5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◇◆オカルトな作品を募集します◆◇

1 :1:02/06/28 13:51
オカルトな題材を使って何か作品を書いて下さい。
小説、エッセイ、詩、自分の体験を小説風に....
何でもかまいません。意見、感想も色々書いて下さい。
投稿作品にはわたくし1の独断と偏見にて5段階の評価をつけさせて頂きます。
A:たいへんよくできました
B:よくできました
C:ふつうです
D:がんばりましょう
E:【喝】

なお、最優秀の作品を皆で論議し、その投稿者には何か称号を与えます。
(別の板で外出の作品、他人の作品をうpする際は、その旨お知らせ下さい)


668 : :02/10/25 21:31
***11092114
誰か話そう

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 21:33
>>668
通報しますた

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 22:27
      ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  処女ageるよ
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""  |||||||||処女ageるよ
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"     |'" ̄| ホントのちんこ 見せてくれたら
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / 処女ageるよ
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/ 処女ageるよ
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \トキメク亀頭に キラキラ光った
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_精子をageるよ
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─



671 ::02/10/28 22:32
>667 名前:コワヒィ さん
久しぶりの投稿有難うございます。
日ごろから「好き」→「殺す」に何故至るかと不思議に思っていました。
常人にはわからないからこそ不気味なのかもしれないですね。C°

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 23:55
>>670
ズレてる。d。

673 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/10/29 22:53
>>671
正直即興で書いてここまでもらえるとオモワナカタヨ

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 23:40
何で好きだと殺すの?
もう喋れないじゃん。

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 23:42
神と仲直りしる!

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/01 22:44
age

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/02 19:37
初めて来ました。つい全部読んでしまった。
倉橋由美子の世界に近いものがあるね。
全てが終わってから、ゆっくりと近づいてくる恐怖。

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/04 18:39
彼は、人の恋愛のことを占うのに、彼女はいてないみたいなのだ。
彼にとっては、学校のつまらない授業より、占術を研究するほうがおもしろいようである。
彼が一番驚いたことは、何?とたずねてみると、
クラブの合宿の時、後輩の女の子2人が女湯がいっぱいだから、
男湯に先に入ってもいいと聞かれ、いいよ。と言ったら、
うれしそうに後輩2人がフロにはいり、女性2人がでていったあと、湯につかった
そうだ。その後で夕食に時間になって2人のうち1方の女の子を見たら、
なーんか温泉美人みたいでほれたと言っていた。
阿部清晴顔まけの陰陽の術も、後輩の大胆な行動にはきかないらしい。


679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 23:26


680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 01:34


681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 01:36


682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 01:46
目に虫が入ったので、指先でとろうとしたら
目に激痛が走ったので鏡でみたら、へんな
虫の足が白目の部分に突き刺さっていました。
今だ右目に跡が残ってます。

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 01:11


684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 01:35
ほしゅ

685 ::02/11/16 12:34
えーと、678さんと682さんの話にはどうコメントしたらいいんでしょう?

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 13:54
つーか、もう投稿も無いようだし
>なお、最優秀の作品を皆で論議し、その投稿者には何か称号を与えます。
これを検討してもいいんじゃないの?

687 :私の作品です ◆c0xf7D8Z0I :02/11/16 14:38
別の板で外出の作品です。
題「新人類が救世主」
物質は物質であろうとする意思がある。
例えば鉄は極小な球状から形成されている。
その球状の物質には意思があり凄く素直である。
人間が曲がれと思えば曲がるし折れろと思えば折れる。
スプーン曲げをする超能力者が良い例である。
つまり意思の力次第で物質は形を変えるのである。
想像力つまり右脳が進化すれば意思疎通が可能になる。
そうするとコミュニケーションの仕方も随分と変わってくる。
口から声を発せずとも思っていることを伝えることができる。
これは長年連れ添っている夫婦なら感じたことがあるだろう。
宇宙上地球上の全ての物質とて同じこと。
この能力を使えば世界中を平和にすることも夢じゃない。
たとえば核ミサイルの材質に心で話し消滅してと思えば消える。
材質の意思が人間の思いを受け入れ自ら霧状に粉砕して消える。
ただ現段階の人間の右脳は10%も使っていないから無理がある。
常識や限界を感じ思った時点で右脳は進化しなくなる。
もっとも想像力を司る右脳が進化すれば話は別である。
そして右脳が進化した新人類こそ世界を救う救世主であろう。
想像力は知識よりも重要であるとアインシュタインは言った。
科学的に証明できないことの可能性を知識で否定するのは間違い。
人はもっと自由に自分の心に従って物事を感じることが大切だ。
このままだと世界は猛烈な憎しみの渦に巻き込まれることだろう。
今こそ思うことは力だということを証明する必要がある。
全ては確信して取り組むことが即ち世界を救うカギだと思った。

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 14:42
>>687
それ逆のほうに使っちゃう人だっているわけじゃん、恐いじゃん。

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 15:36
>>686
まずは、その"称号"から決めないとな。

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 15:55
というわけだから>>1

ガンガってくれ

691 ::02/11/17 02:07
>689さん
「達人(アデプト)」というのはどうですか?
魔術用語ですが・・・

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 09:24
称号は>>1にドンドン決めてもらって
審査はみんなでやりましょう

693 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/17 14:47
●このレポートは第七病棟の患者の経過、
及び「伝染症」の進行の様子を捉えた日記である。
この内容はすべて真実であり、また重要な資料となりうる物である。

「観察初日」
○月×日 水曜日 天候(雨)

嫌な雨だ、肌に張り付くような嫌な雨。
こんな雨の日が「あの」患者の観察初日だなんて・・・。

そもそもこの観察の担当者決めも強引なものだった。
誰もがこの観察を拒んだ、全員に拒否権があった。
暗黙の了解。誰もが知っている事。噂。症例。
要は誰もが「あの」患者に恐怖を感じ、この観察を拒否したのである。
「あの」伝染症を・・・。

しかしこの調査は政府直々の命令でもあり
つぶれる寸前のこの研究所にして見れば、
政府の援助を受けれる少ないチャンスだったのである。

「拒否をするのは自由だ、他の研究所に任せればいい。君達がそれでいいのならば」

この後相談の結果多数決によって担当者が任命される事になった。
そうなってしまえば後は一番年配で経験の豊富な者が票を集める。
コレも一種の暗黙の了解だろう。
結局私が観察者に任命(半強制的に)される事となった。







694 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/17 14:50
即興で書いた。
正直スレ汚しにナリカネナイカモ・・・
迷惑だったらスマソ

しかし見直すと変なとこがありすぎ、鬱

695 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/17 14:51
sage忘れ、ますます鬱・・・
とりあえず逝ってきま〜す

696 :伝染(仮) ◆CHwaratayo :02/11/19 22:24
「前回の続きです」

697 :「伝染(仮)」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/19 22:49
「観察3日目」
○月×日 金曜日 天候(曇り)

正直肩透かしを喰らってしまった。
例の患者はまったく異常なし、むしろ元気なのだ。
まるで普通の人間かのように・・・。

藤代マユミ。コレが患者の名前、本名である。
年齢は25歳、前は普通のOLだったらしい。
髪はロング、目はパッチリとした二重、鼻筋がとおっており、
体型はほっそりしている、要するに「美人」という部類に入るであろう。

そんな彼女がどういう経緯で伝染症が発症したか、などの詳しい事は解らない。
ただ、「こいつは伝染症の発症者だ」と言われてここにきただけ。
そう、ただそれだけ・・・。

未だマユミと話す事は許されていない。
まだ「観察」段階故、私に見られていることも知らない。
一応予定では明後日。日曜日に初めて接触する事になっている。
私は心のどこかでその日を楽しみにしているのかもしれない。
何故か解らない、ただ心の奥深くにあるそんな感情が、
「私を強く急かすのだ」



えぇ〜即興なので終了予定はよく考えていませんが
後4〜5回位で終わらせる予定です。
あぁ、話の終わりどうしよっかなぁ・・・


698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 05:00
続きキボンヌage

699 :「伝染(仮)」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/22 21:13
「観察5日目」
○月×日 日曜日 天候(晴れ)

夢を見る。
怖い夢。
恐ろしい夢。
決して見たくは無い。
夢を見た。

私の後ろに女がいる。
何故後ろにいるのに見えるのか?
予感?本能?そんな物ではない。
女は動き出した。
私に向かって、ゆっくりと・・・。
私は動かない。動けない。動きたい。
汗が止まらない、夢なのに。
女はすぐ後ろにいる。
ゆっくり女が首に手をかけてきた。
力を入れてきた、女性とは思えないチカラ。
顔が紅潮してくる、息が出来ない・・・。
まだ夢は覚めない。
何とかして女の顔を見ようとする。
見えた。見てしまった。

オンナハマユミダッタ




700 :「伝染(仮)」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/22 21:58
「観察6日目」
○月×日 月曜日 天候(曇り)

さて、先ほど書いたのは私が見た夢。
深夜うなされて起き、この夢の内容を綴った。
マユミと会った後だった。夢とは思えぬ夢。
何故マユミが出てくるのか、私は本当はわかっていた。
何故出てくるのか・・・。

今日私は初めてマユミと対面した、コレは先ほど言った。
面会の内容は、私が言う質問をマユミが答えるだけだ。
しかしマユミは喋らないのだ。ただ首を振るだけ、しかも私を見ていない。
私としてもやりにくかった。
淡々とこのような状況が続き、30分ほどたった頃だろうか。
そろそろ私も疲れてきて、切り上げようとして立った時。
ふいにマユミが口を開いた。




701 :「伝染(仮)」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/22 21:59
「男を殺した」
戦慄の一言、一瞬で空気を変えた。
「首を絞めたのです、この手で」
口元をニヤニヤさせ。目は私を見ていない。
「怖かったから、殺したの」
気付くのが遅すぎた、こいつは狂ってる。
ただ狂っている故、この話が本当だかどうかもわからない。
私はもう一度席に座り、未だ何かをつぶやいてるマユミの声に耳をすました。
「フフ、そう。死んだのよ、もう、夢は見ない、フフ」
そしてマユミは笑い続けた。何分笑っていただろうか。
マユミの顔が変わり、今始めて私の存在に気付いたかのように
こう言った。
「後はお前に伝染すだけ」
こうしてまた笑い始めた。
滝水に打たれた。私は部屋を出た、廊下を走った、走りつづけた。
頭の中には走馬灯のように
「後はお前に伝染すだけ」
ソレだけが回る。

コレが私とマユミの初対面だった。
そしてその後あの夢を見た。
私は既に蝕まれ始めているのだろうか?
誰か、教えて欲しい。
この私に・・・。



702 :「伝染(仮)」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/22 22:09
大分話が固まってきました
しかしオチがバレバレという罠(;´Д`)
期待しないで待っててください。


703 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/22 22:10
大分話が固まりました
しかしオチがバレバレな罠(;´Д`)
期待しないで待っててください

704 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/22 22:12
ヤバイ。疲れてる。
2重カキコ&sage忘れスマソ
ホント逝ってきます・・・

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 00:51
続きまだ?

706 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/25 18:35
ちょっとマジメに試験前なので今日は無理ぽ
頑張って明日にはあげたいなぁ・・・と思いつつ。
ていうか勉強しる(;´Д`)

707 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/27 17:23
保全あげ&報告
とりあえず明日あさってが試験なんで、続きはあげません。
試験が終わったら全部アプします。
期待しないで待っててくれ

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/29 22:07
>>707
テストはどうだったよ?

709 :コワヒィ ◆CHwaratayo :02/11/29 22:34
テストはボロボロッス
もうだめぽ。むりぽ。やばぽ。

続きの方は近々アプしたいと思います
ていうか正直みなさん、期待してますか?続きの方

710 :語り部六 ◆501/L6ROKU :02/12/02 08:56
あの子はいつもボクの傍にいたんだ。
小さい時からいつも一緒。
そして、ボクはあの子が傍にいるのが当然だと思っていたんだ。
それが、突然のように消え去ってしまったんだ。

あの子がいなくなって、ボクは初めて気が付いたんだ。
あの子はボクにとって、とても大切な存在だったんだって。
あの子がいなきゃ、ボクは生きていくことすら出来ないんだって。

その事に気づいてから、ボクはあの子が戻ってくるように頑張ったんだ。
その甲斐があって、あの子はボクの傍に戻ってきたんだ。
ボクは二度とあの子と離れはしないし、あの子もボクから離れないだろう。
そう、ずっと・・・ね。

711 :語り部六 ◆501/L6ROKU :02/12/02 08:58
趣旨が違ったかも知れませんね。
失礼しました。

712 ::02/12/02 16:41
>710 :語り部六 ◆501/L6ROKU さん
抽象的なのでいまいち受けないかもしれませんが、それをもとにして
いろいろと話を膨らませる事は出来ると思いますよ。D。
>709 :コワヒィ ◆CHwaratayo :さん
よろしければ最期まで書いて下さい。

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 19:33
>>1
スレを住人だけに任せるなよ
それともこのままぐだぐだにして終わらせるつもりか?
今書いてる人もいるようだから、それが終わったらこのスレをどうにかしてくれ

714 :「伝染」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/12/02 23:37
「観察9日目」
○月×日 木曜日 天候(晴れ)

眠れない日々が続く。
この三日間ほとんど寝ていない
その間マユミにも会ってはいない、当然の事だ。

同僚にも相談した、信じてくれなかったが。
当たり前だ、マユミは他の研究員の前では何も話さないのだから。
だがそんな事は解っていた、解りきっていた。
しかし、私は拠り所が欲しかったのだ。
今まで生きてきた中で一番の「恐怖」。
それを誰かに解って欲しい心の「叫び」。

今この日記を書いている間も、頭を回るあの言葉。

「後はお前に伝染すだけ・・・」

頭にこびり付く歪な笑顔、下品な笑い声。

私は、本当に正常なのだろうか?

確かめたい、あの出来事が嘘だと思いたい。
どうすればいい?私は・・・私は・・・。

私はもう一度マユミに会う事にした。




715 :「伝染」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/12/02 23:38
何日も待たせてしまい申し訳ありません。
試験のショックが・・・(;´Д`)

とりあえず後2回ぐらいで終わります。
次がこの研究員の日記の最後の話になります
その次がこの話の後日談見たいな感じで。


716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/04 00:38
よし、赤点記念だ。一気に書いちまえ。

717 :「伝染」コワヒィ ◆CHwaratayo :02/12/04 16:59
私は今廊下を歩いている。
マユミの部屋へ向かい、少しずつ。
その先に何があるかなど私には解らない。
ただ、今はこの出来事の真相を知りたいだけだ。

そんな事を考えているうちに私は扉の前まで来ていた。
躊躇しつつゆっくりドアノブに手を近づける。
ひどくドアノブは冷たく、重たく感じた。

今も私は迷っている。この扉の先には何が待っているのか。
絶望?恐怖?虚空?そして・・・

私はゆっくりドアを開けた。



345 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★