査が向いていたということですね。

>>663
私の最初のレスで、お地蔵さんの写真を撮った事を記しました。
もちろん、その時にお祈りをしました。
母の死に触れたのも、最初は私だったかと。
あなたのレスで、被害者の苦悩を改めて考えさせられました。

不謹慎なコテハンは、今回で最後にします。
今後は「531」で。


686 :555 :534・675:02/07/09 14:12
いつのまにかとんでも推理になってきてますね。
死斑の問題は、「自白」によると被害者を芋穴につるしたという
”とんでも告白”を論破するのに強固な事実になるものです。
2度埋葬した事実、にはなりません。警察の偽装をとことん執着してると、
影で真犯人がほくそ笑むだけです。
福島章名誉教授の書より「実際に犯人というものは、冷血で賢い、という
者は少なく、実際の犯罪は、犯人が自己の叡智を誇ったり、綿密に計画
したものを実行するのではなく、大半が偶発的で無計画なものである。」


687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 14:34
>真犯人がほくそ笑むだけです

犯人はまだ生きているのでししょうか?

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 14:49
「2度埋葬した」とは、誰も言ってないですね。
うつ伏せで埋められる前に、
約8時間(以上)、仰向けになっていたと。
そして、それが疑問であり、
慎重な検討を要するというのが、
亀井兎夢氏をはじめとする人たちの考えなわけです。
「ひこつくし」を(に)とことん執着してると、
影で犯人がほくそ笑むだけです。

689 :488:02/07/09 15:14
555さんが考える事件の真相と犯人像は、事件全体のとらえ方が私とは大きく異
なるので当然まったく違ってはいるが、「一度発見した善枝さんの遺体を警察が
埋め戻した」という見方は、私も555さん同様、誤まった推理だと思う。

もともとこの考えは亀井トム氏と文珠社グループが現地取材をもとに発表した
「5月1日の中田家の門の前での張込みが本番で、5月2日の佐野屋張込みは警察の
自作自演」という確信に基づいている。

しかしながら、多くの警察や一部の民間人をも巻き込んだ「一大偽装工作」など
あり得ようはずはなく、仮に警察幹部の誰かが発案したとしても、実際にこれを
実行して手を下した者を完璧に口封じするなど不可能、というのが私の意見である。
「死体の埋め戻し」も同様の理由で私は支持できない。

ただし、5月2日の「佐野屋張込み、犯人逃走事件」については、これも狭山事件の
根幹を成す大きな謎であることは確かではある。
あの夜、茶畑に隠れて次姉に呼びかけた犯人は一体何者なのか?
警察の張込みを知っていながらすぐに逃げなかった意図はどこにあるのか?
逃亡した者は主犯なのかそれとも共犯者か?
そして、地元警察が土地カンのある警察官を配置して作成していた当初の張込み計画は、
なぜ変更されたのか?

私自身、ある仮説を立ててはいるが、正直に言ってあまり自信がない。
というより、この「佐野屋の夜の謎」が解けさえすれば、少なくとも
「善枝さん誘拐偽装殺人事件」としての狭山事件は、ほぼ解決できるとさえ思う。
ずるいかも知れないが、できればこの佐野屋の件についての555さんの意見をお伺いしたいと思う。

それと、自殺したO・G氏が真犯人とすると、彼にあの脅迫状が書けると
本当に思っていますか?
555さんは現地取材もしておられるようですが、O・G氏の性格についても
よく分っておられるとは思うのですが…

私の方は、次の書込みで長兄の「手記」についての分析をいたします。
(画像のアップについては、いろいろと試してはみましたが、うまくいかないの
で申し訳ないが、分析と推理を先に進めることとします。)

それと555さんは、この事件を単純な殺人事件と見ておらるれようで、「実際の犯罪は、
犯人が自己の叡智を誇ったり、綿密に計画したものを実行するのではなく、
大半が偶発的で無計画なものである。」という説は一般論としては、
確かにそうだと私も思うが、この狭山事件に関してはこの説はあてはまらないと思う。

事件全体の全貌が明らかになれば、おそらく日本中がひっくり返るほどの衝撃が
走る前代未聞の大事件であることに間違いはないと私は考えている。

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 15:46
>>488
とんでも君にかまってるヒマがあったら、
早く話しを進めてくださいよ。

とんでも君はね、ひこつくしはとりぞうさんにしか出来ないから
「犯人はとりぞうさん!」って言ってるの。
脅迫状もとりぞうさんが書いたと言ってるの。
家の近くで死体が出たから「げんじさん従犯!」って言ってるの。
他には考えてないの。単純な事件なんだから。

お願いしますよ!

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 16:05
警察は信用できないな。
石川氏逮捕前、石川氏逮捕後、石川氏単独犯行説発表時で証拠、証言、記者
クラブ発表内容がかなり変えられている。
2日の朝から警官200名、消防団、青年団、機動隊200名の計400名が遺体埋葬
現場のまわりを調べている、しかし発見されたのは4日の日中、おかしくいと
おもうのは私だけでしょうか。

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 16:52
埼玉刑札は狭山事件の3年前くらいにも大きな証拠捏造事件起こしてばれて
かな〜り叩かれたんじゃなかったけ。
最近もそうだし。伝統ということではないの > でっちあげ 証拠捏造

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 17:04
>>692
なにそれ、ソースきぼーん

694 :555 :534・675:02/07/09 17:56
690さんは誤読してます。
脅迫状は、I・T氏が書いたものなど、ひとこともいってません。
亀井氏の説のように「ラインゲートの大地主」
(コナン・ドイル作)はありかもしれないが。
つまり互いの筆跡をまねてつくる2者の混合筆跡ですね。
亀井氏は昭和三〇年代に近親者がこのホームズの短編集を読んで
いた、との推理をしてます。
それから犯人にとって死体運搬こそがもっともやっかいな行為である、
るということから、甲斐「狭山事件を推理する」には抵抗があります。
もっとも近場のO・G氏宅が妥当でしょう。
それから佐野やの件ですが、亀井氏がぶちあげたのはたしか1977年
三一書房の本からですが、初期(一九七二年)の辺境社版
「狭山事件」のころが冷静な分析をおこなっています。
一九七七年当時はかなり問題提起となりましたが、
正直、このあたりから亀井氏の鋭い推理が影をひそめ、じょじょに
飛躍しすぎた推理になってしまっています。
もっとも亀井氏のそれまでの功績は大きいですが。
佐野やの二度捜査網は、警察にとってあまりにもリスクが大きすぎるのでは。
それに、埋葬方法は、顔の上に玉石を埋めたり、鶴亀の慶弔ビニールを残したり
犯人の生活臭が感じ取れます。玉石は現地での埋葬方法を犯人が無意識のうちに
簡略化したものとしていまも根強い説になっていますが、篠田秀幸「人形村
の殺人」(角川春樹事務所)では、掘り起こすときにスコップが遺体の顔に
当たらないように、という近親者の仏心のあらわれ、という新説もかなり説得力があります。
それから、I・T氏主犯O・G氏従犯というのは私の説ではなく、あくまでも
磯川説ですので(著作「戦後ニッポン犯罪史」)。私も説得力があると思いますが。
もっとも近親者の影は私も否定しません。それから663の書き込み、ちょっと
気になりますが。ひょっとして事情通か、それともただの煽りか?


695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 18:21
>埼玉刑札は狭山事件の3年前くらいにも

これ何かで読んだな、探してこよう。

>中田家の家庭内騒動

だいぶ前のレスだがなんの事? 教えて君でスマソ。


696 :488:02/07/09 18:27
それでは昭和38年5月23日(石川さんが逮捕された日)付のサンケイ新聞夕刊に
掲載された、長兄の手記を「分析」してみよう。
(長くなるので、何回かに分けて書込みます。)

 善枝の位牌の前で犯人逮捕の報をきき
 「善枝!本当にこの人なのか?」
 と聞いても 遺影は何もいわず、表情すら
 変えられないのです。

石川さんの逮捕容疑は別件の2件(いずれも微罪)と、筆跡鑑定を根拠にした脅迫状を
書いたという脅迫容疑であった。
にもかかわらず、長兄は早くも「犯人逮捕」と決めつけている。
もっともこの当時、別件逮捕など当たり前、逮捕されたらマスコミも犯人扱い報道という
人権無視の世相だったので、無理からぬともいえなくはないが、

それまで石川さんらしき人物が捜査線上に挙がっているとの報道はなく、彼の逮捕は意外と
する声も多かった。現に父親も犯人は知り合いと考えていた節があり、
石川さん逮捕を聞いて「まだ本当の犯人かどうか分らんが…」とコメントしている。

あとで触れるが、このあと長兄はマスコミに対し、「石川主犯、共犯2〜3名」
という独自の推理を得意げに披露するのであるが、この時点ですでに長兄は真犯人の正体を
見破っていた。
そして真犯人との「利害」が一致することで、石川さん犯人説に乗っかることにしたのである。

しかし、長兄には一点だけ不安があった。
それは、石川さんの無実が証明され、事件が振り出しに戻ってしまった場合である。
捜査が真犯人に近づいた場合、「彼」がどういう手を打ってくるかは分らない。

真犯人は大胆にも善枝さんの自転車を納屋にきちんと返している。
その真意を図りかねたのである。
誘拐がいたずらではないことを示すつもりであれば、脅迫状に同封した学生証だけで
十分なはずで、仮に自転車を返すことで「念押し」をしたかったのなら、
家の近くの畑にでも乗り捨てておけばいいわけで、わざわざ危険を承知で納屋まで
自転車を持ってきた「彼」の意図は?
もしかしたら妹と不仲だった俺に疑いがかかるようにした策略ではないのか?

相手は用意周到に準備して完全犯罪を成し遂げようとしているつわものである。
ここは石川さん犯人視に迎合するコメントを出して、「彼」に協力する姿勢を見せながら、
「だがお前が真犯人であることは俺は知っている」という意思表示を
しておく必要が長兄にはあった。
(続く)

697 :695:02/07/09 18:31
>>692-693
おそらく節子さん事件のことだとおもうね。埼玉県警は犯人しか
知らない証拠品の指輪をでっちあげ犯人の自白によって発見し起訴
したが、その後真犯人が自首。県警は報道関係に叩かれるが責任の
有無はやがてうやむやに。ちなみにこの他にもでっち上げはある
ようですね。

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 18:41
いちばん恐ろしいのは、刑札か・・・・・・

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 19:22
犯人はなぜ電話で脅迫するのではなく、手紙を書いたのか?
声を聞かせたくなっかったのだろうか。
そして、それを届けるためには彼には車がなかった。
単純に自転車に乗って脅迫状を届けた。

長男が真犯人を知っているというのは、ちょっと買被り過ぎではないか。
長男が真犯人を知っているのであれば、すでに他の人間も真犯人を
知っているだろう。
彼が真犯人じゃなければ。

じゃまな人間を亡きものにしたかったら、誘拐・殺害・偽装というよりも
事故死を装おうと思うが。

700 :531:02/07/09 19:43
熊谷事件というのもありました。
現在の江南町で、女性が強姦・殺害され、
ある男が逮捕されたが、のちに真犯人の家の庭から
被害者の自転車が出てきて・・・だったかな。
最近あった熊谷の美容師殺し、川本の夫婦殺しはどうなっているのか?
>>488さん
長兄は、石川さんが無罪になった場合、次には自分に冤罪の火の粉が
かかることを恐れ、アフォ刑札に協力し、真犯人と利害を共にした、
ということですね。(レス不要)

701 :488:02/07/09 19:48
>>696の続き)
以上のことからこの節は、「犯人逮捕」と決めつけながらも、
真犯人を知る仏壇の善枝さんの写真に問いかける形で真犯人の存在を匂わせる
内容となっている。

 全国から多大なる激励、慰めの手紙をいただき
 一刻も早く今日のこの日を待って居たのですが
 長びいてしまいました。  これも農村という古
 くからの何者かゞ ひそんで居たのではないのか?
 と責めざるお得ないのです

実に奇怪な一節である。
一行目で、この事件を知った国民からの声に感謝し、二行目以降の「今日のこの
日」すなわち「犯人逮捕」が長引いた理由を「農村という古くからの何者かゞ 
ひそんで居たのではないのか?」と誰かを責めている。

最初これを読んだ時は、激励・慰めの手紙へのお礼が遅れたことへのお詫びかと
も思ったのだが、「犯人逮捕」のその日に書いた手記なわけだから、そうではない。
となるとやはり「犯人逮捕」が長引いたことへの責任を「農村という古くからの何者か」
がどこかに「ひそんで居た」からとし、その「何者か」を責めているとしか思えない。
そしてその「何者か」が石川さんを指すとはとうてい思えないのである。

中田家と近い関係にある「彼」を「責めざるを得ない」長兄の心境が、
この一節にはよくあらわれているように私は思う。

702 :488:02/07/09 20:02
すみません。>>701に(続く)を書き忘れました。
今日はもう時間がないので、続きはまた明日。
これはいわば私の「勝手な推理」ですので、みなさんの意見もぜひ聴いてみたいと思います。

それと555さん、>>694を読むと、亀井トム氏が最初にとなえた
「長兄主犯、共犯O・G氏とI・T氏説」を支持しておられるようですが、
その通りですか?
くどいようですが、佐野屋にあらわれた「犯人」は、O・G氏とI・T氏のふたりだと
考えておられますか?
O・G氏とI・T氏の「死」の真相については、どのような推理をしておられますか?
ぶしつけな質問で申し訳ないですが、よろしければお考えをお聞かせ下さい。


703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 21:53
全ての謎は東村山音頭の歌詞に隠されている

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 22:01
>>703
いっちょめいっちょめ わぁぁぅお

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 23:13
ぱらぱらぱら

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 23:19
>>703
東村山音頭、大好き!!
としだなぁ〜〜
もう知らない人もいるんだろうなぁ〜〜
すべての歌詞を覚えてる人、いますかぁ〜

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 23:27
ドリフって、元はバンドだったって本当?

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 23:28
本当

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 23:36
やっぱ、『一丁目』が一番好きだなぁ〜

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 23:44
うげげげ

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 00:22
やはりオカルト板には馬鹿が多い罠。

712 :東村山音頭:02/07/10 01:18
1、東村山 庭先ゃ多摩湖 ソレヤレソレ
  狭山茶どころ 人情にあつい
  茶のみばなしに 花が咲く 花が咲く

    チョイト チョックラチョイト
    チョイト キテネ
    よかったら おいでよお茶いれる


713 :東村山音頭:02/07/10 01:18
2、狭山育ちは 器量が目立つ ソレヤレソレ
  芽立ちゃ摘みごろ ちょいと濃い茶ごろ
  かわい気立てが ちぎりごろ ちぎりごろ


714 :東村山音頭:02/07/10 01:18
3、百合の花さえ 来い来い呼んで ソレヤレソレ
  恋のむさしの 狭山の丘は
  木の間がくれに ちょいとかくす
  ちょいとかくす


715 :東村山音頭:02/07/10 01:19
4、関東八州 八国山で ソレヤレソレ
  見ればうき世の こころも晴れる
  晴れりゃ富士さえ 薄化粧 薄化粧


716 :東村山音頭:02/07/10 01:19
5、言わず語りに 伊豆殿堀を ソレヤレソレ
  こえて逢う瀬を また二瀬川
  しのぶ久米川 古戦場 古戦場


717 :東村山音頭:02/07/10 01:19
6、はるか奥多摩 小河内ダムの ソレヤレソレ
  水も呼ばれて きれいになって
  東京通いの 浄水場 浄水場


718 :東村山音頭(志村けんver):02/07/10 01:22
まずは4丁目からいってみよ〜
東村山庭先や多摩湖 狭山茶どころ情けが厚い
東村山4丁目
東村山4丁目

さぁ、つづいて3丁目いってみましょうか
東村山3丁目ちょいとちょっくらちょいとちょっときてね
一度はおいでよ3丁目
一度はおいでよ3丁目

わぁお、
わぁお、東村山1丁目わぁーお
いっちょめいっちょめわぁーお
いっちょめいっちょめわぁーお
ひ・が・し・あ、むらやま1っちょめ
わぁぁあお



719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 02:39
シナリオ1
善枝は帰りを急ぐ、今日は誕生日。
会う約束をした彼は、この道からやってくる。

やっと彼と出会う事ができた善枝は、一緒にまだ建てかけの新居へ。
そこで2人はささやかな誕生日を祝う。
そして、ビニールの引き出物の風呂敷に包まれたプレゼントを貰う。

善枝は帰路を急いだ。
家に着くと、庭で兄と姉は農作業の片づけをしていた。
自転車を納屋に置くと、兄に呼び止められる。
『一体どこに行ってたんだ雨の中。その篭にある物はなんだ。』
『兄さんには関係ないわ。』
『なにおー!』

『お前まだあの男と付き合ってるのか!』
『・・・・・・・・・・』

兄が我に還った時はすでに遅く、善枝は納屋で倒れていた。
兄妹の喧嘩を止めにきた姉は驚き、善枝を抱きかかえる。
狼狽して立ち尽す兄と気泣叫ぶ姉。

身内から殺人者をだしてはならない。
これは偶発的な事故だったんだ。

冷静になった兄は、姉に協力してもらい
身代金目的の誘拐劇を仕立てる。
そして、善枝と付き合っていた男に罪を被せようとする。

アリバイ作りの為、兄は善枝を迎えに学校へ様子を見に行く。
先程書いた脅迫状を読み直しながら、帰宅する兄。
そして玄関に脅迫状を差し込み幕が開く。



720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 02:40
稲川祭りスレの邪魔するなよ。ボケがあ!!!
稲川祭りスレの邪魔するなよ。ボケがあ!!!
稲川祭りスレの邪魔するなよ。ボケがあ!!!
稲川祭りスレの邪魔するなよ。ボケがあ!!!
稲川祭りスレの邪魔するなよ。ボケがあ!!!
稲川祭りスレの邪魔するなよ。ボケがあ!!!


721 :488:02/07/10 12:54
>>701の続き)
次の節で長兄はこう述べる。

 この様な憎むべき犯罪が善枝以外に 誰の許
 にも起こらぬ様、世の皆様にお願い致します

殺人事件での被害者家族の手記や記者会見では、普通「こんなむごいことが
2度と繰り返されないようにと思っています」との言葉が「常套句」として
語られることが多い。長兄も新聞読者の眼を意識して述べたようにもとれるが、
被害者の兄としての無念の感情がこの2行にはどうしても感じられない。

ここで真犯人の「彼」に対して長兄は、妹殺しは眼をつぶるが「善枝以外」を
手にかけるな、と忠告しているように私には思われる。
あるいは中田家の元作男O・G氏の「不審な死」が長兄の頭にあったのかもしれない。

そしてこの2行では「様」の字が達筆で3度書かれている。
この「様」が脅迫状の封筒に書かれてあった「小時様」の「様」の字に似ている
との指摘であるが、私はあまり似ていないと思う。
(画像で比較できない方、申し訳ない)

脅迫状は字が下手な無学な者を装っているが、ところどころ文字を書き慣れた
達筆なところが顔を覗かせている。
長兄もたしかに字はきれいな方だが、「彼」ほど文字を書き慣れているようには
思えない。

後ほどふれるが、脅迫状の続け字やくずし字を見ると、社会人としての経験を
10年は持っている30才台以上の人間であるように思う。
そして「彼」はおそらく戦前の教育を受けているに違いない。
事件当時(昭和38年)に26才だった長兄は、このことからも脅迫状を書いた
真犯人像とは合致しない。

そして最後の2行。
(続く)

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 14:47
犯人が何喰わぬ顔で、葬儀に出席したりTVにやたらと顔を出すケースって
あるけど、この兄をみてると
どうしてもそのようにみえてしょうがない。

佐野やでの犯人とのやり取りの中で
姉の問いかけを聞いて、えらく気丈なひとだと思っていた。
しかし、その当日まで泣きながら行くのを拒んでいた。
そこでもう一度読み返してみると疑問がでてきた。
なぜ最初に妹思いの姉は、犯人に妹の安否を聞かなかったのだろうか?
一番大事なことである。
普通は妹が無事であるか、聞くと思う。
また、犯人は張込みに気付いたのか?
危険を侵して近くまできながら、あまりお金に執着していない。
これが脅迫文を書いた犯人だろうか。
ただ単に会話するために現れたようなものである。

犯人は中田家の父親名で脅迫状を出している。
そして、母親ではなく女のひとがくるように指定している。
これはまさに中田家に近い者の犯行であり、
兄と姉の打った大芝居ではないのか。
兄は誘拐身代金強奪事件をデッチあげ、姉は仕方なくこの計画に協力する。
張込みの位置関係はすでに知らされているだろうし、
姉を佐野や近くまで運び、自分は何喰わぬ顔で犯人役を演じる。
姉が所々で不安や怯え、そして自殺の原因は自責の念に駆られて
自らを。

ここでもし問題とされるのは、兄がその特殊な結びができるのか。


723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 16:06
わかってるようで、わかってない人ハケーン

724 :488:02/07/10 18:00
(続き)

 苦しかった事だろう 善枝よ!
 安らかに ねむりたまえ!

この2行では「亡き妹への鎮魂の想い」を表現したのであろうが、
まるで雪山で遭難した知人への追悼の言葉のようである。
残忍な犯人に無残な方法で殺された慟哭の心情は露ほども伝わってこないと
言ったらいいすぎだろうか。

日数がたてば冷静にもなれようが、事件からまだ1ヵ月もたっていないのである。
片親違いとはいえ、同じ家でずっと一緒に暮らしてきた16才の妹である。
殺人事件の被害者家族の手記として、肉親の情愛や哀感がこれほど感じられない
内容は、ちょっと珍しいのではあるまいか。

そして最後に署名が入っているわけであるが、
この2行だけは3行ほど空けて離して書いている。
(ただし文字の大きさは同じ。)

最初から11行を続けて書いて、最後の2行を離して書いて「連」としている
ところが眼を引く。
これは、脅迫状が14行の「自由詩型」の文章であり、強調したい3行を大きく
書いていることへの「意趣返し」を試みていることと推理できる。

ただし、長兄は「彼」ほどの「文才」はないようである。
長兄が脅迫状を「西洋自由詩型」の文章であると気付いていたかどうかは判然と
しないが、この手記自体にはあまり「詩的」な要素は感じられない。
(だが、試作の経験があまりない人間が、それを気取って書いたという印象は受ける。)

短い文の中に必要な情報を効果的・合理的に盛りこんだリズムのある文体である
脅迫状と比較して、一見似た印象は受けるものの、この手記は、
はっきりいってなにがいいたいのか、印象が散漫な文章である。
字はきれいだが行が曲がっており、文章書きに非常に手馴れているとはあまり
感じられない。

このことは、被害者家族の「手記」の体裁をとりながら、実は長兄が、真犯人の
「脅迫状」に対する「挑戦状」あるいは「警告状」としてこれを書いたことを
感じさせずにおれないのである。

次に、たぶんこの手記に付け加えられた「犯人たるおまえに」宛てた「謎の言葉」
を検討してみたい。
(続く)

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 18:02
もう続かなくてイイよ
続けたいならsageでやってよ
長文の連続投稿ウザイから

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 18:15
>>488
わかってると思うが、馬鹿なレスは気にしなくていいからね。

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 18:26
わたしはよみたいので
つづけてください


728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 18:30
725の肩を持つわけではないけど、文章が省略されている事が多いし、
長文が連続で投稿されると読みづらいので(他のスレに行く為に
スクロースするのも大変)、文章をもう少し短くして分けて投稿するなど
して欲しい気はする。>>488が嫌なら仕方ないけど・・・

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 19:08
>>488
やはり、画像うPしてから
自己解析したほうがいいと思われるが。
それとつづくじゃなくて、もう少し簡潔に述べてほしいよ。
手に入らない文献の写しならまだしも
自分の意見の押し売りみたいだよ。

730 :488:02/07/10 20:46
いや、大変申し訳ない。つい長文になってしまいました。
この事件には、まだままだ追求したい謎がたくさんあるのですが、
脅迫状と長兄の言動は、最も興味を弾かれている部分なので、自分としては
これでもずいぶん省略して書いているつもりなのですが…

本当に文章を手短にまとめるのは難しいものです。
「真犯人」ならばもっとうまくいくのでしょうが…
私の意見を押し売りする意図などは、微塵もありません。
今後は十分気を付けて書込みますのでご容赦のほどを。

731 :531:02/07/10 20:47
488さん、つづけて下さいね。
途中でやめられたりすると、今まで読んできた人が許しません。(w

脅迫状の「様」と長兄の「様」が似てないというのは、
小一時間問い詰めたい気もしますが、うpを待ちましょう。


732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 21:13
488さん
ず〜っと読んでます、次回書き込み待ってます。

733 :531:02/07/11 00:05
488氏の真犯人像は
・被害者を殺害する動機を有し、
・中田家とは身近な存在であり、
・大卒で、
・長兄をしのぐ頭脳と冷徹さをもち、
・多くの関係者を自殺(変死)に追い込み、
・結果的に完全犯罪を成し遂げた、
・日本中がひっくり返るような男・・・

いったい誰なんだろう???

734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 04:32
あ○ざわ先生とか・・・(違

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 14:39
488よお、被害者の膣内にあったB型の精液なによ

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 14:55
いまさらながらに刑札が組織的に犯人待ち伏せをでっち上げるのは
考えにくい、とコメントしている方々が多いのはほほえましい。
ひとつ狭山の資料から顔を上げて犯罪史、それも戦中、終戦後くらい
から始めるとよろしい。がっぽがっぽ出てきまっせ→でっち上げ捜査。

737 :488:02/07/11 15:40
>>733
私が「日本中がひっくり返る」と書いたのは、真犯人の意外な正体のみならず、
結果的に「彼」の「完全犯罪」に手を貸したのが被害者家族と警察・検察であり、
それを見逃してしまったのが裁判所であるという、驚くべき現実を指しています。
このような例は日本の犯罪史上、他に例がないでしょう。

権力側が、石川さんの再審を開始できない理由がここにあります。
(普通の冤罪事件であれば、石川さんはとっくに無罪になっていたでしょう。)

>>735
被害者は「強姦」されてはおらず、精液はおそらく真犯人のものと思われます。

>>736
警察のでっちあげ事件というと戦後の「菅生事件」などが浮かびます。
「狭山事件」でも善枝さんの自転車のゴムひも・カバン・時計・万年筆などの
「証拠品」は警察のでっちあげと私は思いますが、5月2日の「佐野屋の夜」が
警察のでっちあげ=自作自演劇となると、これはちょっとスケールが段違いだと思います。

「佐野屋の夜」がそうだと仮定して、過去の凶悪な犯罪事件で、警察が事件の捜査段階で
これほどの規模の「自作自演劇」をした例が、「がっぽがっぽ出て」くるとのことですが、
よければその事件をいくつか挙げていただけませんか。お願いします。

決して皮肉で言っているのではありませんので、誤解なきよう。
それによっては、私の「推理もどき」も考え直す必要があると思います。

738 :531:02/07/11 16:39
刑札がどんな悪事をはたらいても、驚く人はいませんね。
昔の話なら、なおさらです。市民のためには何もせず、
メンツのためなら何でもやる。
自作自演は専売特許ですよ。伝統と言ってもいい。
当時の状況を察すれば、刑札は必死。何でもやります。
張り込みの自作自演、死体の埋葬、朝飯前です。
バレようが、どうしようが、知ったこっちゃないのですから。

張り込みを、事情を知らない者たちにやらせ、
「追跡してアジトを突き止めるから、犯人が現れても捕まえるな」
とでも指示があったのでは。
捕まえてみたら刑札官だったなんて、シャレになりませんから。


739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 16:51
488さんでも三鷹、松川、台東館事件くらいは知っているでしょう。
そのほかアカがからむとでっち上げはいくらでもありますよ。
これは警察の指揮系統を理解している人間しか理解できないかもしれま
せんが、通常指示系統はピラミッドに近い形をしていますが、不正を
しようという時、通常のピラミッドを全て埋め尽くす指示でなく上から
一本線で下に向けて不正の指示を出すだけで良いのです。全員不正を知っている
必要は無いのです。三鷹の派出所に警官がいなかったのはその派出所の警官に指示
するだけでよい。話しは飛躍しますがケネディはオズワルドに単独狙撃され
たと信じている人はどれほどいます? かかわった人間は数百人に及ぶでしょう
いわゆる謀殺というやつです。大統領と女子高生を比べてはいけませんが
狭山の場合警察にかなりのプレッシャーがかかっていたと思います、また
狭山の待ち伏せの場合ならば何十人待ち伏せがいても不正指示を受けている
系統は犯人役を含めて数人で済むでしょう。
乱文、駄文スマソ。


740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 16:56
 一度さ、調書ってのを取られてみてご覧よ。
 もうシナリオができてるのよね。
 後は「おおかた良かろう」でサインするだけになってる。
 そういうもんみたいよ。

741 :488:02/07/11 17:41
>>739
「狭山事件」は、三鷹・松川事件とは事件の性質がだいぶ違うと私は思っています。
過去に(今も?)警察権力の謀略があったことは否定しませんが、三鷹・松川両事件などは
謀略としてもおそらく相当な準備期間が必要だったはずであり、極めて政治的な事件でしょう。

「狭山事件」は少なくとも一般の犯罪事件であり、いかに吉展ちゃん事件の失敗があったとはいえ、
警察がたった一日の間に最重要証拠の脅迫状に手を入れてまで、組織をあげての
自作自演劇を仕掛け、それを見事に(?)完遂できるものなのかどうか。
「佐野屋の夜」はたしかに大きな謎がありますが、あれが警察の自作自演であったとは、
私はどうしても信じ難いんですよ。

(昨日の書込みの続きについては、ちょっと確認したいことが出てきましたので、
そのあと、またあらためて書込ませていただきます。)

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 17:57
まあ、張り込みが警察の自作自演かどうかはわからないけど、自作自演で
ないとしたら相当な包囲網から逃げ延びた奴がいるんだろう?
それも地下足袋の足跡が2人分あったとゆうでないの(石川氏単独説になつて
からはどうなったか知らないけど)犯人が2人いて張りこみから逃げ延び
たというわけ?
石川氏が逮捕後こういうルートで逃げました、て地図も信じがたいのだよな。


743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 18:03
2日夜の佐野やでの犯人逃走劇までもが
県警の自作自演とは思えないが。
意外とチョンボが多いから、犯人に逃げられても不思議ではない。
それ以降の証拠については、デッチあげの可能性が大だけれども。

佐野やでの大きな疑問って何があります。
>>722
犯人とのやり取りについては何かおかしい気がしますが。

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 18:16
>>737
>このような例は日本の犯罪史上、他に例がないでしょう

いや〜楽しみになってキマシタヨ、早く続きおながいします。

745 : :02/07/11 18:35
これの唄を作ってというの辛淑玉も関わっているじゃん。
すげーという.......

http://news.2ch.net/newsplus/kako/1021/10213/1021362821.html



746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 18:37
脅迫状の文だがよ、本当の金欲しさだったらあんなにころしてヤる、とか
死出死まうとか連発しないと思うのだよな。
やっぱ異常ですよ、あの脅迫状は。

747 :月宮あゆ:02/07/11 18:41
狭山事件再審請求
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/rights/1011852689/

石川被告の犯歴
S37.6.中旬  バイク代金横領
S37.11.19  建材泥棒
S38.1.下旬 鶏泥棒
S38.3.6   鶏泥棒
S38.3.7   車上より衣類を盗む
S38.3.7   イモ泥棒
S37.11.23  些細なことに因縁をつけ傷害事件。
S38.1.7   上記の被害者との話し合いの場でさらに傷害傷害事件。
S38.2.19  傷害事件
--
28 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:02/01/30 20:57 ID:3QQJkfzQ
ここまで街道がふんばってるのに
無実にならないのはなぜ?

29 名前:>28 投稿日:02/01/31 01:01 ID:iutGhybn
やってるから

748 :月宮あゆ:02/07/11 18:59
真犯人生きていたら何歳ぐらい?

街道とか周りの環境が最悪だったのもこの事件の特徴だよ。

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 21:01
下がってるのであげます。


750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 21:36
>>747/748
ボクちゃん、だからなに?

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 22:49
>>741
脅迫状に手を入れるのは、あとからだってできるよ。
「組織をあげての自作自演劇を仕掛け、それを見事に完遂・・・」
そんなに大げさなもんじゃないでしょう。
命令ひとつでぱっぱっぱってやったから、
矛盾だらけで、すぐバレれんだよ。
人を殺してる人間がだよ、張り込みがうじゃうじゃいる中に
のこのこ入って行って、遠くのほうから「おーい、おーい」って呼んで、
いきなり「ケーサツに話したんべ、そこに2人いるじゃねーか」
なんて悠長なことを言い、「帰るぞ、帰るぞ」と、
ご丁寧に退散の合図まで出していなくなれるかね。
姉の言葉に緊迫感がなく、不自然なのも、ヤラセと知ってたからだよ。
さらに、のちの足跡の件で証拠捏造をやらかすハメになるんだよ。


752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 23:11
>>751
亀井説だろう。
逃走劇、自作自演。
しかし、決定的なものは何があるの。
たとえば、姉の会話の不自然性は何んなのか。
警察の大芝居の一貫なのか、
それともほかの要因があるのか。
オレは、警察とは別の大芝居だと思うが。

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/11 23:37

では、あなたの考えをどうぞ。

自作自演を否定する理由ってありますか?
「出来ないだろう」「無理だろう」以外にね。


754 : :02/07/12 09:51
自作自演はわからんが、したとしたら何故前の門から佐野やに変更したか?
仮に前の門で取り逃がしがあって次の日に演劇をするとしたら佐野やに変更する
メリットはなに? 脅迫状に手を入れるデメリットしか浮かばないが。
それと1日に取り逃がしがあったかどうかは当然出ていないけれど事件当時の
新聞にも2日の取り逃がしの矛盾点が指摘されている。
一つはすでに皆言っているアレだけの包囲網をどうやって逃げたか。
2人分の足跡は犯人が2人いて同時に逃げたということならば、ふたりとも
みすみす逃がすことがあるのかという点。
会話の件、犯人のいた位置と姉らがいた位置関係が不自然(後日記者らが現地
にて実験したところ円滑に会話できる距離ではない点)
地元に精通している警官が街道沿いを警備し、農道および農地の警備に県警
からの応援が当たった点。
当初逃げたとされる方向に目撃者がいない点など。
亀井氏が指摘する以前より張り込みにはシロウトが聞いても「えっ」と思う
点が多かったのが浮かび上がる。

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 12:31
>>754
入ったネズミも目撃されなければ出ていったネズミも見られていない
ってやつね。きっと地下道でもあったのだと思う。

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 19:30
はい。張り込みの件は、これで一件落着!

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 19:30
父親についてあまりにも語られないのは何故?長兄と筆跡が似ていても不自然ではないし。疑わしき人物の筆頭ではないですか?

結局8人にも及ぶ人が不審な死に方をしていますね。脳の病気や頭痛を訴えた人が多かったのも不思議。次姉やO氏が自殺に用いたとされる農薬は現在も使用されているものなのでしょうか?

また、B型の人間はO氏と石川さんだけなのでしょうか?中田家の母親も含めたすべての人の血液型が知りたい…。周辺主要人物の血液型も。
私の持っている本には“四女喜枝さん”と記されていますが、これは誤植でしょうか?

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 19:31
実は明日、漏れの地元に石川さんが来るらしい。
しかし、不可解な事件だよね。ホント。

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 19:35
幼くして死亡した女子がいてもおかしくないけど、
「喜」じゃなくて「善」ですね。

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 19:49
1963年(昭和38年)5月1日事件当時
(狭山市大字上赤坂100番地)
父親:中田栄作(明治38年8月14日生57歳)農業
長男:  健治(昭和12年5月5日生25歳)農業
長女:  近県に嫁ぐ
二女:  登美恵(23歳)家事
三女:
二男:  喜代治(19歳) 入間川分校定時制4年生
四女:  善枝((昭和22年5月1日生16歳) 川越高校入間川分校別科1年生          
三男:  武志(11歳) 堀兼小学校6年生
*母親ミツとは10年前に死別(昭和28年12月30日病死)



761 :575:02/07/12 21:23
>>579>>560
ありがとうございます。
「喜」の字は私のミスでした。すみません。
善枝さんにはもう一人(夭折の?)姉と弟がいたのですね。三男は母親が亡くなる一年前の出生となっていますが、善枝さんとは同父母なのでしょうか…。

762 :757=761:02/07/12 21:46
また間違えました。すみません。
見苦しいのでROMに戻ります。お目汚し、すみませんでした。

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 10:02
488やとんでも君が来なくなった、心配(もっ、もしや!)

764 :488:02/07/13 10:46
画像ですが、ちゃんと見れなかったらすみません。
http://dc-ita.dyndns.tv/cgi-bin/digitalcamera/imgboard/img-box/img20020713095726.doc


765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 11:36
>>764
字、じょうずですね。

766 :531:02/07/13 11:57
488さん、どうもです。
皆さん、いかがですか?
「様」がありますね。
脅迫状の「様」と比べてどうでしょうか?

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 12:39
縦書きで達筆とおもいますが ! や ? を多用しているのが
きになります。
様、はどうかな、日本刀の鑑定の人に聞いてみないと・・・

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 13:04
488さん、アップありがとうございます。上のほうで文字、文法学を
かじっていたと称した小僧です。
僕の見る限り脅迫状と中田兄の筆跡は似ているとは思いません。それには
いくつか条件がありますが例をあげると時の日の崩し、ひらがなの「え」
、様などの木の崩しなどがあげられます。なかでも脅迫状のほうでもっとも
注目するのはひらがなの「ら」です。これはめずらしく特徴のある文字です。
このほかにも多々異なる点がみられますが長くなるので省きます。
ただし脅迫状は見る人が皆おもうように、通常別の書き方をする人物がわざ
とヘタに、自分の特徴を捨てて書いた意識が見られます。しかし実際そうし
てもいざとなると特徴、癖は省けないものです。
ただ488さんの言う大卒以上の高学歴の人物によるものと言うのは以前から
のレスを考慮してもうなずけません。

769 :ほりかえしてゴメン:02/07/13 15:05
う〜ん。張りこみはやっぱ刑札の不手際でないかな。
吉展ちゃん事件の取り逃がしなんて、マジかよ、て逃がし方だし。
佐野や周辺の刑札官の配置より犯人の土地感が優れていたんじゃねーの?

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 15:51
>>488
マックだとみれないのかなあー。
スミマセン、JPG画像はありませんか。

脅迫状を書くという行為は、犯人にとっては非常に
リスクを伴うものだと思うんです。
それをあえて書いたのは、それなりに筆跡を誤魔化せる自信みたいのが
あたのではないのか。

事件当時、大学に行けない優秀な農業従事者は少なくはないんでは。
それを考えると、一概に大卒とはいいきれない面もあると思う。


771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 19:40
狭山事件か、懐かしいな。
脅迫状の不自然な当て字(誤変換)から、犯人は相当な2ちゃんねらーと
言われていたっけなー

772 :たとえば:02/07/13 20:06
姉の夫であるY氏が主犯としたら。
被害者が帰宅途中、Y氏に会い「誕生祝い」を口実に誘われる。
被害者は自転車・鞄を自宅に置き、待ち合わせ場所としたO氏の家に向かう。
そこで強姦。激しい抵抗もしくは姉にバラすと脅され殺害。
予定外の状況に慌てたY氏は幼なじみで義兄でもある被害者の長兄を呼びだし相談。
長兄としては身内の恥でもあり妹のことも思い、仕方なく隠蔽工作に加担、誘拐事件に仕立てようとする。
殺害場所の提供者となってしまったO氏は半ば無理矢理に巻き込まれてしまう。
脅迫状の文面は長兄が考案、Y氏orO氏が作成。
刑冊の取り調べに耐えられないと見なされたO氏は口封じのため長兄・Y氏に殺害される。
兄や夫であるY氏の行動に不審を感じていた姉は石川氏のアリバイを聞かされ二人が真犯人と確信。
精神的板挟み状態が続く。
石川氏への判決が下された時点で告発を決意したが、長兄&Y氏に殺害される。
もしくは耐えきれず自殺。
だからY氏は妻の死に対して何も語れない。
長兄も被害者殺害の犯人を知りながら自分が共犯者であるため不可解な言動になってしまう。
っていうのはどうでしょ。










773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 20:45
Y氏とO氏の繋がりが不明確。
長男にとってあまりそこまで隠ぺいに協力するメリットがない。
それはO氏にとっても同じこと。
まあ、3流小説以下。


774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 21:11
我々には限られた情報しかなく、今後新事実が発覚することも期待できない。
すべてが明確な仮説があるならこんなにレスが続くはずがない。
772の仮説は面白いと思うよ。

775 :そうか?:02/07/13 21:23
>773
O氏は被害者一家に作男として出入りしてたわけでしょ。
Y氏は次姉の夫であり、長兄と幼なじみなのだからO氏と面識はあるし建築中の新居も知って
て不思議は無いと思われ。
長兄にすればかなりのスキャンダル。義弟が妹を殺害したんだよ。隠したくない?
田舎ならなおさら世間体を気にする。
オマケに母親がらみの悪い噂があるんだし。
O氏の場合、雇い主の息子から強要されたら強く拒否できただろうか。
ましてや場所が自分の家だけに下手に逆らったら自分が犯人にされかねない状況。
大抵の犯罪は3流小説にもならないさ。


776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 21:56
しっかり強姦してから殺している犯人がむかつく

777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:32
?強姦じゃなく和姦だったんでしょ?

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:52
>>777
そういう事を軽々しく書くなよ

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 23:11
だいたい幼なじみっていってもどの程度?
ただの同級生だろう。
O氏が作男といっても大分昔のことでしょ。
雇い主の息子から強要されたら、っていたってねえ。
それよりかオレは、前レスにでた(どこだったろうか)
自転車、カバンと納屋に置いてあったという、
犯行現場納屋説の方が面白い。




780 :あらまあ・・・:02/07/13 23:43
いつのまにやら、
ドシロウトさん、いらっしゃ〜い!
てっか?     )プッ


781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 23:53
>>779
>犯行現場納屋説の方が面白い。
それは>>601の事?

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 00:17
強姦 or 死姦? スッキリしたいんです。

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 00:46
>>781
それだよ。
何か新鮮に思えたよ。
犯人がチャリに乗ってくるというのは、大きな危険性があるわけだからね。
何のために運んで来たのか?
・脅迫状を届けるための足
・犯行現場から移動せざるをえなかった。
ということを考えると、元から自転車は納屋にあったほうが自然じゃないかなあ。
そうすると、長男が脅迫状を発見という不可解なことや
その朝方に封筒の切れ端を見つけた事などはその伏線かなーと。
また姉がカバンの中身を知っていた事や長男のアリバイも崩れていくような・・・・・・・・・・・・

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 10:29
>>772
Y氏の動機があまりにも不自然では?
それに、姉カバンの中身を知っていたことの説明がつかない。

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 13:43
772は
>>被害者は自転車・鞄を自宅に置き、待ち合わせ場所としたO氏の家に向かう
って書いてるべ。
鞄=カバン。漢字読めねえか?

現場が納屋だとして遺体を運んだ方法は?
その場合被害者の性交の相手は?




786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 15:12
>>785
それだと、下校時にいくつかのポイントでの目撃証言のなぞが解けない。
被害者はそのポイント上でO氏と待ち合わせした。
そして新居にて誕生日を祝ってもらい、自宅に帰る。
考えるには被害者とO氏は関係を持つ仲だった。
だから、ここではO氏は事件の直接の加害者ではなく、逆にこの事件に巻き込まれたと考える。

納屋で長男に問いつめられて喧嘩、逆上され絞殺っていうのはどう?
そして長男による偽装工作がはじまる。




787 :あらまあ・・・:02/07/14 15:20
どのみち、突発的な事件であるわけね。ぷっ。


788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 15:31
あらまあ…って。
自分で仮説たててみれ。
おちょくるだけなら寝てな。

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 17:02
犯人が被害者を殺した点は、複雑なほうがイイの?
殺害だけを考えると突発的じゃあダメ?
実際の殺人事件もそんなに複雑ではないと思うが。
そして複雑にしているのは、警察の偽装、デッチあげと犯人の偽装工作だと
おもうのだが。


790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 19:33
488さんの推論見たいなりよ〜。

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 21:51
ageます

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 21:53
>>785
姉が"鞄の中にある知るはずのない雑誌名"を言った真意の説明がつかない。
鞄うんぬんが事実なら、姉がかなり早い段階で事件にかかわっていたと
考えるのが普通だろ?
あとから質問に答えやすいように中身をチェックしてるんだから。

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 22:30
姉は兄の犯行を隠すため、嘘をついた。
納屋の犯行後、兄に協力したので鞄の中身を知っていた。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 01:16
何かつまんなくなっちゃったなあ〜〜
って思うのは私だけでしょうか?

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 02:11
>>794
お前がつまんなくしてるんじゃないか。
そう思ってるなら、面白い事でも書けよ!

796 :488:02/07/15 10:49
犯人たるおまえに
なぜ善人に戻って呉れなかったのか、悪に取りつかれたおまえでさえ戻るのみの善をおまえは
もって居た筈であり、その善は今日のこの日を待っては居なかった筈なのに……

これも5月23日のサンケイ新聞夕刊に掲載された長兄の手記の一部とのことだが、
>>764の原文にはこの一節はない。
あとからの版か地元の版で付け加えられたのか、あるいは削られたのか、
そのへんの事情は調べてみたがよく判らなかった。

とりあえず、長兄が石川さんが逮捕された日に、「犯人」に宛てて発表した文章
という前提で、この文の「謎」を「解読」してみたい。

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 10:56
age

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 11:24
長兄が主犯だとしても「姉が最初から事件にかかわっていた説」にはちょっと違和感。
カバンは自宅にあったと思う。姉も中身を知っていた。
ただ証言した時は「身内の犯行」とは思っていなかった。
直後に「身内」か「身近な誰か」を疑い始めたと思う。
「石川氏のアリバイ」を支援者から聞かされたときの姉の発言「じゃあ、やっぱりあの人が…」
からすればこの時点まで疑惑を持ったまま流されていたんじゃなかろうか。

799 :488:02/07/15 11:25
>>796の続き)
長兄は自身の「独自の推理」と「家の仏壇がチンと鳴った」ことを根拠に
「石川さん主犯説」を雑誌記者などに述べており、「警察が共犯者がいることの証拠を
隠しており、これはいずれ明らかになる」とまで言い切っている。

実はこれは、「真犯人」がそのように仕掛けた「事件の真相」にぴたりと当ては
まる見方であることに注目したい。
(警察も当初はこの見方であり、I養豚所の関係者や石川さんの友人(H氏は
いまだに行方不明)を別件で逮捕したが、結局石川さん単独犯行という筋書きに、
証拠を捏造してまで突っ走ることになる。)

そこでこの文章であるが、それまで一面識もなかった妹殺しのにっくき犯人である
石川さんへ宛てたものとはとても思えないのである。

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 11:27
興味深いものを発見しました。昭和40年発行のサンデー毎日?の増刊です。
その中で記者(特定名がないので一橋みたいなものかも?)が足で稼いだネタ
をもとに検証をしているものです。
なかでも面白いのは被害者が下校時ガード下にて目撃されたのちに次姉と
あっていたのでは、というもの。
ある食堂に女子高生、成年女性、30前後の男性とが20分ほど時間をつぶして
いたという証言(のちに毎日記者が次姉に確認したところ否定されています)
ちなみに石川さん逮捕前にも警察の聞きこみによりこの件は警察からも次姉
に確認が取られています(記録は残っていませんがこの時も否定していたと
考えられます)毎日記者はこの件を次姉の偽証と考え30前後の男性の推理を
働かせますが、これは伏字だらけで実につまらない(40年当時いまだ健在の
ある会社員X氏となっている)
ただし目撃証言も知人による物ではないので食堂の3人組みについては確証
は何も無い。しかし仮にX氏を含めた当人同士であったら被害者のかばんの
中身を次姉が知っていても不思議でないことになる。また食堂での滞在は
長くても20分前後と言われているので被害者の誕生祝いにアイスクリーム
などの女子の好まれるものを食べたのではと推理されている。
40年当時の出版物のわりに石川氏は免罪との推理が念頭にあることも興味
ぶかい点です。


801 :488:02/07/15 12:26
>>799の続き)
長兄は、犯人宛てて自分がその正体を見破っていることを伝える必要があった。
だが「彼」は、直接問い詰めることが出来るような相手ではない。
それで新聞社から依頼された「手記」と雑誌記者へのインタビューを利用したのである。

犯人への呼びかけにおいて「なぜ善人に戻って呉れなかったのか」と「彼」の
「過去」を責めている。そして次の

「悪に取りつかれたおまえでさえ戻るのみの善をおまえはもって居た筈であり、」
という文で、社会的に高い立場にありながら妹と「不倫関係」を持ってしまい、
こういう形でしか関係を「清算」出来なかった「彼」の「善の心」に呼びかけている。

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 12:35
>>768の画像が見られないんだけど...

803 :488:02/07/15 13:06
>>801の続き)
そして最後に
「その善は今日のこの日を待っては居なかった筈なのに…」と結んでいる。

犯人の「善の心」は「今日のこの日を待っては居なかった筈」、すなわち「おまえ」の
「善の心」が打ち勝っていれば事件は起きず、逮捕されることもなかったのに…
といいたいのであろうが、見ず知らずの犯人に対して投げかける言葉としては、
実に奇異に感じる。

ここでは、よく知っている知人に対して『「今日のこの日=石川さんの誤認逮捕」を
“善”枝さんは、待っては居なかった』と告げているのではないだろうか。
この節で長兄は「善」という字を三度も用いているが、これは「善枝」さんの「善」に
引っ掛けているのだろう。

だとすれば「手記」全体のどこかに「彼」を指す「文字」を書いているような気がする。
「手記」には、とりたてて漢字で書かなくてもいい文字をわざわざ漢字にしているところが
いくつか見受けられる。

これは、脅迫状を書いた「彼」が「ほ知かたら」「車出いく」「くりか江す」など、
ひらがなを意図的に漢字に置き換えた策略を見抜いていることを示すと共に
「彼」にしか判らない方法で、長兄はその「名前」を明かしているのではないかと思うのである。

804 :488:02/07/15 14:03
>>802
画像見れませんか?
実は私も見れたり見れなかったりするんですが、今やってみたら見れましたが…

長兄の「手記」の謎を中心に書込みを続けてきましたが、実はかなり、はしょっているのと、
なにしろ実際の事件ですので、長兄の手記と同じく(?)まわりくどい表現になったかもしれません。

あとはもしこのスレがこのまま続いていくならば、事件の数多くの謎を
ひとつひとつ推理していく過程で「真犯人」の職業や年齢、共犯(または従犯)者について、
私なりの考えを述べていきたいと思っています。
(「もういいよ」という声も聞えてきそうですが。)

どうも長らくお邪魔しました。

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 14:13
長兄手記
http://wasi.mods.jp/imgboard/img/img20020715141210.jpg

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 14:18
>>488
画像をJPGにできませんか?
見れないんですよ。

807 :531:02/07/15 14:43
これまでのところ、488さんの推理は甲斐仁志氏の著書とほぼ一致していると
思いますが、さらに突っ込んだ推理を期待してます。


808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 14:59
488さんにお伺いしたいのですが。
「被害者が殺害されなければならなかった理由」についてどのように推測されますか?
「不倫の精算」にしてはリスクが高いように思われますが。




809 :488:02/07/15 15:18
>>807
私は「狭山事件」に関して興味を覚えてから約25年あまりになり、
石川さんの支援者や事件関係者ともお会いしたり、可能な限り関連書籍も読んできました。
その本の中では甲斐仁志氏の説が最も私の推理と近く、十数年前に彼の本
(「狭山事件を推理する」)を読んで大変驚きました。

甲斐氏にお逢いしたいと思い、出版社に連絡をとったこともあるのですが、
どうもこの方はペンネームで執筆されたようで、逢うことは出来ませんでした。
(正体は、当時休職中の新聞か雑誌の記者だと思います。)

同書は丹念に事件の記録を調査して真犯人に迫っているとは思いますが、
事件関係者への取材がいまひとつされていないような気もします。

私の推理と異なっているところは、甲斐氏が「真犯人」が次姉とも「不倫関係」にあったと
見ていることと、事件を「単独犯行」としている点です。
これについてはのちほど述べます。

それと、このスレで数人の方が「疑惑」を持たれ、石川さんの弁護団をして
「その沈黙(裁判で「忘れた」「記憶にない」を繰り返したこと)が最大の謎」
と言わしめた次姉の婚約者(戸籍上は夫)のY氏ですが、
彼は長兄同様に、大いに疑いを持たれましたが、事件とは関係ありません。

しかし、次姉の「自殺」のさい、彼女の日記を見せられており、そこに書いてあった
意外な「真犯人」の名前を見て、かなりのショックを受けたと思います。

810 :488:02/07/15 16:17
>>808
真犯人は善枝さんから「高校を卒業したら、今の奥さんと離婚して私と一緒になってくれ」
と迫られており、彼の職業的・社会的立場から、それは困難(この時代、それを決行すると
「彼」の地位では全てを失う)なことでした。

交際を絶とうにも気の強い善枝さんはうなずかないばかりか「関係をばらす」とまで言われて
殺意を覚えたのだと思います。

善枝さんは、4月27日の日記に「友人と立話しをして」遅く帰ったと書いています。
「友人」の名前を書いていないところをみると、この日(土曜)の午後に
「真犯人」と5月1日のデートの約束をしたのではないかと私は思っています。

ちなみに27日の日記には続けて、遅く帰ったことを次姉に謝ったのに
姉は怒って(「友人」が誰かを察していた?)口を聞いてくれなかったっことと、
「おこづかい」(1日のデートで使うつもりのお金?)のことで長兄と口論となり、
「くやしい、くやしい」とふとんの中で泣いたことを綴っています。

なお最後の2行で同級生の友人(Nさん)の誕生日を祝う言葉を書いていますが、
このNさんは、この日に「立話し」をした「友人」でゃなく、それをカモフラージュ
するために「友人」として書いたのではないかと思います。

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 16:54
おれも色々読んだけれども不倫の清算というのはどうもなあ。
へたしたら今の時代より妾や愛人を囲いやすい時代であったと
おもうけど(財力あれば)いくら気が強いといっても小娘の言う
ことで殺人、誘拐偽装とまで行きましょうか?

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:07
>>805
あんがとーね。

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:14
なんか話が見えなくなってしまったよー。
>>800
このことが事実だとすると凄いことになるね。
姉は犯人を知っていたのだろうか。
また犯人に協力してたら・・・・コワーーーーー。

814 :-:02/07/15 17:27
自分は日記を書いたことがないのだが
日記は他人に見られる事を前提とは
していないから、カモフラージュする
必要がないのでは?
自分が亡くなり、結果的に公開された
だけに過ぎないのだから・・・

815 :808:02/07/15 17:27
488さん、ありがとうございます。


816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:28
誰が犯人だとしてもよ、殺してから誘拐偽装する
意味ってなによ。
誘拐は罪も重いジャン。どーして脅迫状を送るわけ??

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:35
>816
488氏のレスを読みたまえよ。真犯人は一見誘拐事件と見せかけて
非情な罠をそこかしこに張っているのだよ。これ本当だとしたら
小説以上だよ。

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:47
たとえば、不倫で絞殺したからといって
さらに危険を侵して誘拐偽装するかなあー。
もしそこまでの脅迫状と死体を埋めるとしても
身代金を取りにはこないだろう。
まして長男が犯人を知っているならなおさら
変な小細工はしないのではないか。
>>816のいうことも一理あるぞ。
>>817
複雑な殺しの事件って過去に何が思い出せる?
そんなに複雑かなー。
複雑にしているのは、いつもそれを推理するヒトたちじゃないのか。

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 19:06
姉の日記は公開されてないの?

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/15 19:28
オバカですいません。
488の言う、「長兄が真犯人をかばいつつ警告する理由」がイマイチわからんのです。
自分に疑いが向けられるのを恐れるなら、明確なアリバイ証言をすれば良かっただけなのに何故曖昧なままなのか。
早くから知っていたなら刑冊にほのめかすことも出来たように思われ。
長兄が共犯ならなんとなく解るんですが。


821 :555 :534・675:02/07/15 20:00
>O・G氏とI・T氏の「死」の真相については、どのような推理をしておられますか?
事件発生時、日本中を揺るがせた大事件に発展し、警察の捜査網がじょじょに
せばまってきたので、犯人は追いつめられていた精神状態にありました。
悲惨な事件ゆえに犯人のその後の心理状態にあたえた影響も深刻でしょう。
このての犯罪事件では絶望のあまり自死をとげるケースが多々あります。
誕生日に善枝ちゃんが待ち合わせしていたとされる地点、当日のアリバイが不明の
O・G氏、しかも膣内精液B型と同型、脅迫状の筆跡と似ている、といった点から
大いに疑わしい人物でしょう。I・T氏はひこつくし縛りが得意で、この縛りは
専門職でないと不可能という点、犯行当日のアリバイが不明、事件直後から極度の
アル中におちいる、といった点、やはり疑惑がはれません。
それから脅迫状の件ですが、読解のやりかたでプラス面マイナス面があります。
深読みするなら「この紙に包んで・・・・」からはじまる文面のそれぞれの冒頭の文字をつなげて
いくと「コキトトケ」つまり「古稀と解け」、身内の父親の古稀、昭和52年
が狭山事件の時効であるとよむメッセージ、亀井説を488さんはどうお考えか?
そして昭和52年、謎の自死をとげた2男、喜代治氏の遺書ーー亡くなった
善枝ちゃんが憑依したのではーーというかのような女性文体の謎、をどう解くのか?


822 :488:02/07/15 20:12
>>820
まさしく、その指摘こそが、この事件を謎だらけにしている原点でもあります。
この真相が明らかにされた時、「狭山事件」の全貌は白日のもとにさらされるでしょう。
そしてその真相が真相であるだけに、権力側は石川さんの再審を開始出来ないのです。

そもそも他の冤罪事件とは違って「狭山事件」で石川さんが無実であることの証明は
簡単であり、この事件の資料や本を読んだ人は、なぜ高裁が彼を無期懲役にした上、
最高裁もそれを支持し、再審の門をかたくなに開かないのか、不思議に思うに違いありません。

「再審開始」はすなわち事件の真相を最初から洗い直すことを意味します。
そしてそうなると、警察・検察が隠している証拠と調書はすべて開示されなければ
ならなくなります。
そのとき、事件の真相とともに「日本中がひっくり返る」事態になることが自明なだけに、
権力側は、石川さんが仮釈放されて一応「自由の身」になったことで
この事件の幕を引きたいと願っているわけです。

すべては初期捜査で、「真犯人」の狡猾な策略に嵌ってしまった警察にその根本原因はあります。
そして「真犯人」を知る人々は、彼の「地位」と相次ぐ連続変死事件、それに警察・検察・裁判所が
一体となって(結果的に)彼をかばっていることで、口を閉ざしてしまったのが真実だと思います。

(今日は重大な疑問点の書込みが多くありましたので、私一人で沢山書いてしまい、
申し訳ありません。しばらく書込みは自粛しますので、私の「推理」以外の見方を
している方もご遠慮なく書き込んでください。
追伸:555さんの>>821の質問についてはまた改めてお答え致します。)

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 01:23
ミステリ板に紹介でもしよか?

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 09:10
Y氏が無関係というのは何故でしょう。
800で次妹と一緒にいたXとされる人物はY氏?488の言う【有力者】?


825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 09:33
>488さん
当方このスレで狭山事件に興味を持ってから図書館で関係書物を読み漁っている
ものですが
>高校を卒業したら、今の奥さんと離婚して私と一緒になってくれ
とまで踏みこんでいる書物てありますか?もしネタ元あったら教えてください。
よろしコ。

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 11:09
姉の日記が読みたい。

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 11:13
姉の日記は開示されてないんじゃないの?
何かの文献に書いてあるのか?
確か今は中田家に返されたと思うが。

828 :531:02/07/16 11:49
>825
「狭山事件を推理する」甲斐仁志著
が、それに近い推理をしています。

姉の日記を見る事が出来れば、
全ての謎が解けてしまう可能性は非常に高い。

829 :825:02/07/16 12:05
>>828
推理つーことは推測ということですか、聞きこみによって誰かに聞いた
ということですか?
前者後者どちらかではエラク違うとおもいますが・・・

830 :531:02/07/16 12:48
>829
事実をもとに書かれた、ドキュメントに近い「小説」です。
刑札と中田家が真実を隠しているいじょう、
どんな説も推測でしかないでしょう。


831 :825:02/07/16 12:55
>刑札と中田家が真実を隠しているいじょう
そりゃそーすね、失礼しました。
それはそうと事件当時の新聞記事が面白いです、自分なりにまとまったら
またレスします。

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 14:13
>事実をもとに書かれた、ドキュメントに近い「小説」です。

事実をもとに書かれたのならそれはノンフィクション小説ということに
なります。残念ながら甲斐氏のそれは妄想の割合が多いのでそこまで言う
には足らないとおもいます。甲斐氏にしても亀井氏にしても信者が信じ
切ってしまうのは危険と思いますよ。


833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 14:57
どのへんが妄想ですか?全部?

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 15:14
>どのへんが妄想ですか?全部?

割合が多いと書いたろーがボケ。犯人と被害者の関係は妄想ですよ。


835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 15:48
そこまでいうんなら真犯人知ってるんだろうな?
だれよ?

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 17:02
このスレで真犯人を知っているのは488だけ(きっぱり)

837 :少時様:02/07/16 17:51
刑札があせって石川氏を逮捕しなければ
これほどもつれることは無かった。
死人もこれほどまでに出なかっただろう。

よって真の真犯人は刑札。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 18:50
>>837
座布団はあげられねーな。

839 :555 :534・675:02/07/16 22:39
821 ×昭和52年  ○昭和53年
甲斐説は、姉の婚約者を疑惑の人物としてあげていますが、
真犯人にせまる段になって、Y氏という人物をあげて真犯人像を
ぼかしています。というか、ダブルスタンダードにたって
います。甲斐氏の本音はやはり婚約者=真犯人なのでしょうが、
名誉毀損をおそれて、あのようなぼやけた推理になっているのでしょう。
これと似て、488さんは豊富な知識と卓越した分析力をもちながら、長兄の
疑惑ぶりを推理し、途中で長兄が真犯人にあてて挑戦している、
といった飛躍しすぎた推理をしていませんか。長兄と真犯人とのホームズと
明智のような心理戦はたしかに推理小説としてはおもしろいのですが、これは
あくまでも現実におきた事件です。
なお西武新宿線入曽駅から年輩の運転手のタクシーに乗って事件現場を指示すると
、迷うことなく中田家を案内してくれます。「あそこは善枝ちゃん地蔵があるから、
すぐわかるんだ」とのこと。、かなり威圧感のある大きな地蔵でした。身内に犯人が
ひそんでいるとしたら、毎日見ることになり、そうとう滅入るはずです。最近、地蔵
は撤去されたようですが。

840 :531:02/07/17 08:33
>>839
甲斐氏の本音・・・私は違うと思っています。

地蔵・・・犯人が本来の「善」を取り戻し、罪を悔い、
      地蔵を見るたびに、善枝さんに詫びていた、
      という、希望的憶測も可能かなと?

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 12:39
善枝さん殺害がメインと見せかけ本当に殺害したかった人間は
後々に亡くなった方々だったとか。



842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 15:32
「夜這い」という風習があります。
悪しき風習ですが娯楽の少ない田舎では「暗黙の了解」として成立していました。
Yのターゲットは中田富美恵・善枝姉妹でした。Yにとってそれはスリルに満ちた遊びでしかありません。
Yはそれぞれと隠れた関係を続けていましたが、ある日富美恵との関係が家族に知れることとなりました。
母親の忌まわしい過去を持つ一家は激怒しますが、富美恵の体面を保つため婚約という形でYに責任をとらせます。
善枝は相当なショックを受けますが異父妹である自分を可愛がってくれる姉を思い隠し通すことを決めます。
しかし心中ではYに対する思いが消えたわけではありません。家族に隠れて外でYと会うようになります。時折はOの建築中の新居が逢い引きの場所になっていたのでしょう。Oは善枝に頼み込まれる形で自宅を提供していたかもしれません。
自らの出生に卑屈な感情を抱えていた善枝は、姉とYの婚約を決めた家族を逆恨みし、次第に反抗的な態度を取るようになり、家族の中でいっそう浮いた存在になっていきました。
近づく善枝の誕生日を一家で暖かく祝うような状況になりようもありません。


843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 15:34
842続きYと善枝の関係を知らない富美恵は善枝を慰めようと家族には内緒でYと共に外での誕生祝いを計画します。
当日善枝とYは二人で祝う約束をしていましたが富美恵の好意を断る理由もなく、学校帰りに待ち合わせ、3人でアイスクリームを食べることになりました。
善枝は二人を前に複雑な感情を隠すため、友人から借りた雑誌のことなどを話題にあげ何気ないふうを装います。
その後Yはを富美恵を車で家に送り、善枝は自転車でYと事前に待ち合わせの約束をしたたO家に向かいます。
Yと落ち合った善枝は激しく不満をぶつけます。嫉妬心や3人でいるときのYの白々しい態度に怒りを覚えていたかもしれません。
ヒステリックになった善枝を黙らようとしたのか、善枝の言動がYに衝動的な殺意をもたらしたのか。
どちらにせよ善枝はYに殺されてしまいます。
その頃中田家では雨の中帰らない善枝のことを心配しはじめます。
内緒で善枝と会っていた富美恵は本来の帰宅時間が容易に想像できます。
心配が高じて親戚や警察に捜索を以来します。
父親に促され探しに出た兄は途中Oと出会い事情を話します。
善枝の居場所に心当たりがあるOは兄と共に新居へ向かいます。
新居のくらい部屋には呆然とするY氏と変わり果てた善枝の姿がありました。
兄は衝撃を受けたもののこれが明るみに出れば中田家にとっても致命的なスキャンダルになり、同時に富美恵を深く傷つけることになります。
Oにしてみれば幸せな生活を送るための新居で殺人が起きたとなれば結婚自体に影響を与えかねません。



844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 15:35
848続き>
3人は隠すことを決め、話題になった誘拐事件をもとに偽装工作を始めます。
捜査を攪乱するために「間違えて誘拐された」というシナリオを設定し1枚の脅迫状を作ります。
ここで兄はすでに警察が捜索を始めていることを思い出しました。
目立たないよう遺体の始末をするためには警察の注目を一カ所に集めておきたい。
深夜に中田家に警察を向かわせるよう脅迫状を書き変えます。
兄は脅迫状を持ち、自転車をトラックに載せ帰宅しあたかも自分が発見したように演じます。
警察が中田家で張り込みをしている時間、YとOは遺体を埋め善枝の持ち物を処分しました。
確実に誘拐事件に見せかけるために翌日さのやにも二人が向かいました。
ところが警察はOに疑惑の目を向けます。気の弱いOが追求に耐えきれないと危惧した兄とYはOを自殺に見せかけ殺害します。
兄はYに疑惑が及ばないよう富美恵と入籍をさせます。
しかしYは殺人者でもあります。実際に富美恵を嫁がせるのはかなりの抵抗があります。
苦肉の策として「家族の面倒をみる」を理由に富美恵を実家に留めることにしました。



845 :842.843.844:02/07/17 16:28
以上、妄想終わりm(_ _)m

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 16:43
お疲れさまでした。

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:11
なかなか面白いっす。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 21:41
5月11日に自殺した男。
彼は現場付近で怪しい3人組を見たと警察に届け出て、
取り調べ後自宅で、それも奥さんと赤ん坊がいる中で
包丁で心臓を突いて自殺した。

彼はなぜ自殺したのか?
彼を自殺にまで追い込んだものとは何なのか?
皆の見解を聞きたい。


849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:12
目撃者情報を警察から聞き出せる人物による脅迫。
長兄ならむしろ警察の方から情報を提供する場合もある。
Oの殺害をほのめかせば可能かも。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:13
>>488さん
このスレ、偶然見つけて何時間もかけて全部読みました。
中でも448さんの話は面白く、異論のある方もいるようですが、
この事件に取り組むしっかりとしたその姿勢に魅了されてます。
早いに越したことはありませんが、ぜひそのお考えを最後までお聞かせください。
ご自身の時間を割いて発言してくださりありがとうございます!応援しています!
              448さんの推理を楽しみにしている一愛読者より

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:15
間違えました ×448 〇488 スイマセン。。。

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:33
家の母が言うには
単なるでっち上げで
犯人とされる人物は
人身御供ですってさ。
本当にひどい話です。

853 :531:02/07/17 23:29
>>848
彼は善良な目撃証人であるにもかかわらず、
刑札はマル2日間、犯人扱いでモーレツな取調べを行ったとされています。
よほどの暴力や脅しがあったと予想されますし、
発作的に・・・というのが私の思うところです。

他の自殺(変死)者に関しては別の見方をしていますが・・・

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 00:04
age

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 08:16
531さんの全体的な見解に興味があります。

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 09:42
>>848
亀井トム氏は殺人ではないかと指摘していましたね。
 苦悶の表情があるのに、刃物をしっかり握っていたとか
 ためらい傷もなく心臓をひとつきしているとか。
 蛇足ですが「ためらい傷」とは、人間が刃物で自殺するとき、
 迷い迷いやるんで、つく傷のことです。
 殺人と断言は出来ませんが、自殺とも言い難く・・・
 やはり「変死」として扱うべきでせうなあ。

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 09:57
苦痛に堪えないときは、モノを堅く握る、ということは
普通にある気がするんだけど。
ためらい傷、というのも手首を切る場合などではよく
あるそうだけど、あまり心臓を突くのにためらい傷、という
のは聞かないような・・。

858 :531:02/07/18 12:48
私はこのスレに来る前からずっと、長兄主犯説が最も合理的であると考えていました。
事件の重要人物がみんな死んでしまい、彼だけが生きているという事実だけは
曲げようがありません。
しかし、従犯の疑いのあるOGやIT、嘘証言を繰り返し犯人を擁護した次姉。
同じく犯人を知っていたであろう次男。
もし彼らの死が他殺であった場合、真犯人のみがそこまで殺人を重ねるというのは
考えにくいのです。
そこで、石川有罪のために証拠の捏造・デッチアゲ、さらに冤罪の発覚を恐れた
某組織の存在が見え隠れするのです。
この事件は、発生直後から犯人・被害者家族・刑札の利害関係が一致してしまうという、
奇怪な道をたどり、再審請求も棄却、当局は事件の風化を待つのみとなっています。

長兄主犯説に対抗しうるのは、488さんのようなミスターX犯人説以外には無いと
私は思います。
その場合、長兄は真犯人と刑札にとって最も邪魔な存在になりますが、
長兄が二審以降まともな証言が出来なくなってしまった事と、
何か関係があるのか・・・?

簡単ですが、全体的な私の憶測です。 (とりあえず)

859 :488:02/07/18 14:05
>>821
脅迫状の行頭文字をつなげると「古稀と解け」になるとの指摘ですが、
これはちょっと…単なる偶然だと私は思いますよ。
自殺した中田家の次男の遺書の件ですが、これは私にはよく分りません。

O・G氏については、筆跡が似ているだけではあの脅迫状を書いた犯人と
断定できないのは先に述べた通り。繰返しますが、O・Gさんのような
気が弱い性格の人間が善枝さんと不倫関係を持つなどあり得ないことですし、
善枝さんにとっても、こう言っては失礼ですが運送会社に勤める元作男のおじさんなど
眼中にはなかったと思いますよ。

I・T氏については、彼が従犯というべき共犯者であったという見方を
完全には否定しませんが、善枝さんの首にかけた縄を「すごき結び」にした上、
それをわざわざ残している点など、犯人はI養豚所の関係者に疑惑が向けられる
ように細工している節がある(実際、事件発生後すぐの時点で、養豚所に出入りする
不良の犯行とする見方が地元住民から出ており、警察の見こみ捜査もその見方に
引きずられている。)ことなどから、少なくとも「善枝さん殺し」については
無関係だと思っています。
もちろん、彼にもあの脅迫状を書く「能力」はありませんね。

ただし、I・T氏の「事故死」についてはある疑いを持たずにはおれません。

860 :531:02/07/18 15:06
589の488さんの見解には同意です。

ただ、OG氏の従犯説は、否定する根拠が私には見つからず、
何らかの役割で事件に係わっていた可能性は高いと見ます。
B型の精子についても、無関係だとは言い切れません。
犯人は彼に罪を負わせ、自殺してもらう。
そこまでは計画済みだったと思います。

IT氏は、従犯とするには、事件との因果関係がどうしても希薄に思えます。
主犯から報酬を受け取る約束があった、としても、主犯がどうしても彼の
助けが必要であったのかが疑問です。
むしろ、犯人がしかけた二つ目の罠、刑札の特定地域への偏見捜査で炙り出され、
石川単独犯に方針が変わり、
何らかの事情で「都合の悪い人物」にされてしまったのではと思います。


861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:31
犯人はとなりのトトロ?!!

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:56
石川氏の共犯とされそうになったが、どうしてもアリバイや自白がとれずに
あげく行方不明になってしまった人っていなかったけ。
ふつうに考えたらこの人もその後の不審死亡者リストに入りそうですが。

863 :488:02/07/18 17:23
先に述べたように、「O・G氏共犯(従犯)説」は、善枝さん殺害現場が
彼の新居であった場合に成立する説である。
そしてこの説をとると善枝さんがO・G氏の新居へどうやって行ったかが問題となる。

@自転車に乗ってひとりで行き、新居で落ち合った。
A目撃された「ガード下」かどこかで待ち合わせし、一緒に行った。

Aでは善枝さんは自転車なので犯人が徒歩ならば、善枝さんは自転車を押して歩くことになり、
誰かに目撃される可能性が高い。仮に犯人が自転車でやって来ても同様であろう。
以上のことから、善枝さんは犯人と待ち合わせしており、ひとりで新居に行ったと考えられる。

おそらく新居では、犯人は善枝に誕生日のプレゼントを渡し、善枝さんはそのお礼として
「ごちそう」を作ってあげたのではないか。その料理の中にトマトがあったのは言うまでもない。
(善枝さんは当日級友に「今日は私の誕生日でごちそうを作らなきゃいけないので早く帰る」と
 言っているが、この日、中田家ではそのような予定はなかった。)

そして当日、O・G氏の新居の軒先に古い自転車が立てかけられていたのをO・G氏の知人が
目撃している。(ただし、これが善枝さんの自転車かどうかは判然としていない。)

以上の見方であれば、O・G氏が真犯人の計画をとこまで知っていたかが重要なポイントとなるが、
積極的であれ消極的であれ、彼が事件の一翼を担っていたことに違いはない。
自殺した理由も、捜査が自分に迫っていることを察したためともとれる。

だが、殺害現場がO・G氏の新居でなかった場合は、彼は事件に全く関係ないと
いうことになり、彼の自殺の謎だけが残ることになる。
そして、私はどちらかというとそちらの方の見方をしている。

次回でその推論を述べたい。

864 :531:02/07/18 22:27
589=ミス
859でした。失礼!

865 :銅鑼衛門:02/07/18 22:28
で、狭山の名産は、何?


866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 23:18
何で名産の話やねん!

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 00:07
>>865
お茶。

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 01:58
>銅鑼さん

「かにや」のケンキがうまい

。。。。。。ゴメン、どうしてもケンキの事は言っておきたかった 逝きます

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 02:36
>>868
うまいけど、昔と比べて、ちょっと味が落ちたような気がする。

っつーかウチ、発見現場の近くだよオイ…
今ではフツーの所ですけどね。

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 03:13
>869
逝くと言いながら帰ってちった。。スマソ
そーなんだ、昔はもっとうまかったんだぁ
子供の頃は、かにやの菓子なんて買ってもらえなかったから、
狭山市民20ン年やってるけど、まともに食ったのは結構最近なんだ

うちは狭山市でも所沢寄りだから、狭山事件の各現場からは少し遠いけど、
このスレ読んでサノヤに行ってみた
そしたら友達んち行く時に煙草とか酒とかを買う酒屋だったんで驚いた
。。。。知らなかったよ、そこがあのサノヤだったなんて

871 :855:02/07/19 10:02
531さん、ありがとうございます。

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 11:15
OG氏は真犯人に脅迫状を書かされただけでしょう。
事件後それを知ってはめられたと思ったんでしょうな。
新居は使用されていないと思いますよ。
なぜなら近くに遺体を埋めるだけで十分だからです。
ひこつくしに固執している人がいますがひこつくし様の縄を
あとから首にかけただけです。
なので警察の発表も緩く結ばれていたと表現しています。
遺体の首に縄を縛るのは遺体が蘇生するのを恐れてする場合
が多いですが緩く巻いていたのでは意味がありませんからね。
やげんの坂の目撃者の自殺についてですが刃物の方向に考察が
必要でした、しかし警察も早々に自殺と処理している。
後ろめたさがあったんでしょうな。


873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 13:27
遺体や遺留品は、見つけられないように埋めたのだろうか?
それとも発見しやすいように埋めたのか?
荒縄や手拭で縛ったのは、死後のことらしいが
これは偽装工作なんだろうか?
もしくは、誰かに生きてるように(誘拐して軟禁しているように)みせるため
だったのだろうか?

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 14:46
>>872
脅迫状は他人に罪を押し付けるためのパーツというのは古くからある説ですね。
すると不思議なのは佐野屋に来た人物。
もしかして次姉の腹話術とか ?

875 :488:02/07/19 18:27
謎だらけの「狭山事件」であるが、この事件を「善枝さん誘拐偽装殺人事件」に
しぼってみてみると、最大の謎は以下の3点になると思う。

 @奇怪な脅迫状
 A返されていた自転車
 B犯人が出現し逃走した佐野屋の夜

@の脅迫状についてはすでに述べた。
ではAの中田家の物置に返されていた善枝さんの自転車の謎に迫ってみたい。

これの謎を解く鍵は、「殺害現場がどこであったか」にあると思う。
当日、善枝さんとデートの約束をしていた犯人に与えられた時間はどれくらいで
あったろうか。

5月1日は2時35分に授業が終わったが教室内で雑誌を読んで少し時間をつぶし、
「今日は私の誕生日なので、家でごちそうを作るので早く帰る」とうれしそうに友人に
告げて3時20分頃下校している。(家ではお祝いも「ごちそう」の予定もなかった。)

ただいつもはクラブ活動をしてから帰るので、善枝さんの帰宅時間はだいたい毎日
6時頃だったということである。

となると5月1日の当日も、遅くとも6時30分から7時くらいまでには帰宅する
という約束でなければいけないはずである。すると約3時間から3時間30分位が
移動時間も含めて「デートに費やす時間」ということになる。

4日前の4月27日には遅く帰ったことがきっかけで兄姉と口喧嘩していること
を考えると、善枝さんは帰宅時間を6時30分としていたと考えていいだろう。
(事実、長兄は遅いのを心配して6時50分に学校まで車で迎えに出た。)

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:58
このスレで事件のあらましを初めて知りました。
学校じゃ戦後の歴史なんてほとんど手付かずだし、載っても戦後
すぐのいくつかある謎の事件の一つとして名前が羅列されてる位
しか記憶になかったんですよね。

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 09:53
>>872
O・G氏のはめられた説は同意ですね。
脅迫状は書かされたというより酔っているときに遊びで人が口述しているものを
ノートに書いたものと言うのが適当と思います。
そのため字の強弱が自分で考えて書いているより大きく、最後は寸詰まりになって
いる。
少時様というのも知人男性の正治という名前の男性に冗談で宛てて内容のとおり
当て字を用いたというのがしっくり来ると思う。
(正治 → 中田正治氏、事件当時市内堀兼在住)



878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 10:05
>>877のつづき
つまり、本文の当て字の連続も正治様と本来書くところを書いてしまったら
身も蓋も無いので少時と当て字した結果、奇怪な文章が誕生したと考えられ
るのです。のちの警察の字のわからない人間のいいかげんな当て字と言うの
は、おまけ的存在だと思います。




879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 10:25
O・G氏がはめられたと仮定すると、犯人はO・G氏が厳しい取り調べをうけても
口を割らないと確信していたということになるが・・・・・・。
O・G氏を記憶がなくなるほど泥酔させて書かせたのなら話は別だが、泥酔中

880 :879:02/07/20 10:47
ごめん、途中でかきこんじゃった。

O・G氏がはめられたと仮定すると、犯人はO・G氏が厳しい取り調べをうけても
口を割らないと確信していたということになるが・・・・・・。
O・G氏を記憶がなくなるほど泥酔させて書かせたのなら話は別だが、泥酔中
ではあのようには書けないだろう。

犯人は頭のいい高学歴の者とする人が多いようだが、そのような間がそんな
危ない橋を渡るだろうか。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 11:51
>>880
口を割ってもらっても結構と考えていたらどうでしょう。
脅迫状には近年の鑑定でいろんな文字の跡が発見されています。
「女」だとか「死」あと解読不明のひらがな・・・これから考えるとノートに
数ページいろんなパターンで脅迫ぽいことを書いてもらっていたことが想像でき
ます。使用されたのはその中の1枚だと考えられます。

書いたときの状況は酔っていてもシラフでも関係無いと思います。
肝心なのは自分以外が脅迫状を書くこと。書いた本人が書かされたと証明する
ほうが難しいとおもいます。仮に筆跡その他から逮捕されたとして脅迫状は自分
が書いたのではない、書かされたのだ言い逃れることは簡単でしょうか。


882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 12:00
う〜む
犯人による何らかのトラップのある事件か、ドキュソの行き当たりばったり
の犯行かと考えるとどうしても前者なんだよなー。

883 :531:02/07/20 12:36
OG氏は「はめられた」というより、共犯・従犯だったのではと思います。
だからこそ、取調べに耐える事も(少しは)出来た。
しかし、気の弱いOG氏が主犯に「もうダメだ、自首する」ともらしたため、
自殺をよそおい薬殺された・・・(勿論これも計画のうち)
生きている犯人を捕まえなくてはならない刑札は、いっそう焦り、
重要参考人の自殺をろくに調べもせず、ある方向に捜査の目を集中させる。

脅迫状は一字一句すべてにおいて、策略・計算のもと、
きわめて計画的に書かれたものだと思っています。
書いたのは主犯ではないかと考えます。

884 :881:02/07/20 12:48
私は筆跡からして脅迫状はO・G氏の書いたものと思っています。
従犯であったとしたら脅迫状をネタに服従させられたのではと考えています。

885 :488:02/07/20 13:15
善枝さんは3時20分頃下校して郵便局に寄ったりしているので、おそらく待合わせの
時刻は4時前、多分3時50分頃と思われる。
そこで帰宅時間を6時30分とすると、約2時間40分が「デートの時間」となる。

この事件が計画的な犯行とすると、私は、「犯行現場」はO・G氏の自宅ではな
くもっと遠い場所であると思う。善枝さんの死体がO・G氏の新居の近くに
埋められていたことから、犯人はO・G氏に疑惑の眼が向けられるように細工を
したのではないかと推理している。

それにO・G氏の親戚でもない二人が、明日結婚式を控えているO・Gの新居に
入るところを見られた場合、怪しまれるに違いない。用意周到な計画を立てた犯人が
そんなことしたとはとても思えないのである。

一つ間違えば死刑になる犯罪である。
「殺害場所」は犯人が自然に出入りでき、善枝さんも安心してそこへ行ける
「建物」であったに違いない。

以上のことから、「殺害現場」はO・G氏の新居はではなく、おそらく車で片道
15分位の、犯人の「仕事場」ではなかったかと私は推理している。
5月1日の4時前に、善枝さんは犯人と待合わせし(場所はおそらく彼女が目撃された
ガード下の近くで人目につかない所)、犯人は自家用車でそこに着き、善枝さんは
すばやく車に乗り込んだ。

「待合わせ場所」から「目的地」まで往復30分。帰りは同じ「待合わせ場所」で
善枝さんは車を降り、そこに置いていた自転車で帰宅する予定であった。
その時間を30分とすると、車での往復時間30分をたして「移動時間」は1時間。
つまり「デートの正味時間」は約1時間40分だったということになる。

ただし、この日の犯人は善枝さんを生きて返すつもりはないので、彼にとって
「待合わせ場所」に置いた自転車の「処置」は大問題であったはずである。
そのまま放置しておけば、善枝さんは顔見知りと待合わせて車に乗ったということが
誰の眼にも明らかとなる。これは絶対避けなければならない。

犯人は善枝さんの殺害を計画した時点から、「自転車の処置」について、かなり
熟慮に熟慮を重ねたはずである。
そして最も合理的かつ効果的な「処置方法」を考え出した。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 13:49
877から881の脅迫状の考察は少時様と当て字の関係が面白い、
先に少時様ありきならまとまりもあるし。
>531氏の考える脅迫状の策略とはなんですか?

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 16:00
>>877-878 
OG氏が嵌められた、または共犯というのは置いておいても
少時様から始まる不気味な当て字の説明になっている。
ともかく少時様についての意見は初めてでないの?

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 16:07
狭山事件って?  埼玉県民なのに知らない。
全部読むのメンドクサーイ。 あらすじ語ってっていったら怒りますか?

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 16:33
脅迫状については一応こうゆう新事実がある(らしい)

新事実―5.「中田江さく」は「少時」が書かれる以前につけペンで書かれたものである
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/sayama/news/010223.html

上記のサイトは石川さんの無実を証明するために調べているので、真犯人を追求する
このスレとは方向性が違うが念のため。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 17:22
>889
それ、前にもあったけどニジミの時期とかが推測なんだよね。

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 17:39
>>888
あらすじですが、佐野屋という酒屋にお金を取りに行く話です、ええ。
>>890
この事件は推測だらけです、こらえてつかあさい。

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 17:48
>>888
あらすじなら>>16

ただし、スレ全部読んだほうがおもしろいよ。

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 18:16
>>885
自転車の処置について
待ち合わせ場所から車に乗ったとしたら、別にそのまま放置しても
問題ないのでは。
もし自転車を処置しなければいけないとしたら
犯行現場まで自転車を持って来た場合だけじゃないのか。
危険を侵してまで自宅の納屋まで持ってくる必要性が判らない。
犯人が頭脳明晰で、この事件を誘拐身代金目的に偽装を計画したなら
なおさら自転車の処置法(納屋に返すこと)について一貫性が感じられない。

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 09:39
ふつうに考えたら5時半から6時になっても被害者が帰ってこないとまず自転車
が戻っているかどうかを見るでしょ。
しかし5時過ぎには当時雨は本降りになっていたわけで自転車がすっぽり入る
トラックで無い限り濡らさずに納屋にいれておくことは不可能ですよ。
これは601のすでに自転車があったと考えるのが普通で、それ以外だと濡れては
いるがどこからか引き上げてきたと証言があるのが常識的。
しかし実際はそうではないので理由はどうあれ身内がだんまりしている部分が
ある、ということだろうとおもう。
なぜだんまりをしているか、それはある時間帯まで自転車があったら困るという
ことを自然と指すことになる。
わかりやすく言うと被害者は下校後家には一度も立ち寄ってはいないと言うことで
なければ身内としては困るということでしょう。
山の中の一軒家ではないので誰にも見られず自転車を戻し脅迫状をさしてくる
などと言うことは乱歩に出てくる「怪人」くらいしかやらないでしょう。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 20:04
http://www.google.co.jp/search?q=cache:CG_qaP_kqbIC:www.destiny.prohosting.com/kanzen/Tim/15.html+%E7%8B%AD%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%80%80&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja
狭山事件の真実は?

896 :-:02/07/22 03:42
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/siryou/sayama_jiken/kyouhakujyou.html

897 :菜梨賛:02/07/22 05:11
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/1901/non/non6165.html

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/1901/non/nonsayama.html
はガイ出?

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 10:24
たびたびレスさせていただいています文系崩れの小僧です。
実は私には大宮に伯父がいまして私の父の8人兄弟の長兄なのですが元警察官なの
です。で最近私が狭山関係の本を図書館から借りたりしているのを見た父が一言
「大宮の大きいアンちゃんは昔狭山事件にかかわったことがあるぞ」と。
私の幼少の頃は伯父はまだ現役で大宮の警察署のちょっと偉いさん、といった印象
でした。しかし実は警官としてのキャリアは所沢と大宮を10年周期くらいで往復
するような感じだったようです。
で昭和38年当時は所沢署で警備課の主任という役職であったようです。
そこで私は本や雑誌で得られない、疑問の部分を伯父に直接聞いてみようと十何年
ぶりに大宮を訪れました。日曜の午後で時間的制約もあるのがわかっていたのと
伯父がどの程度事件にかかわっていたのかがわかりませんでしたので、かなり大
雑把に質問を考えていきました。
1)事件当日のこと
2)被害者の家族のこと
3)上記以外でわかる範囲で細かいこと(脅迫状、自転車などなど)

最初にお断りをいれますが伯父は現在77歳で自分ではしっかりしているつもりの
ようですが記憶違いやあとからの新聞などの情報などがごっちゃになっている
部分があるかもしれません。しかし職業的なものか当時のことも手帳にびっしり
とメモをしている一面もあり少しは頼りになるかなと言った感じもあります。

つづく



899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 10:25
板違い申し訳有りません。
本音を収集しています。
よろしければお好みのテーマに一言願います。
対象にこのページを見せて見てはいかがでしょうか。
http://jbbs.shitaraba.com/study/123

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 10:57
>>898
頑張って、つづきをレスってくれ。
ここでは貴重な話になるよ。

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 12:27
文系崩れの小僧さん
私もレス待ってるよ、頑張って書いてね。

902 :898:02/07/22 13:39
>>900-901 さんありがとうございます。
伯父から聞いた話(テープ&筆記)をいったん文章に起こしてレスしようと思いました
ら以外と困難な感じがしてきました。
なのでのんびりレスさせていただきます。ただビックリするような新事実はありま
せんのと実名が出てくるところは意識して仮名とさせていただきますご了承くだ
さい。

1)事件当日の記憶
5月1日はメーデーであったので市内各所、とくにH製作所やNなどの警備に当たっ
ていた。特に大きな混乱は無く署に戻ったのは15時くらいであったはずである。
その後は交通課のMらとPCにて市内を巡回し再び署に戻ったのは16時半から17時く
らいであった。
当日報告を書くか書かないか課内で雑談したり出前をとったりしている内に18時か
18時半くらいであったかH署長名で召集がかかった。
会議室に集まるとすでに20名ほど署員がおり署長の報告があった。
「本日夕刻狭山市内にて営利目的による誘拐事件が発生した」と。
「所沢署捜査課捜査員がすでに4、5名狭山署に応援に行っているので、ここに
いる署員は西武園、狭山湖周辺の不審者または被害者の捜索にあたること」
不審者、捜査対象者は不明、被害者は女子高校生一年生十六歳と被害者の特徴が
発表された。自分の課は課長が不在であった為自分が班長となり交通課の協力も
あり12名ほどで狭山湖の捜索および警備に向かうこととなった。
車両の手配、雨中装備など準備を整え署を出発したのは召集がかかって一時間ほ
どしたころであった。(ちなみに西武園および狭山湖は所沢署の目と鼻の先である
そうです)

つづく

903 :898:02/07/22 15:07
902のつづき
雨の中狭山湖を捜索しつづけ考えたこと。
署長の「誘拐事件が発生した」との言葉を聞いたときの署員の雰囲気だ。
有名な3月の吉展ちゃん事件の話題がいまだ冷めやまぬどころか数分前ま
でああでもないこうでもないと推理をしていたところに自分達の身に降り
かかった本物の誘拐事件、息を呑むのもやむをえない。
今では誘拐事件は犯罪として公に認知されているが当時としてはやや物語
の中のものという感じが強く犯罪者が金を欲した時に人を略し金を要求す
るというのは今一つピンと来なかった。
どちらかと言うと犯罪者が金を欲すれば刃物を携えて強奪に至る、と考え
たほうがわかりやすい時代ではあったからだ。
5月1日の夜の捜索は23時近くまで行われたが大きな成果も無く終了した。
2日の朝8時半に再度召集命令があったのは官舎に戻った零時前後であった
と思われる。

つづく

904 :488:02/07/22 15:47
善枝さんの自転車と脅迫状が届けられたのが7時30分とすると、犯人はどのようにして
自転車を中田家の物置に届けたのか、あるいはその目的は?

待ち合わせ場所に自転車があっては困る理由犯人にはあった。
ガードの上を走るのは西武新宿線の電車である。
そのガード下かその近くに自転車があったとすれば、そこで善枝さんが車に乗ったという
ことは容易に推理される。

犯人の仕事場があるのはガード下から本川越方面へ車で15分程の所であったろう。
警察に捜査の眼がそのあたりに向くことは避けねばならない。
そのために自転車はガード下近辺にあってはならないのである。

ではどうすればいいか。犯人は実に大胆不敵な方法をとった。
自転車を中田家に届けることである。これには以下のような効果があった。

 @犯行現場を全く分らなくする
 @脅迫がイタズラではないことを家族に知らしめる
 A善枝さんに死が迫っている恐怖感を与え、事件をすぐに警察に届けさせる
 B佐野屋での身代金受取りに犯人が車でやって来ることを信じさせること
 Cのちに家族に疑いがかかる可能性を考えた捜査撹乱

ここで私は主犯(仮にXと呼ぶ)とは別に一人の共犯者(仮にQとする)を想定せずには
おれないのである。
Qの人物像は後述するとして、QはXからの依頼を受けて待ち合せ場所に雨に濡れないように
放置してあった自転車を貨物自動車(おそらくトヨタ車)にすばやく積み込んだ。
時刻は日が落ちて暗くなっった7時過ぎ頃であったろう。

そしてその車で中田家の近くに着いたQは、畑の農道から自転車を押して同家の裏手に向かい、
雑木林を抜けて母屋の裏口に立った。

905 :898:02/07/22 15:50
903のつづき
5月2日午前8時半、本来召集がかかるはずであったが9時に延期された。
理由はすぐにわかった。県警の機動捜査隊が協力にくることになっていた
ようであるからだ。再度9時に召集し昨日の20数名とは違い60名を超え
ようかというほど会議室は人であふれかえっていた。
まず昨日までの報告が署長からあると思っていたら県警の捜一(捜査一課)の
おそらく課長クラスの人物が今後の指揮系統の説明をしだした。
結局署長は口を開かず捜一課長が現場指示責任者となり昨日までの報告は
一切なかった(はず)それとともに本日も西武園、狭山湖周辺の不審者、被害
者の捜索が厳命された。伯父は裁判所関連の用事で午後まで班から離れる事
になったが裁判所でも誘拐事件のことは頭から離れなかった。
誘拐事件であるからには犯人との交渉は進んでいるのか、しかし捜一の課長
が不審者の捜索はともかく被害者の捜索も厳命するとは、これは被害者は
かなりの確率で死亡、遺棄されているのではないか。そう思えてくるからだ。
捜査一課は殺人、強奪、強盗などが専門でそういった部署が専従班を率いて
所轄にやってくる、これはただ事で無いとこの頃思い出したそうである。

つづく

906 :898:02/07/22 17:43
905のつづき
午後より捜索班に合流しようとした伯父はいったん立ち寄った署で捜索班は一時
狭山署預かりとなったことを告げられた。
それでまだ向かっていなかった者達と狭山署に向かった伯父は「ただ事でない」
事象を実際に目にすることとなった。狭山署に刻々とマスコミが集まって来ている
ことであって、そのトドメは狭山署に県警本部長がいたことであった。
伯父はそれまでかなりの数の事件に関係してきてはいたが本部長が指揮をとる(実
際の指揮系統の頂点は捜査一課部長クラス、本部長はお神輿だが)のをみたことが
なかった。マスコミが集まるのと比例して捜査員の数も増えていくようであった。

捜索範囲は西武線と川越街道を挟む四角区間を4等分に、その周囲を8等分にして
ローラー作戦で行われた。伯父ら所沢組みは結局再び周囲の南側にあたる西所沢
周辺の担当となった。狭山署を離れる際所沢署より応援で出ていた捜査員のTを見か
けたので捕まえて捜査状況を聞き出そうとしたが脅迫状が来ているそうだが内容は
しらない、被害者宅には十数名の常駐の捜査員が張っている、これくらいであった。
この日の深夜取り逃がしがあるのだがほかの所轄の応援組である叔父らにはそれが
事前に知らされる事はなかったらしい。2日は20時くらいまで地域の巡査の協力の
もとに捜査を進めたが狭山署の本部に21時集合して明日朝9時集合を命令され解散と
なった。

つづく

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 18:44
>>904
自転車を中田家に届ける意味について。
1 近くの雑木林に捨てた方が危険もなく、手間も省ける。
2 すでに脅迫状と一緒に身分証明書を送っているので、さらに自転車を
納屋に置く必要性および効果はない。
3 もし車でくることを信じさせるのなら、ガード下などの近辺の方が都合がよい。車で誘拐したことを匂わすことができる。
4 この段階での捜査かく乱はどうも解せない。

こうして考えると、最初から納屋に自転車はあったほうが説明ができる。
そして、今気が付いたけども7時40頃脅迫状を発見してから
警察に届けるため納屋に行って、自転車を見つける訳であるが。
普通、脅迫状が届いたとはいえ自転車が帰ってきたということは
娘が帰ってきたと考えないだろうか。
そしてひとまず付近を捜さないだろうか。

>>898
の話は、亀井トム氏の脅迫状発見以前に捜査を開始したという
細田所沢署長のインタビューに通じるものがある。
すなわち、発見以前に何らかの犯人からのアプローチがあったのではないかという。

頑張ってつづきをよろしくね。






908 :898:02/07/22 18:47
906のつづき
犯人取り逃がしの時間は・・・・家で寝ておった。大きい事件にかかわっている
期間のくせに割合早く帰れたので風呂に入って、テレビを少し見て0時には寝てい
た。実は5時くらいに起きて署(所沢)に行って持っている事件の報告書を仕上げね
ばとも考えていた。それが本当に4時か5時に電話で起こされた。
電話の相手は課長ですぐ署に来い、狭山でなく所沢のほうだぞ、と。
署に着くと名ばかりのロビーに記者が3、4人来ていた。どうしてここにいるの、
狭山はいいの?と言うとSさん(伯父)知らないのですか、と記者にいわれた。
すごく悪い予感がしたのですぐに課部屋に逃げ込んだ。そこで聞いたのが狭山の
犯人取り逃がしだった。朝の6時半くらいだっただろうか会議室に狭山の応援組み
がほとんど集まって捜一課長から説明があった。そこから出た言葉は忘れもしない
県警の不備により犯人を取り逃がした、所轄の諸君には不備は無いというものだっ
た。日頃ならばこれほどの言葉を聞くとすっきりするはずがまったくしなかった。
これからくる大変な事態が予想されていたからだ。

つづく

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:14
つづきキボンヌ

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 02:43
age

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 07:46
898さん
書き込み待ってるよ

912 :898:02/07/23 09:58
908のつづき
5月3日の狭山署は蜂の巣をつついたような騒ぎであった。あの狭い署内は人で
溢れかいり前の県道にはテレビ局や新聞社の通信車で通行もままならぬ感じがした。
記憶が間違っていなければ捜査会議らしい物がはじめて開かれたのは3日の午前で
あったと思う。これまでは捜査会議と名がついていても一方的に指示をだされる
だけであったからだ。脅迫状の文面を見たのもおそらくこの時が初めてと思う。
実物を拡大した物で無く、黒板に似せて書いたものであったと思う。当然それを
手帳に写した。それと同時に西武園の捜索の意味もわかったが同時に被害者は助か
らないと悲観的な空気が流れたのも確かである。
これまでの捜査状況の擦り合わせが行われたのもこの頃であったと思う、午後には
本部長らの記者会見があるためと考えられた。
午後には県内より150名に及ぶと思われる警察官が応援に到着した、その中に川越で
巡査をしている甥のS・Sも応援に来た、それと同時に狭山署以外に所沢署にも合同
捜査本部が開設された。これは狭山署の手狭なこともあるが地域的な問題が大で
あったと思う。今後は所沢組みは県警の応援を含めて200人体制で所沢を本部に
捜査を進めていくこととなった。

つづく

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 10:04
在野の人の書いたもの、特にブラッキーとかサヨッキーが書いたものを読むと、どんな事件でも冤罪に思えてくるんだよね。
司法がきちんと検討した訴訟記録とかは、肝心なところが非公開だったりする罠。
もっとも裁判官はインカメラ方式できちんと見てるから...

刷り込みって悲しいよなー。

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 11:35
だって、学校の先生が「冤罪ですっ」って青筋立ててしゃべるんだもん。
子供には逆らえないって。
子供時代には反論も何もできないし、そんなもんかなー、くらいだし。

けど、これが大人になったら「冤罪」って、しっかり刷り込まれてるんだよね。

915 :898:02/07/23 11:44
912のつづき
5月4日からは狭山の特捜本部と所沢の臨時本部を往復することが多くなっ
た。4日朝所沢にて刑事部長による特別な訓示があった。
内容は被害者の早期発見と容疑者の情報収集についてであった、同時に警察
の信頼復活に努力を惜しまないようにとあったかもしれない。
4日午後狭山より一報あり、被害者が堀兼の通称吉田農道より発見されたと
の報告。4日夕刻には空には新聞社のセスナ機が飛び交い、各本部はテレビ
カメラや記者で混雑した。
4日20時くらいに所沢本部にて被害者発見時死亡の報告を受ける、細かい
検証は5日午後検死の結果を受けてからとなり。各班の捜査結果の発表があ
った。この日堀兼駐在所の巡査と面会かなう。追ってN課長より取り逃がし
時の詳細の報告を受ける。容疑者が自動車で現れるとの思いこみが人員配置
に穴を作った、とのことであった。

つづく


916 ::02/07/23 11:51
コワイ…

917 :898:02/07/23 12:44
915のつづき
5月5日朝特捜本部より重要容疑者が発表(計3人、この日より市民による
通報が増え出す)追って捜査方針が検討され実行に移される。
正午頃、浦和より検死結果到着(内容は告げられている通り)
続いて正午頃警察庁長官、引責辞任を発表。これは捜査員間でもかなりの
話題になる。
不審者の補導、尋問が始まる(当時は祠を住家にするような不良少年や乞食
は非常に多かった)
22時頃帰宅すると、親戚の巡査であるS・Sが泊まりに来ていた。被害者宅
周辺の警備を担当していたSに聞くと被害者宅は相当な豪農といった雰囲気
であるそうである、昔で言う間続きの屋敷で農機具や自動車なども充実して
おり、Sいわく裕福な農家が金目当てに狙われたとの説を論じた。

つづく

918 :488:02/07/23 13:27
「自転車を返し、脅迫状を戸口に差し込んで来い」とXから指示を受けていた
Qは母屋の裏手から様子を伺っていた。日は落ちてあたりは真っ暗である。
自転車のサドルにくくり付けられたざぶとんには濡れないようにビニールのカバーを
かけておいた。犯人が自転車に乗ってきたようにみせかけるためである。

そして7時20分すぎ、表門から善枝さんを捜しに出た長兄が車で帰って来た。
長兄が物置に車を止め、母屋に入るのを確認したQは裏手からまっすぐの位置に
ある物置に行き、ざぶとんにかけたビニールを取り、車の横に自転車を置いた。
そしてすばやく母屋に向かい、そっと脅迫状を差し入れて、一目散に裏手へ
走り去ったのである。

後述するが、Qは軍隊生活の経験者で、夜中に足音を立てずに行動する訓練と積み、
その実戦にも長けた人物と思われる。当時の年齢は40才台半ばから後半。
5月2日の夜(正確には3日の午前0時すぎ)、佐野屋に現れた人物でもある。

ここで今一度、脅迫状の文面をよく見て欲しい。
私は、この脅迫状のコピーを「狭山事件」を全く知らない若い女性を中心に
数十名の人々に見てもらって、誘拐されたのが高校生の自分の妹と仮定して、
その感想を聞いてみたことがある。
その結果、「妹はもうすでに殺されている。早く警察に届けないといけないと思う。」
との返事がほとんどであった。

そして「身代金を持って明日の午前0時に人通りのない場所に一人で行くか?」と尋ねると
「一人では行かない。警察が近くにいてくれれば考えるが、どっちにしても妹は
 もう殺されていると思う。
 私も車で来た犯人に跳ね飛ばされてお金だけ奪われそうで怖い」
との感想を抱いた人が多かった。

事件当日の家族(特に次姉)の思いも同じであったろう。
Xの考えた「悪の策略」はまんまと成功したのである。

919 :898:02/07/23 16:15
917のつづき
5月6日午前重要参考人が一名追加され四名とされ任意による聴取が始まるが、その
中の一名が特捜部の監視をのがれ自殺。
重要参考人の四名のうち三名はすべて被害者家族および親類からの聴取による参考人
であった、自殺した人物はその三名の中のひとりであった。
所沢署ではその内のひとり17歳の無職の少年を聴取、結果シロ。
この頃より市民情報(たれこみ)が日に百軒を超えるようになり厳選して捜査員を
派遣しても手が足らない状態となった。
機捜が日に3、4人引っ張ってくる為留置場が足らず川越、大宮その他まで留置
場を使用することとなる。全県を挙げての捜査という雰囲気となっていった。

1)終了。

次は2) 3)の謎について聞いたことを書きたいと思います。


920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 16:17
>>918
若いネーちゃんに見せて感想聞いてもあまり意味はないと思われるよ。
時代背景がまったく違うわけだからね。
当時の写真をみてもド田舎そのもの、婦人用の自転車に乗ってウロつくことは
かなり危険な行為である。
そして、あたりが暗いとはいえ、すりガラスの戸口に差し込むのはさらに危険である。
まして帰ってきたばかりの長男は戸口の方を向いて食事していたのだから。

なぜ犯人はこうまでして早く脅迫状をだしたのか?
たぶんこの時点では、被害者を殺してまだそのまま放置している状態である。
金目的なら、そのまま遺体を放置または雑木林に破棄してから脅迫状を届けるだろう。

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 20:26
で、犯人は誰?

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:35
核心に近づいているのか、まだ遠いのか……
とにかくどの人もどんどん頑張って先に進めてくれ。
ずっと読んでるから。

923 :531:02/07/24 00:07
核心に近づいていると思います。
私の場合初めから長兄主犯・OG従犯説でレスして来ましたが、
正直、もっと納得の出来る説がないものかと探しています。


924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 04:44
ageます

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 11:18
>>531
ぜんぜん近づいていないと。
やはり石川主犯でしょうね。
部落差別とか、陰謀捜査とか、偏見を持たずに真摯にみれば冤罪ではないよね...

926 :488:02/07/24 12:07
第3の謎である「佐野屋の夜」にいく前に、「狭山事件」に興味を示す人の多くが
一度は考える「長兄主犯説」を再検討してみたい。

実は事件発生直後から、犯人は善枝さんと顔見知りではないかとの推測はあり、
警察もその線の捜査を進めていたことも事実のようである。
脅迫状にしても、頭が切れる人物の偽装であるとする有識者も多かった。

だが、佐野屋での犯人取り逃がしと死体発見で世論の厳しい批判を浴びた警察に
あせりが生じ、顔見知りの者への捜査が進まないまま、結局無学な不良の犯行という
予断のもとに部落出身の若者である石川さん逮捕、そしてでっち上げ証拠による
起訴ということになったのは周知の通り。

ところが二審の段階で、石川さんが無実である証拠が次々と明るみになるにつれて、
中田家の特に長兄の不審な言動に疑惑の眼が向けられることになった。
著作にて初めて「長兄主犯」を唱えたのは亀井トム氏であるが、部落開放同盟も、
はっきりとは名指ししていないものの、同様の考えを持っていたようである。

「長兄主犯説」の一番の根拠になったのは、自宅に返された自転車の一件である。
長兄が軽貨物車で6時50分に自宅を出たとするならば、善枝さんを捜しにいったことを
口実にある場所に放置されてあった自転車を車に積み込み、帰宅して物置に駐車して
車の横に自転車を置き、母屋に入るときに戸口に脅迫状を差し入れたと考えると、
確かにすべてのつじつまが合う。

私も531さんと同じく以前は、亀井トム氏と荻原佑介氏のいう
「長兄主犯、共犯OG、IT両氏説」に傾いていた。
ところが、よくよく事件全体の「犯罪構造」を推理してみると、あの脅迫状を書き完全犯罪を
もくろんだ主犯Xの人物像は、事件当時26才の社会経験が浅い長兄とはとても思えず、
どうしても妹を殺さねばならなかった切羽詰った情況が彼にあったとは考えられないのである。

そして、あの「佐野屋の夜」に現われた共犯Qの人物像も、この3人の誰とも合致しないのである。

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 12:15
>>925
そう明言されるソースがあれば是非紹介して頂きたい。
自分的には
「石川氏が冤罪であるとすれば真犯人はいったい誰なのかを推論する場所」
としてこのスレッドを見ています。
前レスで紹介されていたソース以外で視点の違うものがあれば読んでみたいですね。



928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 13:41
>925
あなたの話を聞いていると単純な左翼アレルギーの煽りにしか見えない。
石川氏が有罪という根拠はなんですか?それがない事にはただの煽りとしか
受け取りようがない。

929 :555 :534・675:02/07/24 14:46
895の「狭山事件の真実は」の魑魅魍魎なる人物の推理
では、石川氏宅への2回の捜索にもかかわらず被害者の万年筆が発見されず、
3度目で万年筆が鴨居から発見される、という不自然な結果を
「しかし第1回目の家宅捜査後に石川一雄は一旦保釈されているので、
一度調べられたところの方が安全だろうという気持ちから、別な場所に
隠しておいた万年筆を鴨居に移した線が生じる。」と記述している。
事実は、保釈されたが門から釈放された直後、再逮捕されたわけで、万年筆を
隠すひまもなく、ごく初歩的な事実関係すらわからず勝手な推理をしています。
狭山事件ではこの手の基本的事実関係をまったく無視した妄想が一人歩き
してます。
ところで、898の「文系崩れの小僧」さんの身内からの捜査関係者
の話は、おそらく狭山事件に関して捜査関係者からの初めてといっていい重要な
証言でしょう。事件発生時からすでに複数の重要参考人が浮かび、なかでも
O・G氏が疑われているのがわかります。結婚を数日後にひかえた
独身男性、被害者の膣内からの精液と同じB型の血液型、三角関係を清算しようと
いう関係性でもっともなことです。複数の重要参考人のうちの一人は
H氏(訓読みではA氏)で、長年行方不明になっていたが、11年前、
自主制作映画(タイトル失念「狭山事件」か)で、たしか登場しているはずです。


930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 15:22
>H氏(訓読みではA氏)で、長年行方不明になっていたが、11年前、
>自主制作映画(タイトル失念「狭山事件」か)で、たしか登場しているはずです。
どういう人なのですか? なぜその映画に登場したのかな?





931 :531:02/07/24 15:22
>>925
申し訳ありませんが、石川主犯説には
またーく興味がありません。あぼ〜んということで。

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 16:08
狭山事件って何?何て読むの?

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 18:49
電波2chダヌル解雇オメ

934 :555 :534・675:02/07/24 20:21
○H氏(×訓読みではA氏)
当初、石川氏ふくめ3名が逮捕、そのうちの一人。
事件発生初期、手紙持ち運び・死体埋葬・死体にまとわりつく
複数の物証・等々から犯人は複数犯とみられていた。


935 :531:02/07/24 20:34
刑札がいろいろやってくれたので、
結果的には滅茶苦茶複数犯なんですよね!

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 23:43
>>488さんは一日1カキコと決めてるんでしょうか?
できればもっと書き込んでもらいたいです。

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:12
ここまでひと通り読んでひとつ興味があります。
読み過ごしていたらスマソ
被害者の本当の父親はどんな人物?
登場してないとこみると事件と関係ないのかもしれないけど
誕生日くらいは知っているよね。
N家の人間はこの人物を良く思ってないはずだよね?
本当の父親に妻子がいたとして、その妻子が隠し子(被害者)
のことを知っていたら被害者にジェラシーがあったかもしれんし

その辺がよくわからん

938 :531:02/07/25 00:32
>>937
私も知りたいです。
事件に関係があるとすれば、大変重要な人物
になり得ます・・・

939 :898:02/07/25 09:44
いままで伯父より聞いた話(テープ&メモ)をいったん文章で起こしてレスしていまし
たが、なんだか年表みたいで面白みがないのでテープからジカに口語式で注釈をいれ
ながらレスしようと思います。なお口述している物なので話しが前後していたり同
じ話しが出て着たりとまとまりがないかもしれませんがご容赦ください。

919のつづき(事件の謎)
919で自殺した人物というのは紛れもないO氏ですが、接点というのは意外な部分な
ようです。
「Oという人はな、聞くことはまずまずあったと思うが早い時点で毒を飲んじまった
だがな、毒を飲んだ時点では聞くことはあったが、ほぼノーマークだったよ。興味
を引くネタがづるづる出てきたのは、そうさな死んで3日位してからかな意外な人
が背後にいたんだ、これはそうそうに事件に関係なしと言ってしまってまずかった
なと思ったね」

919にある早期の重要参考人、その一人を取り調べたわけだが。
「俺達が調べたCだがな、ありゃ白だった。だけどね、Cの親分格Aは限りなく黒だ
と確信したよ。なにより度胸が据わっている。18の小僧の癖にね。大柄な捜査員
5、6人に恫喝されて顔色一つ代えやしない。惜しかった。一つでも何かでれば
すぐに逮捕だったよ、だけどね何も出ないんだ。背後関係しかね。目(目撃情報)
のひとつもあればね、拘留も伸ばせたのに」

当時の中田家について
「中田さんの所はね、事件当時はそりゃあS・Sの言ったとおり大農家だったよ、だ
けどねあれだけ裕福になったのは昭和も三十年代になってからだろうね。昔はさ、
土地もあるし小作もいたし、しかし金がドーン動くようになったのは三十年代に
なってからだね。どこに道路引くとかどこに宅地つくるとか。それと同時に栄作
さんは力付けて事件の前年には区長になるまでになった。それで面白くないのはさ
前の区長や取りまきだよ。区長てのは、今は農協とか助け合い組織あって便利だけ
ど昔はその土地の作物の取引は区長に裁量があった、俺は被害者の葬儀の時に長女
Kさんにツテを使って面談したんだ。ホンの5分くらいだったけど。Kさんは早々に
他所に出ていて今の家のことはわからないと言っていたけどヒントがあったんだ。
これはその時は気がつかなかったけどね、あとからアッと思ったよ」

つづく


940 :898:02/07/25 11:29
939のつづき
重要容疑者A,B,C、そしてBの逃走。
「Aがどうにもこうにも臭い、というのはさっきも言ったけど、拘留期限が来てAと
Bは一度出した、それでAは尻尾を出さなかったが、Bのほうがすぐに建築資材の盗難
に関して容疑が出て引っ張ろうということになった。しかしドロンしちまった。
結局数年か永久かわからないけど出てこなかったんじゃないかな。Bに関しちゃ実は
4月30日に車を運転しているところを見られている。A,B,Cの中で免許を持ってた
のはBだけ。まあ時代がおおらかだったんで無免で運転している奴は多かったけど、
とりあえず事件の前日車を転がしているのをBは見られている。Aを引っ張りたかった
けど肝心なBが姿を消したことでAにはますます手が届かなくなった、残念なことに
ね。」

脅迫状のこと
「取り逃がしのあった次の日だったか特捜部で堀兼の駐在と面談がとれた、で聞きた
い事は山とあったけど一番聞きたかったのはどう言う経路で脅迫状が届けられたか
だった。家族と親類の調書を取った捜査官と駐在とその他の捜査官が質疑したのだ
けど、足跡の事が大きく扱われた、駐在が狭山署の依頼を受けて中田家に行った時は
親類の捜索隊が大勢出入りしていて土間に足跡どころじゃなかったと言うんだ。で誰
がどの時点で脅迫状を見つけたかというとたぶん親類の誰かが見つけて中田のボン
(長兄)が開いて読んだというんだ。あとからでは誰が見つけたかわからない。たぶん
その場にいて10分後に誰が見つけたんだとやってもわからなかっただろう、と
いうのが駐在の意見だった。調書では中田の長兄が見つけたことになっていたと思う
(親父(栄作氏)の具合が悪く、私がその場で読んだ)となっていたのでイコール見つけ
たのも中田の長兄と調書では解釈してしまったのかもしれない、なので結局脅迫状は
土間の何処かにあったのは事実でそれ以外のことは曖昧になってしまったというのが
事実、ちょっと残念だがね。」

つづく

941 :898:02/07/25 12:26
940のつづき

佐野屋の件、同時にAらの素性。
「俺が思うに石川さんには申し訳ないがAと石川さんを比べたら十倍以上Aの方が
臭かった。佐野屋に現れたのもAだと確信している。証拠はずばり佐野屋から逃げ
果せたことが大きい。地図で書くとわかりやすいが佐野屋からAの自宅まで薬ケン
坂の雑木林を通れば奴なら8分で帰られる。石川さんでは包囲網から出るのも容易
ではなかったはずだ」
*佐野屋では声からして中年男との説が多いですが。
「声からは年齢を特定するのは難しいよ。大体男なら声変わりして五十の終わりまで
声質が変わらないということも珍しくない。高校生くらいに電話に出てお父さんと
間違えられたことがあるだろう?それと昭和四十四、五年大宮で郵便局に強盗が入った
ことがあって犯人は一人で覆面していたんだ。それで局員と客七人くらいは声から
して四十前後の男と証言していたんだがいざ捕まえたら二十歳の男だったということ
もあった。声紋でも取っていれば別だが印象に捕らわれると間違いやすいよ。」
「佐野屋は当時地域のための雑貨と食料品店という店で塩とタバコの公社の小さい
看板しか出していなかった、一見すると大きい民家に見える。その佐野屋を指名して
くるということは地の利に精通していることが想像されるのと佐野屋の位置、道路
状況が理想であったと考えられるね。もしかしたら最初は車で行くつもりだったの
かもしれない、しかし要所要所に追跡車両を隠したり捜査員を納屋に隠したりしてい
るのは地元民のAからしてみたら筒抜けだったろうね。それで裏を取って雑木林から
暗闇を利して佐野屋の横の畑まで行くことができたのだろうと思う」

つづく

942 :488:02/07/25 12:37
長兄が片親が違う善枝さんと仲が悪く、遺産相続の思惑もあって彼女に殺意を
抱いたとしよう。そして脅迫状の文面を考えて、「義展ちゃん事件」を真似て
営利誘拐事件に偽装した完全犯罪を計画したとしてみよう。

この計画を実行するには、最低一人か二人の「共犯者」がいなければ成り立たない
ことは自明であろう。
(ゆえに「犯人〜狭山事件より」という小説で「長兄単独犯行説」を展開した
 殿岡駿星氏の推理はかなり無理があると私は思う。)

さて、共犯者を誰にするか。
当時、誘拐殺人はおろか脅迫・強姦・死体遺棄まで加わった犯罪で有罪となれば、
まず死刑は免れない時代であった。
したがって、この計画の共犯となるには、主犯と同等の利害を共有する者で
なければならない。
そのような者が長兄の身近にいたとは思えないし、O・G氏を罠にはめて
手伝わせたとは、私にはとうてい思えないし、そこまでの度胸と肝の座った
実行力は、26才の農家の青年には備わっていないと思う。
無理にやれば必ずすぐボロを出したはずである。

O・Gの知人・友人・家族から聞いた彼の人物像は、気弱で人のいい田舎の青年である。
善枝さんと恋仲になることなど全く考えられないし、それを種に長兄が殺人事件の共犯に
引きずりこんだ可能性などゼロに等しいと思う。

そして養豚所のI・T氏になると長兄との接点などまるでなく、O・G氏以上に
共犯者としては不適格といえる。
粗暴なふるまいで知られる彼はアルコール依存症でもあり、O・G氏とは別の意味で
不安定な性格の持ち主である。

共犯がその他の人物と仮定しても、会計事務所に少し勤めた経験があるとはいえ、
彼と運命を共にして犯罪を引き受ける「人脈」が農家の26才の青年あったとは
どうしても考えられないのである。

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 13:12
単独じゃあ無理か。
もし誘拐金目当てが偽装なら、相当に綿密な殺害計画を練ったと思う。
そして、頭のイイ犯人が他人の仕業に見せ掛けるようにしたのも
単独犯だからともいえないか。
また脅迫状で複数犯を装おっているのも逆に単独犯だからじゃないのか。
ここまで用意周到な犯人が、自分には仲間がいるとは脅迫状に書かないと思う。
共犯者がいる場合、どうしてもボロが出やすい。
殺害 → 偽装工作というのは、自分に目が向けられないようにするために
行なうと考えれば、やはり被害者の身近なものの犯行と言える。

944 :898:02/07/25 13:38
941のつづき
*危険を侵してまで佐野屋にくる理由はやはりお金ですか?
「いや、金ではない。一種の虚栄心だろうね。俺はこれだけ出切ると親分に
アピールする意味もあったろうて。しかし危ない橋には違いない、だけど
逃げ切れる自信は10割あって実行したと思うよ。佐野屋からAの家までの
経路をいろいろ復習してみると危ないのは1箇所どこで道路を横切るか、く
らいであったよ。恐らく入間川線まで出て道を横切って家に逃げ込んだ。こ
れが最も早くて交差点などにポイントを置いていた捜査陣に一度もはち合わ
ず家に帰れる。
*親分とは?
まあ後で説明するがUという議員だよ。ちょうどAの逃走経路に薬ケン坂が
出てくるので言うけど薬ケン坂で怪しい人間を見て、それを証言後自殺した
田中某はUの子飼いの人物だったよ。
*よく目撃者は自殺他殺問われ亀井氏などは他殺と解きますが?
ます゛頑張って7割は他殺だろうと思っている、今も昔もね。実感したのは
検死書を取ってみた時だね。大体自分で心臓を刺す時刃を立てには刺さない、
横にするのが手首が返らず力が入って刺しやすい。それに戦中派はね。当時
米軍が本土にきて陵辱されるよりは死を選べって時が合ったのよ。その当時
のことを知っている人は刺し方を知っているんだ。本当は青酸ソーダでも
あればかなり楽だけど、そこらにある物でもない、そこで何処にでもある
包丁で心臓をこう、サクッと刺すと薬の次に楽に逝けると聞いたもんさ。
その時刃は縦にしてはいけない、横にして肋骨を避けてミゾオチより一握り
上の少し左を刺すのさ、そうすると苦しまずに死ねる。縦に刺すとね肋骨に
当たったりしてうまく行かずに苦しむ、戦中派なら知っていることだ。む
ろん田中氏もね。しかし刃の跡は縦だった、こりゃ殺しの線もありだなと
思った。問題なのは奥さんがすぐ見つけたことだね。ただしUから奥さんに
何かのアプローチがあれば別になるけども。」

つづく

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 16:24
すげえ

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 16:43
>>898
激しくおもしろい!
書き込み大変だろうけどよろしく。

947 :898:02/07/25 16:47
944のつづき
*では田中某さんは殺されたとしたら何故ですか。
「田中は薬研坂で怪しい男たちが、それもよそ者風で何か重たい物を抱えていたの
を見た、と出頭してきた。当時重要容疑者は100名にも上がっていたがこれと言って
成果はなかった、一部はスコップの土を調べたり一部は前述のAやBの足取りを調べ
たり、そんな壁に当たりかけているところに怪しい男たちの証言は普通に考えてどう
写る? 捜査のかく乱と思えはしないか?まず実際そういった男たちを本当に見たと
しても、その出頭者がどう言った人物かは調べなければならない。で出た結果がUと
言うわけだ。もう言わなければならんけどUは中田栄作さんと対立している元区長の
Oとは懇意にしている、確か姻戚関係があったのではないかな。それでUやOは否定
するだろうがAやBなどの愚連隊を都合のよいように使っている。
今の時代では信じられないだろうけどA、Bやその仲間のような奴らは利用する側に
してみたら良く働く、ライバル会社の工事を妨害したり、恐喝したり、捕まること
がまるっきり怖くないんだ。で特捜部としては田中さんにはかなり揺さぶりを掛け
た。しかし掛けすぎたのかも知れない、Uらにしてもかく乱するつもりが田中が
かなりおびえながら帰って来たらどういった対応をとるだろうか。少し予想が入っ
ているけどもどう転んでも田中さんにしては不幸なことだったと思います」

つづく

948 :488:02/07/25 21:25
さて「佐野屋の夜」の謎である。
この夜の犯人取り逃がしにより、あせった警察が犯人の思うつぼに嵌ってしまったことは
すでに述べた。そこで私は思うのであるが、身代金目的の誘拐が偽装として、間違いなく
警察が張り込んでいる場所へのこのこ出かけていく計画などする人間は、いるはずがないと思う。
捕まれば一巻の終わり、絞首台行きである。

「金を取りに来たが警察が張り込んでいたので引き返した。娘は殺す。」という電話を
かければすむ話だ。
それなのに犯人(共犯Q)はやって来た。なぜか。

私はここに共犯Qの「正体」をみるのである。
「狭山事件」の主犯Aの「犯行動機」はすでに述べた。
綿密な計画を練ったのも、脅迫状を書いたのもおそらくインテリのAであったろう。
善枝さんを手にかけて殺害した張本人も多分Aに違いない。
Qはその事後処理(脅迫状と自転車の「配達」、死体と証拠品埋没など)を担当したと思われる。

その中でもっとも重要な「役割」は5月3日午前0時の「佐野屋行き」であった。
そしてこの夜の一件はXの考えによるものではなく、Qの強い「要望」によってなされた
計画だと思うのである。
もっといえばQはXから依頼を受けてこの犯罪への共犯になることを承知するとき、
身代金を取りに来たと見せかけて逃走するという非常に危険な計画を提案し、
強く反対するXに対し、これをやることを共犯になる条件として挙げたのではないか
とさえ思われるのである。

そう、Qにとってはこの「佐野屋の夜」を成功させること、そこに「動機」があった。
そして、Qにとってはそれを成し遂げることに100%の自信があったのである。

949 :531:02/07/25 22:57
m(・Д・)m
もう、このスレから目が離せません。

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 23:15
おもしろすぎる。偶然見つけて毎日見てるよこのスレ。
みんながんがれ! 531サソもね!

951 :531:02/07/26 00:47
>950さん
ありがとうございます。
私には特に新しいネタもありませんので、
488さん、898さんのレスに注目!って感じです。
それにしましてもスゴイ事件です。
刑札の悪口ならまかせて下さい。w

952 :ななし:02/07/26 01:39
並行進行している488さん、898さんのレスが「佐野屋」で
合流してきたような感じで鳥肌たってます。

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 08:24
最初から見てたけどここに来てすごい展開になってきましたね。
898さんの登場は大きいです。
大変でしょうけど頑張って続けてください。
488さんの20年以上の調査にも脱帽。
今後が楽しみです。
531さん、私もあなたとほぼ同じ見解でした。
刑冊に恨みはないですけどw



954 :898:02/07/26 09:58
947のつづき
被害者中田家とA、そして元区長のO
「事件から10日経った頃、俺達の班の班長であったT警部は俺達のいわゆる怨恨
説班としての捜査を支持してくれたよ、それで地域的な背景、地元への捜査を人員
をこれまでより割いて行うことになった。まあ他の線も行き詰まっておったからね
。調べる内にネタは沸くように出てきたよ。地区に投入される金の動きに驚いたね
。河川整備事業、上下水道整備事業、宅地造成事業、道路計画による保証金などな
ど、どれがどの地主どのように働いているかも一目瞭然であった。
時代はもう戦後を過ぎて大きく膨張を続けざる時期に来ていたんだ、オリンピック
に新幹線、高速道路、日本中に大金持ちが溢れだしておった。しかしねホンの10
年前にはみんな慎ましやかな生活をしておったんだよ。中田の川辺りの土地の横に
はAの親父の土地が合った。水害で川が溢れたりしたら皆して力合わせて土手を直
したりしていた、むろん元区長のOらもね。それが金が人間を狂わせ始めたのかも
しれない。俺達はひとつの事業に目を付けたよ、事業主が中田栄作さんの土地にか
かる事業の選定にOが取り入っていたというものだった。
Oは家族経営でちょっとした規模の土建会社を持っていた、その役員はかねてから
出てくるUだ。この件を洗っていくと意外な人物が出てきた、井戸に身を投げたO
なんだ。」

つづく

955 :531:02/07/26 12:54
やはり、金二十万円のウラには
巨大なカネズルが横たわっていたのか。
まさか、この金脈に当局まで絡んでいたなんたことは・・・?
'Д'>>ガクガクブルブル!!!

956 :898:02/07/26 12:56
954のつづき
「元区長のOはそれ以前に栄作さんに農業技術会の役員の件で蹴られたことがある、
それで双方の溝は深まったのだけど今度の事業だけは逃すことはできなかった、
なにかプランがあったんじゃないかなOの頭には。それでそのアプローチ以前か以後
かわからんが元作男のOがあるネタ、中田の家を揺さぶるネタを持って登場したと
考えられる。最初は小遣い稼ぎ程度に元作男のOも考えていたかも知れないが、交渉
役として使われるようになって後悔し始めたんじゃないかな。死ぬ1ヶ月前くらい
から大変な事になったと家族や同僚に繰り返している。
おそらく元区長のOやUの圧力は凄かったんじゃないかな、事件後元作男のOはUらの
本当の怖さを知ったことになった。Oの神経は一杯一杯だったと思うよ。
それでどうにも首を縦に振らない栄作さんにUや元区長のOはゆするネタをそのまま
に娘に手を掛けたんじゃないかと思う。Aを使ってね。
俺はAを見て最初から殺す目的でさらったのでは無いと思っている、顔見知りだしね、
一日二日連れ出して家に心配を掛けさせる、言ってみれば揺さぶりを掛けるのが目的
だと思うよ。揺さぶるのが目的だから事前に脅し文句もあったかもしれない。
そう考えると居なくなった時の家の対応の早さもわかる。居なくなった時点で助か
らないと捜査陣に漏らしたこともうなずける。
それで我々は西武園を早い時期で捜索したんだ、最初に誘拐ありきなら捜索は少し
先になるからな」

つづく

957 :不老川:02/07/26 13:01
2ちゃんねるに来て数ヶ月が経ちます。その中でさまざまな板で虚実取り混ぜた
情報を目にしてきましたが、898さんのレスほど衝撃を受けたものはありません。
私だけでなく狭山事件に関心のある人ならみな同じでしょう。
複雑にこんがらがった糸がすっと解けたような気持ちです。何しろ狭山事件を担当した
当事者にしか窺い知れない事実ばかりなのですから。重要参考人のA,Bのバックにいた
人間が被害者の父との利権をめぐる確執、Aのサノヤでの逃走劇、薬けん坂で怪しい連
中の目撃者がAの親分の子飼いの人物だった事、又その目撃者の自殺の不自然さ、など
かなりなぞが解明されてきたように思えます。一つ疑問だったA,Bと被害者の関係も
中田氏の土地をめぐる事業の話の流れにO,G氏の名が出てきた事でわかったような気が
します。>954の続きが待ちどうしい。






958 :不老川:02/07/26 13:04
と思ったら早速続きのレスが・・・・
早く読まねば!

959 :898:02/07/26 15:01
956のつづき
* それだけ事象があって被害者の家族はなぜ訴え出なかったのでしょうか?
「それがこの事件の一番大きなポイントなんだよな。肝心なことに踏みこむと中田
の家族はだんまりするんだ。一度班長と家を尋ねたことがある。すると親父は具合
が悪くて息子(健治氏)が出てきたけど、事前にゆすり、脅しがなかったか?と聞い
ても(そういった事実はありません)と言うんだ。そのあともう一度行ったが同じ
だったよ。これは、もうOの持っていたネタ、中田の家の秘密が外に出ることが
一番恐れていることなんだと確信したよ」

5月18日特捜部を離れる事に。
「Oの持っていた秘密についてね、確認することがあったので同じ班のTとKが川越筋
にでかけた、その帰りに狭山の駅を出たところで特捜部の狭山署の捜査員G警部補と
かちあった。俺はその場に居なかったので聞いた話だけどAやUの話しになったらし
い。でGはいつまでもその線を追っても何も出ませんよ、と言ったらしい。なかば
凄みさえしたそうなんだ、あとで何となくわかったんだけどね、その日18日に刑
事部長から捜査員の削減と捜査本部の縮小の発表があった。特に所沢組みは初期か
らの捜査員5名以外は全て外されることになった。もちろん俺もね。それで次の日
県警からの捜査員Hに引継ぎをした、Hは非常に有能な捜査員で安心して引継ぎでき
た。それで所沢に戻ってまた通常勤務に戻ったんだけど次の日だったかなHから
電話があって石川一本で行くことになりましたって、残念だったね。すでに部外
者であったことがね。T警部に電話したんだけど何も出ないのだから仕方ない、と
残念そうだった」

つづく


960 :488:02/07/26 15:58
佐野屋の横の茶畑に現れたQは、まず「おーい、おーい。来てんのか」と
次姉に呼びかけた。そして次姉が「来てますよ」と答えると、
「サツに言ったな。そこに二人いるじゃねえか」と彼女をなじった。
このひとことは、実に効果的であった。

身代金を取りに来た犯人は、そこに着いてすぐに警察が張り込んでいる事を
なんと早くも見破ったというのである。
警察官たちはぎょっとしたに違いない。それが犯人のはったりなのか本当に
自分たちの姿を見られたのかは分からないが、次に犯人がどう出るか、
彼らは息を潜めて立ちすくむしかなかったのである。

このひとことがなければ、警官たちはおそらくQが一言二言話したあとすぐに
飛び出したと思う。それが出来なかった。張込みを見破ったのにすぐに立ち去らず
平然と次姉と会話を続ける犯人の真意を計りかねたのである。

Qは軍隊で夜戦訓練を積み、夜間行軍と高度な謀略戦術に長けた人物であった。
まず敵の機先を制して主導権を握るという軍隊の常套戦術を用いたのである。
しかし、いかにそれを理解していても実際に実行するとなると相当な経験を
必要とする。Qはその「セオリー」を実に落ち着いてやり遂げている。

Qが軍隊経験のある中年男と私が推理するゆえんである。
二十歳そこらのチンピラが出来ることでは決してない。
さらにQはぽつりぽつりと間を空けて話しかける事で、最後の言葉から警官たちが
飛び出すまでの「時間稼ぎ」をし、暗闇でもよく見ることが出来る両眼を見開き、
勝手知ったる地元の畑の中を得意の脚力で走り去ったのである。

Qが考えた策略はものの見事に成功し、埼玉県警に痛烈な打撃を与えるという
彼の「願い」は達成された。この「佐野屋の夜」さえなければ、警察は捜査をじっくりと
行ない、あるいはXは逮捕されたかもしれない。
こう見ると、「狭山事件」は「佐野屋事件」であったといえるだろう。

ところがこの「佐野屋の夜」で、Qにとっては一つだけ「誤算」があった。

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 16:45
>>959
ガ━━Σ(゚д゚lll)━━ン!!


もうだめぽ

962 :少時様:02/07/26 18:13
刑札 = コワイ

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 18:15
occult:オカルト[スレッド削除]
http://qb.2ch.net/test/read.cgi/saku/1027402088/

occult:オカルト[レス削除]
http://qb.2ch.net/test/read.cgi/saku/1027074258/

964 :とりあえず次スレでは皆様:02/07/26 18:16
               ∧____∧     //
               |━ ━|     //
              ( ´ 3`.)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ⊂13  ̄つ  <  煽りはスル〜
               y  人   // \_______
              (___)__),//
                   //
                (煽り))

 でお願いします

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 18:18
次スレ立てる人は「覚悟」を決めて立ててください。
情報が漏れますよ。

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 18:36
               ∧____∧     //
               |━ ━|     //
              ( ´ 3`.)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ⊂13  ̄つ  < 現スレでも煽りはスル〜
               y  人   // \_______
              (___)__),//
                   //
                (煽り))

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 18:51
なんか、ほんの数週間前まで中田長兄が犯人に間違い無し、と
思ってましたがここの所のレスで中田長兄は時代と地域の大きな
動きの中の犠牲者という感じがしてきました。
    

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 19:38
このスレ本にして出版したいほど面白いです。
この先も楽しみにしてます。

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 20:56
898さんが、伯父さんから聞き取ったことを口述形式にしたのがよかった。
なんか、臨場感がでてきて、ドラマティック。
長文書き続けるのは大変ですが、頑張ってください。
488さんの執念こもる推理も手に汗にぎる展開です。
すごいですねー、ほんとに誰かにまとめてもらって本にするか、
せめてサイトに保存する価値はあると思います。

970 :531:02/07/26 22:50
名スレの予感・・・というか、
もう名スレだと思ってますけど、何か?
「2ちゃんねる大攻略マガジソ」に全部載っけてもらいたいですね!

私もこれまで、事件の本は読みまくりました。
狭山にも行きました。電話もしました。
そして、今更ながらのこのスレだったわけですが、
私の中の「狭山事件」が生き返りました。

971 :1だけど:02/07/27 00:22
新スレ立ててもイイかい?

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 00:32
1さんよろしく〜。

973 :マチガヘタ、スマソ逝ってくる:02/07/27 00:48
立てますタ

「底知れぬ暗黒、狭山事件2nd」
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1027698303/

974 :898:02/07/27 10:30
959つづき
被害者の家の秘密に付いて
「中田の家の秘密にしたいことなんだけど俺達が調べたことが全貌だったのか一部
だったのか実は整理がついていない。最初は見当もつかなかった。栄作さんの兄弟
なんかにかなり取り入っている捜査員などに頼んでも何も出なかった。だけど思い
出したんだ、長女のKさんの言葉を。それで川越方面を中心に調べてみたらポッと
出たんだ、被害者達のお母さんのことだった。健治さんにさぐりを入れた時に外殻
の部分を言って見たんだけど否定されたよ、当然だわな」
「お姉さんが言ったことはヒントになっただけだったよ、お母さんのことでもひど
い事なのに何故善枝がこんなことに、て言われたと思う。恐らくこのことが白日の
元に出れば良くても栄作さんは今の地位を追われ悪くて土地を後にしなきゃならな
いかもしれん。土地にとどまっても今までの生活は無理だろうからね」
「事件のあと、もしかしたら栄作さんとUの間で手打ちがあったかもしれない、もう
これ以上踏みこまないということでね。それは暗黙のうちであったかもしれんし、誰
か間に入ったかもしれない。だけど耐えられんよ普通の人間には。犠牲になったのは
お姉ちゃんじゃないかな(次姉)、丸い顔した愛嬌のある子だった、あの子には耐えら
れない、事実が全て伝わったらね」

皆さんたどたどしいレス読んでいただいてありがとうございます。
もうお気付きと思いますが勤め先でレスしてますので次が少し先になります。
次はAのことが少しとマトメとなります。次スレで書きこめたらと思います。

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 11:24
  ∧_∧
 (=゚ω゚)イョウ


976 :531:02/07/27 11:50
狭山事件は母の死から始まっていた〜
という私の思いが、現実味をおびてきたのでしょうか?

898さん、無理せずゆっくりで結構ですよ。

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 22:07
狭山事件
http://www.google.com/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%8B%AD%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 03:05
あげます

979 :898:02/07/29 09:54
974のつづき
「さっきも言ったけどAもBもあるいはOにしてもUにしても娘を殺すつもりで連れだ
したとは思わないし思いたくない。いくらUが心底極道でもそうは思いたくないよ。
一晩くらいかな連れ出して栄作さんらにたっぷり冷や汗かかせりゃ良いくらいに
考えていたと思う。なので連れ出す以前に娘には気おつけろよ、くらいは言ってた
かもしれない。だけども実行犯であるAは娘さんをあやめてしまった。予想以上に
手がかかったか、逆にたしなめられてかっとしたのかもしれない」
「それで泡くってUに連絡したと思う、Uは裏の仕事に精通しているO(Oが多くて迷
いますが、このOは実質Uが経営している飲食店の経営者で893です、ちなみにAとB
の5月1日のアリバイはOの飲食店(キャバレー)の改装の手伝いをしていたことにな
っている)に指示して事件の隠匿、あるいは偽装を敢行したんだと思う。それが
脅迫状であり誘拐事件と言うことと思う」
「あの脅迫状は娘が居なくなったのは脅しの方向ではなく誘拐事件ですよ、と行為
をぼやかす意味と時間稼ぎが目的と思う。5月1日に誘拐しておいて5月3日の未明に
金持って来い、というのは時間が空きすぎる。当然それはUらが自分達に塁が及ぶ
のを避けるためにAとBにも十分なアリバイを作るための時間稼ぎであったと思う。
警察としても誘拐事件ならば脅迫状の取引時間まで相手の出方を待たねばならない
、なのであの脅迫状で重要だったのは3日の午前0時まで興味を引きつけておくこ
と、その間に実行犯はその後に容疑が及んでも大丈夫なようにアリバイをしっかり
作っておくことが大事だったと思う」
「あの脅迫状はいろいろ脚色されているとは思う、特に思慮の無い者が20万ぽっち
の金欲しさに子供をさらったと方向付けしているが、金の引き渡しがさきすぎる、
思慮の無い者の仕業とするなら当日の夜でも良いし、二日の朝方でも良い、金は早
く欲しいとなるだろう、だけど脅迫状の犯人はのんびりしているね、時間を稼ぎ
たかったんではないかな」

つづく

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 10:07
898さん、お疲れ様です!
待ってましった!!

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 10:07
そろそろ 1 0 0 0 ですか

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 10:08
1000

983 :898:02/07/29 13:24
979のつづき
「アリバイの偽装にそんなに時間がかかるかというとかかるんだ。詰めのあまい偽の
アリバイほど崩しやすい。AとBのものに関してはほぼ完璧だった。O(飲食店)の書いた
筋書きとおもうけどね。あそこで崩せなかったのが惜しい、何度思いかいしてもね」

「石川さんがやってないとしたら、それはそう大変なことだとおもう。だけど石川
さんはもう刑期を追えて市井の人として無実を訴えている、それは立派と思うよ。
再審は難しいではないかな。真犯人が名乗りでもしない限りはね、無実の証拠を
積み上げても今になっては、どうかな。時間が経ちすぎている。未公開の証拠と
いっても大した物は無いと思うよ、特に真犯人を判断する材料はね」 終わり

長々とお伝えしてまいりましたが最終回となりました。伯父は特に司法の側にいた
者として何かにつけ「石川さんがやっていないとしたら」を前提に話しをしてくれ
ました。なので僕達の感覚では石川さんは99%やってないだろ、というところが
伯父の感覚では未だに50%くらいはやっていないのでは、とややづれがあります。
しかし石川さんはすでに刑期を終えた人という最後の文の通りの認識の上で、で
は石川さんがやってないとしたらどうか、ということを当時の消え立った捜査を
もとに考察してもらいました、当初は僕の推理と全然違う方向に話しが進んでし
まい、どうかなーと思ったりしました、しかし他の方のレスで少しは読み応えが
ありそうと思われましたので何とか最後まで進められました、ありがとうござい
ました。




984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 14:39
>>983
まずは、お疲れ様でした。
警察関係者の方の貴重な話が聞けて、とても良かったです。
想像もしなかった展開ですが納得のいく話で、全身に鳥肌が立ってます。
書き込んでいただき、ありがとうございました。

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 20:24
>>898
よかったよ。ご苦労様。
今度は、あなたの推理もレス待ってるよ。

986 :531:02/07/29 21:45
>>898さん
大変お疲れ様でした。
貴重なお話をありがとうございました。
現場での警察官の心の内がよく伝わってきました。
参考になりました。

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 13:58
被害者の母親の件って、何のこと?

988 :531:02/07/30 18:55
>987
648・652・663 あたりのレスを読んで下さい。
(648は私のレスです。)

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:30
1000取り合戦逝くぞ!(゚Д゚)ゴルァ!!

990 : :02/07/30 20:33
2

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:34
10000000000000000。

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:35
1000


993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:41
千点!

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:42


995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:43
1000いったか?

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:44
狭山千点奪取事件

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:45
せん

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:46
これで1000

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:47
寸止め

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:47
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1002 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

405 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)