5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part15

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 21:56
まだまだ続きます。
息の長い、伝統あるスレです。

達磨とか↓男とかウェルカムエイズワールドなどなど
有名どころな都市伝説は激しくガイシュツだったりするかもしれません。
ご注意を。

前スレ「死ぬ程洒落にならない話を集めてみない Part14」
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1021887980

過去ログは>>2以降です。


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:02
過去ログ

洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
http://piza.2ch.net/occult/kako/965/965152644.html
その2
http://piza.2ch.net/occult/kako/969/969033875.html
その3
http://piza.2ch.net/occult/kako/980/980780397.html
その4
http://piza.2ch.net/occult/kako/983/983455806.html
その5
http://curry.2ch.net/occult/kako/989/989409611.html
その6
http://curry.2ch.net/occult/kako/993/993836343.html
その7改
http://piza2.2ch.net/occult/kako/996/996631052.html
その8
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi/occult/999510095
その9
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1006021763
その10
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1012201120/
その11
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1014176359/
その12
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1015428802/
その13
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1016111756/

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:05
>1
おつかれーっす

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:10
スレ立て乙〜〜〜〜

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:12
こいつらの犯した残虐な犯行はもはや人間の仕業ではありません。

犯人の氏名
●宮野 裕史(A)
  主犯格。懲役20年の刑で服役中。
●小倉 譲(B)
  サブリーダー。すでに刑務所から出所。
●湊 伸治(C)
  犯行現場の部屋の提供者。すでに刑務所から出所。
●渡邊 泰史(D)
  少年院でいじめに合い、現在引きこもり症候群。
●中村 高次(E)
  宮野、小倉、湊からささいなことでリンチにあう。現在は地元スナックでこの事件のことを面白おかしく語る無反省人間。
●伊原   (F)
  結婚し娘をもうけ、新聞配達員をやっている(最近どこかの地方紙にこいつの記事が載ったらしい)。


6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:13
「家に「面白いのがいる」と知人に公言し、100人程度は監禁について知っていたと見られ、
裁判記録に出ているだけで10人が強姦等に参加している。」
「度重なる暴行により、頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになっていた。」
「1日に牛乳をコップ1杯飲ませるだけだった。」
「裸で踊れ」「気違いの真似をしろ」などと指示。さらに自慰を強要」
「パックの容器にさせた尿を飲ませた。」
「被害者がステレオにぶつかり、全身を痙攣させ倒れたのを見て「仮病だ」とCが激怒。
Aは6kgの鉄アレイを被害者の腹に落とし、大腿部、顔面をさらに殴る。
殴り終わった後、反応しなくなったためライターオイルをかけ火をつけた。
最初は動いたが最後には動かなくなった。暴行は2時間近くに及んだ 」

くそっ、正直書きたく無かったよ。こんな事件


7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:13
結局監禁は一ヶ月位続いたんだったか。

この現場になった家の両親は
被害者の少女の家を調べて本人の特徴を被害者の親に
たずねて確認している。

また少女本人にも「早く家に帰った方が・・・」と話しかけている。
いつものようにやってくる息子の遊び仲間の一人だと思っていた節もあるが。
子供へのかかわりを諦めてしまっていたというのが実情か。

少女はマトモに立って歩けない状態になっており
二階から一階のトイレへ行くのも、はうようにして
一時間ぐらいかかっていた様子。


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:14
監禁は41日ほど。
そのうちトイレにもいかせてもらえなくなり(監禁が家族にばれるのを防ぐため)
排泄は紙パックにさせられるようになった。しかも、それを飲まされた
性器にジュースの瓶を強引に入れさせられてるし。

死亡したときは、被害者は妊娠していたもよう。陵辱のかぎりをさせられたんだろうな…
許せねぇ…


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:15
足立区のHPに書きました。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/keijiban/bbs/wforum.cgi

削除されるかもしれませんが、また立てて下さい。 こんな文面です。

投稿者名:小倉譲、湊伸治、渡邊泰史、中村高次、伊原
URL :http://web1.archive.org/web/20011005070105/cgi.educities.edu.tw/aoiryuyu/josikouseikankin.htm
タイトル:女子高生監禁リンチ殺人事件


小倉が湊に、 「おい、あれやれよ」と言って小泉今日子の「なんてっ
たってアイドル」のテープをかけた。歌詞の中の「イエーイ」に合わせ
て脇腹に思いっきりパンチをいれる。

「痛い」と声を出すとまた殴られるため、こらえるので口が変なふう
に歪む。「先輩、この顔が面白いんですね」と小倉。

曲が終わってからも全員で殴る。

**さんの顔にロウソクをたらしたり小便を飲ましたりした。



10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:16
渡辺はいつもは無関心でいるが、宮野や小倉に、なぜお前殴らないん
だと言われるのが怖くなりリンチに加わった。すでに、**さんは鼻や
口から血を流しており、 自分の手に血が付くことをいやがった渡辺は
、宮野が吸っていたシンナーのビニール袋を手にはめ殴る。

その後、宮野は疲れたのでタバコを吸う。小倉と湊は、**さんを真
ん中に立たせ、小倉が右から湊が左から、肩や顔に回し蹴りを数発いれ
ていた。

そのうち、**さんにパンチがもろに入りステレオにぶつかり倒れる
。全身を硬直させブルブルと痙攣して前のめりに手をつきながら倒れて
きたのを見て、 「仮病だ、このやろう」と湊がすごい勢いで怒る。

宮野も、蹴るとかでは甘いんで、もっとひどいことをやってやろうと
思い、鉄球の着いた鉄棒を持ち出し**さんの腹の上に落とし顔面など
を殴った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−
伊原です。 今は結婚して幸せに暮らしてます。 殺したことを誇り
に思ってます。 主犯格の宮野裕史さんは服役中。 宮野さんの出所を
待ってます。 


11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:17
こいつらは拉致監禁しただけではなく

「家に「面白いのがいる」と知人に公言し、100人程度は監禁について知っていたと見られ、
裁判記録に出ているだけで10人が強姦等に参加している。」
「度重なる暴行により、頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになっていた。」
「1日に牛乳をコップ1杯飲ませるだけだった。」
「裸で踊れ」「気違いの真似をしろ」などと指示。さらに自慰を強要」
「パックの容器にさせた尿を飲ませた。」
「強引にシンナーを吸わせた」
「被害者がステレオにぶつかり、全身を痙攣させ倒れたのを見て「仮病だ」とCが激怒。
Aは6kgの鉄アレイを被害者の腹に落とし、大腿部、顔面をさらに殴る。
殴り終わった後、反応しなくなったためライターオイルをかけ火をつけた。
最初は動いたが最後には動かなくなった。暴行は2時間近くに及んだ 」

こんなことを平気でするとは…人間とは思えない。
http://abon.20m.com/accusation/concre/jko.html
http://profiler.hoops.ne.jp/concrete.htm
ここを読むといいでしょう。


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:19
陰部にライターを入れ着火するなどの凌辱行為と輪姦。

純子さんを全員でリンチしライターのオイルを足首にかけ火をつける。

純子さんにまたジッポオイルをかけ火をつける

Cも、「オレの家に、面白いのがいるんだよ。明日、家に来たらやらしてあげる。」
と、あちこちで言っていた。

そして、最終的には100人近くがこのことを知っていたことになる。



13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:19
上半身を裸にして12月の寒空のベランダに立たせる。
たばこを2本同時に吸わせ、苦しさの余りこれらを吐いたところで、
両大腿部、膝、すね等にジッポオイルをかけて点火。

純子さんが熱がってその火を消そうとするや、
手にもオイルをかけて点火し、
火が消えると、またオイルをかけて点火するなどの繰り返し。



14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:20
純子さんの顔にロウソクをたらしたり小便を飲ましたりした。
Dはいつもは無関心でいるが、
AやBに、なぜお前殴らないんだと言われるのが怖くなりリンチに加わった。
すでに、純子さんは鼻や口から血を流しており、
自分の手に血が付くことをいやがったDは、
Aが吸っていたシンナーのビニール袋を手にはめ殴る。

その後、Aは疲れたのでタバコを吸う。

BとCは、純子さんを真ん中に立たせ
Bが右からCが左から、肩や顔に回し蹴りを数発いれていた


15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:20
純子さんにパンチがもろに入りステレオにぶつかり倒れる。
全身を硬直させブルブルと痙攣して
前のめりに手をつきながら倒れてきたのを見て、
「仮病だ、このやろう」
とCがすごい勢いで怒る。
Aも、蹴るとかでは甘いんで、もっとひどいことをやってやろうと思い、
鉄球の着いた鉄棒を持ち出し純子さんの腹の上に落とし顔面などを殴った。

殴り終わった後、
反応しなくなったので怖くなりいつものようにライターのオイルをかけ火をつけた。
最初は動いたが最後になったら動かなくなった


16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:21
A少年ら3人の他に女が1人やってきて、「化粧」と称し被害者の頬にマジックで髭を書く。

この頃少年Cは、家に「面白いのがいる」と知人に公言し、100人程度は監禁について知っていたと見られ、裁判記録に出ているだけで10人が強姦等に参加している。

度重なる暴行により、頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになっていた。






17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:22
あれが軽いわけがないだろ。
一日に牛乳コップ1杯しか与えず、オイルを両大腿、膝、すねにたらして着火、
熱がって火を消そうとすると手にもオイルをかけて着火、火が消えるとまた点火
トイレにも行かせてもらえず尿を飲まされる、
無理矢理シンナーを吸わされる、性器に強引にオロナミンCの瓶を入れさせられる
自慰を強要、少なくとも100人が監禁について認知、少なくとも10人が強姦に参加
頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになるほどの暴行
顔にろうそくをたらし、上半身を裸にして12月の寒空のベランダに立たせる、
死の間際には6kgの鉄アレイを腹に落とし、大腿や顔面を殴る
ガムテープで全身をぐるぐるまきにされて死んだそうだ。
そして妊娠させられていた。
もっとあるだろうな。

これが軽いとでも思ってるのか?


18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:22
・がなぜこのような事件を起こしたかについては、少なくとも、
世間が納得するような理由はない、と思います。そして、・
のやり口は本当にひどい。私が特に許せないな、と思ったのは、
・は人間の体の一番弱いところをわざわざ選んで攻撃している点です。
たとえば、被害者の陰部にマッ・棒を差し込んで火をつけたとか、
まぶたにろうそくをおいて火をつけたとか…。人間の体のうち、
皮と骨に守られた部分に対する攻撃であれば、まだ、堪えられる。
たとえば、顔を殴られる、というのであれば、
げんこつがおそってくるのを黙って待っていられるかもしれない。
しかし、眼や陰部に対する攻撃を黙って待ってられる人間はいない。
いやだ、やめてくれ、と泣き叫ぶでしょう。・のやり方は卑劣です。

レイプが、命に別状がない割に被害者に与えるダメージが大きいのも、結局、
それが人間の体の一番弱い部分に対する攻撃だからじゃないですか?被害者は、
最初にレイプされたとき、「殺して、殺して」といったそうです。


19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:23
さらに、
ニュースで鉄道事故があると
「お前の父親が死んだってよ」といい
被害者が呆然としていると
「ウソだよ!ははははっ」
という行為を繰り返して
精神的に追い詰めた。
被害者はストレスで髪の毛が全て抜け落ちていた。


20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:24
別の板にありました。
「噂の真相」89年7月号に掲載された、この事件の取材記者たちの覆面座談会のようです。 (一部抜粋)
被害者は、警察発表、裁判での起訴状の内容以外にも陵辱されていたことがあるようです。
もしこれも事実なら、事実解明できなかったから、公式には「表」にでてこなかったのではないでしょうか。


 Y それにしてもJさんが、殺されるまでの四十日間は、新聞・雑誌で報道されている以上に
ひどいものだ。新聞等は、サンドバッグがわりに殴られたとか、顔が殴られ過ぎて、黒ずんでいたとか、
顔の原形が、解らなかったとか、もっぱら、顔ばかりが強調されていたけど、
本当は、そんななまやさしいものではなかった。
 Z それは、僕も聞いています。顔の事はもちろんだけど、下半身、つまり性器だけど、
こっちの方も顔以上にひどいものだったと警察の刑事が漏らしていましたね。
なんでも性器に部屋にあった鉄の棒を突っ込んだり出したりして弄んだりしていたらしいですよ。
もちろん、被害者は、大声を上げたり、うなり声を上げたらしいけど、四人の少年等は、
せせら笑っていた事だしね。こんな話は、聞かされるとこれが十六、七歳の少年のする事とは、
とても思えないことですよね。
 Y その話は、聞いているけど、もっとひどい事をしたという話もありますよ。
 X へえ、そんな話は、聞いた事はないね。もっとひどい話って、どんな事なの。
公式の警察発表では、そんな話は何も出ないしね。
 Y そうですか。警察発表って、そんなにいいかげんなものなんですか。
僕は、新聞発表が、一番詳しいと思っていましたがね。
 X いや、いや、発表モノは、そんな詳しくはないよ。ところで、その話を聞かせてくれない。
僕自身も知らないし少年法改正もいわれていることだし、参考になると思う。
 Y 一言で言えば、被害者の性器を灰皿がわりにしたという事なんですよ。
これなど、話してしまえば、簡単なんですけど、実際は、ひどい話ですよ。常識をもつ普通の人なら、
ちょっとそんな発想は、できませんからね。想像しても誰もが、ひどいと思いますよ。そう思いませんか。
 X そんな事、四十日間のいつごろの時期にしたんだろうね。そっちの方が、僕には興味があるね。
逃げだせなかったかどうかで。


21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:24
41日に渡って不法に監禁し、その間、同女に対し、ほとんど連日、
筆舌に尽くしがたい殴る蹴るなどの暴行を加えた他、
身体に火をつけて皮膚を焼くなどの、凌辱の限りを尽くし、
精神的にも、肉体的にも衰弱の度合いを深め、
最後には常識では考えられないような仕打ちまで受け入れざるをえず、
助けを求めるすべもないまま、
あえなく絶命し、揚げ句はコンクリート詰めにされて捨てられるなど、
被害者の身体的および精神的苦痛苦悶
ならびに被告者らへの恨みの深さはいかばかりのものであったか
まことにこれを表現する言葉さえないくらいである。


22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:30
あったなあ、この事件・・・
いま思い出してもヘドが出る

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:38
・・・

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/13 22:59
まあ、たしかにシャレになってないといえば間違いないな

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 00:20
あまり恐くないかもしれませんが私の実体験です。

これはつい最近の出来事です。
時期的には今月のはじめ一週間くらいの出来事です。
私が此処、オカルト板にハマりだしたのが先月下旬なのですが
今月に入ってからおかしい事が身の回りで起きるようになりました。
まず、飼い猫の様子がいきなりおかしくなりまして
トイレ以外の場所で所構わず血尿を出すようになりました。
そして三日間くらい餌も食べず血尿を出す時以外は
ずっと押入れに閉じこもりっぱなしでした。
最初はあまり気にも留めていなかったのですが
猫の血尿が治ってきて調子が一段落すると次は私の調子がおかしくなり始めました。
いきなり、何の前触れも無く私の腹が痛くなり始めました。
それはもうものすごい痛みで腹にガスが限界まで溜まったような痛さでした。
何よりも困ったのがそんな状態なのに便秘に陥った事です。
そして周りに人が居ないにもかかわらず人影が見えたり
部屋の中がいきなりカメラのフラッシュをたかれたみたいにピカッと
光ったりで私の中では全てを偶然として考える事はもう出来ませんでした。
それでも幽霊自体には遭っていないのであまり恐怖というものは感じていませんが
「その内に本物の幽霊に遭ってしまうような事があれば」
と考えたらやっぱり多少なりとも恐怖はわいてきます。

以上、あまり恐くないかもしれませんが
一応読む人にとっては恐い話かもしれませんので
書き込みをさせていただきました。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 00:27
おそろしくねっし
あんざんこ1

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 01:45
俺様的にはアンザンコ2.5


28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 01:56
>それはもうものすごい痛みで腹にガスが限界まで溜まったような
>痛さでした。 何よりも困ったのがそんな状態なのに便秘に陥っ
>た事です。

純粋に、消化不全による便秘でしょう。

>部屋の中がいきなりカメラのフラッシュをたかれた
>みたいにピカッと

閃光妄動です。ストレスがたまりすぎるとなります。
分裂症の初期にも在りますが・・・

とりあえず便秘に関しては内科or心療内科に見てもらった方がいいですね。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 02:01
子供の頃、独りで裏山にキャンプをしに行った時のこと。
何だか怖くて寝つけなく、じっと寝袋で小さくなっていると、
誰かがテントを叩いていた。
誰かがテントを叩いていた。
誰かがテントを叩いていた。

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 02:07
>それはもうものすごい痛みで腹にガスが限界まで溜まったような
>痛さでした。 何よりも困ったのがそんな状態なのに便秘に陥っ
>た事です。

純粋に、霊に憑依されることによって起こる身体的な現象でしょう。

>部屋の中がいきなりカメラのフラッシュをたかれた
>みたいにピカッと

まさしくオーブです。強い怨念が感じられますね。

>分裂症
は正式名称変ったんだよ


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 02:21
>>30

何でもオカルトに結びつけるのは?
まあ、以下のお好きなものでも・・・

クレペリン病
ブロイラー病
シュナイダー病
スキゾフレニア
シゾフレニー
本態性幻覚妄想症候群
発動性機能不全症
観念連合障害
精神統合障害
認知・思考・情動障害
ドーパミン機能亢進症
中枢神経伝達物質機能障害
情報処理機能障害
状況意味失認症
精神機能失調症候群
精神衰弱症
過敏性易疲労症
精神変性症
自我失調症
精神消耗症過敏退却症候群
現実離反症
情緒交流不全症
仮性解脱症候群
無名症候群
原発性非器質性持続性人格変容症候群


32 :久しぶりに言わさせてもらう、:02/07/14 02:24
ネタニマジレスカコワルイヨ。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 02:34
>>29
悪い。
何でか分からんけど、激しくワロタ。

つーか、一人でキャンプすんなよ。(w

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 02:34
>>29
マジだったら、それはチョット怖いね。
いったい誰が叩いてたんだろうねぇ。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 02:38
>>29
一人で裏山でキャンプして
一人で怖がって
一人でテント叩かれる君って素敵

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 03:04
>>1
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
これも入れとけよ阿呆

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 03:36
>>5-21
俺、始めて知った。
(聞いたことぐらいはあったかもしれんが詳しく知ったってこと)
なんか全部読んだ後、被害者があまりにかわいそうで涙でてきた・・・。
感想書くなんてスレ違いかもしれんが一応ね。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 08:37
女友達が、地元でも有名な心霊スポットに姉と行ったときの話。
季節は夏で、蒸し暑かったのでエアコンを入れて走ってたらしい。

んで、深夜にスポットにつき、キャアキャア言いながらも
遊び半分で楽しんでいたらしいのだが、
いきなりエアコンが切れ、温風が車内に吹き始め、

「あれ?何で温風になってるの?」といいながら、
冷房の所にツマミを入れても直らない。
仕方が無いので、窓を空けて風を入れようとした。
窓を半分くらい開けたとき、

「ボクモノセテェ・・・」

と、顔がパンパンに腫れ上がった少年が、窓から首をヌッと入れてきた。
驚いて車を急発進させたが、その時、窓枠に何かが当たった鈍い音がしたらしい。

でも、バックミラーを見ても誰もいなかった


39 : :02/07/14 09:37
>>29
おそろしくねっしなオチを3回も繰り返さんでよし。
ツマンナイ話がいっそうツマンナクなる。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 09:42
>>38
バックミラーに後ろの景色が全部うつると思ってんのか?
マリアンのお母さんは自分ちの駐車場で娘のだんなの母親に間違って
ひき殺されたけど死角っちゅーものがあるんだぞ

41 : :02/07/14 10:28
>>38は虐待されてる少年を助けずに逃げ出したって話。

42 : :02/07/14 10:41
>>5
こいつらは、ただ殺しても悔しいな。
しかし被害者の苦痛を超えるだけの方法は浮かばない・・・。

死よりも悲惨な何かを提案しる!

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 10:49
>>36
そこ始めて知った
すごい役に立つありがとage

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 11:01
>>43
DQN?

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 11:47
>>42
気が狂わない程度に痛みを与え続ける。
例えば、、、あんま思いつかないけどこいつらがしたことと同じことをやってやればいいと思う。

46 : :02/07/14 12:38
>>42>>45みたいな感想を持つのは本質的には件の加害者と同じタイプの人間。
なんらかの理由をつけて他人に苦痛を味あわせたい、または
その様を見て楽しみたいという精神異常者。
正常な心の持ち主なら>>37みたいな反応になるはず。

            自戒せよ。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 12:59
「猫のいない村」

僕は小学校三年生の時に、小さな村に引っ越しました。
しばらく暮らしていると、不思議な事に気が付きました。
それは、この村で猫を一匹も見た事がないのです。
飼い猫は勿論、野良猫も全く見た事がありません。
僕は気になって、両親に聞いたのですが、全く解らないという事でした。
次の日、僕は驚愕の事実を知る事になりました。
その日、近所に住んでいる爺さんが、何かを持ってきました。
食べ物のおすそ分けらしく、タッパの中に何か赤黒い物体が見えました。
そして、爺さんはこう言ったのです。
「これは、昨日捕獲したばかりの、珍しい野良猫の肉ですじゃ」
応対に出ていた母親は、どぎまぎしながらも、一応受け取ったのです。
そして、爺さんはこう言ってから去ったのです。
「この村は昔から猫を食う習慣があってなぁ、最近は養殖猫が主流じゃが、
新入りの方じゃから、数少ない天然の野良猫を食べてもらおうと思った訳じゃ」

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 13:04
>>47
半島からの帰国子女か?

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 13:19
>>5の事件、加害者って出所してたんだ・・!まじで呪い殺して槍てぇー!!

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 14:50
すべての人間が持っている残虐性が垣間見える事件だねえ。

51 :(´Д`)/ ◆GoYYYYYY :02/07/14 14:56
肉般若って知ってる?

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 15:53
>>47
貴方は、はっきり言って、プロの作家さんですね。
貴方は、はっきり言って、稲川淳二を超えてます。
貴方は、はっきり言って、オカ板の神そのものです。
貴方は、はっきり言って、容姿端麗な青年ですね。

53 :許せん:02/07/14 16:13

犯人の氏名
●宮野 裕史(A)
  主犯格。懲役20年の刑で服役中。
●小倉 譲(B)
  サブリーダー。すでに刑務所から出所。
●湊 伸治(C)
  犯行現場の部屋の提供者。すでに刑務所から出所。
●渡邊 泰史(D)
  少年院でいじめに合い、現在引きこもり症候群。
●中村 高次(E)
  宮野、小倉、湊からささいなことでリンチにあう。現在は地元スナックでこの事件のことを面白おかしく語る無反省人間。
●伊原   (F)
  結婚し娘をもうけ、新聞配達員をやっている(最近どこかの地方紙にこいつの記事が載ったらしい)。

★参考サイト★
http://abon.20m.com/accusation/concre/jko.html
http://profiler.hoops.ne.jp/concrete.htm
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1617/
http://web1.archive.org/web/20011005070105/cgi.educities.edu.tw/aoiryuyu/josikouseikankin.htm


54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 17:33
>>52
ばかかアホ厨と思われ

55 : :02/07/14 17:40
探偵マンセーな厨房がいるみたいだな。
夏だねえ。

56 : :02/07/14 17:56
例の女子高生コンクリート事件だけど、以前にオカルト番組でコンクリート詰めを放置した場所(?)
に霊能者をつれていった所、その女子高生の霊が現れた、ってなかった?

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 18:36
>>51
けっきょく肉般若って何??
調べたんだけど、結局はっきり何なのか分かんなかった。
同人がどうしたこうしたって。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 19:32
女子高生コンクリート事件の話はもういいだろ。
確かに洒落になってないがここはオカルト板だ。
幽霊などオカルトに関係ある洒落になってない話をしよう。
酷すぎる事件なのでなんか鬱になる。


59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/14 21:14
確かに「死ぬ程洒落にならない話」には該当するけど、グロすぎて・・・ほんと生理的にヤバイ。
心霊とか恐怖体験とか、そういうので「死ぬ程洒落にならない話」しようよ。

>57
他スレに貼ってあったのを拝借。多分ネタ・・・
肉般若
ttp://member.nifty.ne.jp/vyh00502/diary/niku.htm

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 00:10
>>59
はっきり言って面白くない。
全部読めなかった。
俺はこんきがないのか。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 01:39
月光蝶

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 03:18
肉般若、言う程怖くない。
実際にこういう人間いるんだろうし。
狂気の沙汰だが。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 04:45
地球光

64 :高山:02/07/15 04:58
俺もとっておきの怖い話があるよ!





65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 09:56
創作厨

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 12:22
消防の頃、電車に乗っていたときの話

友達と2人で車両の連結部分の所で遊んでいた。
電車の連結部分って下に鉄板があって蛇腹のような生地で繋がってるじゃない、その部分です。
前のドア、後のドア共に閉めて連結部分だけを単独の部屋としてその中に2人でいました。
カーブに入るときとか繋がってる蛇腹のようなものがうねっていて面白かった。
そしてしばらくそこにいた時、その蛇腹のような柔らかい部分を外から叩かれた感じがしました。
もちろん走行中に。
電車の走る音がうるさくてはっきりしなかったけど友達も気づいたみたいなので確証がもてた。
そして二人で怖がるどころか逆に内側から叩き返してやった、何発も。
そしたら向こうも何発も叩いてきた、右からも左からも。今度は確実に叩かれているのがわかった。
何回か叩く、叩かれるを繰り返してる内に叩き返されなくなった。
かわりにナイフのような刃物が蛇腹を突き破って出てきた、後、3cm長ければ顔に刺さっていた。


67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 12:40
>>66
それは多分この人がいたんだよ。
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1025833343/

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 12:58
>66
あと3センチ顔がでかければ・・・

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 12:59
経験談を一つ・・・。

僕は阪神大震災を経験しました。
そしてこの話は復興工事のバイトをして
居る時に起こった経験です。

地震から1週間たったぐらいでした。
友達にさそわれて瓦礫の始末のバイトをしていた時の事、
そこは火事で家が焼けてしまって周り中ほとんど灰だらけでした、
「寒い寒い」といいながらせっせと
瓦礫をかたずけていました。
ふとある一角から声がするのです…。
「熱い、熱いよ…。体が溶けそうだよ…。」
今にも消え入りそうな声でぼそぼそと聞こえてきました。
僕は「うわっ、まだ生きてる人がいるっっ」
と責任者(Aさんとします)を呼び声がしたほうの瓦礫を
今までにない位の力でどけました

ん?何もない…。

Aさんに  「お前何ふざけてんねん!!こんな時に!!」

かなりこっぴどく怒られました、
僕はあれ〜確かに声がしたのに位しか思っていなかったのですが
大きな間違いでした。。。。


70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 13:27
次の日また同じ現場で
それが判ってから今日は行きたくないなぁと思いながら
出発の準備をしてました。

ん?地震が来たような気がしました。
家族に「またゆれたねぇ」
などと話したんですが 家族の反応は????
でした。 

「えっなんでゆれたたやん。。。」
何度聞いても家族は首を横に振るだけでした

そして家を出てAさんが車でくるのを
待っているときでした。
また家を出る前に感じたゆれです。。

今度はさっきより激しさを増していました
そのゆれで立っているのもままならない状態で
しゃがみ込んだその時です。

「熱い!!!!!!」
僕の右手には くろくやけこげた
2本の手がしっかりと 組み付いていました
「うぎゃぁぁぁぁ!」
かなりでかい声で叫んでました。
も〜死に物狂いでその二本の腕を
振り払おうとするのですが しっかりと絡み付いて
離れません。

反対側の道路から僕の名前を呼んでいるAさんの
声がしました僕はふらふらしながら
Aさんの車に乗り込みました
2本の絡みつく手は いつのまにか離れていました。

しかしAさんの様子がおかしいのです。

僕が「どうしたんですか??」と聞くと
Aさんは「お、お前大丈夫か??さっきお前の腕に
黒焦げの人間がしがみついてたで・・」
そして捕まれた腕には読みにくかったのですが
「熱いよ、助けて」とゆう文字が
火傷になっていました。

そして昨日声が聞こえたところを
よく探してみると
そこには瓦礫だと思っていた物が
実は。。。黒く焼けコゲた骨がそこら辺にいっぱいでした。



71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 13:33
>>66
マイナスドライバーの電車版でチープにした感じ。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 14:02
ネタ書くならもっと怖く書け

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 14:16
阪神大震災のネタは突っ込むの止めとくわ。大地震ってだけで怖いし

74 :オカ塾講師 ◆Tbk9G1MQ :02/07/15 16:46
>>70

初読。文章力あり。

85点!

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:14
>70
他所のネタを持ちこむな。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 17:15
75は誤爆です。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/15 20:16
おそろしくねっし。

78 :案山子の肉:02/07/16 00:50
そんなに怖くもない話なので読み流してください。
今から5年くらい前の夏に、神奈川から青森まで1人で車を運転して旅行に行きました。
行きは高速道路を使って行ったのですが、帰りは高速代をケチって国道4号線で帰ることにしました。しかも、夜の方が道が空いてると思い夜の11時に青森を出発したのです。
車で4号線を走らせていると、しばらくの間は走り屋みたいな車とちらほらとすれ違っていたのですが、青森市街から離れるにしたがって他に走っている車を見かけなくなるようになりました。
この時、初めて後悔しました。首都圏に住んでると、真夜中でも何かしら明かりはあるものです。しかし、市街地から離れた国道4号線はまさに暗闇でした。
試しにライトを消してみると、自分が上下左右どちらを向いているか分からないくらいの暗闇です。その夜は曇りで星の光もありません。
標識に『八甲田山』と書いてあるのを見て、得も言われぬ恐怖を感じたものです。
3時間ほど走り続けた頃でしょうか、カーブを曲がり切ったとたん15、6人の人影が現れました。そして、こちらに向かって一斉に手を振り始めたのです。
..しかし、よく見ると幽霊のたぐいではなく大学生くらいの男女の集団でした。
かなり恐怖を感じていた私は、ホッとして彼らのそばに車をつけ声をかけたのです。
「どうしました?」

続くかもよ↓

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 00:53
>>オカ塾講師
あちこちでウザイ

80 :案山子の肉:02/07/16 01:08
↓続きかもよ

若者の代表者らしき男が近寄ってきて言うには「車が事故っちゃいまして..えぇ..怪我人はいないんですけど..あぁ、一緒に走ってた車が1台、街まで助けを呼びに行きました」と、2、3言葉を交わした。..
どう見ても幽霊ではない..しかし、車2台で来たにしては多すぎる人数だ..。しかも、事故ってる車は軽自動車でフロント部分が潰れている。
不思議に思ったが、深く考えないようにして「助けが来るまで頑張ってね」と声をかけて車を走らせた。

....多分、幽霊とかではないと思うが、幽霊ではないとしてもあの暗闇の中で何時間も待ち続ける人たちにしてみれば、洒落になんない話だと思った..。

つまんないけど、たたかないでね。



81 :案山子の肉:02/07/16 01:12
↑ごめん。酔っぱらってるから文章の統一感がないね


82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 01:14
おれ今日はじめてオカ板に来たんだけど、
どのスレもこんなのりなのか?

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 01:18
生意気なセリフはここ読んでからいえってば
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/


84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 01:28
>>70
怖い。


85 : :02/07/16 01:50
>>80
お前「一緒に走ってた車が街まで助けを呼びに行った」と自分で書いとるだろが。
車2台じゃなくて3台で来てたんだろ。
あと田舎の人間は暗いのに慣れてるんだよ。田舎をなめるな(`Д´)プンプン

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 02:36
みんな83の「自己責任」ってどう思う??

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 03:17
>>86
俺にしてみれば「自己責任」は今まで聞いた話の中で
5本の指に入るほど怖かった

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 03:26
>>87
今、自己責任を始めて読んだ゜のですが
なにか。後ろの髪の毛をひっぱられた感触がありました
うしろ、怖くてふりむけないのですが

89 :86:02/07/16 03:28
怖いよね。それに後味最悪。

90 ::02/07/16 03:39
後ろ髪と言うと「ヤマニシさん」の話でも後ろ髪を気にする描写があるし
そういう話って多いんですかね?

91 :86:02/07/16 03:58
読んだの?どう思う?


92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 04:01
読んでる最中なんだが、どうしたものやらw。
雑談スマソ。sageるね。

、、、。折れって髪長いんよねぇw、、。

93 :86:02/07/16 04:11
秀逸に怖いよね・・・・

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 05:56
>>79
同意。あちこち飛び火ネタかまさんといて。



95 : :02/07/16 06:21
自己責任かぁ・・・文章は上手だけど神主さん=悪霊ファイターみたいのは
なんか違和感あるぞ。最後のオチが呪い伝染系ってのもな。でも描写が映像的で読ませるな

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 09:40
自己責任おそろしっし。
めちゃめちゃおそろしっし。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 09:50
うちの父から聞いたコテコテな話を一つ。

千葉県のとある病院に勤めている父は
その晩特に急患も無く、まったりと宿直室にいたそうです。

突然見回りをしていた看護婦が宿直室にやってきて
「先生、○○室のKさんが居なくなってます。」
と報告を受けたそうです。
Kさんは前日、入院していた軽度のノイローゼ患者でした。

父と看護婦で、病室に行くと確かにもぬけのからでした。
おかしいな…病室からは出られない様になっていた筈なのに
一緒に来ていた看護婦に、とりあえず他の階に居ないかどうか、探すように。
と指示を出し、もう一度部屋を見渡しました。

すると…カーテンが揺ら揺らと揺れているの気が付き
まさか…な。と思ってカーテンを開くと、カーテンの向うにある窓が開いてました。
(父の勤務する病院は精神病院ではなく一般救急)
父は寒気を感じながらも、その窓から身を乗り出し、下を見ると
一人の女性らしき人影が1階の屋根の部分に人影が見えたそうです。

父は同僚の医師と急いでそこに向かい見ると
少し小さくなったKさんがこっちを向いて「おーい、おーい」と手を振っていました。
父が近づく、何故Kさんが小さくなったのか。判りました。下半身がほとんど潰れていたらしく
夜と言う事もあって近くに行くまで判らなかったとか。
(Kさんが居た病室は5、6階らしいですが、細かい話までは覚えていません)
Kさんはその晩死んだそうです。

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 09:54
あ、誤字脱字多すぎ。
ごめんなさい。

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 10:00
割といい鴨

100 :100:02/07/16 10:06
100ゲット

101 : :02/07/16 15:17
怖くないけど、大学の先輩から聞いた話。
その先輩の友人が出張先で宿泊した温泉宿での出来事、

その日は残業で帰りが遅く、疲れていたから風呂でも浴びで
早く寝ようと速攻で、風呂場にむかった。
その風呂場は大人が4人入れば直ぐに一杯になってしまうくらい
こぢんまりとした造りになっていて、その日は平日という事もあり
他の宿泊者の姿はなく、風呂場は貸しきり状態だったそうです。
その風呂場で髪をあらっている時の事、今までついていた明かりが
一斉に消えてしまった。
「あれ? 停電かな?」、とそのままの状態で待っていると、
暫くして明かりがついた。
そして風呂場を出ようと腰を上げようとした瞬間、背後に人のけはいを感じた。
「こんな深夜に俺以外いるわけ無いし、その間風呂場に入ってきた人もいなかったよな。」
と自問自答しつつ、恐る恐る後ろを振り向いてみると、なんと背後にツルッパゲのオッサンが、
ニコーッと笑いながらこっちを見ていたそうな。


102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 15:20
>>101
怖くないなら書くな
バカタレ

103 :(゚Д゚) ◆cona69aY :02/07/16 15:32
>>101
ワラタ

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 17:14
ウチの母方の従兄の話。

その従兄はよく金縛りにあうらしいのですよ。
でも別にソレまで怖い経験したわけでもなし、
「脳だけ完全に覚醒してて体が寝てる状態」が金縛りだとかそんな話よく聞くし、
あんまり気にしてなかったんです。
で、その日の夜、金縛りにあったときも「いつもの事」だと思ってそのまま流そうとしたらしいんだけど
どうもドアの方から視線・・・というか気配を感じたそうです。
それでも、確認するのも何か怖いし、まぁ気のせいだろって感じで無視してたんですが
その気配がどんどん自分の方に近づいてきたらしいんですよ。
で、(やべぇ!隣に立ってるよーーーーーっ!!)とか思った次の瞬間、体の上に何かが乗っかって来たみたいな重さと息苦しさを感じたらしいです。
んで、恐る恐る目を開けてみると髪を乱した女の人・・・だったかな?が、スゲェ形相で自分の上に乗っかってて。
流石に怖いから思いっきり目ぇ閉じて心の中で(バァちゃん助けてっ!!!!)って叫んだら、すぐに楽になったらしいんですけど・・・・・・

バァちゃんの墓参りのときに、なんか久しぶりに来た従兄に聞いたらそう言ってました。
「バァちゃんにありがとうって言いに来た」って言ってたからホントなんだと思います。
俺も時々金縛りにあうんだけど、これ聞いてからは金縛りの最中に目ぇ開けられません。
まぁ元から目なんて開ける気ないし、俺の金縛りはただの疲れから来るものだと思うのですが・・・

とまぁ実話なんだが・・・別に怖くないね。ごめんなさい。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 17:32
自己責任
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/13/504.htm
怖いから最後から読んだよ。
あはは

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 19:32
>>105
ははは、最後の落ちは笑ったよ。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 20:57
友達数人でこっくりさんをやっていて、尾崎豊ファンの友人が「今来てる霊に尾崎豊を呼んでもらおう!」と言い出し、
「こっくりさん、こっくりさん、尾崎豊を呼んでください」 十円玉はイエスの方へ。
「あなたは尾崎豊さんですか?」 十円玉はイエスの方へ。
そして友人は「一緒に写真を撮って下さい」と言い出す。
「どちらの方向に映ってもらえますか?」という質問に壁の鏡の方向に十円玉が行ったので、
そこをバックに皆で写真を撮った。

現像した写真には顎が外れたように大きな口を開けた男の人が鏡に映っていた。
ネガにもばっちり映っていた。

そういえば「歌手の」尾崎豊っていうの忘れてた。

108 :オカ塾講師 ◆Tbk9G1MQ :02/07/16 21:03
>>107

起承転結の意外性有。他人を喜ばせるホスト性有。知能指数高し。

80点!

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 21:09
家のお墓は家のすぐ近くにあって
東京の大学行くようになるまではわりと頻繁に墓参りしてたのね。
で、お墓に今まで亡くなった人の戒名がまとめて書いてある石があるんだけど、
これから書き足せるように半分くらいが空白なの。
10年くらい前、私が消防だったある日、
その石の空白の所に「知」「子」っていう2文字が彫ってあった。
「知子」って続けてじゃなくてぽつん、ぽつんと2文字。
いたずらにしてはあまりに上手だし(他の戒名の字と変わらないくらい)、
そもそもお墓の入り口にカギかけてあるから身内以外入れない。
ちなみに母の名前が「○○子」で弟の名前が「知○」。
10年経った今も2人は元気だけどね。多分、そのままにしてある。
今更だけどよく考えると洒落にならない気がしてきた。


110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 21:12
同僚が出張で東京へ行ったときの話です。
彼は出張費としてもらったお金を浮かすため、ある安いホテルに泊まったんだそうです。
その部屋には100円を入れると数十分動くビデオデッキとビデオが数本置いてあり、
とりあえず彼はどんなビデオがおいてあるのかをチェックしてみることに。
すると、お約束のえっちなビデオや名作洋画等の中に、一つだけラベルの貼っていないビデオが。
「なんだろう、裏ビデオかな?」と思った同僚はとりあえず100円ならいいやと
ビデオデッキに硬貨を入れてそのラベルの貼っていないビデオを見ることにしました。
ビデオをデッキに入れ、しばらくしてそのビデオは始まりました。
テレビに映ったのはどこか田舎の町の縁日の風景でした。
屋台が建ち並び、涼しげな格好をした人たちが行き交っています。
画面は浴衣姿の少年を捕らえ、その少年の顔にズームインしていきました。
そして、彼の胸から上が映るあたりでズームはストップし、
画面も一時停止状態に。
そして画面の下に、白い無機質なゴシック体でテロップがでたそうです。
「昭文くんはこの夜、殺されました」

同僚はすぐにデッキの電源を切り、そのホテルを引き払って別のホテルに泊まったそうです


111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 21:16
まだ誰も言ってないな。
では…………

>>80
オカ塾講師ウザイ

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 21:19
>>111
オカ塾講師を見るたびに「ウザい」って言う奴もウザい。

113 :オカ塾講師:02/07/16 21:36
>>110

創作。怖くない。

20点! 要追試。

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 21:56
原爆ドーム(資料館だったかな?)の下には地下室があって
そこには部屋全体に御札が張られているらしいです

あと、肝試しで深夜原爆資料館に忍び込んだ奴がいて
そいつは今精神科に入院しているという噂も聞きました

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 22:49
>>110
リングのパクリと思いきや・・・怖い話だね。
実際にこんなもんみたら気味悪くて背筋が寒くなるよ
>>113
あんた想像力ないとみた(w

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 22:58
ある深夜タクシーの運ちゃんが、ちょっと寂しい小道でおばあさんが手を挙げているのを見つけました。時間は丑三つ時。運ちゃんは「こんな時間に…、まさか幽霊じゃないだろうな」と思いながらも、おばあさんには足があったので乗せました。
「どちらまで?」
「この先の、○○霊園まで」
運ちゃんは怖くなりました。なぜ、こんな時間に墓地へ?こんな仕事はさっさと終わらせてしまおうと思い、ものすごいスピードで目的地へ向かいました。
「このカーブを曲がれば○○霊園だ」
運ちゃんは猛スピードでカーブを曲がり、霊園前に停めました。
「おばあさん、着きましたよ」
と、後ろを振り返るとおばあさんがいません。
「ひぃーーー」
運ちゃんは家に飛んで帰り、布団に潜り込んでガタガタ震えながら夜を明かしました。
朝、日が昇ると共に恐怖心も薄れ、夢だったということにしようと自分に言い聞かせ、タクシーの点検を始めました。
そうすると、後部座席の窓ガラスが割れていました。
実はおばあさん、カーブを曲がるときあまりのスピードだったため、遠心力で外に放り出されてしまっていたのでした。

おしまい。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 23:24
>>116

起承転結の意外性有。他人を喜ばせるホスト性有。知能指数高し。

80点!


118 :あなたの後ろに名無しさんが…:02/07/16 23:39
採点してる人ウザい

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 23:49
>>116
多分、あなたが放り出したおばあさんなんですね・・・
早朝(午前3時くらい)に出張のため、いつもより早起きし
駅へ車で向かっている途中、血だらけのおばあさんを発見しました。
場所が○○霊園周辺だったため、幽霊かと思いましたが足があったので
急いで車に乗せ、病院に向かうことにしました。
おばあさんは、かなりの出血だったため、猛スピードで病院に向かいました。
数分後、近くの救急センターについたのですが、おばあさんが
いないのです。後部座席には、血の後すらなくもぬけの殻・・・
「ヒィーーー!?」
私は家に飛んで帰り、布団に潜り込んでガタガタ震えながら夜を明かしました。
朝、日が昇ると共に恐怖心も薄れ、夢だったということにしようと自分に言い聞かせ、
車の点検を始めました。
そうすると、後部座席の窓ガラスが割れていました。
実はおばあさん、カーブを曲がるときあまりのスピードだったため、
遠心力で外に放り出されてしまっていたのでした。

おしまい。





120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 23:52
遠心力お婆ちゃん

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/16 23:55
おばあさんに幸アレ(合掌

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 00:12
こいつらはルパン並のドリフトをしるのですね。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 00:21
シートベルトはしたほうが良いと言うきょうくん?

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 00:31
消防の時、塾の先生に聞いた話です

その先生は現役の大学生で、その大学の友人に妙な体質の人がいたそうです
仮にAさんとしますが、
彼はごくたまにものすごく胸騒ぎするときがあるそうです。

正月前、先生の部屋で二人で飲んでいた時に
急にAさんが真っ青な顔をして、額から大汗をかき出したので
先生がどうしたのかとききました。
Aさんはそれには答えずに部屋の電話を取り上げて
懐から手帳を取り出し、そこにかかれた親しい友人の連絡先に
片っ端から電話をし始めたんです。(当時携帯はなかった)

しかも、電話して何を言うかといえば
「今どこにいる?
 そうか。今日は○○(この町の名前)から絶対にでるなよ。
 理由は後で説明するから」
何人か、でなかった人もいました。

かけ終わって、先生は彼に説明を求めました。
Aさんが胸騒ぎを覚えるときには
自分に親しい友人で、彼の近くにいない人が必ず死ぬんだそうです
この時は、いち早く本州に帰省していた人が
実家近くの交差点で事故に遭い亡くなったそうです。
時間的には、彼の胸騒ぎ後 二時間ほどたった時でした。


125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 00:51
83のサイトで色々読んだけど
たまげた相談って性転換のヤツまぢ、こえーな
周りの煽りなんか無視し断固貫き通す母親もこえーけど淡々と丁重に伝授してる女医?がまたこえぇ、、、

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 02:25
>>110
これは「幽霊物件案内2」のネタだな。
ちょっと内容ちがうけど。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 06:28
俺の母親から聞いた話。
ある日母親の友人が台所で洗い物をしていた時、息子さんが
いきなり泣き出したらしい。「どうしたの?」と理由を聞いて
みると、

「お母さん(俺の母親の友人)に赤い服を着た女の人が巻きついている」

と泣きじゃくりながら言ったらしい。
・・・赤い服って「血」なのかな?

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 09:12
http://homepage2.nifty.com/Mafty/html/ikai2.html

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 11:52
>124
もしかしたら塾の先生の作り話かもしれんが…
虫の知らせって言うか、胸騒ぎってやっぱりあるんだな。
その友達もつらい体質だ。
分かっても、分かった本人にはどうしようもないからな。

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 16:33
    ┌────┐
    |____|
  ━┷━━━━┷━
    ((● )  ( ●)) 
      |∴ ∪∴|  ニヤニヤ
      ヽ ∈∋/  
      /  ∇∇ \
     │   ∞   ○
     ○ノ    r^
      ├ ┤ │
        ̄├ ┤

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:17
ホモ。

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:26
131はホモらしい

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:39
我が親父は紀州の木こりなのです。
山になれた木こりでも迷う、親父の仲間で夜になって迷ったのです。
仕方なくその場で野宿、朝起きて見たら家から数百mの所にいたと言うしゃれにならない話があるのです。
自然はバカに出来ないのです

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:44
これは僕の専門学校時の講師に来ていた先生が実際に体験した、しゃれにならない話です。

昔の六甲山は入口に大きな大木が生えていたそうです。
普通は大木の左側を通って行くのですが、右側も通ろうと思えば通れるのだそうです。
男4人でドライブに行きました。2ドアの車で先生は助手席に乗っていたそうです。
「おい、あの木の右側通って入ったら幽霊が出るって知ってるか?」ドライバーがみんなにそう語りはじめます。
みんななんとなくその噂は知っていました。「通ろっか?」
!!!!
「やめとけ。何もわざわざ通ることないやんけ!!」先生はそう言って反論したのですが、ハンドルをにぎいっているのは彼。
「こわがってるんか?出るんやっても車を停めんかったらええやんけ。ふっふっふ」そう言いながら強引に右側に進入しました。
誰もそんな物好きはいないのでしょう。長々と生えた雑草を踏み倒して通過していきました。
「なっ、なんも無いやんけ。」
そういって車内はまたくだらない話題で充満してきました。
しばらく走っていると路肩に女の子が一人とぼとぼと歩いています。
「おい、女の子がいるで。ナンパしよ。」男4人集まるとすぐにこういうノリになってしまいます。おおかた彼氏とドライブに出かけケンカでもして車から降りたのでしょう。
「お姉ちゃん!どないしたん? 乗せてったろか? 歩いて下まではしんどいで」
女の子は何も言わずに項垂れています。
「なっ、遠慮することないやんけ。乗りな。」そういって後部座席に女の子を挟む形で乗り込みました。 さすがに2ドアの車に5人は窮屈です。
しかし、女の子が加わったことで車内は一気に活気づきました。落ち込んでいる女の子を笑わせようと後ろの2人が必死になって冗談を連発するのです。
みんなはゲラゲラとバカ笑いです。
ようやく女の子も落ち着いたのでしょう、また我々に逆に気を遣ってくれたのでしょうか?顔に笑顔が戻りました。ニコニコ聞いています。

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:50
しかし、次第に車内が静かになってきました。
後部二人の冗談がやんでいるのです。
(おかしい。何かがおかしい。この女の子、さっきからニコニコしてるけど、一言も口きいてないやんけ。。)
どうやらそのことにみんなが気付いたのでしょう。
しーんと静まりかえる車内に、女の子だけがあいかわらずニコニコしています。
(・・・・やばいっ!こいつ人間と違う!!!)
そう思った瞬間、ニコニコしていた女の子が急に一転し、ゲラゲラと白目をむいて笑い始めたのです。
うわぁ!! 
と、同時に口から血が吹き出るように飛び散り、後部座席は一瞬にして血の海となったのです。
ぎゃぁぁぁ〜〜〜〜!!!
驚いた運転手と先生は車から飛び出して逃げたのですが、
「あかん!お前!! あいつら逃げとらへん!!!」
そう、2ドアのため後部座席からは容易に出ることが出来ないのです。
「どないすんねん!」
「あほぉ!ほっとけへんやろ!」
そして、二人は恐る恐る車に戻ってみることにしました。
車はヘッドライトを着けて、ドアをあけたままの姿でそこにあります。
耳をすましてみても何も聞こえてきません。
辺りは何事もなかったようにシーンと静まりかえっています。
車内にも物陰はありません。
そっと車内を覗いて見ると、さっきの女の子の姿は既にありませんでしたが、
1人が完全に気を失っており、もう一人は放心状態でヘラヘラ笑っているのです。
今でも後部座席の一人は、精神がおかしくなったまま病院通いを続けているそうです。
ところがこの話はこれで終わりではないのです。

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 17:51
数年後、そんなことも忘れていた先生は、ある日違う友人達とドライブに出かけたそうです。
「なぁおまえ、ここの大木、右側通っていったら血まみれの女の子に会うって知ってるけ?」突然友人がそんなことを話始めた。
「!!! あほぅ・・・・・。だ、誰がそんなこと言うてたんや?」先生の顔色がかわる。
「いや、聞いたウワサや。。ハハハ。なんや、おまえも知ってたんか・・・」
「・・・・・。」
「おもろそうやな。通ってみるで」
「あほぅ!! やめとけ!! 通るんやったらワシ降ろして一人で行け!!」 
「なにおこってんねん!おもんないなぁ。・・・なんやコワイんか?」
「コワイ。やめてくれ。」
「大丈夫や。昼間やし」そういって友人はいきなりハンドルを切ると、強引に大木の右側を通ってしまった。
「うわぁ、やめとけ言うてるやろっ!!  ・・・・・ボケが。」
「へっへっへ。」
「・・・・。あんなぁ、おまえは知らんで当たり前やけどなぁ。そのウワサの出所はワシや。」
「?! ハ??」
「だいぶん聞いてる話がかわってるみたいやけどな、」そう言って先生は数年前の出来事を友人に話始めた。
「・・・ヤバイわ。通ってしもたやんけ。」
友人は話を聞き終わる頃には、すでに恐怖がこみ上げていた。
「・・・ボケが。」
「ど、どないすんねん!」
「知らんわ!アホ!・・・・とにかく、もし女の子が居たとしても絶対に車を停めるな!絶対にやぞ!!目も合わすな。そこに居ると意識するな。」
そして二人は無言のままドライブを続けた。
しばらく走ったところで先生の緊張が高まった。
(アカン・・・。おる。絶対におる!!。)
「おるぞ。おまえ、、、、、感じ、、、るか?」
「・・・・。」友人は黙ってうなづく。
心拍数が上がる・・・・その瞬間!
「あっ!!」
そう、通過するその一瞬、ニヤニヤ笑う彼女とすれ違ったのです。
先生は思わずバックミラーに目をやりました。
(おったんや・・・。)
「おまえ見えたか?」
「わ、わからん。そやけど、、バリバリ鳥肌、、、、立ってるわ」
「おったんや。すれ違ごた。・・・・あほっ!振り向くな!! そのまま走れ!」
というお話。先生は何かに怯えながらボソボソと話してくれました。
よくありそうな話でよく出来ているような感じがしたのですが、ところどころ人間臭さがあり、それが妙に真実味を感じさせていました。
多分、僕の文章ではそういう微妙なニュアンスが伝わらないかもしれませんね。
ちなみに今は道路も舗装され大木は伐採されております。

137 :オカ塾講師 ◆Tbk9G1MQ :02/07/17 18:32
>>134

既読。阪神間ではつとに有名。だか長文で労作。恐さも有。

65点!


138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 19:56
>>137
感想を書いたりするのは結構だが、
かつてこのスレは批評が原因で荒れたことがあったので
出来れば控えて欲しい。

139 :コピペ厨:02/07/17 19:59
寅でも渥美清でもない 父・田所康雄の素顔 (「月刊現代」8月号)

 渥美清の長男=健太郎の証言をもとに書かれたルポ。その内容はあまりにも
ショッキングだ!! あの渥美清がドメステックバイオレンスを炸裂。殴る蹴る
の暴力オヤジだった、とは……。まさに、唖然呆然、あう、あう、あうの世界
である。

<(長男の田所)健太郎がまだ小学生だったころ、こんな出来事があった。
「父のいるテーブルに、たまたま僕が食器をポンと置くと、その動作が頭に来
るのか、いきなり怒鳴るんです。『なんだ、その置き方はっ』とね。『いや、
普通に置いただけじゃない?』と言うと、『ぶざけるなっ』と怒鳴って、目茶
苦茶怒られ、殴られました。殴られ、蹴られ、ときには髪の毛引っ張ってうじ
じゅう引き摺り回されたこともありました。酷いときには腹を殴られてゲロを
吐いてしまった僕を土下座っせて、そのゲロの中に顔を擦り付けて謝らせるよ
うな、そんなこともありました。もう、僕には何がなんだかわからないんです。
ちょっと食器を置いただけ、あるいは母が出したチーズを『お腹がいっぱいだ
からもういいよ』と断った瞬間に、いきなり殴り飛ばされるんです>

( ゚Д゚)ポカーン

((;゚Д゚)ガクガクブルブル

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 19:59
uza

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 20:04
>>138
削除以来出した方が早えぇんジャネーノ?

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 20:56
とりあえず自動あぼーん指定でもしておくか。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 21:40
今から12、3年前の僕が小学生の頃。
レンタルショップでCDを借りた。
家に帰り、CDを聞きつつ、何気なく歌詞カードを開いたら、
内側にセロテープでビッシリ髪の毛がはり付けられてた。
まじで気持ち悪かった。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:28
>>143
それキモイは…

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:52
今から1、2年前の僕が中学生の頃。
秋葉原のトレーダーで中古エロゲーを買った。
家に帰り、インスコをしつつ、何気なく説明書を開いたら、
直径2ミリくらいの陰毛が顔面目掛けて飛んできた。
素敵だった。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 22:59
>>134-136
いかにも関西人が喜びそうなベタ話だな。こういう話を迫真の演技で
語れないと学校の講師はつとまらんな

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 23:09
>>145
そろそろ夏休みですね。
「厨房」は夏の季語ですか?

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 23:14
>>147
「夏厨」なら夏の季語でしょうね。
厨房は一年中沸いて出てきますから夏の季語にはならないと思われます。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/17 23:34
>>148
しかし季語に「夏」の文字が入るのは無粋な感じがします。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 00:06
(・∀・)アヒャ!!

151 ::02/07/18 00:17
「夏休み」とかも季語じゃなかったっけ?

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 00:37
夏厨に
禿しく萎える
今宵かな

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 03:48
>>125
http://homepage3.nifty.com/asaya/google.txt
元ねた?

154 :154:02/07/18 10:29
昨晩のことです。
家には小さい子供がいまして、絵本とかオモチャが当然あるのですが
知育絵本というのがありまして(ボタンを押すと電子音がするやつ)
1ページ目は(おはよう)
2ページ目は(いただきます)
3ページ目は(いってきます)
みたいな感じで一日のあいさつを楽しんで覚えられると言う絵本でした。
もう買ってから1ヶ月位が過ぎてその間なんも以上は無かったのですが、
昨日の深夜12時頃寝室で家族で寝ていると急に居間から イッテキマス イッテキマス イッテキマス イッテキマス..
と鳴りだし(深夜の為相当響く)かみさんと飛び起きました。
俺    「なんだ?あれ、なんで鳴っているんだ?」
かみさん 「怖い〜見てきて止めてきて!!」
俺    「しょうがねーな〜」

俺は内心メチャメチャびびってましたが怖くない振りをして見に行く事にしました。
廊下に出てもあいかわらず イッテキマス イッテキマス イッテキマス..と鳴っていてとても不気味。
居間につくとソファーの上にその本は乗っていましたが、部屋に入った瞬間に音は止んでしまいました。
俺はますます怖くなりましたが、絵本を手にとってみました。でも以上は見あたりません。
たたいても振っても音は出なかった為、またソファーに放り出しまた寝る事にしました。



155 :154:02/07/18 10:58
そうして寝室に戻った俺はかみさんに「大丈夫なんでもない」と言い
そして布団に潜り込みました。
で10分くらいしてウトウトしてきたころ今度は オハヨウ オハヨウ オハヨウ オハヨウ..
と鳴りだしました。もう俺は恐怖よりも怒りが先立ち飛び起きダッシュで居間に行き
絵本を見るとまた音は止まりました。 
「そうだ電池抜いちまえ」 早速抜こうとしたが安全のためネジで厳重に電池部分がふたしてあり
ドライバーを引っ張り出しネジを外しているとき サヨナラ サヨナラ サヨナラ.. となり出しました。
鳥肌が立ちまくりでしたが何とか電池を抜いて就寝することが出来ました。
多分接触がおかしかったとは思うのですが、ホントに怖かったです。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 14:25
>>154-155
こわ!
電気とか電池で動いてるものの異常は、
実際起こってみるとホントにビビるよね。
しかも夜中とか、ひとりの時に限って起きるんだよな。


157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:06
ある本に載ってた話なんで、知ってる人もいると思いますが・・・

ワープロがPCにその座を追われる事がなかったころの出来事です
ある人が中古のワープロを買って来ました
最初はなんの異常もなく、普通にワープロとして使っていたそうです
が・・・・
ある日、ふと夜中に目が覚めてみると、電源を切ったはずのワープロの画面に灯りがともっています
そしてその画面には、なんの意味もない・・・そう、例えば幼児がでたらめにキーボードを叩いたような
;ldhgしgckvん;うhrgtrふggsjkdhgh;k
というような具合に表示されていたのです
彼は不思議に思いながらも、電源を切ってそのまま寝てしまいました
時計を見ると午前二時四十分
皆さんお察しの通り、次の日も、その次の日も、それは延々と繰り返されます
決まった時間に、何日も
そしてある日、いつものようにその現象はやってきました
が、その人少々様子が違います
オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
と、「オ」だけがいくつも連なっています
見ている目の前で、1文字ずつ増えていくのです
そして
オマエ
彼は慌てて電源を切り、布団の中で朝を待ったそうです
時計を見ると、二時四十分

次の日彼は、そのワープロを質屋に売り飛ばしたそうです
そのワープロは、今でもどこかで、新しい持ち主を待っているかもしれません
どなたか心当たりはないでしょうか・・・?

と、まあ電気モノつながりでupしてみました
お目汚し失礼m(..)m

158 :154:02/07/18 15:15
>>156
この怖さわかってもらえてうれしいです。
かみさんいたから対処出来たけど一人だったらと
考えると ((((((;゜Д゜))))))ガクガクブルブル

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:19
電池引っこ抜いてる時に「サヨナラ」か・・・・
接触不良が原因なのかねえ・・・・・

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:33
2ちゃんねる厨育絵本

「イッテヨシ! イッテヨシ! イッテヨシ!」
「オマエモナー! オマエモナー! オマエモナー!」

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:42
同僚が出張で東京へ行ったときの話です。
彼は出張費としてもらったお金を浮かすため、ある安いホテルに泊まったんだそうです。
その部屋には100円を入れると数十分動くビデオデッキとビデオが数本置いてあり、
とりあえず彼はどんなビデオがおいてあるのかをチェックしてみることに。
すると、お約束のえっちなビデオや名作洋画等の中に、一つだけラベルの貼っていないビデオが。
「なんだろう、裏ビデオかな?」と思った同僚はとりあえず100円ならいいやと
ビデオデッキに硬貨を入れてそのラベルの貼っていないビデオを見ることにしました。
ビデオをデッキに入れ、しばらくしてそのビデオは始まりました。
テレビに映ったのはどこか田舎の町の縁日の風景でした。
屋台が建ち並び、涼しげな格好をした人たちが行き交っています。
画面は浴衣姿の少年を捕らえ、その少年の顔にズームインしていきました。
そして、彼の胸から上が映るあたりでズームはストップし、
画面も一時停止状態に。
そして画面の下に、白い無機質なゴシック体でテロップがでたそうです。
「昭文くんはこの夜、掘られました」

同僚はすぐにデッキの電源を切り、そのホテルを引き払って別のホテルに泊まったそうです


162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:47
5点 夏休み補習授業に参加されたし

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:51
怖い話知ってるんだけど
書いてもいいのか?

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 15:57
>>163
>>162のような厨に採点されたくなくば
他のスレに書いたほうがいいと思われ(藁

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 16:05
ここ読んでから書くかどうか判断しる!
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 16:06
(=´ω`)ノ  10点満点で5点だからまぁまぁだょぅ

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 16:13
いや、おもいきって発表しようかなあ

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 16:15
だーれもみてねーやまた今度な

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 16:19
165 164>採点してくれた方がいいなあ
カキコしよかな? 167

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 16:19
もったいぶると余計叩かれる

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 19:03
学校の階段

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/18 21:01
学校の会談

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 00:56
学校の快談

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 01:04
学校の猥談

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 02:46
学校の漫談

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 07:42
学校の授業

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 07:44
学校で快便

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 09:18
学校の花魁

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 09:24
女優の戸川京子さん(37)=写真=が18日、東京都世田谷区内の自宅で死亡しているのが
見つかった。警視庁では自殺と見て調べている。

ソース:http://www.sankei.co.jp/news/020718/0718sha069.htm
前スレ:http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1026960382/



180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 09:25
二日午前十時四十五分ごろ、同駅ホームで、近江今津発姫路行き
新快速電車から、赤い服を着た若い男が飛び降りるのを複数の人が
目撃。男は勢いで鉄製フェンスに激しくぶつかったが、そのまま改
札口の方に歩いていったという。

 一方、電車内では、連結部付近で人の手や足が見えているのに気
付いた乗客がいたが、「ドン」という音とともに姿が消えたという。


181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 09:36
今日も暑くなりそうだ。セミも鳴いている。
なんかいいことないかな、、、金曜日


182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 12:57
考えてみれば

もう一ヶ月も

ぼくの腕から

血が流れ続けている

どうしてぼくは

生きているのか

ぼくの辞書に

出血多量という

言葉は載っていない

に違いない

載っていなければ

良いという問題でも

ないのだが

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 16:30
>>182
そんなあなたにこのスレ
http://music.2ch.net/test/read.cgi/visual/1020474739/l50

184 :55:02/07/19 20:05
このスレ読んでると、必ず何か起こります。
気のせいでしょうが、先週は犬がいきなり吠えながら私の部屋へ駆け込んできました。
今週はいきなりPCのウイルススキャン(いつもは手動設定)が始まりました。

さっきは家(マンション)の前の廊下で、誰かが立っていました。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 20:46
お前はマンションの廊下に人が立ってただけでオカルトに結びつけるのか

186 : :02/07/19 21:35
久しぶりにこのスレを見たけど、なんで1にちゃんとしたスレの説明文が省いてあるんですか?
いきなり「伝統アル」と言われても始めてきた人にはいまいち分かりづらいのでは?
でも、まだまだ続いていて嬉しいねえ。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 22:06
ここのスレ読んでて、気がついたらアメリカザリガニが部屋の中にいた。
この部屋12階にあるし、入れる隙間もないはずなのに。
おもわず笑ってしまった。

188 :名無しサソ@複製中:02/07/19 22:27
かなぁり前にニュースで見た話。

マンションの最上階の男が密室で出血多量で死亡。
吐きまくって喉が切れちゃったらしいんだけど
かなりの恐怖を感じないとここまで吐かないと検死の結果で分かったそう。
誰かソース探して下ちい

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 22:43
朝起きたらドブ川の中だった

190 : :02/07/19 22:57
俺は部屋でテレビを見てて、ふとトイレに行ったんだよ。で、部屋に戻ると

なぜか、ヘビがとぐろを巻いて俺を威嚇してるんですよ。部屋ですよ。部屋。
パニクってたが俺はとりあえず、そばにあった殺虫剤でシューッと奴に浴びせたんだですよ。
しかし、怯むどころかさらに俺の方に向かって威嚇し続ける...
あぶない!と感じた俺は仕方なく毛布をかぶせて凌いだんですよ。その後奴は


191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 22:57
>>189
起きれてよかったな。
酔っ払い。

(人のこと言えねえな w)

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 23:08
去年の冬休みの時
寒いからふとんに潜って寝てた
そしてウトウトして寝る寸前にきたけど
だんだん暑くなってきてふとんの外に出たら
耳元で「カリカリカリ」って音がしてきた

前に同じ音がして、耳元をよくみるとゴキブリが這ってた事があったんだけど

またゴキブリだと思ってびっくりして起き上がったら
目の前のガラス窓を誰かがナイフみたいなので削ってた




193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 23:12
ダヌル・ウェブスター死ね。
       

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 23:12
十中八九、二度目は夢だよな

俺は寝ていて顔が痒いなぁと思ったら15cmくらいのムカデが顔を這っていた事が有るがあれは洒落にならんかったな

195 :?@:02/07/19 23:20
俺のおやじは就寝中に耳にゴキブリが入ってしまった事があるぞ。
しかもでかい奴が...

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 23:27
あのー、自己責任ってヤバイですか?
途中まで読んでるんですけど




197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/19 23:38
>>196
俺は単なる落し話だとおもったが・・・・

198 ::02/07/19 23:43
>>196
いわゆる「この話を聞いた人のトコに出るぞ」系の話なので
そういうのを気にする人は読まない方がいいかも。
そうでなければ、このスレの中でもかなり怖い部類に入る話なので
一読をお勧めします。

199 :121:02/07/19 23:49
http://hadakaa.up.to
ロリはここに逝ってよい!ゴラァ!
  iii■∧  /
━ (,, ゜Д゜) / ━━━━━ ∧∧━━    ∧∧
   |   つ ∇   (゜Д゜;)   (゜Д゜;)
   |  |┌─┐   /⊂   ヽ    /⊂  ヽ
 〜|  ||□|  √ ̄ (___ノ〜 √ ̄ (___ノ〜
   ∪∪ |   |  ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
 ̄ ̄ ̄ ̄|   | ====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  すげー!!サンプルだけで抜けるよ!!!


200 : :02/07/20 00:01
どこぞの板でカキコで上がっていた話しなのだが、個人的に怖くって。
詳細知ってる人いたたらオセーテ。

埼玉県の某所で、真夜中に若い男女のカップルが車内であいびきをしている最中、
外側からドアをノックする音が聞こえた。音に気付いたカップルは
慌ててそちらを方をみてみると、頭から血を流している5歳位の女の子が、
何かを訴えたそうにこちらをジーッと凝視しているではないか。
怖くなった2人は猛スピードでその場を離れた。
暫く走ったところで、向こうから車を制す仕草をしている1人の男が
歩いてくるのが見えてきた。
躊躇いつつも、その男の前で車を止めてみると、男が近づいてきて
「このくらいの背格好の女の子を捜している」と言ってきたのだ。
2人は迷わず。「あっ、そう言えばこの先でそれらしき子見ましたよ」と
今走ってきた道の方を指差して言うと、
その男は無表情でそちらに向かって歩いていったそうな。

そしてその日から数日が経ち、彼らはTVであの日出会った男の正体を知ることにななった。



201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 00:05
宮崎ハヤオだったんだな。

202 :201:02/07/20 00:07
すまん、ツトムでした。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 00:07
コウモリが部屋に入って来ることがあるんだけど、電気つけたら
グルングルン飛び回って最悪。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 00:25
コウモリはよく見ると可愛いという罠


205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 00:34
>>200は確信犯
>>201は童貞

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 00:36
>>202は包茎

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 01:49
>>205はホモ


208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:08
>>207の実家は炎上中

209 : :02/07/20 02:38
205は前科者

210 ::02/07/20 02:52
俺の親父はヅラ。

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:54
上司がヅラ。

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:54
>>211は俺

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:54
>>213は俺               

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:55
>>214も俺                            

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:55
>>216は俺の犬                                  

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:55
>>212
服部係長、来てたんですか!!

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 02:57
         __          ________
        ./σ.         || タイ人イイ!  ||
       //' iヾヽ       ||⌒ ミ  |   /||
       || i i ヾ ヾ ゚     ||Д´;) !!||. .//||
       ||  i i ヾ ゚    ⊂.ノ   ||//. .||
       || i i ゚! ヽヽ   ||     ||/   ||
       ||  '.°゚ ゚ .    ||     ||     ||
       ||  i. ノハヽヽ゚   ||     ||     ||
       ||9( ;´D`;)──| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l───
       □/  (  )_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ
     ∽___/(__)__)ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ
   =(  )¬l /_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノ
    /~~^~ ヾ||シ ~^^~~~~~ ~~~~~'、~~~~ ~~~ /

         __          ________
        ./σ.         ||     ||     ||
       //' iヾヽ       ||     ||   /||
       || i i ヾ ヾ ゚     ||     ||. .//||
       ||  i i ヾ ゚     ||     ||//. .||
       || i i ゚ ヽヽ.   ||     ||/   ||
       ||  '.°゚ ゚ .
       ||  i      ゚    彡 ⌒ ミ
       ||9 l   ──     (`Д´;)<妻はマグロ!タイ人(・∀・)イイ!
       □/ /_ノ     /)/ノ
     ∽___/_ノ   ノハヽ⌒⌒) ) )) カクカク
   =(  )¬l /  ⊂(;´D`; )つ∪
    /~~^~ ヾ||シ ~^^~~~~~ うわぁ〜ん!!



218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 03:06
このコピぺ飽きた。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 05:14
霊の話ではないけどこわいなあ、と思った話

数年前多分関西の方だったと思うのだけれど、携帯電話に夢中で電車が来たこ
とに気づかずに若い女性がはねられて死亡って事故があったんですよ。
これ怖いですよね。恋人か友人か家族かわからないけれど、彼女は電話の相手
に自分が轢き殺されるときの音を電話で伝えちゃったんですよね・・・これに
気がついたとき、電話口の相手がどんなだったか想像しちゃって妙にこわかっ
た。
そういや電話ボックスで留守電に録音中に自動車がつっこんできたなんて話も
聞いた。こっちはその音が録音までされちゃってるわけで・・・

220 :金貸し業:02/07/20 05:16
つい最近の出来事です。
寂しがり屋の私は、この夏とりたてて楽しいイベントの予定がないことに
我慢ならず、大学時代のバイクサークルの仲間を沢山誘ってなにかやろうと思い立ちました。
そこで、一番仲のよかったA君に電話をし相談した結果、
心霊スポットとして有名な避暑地まで、バイクでツーリングに行こう
という事に決めました。 後で考えるとコレが最初に犯したミスだったのかなぁ・・・

で、大まかな予定を決めた後、他の人達にお誘いの連絡をすることになりました。
サークルの名簿を頼りに上から順に電話をかけていってたところ、
ある1人の名前に目が止まりました。
仮にB君としておきますが、そいつは身なりが常にだらしなく、不精髭を生やし、
更に金にもだらしない、といった奴でサークル内でも軽蔑の対象でした。
金にだらしない彼に、私は今の職業上(HN参照)電話をかけづらい、ということで
彼にだけA君から連絡してもらうようにしました。
A君も彼のことが嫌いだったようで、面倒くさそうにテキトーに説明していました。
彼自身サークル内で嫌われていた事は理解していたようなのでどうせ来ないだろうと。
が、電話を切ったA君に聞いてみると、嬉しそうに「行く」と言ったんだそうです。
「やっぱり誘わなきゃよかった」とこの時思いました。

後日イベント当日、山の中腹あたりの集合場所には続々とサークル仲間が集まってきました。
それぞれ皆たのしそうに談笑していましたが、集合時間がきたので点呼をとりました。
「おい、Bが来てないぞ・・」
集合時間も結構過ぎ、遅いなぁ〜〜っという声がそこかしこから漏れます。
そんなとき、下方からゆっくり近づいてくる気配がしました。自転車です。
こんな早朝にこんな山の道路を何故?・・・と思いよく見てみると・・・・・

B君でした。。。
彼はゆっくりと近づいてきて、バイクに乗った我々を目視するや
なんともいえない表情になり、自転車を止めました。
私達は目を疑いました。
彼はおもむろに自転車のハンドルグリップを勢いよくひねり込むと、
開口一番

「ブルンッッッ!!!」



221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 05:22
♪どうする!○○フル〜

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 05:33
>>220
続きはあるの?

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 05:33
あの宣伝、毎回怖いよね。
どう見ても金持ってなさげで、収入も薄そうなのに。
おまえはこんな事で金借りるのかと・・・・。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 05:37
続きにはダイビング篇があると思われ。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 09:45
>223
消費者金融の宣伝は、みんなコワイ。
借金する必要なさそーなことで金借りて、
受付は優しそうなネーチャンで
心配なし!みたいに装って。

内情知ってる人間からしたら、詐欺にしか見えん。

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 12:07
>>200
あたし、それの別バージョン読んだことあるよ。
これの前スレじゃないかなぁ。
夜の山道を、女性一人で車運転してたら
やっぱり5才くらいの女の子が「たすけて」って車に近づいてきたとか。
で、夜中だし山道だし、もしかしたら心霊現象?!と思って逃げたんだって。
したらその先で男に止められ「小さい女の子を見なかったか?」と聞かれたそうだ。
で、オチはほぼ同じ。

いろんなバージョンができてるのかもしれないが、
これがどっちも本当なら、その小さい女の子はよっぽど不幸な子なんだな。


227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 12:11
>>157
わしも電池つながりで。

UFOキャッチャーかなんかの景品で、揺らすと
「キュイ キュイ キュイ」と鳴くラスカルがうちにあったんですよ。
それがいつの頃か、全然触らないのに鳴くようになったんです。
私が仕事から帰ってきて車を止めてる時や
みんなが寝静まった深夜
決まって夜なんです。

夜中トイレに起きたとき、キュキュイ鳴いてた時は、怖かった・・・

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 12:15
一時期大ブームになったファービー。
こいつも夜一人で鳴いてたなぁ、声が怖いんじゃ!

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 13:43
私がネット初心者の頃、いろいろ分からなくてネットサーフィンをしていたんです
そしてエロ画像を探そうと重い、外国のサイトをリンク辿ってアクセスしまくっていました
結局タダで見れるところは無くて、検索で個人のサイトを探そうとしてたら
変なHPを見つけたんです、トップページにはデジカメで撮ったような低画質の写真があり
カラシ色のTシャツを着た中年の写真で、顔にはモザイクがかけてありました。

しかしそのページが変な理由はその写真ではなく、ページの隅から隅まで文字で
埋め尽くされているんです、それらは英数字なのですが文章になっていませんでした。
しかしページのデザインが妙にカッコよくて、次の日
学校で友達に「このサイトってUGかな?なんかカッコイイぜ」とURLを教えてました
友達は「おー、見てみるわ」と言い別れました。

そして私は家に帰り、衛星放送を見ながらそのまま寝てしまいました。
そして深夜の2時半くらいに携帯が鳴ったんです、見るとその友人からでした。
「なんだよ、こんな時間に・」と思い、わざと不機嫌そうに「なんだよ?」と出ました
するとめちゃくちゃ早口で「引出しの中からで幽霊出てきた!」って言うんです。

なんでも、深夜に私が教えたHPを見てたら机の引き出しが「ササー」と開いて
中年の男の顔が伸びてきたらしいのです。

勿論ウソだと思いました、ネタだと思いました、よくウソつく奴なので





230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 16:26
1年ぶりにこのスレ来て
83経由で自己責任読んだけど恐いね

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 17:57
>>226はブサイコ
性経験ナシもバイブにより非処女。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 21:21
(´・ω・`)

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 21:29
>>231
あらやだ。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 21:47
>>226
まだこんなヨタ話する奴がここにいたとはなぁ

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 21:55
ところで、>>200>>226・・・。その話のモデルになった人の名前は知ってますか?
・・・いや、わかってて聞いているんですけど。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 22:01
>>235
みやっざきつとむくんネタなんていまどきはやんないよ

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 22:08
あのアニメの大御所が・・・・

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 22:11
「若奥様の生下着」でしたっけ?応酬されたブツ(ビデオだか本だか)のタイトルのひとつ。
これだけは覚えとる。

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 22:27
>>29
((( ;;゚Д゚))) ガクガク

240 :239:02/07/20 22:28
>>229の間違いだった。(´・ω・`)ショボーン

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 22:44
>>234
なんだ。もしかしてみんな知ってたの?

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 22:49
>>241
「死ぬ程ガイシュツ」と言うのもガイシュツなくらいガイシュツ。

243 :オカ塾講師 ◆Tbk9G1MQ :02/07/20 22:58
>>229

初読。創作のようでも有。判断つき難し。続きを望む。

65点!

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 23:09
台所で料理をしたあと、包丁をキッチンの扉についてる
包丁さしに入れようとしたとき手を滑らせて包丁を足の上に
落としてしまった。
うわーっと思って足を見ると包丁が足に刺さってた
でもなぜか痛くない、おそろおそる見てみると
親指と人差し指のあいだを抜けて床にささってた。
ちょっとずれてたらゆびちょんぱだった。




245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/20 23:15
> 20 VZS01412 5/20 *** またタイ女性買春行こうな>EXA:おさる
>
>》   QZR05214 5/20   おさるへ /EXA
>》おまえの相手はしないよ。
>》オレが問題にしてるのはパロチンの行為だ。
>
>  なんだ、ハンドルジャックなんてどうでも良かったのか(笑)
>  はじめからパロチン攻撃がしたいんだっていえば良いのに(笑)
>
>》それをおまえのようなバカが擁護するから
>》パロチンが謝罪するきっかけを失うんだ。
>
>  謝罪する必要なんて無いんだよ、間抜け。
>
>》友人を救おうとして、逆に友人をドツボにはめている
>》そんなこともわからないのか。
>
>  ドツボにはまるのは誰なんだろうね。
>  いつも泣けば許して貰えると思わない方が良いと思うよ。
>
>》ハンドルジャックについては
>》ちゃんと矢印付のUPでRESをつけてるよ。
>》あの程度しか書かなかったのは
>》まがりなりにも貴殿とは一度ならず逢った間柄だからだ。
>
>  いきなり貴殿に変えるなよ。
>  一緒にタイ女性を買春した仲だったね。
>  俺や多七オヤジが不発だったのに、EXAだけ膝がガクガクするほど
>  禿げしくやって、スッキリしてきたんだよね。
>
>  パロチンがフロムオプションでハンドルジャックすると謝罪が必要で、
>  一緒にタイ女性を買春すると、掲示板でハンドルジャックしてもかま
>  わないのか? むちゃくちゃな話だ。
>
>》問題を拡散させて、論点を見えないようにしたくはない。
>
>  問題はハンドルジャックだろ。
>  論点絞れよ>チンカスEXA
>
>  おさる(へび年)
         

246 :オカ塾講師 ◆Tbk9G1MQ :02/07/21 00:13
私儀、明日よりアメリカ出張。8月5日帰国。8月7日よりドイツ出張。
8月28帰国。その間書き込み不可。本塾生の健闘を心からお祈りする!

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:15
俺も怖い話ある

248 :乳タイプ:02/07/21 00:18
タイトル「笑う子供」

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:20
>>246
どこへでも失せろやヴォケ。帰ってくんなよ!

250 :乳タイプ:02/07/21 00:22
友達の怖い話
仮にK君としよう。彼は沖縄出身でな、若い頃はけっこうヤンチャしてた。

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:23
>249
禿げ同

252 :乳タイプ:02/07/21 00:24
ホントにおばけなんかいるのか?じゃあ、ためしてみようなんて。
たとえば、夜中の防空壕、沖縄には今でも白骨化した死体とかけっこう残ってて、夜中にオバケが写るんじゃないとかいって友人にカメラ向けてピースで写真をとったり

253 :乳タイプ:02/07/21 00:25
夜中2時くらいに、海で泳いで友人にカメラもたせて映せとかやってて、結局でも(なーんもなかったぞ)と言ってたりした。そんな肝っ玉優れたやつ。

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:25
>>246
つうか、そんなどうでもいい事
あちこちで告知すんな!

255 :乳タイプ:02/07/21 00:28
で、ある日、悪友達連れて車3台連れて夜中ドライブに行ったんだって。
立ち入り禁止の波止場に入っていって夏だから花火とかして酒飲みながら遊んでた。鞍馬のヘッドライトの先、海の中10メートルくらい先に5〜6人いて一人が「誰か溺れてる!」って叫んだ!


256 :乳タイプ:02/07/21 00:29
聞いてくれてる?

257 :乳タイプ:02/07/21 00:30
車のヘッドライトの先、海の中10メートルくらい先に5〜6人いて一人が「誰か溺れてる!」って叫んだ!


258 :乳タイプ:02/07/21 00:31
見れば子供が1人あっぷあっぷしてる。
「えーどこ見えないよー」「いるだろあそこ」
そのうちの一人が誰か呼んでくるって近くの民家に走っていった。
「早く助けないと!」「どこ?どこにいるの?」そんなやりとりをしてるうちに、むこうからオジサンと助けを呼びに行ったやつが走ってくる。
「お前たちここは立ち入り禁止だろ!!」そのオジサンは漁師で今にも救出しようとして服むいでるやつにむかって「やめろ!!!」叫んでる。
「いや、でも子供が・・・」
漁師のおっさんは、なんか必死に止めようとしてる。
???


259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:31
きいてるヨ

260 :?I?J?m?u?t??:02/07/21 00:37
249=251
俺はオカ塾講師 ◆Tbk9G1MQべつにウざく亡いけどねえ。
よーするにあれだろ? 自分の嫌いなものは絶対的にダメ!
苦いものは嫌で甘いもんだけ欲しい暮れ暮れ乞食だろ?君らは?
つまんねーよ!とかくのも、おもしろくねっしって一行書くのも
レスはレス。。何買い手もいいんだよ! もちろんお前らもな!
だとしたら、無視して利ャいいじゃん! お互いにな(ワラ

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:38
>乳タイプ

聞いてやるからまとめて一気に書けやゴルァ

262 :乳タイプ:02/07/21 00:39
その状況はというと子供が溺れてる。6人中3人は見える。他のやつには見えない。
漁師「見えるのか?」
「だっているだろ。早く助けなきゃ!!」目の前10メートル先くらいに確かにいる。
「どこ?いないよ?見えない。」漁師のおっさんが「じゃあ見える奴。アイツの顔見てみろ」
「あのこども助けを求めてるように見えるか?」
よ〜く見ると「ううん・・笑ってる」
漁師「いるんだよ・・お前たちみたいな奴らが助けに飛び込んで引き込まれるんだ」
「そして、そんな状況で水死体があがるんだよ・・・」だからいつもここは関係者以外立ち入り禁止にしてるんだ。」


263 :乳タイプ:02/07/21 00:40
そんな話です。完

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 00:42
いずこ?

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/21 00:44
>乳タイプ
(・∀・) てめぇ!なんで助けてくれねぇんだよ!!


266 :乳タイプ:02/07/21 00:44
261>まとめて書けないんだよ。スマソ

267 :乳タイプ:02/07/21 00:45
265>???はっ?

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 01:40
微妙、、、ネタなら助けを求めた子供を名乗った方がわかりやすかったかもね、。

269 :乳タイプ:02/07/21 01:48
ネタじゃないよ。子供に見せかけて引き込むそうな

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 01:56
いや、268は265に対して言っているのだよ。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 02:00
なんで霊の妨害している漁師のおっさんはなんでもないんですか?

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 02:03
271>いつも警戒してるからかな?

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 02:17
あえて『ちちタイプ』と呼ばせてもらおう。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 03:01
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
を、今日知って、ずーっと読んでる者ですw
本当にこわいですね・・
かつ、良スレと言う事も実感できます

話しは変わりますが、パート1の「記念撮影」の資料はどこにもないのかな・・?
もし、その情報もってる方が居れば、教えてください

では、また続き読みます・・(今の所で一番こわかったのは、かしまさんかな)

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 03:13
かしまさんこわいとかいってるやつはさ
オカ板に来る前にもちっとオカルト知識詰め込んで来い
薄すぎてオカ板が育つ餌にならねぇからよ


276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 03:22
>>275
いいじゃん別に。
サイト全部読み終わったら自然にオカルト知識が身につくさ。

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 03:27
ぽつぽつ出てくる、さっぱり理解のできない話が怖い。
どんな奴がどんな面で書いてるのか考えるととても怖い。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 03:31
>>277
あの中でこれが最強に怖い
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/3/860.htm


279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 05:02
かか、かしまさん読んじゃったよ・・・
てゆーか今、神戸に住んでるし。
ウワアアアァァァァァァァアアァァァァ

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 05:26
宗教のことはどこに書けばいい?
スレ違いでスマソ
教えてちょ

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 05:33
 昭和30年7月28日、三重県津市の中河原海岸で、市立橋北中学の女子生徒が水泳の授業を行っていた。ここは遠浅で波も穏やかで、生徒達は海岸から50mほどのところを泳いでいた。
 ところが、静かだった海を突然大波が襲った。生徒達は次々と海底へ引きずられてゆき、36名が死亡、生存者は9名という悲惨な事故となってしまった。この日は天候も良く、遠浅のこの海岸では子供でも足がつくはずだった。
 地元の人は「澪(ミオ)に違いない」と言った。
 

   澪とは、遠浅の海岸に大きな川が流れ込むことによってできるすり鉢型のくぼみのことで、川の流れと波がぶつかって、「タイナミ」と呼ばれる津波が発生することがあるのだ。
 ところが、生存者の一人である中西弘子さんは、津波ではない恐ろしい体験をその時していた。
 弘子さんは友人と2人で泳いでいた。2人の何mか先で、突然数人の生徒が溺れたので、2人は助けを呼ぼうと海岸の方へと向かおうとした。急ぐ弘子さんの足にその時、何かがからみついた。



282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 05:34
弘子さんが振り払おうと手で掴むと、なんとそれは人の手だった。次々といくつもの手が弘子さんの足をひっばり、海へと引きずり込もうとした。黒い塊は、防空頭巾をかぶった人々に見えたという。
 弘子さんはそこで気を失ってしまい、気付いた時は病院のベッドの上だったという。そして、弘子さんがその時目にした恐ろしい光景は、他にも目撃者が何人もいたのだ。
 この海岸では一体、何があったのであろうか。   
 

   昭和20年7月、日本は第二次世界大戦の真っただ中で、アメリカ軍の空襲は津市にも被害を与え、250人の市民が焼死した。火葬しきれなかった遺体は7月28日、海岸に埋められたのだという。
 生徒達の事故があった日と、空襲で犠牲となった人々が埋められた日は、奇妙に一致する。弘子さんや他の人が見たあの防空頭巾の人々は、その犠牲者たちの霊なのであろうか。
 現在この海岸は、遊泳禁止となっている。   



283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 06:01
アンビリでやってたね、澪。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 06:24
>>281-282
いいから夏休みは改行の練習しろよ。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 11:22
>>281はUSOジャパン見てマジビビリするタイプ


286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 11:37
>>281
すでにガイシュツと言うのもガイシュツなくらいガイシュツ
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/6/805.htm

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 11:42
>>246

九州のおばあちゃんの所に遊びにいくんだね!
夏休みは楽しいことがいっぱい、でも宿題もちゃんとするんだよ

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 13:09
>>281
川で溺れかけたことあるけど水の流れって目に見えないから怖いよ。
地形にもよるけど、水深によって水流の向きが逆だったりする。
漏れは1キロぐらいは泳げるんだけど、自分の体がまっすぐ進まなかった時は焦ったよ。
岸に向かってるつもりが深い方に戻されちゃう。助けを呼ぼうかよっぽど迷ったけど
木ぎれのように川の中央に浮かびつつ体力と気力を蓄えて一気にバタフライで生還。
サケはエラいと思った(w

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 13:42
>>288

離岸流?

290 :288:02/07/21 14:13
>>289
詳しく言うと、渓谷っぽいとこで地形が開けて川幅が急に広くなってまた狭くなってるとこあるでしょ?
楕円形ぽい地形で一見流れは緩やかなんだけど底は深くてそこだけ水が回転してるんだよね。
片方の岸では上流→下流なんだけどもう片方は下流→上流に水が動いてる。
それで台風の目みたいなとこに戻されちゃって岸に戻れなかった。
漏れが必死に泳いでる間、連れは河原でのんびりバーベキューよ(w

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 14:16
>>280
ここに行け。
http://life.2ch.net/psy/
ちょっとは自分で探せよ。
検索の仕方わからないのか?

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 17:55
おぼれるとマジあせるよー。
俺も腿ぐらいの深さでおぼれたことある。
このパニック状態だと何見ても不思議じゃないね


293 : :02/07/21 18:05
普段なんでもないと思ってるだけに豹変するとこえぇよな
でも慣れたら急に変わる水の流れも見える様になるべ
かなり遠い沖とかだと勘弁だけど

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:07
ネットカフェで明け方までネットいじって、その帰りに明け方
吉野家で軽く牛丼食って、いつも通りに家に着いたら、その瞬間に
めまいがしてとんでもない寒気と汗が。歩くことすらまともにできず、
なんとかベッドまで辿り着き、朦朧とした意識のまま寝た。
突発的な、ひどい高熱の風邪だった。
ほんの少しでも家に着くのが遅かったらどうなっていたのか
考えると怖い。 冬だったら死んでたぞ・・・

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:11
お盆は水辺に近づいてはいけないよ
引っ張り込まれるよ
物凄い力で
私は運良く助かりましたが・・・

296 : ◆jq1EBISU :02/07/21 18:12
↑でした。

297 :銅鑼衛門:02/07/21 18:12
じいちゃんの大切な盆栽を落としちゃったという話は既出?

298 :いたい:02/07/21 18:24
違うと思うけど。
この総集編読みながらチュ―ペットをたまに
食べてるんだけど、今オレンジ味のチュ―ペット食べようと思ったら
先のとんがっている部分に血のような赤いものが混ざってるんです。
1本だけでなく全部。。。
すごく勘違いだと思うんですけど、、どうでしょう。。

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:33
オークションでPS2買ったら 電源さす所に鼻くそみたいなのが憑いていた。
汚いからテイッシュでふき取って 出品者に文句言おうと思ったけど怖いからやめた。

FF11がやりたいので祖母に金くれと言ったら 「金なんかあらへんわ!」と言われた。
しかし弟に聞いた通り こたつの下をどけてみたら二万円があった。

金を盗って2階にあがろうとした時 仏壇の所にノブみたいなのが見えた。

朝起きたら 庭に猫の死体があった。
FF11は売り切れていて 怖いから部屋に鍵をかけた。


鍵を掛けたのに ノブが入ってきた。
恐ろしかった。

 

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:37
>>299
底知れぬ恐ろしさを感じるのは私だけでしょうか


301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:39
>>299
でんぱこわい

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:45
>>300
御意

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:45
http://js-web.cside.com/

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 18:59
>>300
狙ってやってるのがミエミエで全然怖くない

305 :ぼっき丸:02/07/21 19:30
オレ、三日前から京都市内のマンションで一人暮らしはじめたんやけど、昨日・一昨日と
二日続けてマンションに帰ってくると牛乳ビンに花を入れたやつが部屋の入り口に置いてある。
犯人捕まえようとして今日、一日ずーっと玄関に椅子置いてビール飲みながらのぞき窓覗いてる。
一日中飲んでるのでええ加減酔っ払ってるから、もし花を置く犯人がイタヅラなら
その場で半殺しにする勢い。
ちなみにその部屋は会社の持ち物なので代々同じ会社の人間しか住んでない。


306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 19:34
うひー

307 :銅鑼衛門:02/07/21 19:34
>>299
淡々とした語り口が怖い。

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 19:36
>>5-21
こいつら許せん!!
こんなやつらが出所してんのか!!

309 :ぼっき丸:02/07/21 19:43
つーかこれまでの中で>>299が一番怖い

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 20:57
>>309
大震災の話の方ですか?

311 :たなばたの怪:02/07/21 21:52
うちの上司が、自宅の竹やぶに入ったがつまずいてコケタ。
右腕の内側にアイスクリームの棒の大きさの竹が貫通した。
その日は7月7日たなばたの日だった。

312 :ダヌル・ウェブスター:02/07/21 21:54
>311

ええ話や。

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 21:57
>>311
だれかの願いがかなったんだね

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 22:26
>>311
ほのほの

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/21 22:28
>>305
頑張って

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 02:37
なんか最近あんざんこばっかでぜんぜんおそろしくねっし

317 :銅鑼衛門:02/07/22 02:41
小学生の頃、線路に石置いた奴多いだろう。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 02:43
道路にジャリ撒いた事はあるな

319 :銅鑼衛門:02/07/22 02:45
俺は交差点にバッタを大量に放ったことがある。

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 03:05
わあ、ねっしが出た!

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/22 03:58

今、ついさっきまでネット見ながら遠方の友達と携帯で話ししてたんですけど…
友達がコンビニから帰ってる最中だと言うので世間話とかしてたんですが、
「そいでな…こないだアンタんと…」
と言った途端、短く「ぁぅ!」みたいな声と同時に、
自転車が倒れるような音とガラスが割れる音がして切れました。

………電話かけても電源が入っていないためかかりません、になる…

……何があったのか非常に恐いけど確かめようが無い…

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 04:04
その近くの警察に事情を説明して事故とかなかったか聞くとかは?。

323 :菜梨賛:02/07/22 04:05
作ったYo!!
ttp://members.fortunecity.com/gonzou/kowailog/


324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 04:26

電話ずっとかけてみてますが繋がらず、
他の友達に聞いてみても繋がらずちょっと心配…
近くと言っても、今その友達がどこにいるのかわからず…
住んでるのは大阪なんですけど夏休みで彼氏の家にいるらしく…
それ以上の現在地がわからず…
なんか連絡つくまでずっと恐いままなのかな…。


325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 05:50
自転車乗りながら携帯で話してるヤツは逝ってよし

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 07:37
「自己責任」読んで怖いっていう人って、
心が純粋なんだろうなぁと思った。
純粋さのかけらもなくなってしまった俺には、なんとも・・・。


327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 08:51
>>326は若い頃、不良に憧れていた。


328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 09:15
>>326
なんだ純粋って?イミガワカラン……
ていうか君、友達いないだろ?

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 11:11
自己責任は漏れも怖くなかったぞ。
途中まで面白かったけど、オチ読んで
マタコレカヨ!と思ったから。

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 11:50
この話は誰にも信じてもらえなかったのですが
私が小学4年生の頃でした、なぜか学校ではカニを捕まえるのが流行っており
特にガザミという大きいカニを捕まえた奴はクラスで英雄でした。

その日も近くの海に面した公園の砂浜で私と友達3人(男2人女1人)で探索してました
そこは夕方の5時ごろから潮が引いて、下に降りれたような気がします
今まで海だったところに降りました、ちょっとジメジメした感触が心地悪かった・・
いろんな生物がいました、えびやアナゴみたいな長い生き物や、ちんちんみたいなナマコもいました
私達はカニを探していました、私は友人群から50M程離れたところでカニを探していました

何やらタイヤや自転車が落ちていたような気がします、私はそこの土を掘っていて
ふと右を見ると目の前に、怪獣がいました。
よく本でみたティラノサウルスのような顔が地面から生えていました
生きているのかどうか分かりません、そいつは空を見ていて目は虚ろだったのです。

あれはなんだったのでしょうか、絶対に生き物です、私は急いで友達のところへ逃げました

ワニがいたーーー!と叫んでいました(あのころはワニと思っていたのですが
よく考えればあんな大きいワニはいないと思い怪獣ではないかと思うのです)

友達達はもちろん信じてくれません、だんだん潮も満ちてきたので帰りました
さっきの場所を見ると、何もいません、地面に潜ったのでしょうか・・・・

あれは逃げ出した突然変異の巨大ワニか、怪獣なのか、エイリアンなのか、おばけなのか

いまだに分かりません。


331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 12:33
>>330は小学5年生

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 14:41
ママは小学4年生

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 15:06
さんまのからくりテレビの「御長寿クイズ」(?)で
「ゴジラのような生き物をなんというでしょうか?」という問いの正解が
「恐竜」だった。
>>330を読んでそれを思い出しました。

334 :326:02/07/22 18:02
>>328
純粋な奴ほど(心が汚れていないから)、ああいうオチが気になって
余計に恐がれるって事だよ。
恐がれる人の事をむしろ、誉めていて羨ましいとさえ思っているわけ。
友達が俺にいるかって?笑わせんなよ。
こういう事をいちいち説明してやらなきゃ判らん君の方にこそ、
友達がいるのかどうか、俺の方が心配になるくらいだ。

・・・なんて、煽りのマジレスにしている俺も、
まだ汚れきっているわけじゃなさそうだな・・・。

335 :326:02/07/22 18:04
○煽りにマジレスしている俺も
×煽りのマジレスにしている俺も

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 18:24
ああー!まだたきをすると子供が見える
はぬけの子供が見える



337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 18:28
このスレ読んでるとき(つーか今だが)
全然知らない番号から携帯掛かって来て・・・

いや、ただの間違い電話だったんだが、
通話ボタン押すのにこれほど勇気がいったのは
初めてだったよ

338 :すいません:02/07/22 18:48
このスレ過去ログから楽しませて頂いています。怖い話の書き込みではなくて
くだらない質問で申し訳無いんですが、マイナスドライバーの話はどう怖い
のですか?全然怖くないよ、とかじゃなくて話の意味が良く解らないんです。
風呂場でボイラー室みたいな部屋に行ってそこで鍵穴からゴー、え、それで?
全然話が解らない。皆が怖いよー、て仰っている中で話の意味さえ解っておら
ん自分、て・・・ 誰か話のポイントを教えて下さい。

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 19:17
そのまま覗いてたらドライバーが目に突き刺さったと思うと怖い。
そんな事故になるかも知れないのに平気でドライバーを突き出すヤツが怖い。
中に居るのが覗き趣味の変質者ならともかく、経営者or従業員だったら余計怖い。
と、思ったが皆はちがうだか?

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 19:30
>>338
おれもマイナスドライバーはあなたと同じくピンと来なかったよ。
恐らく嗜好が大きく別れるってことなのでしょう。
>>339の言うようなことなんだろうとぼんやりと考えてた。
ちなみにおれが一番怖いと思ったのは「竹やぶ」の話し。

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 20:52
あまり怖くないかもしれないけど、
こういうのに詳しそうな人がいるみたいなので、
質問がてら書き込ませてもらう。

事の起こりは、2ヶ月とちょっと前になるのかな。
俺の田舎の友人(Y)が亡くなったので、
葬式に出てやれ、と親が電話かけてきたんだ。
Yの死因は溺死。
なんでも、何の前触れも無く消息不明になったらしく、
家族が捜索願を出したところ、一週間ぐらいで、
下流の川で見つかっていた、身元不明の死体として帰ってきたということで。

ただでさえ一週間近く川の中に放置されていたのに加え、
5月といえば、なんかやけに蒸し暑かっただろ。
死因や身元特定のために司法解剖もされたらしく、
死体は見れたものじゃないってんで、棺はピッチリ閉じられててな。
死に顔すら拝めなかったんで、
正直、Yが死んだっていう実感は湧かなかったことを覚えてる。


342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 20:53
そんで、ここからが本題。
つい先日、Yの携帯からメールを受信してたんだわ。俺の携帯。
爆睡してて気づかなかったんだけど、夜中の3時頃にきてたらしい。
本文に何も書いてないんだけど、疑いようも無くYのもの。
気付いた当初は不思議に思ってただけだったけど、だんだん気味悪くなってさ。
返信でメールを送ってみたんだ。
……予想通りかもしれないけれど、「送れねえ」つって帰ってきたけどな。(苦笑)

でもまあ、初めは不気味がってただけなんだけど、そのうち余裕もできてさ。
Yの実家の人が間違えて送ったのか、悪戯だろう、てな。
「幽霊メール」とかいって、ネタにして遊んでたんだ。

けれど、ネタにして遊べたのは、恐怖の裏返しでもあったんだよな。
最近、またYからのメールを受信したんだよ。
今度も何も書いてない、白紙のメール。
さすがに気味が悪くなってさ。
Yの実家に奴の携帯をどうしたか聞いてみたんだよ。
案の定、「流されたらしく、見つからないから解約した」とさ。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 20:55
結局、どうしたらよいか解んなくなってさ。
とりうる手段としては、
無視する、馬鹿にする、お払いしてもらう。
ぐらいの選択肢しか無いのだけど。
なんか良いと思われる選択肢を教えてくれないかな?

ちなみに、送られてきたメールてのは、
同機種内で可能な、電話番号で送れるってヤツ。
俺はau使ってるし、Yもそうだったから、Cメールだな。
この手のメールで、こういった悪戯ができるって話は聞いたことは無いんだけどな……

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 20:59
>>343
来る

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:01
>>344
なにが?

346 :銅鑼衛門:02/07/22 21:03
うん、来るね。

347 :厨房z:02/07/22 21:04
僕の学校は怖いですよ、行方不明者の数がハンパじゃない
20年くらい前から、男女合わせて10人以上神隠しにあった学生がいます

それは人食い教室と言われています、西側の校舎の3階にあり
外見に特に問題は無いのです、僕も何回か入ってみましたが、奇妙な感じもしませんでした

担任の先生いわく
夏の土曜の放課後にその教室に一人で残っている生徒がいつのまにか消えているそうです
僕の友達のI君はそこの教室に残っていた時、強烈な視線を感じたらしいです
そして眩暈がしてきて、そのままじっとしていたらどうにかなりそうだったので
全速力で逃げ出したのです、そして廊下まで来て、ふと振り返るとその教室のガラスの所に
なまなましい程の笑顔の顔が無数に写っていたそうです、教室のガラスは曇りガラスでほとんど見えません
が、その顔は物凄く鮮明に写っていたそうです・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近I君がいろいろ物をくれます、ゲームや漫画やエアガンなどです
I君の大切なものを次々とクラスの仲のよい奴に配ってます
疑問を持って聞いてみました、「 俺もう死ぬから―やるよ」と真剣に言われました
あっけにとられてましたが、気をとり直して何かの病気か?と聞いたところ
「もうヤバイ、殺されるし 」って・・・・・興奮してきた僕はI君に問いただしました
すると、あの教室の奇妙な体験の後日談を話してくれました。
あの日の夜、I君は家に帰り遅くまで試験勉強をしていたらしいです
そして寝ようかとベッドに向かおうと、ベッドを見たら、ベッドの下の隙間
あのスペースに昼間見た顔がニタニタ笑いながらI君を凝視していたらしいのいです
一個じゃなく7個くらいいたらしいです、I君はそのまま両親の部屋に逃げてそこで寝たそうです。

それから毎日、顔の群れが出るそうです、顔は風呂の窓に張り付いていたり
マクドナルドのガラスに写ったり、時計の中に入っていたり、どこでも追いかけてくるらしいです
I君はまいっていました、生気が抜けている感じです、授業中を顔をみないようにずっと寝ています
僕はI君が心配です。



348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:06
>>347
現在進行形の話ですか?


349 :厨房z:02/07/22 21:20
>>348
はい、そうです
別にI君はゲッソリしているわけでもないのですが、最近目が逝っちゃってます
寝不足のようです、寝ていても起こされるらしい
窓ガラスをガンガンって叩かれて


350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:29
>>323はナニ?
ウィンドウ真っ赤になったから急いで消したんだけど
怖いよう


351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:31
中央高速でバスを降りて(止めて)
野(アスファルト)グゾをしてる人を見た。
しゃれになってなかった。

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:34
>>347
そんなに行方不明者多発してるんだたら
センセーに事情を知ってるひといるんじゃない?
相談してみれば

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:37
>>350
死ぬほど洒落にならない恐い話過去ログ


354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:39
>>351
バスを止めるべきか否かの葛藤をしているときの
そのひとの心中を察すると…コワヒ

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:39
>>351
漏らしたらシャレにならない

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:46
>>353
普通のページデスか…
いきなり赤一色はコワヒ。
boys_and_girlsのトラウマが…

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 21:49
>>323
しかし何故今?

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 22:02
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
こっちの方が見やすいし。

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 22:05
>>357>>358
だな。>>323に合掌


360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 22:57
>>359
しっー!!
本当のこと言っちゃダメ

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 23:20
目薬と思ってさしたらプラモ用瞬間接着剤だった。
しかも冷蔵庫に入ってたし


362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/22 23:38
ハゲおやぢ・・・斉藤暁を想像して怖かったよ。

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 23:53
>>351
この前とある京王線の駅のホームで野グソしてるお兄さんがいたよ
昼間で酔っ払ってる様子もなかったけど。 やっぱ我慢できなかったのかな

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/22 23:58
野具そってきもちいいよね。
キャンプに行って野糞したら、病み付きになった。
まあ、駅のホームでは、したくないけどな。

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:10
>>360
sumaso

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:11
>>361
詳細キボン

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:17
06 6357 2050

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:17
海の中での放尿も気持ち良いぞい

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:19
風呂の中での放尿も気持ち良いぞい

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:22
山でのんびり射精するのも良いもんだよ。

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:35
>>347
明日にでも(御払いに)お寺に行ってくれば?
マジレス

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 00:48
ホント超遅レスで申し訳ないけど、
>>5みたいな事件の話見てると
東京で一人暮らししてる彼女が心配になる。(当方広島なんで遠距離)
>>46が言ってる事って正しいのかもしれないが、
濡れは彼女がこんな形で殺害された場合、
生涯かけて、どんな手を使ってでも犯人を殺すと思う。

ネタ掘りあげてスミマセンです。

373 :アメママン ◇44444jR:02/07/23 01:11
たらったぁ〜。。。

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 01:26
濡れ?
「漏れ」ならよく見るけど
濡れってのは、はじめて見た。

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 01:36
>>372
思うで止まるんだよ、結局な
どいつもこいつも

376 : :02/07/23 01:42
「漏れ」の読み方分からなくて適当に入力して似たような字が出たから
使っちゃえってことか?「削付けファイル」ってのもあったが・・・
>>372は近いうちに女に捨てられるな(w

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 01:52
>>372はカストロ将軍並に立派!!


378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 02:11
>>372
ぷ、あほか


379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 02:23
>>372
どうしてもその話がしたいのならば少年犯罪板に行きなさい。


380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 02:27
>>372
あんたの言ってることは正しいが、ここの住人は月並みな意見
&板違いには冷たいんだ。落ち込むな。



381 : :02/07/23 02:27
>>372
http://tmp.2ch.net/youth/
その事件のスレなら3、4つ立っているみたいだよ。

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 02:34
しかしこのスレが順調にそだっていることを考えると、
part1の2のレスがいつ見ても爽快である。

383 :名無しさん:02/07/23 02:42
>>382
吉野屋コピペも2ちゃん初登場時は叩かれたしなぁ

384 :383:02/07/23 02:44
スマソ 吉野"家"だった。
鬱なので、逝ってくる、、、

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 02:50
>>383
あれ面白かったよなあ。flashも面白かったし。
2chねた職人に感謝。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 05:01
321のその後がひじょーに気になるのだが・・・
341もこれからメールがきたら報告してね


387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 11:02
age

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 12:39
怖くない話でも書き込んでいいですか?体験談ですが。
ただ「見た…かもしれない」っていう程度だし

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 12:49
>>388
かいてみて

390 :書いて&rlo;!OY&lro;:02/07/23 13:24
書いてYO

391 :388:02/07/23 13:43
じゃあ、書きますね。読みにくかったらスマソ。

リア厨の頃、私はよく金縛りにあってました。(今はぜんぜんそんな事ないんだけど)
その時も金縛りが来て、私は「早く解けないかなー」とウンザリしながら、
頭の中でジタバタもがいていました。

イライラしながら金縛りが解けるのを待ってる時、
頭の上のほうから手が一本、にゅるっと伸びてきたんです。
緑がかった、ホログラフ(っていうんでしたっけ?)のような手。
手が私のあごを包み込むようにして、ぺったり顔に貼りついて来たんです。
感触はなかったのですが、
湿気た空気が顔にまとわりついているみたいな、不快な感じがしました。
私はもう恐怖のあまり頭の中がパニック状態で、心の中で

「ゴメンナサイ!!また今度にして!!!」

…と叫びました。

で、突然金縛りは解けました。跳ね起きて枕元を見ましたが、手は消えてました。
なぜ「また今度にして!!」などと思ったのかは自分でも理解できませんが、
その手が再び現れる事はありませんでした。

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 14:21
>「また今度にして!!」
おもろいアゲ

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 14:55
今度金縛りにあった時使ってみる>「また今度にして!」

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 15:12
蛇に取り付かれた人が、夜な夜なものすごい速さで家の廊下を
蛇のようにしなりながら徘徊するって話はここにあったっけ?

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 16:19
確か出てないと思ったよ
書いてみ

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 16:23
>>394
聞きたいage

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 16:33
6時になったらうぷします

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/23 16:43
株板で見たカキコ

>345 :  :02/07/23 04:43

>電光掲示板の前で呆然と立ったまま失禁してる男発見。

>いくら損したんだろ
>哀れ

ぞっとした。この人救急車で運ばれたらしいっす。

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 17:37
http://bigcharts.marketwatch.com/charts/gqplus/fpDJIA.gqplus?879


400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 18:24
都市伝説スレってあんの?

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 18:48




402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 19:02
>>397
                ∧        ∧  マチクタビレタ〜     マチクタビレタ〜
 マチクタビレタ〜       ./  ヽ      ./  ヽ      マチクタビレタ〜
               /   ヽ―――/   ヽ   マチクタビレタ〜  マチクタビレタ〜
   マチクタビレタ〜  /       l___l   \        マチクタビレタ〜
            |      ●  |    |  ●  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       へ    |   へ     ヽ  ./     | < ねえ、まだぁー?
        \\  \  \\    ヽ/     /   \____________
チン        \\  .> \\          ヽ
   チン      \\/    \\  _       |  マチクタビレタ〜
      \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  / ̄   ヽ    /   _
        \回回回回回/ ̄ ̄ヽ        / ̄ ̄ /|    マチクタビレタ〜
         \___/      ヽ____/  /  .|         マチクタビレタ〜
                               /    |  マチクタビレタ〜
   __________________/     .|
                             |      |     マチクタビレタ〜

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 19:11
大きな星がついたりきえたりしている
はは 大きいぃぃ 彗星かなぁぁ
いや ちがうな 彗星はもっと
ばぁぁぁって動くもんな


404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 19:24
ブライト艦長・・・カミーユが・・・・・・・・

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 19:40
9時ごろには書けます


406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 20:32
>>347が心配なのだが・・

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 21:32
9時ですが…

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 22:21
書くんなら書く、書かないなら書かないでハッキリしねぇか!!
いくら夏休みでも頭ン中ぐらいはスッキリさせとけよな!!
オナーニするなりなんなりしてよぉ!!もう10時過ぎだゾ!!

         ぎゃ〜〜〜〜っす!!!!!!1

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 22:37
書くんなら書く、書かないなら書かないでハッキリしねぇか!!
いくら夏休みでも頭ン中ぐらいはスッキリさせとけよな!!
オナーニするなりなんなりしてよぉ!!もう10時過ぎだゾ!!

         ぎゃ〜〜〜〜っす!!!!!!2

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 22:40
書くんなら書く、書かないなら書かないでハッキリしねぇか!!
いくら夏休みでも頭ン中ぐらいはスッキリさせとけよな!!
オナーニするなりなんなりしてよぉ!!もう10時過ぎだゾ!!

         ぎゃ〜〜〜〜っす!!!!!!3



411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 22:52
オ マ エ ら お ち け つ

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:31
もう11時半だ・・・ これはまさに死ぬほど洒落にならん話じゃ!

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:32
>>412
それいえてる

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:33
ハッスルしてる所すんませんが、俺の体験を・・・・

俺は長崎に住んでるんだが、20年くらい前に長崎大水害ってのがあったんすわ。
人が何人も亡くなって、長崎では原爆以来の災害だったワケで。
で、俺はその頃は中坊で、実家は停電中でロウソク立てて家族でのんびりしてたんですわ。
俺は反抗期で、そんなダラダラな雰囲気が我慢できず、コソーリ家から出て、強風を楽しんでいたんです。
山肌や広い通りに面した家は、風でガタガタしてたんで、俺は狭い商店街を歩いてたんです。
したら、道路横のデカイ排水溝から、「ガギャッ!!」ってデカイ音がしたんです。
金属に何かがぶつかったような、金属がズレるような、音。

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:34
風音よりデカイその音にビビッった俺は、恐る恐る。その排水溝に近寄っていくと、
排水溝の穴から、指らしきものが出て・・・・。なんかピクピク動いてるし・・・。
商店街に人通りは全く無くて、俺一人、思考停止したまま目だけをこらし見てたんですけど、
その指、パッと消えてしまって、あとは水の流れる音のみ・・・・。
まさか・・・ヒト・・?

ちなみにそのデカイ排水溝は、中島川っていう、当時は深かった川に通じてるんです。
有名なめがね橋の下を流れてる川ですから、ご存知の方もいるかも。

もうそれ以来、トラウマになったのか、排水溝には近づけません。
あの穴からまた指が出てくるかも、と思うと・・・。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:43
>>415
こわー!
確かにしゃれにならん。


417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/23 23:50
その人は現実にいたのか。それとも幻覚か?
流れて行っちゃったんかな。

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 01:03
>>415
関係ないけど、30歳オーバーなことハケーンいたしますた(w


419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 01:36
もう深夜1時をとうに過ぎてしまった・・・
>394はなにかとんでもないことを書き込もうとしたときに消されてしまったに違いない。
オカルトだ・・・

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:20
本人が亡くなっちゃたのでもはや真偽が確かめられない話です。「ほんとかよ」と個人的には疑わしく思ってますが、
とりあえず。
伯父の体験です。私の作り話ではなく、いわれたことをできるだけ正確に思い出しながら書いてみます。

ひょんなことから手に入れた女性の立ち姿を描いた掛け軸があったそうな。伯父自体は掛け軸に興味がある人でもなけれ
ば「お宝」にくわしい人でもない。そんな人なのになぜか床の間に飾りたくなり、その掛け軸を掛けたそうだ。本人曰く
「うまくはないが掛けておきたい」 そんな雰囲気のものだったらしい。

そしてその夜・・・
突然の苦しさに目を覚ました伯父。
なんと誰かが馬乗りに乗りかかって首を絞めていたそうです。「髪がばらっ
と顔に当たった」なんて妙なこと覚えて
たようです。抵抗しようとしてもなぜか身体が動かなかったそうで、結局そのまま気を失っちゃったらしい。
しばらくして(もう明くるくなってたとか)、気がついた伯父ですが、その時は夢でも見たのだろうと思ったそうです。
結局伯父の死因になってしまった心臓が弱ってるときにはこれまでもひどく苦しい夢を見たことがあったからです。

(結末わかるとは思いますがとりあえず一服)


421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:24
>>419
確かに蛇に取り付かれた話ってのはやばそう。
”自己責任”のやつも人間の霊じゃないっぽいし。

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:29
死ぬ洒落過去ログ倉庫
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
の”分からない方がいい”も蛇っぽくてやばそうだったぞ。

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:47
420つづき

でも、伯父は翌日も同じように首を絞められて目を覚ましたものだから、これは夢ではないと悟ったんです。
しかも前日は気がつかなかったそうですが、その日は首を絞めながらぶつぶつと何かしゃべってるのが聞こえた
のだそうです。「今度はワタシの番だ」と言ってるのが・・・

もうおわかりの通り、この首を絞めている人物は掛け軸に書かれてる女性そっくりの人だったのです。伯父は怖くなり
その日の内に事情を話してお寺に預けてしまったそうです。

えー怪談ですとここで首を絞めていた人物と思われる絵の女性の因縁が明かされるのでしょうが、伯父はそういうこと
一切せずにそのまま預けてしまったのでこれ以上のことはなにもわかりません。ただ伯父は「ワタシの番」というからには首を絞められたんだろうね、とだけ言ってました。まあそうでしょう(w

作り話じゃないんで落ちがなくてすいません・・・

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:53
>ただ伯父は「ワタシの番」というからには首を絞められたんだろうね、とだけ言ってました。

意味不明。
「今度はオマエの番だ」ならわかるんだけど。
まあ、聞いた話ならしょうがないけどね。

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:53
おそろしくねっし

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 02:58
>424
自分が絞められて死んじゃった
だから次はワタシが絞める番

427 : :02/07/24 03:09
2chでは有名な吉野家。ここでマジに洒落にならない話があったんです。

友人(仮名・伸二)と2人で近所の吉野家へ。その店は繁華街にあるから深夜営業もしてるわけですよ。
で、俺達が行ったのは午前1:30ごろ。客は俺らだけで他には誰もいない。
従業員はたった1人。その従業員が変なんだよ。
女性なんだけど、50近くのおばさんでひどくだるそうな感じで立ってた。制服も着てなくてなんか普段着な感じ。
で、俺らが入ってきた瞬間ひどく驚いた様子なんだよ。変だな・・と思いつつも俺が二人分並を注文して、そのまま待ってた。

注文してる間友人と雑談してたんだけど、友人の様子も変なんだよ。なんかソワソワして顔が青い。
おかしいな、と思って尋ねてみても「大丈夫・・」としか答えない。
そうこうしてるとさっきのおばちゃんが牛丼持ってきた。フラフラしてる感じで。
で、テーブルにドンブリ置こうとした時、

その牛丼をおばちゃんがこぼしちゃったんだよ。友人のズボンに。
あわてておばちゃん、友人に向かってこう言ったんだ。

「ごめん伸二!雑巾持ってくるから・・」

なんとそのおばちゃん、友人の母ちゃんだったんだよ。
友人の親父がリストラされてて、おばちゃんはパートを掛け持ちしてたらしい。
友人と言えばそんな家を飛び出して一人暮らししてた。両親とケンカして。そこにばったりと会っちゃったんだな。
二人とも俺を気にしてか、お互い声かけなかったんだろうと思う。友人は後で俺に謝ってきた。

洒落ならん。うちの親父大丈夫かな・・・・・

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 03:11
>>427
ちょっと涙出た

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 03:12
>>422
くねくねくねくね
コワー

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 03:12
牛丼がとりもつ親子の縁・・・ええ話や(泣

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 03:42
>>427
確かに洒落にはならんわな‥‥‥

432 ::02/07/24 04:03
携帯から『自己責任』読めるところがあったら、
URL貼って下さい。出来れば直で。
おながいします。

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 04:05
>>432
もう落ちただろ、あれ。
でもそういえば、あの話最後まで呼んでないや。

434 :まじこわかた:02/07/24 06:19
N市にある六階までの無人アパ〜トAND裏が墓地っていうスゴイとこ発見して
夜友達3人とさっそく忍び込んだんですよ。階段が四つ、、、屋上に出れそうな
階段を選びました、まあ 最初は俺が先頭で真っ暗な階段を上に
登る事にしました、、、、コツンコツンと自分らの足音だけがアパ〜ト内に響き回ります
そして最上階に着きました。やっぱり屋上のトビラは開きませんでした
そのまま降りるのもなんなので恐い話をしようってことになったんです。
ジャン負けで友達のHが話す事になりました。話も終盤になり始めた頃
にそれは起こったんです、、、<つずく>文才無くてごめんホンマ恐かったから





435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 06:40
つずきマダ〜?

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 07:10
ちょっと〜〜〜〜、まだ〜〜〜〜?

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 09:07
小さい頃住んでいた木造の古い家(わらぶき屋根のやたらでかい家)を解体するので
手伝いに行った。


438 :タケシ:02/07/24 11:34
まだかよ!
ぶん殴るぞ

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 12:20
こいつらワザとだな

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 13:00
もう30分以内に続き書かない話は放置にしない〜?

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 13:03
どっかから拾ってきた文を途中までコピペしてるだけじゃん?

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 13:43
小さい頃住んでいた木造の古い家(わらぶき屋根のやたらでかい家)を解体するので
手伝いに行った。

まずはすすで真っ黒になった屋根のワラ(本当は萱・かや)を落とす
もうもうたる埃の中で屋根が骨組みだけになり
天井裏だった部分があらわになった。

わらぶき屋根の天井裏はかなりの空間が開いている
意外なことに立って歩けるほどにしっかりしていた
とてつもなく広い部屋といってもいいくらいだ。


443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 17:24
明日テストだけど何もやってないよ…
このテスト通らなかったらマジで落第だよ…ガタガタ…

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 17:33
>>443
俺はその先にいるよ
マジでしゃれになってません、べんきょおしましょう

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/24 17:35
エロサイト巡りしてたら
ヤバげなサイトを通ったらしく
今月100万単位の電話代の請求されました。
本気でシャレになりません。

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 17:59
嘘臭い

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 19:15
職場の仲間と飲みに行ったとき、一人が酔っぱらってこんな事を言った。

「友達と夜中に山道をドライブしてたらさー、裸の女の子が飛び出してきたんだよー。
びっくりして車を停めたらなんか喚きながら走り寄って来て
髪振り乱してるし、口から血を流してるし、こりゃもう幽霊だと思ってすぐ逃げようとしたわけ。
でも近づいてきたその子をよっく見たら、なんかけっこう可愛いんだよね。
わけわかんない事言ってるけど、どうも生身の人間みたいだし」

それで、どうしたんですか?と聞いたら、あっさり
「とりあえず車の中に入れて、それで、みんなで、やっちゃったよー」だと。

それ、浚われてレイプされたあと山の中に捨てられた女性だったんじゃないの?!と責めたら、
そいつ逆切れしやがって
「だって女が素っ裸で出てきたんだぞ!男ならヤルのが当然だろうが!
だいたいよ、んな所で裸でいる女がマトモなわけ無いだろ、女が悪い女が」とか喚きだした。

そいつとは速攻で一切の縁を切った。
当人は酔っぱらっていたため何を話したのか全く憶えてないらしく、
なぜ職場の人達が突然冷たくなったのか見当も付かない様子だった。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 19:35
>447
絶縁して正解です

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:13
俺が高校の時の話。
毎年夏休みに入ると、甲子園の予選に全校生徒が応援に行くのが恒例行事だった。
学校に集合してバスで球場に向かうことになっていたので、普段と同じ電車に乗って学校に向かっていた。
田舎なので線路は田んぼの中を突っ切っている。
順調に走っていたが、突然「ドン」という音がして、電車が急ブレーキをかけ停車した。
車掌があわただしく電車から降り、外の様子を見に行った。
事故など滅多に起こらない路線なので、車内は騒然とした雰囲気になった。
俺は友達とボックス席に座って、何が起こったのかと友達と騒いでいた。
すると窓際に座っている友達の様子がおかしいことに気がついた。
真っ青な顔をして俯いている。
「どうした?」
「目が合った」
「は?」
「目、閉じてた」
詳しく聞くと、胴体からちぎれた子供の頭が窓のすぐそばに飛んできたという。
先程の「ドン」という音は、子供を撥ねた音だったらしい。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:14
その事故があった場所は、近所に住む人しか通らないような狭い道路で、
遮断機も無い小さな踏切だった。その踏切には嫌な噂があった。
数年前に知的障害者がその踏切で電車に轢かれ死に、
その男の霊が踏切に留まっているらしい、という噂だ。
その噂を証明するように、俺が遭遇した事故の後も、
地元の高校生が電車に轢かれて死んだり、同じ踏切で死亡事故が何件が続いた。

そのいずれの事故にも共通する点があった。
事故の被害者は必ず友人と一緒にいて、踏切の上で突然立ち止まってしまう。
友人が「電車が来るから危ないよ」と声をかけても踏切から動こうとせず、
そのまま轢かれてしまうというのだ。
まだその踏切には遮断機は設置されていない。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:32
随分前のことだが、友人が俺の目の前で電車に飛びこんだ。
俺はもうこれ以上のショックを受けることはないだろう。

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:42
3ミリの女って本当にいるのかな?
桜金造とかが言ってたけどさ〜それ以前から俺はその話何回も本とかで読んでるんだよね〜。
タンスの隙間にいたとかいってゴキブリかおめーわって感じだよ!!
まぁ本当にいたならギネスに申請しちゃうけどね。


453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:44
>452
俺の彼女だよ〜。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:51
>>453
俺にもみせてー!

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 21:52
彼女は俺だけのもんなんだもんねぇ!見せるなんて、だぁめさ〜。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 22:54
>>449
目が合ったのに、その子供は目を閉じていたのですか?

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 23:20
俺が中学生だった時の話。
家の親は共働きなので鍵っ子だった俺は学校から帰った後、親が帰って来るまでの
2〜3時間はいつも家で一人、NHKの教育テレビやニュース番組等を観ながら時間をつぶしていた。
そんないつもの夕方、俺の家の近所に住んでいる父方の祖父が庭の畑の野菜を届けに来てくれた。
しばらく雑談した後、帰り際に今までニコニコしてた祖父が急に真顔になり、ボソっと一言、
「この家は何か臭うんだよな、妖気かな・・・。」
俺は一瞬、祖父の言った事が理解出来なかった。その言葉を問いただす事も出来なかった。
俺の祖父は大変真面目な人で、変な冗談など全く言う人ではない。
俺が小学五年の時に姉が交通事で他界するなど、不幸な事があったが関係が有るのか・・・・。
とにかくその時の俺は祖父の発した「妖気」という言葉が不気味に頭にこびりついて、
一人で家に居るのが怖くなり、親が帰宅するまで外に遊びに行ってしまった。w
今でもあの時の祖父の言葉は気になっている。(執念深いな俺・・・
年を重ねると見えてくるというモノも有るのだろうか。


458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/24 23:27
「この家は何か臭うんだよな、容器かな・・・。」

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:09
「この家は菜に蟹追うんだよな、陽気かな・・・。」

460 :M:02/07/25 00:15
何か色々なものに追われる夢をよく見ます。
いつもギリギリで逃げ切るのですが、
もし捕まってしまうとどんな事になってしまうのでしょうか?
誰か知っている人はいませんか? 教えてください。

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:22
君が追いかける方にまわる。

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:35
>460
犯されるに決まってるだろ!

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:37
>>460
よく聞く話だと追われる夢を見る人は
仕事や私生活に不満やストレスがある人や
いつも時間に追われてカリカリしている人、
何か重大なことを決断しなければいけない人などが
見るそうですよ。
心当たりがあるならそれらを改善・解決すればいいかと。

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:39
>>461
鬼ごっこかよ!w

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:42
小之家鼻にカニ飫産んだよ奈余雨期かな

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 00:56
そのおじいさん俳句が御趣味と察せられる

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 01:42
>>466
ワラタ字余り惜しいが面白い。

468 :乳タイプ:02/07/25 02:11
>250 こわくなかった?俺きいたときすげー怖かったんだけど・・

469 :434:02/07/25 02:58
昨日オ〜ルしてた時の事やから寝ちゃいました、、、すいません
話も終盤になり始めた頃にそれは起こったんです、、、
   
       『こんこんこん、、、』

突然屋上に出る扉からノックがきこえたんですよ、鍵がかかって外には
誰もいないはずなのに!!『今ノック聞こえんかった?』H君がいいました。
みんな一斉に扉を見ました。曇りガラスには何も映って無い。
もう一度耳をすましてみる、、、『どんどんどん!』
さっきよりも強い音が、、、、もう皆必死に階段を掛け降りました。
ハアハア言いながら皆無事にアパ〜トから抜けました。。。
『今の何なん??』『ばりやばかったな』と言いつつも、もういちど
確かめに行きたいと言う事でみんなでまた階段を登る事にしました
                              つずく


470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 03:19
>>469
またかよ!

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 06:24
追い駆けられる夢なら、消防の頃良く見たよ。
ウチの前の坂道を下ったところのバス通りから、
毎回違うんやけど、フランケンみたいなのとか、
ドラキュラ、ミイラ男みたいなのが追ってくる夢。

その家から引っ越してから、さっぱり見なくなったけどね。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 07:06
>>447
洒落にならん・・・
警察に突き出せばよかったのに。

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 09:07
>>447
まるで宮崎勤の話のバージョン違いみたいだがあれより後味が悪いな。
しかし一体どんな職場だよ?

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 09:08
>>447
これもガイシュツじゃんよ

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 09:14
かなり前に、マウンテンバイクって人が立てた
「かなりやばい集落見つけました」って感じの
スレがあったじゃないですか。
あの続きのスレってあるの?
すっごい気になるんですけど。

476 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/07/25 10:18
過去ログの5まで読みましたが面白いですね!頑張って追いつきます。

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 11:21
>>475
    ネ  タ  だ

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 11:57
>>475
たしかマウが自爆して終了した。

479 :478:02/07/25 11:59
>>475
知ってて聞いてるでしょ?

480 : :02/07/25 12:18
遅レスですまんが326ってかなりイタイな。
みんなが話の怖さを評価してるのに、「聞いた人の所に出る」系のオチを
信じて怖がっていると思い込むトコがなんとも……。

ある意味326が一番ピュアだよね。


481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 12:21
遅レスですまんが
>1
スレ建て乙

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 12:32
>468 信長の野望EZやってるね?

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 12:54
>>471
と言うことは君は怪物君か?

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 13:21
>>483
ワロタ

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 13:37
>>452
≪≪≪≪≪≪すきま女≫≫≫≫≫≫
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1026766498/l50

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 15:53
修学旅行から帰ってきたら家がなくなってた
火事で全焼したらしい
死人が出なかったのがせめてもの救いだった

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 16:12
>>486
確かに洒落にならんな。
親は保険でウッハウハですか?

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 16:13
保険に入ってなかったら、本当に洒落にならんな。

489 :M:02/07/25 17:18
>463 どうも有難う御座います。

 その追いかけてくるものと場所なのですが
 ホラー映画のモンスターが滅茶苦茶広いホームセンターの中で追いかけてくるとか
 他には何処かの町で様々な武器を持った大勢の友達だとか、
 雑木林の中でウルトラの父に踏み潰されそうになったり、
 プールで二頭のシュモクザメが現れたり
 嵐の中孤島でゾンビに追われたりとバラエティにとんでいます。
 こうして文にして書くと恐くないんですが、
 実際に見てみるとカナリ恐いんです。

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 17:23
>>1
あなたこのスレ立てた人?
勝手なことしないでよ。

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 19:46
1990年の10月、私がアメリカの大学で経験した話。

アメリカの学生はとにかく課題レポートを書かされる。もちろんパソコンを
使って仕上げるわけで、私の大学には50台程度のコンピューターが整備されて
いるラボがいくつもあった。学生はここで夜通しレポートをタイピングする
わけだ。

その日も私は相変わらずレポート作成に忙しかった。夕食を済ませ、寮から
荷物を抱えてコンピューターラボに入り、パソコンの前に座った。当時は
来る日も来る日も同じような生活で、うんざりだった。

ここのパソコンはインターネットに接続されていた。まだウェブブラウザが
「モザイク」メインだった頃だ。ウェブコンテンツも研究者の研究成果発表
などばかりで、さほど面白いものではなかった。おまけに検索エンジンなどは
進化しておらず、
URLはもっぱらページ制作者本人から口頭で教えてもらうことが多かった。

その夜、私はいつものようにレポートをしばらく書いていた。その時、
何気なく目をやったパソコンデスクに、鉛筆でURLが書かれていた。
学生がメモ代わりにしたんだろう。

気分転換にはなるだろうと思い、私はそのURLをブラウザに入力してみた。

しばらくすると画面にはページが現れた。信じられないページだった。

(つづく)


492 :491:02/07/25 19:47
(つづき)

そこには薄暗い部屋で床に血だらけで倒れている男性の写真があった。
(今ではよく見るこのような画像ではあるが)私はこのような残酷な
写真に戦慄し、吐き気を催した。

よく見ると、画像の下にはこんな一文が添えられていた。
"A guy in Michigan, aged around 30, Killed by me today"

間違いない、殺人者が自らの犯罪を自慢するサイトだ。

私は何かとんでもないものを知ってしまったのではと思い、
すぐにラボを飛び出して寮に帰った。翌日まで誰とも話すことが出来なかった。

次の日の朝。私は再度ラボに出向いた。そして、昨日のウェブサイトが気の
せいであることを信じてURLを開く。

現れたのは同じく薄暗い部屋の画像だった。しかし、今回は床に倒れているのが
丸裸で仰向けになっている女性だ。左乳房に大きなナイフが刺さっている。
口、鼻、耳から血が流れている。

493 :491:02/07/25 19:48
(つづき)

写真の下にはまたも一文が添えられていた。
"A bitch in Michigan, aged around 30, Killed by me today"

すぐに私は大学警察に行き、警官に相談した。しかし、まだウェブがまったく
メジャーでなかった頃だ。「ウェブで殺人者が犠牲者の画像ファイルを掲載
している」といっても、うまく理解してもらえない。それに恥ずかしい話だが
私の稚拙な語学力も足かせになり、取り合ってもらえなかった。

恐怖と好奇心が一緒になった独特の心境で再度ラボに戻り、そのウェブサイトの
URLを入力してみた。

すると、その日数時間前まであった画像はすでになくなっていた。その代わりに、
なぜか私の住所と電話番号が書かれていた。その後にメッセージが一文。

「You are the next star on my Web.」

私は持ち物のほぼ全てを友人に譲り、2日後に帰国した。ミシガン大学で経験した実話です。


494 :超はずかピー ◆HzkpVE/g :02/07/25 19:57
(゚д゚;;)ガタガタガタ

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 19:58
なんで、あなたの電話番号が書かれてたわけ?心当たりは?パソコンに入力したとか。
私の住所って寮のこと?答えてほしいですな。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 20:00
なんで電話番号とじゅうしょがわかったのさー
おせーておせーて。

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 20:07
>学生がメモ代わりにしたんだろう。

このメモを残した奴によるタチの悪いイタズラ?
同じ学生なら住所を知っていても不思議じゃないし。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 22:35
こわいよー。

499 :ゲッターの手伝い:02/07/25 22:46
499

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 22:47
大学生の男は古いアパートで一人暮らしをしていた。
男の部屋の壁には、小さな穴が開いており、そこから隣の部屋の様子がのぞき見ることができた。
隣の入居者は若い女性。
女性はのぞき穴の存在に気付いていないらしく、男はこれ幸いとばかりにのぞき行為を続けていた。

そして、ある日の事。
夜中の3時をまわった頃、男はドスドスという物音で目を覚ました。
何事かと思えば、隣の部屋から聞こえてくる物音だった。
もしかして男でも連れ込んだか?と思い、喜び勇んでのぞき穴を覗く。
隣の部屋も電気を消しており、詳しい様子をうかがい知る事はできなかったが、人影が二体あることは確認できた。
これは間違いない、と男は興奮したが、すぐに様子がおかしいことに気付いた。

501 :そして裏切り:02/07/25 22:47
500

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 22:48
男と思われる大きな人影が動くばかりで、女性のほうは全く身動きしていないのだ。
暗がりに目が慣れてくると、男が女性を殴りつけているということが分かった。
女性は猿ぐつわを噛まされているらしく、微かに「うっ」という声を漏らすだけで悲鳴をあげられなかった。
終には呻き声も聞こえなくなった。
すると男の人影は隣の部屋から出て行った。

強盗だ!
男は警察に通報しようと思い、電話の受話器に手を掛けたところで動きを止めた。
もし通報すれば自分がのぞきをしていたことがばれてしまう。
自分の保身のために、男は通報を思いとどまった。

一週間としないうちにアパートに警察が押しかけてきた。
やはり隣の女性は殺されていたらしい。
当然、警察はのぞき穴の存在を発見し、何か見なかったかと男に聞いた。
男は「壁の穴なんて気付かなかった。その日もなにがあったか気付かなかった」と言った。
他にもいくつか質問されたが、警察は男のことを疑っている様子は無かった。
殺人の瞬間を目撃したことは忘れられなかったが、通報しなかった事への罪悪感はすぐに薄れていった。
事件から二週間たっても、犯人は依然として捕まらなかった。

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 22:49
そして、ある日の事。
夜中の3時をまわった頃、男は再びドスドスという物音で目を覚ました。
しかし、隣の部屋は事件以降、新たな入居者は入っていないはずだった。
それでも、その物音は間違いなく隣の部屋から聞こえてくる。
恐る恐るのぞき穴をのぞいて見たが、動くものの気配は無い。
気のせいか、と思い穴から離れようとした瞬間、

狭い穴の視界を埋め尽くすように、かっと見開かれた血走った目が現れた。
男はがっちりと目を合わせたまま、驚きのあまり身動きが取れなかった。

そして、かすれた女の声で一言、

「見てたでしょ」

504 :銅鑼衛門:02/07/25 22:51
みてますた。ごめん。

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 22:53
>501
裏切られましたな(W

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/25 23:00
見てますた。ごめん。

507 :447:02/07/25 23:06
>>472
>警察に突き出せばよかったのに

出来ればそうしたかったです。
でも何年も前の話だというし、酒の場の話だからどこまで本当だか分からないし。

>>443
>これもガイシュツじゃんよ

そうなんですか?
一種の都市伝説なんでしょうか。むしろそうであって欲しいのですが。
酔っぱらってついホラ話を吹いてしまったのかもかもなぁ・・・あいつ。
女の子の様子の説明なんかがやたらリアルだったので
もしかしら本当だったのかもと、ずっと心に引っかかっていました。
というか、途中までてっきり怪談だと思ってゲラゲラ笑いながら聞いていた自分自身に対して鬱。

508 :真の恐怖:02/07/26 02:09
これから書き込む話は、真面目にシャレにならないくらい恐ろしい話です。
一人暮らしの人や怖いもの見たさだけの人は、読むのを控えた方がいいと思います。
この話を読んだ事により、トラウマを持ってしまったとしても、私は一切責任は持ちませんし、
なんらかの怪異が起こったとしても、一切関知いたしません。


自分の精神力に絶対の自信の有る人のみ読み進めてください。

509 :真の恐怖:02/07/26 02:29
本当に覚悟は出来てますか?何度でも言いますが、この話を読んだ事によりあなたに何が起ころうと
私は一切関知しません。そこの所を良く肝に命じておいて下さい。


本当によろしいのですね。それでは次のスレからどうぞ・・・・。


510 : :02/07/26 02:45
>>503
世にも奇妙なか・・・懐かしいなぁ

511 :銅鑼衛門:02/07/26 02:46
期待あげ

512 :真の恐怖:02/07/26 03:10
読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・

この話は私がこの怪異を体験した知り合いの警察官からじかに聞いたものである。
(彼は震えながら私にその一部始終を打ち明けてくれた。彼はその間中、ずっと小刻みに震えていた)
警察官はその任務上からか、怪異の体験率は一般人よりずっと多いと言う。
しかし、彼の遭遇した悪夢はすべての警察官のそれを上回るであろう。(前置きが長くなった。始めよう)

 彼は交番に勤務しており、(所謂外勤というもの)その日は夜勤のため、夜中中ずっと交番に詰めていた。
午前の二時が過ぎたので、いつも通り彼は懐中電灯をぶら下げて真っ暗な街をパトロールに出かけた。
人気の無い路地をしばらく歩いていると、電灯の下に人がうずくまっているのが見えた。
不審に思った彼は用心深く、一歩一歩近づいていった・・・。
 うずくまっている人間はどうやら女性のようであった。髪はぼさぼさで背中の中頃まで伸びていた。
白いコートは薄汚れていた。「フシュー、フシュー」と不気味な呼吸音を響かせていた。
 彼は後ろから恐る恐る声をかけた。「あの〜、どこか具合でも悪くされたのですか?」
それまでうずくまっていたのが「バッ!!」と彼の方を振り向いた。
 警察官の悲鳴が響いた。

               悪夢の始まりであった









513 :真の恐怖:02/07/26 03:48
読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・読むな危険・・

その女(?)と思しき人間(?)いや、人間とすら彼は分からなかったという。
なにしろその「モノ」は顔がグジュグジュで目も鼻も口も、本来顔に有るべきパーツが
何一つ無かったというのだ。
パニックに陥った彼は無我夢中で警棒を掴んだ。(こんな時でも銃でなかったというのが実に日本の警察的だ。)
滅茶苦茶に警棒を振り回しながら全速力で逃げまくった。どうやら怪物は追って来なかったらしい。
おでんの屋台が出ているのを見つけた彼は息を切らせながらそこの親父にどなりこんだ。
「そんなに慌ててどうしたんですか?お巡りさん」
「ばばばばばっば、化け物!!!!ば、ば、化け物が出たんだ!!!」必死でどなりつづける彼。
しかし、そんな事普通は信じてもらえない。
屋台の親父は何ほざいてんだコイツは、っと言ったような不審な目を彼にぶつける。
「からかっちゃあいけませんよお巡りさん。今の時代に化け物なんざあ生き残ってる分けないでしょう。」
「たたったた、たた確かに見たんだ!!!か、顔がもうこんなグチャグチャで目も鼻も何も無くて・・・」
「へえへえ、分かりましたよ。それじゃあ、その顔はこんな感じでござんしょう?」
「うぎゃああああああああああああああああああああああああっっ!!!!!!!!!!!!!!!」
親父の顔もグチャグチャの化け物に変わっていた。
彼は泣きながら交番は逃げ帰った。交番では彼の上司が書類の作成をしていた。
「ハコ長!!助けて下さい!!!化け物が出ました!!」頼れる上司の姿を見て、彼がホッとしたのもつかの間・・・。

「その化け物はこんな顔だろ?」

振り向いた上司の顔もグチャグチャの・・・・
                      

彼は失神してしまったそうです。       

                               完



514 : :02/07/26 04:05
>>513 あーあーやっちゃたよ。

>>491
考え方の一つとして、491さんはラボの誰かから疎まれていたのかも
しれませんね。それで大学を辞めるように手の込んだ悪戯を
あなたに向けてやったと。
そうでなければ人の出入りが激しい端末室で491さんがなぜ標的に
なったかの理由が分かりますし、最後の拙い英語のメッセージも
語学力の無い日本人留学生向けの気がします。
インテリのシリアルキラーならもっとこ難しいことをするわけで。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:05
男ひとりでプールに行って
変態扱いされませんか?


516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:11
のっぺら坊現代版だね
むしろ原作のが怖いが

517 :アホ:02/07/26 04:14
515
それって怖いんすか?死ぬほどしゃれにならないんっすか?
意味わかんないっすう



518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:30
「むじな」って言うんだよ。

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:36
>>513
全過去ログ音読の刑。
っていうか、マジでこれで怖いと思ってるなら読んでるだけで楽しめるからさ。
修行しておいで。

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:36
「顔がグジュグジュで目も鼻も口も、本来顔に有るべきパーツが何一つ無かった」

これじゃ全然。
もちっとこう、怖さをかき立てるような表現をお願いします。

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:37
うんこヽ(`Д´)ノ うんこ


522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:39
>>520
ちょうどヒ素事件の林真須美被告(37)のような顔であった

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:46
>狭い穴の視界を埋め尽くすように、かっと見開かれた血走った目が現れた。
>男はがっちりと目を合わせたまま、驚きのあまり身動きが取れなかった。

>そして、かすれた女の声で一言、

>「見てたでしょ」


この話って定番なんですけど〜、
鍵穴の向こうの「赤」ってみんなどういう解釈してるのかな?

例えば、「赤い眼の女が鍵穴の向こうから覗いていたとか、、、」


524 :523:02/07/26 04:53
あ、わたしのカンチガイです〜
この話ではありません。
なんか体も服も真っ白で、眼だけが赤い女の話ってありましたね。

その真っ白な部屋を、鍵穴から覗いたときの
真っ赤な色はなんだったんでしょう。



525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 04:56
>>515
いかにも水泳部!って格好ならいいんでない?

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 08:18
↓このきちがいも、ある意味怖い…。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=tagarjoe

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 08:29
http://omora.free-city.net/room_sp3/Etsuko_Nakajima-omora.html
http://www.3xhost.com/x/as/gts/022/02.htm
http://www.koreatgp.com/schoolgirls/squeeze/squeeze2.htm
http://www3.blinghosting.com/www/asian/japanese/teens/indexa.htm



528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 09:26
混ぜるな危険・・混ぜるな危険・・混ぜるな危険・・混ぜるな危険・・混ぜるな危険・・

529 :真の恐怖:02/07/26 10:49
>>519
まあ私はギャグのつもりで書いたんですが・・・。
面白くなかったすか?

530 :ちーちゃん:02/07/26 11:14
 少し長いですが、お付き合い下さい。

 今から20数年前の話です。場所は東京都下H市。
当時、私は中学1年、大きな幹線道路から少し入った
所に住んでました。家の前には幅4〜5mの小さな道路。
舗装こそされてはいましたが、車も滅多に通らない
文字通りの静かな住宅街でした。

 家の前、通りを挟んで向かい側に木造のアパートが在り、
そこに、千里ちゃんという4つか5つ位の女の子がいたんです。
千里ちゃんは、とても色の白い、黒眼勝ちな瞳のぱっちりした
可愛い子で、皆に「ちーちゃん」と呼ばれていてました。
詳しい事情は知らないのですが、ちーちゃんの家は母子家庭
で、お母さんは幹線道路沿いのヤマ○キパンの工場で働いて
いました。近所に同年代の子供が居なかったのか、ちーちゃんは
よく独りで遊んでいました。縄跳びしたり、蝋石でアスファルトに
絵を描いたり。マリ撞きの上手な子で、ピンク色のゴムマリを
撞く音がリズム良く、ポンッ!ポンッ!ポンッ!ポンッ!って
延々、聞こえ続けるなんて事もありました。

                     (つづく)

531 :ちーちゃん:02/07/26 11:16
 兄弟の居なかった私は、そんなちーちゃんを妹の様に
思い、たまに遊び相手をしてあげたりしてました。と言っても
中学生と幼児ですから、一緒に絵を描いたり、絵本を読んで
あげたり、駄菓子屋さんでアイスを買ってあげたりするくらい
でしたけどね。断っておきますが、私は炉梨趣味は有りません。
 むしろ、ちーちゃんのお母さん、今思えば、20代後半くらいで
とても綺麗な人でした。長い黒髪を無造作に後ろで束ねて、
化粧ッ気も無く、清楚な優しい感じの女性で、年上の女性に憧れがちな
年頃の私は、「いつも遊んでもらって、すみません。」と笑顔で
言われると『萌えぇ〜〜〜っ!!』(笑)だった訳です。
 ちーちゃんも私の事を「お兄ちゃん」と呼んで懐いてくれていて、
通りに面した私の部屋で暇そうに、ちーちゃんの様子を眺めていたり
していると「お兄ちゃ〜ん、遊ぼぅ〜!」って・・・。

 あの日は、ちょうど今と同じ位の季節。夏休みに入って間もなくの、
とても暑い日でした。
 私は朝から宿題をするつもりで机に座っていたのですが、あの頃は
各家庭にエアコンなど望むべくも無く、暑さにグゥ〜ッタリしていると、
いつもの様に「お兄ちゃ〜ん、遊ぼぅ〜!」と、赤いリボンの麦藁帽子
を被ったちーちゃん。宿題は午後から図書館でも行けば良いやって事で
相手をしてあげる事にしました。
 お絵描きやら、マリ撞きやら、ひとしきり遊んで、ふと時計を見ると
12時半を過ぎていました。いつもなら、ちーちゃんのお母さんは、
お昼前には一旦帰って来て、ちーちゃんと一緒にお昼ご飯を食べて、
また午後の仕事に戻るはずでした。
 私もお腹が空いてきましたし、そういえば昨日父親が珍しくパチンコで
勝ったとかで持って帰ったチョコレートとかのお菓子が有ったなと思い、
ちーちゃんに「ちょっと待っててね。」と言い、家に取りに入った時です。

                     (つづく)


532 :ちーちゃん:02/07/26 11:17
「千里〜!遅くなってゴメンねぇ〜」
通りの向こうに、お母さんの白いワンピース姿が見えました。
「アッ、お母さんだ!!」
ちーちゃんは言うが早いか飛び出して・・・。

キキキキキィィィィーーーーーーーーーッ!! ガンッ!

その日、幹線道路で工事をしていたため、渋滞を嫌って
裏道を抜けようとしたトラックでした。

キャァァァーーーーーーー、千里、千里ぉーーっ!

私は靴も履かずに表へ出て駆け寄りました。
トラックの二つの後輪に頭を突っ込むように倒れている
ちーちゃんが居ました。小さな手足が、時々ピクッピクッっと
痙攣するように動き、タイヤの下には赤黒いシミが広がって
行きました。お母さんは、私に気付くと両肩にしがみつき
「なんとかしてぇ〜〜っ!なんとかしてくださぁ〜いぃ!!」
揺すりながら泣き叫びました。その時のお母さんの顔は
一生忘れないでしょう。いつも微笑みを湛えた優しい顔は
夜叉の様になっていました。
 お母さんは、呆然と立ちつくす私から手を放すと、倒れたままの
ちーちゃんを抱き締め、車の下から引っ張りだそうとしました。

・・・・・ブチッ・・・ンッ!・・・・・・・。

                     (つづく)

533 :ちーちゃん:02/07/26 11:18
お通夜、お葬式、両方とも参列しました。
お母さんは一気に20歳くらい歳をとったかのように老け込み、
お悔やみの言葉にもウツロな眼で力無く頷くだけでした。
 あの日、いつもの時間にお母さんが帰って来ていたら・・・。
 あの日、幹線道路が道路工事なんかしていなければ・・・。
 あの日、私の家側でなくアパート側で遊んでいれば・・・。
いくら悔やんだって、ちーちゃんは帰っては来ません。

 それから、しばらくたった蒸し暑い夜の事です。
寝苦しさに目を覚ました、その時です。身体が動かせない事に
気付きました。『ああ、これが金縛りか。』そんな事を考えていると
網戸だけ閉めた窓の外でマリを撞いているような音が・・・。

 ポンッ!・・・ポンッ!・ポンッ!・・ポンッ!・・・ポンッ!・・・

『何か変だな?』妙な違和感を感じていました。そのうち、音が移動した
様に感じました。今度は明らかに部屋の中で聞こえています。
ベッドでなく畳の上に布団を敷いて寝ていたのですが、その足下辺り
から聞こえてきます。
 
 ポンッ!・ポンッ!・・・・ポンッ!・ポンッ!・・・ポンッ!・・・

不思議と怖さは感じませんでした。『ちーちゃんがお別れを言いに来たんだな。』
そんな風に思ったんです。その時、ずっと感じてた妙な違和感の正体が
解りました。マリの弾む音がリズミカルじゃないんです。
あんなに上手だったのに・・・。

 ポンッ!・ポンッ!・・ポンッ!・・ポンッ!・・コロッ・・コロコロコロ・・

失敗しちゃったみたいです。足下で撞いていたマリが顔の横まで
転がってくるのが解りました。取ってあげようとしたのですが
相変わらず金縛りで動けません。その時、転がってきたモノが・・・。


  「お兄ちゃ〜ん、遊ぼぅ〜!」って・・・。

                     (終わりです)


534 :491:02/07/26 11:30
>>497
>>514

今考えると、いたずらだったのかも知れませんね。ラボのパソコンを
使うときには、まず受付でIDカードを渡すことになっていましたから、
受付のバイトが私の学生番号から住所(アパート型の寮ですから一応
住所付きです)等を調べるのはたやすいでしょうね。あらかじめ仲間内で
作ったフェイクの殺人画像をウェブに載せておいて、学生が目に留めやすい
ところにURLを書いておく、と。そこにひっかっかったのが私だったと
いうことかも知れませんね。

最後に見た文章が、私の住所と電話番号が特定していたので、
「いたずらだなぁ」と冷静に思えるような心境ではなかったです。
ただもしかすると本当に殺されていたかも知れないので、帰国したこと
自体は今でも後悔していないんです。親には怒られましたけどね。

535 :家庭板よりコピーペ:02/07/26 11:32
351 :名無しさん@HOME :02/07/01 15:28
アウトドアバカな義妹がとんでもないところで結婚式やってくれたため、
移動が一族旅行みたいになってしまった。
一番はりきり一切合切を取り仕切ったのは当然ヴァヴァ。
出席する親族の数は新郎側に絶対負けたくない!というヘンな意地で、
時速100mしか歩けない大ジジ・ババから産後の床上げも済んでない嫁&孫まで駆り出した。
ほとんどがヴァヴァ側の親族。一方の新郎側は実に賢明で、両親と兄弟のみ出席だった。
ヴァヴァは旅慣れてないくせに切符から宿まで全部仕切り(でも費用は各自実費精算)、
大部屋ザコ寝の、今時、田舎の修学旅行だって使わないようなボロボロの温泉旅館に押し込まれた。
近所にちゃんとしたホテルがあるのに。
ボロ旅館の大浴場は、簡単に男湯と越境ができる構造になっていて、怖くて入れないし、
料理も食ったら当たりそうなドロドロの田舎料理。
耐えきれず、私と産後間もない義兄嫁&赤子は近所のホテルに避難。
すると、酔ったヴァヴァの末弟(独身)が
「出る方と出ない方、両方ともおっぱいもませろ〜飲ませろ〜」と夜這いかけにきやがった。
うちの夫と義兄はジジババの世話で監禁状態。
とにかく書ききれないくらいのDQN道中で、二度と思い出したくないのだが、
ヴァヴァの脳内では、あの悪夢の旅が素晴らしい一族旅行として記憶されているらしい。
「気のおけないどうしで楽しかったわねぇ。また行こうと思って今計画立ててるから」
おめーは富士の樹海の片道旅行がお似合いだ!

352 :名無しさん@HOME :02/07/01 15:36
>351
姑弟のあまりのDQNぶりに言葉がない・・・
その、おっぱいもませろ事件を、あなたのダンナや姑はどう思ってるの?
酔っ払ってたら何でもアリとは言わせないけどな。

353 :名無しさん@HOME :02/07/01 15:39
富士の樹海の片道切符・・・ワロタ!

354 :351 :02/07/01 15:52
>352
姑弟は私も初めて顔会わせたんです。相当のDQNとは聞いてましたが...
私の結婚式にヴァヴァが呼ぼうとしたら、夫が必死で阻止したくらいですから。
オパーイもませろの件は翌日夫に言いつけ、ヴァヴァにも言ってもらいましたが、
「あの子(姑弟)はもらい乳で育ったから、母親のおっぱい知らなくて
可哀相な子なのよ。減るもんじゃないし吸わせてあげればよかったのに」
などと恐ろしいことをほざいていました。40男に言うセリフじゃないっすよね。
ちなみに姑弟は知障でもなんでもない、ただのドカタです。

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 12:04
>530-533
最後の>533がなけりゃよかったのに。
最後の最後で陳腐なありふれたオチが
読めてつまんなかった。

537 :亀レス:02/07/26 12:15
>>116
違うバージョンを聞いたことあるよ
『足のないババァ』
『姿がないババァ』
『胸のないババァ』
ってヤツ

538 :ちーちゃん:02/07/26 13:04
>536
レスありがとう。
ん〜〜、やっぱり、そうかぁ。
実は、この話は、まったくのパクリで、交通事故の辺りからの短い話だったんだ
けど、やっぱり母親が引き千切っちゃう所が怖くて、良いなって思ってアレンジ
したんですけど、元の話では最後まで読んで、やっと首が千切れたんだってのが
解るっていうオチだったんですよ。ただ、自分の文章力だと、そういう風に
解ってもらえないかなって思ったんで、千切れる音を入れたんです。
千切れて終わりすれば良かったですね。

539 :           :02/07/26 15:03
 俺の死んだ爺ちゃんは、満州で、ロシアが南下してきた時、
炭鉱で地下壕に幽閉していた人達をそのままにして逃げて来た事をずっと
気にやんでいた。
 ロシアの人が助けてくれてるよ。と俺は気休めを言うのが通例だった
がなんの根拠も無かった。

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 15:07
>>530
スマソ。普通に可哀相な話として読んでしまったw

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 15:11
隣の空き地に囲いが出来たってね。

へい  (塀)

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 15:37
>>540
へぇ〜
じゃないの

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 16:00
目が痛いから睫毛でもはいったのかな?と思って
いじくってたら
目の中から髪の毛(大体30センチくらい)が出てきた。
俺は短髪だし、知り合いに長髪の奴いないし・・・
誰のだ?そしてどうして入った?

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 16:06
waratayo>>543

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 16:28
ホッブズのインターネット年表(RFC2235)によれば、
1991年に「CERN によって World-Wide Web (WWW) が
リリースされる; 開発者は Tim Berners-Lee. (:pb1:)」
ということになってるんだけど、1990年にMosaicでWWW?

http://dendrocacalia.org/common/history/internet2.html
http://www.miyakyo-u.ac.jp/school/taira/Lecture/history-internet.html

ちなみにMosaic1.0のリリースは1993年

まあ、大学なら実験的にベータやアルファバージョンを使
ってたのかもしれないが

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 16:52
>545
誤爆?
マジレスするとモザイクの前に
テキストブラウザは存在したが。

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 16:57
>>546
だからなに?
アホですか?

548 :わたしは名無しさん:02/07/26 16:57
75 名前:二等兵 :02/07/26 16:56
ただいま、ほのぼのスレッドの(お見合い)で
一雄が糞スレをあげました!
皆さんのお力を借り撃退しましょう!


549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 17:04
・・・・・・お兄様。お兄様。お兄様。お兄様。お兄様。お兄様。・・・・・・・・・
モウ一度・・・・・・今のお声を・・・・・・・聞かせてェーッ・・・・・

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 17:14
ウチのアパートの隣の家は空家なのだが、どういうわけかこの間夜中電気がついていた
ちょっとした遊び気分で近所の友達をすぐ呼んで外からその明るい部屋をのぞいてみた
電気がついているにはいるのだが、人の影が見当たらない
そこで、友と相談して中に入ってみる事にした
それがまずかった

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 17:32
また途中までしか書かないネタか?
もう飽きたよ。

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 17:41
>>549
モヨコ?

553 :550 :02/07/26 18:49
俺は知らなかったんだが友はモーホだった。
家の中に入ったとたんにヤツの態度が豹変した

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 20:00
>>549
ドグラ・マグラだね?

何だかもう一度読みたくなってきたYO!

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 20:01
ここは怖いのでたまにしか読みません
555

556 : :02/07/26 20:09
胎児よ。胎児よ
なぜ踊る
母親の心が分かって
恐ろしいのか

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 20:39
母の話です。
家の隣の家は以前変死がありました。
死んでからしばらく発見されなかったんです。
もちろん今は誰も住んでいません。
で、こないだ母が夜中に目を覚ますと、なんと隣の家の電話が鳴っていて
しかも、「もしもし。」と声が聞こえたと言うんです。

なんか恐かったです。
住宅街の一隅でもこういう事があるんですね。

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/26 22:20
>>557
お母さんデムパ受信しちゃったんだね。キミにも遺伝してるねきっと

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 02:12
いや、小ネタですまないんだけど、

昨日道歩いてた時さ、なんか転がってたから蹴っ飛ばしたの。
癖なんだよね。俺の。なんか蹴りたくなっちゃうんだよ。

んで、コロコロコロ、、、、っていって
その時夜だったからよく見えなくて、
木かなーと思ってたら違うみたいだから
しゃがんで拾って確認してみたら、人間の指だった、
多分薬指か人差し指。
まじで洒落ならん。

怖くなってダッシで家に帰った。


560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 02:34
>>537
とりあえず載せてみな

561 : :02/07/27 03:46
この話知ってる?いい話100みたいな題名の本に載ってた。
実話だと思う。忘れかけたので脚色入ってるけど、適当に書くよ。
Aさんは妻と子供がおり平凡ながら幸せに暮らしていました。
Aさんは趣味でヨガを習っており、いつのまにか、瞑想が趣味を
兼ね備えた日課のようになってました。瞑想する事で心が落ち着き
非常にすっきりした気分になるからです。いつものように瞑想している
と、急にピシッといった空気が感じられ、夢の中に引き込まれました。
そこでは、現世の妻ではないカオリという妻と子供がいました。
彼女は優しく気丈で、Aさんとの仲も非常に良好でした。
その夢の中でAさんは普通に日常を過ごしていました。
はっと、我に返ると、瞑想したポーズでいる事に気づき、
不思議な感覚を覚えました。しかしそれは一度ではなく
瞑想する度に不思議な夢の中へと引き込まれていったのです。
その夢の時間はだんだん長くなっていってました。
いつのまにか、瞑想する事であちらの家族といる事が楽しみの
一つとなってました。無論、現世の妻も愛してるのですが、かおり
といる時の、愛くるしい笑顔が自分を包む感じが現実でいる時でさえ
忘れられないものとなったのです。

562 :561:02/07/27 03:58
ある日、かおりと些細な事で喧嘩をしてしまい、夢から現実に
引き戻されてからもひどく気になっていました。謝りたい気持ち
もあり、夢の中へ行こうとするのですが、瞑想しても行く事が
できません。思い悩んだAさんは、知り合いの有名な高僧(実存して
ますが、名前は忘れました。もう亡くなられてます)に、今まで
の経緯を話しました(カオリと夢の中の子供の事は話していない、
あくまで瞑想の過程で起こる夢の事だけ)その高僧は、明日又来なさい
と言い、Aさんを帰しました。Aさんが翌日高僧を訪ねると、その高僧
は、こう言いました。「昨日あなたの家族(夢)と会って来ました、かおり
さんもあなたと喧嘩した事をひどく気にしており、あなたが帰って
来ないのは自分のせいだと思っていますが、気丈な彼女は子供と元気
にあなたが帰ってくる事を信じています」

563 :561:02/07/27 04:08
A  「どうすればまた彼女に会えるのですか?」
高僧「結論から言えば、あなたはもうあちらの家族とは会ってはいけない
   この世界は何次元もの世界が重なり合ってできています。あなた
   は瞑想がきっかけで、そちらの次元を覗いてしまった。かおりさん
   と子供は言うなれば、魑魅魍魎のたぐいなのです。このままそちら
   の世界に行き続ければ、現実の生活でよくない事が起きる。その事
   をかおりさんにも説明してきました」
A  「せめて、彼女に別れの挨拶をさせてください」
高僧 「いいでしょう、彼女に別れを告げ、あちらの世界とは縁を切り
    なさい」
そういうと、高僧はAさんに瞑想をさせませた。そうすると、夢の中へ
と引き込まれる空気が感じられ、Aさんは夢の中へ行きました。

564 :長文スマソ:02/07/27 04:16
このスレ自体part15まで行ってるみたいなんで、ひょっとしたらガイシュツかもだけど、
こないだ聞いた会社の先輩の子供の頃の体験談が死ぬほど怖かったんで。
以下、先輩を「俺」として話を進めたいと思う。

山間部に住む俺の婆ちゃん家の近くには川があって、毎年夏休みに遊びに行くと、その川でサワガニやタガメなんかを捕まえて遊んでいた。
夏の午後、その川で遊んでいたのだが、ふと気付くと、周囲には誰も居なくなっていた。
急に不安になったので、帰ろうと思い、家路を急いでいたら、川から婆ちゃん家までの小道(一本道)で、
白いワンピースを着て麦わら帽子を被った見知らぬ若い女性が、婆ちゃん家の方から歩いてきた。
誰だろうと思って、すれ違い様にその顔を見たら、それはとても綺麗な女性だった。
女性は俺の顔を見ると、クスッと微笑んで、涼しげな眼差しで俺を見ていた。
俺が婆ちゃん家に着いたところ、何故か家では葬式が行われていた。
俺は、それが自分自身、即ち俺の葬式である事を直感的に悟っていた。
…というところで目が覚めた。
実に気味の悪い夢だと思ったが、その夢の事はすぐに忘れてしまった。

それからしばらくして、夏休みになったので、俺はまたいつもの様に婆ちゃん家に遊びに行った。
そしていつもの様に川で遊んでいた。
随分長い事遊んだので、そろそろ帰ろうと思い、小道をテクテクと歩いて行くと、
前方から白いワンピースに麦わら帽子の、妙齢の女性が歩いて来る。
その瞬間、俺はそれまで忘れていた、例の夢の事を思い出した。
そのこの光景は、あの夢で見た光景とそっくりだったのだ。
俺は直感的に『あの女の人を見ちゃいけない!』と思い、女性から視線を逸らしながら歩いた。
女性と俺との距離は次第に近付いて来る。俺は顔を背けながら歩いて行く。
そして、遂にすれ違ったその瞬間。
その女性が、低く呻く様な、恨めしそうな声で、一言だけ、こう言った。
『ど う し て 知 っ て る の よ …』

俺は恐ろしさのあまり、駆け出した。背後から襲われるのではないかとの恐怖心から、力一杯走った。
そして、婆ちゃん家に辿り着くなり、庭で洗濯物を干していた婆ちゃんに思わず抱きついた。
婆ちゃんと、一緒に来ていた母に、以前見た夢の事を含めて全てを話したのだが、二人とも笑い飛ばすだけだった。
あれは一体何だったのだろうか?あの女性は一体何者なのか。
全てが謎だが、今でも俺がこうして生きていられるのは、あの時女性と目を合わせなかったからだと、俺は信じている。

565 :561:02/07/27 04:29
夢の中の家へと久しぶりに帰ると台所の居間でかおりさんが
座っていました。「お帰り」彼女はそう言いました。昨日高僧
が来て、彼女には説明をしており彼女も全てを悟っているようで
いささか元気がない様子です。
A  「ごめん。もう帰ってくる事はできない」
かおり「分かっているわ。永遠にさよならね」
A  「ごめん・・・・ご・・め・・・・・・ん」
もう二人とも言葉になりませんでした。
Aさんとカオリさんは最後に別れのキスをしました
A  「さようなら・・・元気で・・・」
カオリ「さようなら・・・あなたも元気で・・・」
さよならの挨拶を言うと、Aさんは現実の世界へと引き戻されて
いました。頬には涙が伝っていました。
高僧「あちらの世界へと行く穴は閉じました、もう瞑想しても
   行く事はありません。世の中には不思議な事があるのです」
高僧は全てを悟っている様子でそう言いました。
Aさんは瞑想をしても二度とあちらへ行く事はありませんでした。
Aさんにとっては凄く不思議な体験で、大事な思いでとして心に
残ってるそうです。

この話知ってる人いない?読者投稿のもので、心の残るいい話100
みたいな感じの本に載ってました。話は記憶が曖昧で、少し脚色した
かもしれないので、知ってる人いたら正しいの教えて。
何次元もの世界が重なり合ってるって聞いた時は、自分も不思議な
感じがしました。今、自分がいる空間には他の人がいて、何重にも
重なり合っていると思うと不思議。神隠しもこういう事が原因かも
しれないですね。取り敢えず、記憶を繋ぎ合わせながら書いたので
稚拙な文章になって申し訳ない。


566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 04:31
>564
パターンが違うがガイシュツですな。
でもこのオチの話し、いろんなパターンあるんだね。
地方によって違うのか年代によって違うのか…

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 04:34
>561
面白かったよ。
洒落にならない話しかどうかわからんけど、
Aの現実の家族からしたら洒落にならんな…

568 :◆zVoKb/zA :02/07/27 04:40
>>594
結構この手の話あるよね。
でもさぁ…俺も同じような体験してんだよね。
多分3歳ごろのでさ、詳しくは覚えてない。
マジレスでスマソ。よく覚えてないから怖くないけど。

569 :561:02/07/27 04:43
いい話に載せようとも思ったのですが、高僧が魑魅魍魎って言ってたから
やめました。工房の時読んだんですが、Aさんがあちらの世界のカオリさん
とハァハァしてたのかと想像し、ハァハァしたのを覚えてます。

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 04:44
>>568
デジャブじゃないの?俺はさらわれそうになったから必死で
逃げたってのはあるけど。

571 :◆zVoKb/zA :02/07/27 04:48
>>570
うーん。
絶対ある。よくわからん人と2度会った。
一度目は夢。2度目は現実。
2度目にはなんか脅されたハズ。覚えてないのがクヤシーね…

だからこれは本当に色んなパターンあると思う。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 04:57
>>571
惜しいね、でも殺されなくて良かったじゃん。
俺はめちゃくちゃリアルな夢見た事がある。
まじで現実と区別が付かなかった。

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 07:08
>>565
エロにいくかな?と思ったのにぃぃ!

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 10:22
 古い工場の話し。
 そこの工場では、いつも夜になると変な音が聞こえてきたらしい。ぺ
ちゃくちゃと早口でしゃべってるような、なにかを食べてるような音。
 まあ、古い工場だから配管を伝って遠くの音が聞こえても不思議では
ないし、近くに大きな道もあるから結構な騒音がしてたらしい。夜中で
も荷物の搬入搬出はあったし、おまけに近所には野良猫が大量にいたか
ら、夜中に静かな方が不気味な場所ではあったたしいけど。

 で、そこに本社から新人が転勤してきた。その新人ってのが、結
構いい大学を出た人で、将来の幹部候補として現場の経験を積む為
にその工場に来たらしい。
 その、新人が遅番で夜中まで仕事をしていた時も当然、例の音が
した。それを聞いた新人、いきなり立ち上がって帰ってしまった。
新人が一人位いなくなっても仕事に支障はきたさなかったらしいが、
さすがに仕事中に帰るのはまずい。翌日、工場長に呼ばれた。
 
 つづく

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 10:38
 で、新人の言うことには夜中に何人もの人間の話し声が聞こえた
為、怖くなって逃げ帰ったと言う。
 しかし、一緒に仕事をしていた人間は何も聞いていない。仕事が
嫌で嘘をついているかと思い、工場長がさらに問い詰めたところ。
確かに聞こえたと言う。ただ、それは日本語ではなく韓国語だった
と。最初はラジオかなにかの音だと思ったが仕事場にラジオはない
し、外からではなく室内から聞こえたと。
 例のぺちゃくちゃいう音は韓国語で話す声だったらしい。ただ、
その工場では韓国語が理解できる人間がいなかった為誰も気にして
いなかったけど。その新人ってには、幸か不幸か韓国語がわかった
んだそうな。
 
 その後は、その新人は深夜にまで勤務時間が延びない、早番だけ
にシフトを固定して、じきに転勤していった。ぺちゃくちゃいう音
は、今でもするらしい。

 で、この話を聞いたとき、当然ながら戦前に朝鮮人が日本に連れ
て来られたって、話しを連想したけど、さすがにその工場もそこま
は古くないってことだし、その周辺に朝鮮族がいたって話しもない
らしい。なんなんでしょうね。

 オチのない話しでスイマセン。


576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 10:43
>>575
韓国語で何て言ってたのかが気になる。

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 11:10
テーハミング!!
ドドンガドンドン!!
テーハミング!!
ドドンガドンドン!!


578 :猫舌:02/07/27 11:12
工場のなんかの施設が韓国語放送を受信して共鳴したのかもしれません
ラジヲなんて簡単な装置で受信できるし

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 12:52
ウチのスピーカーはトラックの無線を
受信して、勝手にしゃべっとります。
いきなりスピーカーから話し声が
聞こえてきたときゃ、ビ゙クーリしたよ(藁

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 15:10
チョンの話は萎えるなぁ

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 16:58
瞑想の話だけど・・・いわゆる「魔境」ってやつなのかな?

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 17:37
中学校の頃に塾の講師の人から聞いた話をふと思い出した。

その講師が大学の友人達と旅行に行ったときの話。
特に何か目的のある旅行ではなく、適当にドライブして千葉のとある町で宿をとったそうだ。
その晩は酒盛りとなり、ご多分に漏れず心霊スポットに行って肝試しをしようということになった。

旅館から車で5分ほど走ったところにその森はあったらしい。入り口までは車で入れたのだけど、
奥までは入れない。仕方ないので車を降りて全員徒歩で森の奥へ歩くことになった。

森の奥まで歩いたが、特にそれらしい現象は起こらなかった。奥には小さな池があり、
それらしい雰囲気を出していたけど、やっぱり何も無かったそうだ。
拍子抜けした一行。酔いも醒めてきて旅館へ戻ることにして、一路車へ戻る。
車に乗り込む一行。エンジンをかけて車を発進させようとするが動かない。
運転手の男に動きがない。足元をじっと見つめたまま固まってしまっている。
後部座席にいた講師が不信に思い、運転手の足元を見た。
運転手の足に血だらけの軍人のような人がしがみついていた。悲鳴をあげ車から
逃げ出す。そして旅館までひたすら走り続ける中、講師は走り去る車の音を聞いた

続く


583 :582:02/07/27 17:44
続き

運転手のことが気にかかるが、やはり怖くて確かめることができない。
悩んだ末に地元警察に事情を話し、捜査の協力を求めることができた。

車が走り去った現場にはタイヤの後は無かった。森の奥へは車で入ることはできず、
かといって戻った様子も無い。一旦そこで捜査は打ち切られたそうだ。
結局そのまま運転していた人は見つからず、尋ね人の写真が大宮駅の交番にしばらく
貼られていたそうな。

半年ほどしたある日、警察から運転手の男が見つかったと連絡を受け、現地へ行った講師
結論から言うと、やはり運転手の男は死んでいたそうだ。車と共に見つかったのだけど、
その車は森の奥の池の中から見つかったらしい。周囲は森。車でなぎ倒した形跡も無いのに、
車ごとどうやってその池までたどり着いたかは不明らしい。


稚拙な文章でスマソ

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 18:39
夏は性犯罪が増加します。

性犯罪被害者の女性の悲痛な声を紹介します。


「あなたはレイプされたのは、今回で三度目だそうですね。また、なんで・・・」



「チンポで」

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 18:46
つまんない

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 21:09
☑ฺ

587 :コピぺ:02/07/27 22:48
7月10日
もうすぐ夏休みだ。
今年の夏休みは、なんだかとてもいい事がおきそうですごくワクワクしている。

7月11日
来週から期末テストが始まる。
テストが終わればいよいよ夏休み。待ちきれないな。

7月12日
本当はテスト勉強の予定だったんだけど、
あんまりいい天気だったんで市営プールに行ってしまった。
ちょっと罪悪感があったけど、それも隣のクラスのシマダに会うまで。
学年1の美人と話しをしてしまった!
でも、あんな秀才でも試験前にプールへ行ったりするんだな。
秀才たがらこそ許されるのか。

7月13日
勉強はかどらない。なんだかやる気がおきない。
夏休みの期末っていつもこうだ。
ベッドにねっころがって、ずっとシマダのことを考えていた。
あいつ絶対彼氏いるよな。あんなにかわいいんだもんな。
そう考えたらますます何もする気がおきなかった。


588 :コピぺ:02/07/27 22:48
7月18日
やっと期末が終わった。久しぶりの日記だ。
試験の結果? 全滅の一言。
なんか、もうシマダのことが頭から離れないや。
シマダと会いたい。

7月19日
電話帳をめくったら、シマダの家の住所と番号がのっていた。
当たり前だけど。

7月20日
シマダシマダ、ああ、せっかく夏休みがくるのに、なんかすっきりしない。
シマダとつきあえたらなぁ。

7月25日
なにもやる気がおきない。
こないだの月曜日、シマダが男(たぶん彼氏だろう)と歩いているのを見てからだ。
ちくしょう。

7月30日
今日から家族は信州の別荘。
勉強を言い訳にしてぼくは行かない。
とてもそんな気にならない。
夜、眠れない。

8月3日
なにもしない。
夜も眠れない。
あけがた、近所をうろついていたら、いがいときもちよかった。

8月4日
よなかから、うろうろする。
たのしくないけど、ほかになにもするきがおきない。


589 :コピぺ:02/07/27 22:50
さげんの忘れてた

8月6日
大変だ。シマダは今、ぼくのベッドで眠っている。夢みたいだ。
実は今日の朝、いつものように近所を散歩していたら、道にシマダが倒れていた。
乗っていたらしい自転車はバラバラで、どうやら車にひき逃げされたらしい。
なんてラッキーなんだろう。
自転車はスクラップ置き場に捨てておいたし、しばらくは見つからないだろう。

8月7日
昼過ぎ、一度シマダが目を開ける。
思い切って告白したけど、意識がぼんやりしているみたいで、返事はしなかった。
近所ではシマダの捜索が始まっている。

8月8日
なんでいままで気づかなかったんだろう。
今日はじめてシマダに着替えをさせてあげた。
シマダは思ったとおり、とってもきれいな体だった。
ただ、あちこちにあざや傷があるのがいやだった。
きょうはいちどもめをさまさなかった。

8月・・・
きょうもめをさまさなかった。
おしっこをもらしていたからおふろにいれてきれいにしてあげた。


しまだのかおがくらい
きょうはこんびにへいっておへやのこうすいというものをかってきた
これでへやのなかもくさくなくなるだろう


しまだがとけてきた
こんびにへいっておへやのこうすいをかいにいってすごくへんなかおをされた
きっとぼくもくさいんだ


しまだのめんたまがなくなった
いしょけんめいさがしたらべっどのしたにあった


もういらない
しまだいらない

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 23:00
奈良の某中学校ですが、校舎の改築の際理科室の掃除をしたところ
古い人体標本模型が出てきました。それを担当のクラスの男子が遊び半分に
ばらばらにしたり、プロレスの技をかけたりして壊してしまいました。
その破片は先生方が、こういうものは決して粗末にしてはいけないと
回収して箱にしまって新しい理科準備室にしまいました。
掃除は水曜日に会ったのですが、その次の週からそのクラスの男子が
休み時間やクラブのときに怪我をするようになりました。
最初の2〜3人は軽い怪我だったのですが、ついには骨折・入院するものも現れ
クラスの雰囲気は、きわめて悪くなりました。
女子が呪われていると騒ぎ始め、結局クラスの生徒全員で人体模型に
お詫びをすることになりました。
理科準備室の模型の箱を空けてみると


591 :ぼっき丸:02/07/27 23:00
>>305からの続き。諸事情で1週間も経ったけど、あの後の事を書きます。
ケッコー洒落になりません。笑えるけど・・・

あの日(先週ね)結局玄関で缶ビールを15本ほど飲んで、酔っ払って知らんまに寝てもうて
起きたときは夜中の2時でした。「オレなんでこんなとこでノートパソコン抱えて寝てるねん?」
とか一人で突っ込みながらも、何で玄関先で寝る羽目になったか思い出して、あわてて玄関のドア
を空けると、ドアに当たってビンの倒れる音。まさかと思ったらやっぱりありました。
牛乳瓶にいれた花が。
もう全くもって謎。謎。謎。んでも気持ち悪いので翌朝管理人室に行き、事情を話すと
どうやら重点的に入ってくる人とオレの部屋の前をチェックしてくれるとのこと。
んで3日ほどは何もなかったんやけど、水曜日の昼間にオレの携帯に管理人から電話が
かかってきて「犯人捕まえましたんで、すぐに来て下さい」当然仕事中やったけど
大急ぎでマンションの管理人室へ行くと、管理人のおっさんと警官2名と25歳くらいの
わりと綺麗なねぇちゃんが。もしかしてこの姉ちゃんが?とか思ってると警官が
「○○さん気味悪かったでしょぉ?もう大丈夫や〜」

あ〜打つの疲れた

592 :590:02/07/27 23:05
中ののばらばらになった人体模型の左腕と右足はなぜか
きれいに引っ付いていました。

骨折した2人はそれぞれ左腕と右足でした。

結局、その人体模型は今でもその中学にあります。
普段はきちんとしまってありますが毎年新学期に、
理科の先生方全員で、学生の安全をその人形に祈っています。

私がその中学の事務職員をしていたときの話です。

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 23:15
>>591
その後をお願いします。
途中で止められると、気持ち悪くて眠れません。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 23:27
591は確信犯なので無視。それに関西弁が出てくるとネタ臭がして読む気にならん。

>>582-583
塾の講師って実はまともな社会人は少なくドキュソが多い罠。
厨房相手のある意味人気商売なのでネタをいろいろ用意していることが多い。

595 :ぼっき丸:02/07/27 23:37
このスレさげ進行なんやね。すんません。

その犯人(おねえちゃん)は俺がくるまでほとんど何も話さなかったそうなんで
警官も管理人もてっきりオレとの間に男女のいざこざが会ったと思い込んでたみたいで。
「じゃ後はゆっくり二人で納得いくまで話しあって・・・○○さんも訴えたりする気ないでしょ?」
とか言ってやがる。
「いやこんな人知りません」と言って後は他人任せにしようかと思ったけど、オレの脳みそフル回転。
管理人と警官はハナからオレの昔の女かなんかだと勘違いしている。おねぇちゃんを見ると
「お願い訴えないで!助けて!」って目をしている。
オレが管理人室へ入っておねぇちゃんと目が合ったとき、向こうが少し驚いた顔をしてたのも
思い出して、なんか事情があるなら聞いてみようと思い「後は二人で話し合います。お騒がせしてすみませんでした」
とおねぇちゃんと二人で管理人室を後にした。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/27 23:41
立ってきた。。。

597 :ぼっき丸:02/07/27 23:54
>>594
そうかネタくさいか・・・書く気なくなったよ。
でもこんなとこで止めてたら気持ち悪いやろうからパッパッと書く。

喫茶店でおねぇちゃんから話を聞くと前の彼氏に酷いフラレかたされたみたいで
ど〜しても困らせてやりたかった。んで行ったことはなかったが、彼の住所を突き止めて
嫌がらせをしていたと。でも突き止めた住所が間違ってたんで、全く無関係の
オレの部屋にせっせと嫌がらせをしてた。そのねぇちゃんには言ってないが恐らく京都特有
の住所「下ル」と「上ル」を間違えたんだと思う。俺んちは「下ル」やけど「上ル」には
俺んちと非常によく似た名前のマンションがあるから。
んでオレのスケベ心が仇になって毎日その思い込みの激しいおねぇちゃんのターゲットが
本当にオレになって毎日怖いって話。
>>310
はいそ〜です
よく覚えてたね

598 :ぼっき丸:02/07/27 23:59
ちなみにハナからここでネタにする気満々で管理人室での様子とかその女とかをデジカメで撮ってる
んだけど見たい奴いるか?警官には「一応僕の部屋、会社の寮になってるんで報告義務があるんですぅ」
とかいって撮った。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:00
良かったよ・・・やっと終わって

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:04
ついでに600ゲト

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:04
心霊ネタではないのですが・・・・
10年ほど前の話です。
当時学生だった私は友人とドライブに出かけました。
昼間にもかかわらず、「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。
場所はご存知の方は「マニア」と呼ばれる「旧*部倉トンネル」。
当時、「横浜・横須賀道路」は開通していたものの、完全竣工までは至っておりませんでした。
車ではトンネル跡までたどり着けなかったため、車を降りて、徒歩で坂を登っていった記憶があります。
トンネル跡まであと少し・・・という所で、私と友人はほぼ同時に急にある方向を見つめました。
何故って? それは「得体の知れない臭い」が漂ってきたからです。
「何かが腐って、強烈な臭いを発している」様な・・・・・
ここで帰ればよかったのですが、余計な好奇心が後に最悪の事態を招く事を当時のバカ2人組は全く予測しておりませんでした。

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:15
>>597
キボンヌ

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:17
>598
よろすこ!

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:37
メモ帳かなにかに書いておいて
いっぺんに書きこんでくれよ。。。

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 00:44
>>604
申し訳ないっす。601でござる。
現在使用しているプロバイダのAPが全滅・・・不通状態になってしまったので、
とりあえず途中まで書き込んだ次第でやんす。

606 :601続き:02/07/28 01:21
さて、無用心にも臭いのする方へ近づいていったバカ2人組・・・・
あまりの臭いに「もう止めるか。こりゃ。」と思っていたところ、
6〜7m先に「黒い物」がある事に気がついた。
「なんだありゃあ?しっかし、くせーなぁ。何かの死骸か?」
あたりは背の低い草むら(10〜15cm位の草が生えていた)で、
私が事もあろうにズカズカと近づいたところ・・・・・・
「ブオオオオオオオォォォォォォンンンンン!!!!」とものすごい音が。
「!」「?」
何と無数のハエが飛び立ったのであった・・・・・
今まで生きてきて「蚊柱」は何度も見たことがあるが、
「ハエ柱」にお目にかかったのはこれが初めてかつこれ以後ない・・・・
かなり「おっかなびっくり」になった2人組にさらに追い討ちが!!!!
「おい・・・・・これ・・・人の形してねぇか・・・・」
「なぬ??? ンゲェェェェェェェ!!!!!」

・・・・・皆さん、「焼死体」なるものを見た事がありますか?・・・・・
当然、私は初めてでした。

607 :601続き2:02/07/28 01:35
・・・・まともに死体と「目が合ってしまった」・・・・
一目散に逃げようとしたその時、友人が、
「四方八方に何か散らばってるが・・・・ありゃ何だ???」
「何、のん気な事言ってんだよ。アホ!」と私。
が・・・・足元を見れば、
確かに「何かを細かく切り刻んだもの」が散らばっていた・・・・・
紙のような物もあれば、薄いプラスチックのようなものもあった。
比較的「大きな破片」もあったので、適当に拾い、
「御遺体」から離れて並べてみると・・・何かの絵?女の子みたいだな。
その間、友人は近くの公衆電話へ一目散。当然110番通報。
戻ってきて言うなり、「(警察が)着くまでここにいてくれってさ。」
「・・・・・マジかよ・・・・」このときは本当に鬱になった。
と・・・・・白い紙切れが近くにある事にふと気が付いた。
私達から向かって右数m先の所に・・・・
「現状維持なんじゃねーのか??」という友人の声を無視し、
私は紙切れを拾った。

608 :601続き3:02/07/28 01:51
その紙切れにはこう書いてあった。
「ノロウ。ノロウ。コノヨノスベテヲノロウ。ワガウラミ、トワニハツルコトナシ。」
私は寒毛立った・・・・これ、遺書じゃねーの???
恐る恐る「御遺体」の方へ目を向けてみると・・・・
何と顔がこっちの方にむいてるじゃあ〜りませんか・・・・(T_T)
全身黒こげ・・・頭髪は燃え尽き、
口の一部は腐ったのかハエに食われたのか、一部骨が露出している様にも見えた。
・・・・ここまでひどく焼けてるとなると、ガソリンかぶったみたいだな・・・
(実は当時、私は科学を専攻していた院生でした・・・)
もともと生物の肉体はそう簡単には燃えない。
総体重の半分は水分なのだから、
「全身黒こげ」となると相当量の可燃性物質を浴びてから、自らに火を放ったとしか考えが付かなかった。
そうこうしている内に警察が到着。
初めて「事情徴収」受けましたです。はい。
担当のおまわりさんが「とんだもの見つけちゃったねぇ」と苦笑いしながら、私に言った。
私は「はぁ・・・・」としか返答のしようがなかった。

609 :601続き4:02/07/28 02:00
おまわりさんが「手に持っている紙切れは何?」と聞いてきたので、
「近くで拾いました。遺書みたいです・・・・」と答え、私は紙切れを渡した。
この時、私は妙に冷静だった事を覚えている。
ちなみに友人は「ガクガク・ブルブル」で事情を聞ける状態ではなかったそうな。
・・・・・そりゃ、普通はそうだ。
「その細かい物は何かな?」と別のおまわりさんに聞かれたので、
「御遺体の周囲に散らばってます。適当に集めてみたら、何かの絵みたいなんですよねぇ・・・」
何故か、私はこの絵に何か見覚えがあった・・・・
実は「この絵」が更なる戦慄を私にもたらす事になるとはその時は、夢にも思っていなかった。

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:26
>>609
続きが気になる・・

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:28
同上

612 :601続き5:02/07/28 02:29
友人は車を運転できる状況ではなかったので、私が運転し、帰途に付いた。
家に戻り、両親に事情を話した所、見事に「沈黙された」。
食欲など全くわかなかったので、早々に寝ることにしたのだが・・・・
その時、私は思い出した。
「あの絵・・・確かミンキーモモっていうアニメーションじゃなかったか?」
正直言って、私はアニメには興味がない。
が、予備校時代の知り合いに変わった奴がいて、
そいつが「ミンキーモモ」好きで、当時いろいろな「グッズ」を予備校内で持ち歩いていたので思い出したのだ。
真性ロリコンで、医学部志望、「ちっちゃい子が大好きだから、小児科医になりたい」等とほざく、
私が人の親ならば「絶対医者にはさせたくない奴」であった。
・・・・といっても成績は理学部志望の私より悪かったので、「まず、医者は無理だろうなぁ・・・」とは思っていた。
「そういや、あいつ・・・どうしているんだろう・・・まさかなぁ・・・」

・・・・がそのまさかがものの見事に当たってしまったのだ・・・・・
しばらく経って、同じ大学の予備校以来の友人が私の所属する研究室にやって来た。
「時間ある?」
「ああ、いいけど・・・珍しいなぁ。何?」
「***が横須賀で焼身自殺したらしいんだよ。1週間ほど行方が分からなくなっていて、親御さん捜索願出してたらしいよ。」
「それもさぁ・・・・自分の周りに「ミンキーモモ」グッズ切り刻んでばら撒いたらしくてさぁ。」
私は自分の血がみるみる引いていくのを覚えた。
「どうしたんだよ??おい!」
「それ・・・・見つけたの。俺だ・・・・」
絶句する友人・・・・これ以上、会話の必要はなかった・・・・
4浪の末・・・・受験したすべての大学の入学試験にPASS出来ず・・・という事だった。
覚悟の上の自殺だったのだろう。
奴は私に「見つけて欲しかった」のだろうか?
とにかく、未だに「ミンキーモモ」の絵を時たま目にしてしまうと、
当時の「ハエの羽音」と「焼け焦げた顔」がフラッシュバックする事がある。
私の数少ない、恐怖体験であり、「トラウマ」でもある。
長文、スマソ。


613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:32
うわぁ、、、

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:33
怖いね…

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:35
マジで洒落にならん。。。

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:36
>>601
長文スマソって 前にもみたことあるから

617 :ロールシャッハ ◆IggdNQgg :02/07/28 02:37
怖い!切れた!寝る!!

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク


618 :◆zVoKb/zA :02/07/28 02:37
ミンキーモモがトラウマになる601と逢瀬を交わしたいのですが何か?

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:39

勝手にすればEじゃん

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:41
ミンキーモモって、その道の方々にすごい人気あったんだよね。

621 :601余り:02/07/28 02:45
>>616 どの
私自身がここでこの話をしたのは、これが初めてです。
ちなみに、後日談があり・・・・・
実は、私の高校時代のバカ仲間の一人は某有名(?)声優さんの弟さんで、
数年前に彼にそれを話したら、見事に「お姉さん」に話したらしく・・・・
「お姉さん」あまりの怖さ(?)に泣き出してしまったそうな。
で、どうもそれがその界隈に広まったらしいです・・・
ちなみにその「お姉さん」、最近「女神」を演じていたそうな。
私は見ていないので、どんな作品かは知りません・・・
知ってる人、おせーて下さい。

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 02:45
すごい話だ〜〜〜。

623 :616:02/07/28 02:50
その話しどっかでみたよ・・・
私自身以外の人が書き込んだってこと?
それとも他のスレで散々書いたけど
このスレでは初めてってオチか?

624 :616:02/07/28 02:52
>>621
別にコピペにいちいち腹たてないから
最初からそうやって書きなよ



625 :616:02/07/28 02:55
もし本当に当事者ならいつどこどこで
5w1hまでかきなよ
それによって君自身が特定されるて困るなら
ある程度削ってもいいけど


626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:00
なんかよくわかんないけど大変こわいおはなしでしたね皆さん

627 :601余り2:02/07/28 03:00
>>616 どの
いや、そうじゃなくて・・・・
2ch自体、というより「ネット」にこの話を書き込んだのは、
私にとっては初めてなんですよ。
多分、また聞きした人がほかに書いてるんじゃないのかなぁ。
逆に嘘でない分、表現をやわらげて書くのが難しいことといったら・・・・
とりあえず、これが「オリジナル」と思ってくださいませ。

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:03
あれ?

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:04
某社株主総会ログ。ある意味これも死ぬほどシャレにならない話だと思う。

http://203.141.137.186/fj/reset.php3?recid=83
株主C    有価証券報告書は参加株主には配布して欲しい。これは要望です。
        昨年の有価証券報告書の77Pに関係会社長期貸し付け金につい
        て、73億千2百万という数字がありますけど、今年は長期貸付金で
        全部が関係会社向けではないでしょうが、105億8千9百万円とな
        っている。今年の3月末現在の長期貸付金の内訳を示して欲しい。
北野取締役 子会社への長期貸貸付金ですが
          学研イーネット 1億5千6百万、
          学研エリオン 3億3千6百万
          学研事務機販売 14億9千万
          学研GIC 16億1千4百万
          学研スクールマネジメント 49億3千6百万
          学研ホームスタディ 19億4千7百万
          学研メディコン 8千6百万
          立風書房 8百万
        以上です。
株主C   そうすると、GSMは去年が25億6千万ですから、14億円くらい増え
       てるわけですよね。GICもホームスタディも各5億円くらい増えてる、
       ということで、先ほどの方の質問にもあったが、これは、はっきり言っ
       て破綻している状態なのではないか。そういう責任は誰がとるのです
       か?
遠藤社長 それは、先ほどの書面回答にもありましたように、山一の結果が出
       たところで当社としての長年の経営不振ということを含めまして一定
       した姿勢というものを示してまいりたいと思います。
株主C   違うよ。山一のことじゃなくて
遠藤社長 それも含めまして、トータルな経営責任ということで、考えてまいりた
       い。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:05
629の続き。

http://203.141.137.186/fj/reset.php3?recid=83
株主C   じゃ、たとえばホームスタディは誰が担当しているのか、GSMは?
遠藤社長 それは、それぞれの子会社の経営というものがおりますのでそれが
       担当しています。それは、関連会社のことに関しましては、先ほど申
       し上げたとおり、トータルのグループ経営としての管理をやっており
       まして、それがイコール子会社の業績と必ずしも結びつくものではな
       い、トータルの中で経営陣としてどういう姿勢を示すかということを考
       えていきたい。個々人の人間にどういうふうな責任が結びつくかとい
       うものではないと認識しています。
株主C   認識といったって、現実に経営が破綻しているわけでしょ。数字の上
       でも。どうするのかですよ。
遠藤社長 先ほど言ったように、トータルに示していきたいということです。
       (「質問に答えろよ」、の声)
株主C   遠藤さんが責任を取るということなのですか?
遠藤社長 これから一定の姿勢を示すというふうに申し上げている
株主ら   いま、答えてくださいよ。これからじゃ遅いんだよ、の声。

       ※7期連続赤字、火だるま状態の赤字子会社、山一との癒着・蜜月
       の果ての泥仕合 どれをとっても責任重大なことがらなのに、経営者
       諸個人には責任がなく、「トータルに姿勢を示す」などという曖昧な逃
       げ口上でごまかそうとする態度には驚くばかりです。これでも、一部
       上場企業です、という学研経営の厚顔な姿勢と問題体質が丸出しに
       なっているというほかありません。


631 :601余り3:02/07/28 03:06
>>616 どの
1992年の10月頃の事です。
「横・横道路」はご存知ですか?
その近辺の山中に地元の人間は怖がって全く寄り付かない場所があるんです。
今もあるかどうかは分かりませんが・・・見に行きたくもないので。
これで、ご勘弁下さいな。

632 :616:02/07/28 03:08
無理 626 627 でワンセット
622 621もワンセット
わかりやす・・・・
自演ならもう少し頭使えよ


633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:13
しまったぁー!

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:13
もういいじゃん。
たとえ他でガイシュツでもいいんだよ。
ここのスレで書かれてなかったら。


635 :616:02/07/28 03:13
ああそうか 場所時間ぐらい偽者でも
語れるんだったな

俺のほうが逆にいい助け船だしてしまったようだな
ともかく 他人の体験もしくは他人の創話を
あたかも自分の体験のように語るのは止めましょう
以上


636 :601これで終わり:02/07/28 03:15
>>616 どの
残念ながら、不正解です。
タイムスタンプ考えて、推理してくだされ。
私はタイピングがあまり得意ではないので、こんな「妙技」は出来ません。
「自演」と判断する根拠をおせーてください。
まさか・・・・君は「粘着」君じゃないよね?

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:16
どーでもよくね?

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:18
いのうえきくこたんでふか?

639 :601これで終わり2:02/07/28 03:19
>>616
まさか・・・・・お前さんもあの時の当事者じゃないだろうな?
だとすると・・・・特定可能になるぞえ。
オリジナル知っている奴は私の知る限り、3人しかいないんだから。

640 :◆zVoKb/zA :02/07/28 03:20
まぁまぁ、>>616さんも>>601さんもマターリ。
で、>>601さんと逢瀬(略

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:21
小学校の頃、姉が寝坊すると学校の手前の線路で人身事故が有って遅刻にならなかった事が2回有った。3回目の人身事故は姉が登校する10時頃まで数回有ったが遅刻になった。
先に登校した私のすぐ前を歩いていた男の子が仰向けに倒れ太股をワゴン車に乗り上げられる事故が有った時も遅刻にされなかった。
893を使えるらしかった。

642 :616:02/07/28 03:22
601必死だな・・・
粘着とか言われ始めてるから
これで616もこれで放流ですが・・・

既出ネタをしたり顔で自身の体験のように語られると
かなり萎えます・・


643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:22
>>637
うん、どうでもいい。

>>616(・∀・)カエレ!!

644 :601おまけです:02/07/28 03:24
>>P どの
いや、もし当事者だったら>616
「こんな薄ら寒い話、蒸し返すんじゃねーゴラァ」という事かもしれんので。
そうだ・・・・明日電話してみようかなぁ。>昔の仲間
で、彼の墓に花を手向けようと思う。ちょっと早いお盆だけれど。

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:28
>>632
つーかそんなつまんない事でうだうだ言ってる暇あったら
お前が怖い話書け。


646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:29
601vs616 両方まとめてウザイんすけど。
はじめ616の一連の発言みて、粘着だなこいつって嫌な感じしてたけど
今度は>>639の発言みて601もどーだかなと思った。

601の話は本当に怖かったと感心してるんで、もうこれで終わりにしてくれ。
あんまりあれこれ話しすぎると逆に嘘をごまかしてるのでは?と思ってしまう罠。

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:30
話怖かったしもういいんじゃないかと・・・ね。
いきなりだけど昔幽霊物件スレ?にあったストーカーの幽霊の話
思い出した。あれも怖かった・・・。

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:31
どうでもいいが
このスレでのガイシュツよりはまし。>>587

http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/5/766.htm

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:31
確かにもういいわな

650 :616:02/07/28 03:32
皆の衆スマン 601があまりにも
あさはかなので書かせてもらうが
この話しだと君の言う当事者はあと1名しかいないんだが・・・

その数名のうちの一人がこの時間に偶然2chをやっていて
この板にいてしかもスレにいる確率はどれぐらいなのだ
教えてくれよ・・・
いやまじで・・・・・
こう反論されてぼろがでるのを
予期したうえでの演出なのか?
もう少し考えたまえよ 夜は長いんだから・・・

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:34
話書いてもいい?短い話だけど。


652 :616:02/07/28 03:35
そして関係者が数名 ←書き損ねた・・

587は最後がひらがなになっていく所が
アルジャノーンに花束をっぽい

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:35
>>650
じゃあどこそこに書き込まれたってソース出してみろよ
もうツマランからいい


654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:36
わかった616はミンキーモモだ!

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:36
>>616うぜ〜。
このスレの趣旨わかってんのかよ。
こーゆーやつってどんなんだ?
なんかこいつ自体が既出だな。


656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:36

ミンキーモモキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:37
>>616

つーかさ、ここは怖い話を聞く場所で、激ガイシュツでない限り顰蹙買わないと思うし。
そんな偽者扱いすんなら、君がオリジナルつってる話過去ログから持って来るぐらいの事しろよな。

まー持って来た所で、どっちが本物かなんて確証はネット上だからわかんないけど、
それは各々が判断すりゃいいんじゃねーの?

ここの会話だけ見てると、君はただの横槍粘着クンにしか見えないよ。
601の方が辻褄合ってる。
頼むから横槍で荒らさないでくれよ。

658 :616:02/07/28 03:38
そりゃ無理だよ・・・でもとにかく消えます

>>651さん よろしく


659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:39
個人的には元ネタがどうであれ怖けりゃいいと思うんだけどなぁ。

660 :601まさかとは思うが:02/07/28 03:39
皆様、取り乱して、ごめんなさい。
マジでこっちも本気でビビってます。>「当事者衝突」
>>616
まさか・・・・「北*」か「仙*」じゃないだろうな?
マジで洒落にならんぞ。
あちきは「むら」だ。わかるか?
もしそうだったら、後は任せるから、どーかよろしく頼む。

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:40
>>651が書き込んだら>>616に横槍される罠

662 :657:02/07/28 03:40
>>646
確かに、これ以上二人が衝突し合うと、601の話も霞むよね。
もう止めてくんない・・・?

>>651
是非お願いします

663 :◆zVoKb/zA :02/07/28 03:42
>>660
もう、いいじゃない…山?台?

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:46
657=660(601)=662(657)

自分は616タンじゃありません。601タン見苦しいからもうやめて。
あなたが消えないと616タンも安心して寝られないでしょうし(藁)

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:48
あたし626ですけどなんか大変なことになったみたいですねみなさん

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:50
あーこわかったでイイじゃん。
今までこのスレの荒れの原因はこんな感じだったな

>>664も余計なレスすんな

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:51
>>664
だからもう引っ張るなって。マジでウザイから
みなさん放置で

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 03:52
あたし636〜エヘヘ〜。

669 :616:02/07/28 03:55
ごめん皆の衆、601の言ってた事が正しかったわ。
許してちょ。

670 :601謝罪:02/07/28 03:57
これで最後にいたしますが、
616は当事者じゃなかったみたいです・・・・・ちょっと安心です。
ICQで残りの当事者2人からたった今連絡来ました。
どうもこのやり取り、ROMしてたみたいです。
どちらも
「こんな深夜にお寒い昔話すんじゃねーゴラァ」でした。
すまん事です。はい。以後気をつけますので許してくだされ。
ネットって。怖い。ふぅ。
おやすみなさい。皆さま。

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 04:01
なんで正しかったのか教えてちょ。
それだけ騒がしたんだからさー>616

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 04:04
>>671
669は偽だろ。どう考えても
皆さん以上で終了しませんこと?

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 04:04
670

これこそ、マジで「死ぬほど洒落にならない」と思われ。
おいらも気をつけようっと。

674 :616:02/07/28 04:11
>>671
だってママが601の方が正しいって・・・。


675 :651遅れてすいません。:02/07/28 04:20
前の話と比べるとそんなに怖くないんですが・・・。

昔ビデオ屋でバイトしてた頃の話なんですが、
そこは営業時間が夜中の2時までで、大体後片付けをして掃除をしていると
帰るのは3時頃になってしまうんですね。
なんてゆうか一番薄気味の悪い時間帯なんです。
で、そこのビデオ屋は昔から従業員が霊体験する事が多くて僕も夜中帰ろうとして
一人で表の駐車場に出たら三輪車に乗った3歳くらいの男の子を見たりした事が
ありました。(ちゃんとキコキコペダルを漕ぐ音もしてまるで生きてるようでしたが
もう少しよく見ようと近づこうとしたら消えてしまいました)
で、色々ありましたが一番ゾッとしたのは後輩の子が体験した話なんです。

その日僕は中番で11時頃上がる予定でした。
で、その時間が来たので帰ろうとすると入り口におじいさんが立っているんです。
上下ジャージのかなり高齢のおじいさんで大体70歳くらいに見えましたが、
こんな夜遅くにおじいさんがビデオを借りに来るとは思えませんでした。
(そのお店はアダルト中心でしたので)
でも一応後輩に「お客さん来てるからちゃんと見といてね」と伝えて帰りました。


676 :651:02/07/28 04:21
ここからは聞いた話です。
その日は遅番で後輩(借りにTとします)ともう一人の新人さんが残っていました。
僕から言付けされたTは僕が出ていった後すぐに店内を見回してみましたが誰も居なかったそうです。
でもレジに戻るともう一人の新人さんが「今おじいさんが通りました・・・」って言うんです。
Tはおかしいなぁと思いながらも店内を回りますが一向に人の姿はありません。
お店のドアは自動ドアで開くとチャイムが鳴ります。
そのためそっと店内に入る事はほぼ不可能と言えます。
そのチャイムの音もドアが開く音もしてないのになんでおじいさんがいるのか
は解りませんでした。
でもお客さんには違いは無いのでレジの前で待っていました。
30分経ち、1時間経ち、気がつくと深夜零時を回っています。
それでもおじいさんは来ませんでした。
仕方ないので新人さんと二人で店内をくまなく見て回る事にしました。
物置もトイレも全て確認してみてもおじいさんはいません。
狭い店なのですぐに見つかるはずなのに・・・。


677 :651:02/07/28 04:21
Tはきっと帰ったんだと思い探すのを辞めたそうです。
その時Tはハンドモップを持っていたらしいのですがついうっかり
落としてしまったそうです。
それを拾うおうとしゃがんだ時Tは棚の向こう側、下の15センチくらい空いてる
隙間からジャージを履いたよろよろの足を見たそうです。
ペタン、ペタンと引きずるように歩く足を・・・。

Tは驚いてすぐさまレジに逃げそのまま営業時間が終わるまでレジの前から離れなかったそうです。
そうしているうちに営業時間も終わり後片付けをして帰る事にしました。
(一応新人さんに店内を見回ってもらいましたが誰も居なかったそうです)
Tが店の電気を消し、カギを閉めました。
階段を降り下の駐車場へ行くと遠くの方からブーンブーンと音がしていたそうです。
きっと隣の店の電気の配線かエアコンだろうと思い停めてある車のドアを空けました。
その時チラッと2階にある店の窓ガラスを見てTは凍りついたそうです。


678 :651:02/07/28 04:22
なんと窓ガラスにピッタリとおじいさんが張り付いてウーンウーーーーンと唸っていたそうです。
ブーンブーンとゆう音はおじいさんの声だったらしくしかもこっちをじぃ〜っと見つめていたそうです。
ガラスの向こう側でそんな声なんて聞ける訳無いのにおじいさんはウーーン・・・アァアアアア!!
と唸っていたそうです。

ちなみに
 
  店の通路
棚棚棚棚棚棚棚棚棚棚
  おじいさん
窓窓窓窓窓窓窓窓窓窓
    外

上から見るとこんな感じです。この間は10〜15センチ程しかなく普通なら人は入れません。

Tは車を置いてそのまま走って逃げたそうです。
僕が実際体験した話ではありませんがこれが一番怖かった話です。
おしまい



679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 04:32
ちゃんとおじいさん出してやれよ

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 04:34
651さん、充分怖いです・・・

681 :651:02/07/28 04:36
>>679 絶対それ言われると思った・・・。でもいやだよ怖い!!

682 :◆zVoKb/zA :02/07/28 04:40
>>681
じーさん凄いね。
サイレントキリングの達人とかじゃ…

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 05:00
70才の老人が夜にエロビデオ借りるのがそんなにめずらしいか?

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 05:17
レオンじじい

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 07:12
>>5
こいつら老後になったら、どー思うんだろーね
こんな事件が、あったなんてねつうか両親はなにやってたんだ
ふざけやがって

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 09:29
>>685

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 11:37
よく友達2人ともタイミングよくこんなスレを見てたね、そんなにメジャーなんかいな?

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 11:38
>>685
人間だから酷いコトしたな〜と思うぐらいだろうね
まあそんなもんだ


689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 12:14
つかあの事件を知らない世代が大きくなってきているというのは驚きだな
俺もおっさんになるわけだ

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 13:35
死ぬ程〜過去ログ倉庫の「生き人形」のリンクをクリックした瞬間、
マシンが落ちた・・・。ちなみにOSはwin2000pro。
特にリソースを使用していたわけでもなく、普通にネットしてただけ。
第一、マシンが落ちる事自体珍しく、ここ最近で落ちた記憶が無い。
これは単なる偶然なのか・・・
投稿者の最後の一文が気になる・・・


>以上です....が、これをコピぺしてる間にフリーズしまくり
>これから何もありませんように...


691 :-=・=-  -=・=-:02/07/28 14:16
-=・=-  -=・=-  -=・=-  -=・=-  -=・=-  -=・=-  -=・=-  -=・=- -=・=-  -=・=-  
    と          ゝ         <            ⊃         ζ
    ё         Д          ∀           θ         ∇

692 :601翌日です:02/07/28 14:28
皆様、深夜お騒がせいたしました601です。
先程、「彼」の墓参りから帰って参りました。
当時の当事者と大学時代の友人と共に彼のお墓に花を手向けてきました。
ちなみに当時共に「焼死体に遭遇」した友人は同じマンションに住んでおりまして、
出会い頭に「洒落にならんから勘弁しろよぉ(^^;)」と怒られましたです。
一緒に墓参りした2人に、罪滅ぼしといっては何ですが、昼飯おごりました。

しかし・・・・616って誰だったんだろう?
誰か知りません?
まさか、「化けてネットに出現・・・」てぇ事はないか。
彼の知ってるソースを見たかったなぁ。


693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 14:29
616は626だといってみるテスト

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 14:32
遅レス失礼 >>507

>>447の話、作り話かもしれないけれど
絶対に嘘とも言い切れないものがある。
以前勤めていたクリニックに
強姦されて呆然としているところを別の男に強姦されてしまった女性がいた。
そういうのは珍しいケースというわけでもなかったりする…
被害にあった女性の苦しみを察するどころか
「俺も俺も!」くらいのノリで便乗する男もいるということ。洒落にならんです。

695 :601翌日です:02/07/28 14:33
あと、651さん。
めちゃくちゃ怖かったんですけど・・・・・
「得体の知れないもの」はやっぱり怖いです。
私の場合は一応「実体」だったし、別にあれから「心霊体験」等はしておりません。

「とりつかれる」か「トラウマになるか」究極の選択?

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 14:37
>>601

616はうっかりガイシュツだとかコピペだとか言い出して引っ込みがつかなくなっただけでしょ。
ムキになって相手するほどのものでも無かったんじゃない?

697 :601翌日です:02/07/28 15:03
>>687 さん
まさか・・・・とは思っていたのであるが、偶然とは恐ろしいです。
奴ら2人とも2chフリークでした。知らなかった・・・・・
「突然のICQ攻撃」にも参った。こっちの方がマジで洒落にならなかったかも。
ちなみに私の大学同期の知り合いはほとんど2chの書き込み経験があるそうな。
うっかりマジ話、書き込めませんねぇ(苦笑)

>>696 さん
そうだといいんですがねぇ・・・・・
何か「含み」を持っているように見えて、ちょっと薄気味悪かった>616

ちなみに「某お姉さん声優」当ててた人がいたなぁ。
ちなみに彼女の弟さん(他人行儀な書き方でアレだなぁ・・)と
私は高校で3年間同じクラスでした。んでもって、「バカ仲間」デス。
ちなみに俳優の窪塚洋介がライフカードのCMで「ああ、我が学び舎」と突撃訪問しております。
多分、彼のオフィシャルサイトのBBSに、
「後輩かよ。おい!」、「先輩ですかぁ〜?」とか「第何期卒業?」などという書き込みがラッシュしてきたに違いない。
ちなみに私は「第40期卒」です。

でもって、「ちょっとしたエピソード」で井上さんには驚かれたというか呆れられた事があります。
(もう本人、覚えてないだろうなぁ。)
まさにこれは「バカ話」なのでスレ違いと思われまする。
「特別に許可」というご意見が多ければ、お話いたしますが(笑)


698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 15:24
やっと、読み終わった・・・・
スゲーなこのスレ。
深夜に盛り上がる盛り上がる。

もしかして・・・・601は「*立 *須賀高校」卒なのか?
ならば、当時の名物教師の愛称提示をキボーン。

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 16:08
死ぬほど洒落にならないバカ話なら書いて下さい。

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 17:31
>>695
>「とりつかれる」か「トラウマになるか」究極の選択?

とり憑かれることは充分トラウマになると
突っ込みを入れてみる。

701 :601:02/07/28 17:56
>>698 さん
「英語」⇒島ちゃん(外見と声が一致せず。初対面で少なからずショック受けました)
「数学」⇒近ちゃん(大竹まことを若くしたような感じ、試験激ムズ。職員室の机汚し)
「物理」⇒カッシー(試験超激ムズ。トークに特徴あり。文化祭で火炎放射器使用)
「化学」⇒オバチャン(試験超激ムズ。講義実験で素手で濃硫酸を取り扱うツワモノ)

で、どうざんしょ?

702 :601:02/07/28 17:59
>>700 さん
確かに・・・・
その上、「悪霊払い」なるハチャメチャな儀式に担ぎ出されて、
心身ともにボロボロなるっていうのも、充分トラウマ。

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 18:16
601さん、もうそろそろ消えてくれないか?

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 18:25
あー、どうでもいい話をage続けるのはどうかと思うねえ、流石に
じゃあsageでっつって続けられても困るねえ
過ぎたるは何とやらだねえ

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 18:28
……おれはまだ母親の胎内にいるのだ。こんな恐ろしい「胎児の夢」を見てもがき苦しんでいるのだ……。
……そうしてこれから生まれ出ると同時に大勢の人を片ッ端から呪い殺そうとしているのだ……。
……しかしまだ誰も、そんなことは知らないのだ……ただおれのモノスゴイ胎動を、母親が感じているだけなのだ。

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 18:37
601の昔話が聞けるスレはここですか?

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 18:46
どーでも良いが616必死だな(プッ

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 19:09
あってるよ。全部・・・・>601
お前さんは理系コースだったんだな。>高3時
ちょっと疑ってかかってたんだけど、じゃあ、今までのはマジ話?
・・・・・聞かなきゃよかった。

ごめんちゃい。分かりました。もう十分です。
後は誰かに盛り上げてもらってくれ。
2chでマジ話はシャレにならん。
横・横道路界隈って、こんな話ばっかりなのか?
誰か、解説をキボーン。

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 19:51
空気の読めない601

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 19:56
その話は終了。>>709

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 19:59
あのー「自己責任」って神主さんの家に代々伝わってるって話でしょうか?


712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 20:03
いい加減コテハン出て行けよ、うざすぎ

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 20:28
601=616の罠

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 20:38
>>713
>>710

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 20:41
お寺の娘から聞いたんだけどね。

やはりお寺に住んでると、見なくていいものまで見てしまうことが
多々あるそう。
音を聞いたりあるはずのない人影を見ることも珍しくはないんだって。

そんな友だちでも今回のはちょっとショックだったよう。
夜中の1時頃に定期テストの勉強をしていたら、自分の隣に
人の気配を感じたんだって。
ちょっと見たら、汚い男の子がうずくまっている。
咄嗟の事で凝視していたら、その子が動き出して顔を上げそうになったんだって。
そこで叫びながらお父さんの住職の部屋に言って事情を話したら、
「霊を怖がるとは何ごとだ!」と逆に怒られたそう。
部屋に戻るともうその子はいなかったって。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 21:14
友達から聞いた話ってのはいつもながらリアリティたっぷりだね

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 21:53
Rタンハアハア…
お寺の娘タンハアハア…

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 23:55
601の話しは好きなんですけど、>>697の続きの「バカ話」とやらには
全く興味ありません。ゴメソ。あとそろそろ601を名乗るのはやめたほが。
616が、また別ハンドルやら名無しやらで戻ってきたら怖いです。

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/28 23:59
↑ぐわ、とっくに終わってる話に突っ込み入れてしまったよ>自分
 はづかちー。無視して次いっちゃってください。

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 00:02
心霊体験より、薬座行為が人生最大の思い出の奴が顔見知りに居る方が怖いです。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 02:08
おーい、このスレ、パート1から全部見てるヤシいますか?
結構「この話を聞くと・・・」系が多々ありますが、
あれの後日談というか、ヤヴァイのってあった?

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 02:09
寺の娘と仏間で仏壇返し (´Д`;)ハァハァ

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 02:14
寺の娘と仏間でパワーボム(´Д`;)ハァハァ

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 02:16
>>721
これでも印刷して天井に貼っとけよ
http://www.galeon.com/theabyss/murders4.jpg

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 02:41
>>724
何すか。基本的にブラクラ・グロ系は見たく無いので
怪しいファイル名のソースは踏みたくないっす。

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 04:29
友達の叔母さんの体験談で、ネタでなく実話です。


友達の叔母さんは、若い時からヨガをやっており、
今は教室の先生もやっているとか。
その叔母さんの若い頃の話です。

ヨガの修行のために、叔母は長期滞在でインドのある地方(聞いたんですが名前忘れた)
へ赴いた。
そこは世界各国からヨガをやっている人々が修行に来るような有名な場所で、
叔母はそこで一人の白人男性(確かカナダ人)と知り合い、仲良くなる。

ヨガの世界はフリーセックスな思想らしく、二人は肉体関係も交えながらも
日々仲良く共に修行をしていたそうだ。
そんなある日、いつものように二人は瞑想をしていると・・・
叔母の瞑想のイメージは、自分が異国の服を着て、一人の男に殺されてしまい、
土の中に埋められてしまうものであった。

瞑想から覚めた二人は、互いの顔を見合うや否や、

「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」

と指を指し合った。

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 04:35
>>721
パート1から見てたような覚えがあるけど後日談関係でヤヴァイのは・・・あったかな?
なかったと思われ

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 04:48
>>726
で、何事もなく帰ってこれたわけね?ヨカタネ

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 04:58
>>17
俺の肩には猪木アゴが乗ってます。

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 05:09
>>717
え、Rタソってお寺の娘さんだったの?
ハァハァ…

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 06:42
>>730
も含め、おまえらRタソにハァハァ言い過ぎ。











ハァハァ

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 09:22
>>715
そのおっさんって住職としてはどうか分からないけど父親としてはs

733 :726つづき?:02/07/29 15:22
>>728
結局、その叔母さんが見たのは自分の前世のイメージで、
自分を殺した男というのは、一緒にヨガを修行していた目の前の白人だったらしい。
白人男性も、同じように自分が女性を殺してしまうイメージを見ていたそうだ。

その後二人はしばらくこんな事があるのかと、愕然としていたが、気を取り直し、
「まー過去の事だし」という事で水に流し、滞在している間、仲良く修行していたそうだ。

まー本当かどうかはわからないけど、前世で自分を殺した男と現世で寝てるってのは
結構洒落にならないかな〜と思って。
怖く無くてスマソ

734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 15:36
むかしの知り合い(女)もヨガ道場の自称グル(?)に、前世の因縁だからと、
情交を迫られた。すぐやめて、引っ越したので事なきを得たそうだが…。
ヨコレス、スマソ。

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 15:43
>>733
ヨガやってる同士のセクースって相当複雑な体位とかやるのか?
駅弁どころの騒ぎじゃないんだろうな (´Д`;)ハァハァ

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:12
>>735
カーマスートラのようなものだと思われ

ハアハア

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:24
生垣をかいくぐって
幾つもの光の筋が延びる午後
年とった鳩時計が一回なき
そしてボクは
じっとりとした畳の上で転がりながら
タンスの下で忘れられていた
レモン色のおはじきを
口の中で転がした

ひんやりと涼しいガラスと
ほんの少しの寂しさが
口の中で溶けていった

って誰の詩?

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:25
この間、アメリカンショートショートフィルムとかいう、
アカデミー賞の「ショートフィルム部門」にノミネートされた作品を
年代毎に纏めてある作品を見たんだよ。(ビデオ屋に置いてある)

そしたら「マンホール」の元ネタであると思われる作品があった!
でもそのビデオ、出たのは最近(ここ数カ月)で、マンホールは一年前くらい?
アカデミー賞は、ノミネート全部見せるわけじゃないから、例えNHKのアカデミー授賞式を
見てもマンホールの内容は分からないはず。

マンホール考えたヤシは関係者なのかな?<アカデミー

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:31
>>733
前世のすがたそのままだったの?
ならはくじんとあじあんが

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:32
>>738
都市伝説だろ

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:32
>733
 なーに、世間の夫婦は大方、前世で仇同士だったぞ。
 まあ順縁の夫婦が三分の二としたら、三分の一くらいは仇同士。

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:33
何だ?宇宙の意思かなんかが中道にもっていこうとしてんのか?

743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:53
>>740
アメリカ人の作品ダタヨ
バス亭前のマンホールにアメリカ人の少年が「69、69、69」とか言いながら飛び跳ねてて、
バス待ちしてるおっさんが「何してるんだ?」って話し掛けても少年は飛び跳ねてるだけ。
で、この下に何かあるなと思ったおっさんは、「ちょっとそこどいてみ」と少年を退けて
自らマンホールに入っていくという。
少年はおっさんがマンホールに入った後、蓋して「70,70,70」と言ってまた飛び跳ねる。
そこに今度はおばあさんがやって来て「何してるの?」
ってとこで話は終わりってやつ。

まーアメリカタッチだから全然怖く無かったけど。
作品名は「69」だったか、確か数字。

744 :733:02/07/29 16:57
>>739
いや、異国の服を着てた→日本人ではないって事が言いたかったんだけど。
まあ、顔が同じだったかどうかは、叔母さん本人から聞いた訳じゃないからわかんないけど、
瞑想が覚めた時に、「あ、こいつか!」ってすぐ分かったみたいよ。

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 16:57
>>743
うんだから年伝説
日本で聞いたのはもうカナリ前だゾ

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:04
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/7/148.htm

自己責任も怖いけど、これが一番怖かった。
後味悪いしね。

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:13
今日の午前四時頃。
ふと目を覚ましと、どっかの家で赤ん坊が二人泣きじゃくっていた。
俺の部屋はクーラーがないんで、窓全開でないと死にそうなくらい暑い。
だもんで「あー、うるせー」とか思ってても窓を閉めることはできなかった。

んで、赤ん坊が泣く。とにかく物凄い声で泣きまくる。
泣くっつーか鳴いてるというか哭いてるという表現が合う感じで。

しばらく眠れずにその泣き声を聞いてると、突然
赤ん坊の泣き声が

「ぎゃわうぉああああああああ!」

ってな声に変わって、シーン。
その声が何というか、思いきり苦痛を訴えたような声だったんで、
思わず硬直。
ドキドキしながら待っていると、再び赤ん坊の泣き声が聞こえてきたんで
五月蝿いと思いつつホッとした。
けど、その後しばらくしてまた同じように「ぎょぅわわわあ!」って絶叫。
そして沈黙。

その後は寝てしまったんで、よく覚えてないんだけど、
一体親は泣き声を止めるために何をしたかと思うとガクガクブルブル。

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:22
↑うちのマンションの上の階の子供もそう!
急に叫ぶように泣いて静かになる…
でも自分に子供が出来てみると
何もしなくてもそうなる事があるって事がわかった
そのたんびに「うちは虐待なんかしてません!」って叫びたくなるよ

749 ::02/07/29 17:25
>>748
虐待しているという自覚がないのが一番怖い。

750 :748:02/07/29 17:27
あほか!何もしてないっちゅうねん!
そういう子供も要るって事だ
わかるかな?

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:32
コドモってそんなもんだよね

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:32
あほか!何もしてないっちゅうねん! ボカッ
そういう子供も要るって事だ  ドスッドスッ
わかるかな?  ニタァ

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:34
となりの家に塀が出来たってね。

かっこい(囲い)

754 :748:02/07/29 17:40
まあ夏厨は相手にしてもしょうがないんで…

>>753
へぇ〜

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:43
>747
それって発情期の猫がケンカしてただけなんじゃ・・・

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:45
>>754
なんか性格悪そうな人だね

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:47
つーか子持ちで2ちゃんねらーだろ 推して知るべし

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:48
これは姉から聞いた話。

姉の友達の家の近くにローソンがある。
そのローソンの前の交差点で小学生の女の子が交通事故死した。
それ以来、夜になるとその女の子の霊が出るという。
ある日酔っ払いが朝の4時頃例の交差点を通った。
するとむこうにランドセルをしょった女の子がいた。
酔っ払いは不思議に思って通りすぎた後も女の子をずっと見ていた。
すると女の子もこっちを見てくる。なんとその女の子の首が
180度回ったのだ。酔っ払いはびっくりして一目散に逃げたという。

あともうひとつ。
姉の友達の父は、霊感がとても強い。
いつも金縛りにあう。でも、指先だけは動くので、携帯で奥さんに
メールをして電話をかけてもらう。そうすると金縛りが溶けるという。
ある日、いつも通り金縛りにあった。今回の金縛りはすごく強い。
それで、奥さんにメールを送ったが、電話がこない。
そのまま気を失って目覚めた。次の日、奥さんに問い詰めたところ、
そんなメールはきてないという。
携帯を見ても、送信簿にはちゃんと記録されて、送ったということになっている。

これ実話なんだけど、姉に聞いたとき怖くてひとりで眠れなかった・・(´д`;)
文才なくてすみません。


759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:52
>755
発情期の猫の鳴き声って赤ん坊の泣き声に似てるね。
夜によく鳴くけど、最初はビビったよ。
深夜に鳴いてるのは猫と思う。

ウチの近所は、女のヒステリックな
怒鳴り声がよく聞こえる。
本人、近所に丸聞こえって気づいてないんだろうな。
外では愛想良くしてるみたいだけど、
ご近所ぜんぶに本性バレてんのになあ(w

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:53
携帯常に握り締めて寝てるんだ

761 :758:02/07/29 17:55
>>760
そうだよ。

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:57
2chに夢中になって子供放置死

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 17:58
>>758
まぁ、メールの遅延や無配はあるから。

764 ::02/07/29 18:20
しかしこの板って確実に釣れますね。
サビキ並。

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 18:34
ID出る板で釣りする根性のない方や
いずれデビューしようと考えてらっしゃる方が
糸を垂らすのではないでしょうか

766 ::02/07/29 18:48

ID出ても釣り人は問題ありませんよ?
やりにくくなるのは自作自演では?

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 18:51
その日のうちは叩かれたりすることがあるでしょう
ましてレベルの低い釣り人だったらなおさらです
その意味で根性のない、と表現した次第です

768 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 19:33
シャレになるかならないかわからないけど。

中学のとき、廊下側の一番後ろの席だった。
今でも忘れない、数学(多分)の授業中、背後から
「&%$`#&*+〜」
よく聞き取れないけど、確かに女の子の声がした。
振り向くが、一番後ろの席だから、もちろん誰もいない。
隣りの席と、ふたつ前の席の子もふりむいていた。
怖い先生の授業だということもあって、その時は何も話さなかった。
休み時間に振り向いたヤツらで話をしたら、やっぱり女の子の声か聞こえたとのこと。
わしのすぐ前に座ってたヤツには聞こえなかったみたいだが。

その日の放課後、掃除当番が何人かで輪になって話していたらしい。
そこでも女の子の声が聞こえたそうだ。
今度はちゃんと何を言ってるか、はっきり聞き取れたと言っていた。
その言葉は失念したが。

その現象があったのはその日だけで、結局なんだったのかわからない。
その中学は新設校で、変な過去があったわけでもない。
在籍中には、怪談も聞いたことがなかった。

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 19:46
あぁ、ごめん。俺のカバンに入れてあったラジカセ、電池がきれかかってて急に鳴ったりするんだよな
いや、電源切り忘れてた俺も悪いんだけどね、ハハ

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 20:17
『自己責任』メチャクチャ怖いじゃん…呪いとかの類の話は嫌いだわ。

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 20:36
ここ怖いよな

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 21:49
ジブリの開き直り…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 22:13
自己責任はヤマニシさんとセットで読もう

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 22:42
a

776 ::02/07/29 22:55
この話なんかもヤマニシさん関係っぽい。
www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/13/728.htm

777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 23:04
このスレ読みに来たんだが・・最初の書き込みで、
本当に怖いのは人間なんだなと改めて思った・・・

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/29 23:21
自己責任は前半はおもろいけど
後半は… と思った

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 00:20
中学んとき、拉致られそうになった。
夕方犬の散歩中に、白い車にのった男から
「この辺でサトウて家しらない?」
と、声かけられ。
この辺と言われても、その辺はゴミの焼却炉しかない所でw
「一緒に探してほしいんだけ・・・」
と言いかけて「やっぱいいや」といって去っていった。

さすがにアフガンハウンドの成犬つれてるといろいろ便利だなと思った
中2の春。

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 00:28
>>777
ほとんどの人には今更って感じですがね
歴史勉強してみ、おもろいぞ

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 00:29
ショタ(*´Д`)ハァハァ

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 00:35
うちのアパートの近くで黒人と日本人の女のカプールをよく見かけていた。
ある深夜、うちの部屋の隣から「Fuck!」ドガーン「Shit!」ドガーン
という音と、ウギャーと女の声が!通報しようかと思ったところで音が止んだ。
当時は「女の人がアブナイ!」と思ってたが、逆だったのかもしれない・・・
と、ふと思った。


783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 01:01
>>759
家の近所のDQN夫婦は、猫を見ると石を投げていました。
そんな夫婦に子供が生まれ、その赤ちゃんが泣くと、近所中の野良猫どもが集まり、泣き声のかけあいバトルが始まります。井戸端ババア連中は、猫のタタリだと分析してますた。

784 :コピペちゃん:02/07/30 03:09
前にも2chのどこかで書いたんだけど
帰省した時に姑に頼まれて姑の部屋を掃除してたら
私達のケコーン式の時の写真が飾ってあったのね。
その写真をよくよくみたら私の写ってる所だけ数カ所小さな針穴
みたいなのが空いててすごく気味悪くてね。
まだ新婚だったから誰にも言えず黙ってたんだけど
また後日部屋に入ってみたらその写真ごとなくなってたのね。

そしてつい最近。姑が糖尿病で失明しかかっているって聞いて
ちょっとゾッとした。だって写真の両目が一番針穴の数が多かったから。
偶然なんだろうけどね

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 06:21
姑と同居しているのなら、折り合いが悪いことはよくあるが、
別居していてそこまで恨まれる
>>784って・・・

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 07:02
>>784
人を呪わば穴二つ……ってなお話ですね。

787 ::02/07/30 09:29


788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 10:30
>>785
甘いな。ここでも見て目を覚ませ
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1008565466/l50

789 :地獄の使い:02/07/30 10:45
鶴瓶の生番組中に起こった話は既出ですか?


790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 11:07
>泣き声のかけあいバトルが始まります
笑ってしまいますた


791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 13:09
軍事化学工場が前身の食品会社のおつまみを食べると、酒を飲まなくても昏睡する。

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 13:17
>>789
教えれ

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 13:26
>792
視聴者から「取り憑かれてるから助けて」って手紙が来て
「スタジオに来たらお祓いする」とかなんとか言って
その視聴者がTV局前で首をはねられて死んだって話だろ。
もう聞き飽きたよ

794 :地獄の使い:02/07/30 15:23
>793
ちょっと違うな。

昔、鶴瓶がまだアフロだった頃のこと。
関西の深夜のローカル番組で心霊特集をやっていた。
そこへ3人組の女の子がやって来た・・・。


795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 15:28
794
早く

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 15:45
ききあきますたな
がせですう

797 :地獄の使い:02/07/30 15:47
彼女達は心霊写真の相談にやって来た。
3人で撮った写真。
しかし、それは明らかに奇妙な写真であった。
白いモヤが彼女達の体の一部分を覆っていたのだ。
1人は足の部分、1人は腕の部分。
そして・・・
その後、そのモヤのかかった部分を事故で負傷した彼女達は、
気味が悪く相談にやって来たのだった・・・。

798 :地獄の使い:02/07/30 16:18
3人は泣きながら鶴瓶達に助けを求めた。

その時


突然、天井から照明が落下。
3人目の彼女の頭に直撃、即死。

そう、写真には3人目の彼女の頭にモヤがかかっていたのだ・・・。
生放送中の出来事であった。

数年後、「いいとも」で鶴瓶が当時のことをタモリに語っていたという。




799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 16:52
話の途中でスマソゞ

「自己責任」って話こわいの?
誰かリンク貼ってくれる人いない

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 17:10
>>799
>83

801 :799:02/07/30 18:05
>>800
THANKS

早速、お気に入りに登録させていただきまたン

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:09
「自己責任」と似たような話で「後悔」ってのもあるけどあっちの方が怖い。
仲間が次々に死んでくって話。怪談系サイトにのってた

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:22
>>802
>>83にもあったね

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:38
カントンのやつが無理矢理ひんむいて我慢してたら、
壊死してちょん切るしかなくなったってのは実話?

805 :銅鑼衛門:02/07/30 20:40
>>798
生放送中?放送されちゃったんだ。怖い。

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 20:57

あー怖かった。

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 21:02
真にもうしわけない。
>>83のところに飛んだだけどPCの調子が悪いせいかうまく「自己責任」が
検索できません。
くわしい置き場おしえてください。

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 21:06
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/13/504.htm
ほれ

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 21:30
んで、自己責任を読んで何かあった人はいるのかな。
まぁ、あったら書き込めないけど・・・。

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 21:38
>>808
ありがとうさんでした。
こわいにょー(涙)
でもさ、ちょっとつっこんでもええ?
この話を知ってた神主さんは神の加護があるからということでひとまず理解できるけど
それ以外の大人はどうなってるの?
ある程度学校の先生とか、親とかは話知ってても被害はなかったんだろうか?
つーことで文章だけ読んだ私らに被害はなさげだな。

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 21:40
こわい尿

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 22:33
>>810
ここは話を楽しむとこでネタについて真面目に祟りがどうとか語る場所じゃねーよ。
馬鹿馬鹿しいから消えろ

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 22:56
>>812
お ま え う ざ い

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:00
>>809
馬鹿だなこんなの読んでなんかあるわけねーじゃん
俺は3日くらい前に読んだけど何にもんjんっかgk

815 :地獄の使い:02/07/30 23:01
短いですが、友人の体験談・・・。

その日、友人は残業で深夜に帰宅。
彼の家はアパートの4階。
いつものように階段を上って、4階へ。
階段は密閉された空間にあり、踊場に小窓が1つだけあった。
うんざりした気持ちで3階まで上った時、
無意識に窓が目に入った・・・。


816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:06
短いのに分割カキコという罠・・・

817 :地獄の使い:02/07/30 23:21
その時
一瞬、人と目が合った。

!?

ハッとして、もう1度見てみるが何も見えない。
大体、3階である。
窓の外には、人が潜めるような足場も無い。

疲れてるもんな、やれやれ・・・。

友人は何事も無く家に帰り、寝た。
翌朝・・・。


818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:25
>>816
ワラタ

819 :地獄の使い:02/07/30 23:34
早朝から外が騒がしい。
パトカーも来ている。

何かあったんですか?

自殺だよ、夜中に飛び降りたらしい・・・。

!?

じゃあ、あの時目が合ったのは・・・・・。



引っぱりすぎたかな。


820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:37
( ´_ゝ`)フーン

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:38
こわくねっし

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:38
( ´,_ゝ`)フッ

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:40
( ´_ゝ`)フーン  ( ´_ゝ`)フーン  ( ´_ゝ`)フーン

イェ ( ´_ゝ`)フーンフーンフーン

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:42
とりあえず過去ログ読み直してこい。

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:42
(´・ω・`)ショボーン

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:44
(;´Д`)ハアハア

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 23:47
(`・ω・´)シャキーン!!と ガンガレ!!

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 00:21
>>821
ねっしキター

829 :-=・=-  -=・=-:02/07/31 00:45
目が合った・・・。

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 02:38
飛び降りと目があったなんて糞既出なんだよ
くだらないネタで引っ張るな
このボケ!!

831 :タケシ:02/07/31 03:05
バーカバーカ

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 03:13
>>831
http://www.afz.jp/%7En_mattun/2ch/swf/R3_temp.swf?inputStr=%82%BB%82%EA%82%AA%0D%0A%82%BF%82%F1%82%BF%82%F1%8A%DB%8Fo%82%B5%82%C5%8C%BE%82%A4%8E%96%82%A9%82%E6

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 05:59
小ネタ

今から10数年前、当時低学年の消防だった俺は
近所の仲の佳い友達に誕生日会を開いて貰った
昼飯を済ませてから集まる、というのがそういう集まりの慣例だったため
13時くらいからそれは始まり、俺達子供は外に野球をしに行った
その日はギラギラと太陽が照って、酷く蒸し暑かったのを覚えている
はしゃぎ回っていた俺達は、時間が経つのも忘れ、
野球だけ無く、かくれんぼやだるまさんが転んだ等でも遊んでいたが
太陽が赤く傾いているのに気付いた
そろそろご馳走の時間だというのを俺達は思い出し
親たちが待っている家へ急いだ

人数が結構居ることもあり、かなりのご馳走の数である
ただ、まだ全部が終わっているわけでは無かったらしく
まだ時間がかかるとのことだった
ちょっとした時間暇になったのだ
俺達子供はやることが無かったので思い思いの行動を取り始めた

そんな時、俺はふと思い出した事をそのまま云ってみた
「なぁなぁ、呪いの電話って知ってる?」
俺は特に仲の良かった亮介(仮名)に話しかけた
「え、どんなの?」
戸惑い顔の亮介を連れて
俺達は玄関にあるダイアル式の古ぼけた黒電話に向かった


834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 06:02
そこで取り出したのは幼馴染みの兄貴に貰った電話番号を書いた紙
「この番号に電話をするとかけた電話が呪われるんだよ」
と紙をヒラヒラさせながら俺は亮介に云った
「ふーん、じゃ、かけて見せてよ」
ということでかけることと相成った
まずその電話番号をダイアルする、1コール目で相手が出る
しかし・・・、相手先は一切無言
相手側には低くうなるモーターの音の様な物がしているのみ
そこで、電話を切る・・・
・・・5秒ほどしただろうか・・・
突如として黒電話は狂った様にベルを鳴らし始めたのである
すっと受話器を耳にあてる
「もしもし?」
受話器から流れる音は先ほどのブゥーンという唸るような音のみ
そこで受話器を元に戻しながら俺は云った
「な、呪われただろ?(笑)」
亮介の頭の上には?が沢山出ていたので
それを解決させるために本人にやらせてみることにした
やってみると本人は結構驚いていたが
同時に先ほどの「呪い」という言葉に過剰に反応してしまっていた
「これってほんとに呪われるの?」
心持ち青ざめた顔をした亮介に俺は苦笑しながら否定した
そこでちょっとした悪戯心で下一桁の番号を変えてダイアルしてみたくなった
もしかしたら、似たような番号があるかもしれない
「ちょっと番号変えてみようぜ
似たような事起きる番号あるかも知れないし」
亮介は怖がりな方なので嫌がっていたが
おれは躊躇せずに下一桁の番号を変えてダイアルしてみた
すると、やはり同じように1コール目で相手が出た
おれは内心やった!と思っていたが速攻でそんな気分は吹っ飛んでしまった

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 06:04
「ゴォォォォォォー」
得体の知れない叫び声のような音
何か動物が吠えているような生々しい質感・・・
背筋に寒い物が走り、俺は投げるように受話器を置いた
ガチャン!!
・・・と、電話が鳴り出したではないか!
心臓の鼓動が早くなる
「一緒に受話器の音を聞こう、どんな音するかな」
震えるような声で云った俺に亮介がうなずく
「もしもし?」
呟くような声はほとんどうち消された
「みぃーーーつぅーーーけぇーーーたぁーーーぞぉ!!!」
つんざくような太い哮り・・・そして哄笑
真っ白になった俺達は凍り付き、哄笑あふれる受話器を取り落とした
震える手で白いレバーを下ろし電話を切った・・・
誕生日は一転して最悪の日になった
その後、一切変事は起こらなかったが
電話恐怖症になったのは云うまでもない・・・

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 06:11
小ネタのつもりで書いたけど固いし長くなっちゃったわ、(;´Д`)スマソ
ちなみにこれはマジ話
前に111の話が出てたけど、誰か4桁−4桁の番号で
コールすると向こうからもコールされるっていうの知らないかな
10数年前にうちの地元(多摩地区)ではやったんだけど・・・

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 06:32
電話の音がするたびに、心臓がグッと締め付けられる。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 09:55
電話の音がするたびに、金玉がグッと締め付けられる。

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 12:41
俺が大学生の頃の話。
学校の近くの寮に住んでた俺
ある日の朝、電話の音で目覚めた
受話器をとると、
「誰やお前!?なんででるねん!」の声。ちなみに俺は大阪在住。学校も大阪。
びっくりして何か言いかえそうとしたら、既に電話は切れていた。
で、変な電話だなあと思いつつも起床して学校へ行った。

夕方

その日はサークルの飲み会があって、皆とバス停で待ち合わせ。
しかし誰もこない。携帯電話を持ってない俺は誰とも連絡がとれず、
家の留守電に何かメッセージが入ってないか確認しようと思い、
公衆電話から家にかけてみた。
すると、受話器をとる音が。誰も居ないはずなのに。
驚いた俺は
「誰やお前!?なんででるねん!」
と叫んでいた…

俺の言いたい事、わかってもらえるでしょうか?
説明のつく事象なんですかね?



840 :レッド5:02/07/31 12:56
10年くらい前当時付き合っていた彼女と無事婚約も済ませて
双方の家族で親睦も兼ねて温泉に旅行へ行きました。
私が車を運転して彼女は助手席に座っていました。
運転に疲れた私は、彼女に運転を変わってもらって
助手席で少し眠ることにしたんだけど・・・
運転していた彼女が突然短い悲鳴をあげました。
私が、どうしたの?と聞くと彼女は何でもないと言いました。
しばらくして、また彼女の短い悲鳴が・・・
今度彼女は、もう運転したくないと言いました。
私が運転を交代して、彼女にいろいろ聞いたところ
すれ違った車の運転手と目が合ったんだよ・・・
あれは・・・血を流している私だった・・・・
彼女は小刻みに震えながら脅えていました。

841 :レッド5:02/07/31 12:59
840の続き

不思議なことは、こればかりではなかったんです。

そうこうしているちに、温泉へ到着・・・
場所はF県I坂温泉・・・(ホテルの名前はご勘弁を・・・)
私は夜中に温泉に入るのが好きなんです。
いつものように夜中一人で温泉に入って頭を洗っていると、
脱衣所の扉が開いて私の後ろを通って誰かが温泉に浸かる音がしたんです。
ああ誰か入ってきたんだな。と思って自分も温泉に入ろうと思い
人が入ったと思われる場所を見ると誰もいない・・・
気味が悪くなり温泉に入らず脱衣所でそそくさと浴衣を着て走るように
部屋へ向かいました。
部屋に向かっているときに、耳元で

””これですんだと思うなよ””

と言う声が聞こえました。
確かに女性の声でした・・・
そのことは誰にも話しませんでした

旅行も終わり3ヶ月後・・・
彼女は交通事故でこの世を去りました。
私と結婚する2週間前でした・・・

終了

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 13:00
>>839
回線が時空を飛び越えたと言うことですかね?

843 :レッド5:02/07/31 13:01
841の省略部分です・・・すみません・・・

””これですんだと思うなよ””

と言う声が聞こえました。
確かに女性の声でした・・・
そのことは誰にも話しませんでした

旅行も終わり3ヶ月後・・・
彼女は交通事故でこの世を去りました。
私と結婚する2週間前でした・・・

終了です

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 13:06
携帯に何度も同じ人から
「ナカイさーん、ナカイさーん?」
って間違い電話が来るのが怖いです。

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 13:18
age

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 14:04
>835
こわっ!

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 15:32
>>839

奇妙な味があっていいね、、、
星新一のショートショートみたいだ。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 16:28
年配の女性から携帯に電話があった。

「山田さん?」 「はい山田ですが・・。」

「義則の母ですが・・義則の事で相談があるんです」 「えっ義則君?」

義則という人物に思い当たらないので 「山田ですけど人違いでは・・。」

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 16:35
「麻雀の上手い山田さんでしょ」 「確かに麻雀やりますが、人違いだと思います。」

で義則の母という人が雀荘に来てくれと言い出した。場所が車で15分のところで

店は行った事はないが知ってはいた・・。それで無理やり麻雀やらされて

68マソ負けた。義則の母は人違いと謝っていたが・・。それでお金を実家まで

取りに来られました。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 16:47
>>849
確かに洒落にならない笑い話だね。

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:22
883と同じ電話ネタを一つ。小学3年位の頃、やっぱりお化け電話と言う名前で
3桁の番号をまわすのが流行った。で、883と同じく他の番号でやってみようと
いう話になった。いくつか試したが特に何もなく。
友達A「じゃあ、こんどは1・・・1・・・」
友達B「9にしよう!」(楽
俺  「それ救急車くるぞ!0だよ0!!」(慌

そして警察にかけてしまいましたとさ。


852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:25
呪われた子供

とある町に老夫婦とその息子夫婦が住んでいました。
息子夫婦は結婚してもう10年になりますが、ずっと子供が出来ずなんとか子供をお授けくださいと神に願う日々が続いていました。

そんな夫婦にも男の子が授かり、老夫婦もこれでもう安心だと喜んでおりましたが、その子供は3歳になっても4歳になっても、言葉を話すことが出来ませんでした。

しかしその子が5歳になる誕生日の前日、突然言葉を話したのです。
「お…おじぃさん……」

それは地から滲み出るような大変気味の悪い声だったのですが、そんな事よりもやっと言葉を話したという事に皆が喜び、とりわけ孫が自分の事を呼んでくれたおじいさんのうれしがりは大変なものでした。

その翌朝、おじいさんは布団の中で冷たくなっていました。
おばあさんと息子夫婦は驚き悲しみましたが、前日のおじいさんの満面の笑顔を思いだしながらお葬式を行いました。
おじいさんの喪が明けた夜、子供が久しぶりに口を開きました。

「お…おばぁさん……」

その翌朝、おばあさんは布団の中で冷たくなっていました。
その関連性に気味の悪さを感じながらも、息子夫婦はおばあさんのお葬式を行いました。
おばあさんの喪が明けた夜、ひょっとするとという予想通りに、子供がまたもや口を開きました。

「お…おとぉさん……」

夫婦はがたがたふるえながら子供を見つめ、しっかり抱き合ったまま眠れぬ夜を過ごし、そして朝がやってきました。
お父さんもお母さんもなんともありません。
「良かった良かった、この子は呪われた子供ではなかったんだ」

その頃、隣の家のおっさんが布団の中で冷たくなっていました。

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:29
>>852
いかん、一瞬オチを理解するのに時間が掛かっちまった(ワラ

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:41
結構有名な話。

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:43
>>852
めっさ、既出やって

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:43
なんかここ二日くらい色んなスレで同じ話を見るんです
でもどのスレでも指摘する人はいないんです
私、おかしくなっちゃったんでしょうか?

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 17:46
>>853
この話って、結構有名なんだが

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 18:06
漏れ的にうぐいす姉妹の漫画の「いまからいくからね」って話のがめっさ
怖かったんですが、手元に本がないので、うまく説明できやせん。
だれか文章力のある人あの話を文章にしてあげてやってくだせえ


859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 18:45
>>852
おまえたぶんもうしぬよ

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 20:47
>>852
荒らしですか?

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 22:06
>>839
コピペ
どっかのスレで読んだもん


862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/31 22:58
>>840-841がまったく無視されてるな(w

そりゃ対向車の運転手の目ばっかり見てたら交通事故も起こすよ(藁

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 00:43
>>859
オマエモナー

864 :ごろう:02/08/01 00:56
私が大学生だった頃の話です。
ある日私は クラブのコンパで夕飯は いらないと母に言いました。
すると、そこにいた弟と妹も、その日は 約束があり
家で夕飯は食べないとの事でした。
それを聞いた父と母も、「それなら私たちも 外食しよう。」と
その夜は 家族全員が外出する事になったのです。

夕方、私は 荷物を置きに、一旦家に戻りました。
その時すでに家には誰もおらず、待ち合わせの時間も
迫っていたため、すぐに家を出ようとしたときです…

電話が鳴りました。


私 「はい、○○です。」
  「もしもし、ボクごろう。」
…それは 明らかに4,5歳の幼児の声でした。

  「いまからいくからね」
 
???誰だ?ごろう?こども?知らないよ…


865 :ごろう:02/08/01 00:57
私 「えっと〜、どちら様ですか?」
  「ボクごろう…いまからいくからね」
私 「え?もしもし?ボクどこのごろう君?」
  「………」

その名前にも、年齢にもまったく心当たりがなかった私は
間違い電話だと思いました。

私 「もしもし?ボクどこに電話してるの?ウチは…」
  「かせの○○でしょ?」

確かにウチは『加勢と言う所の○○と言う苗字』です。
私は 少々あわてました。
母達の知り合いの子供なのではないか?何か約束をしていたのではないか?

  「…ボクいまからいくからね」
私 「あのね、今日は みんな出掛けてて、ごろう君来ても誰もいないよ?!
   私もこれから出掛けちゃうし。お父さんか、お母さんに代わってちょうだい!
   …もしもし?…もしもし?!」

  「ボク……いまからいくからね。」


突然、私は 気味悪くなりました。

866 :ごろう:02/08/01 00:58
その子は 幼児独特のたどたどしい、ゆっくりとしたしゃべり方で
何度も私が来てはダメだと言っているのに、あせる風もなく
同じ言葉を 同じ調子で繰り返すのです。

自宅の電話番号は 電話帳に載せていないので『加勢の○○』と言うのなら
知人の子に違いないのですが…


  「いまから………いくからね…」
私 「もう切るよ、出掛けるからね。来てもダメだってお父さんとお母さんにもそう言ってね。」
  「おとうさんもおかあさんもねー 
       交 通 事 故 で 死 ん だ」

867 :ごろう:02/08/01 00:58
私は電話を切ると、ものすごい勢いで夕暮れの街に飛び出しました。
ぐずぐずしてると、その子が来てしまうような気がしたのです。

…私の家族は 災難を免れたんだ…

どうしてそんな事を 思ったのでしょう…それは ただのいたずら電話だったかもしれないのに…
私の中の原始的感覚が、いまだにこのときの事を 激しく恐怖するのです。

時にどこかで不吉な風が起こって何の関わりもない者に襲いかかってくる…
私は そんな事があるような気がしてならないのです。
あの夜、家族全員が外出したのは偶然でしょうか…。

そして、これも偶然なのかもしれませんが、この話を 数人の友人にしたところ…

友 「…ちょっと!もう止めようよこの話!!やばいよ、あんた気が付いてる?
   さっきから急に人がいなくなっちゃったよ!周り見て!!
   あんなに沢山人がいたのに…今、私たちだけだよ!!」

私達は大阪の あるデパートの中の喫茶店で話をしていたのですが
ふと気がつくと、夕方であれほど混みあっていた、その辺り一帯が急に
人けが無くなってしまったのです。

私は あの脳裏に焼きついた幼児の声を 早く忘れたいです…。

             完

868 :ごろう:02/08/01 00:59
文章力無くってスマソ

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 01:43
後半がよくわかんねーや、ごろうちゃん

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 02:09
>>868
ごろうさんありがとう!そうこれですよこれ!!!
いつ見てもやっぱり怖いよ〜。

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 02:10
858=870です

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 02:34
いまきますた

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 02:40
ごろう「いまイクからね・・・(;´Д`)ハァハァ」
ドピュッ

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 02:45
>>83をパート13くらいまで飛ばし飛ばしだけど読んだ。
〜しないと呪わる系のも。
そしたらその夜>>83のサイトを見てる夢を見ますた。

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 05:46
ごろうちゃんの話はつまるところ「メリーさん」の亜種か。

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 10:03
>>875
実態は現れてない分、不思議だけどね。

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 10:08
現れた方が不思議だと思うが

878 :まぼろしの世界:02/08/01 10:35
小5の時。
俺は母親とデパートへ出かけた。
母が買い物をしている間、俺は本屋で時間を潰していた。
マンガを座り読みしていると、背後で気配を感じた。
振り返ると、見知らぬ中年の男が立っていた。
俺は気にせずマンガの続きに戻った。
すると、

うう・・、うううう・・・。

うめき声が聞こえてきた。
そして、背中に不気味な感触が・・・。


879 :まぼろしの世界:02/08/01 10:49
中年の男は股間を俺に押しつけて、ヨガっていたのだ。
????
当時の俺には、何が何だかわからない。
ただ、恐怖を覚えて逃げ出した。
目には涙を溜め、本屋中を逃げ回った。

ところが、男は追ってくる!

どうしたらいいのかわからず、結局、元の場所に戻った。
周りには、同い年くらいの男の子が同じように座り読みしていたが、
男は目もくれず俺の背後にやって来た。
そして、また・・・。

俺は泣き声で、「なんや、おっさん!」と怒鳴った。
「な、なんもしてへんやん」
男はそう言うと、去っていった。



880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 10:50
>>878
たしかにこわい

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 10:52
>>442
> 小さい頃住んでいた木造の古い家(わらぶき屋根のやたらでかい家)を解体するので
> 手伝いに行った。
> まずはすすで真っ黒になった屋根のワラ(本当は萱・かや)を落とす
> もうもうたる埃の中で屋根が骨組みだけになり
> 天井裏だった部分があらわになった。
> わらぶき屋根の天井裏はかなりの空間が開いている
> 意外なことに立って歩けるほどにしっかりしていた
> とてつもなく広い部屋といってもいいくらいだ。

なんだか俺の体験と同じみたいだから前半を借りて引き継いでみる
俺の場合は住んではいなかったが

屋根のワラがなくなって、骨組みだけの屋根裏部屋状態になったとき
大人たちがざわざわしだした。
隅に1.5メートル四方くらいの祠風の小屋があり(子供が入れるくらいの)
御供えでもするかのようにお皿が備わっていた
お皿の中にはもともと食べ物らしかったものが干からびて残っていた。

異常なのは床(普通の部屋から見ると天井の裏側)で
幅30センチほどの、何かが這いずり回ったかのような痕がそこらじゅうに残されていた。

大人たちは青い顔をしながらも
「蛇だ、青大将でも居たんだろ」って言ってたけど
祠といい、皿に残ったご飯粒といい、這い回った痕といい
今考えても蛇のわけがない




882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 11:10
>>881
それはきっと赤ん坊少女タマミがいた部屋だよ。クワッ

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 11:24
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
                          
>>881
コワイ。。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 11:28
ぎょえーーー
なんか嫌だ
すごーく嫌だ
生理的にキタ

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 11:29
tu−ka
その後どうしたんだろ

祠の中には得体の知れないミイ・・・

886 :881:02/08/01 11:31
442が誰なのか気になるんですが・・・
まさか俺の従兄弟?

442は何を書くつもりだったんだろうか・・・

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 11:48
>>881
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 11:49
442は881の中にいると思われ

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 12:15
私が、この前まで働いてたカラオケ屋なんですが、
どの店舗も出るんです。
安い、いわくつきの物件を選んで建ててるのが悪いのか…
体験した&聞いた話をカキコします!!
*トイレの洗面台を雑巾掛けしていると、後ろから細い手が伸びてくる。
*3畳程の誰も居ない部屋なのにテレビ画面には、
トレンチコートを着たおやじが後ろの椅子に座って居のが写る。
*誰も居ない階で、昼飯を何にしようか考えていると
耳元で「どうした〜?」と囁かれる。
*誰も〜で、仕事をしていると、ドスの利いた声で
「おい!…おい!!」と、呼ばれる。
*誰も〜で、仕事をしていると、奥の部屋に誰かが入っていく、
だけどその部屋を確認しても、誰も居ない。
*選んでも、ないのに勝手に軍歌が流れる。
*金に輝く人が暗い部屋の中で笑いながら正座してる。
*開店前なのにノリノリで歌う?人がいる。
でも、ドアを開けると誰も居ない。
*ホームレスが迷い込む。
などです。
でも一番怖かったのは、働いてたビル見あげたら、傾いてたことかも…
関東に100軒近くある店なので、いつのまにか行ってる可能性…大!!



890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 12:16
>>888
ズルズルと這い回る

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 12:19
|)))))))))))))))))))))))))))))))゚Д゚)   ズルーリ

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 12:19
|)彡 サッ

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 13:04
私が学生時代のお話です。

夏休みに、サークルの仲間でキャンプに行く事になりました。いわゆる学生の貧乏
旅行でした。お金が無いので高速代をケチり夜中に出発し、道の混まない朝のうち
に現地に到着する予定で車3台に分乗し出発しました。

やはり夜中なので普段渋滞している道も、殆ど車も無く3台連なって目的地に向か
いました。最初の内は大きな幹線道路を走っていたのですが目的地に近づくに連れ
寂れた田舎の山道になっていきました。その山道を一山、二山を越え、いよいよ
目的地近くになりました。後は、この山道をくだれば目的地に到着です。

下りの道の中腹ある古ぼけたトンネルに入った時に、トンネルの中程で前を走って
いる2台が、急に停車しました。時間は午前3時47分でこのままで行くと予定よ
りかなり早く着いてしまうかも知れないと思いながら助手席で地図を見ていた私は、
運転しているAに「どうしたの?急に止まって」と聞いてみました。Aは、
「あれだよ。」と指差ししました。何やら警官が一人で検問を行っているました。
「どうしてこんな時間に検問なんかしているんだろう。何かあったのかな?」
「もしかして殺人事件でもあったりして」とか言って、Aとふざけていました。

その声を聞いて、後席で寝ていたB子とC子も目を覚ましました。
停車してしばらくすると1台目が終わり、2台目の検問をしていた時です。後に座っている
B子の様子がどうも変です。まるで何かに怯えているかの様に落ち着かない様子でブルブル
と明らかに震えています。普段から、物静かで感情をあまり表面に表さない性格の彼女が
今日は明らかに変です。C子がそれに気付きなだめようとしているが、自分もB子の事が
心配になり、声をかけてみました。
「B子ちゃん、大丈夫か?」
そうすると彼女は、蚊の鳴くような声で、何かしきりに呟いています。
「あの警官、ふ、普通じゃない・・・。こっ、この世の人とじゃない・・・。」
C子がしきりになだめています。そうするとAが
「えっ、何?、普通じゃないって、そしたら幽霊ということか」
と言いながら、いたずらそうに笑いました。


894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 13:05
いよいよ2台目の検問が終わり、いよいよ私たちの番になりました。警官は笑顔で、
「どうもすいません。近くでひき逃げ事件がありまして、只今検問をしてる所なん
ですけど、何か不信な車を見かけたりしませんでしたか?」
Aは、自分たちはキャンプに行く途中で、特に変わった車等は見かけていないと
言うことを説明しました。その間、B子は押し黙ったまま震えています。
「そうですか、ご協力ありがとうございました。」と警官が言い、私たちの検問が
終わりました。そして、車を発進させようとサイドブレーキを戻しながら、
別れ際にAが「成仏せえよ。」と警官に言いました。そうすると警官が、ニッタリ
笑いながら消えていきました。

その後、キャンプ場の近所の人に聞いた所、昔そのトンネルで、検問中に警官が、
ひき逃げに遭い亡くなったいるそうで、夜な夜なそのトンネルに出没し、自分を
ひき逃げた犯人を探しているそうです。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 13:09
>>889
フラコ○?シダック○?オーディショ○?

さぁどれ?

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 13:17
最初のほうのレイープについてだけど、折れだったらなんか情が沸きそうなんだが・・・
どうよ?セクースし続けたら情が沸くと思いませんか?おまえら

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 13:26
“お・と・う・さ・ん”。。。。
わらった。ゲラゲラ

898 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/01 13:43
>>895
カラ○ケ館とか?

Aさんは冷静ですね。

899 : :02/08/01 14:31
萎え要件。
「キャンプ」「テント」「廃屋」「肝試し」「男3女2で」「ドライブ」「人気のない山」
「アパートの階段」「旅館」「白い手が」「ホテル」「先輩」「仮にAとしておく」「DQN」
「林間学校」「二段ベッド」「車とおなじスピードで」「手形が」「河原で」
「母がものすごい形相で」

創作系の方におかれましては、この辺の要素を避けていただけると、ありがたい。

900 :母の愛:02/08/01 15:10
漏れの事は仮にAとしておく。
人気の無い旅館の三男坊で、近々実家がホテルにリニューアルされる。
まあ、そんなことはどうでもいい。

数年前に男3人女2人でドライブがてら、山にキャンプに行ったのな。
面子はみんなDQNで、まともに学校へ行っていなかったから、林間学校の気分を味わいつつ、河原で楽しんでいたのよ。
で、夜には恒例の肝試し。
夜中に廃屋と化したアパートに乗り込んだってわけだ。

順番に二人づつアパートに乗り込んでいった。
漏れは先輩のB(♀)と組むことになった。
前々から気になっていた女性なので、この機会にいい関係になりたいとか思っていた。
しかし、終点の2階に着いたとき、Bがつのまにか消えていたんだよ。
慌てて階段を駆け下りて壁を見ると、赤い手形が。
力士の色紙には目もくれず、漏れ(A)は車と同じスピードでアパートを駆け回った。

すると、ある部屋の二段ベッドから、白い手が出ている。
ちょっとドキドキしながら近づくと・・・布団の中から・・・

901 :899:02/08/01 15:12
>>900
ワロタ

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 15:18
>>900
母はそこで何を・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

903 :母の愛:02/08/01 15:21
ぐああ、ネタ一個入れ忘れ。

×ちょっとドキドキしながら近づくと・・・布団の中から・・・
○股間にテントを張りつつ近づくと・・・布団の中から・・・・

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 15:49
本当か分からないがって言うよりも本人がもう亡くなっているので
確かめられません。

俺がまだ厨房の時、家のじいちゃんが亡くなった。
亡くなった時、俺の家族や親戚の人達など皆泣いていたが俺は以前よりじいちゃん
より変な話を聞いていた為、「本当だったんだ」と当時は思っていた。

その話しは、戦時中の話しで家の親父の一家は、東京住まいの為疎開する事に
なったんだけどじちゃんは、体を悪くしていて徴兵に引っ張られずに一緒に
田舎(長野)に行った。
その、疎開先ではやはり食べ物が無く兄弟達(4人)皆、腹を空かせていた。
ある日、一番下の子俺の叔父さん(当時6歳位親父の生年月日からすると)が
じいちゃんに
「腹減った。いつも芋ばかりじゃ嫌だ」と言った。
じいちゃんは困ったが食い物なんてはっきり言って無い。
その時、野良猫をみつけたじいちゃんは、ふと考えその猫を家に持って帰り
調理した。


905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 15:51
かなり妄想入ってるので終了。   


906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 16:02
>>904の続き

親父達兄弟は物凄く喜んで食べた。
そりゃそんなご時世肉なんて一般家庭でなんか食えるものではなかった。
しばらくしてじいちゃんが寝ていると変な夢を見たらしいそれは、猫の
夢で、
「お前は、私の大切な仲間を食べた。お前の一家を呪ってやる」
じいちゃんは、化け猫だ(生前中も言ってたので)と思い。
「私はどうなっても良いから子供達は」と言ったらしい。
するとその猫は、
「なら、次に合うときはお前を殺す」
と言い残して消えたらしい。
その後、数年数十年全くその猫は出てこなかったが、じいちゃんが亡くなる
半年位前に出てきたらしい。そしてその猫が
「貰いに来た」と言ったらしくじいちゃんは「ついに来た」と思ったらしい。

その話しを、親父ではなくなんで俺に話したかももう数十年経つがいまだに
分からない(って言うか亡くなったんで確かめ様が無いのが現実)。
そして、じいちゃんは脳梗塞だったかなんかの病気で急死した。
ただ、その時の話し方が真剣だったので俺は、
「連れてかれたのか?」とその時本当に思った。

長文でスマソ

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 18:29
>>867は最後が嫌な感じでこわいな
誰もいなくなるってのが

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 20:06


      ∧ ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜′ ̄ ̄( ゜Д゜)< もらいにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
 UU ̄ ̄ U U  \_____________


ついにキタ━━(゚∀゚)━━( ゚∀)━━(  ゚)━━(  )━━(  )━━(゚  )━━(∀゚ )━━(゚∀゚)━━━!!!!!

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 23:43
過去ログ読んでみたけど下男が13金やエルム街なみにシリーズ化されてるのが笑えた。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/01 23:45
>●伊原   (F)
>  結婚し娘をもうけ、新聞配達員をやっている(最近どこかの地方紙にこいつの記事が載ったらしい)。

その記事って言うのが、こいつの娘がひき逃げにあって植物になったってやつだね。
娘はなにも悪くないのに、気の毒だ。

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 00:03
親の因果が子に祟り、というやつだな

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 00:13
>>911
それを言うなら「子に報い」だ。


913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 01:08



ハズー 

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 02:08
今日あったことなんだけど…

雷雨の中、家に向けて車を走らせていたら、突然背後から轟音と共に
閃光が走って、車がちょっと浮いた。
びっくりして、大雨の中車を止めて背後を見てみると、電信柱のてっぺん
から、煙がプスプスと…

生まれて初めて、自分のすぐ目の前に雷が落ちるという体験をした。
死ぬほど怖かった…ていうか死ぬかと思った。

915 :黒故障:02/08/02 03:30
知人から聞いた話。
 
大型免許を取ったばかりの太郎氏は、婚約者の花子氏を連れて旅行に
行きました。バイク二人乗りでした。伊豆への温泉旅行です。
 やがて高速道路にさしかかり、太郎はものすごいスピードを上げて
いきました。後ろでしがみついている花子の長い髪の毛も風と一体化
しています。よほど気持ちいいのでしょう、花子は喜んでいます。
 
 太郎はさらにスピードを上げ、マシンの最大速度までアクセルを握
りました。調子に乗り追い越しを始めました。トロトロ走っているト
ラックをあざけ笑うかの様に、ギリギリによけて走り抜けました。

 そうこうしている間に目的地に近くなってきました。運転で疲れた
太郎は、少し休憩をしようと高速のサービスエリアに寄りました。
軽く休んでいこうと花子に話しかけたが、返事がありません。
 おや?と思い、後ろを振り向くと、花子の首がありませんでした。

 長い髪の花子、先ほどの太郎の無理な追い越しの時トラックの一部
分に髪が引っ掛かり、なんと首がもぎれとられていた様です。
 そうとは知らず太郎は、首のない婚約者を乗せたまましばらくは走
り続けた訳です。 


916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 03:43
915<うそくせー

917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 03:52
髪が抜ける、もしくは落ちるのではないでしょうか。

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 03:57
>>917
少量なら抜け
大量なら、コケ→トラックであぼーんだ。

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 04:31
それ以前に高速道路でのバイクの二人乗りは禁止されています。
ネタを書くならもっと基本的な所を押さえてからにしてくれ。

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 04:38
>>915
ここにあるネタの進化版と思われ。
http://osi.cool.ne.jp/UL/n78.htm

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 04:41
>>915も知人に同じ事言うだろな

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 05:42
これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。
俺が前住んでたアパートでの出来事。
その日俺はバイトで疲れて熟睡していた。
「ガタガタッ」
という異様な音で俺が目を覚ましたのは、
午前3時半を少し過ぎた頃だった。
「新聞には早すぎるな・・・?」
と俺は思ったが、
眠かったので無視してそのまま寝ようとしたが、
いつまでたってもその音は鳴り止まない。
不審に思った俺は、
上半身を起こして玄関の方を見た。
まだ夜も明け始めていなかったので、
部屋の中は真っ暗だった。
まだ暗闇に慣れない目を細めながら、
玄関の方をじっと見ると、
新聞受けのあたりで何かが動いているのが見えた。
背筋が寒くなるのを感じながら、
俺は意を決してベッドから起き上がり、
まだ「ガタガタッ」
と音をたてている玄関の方に近づいた。
玄関でその光景を見た俺は言葉を失った。


923 :922:02/08/02 05:56
続き。
新聞受けからドアノブに青白い手が伸びていて、
それがドアノブを執拗に上下させていたのだ。
(えっ!なんでこんなとこから手が出てるの?!)
と俺が絶句して立ちすくんでいると、
その青白い手はグニャ〜っとあり得ない方向に曲がり始め、
ドアノブの上の閉めてある鍵まで伸びてきて、
その鍵を開けようと手首をグルグルさせ始めた。
恐くなった俺は、
立てかけてあったビニール傘の先でその手を思いっきり
何度も突き刺した。
リアルな肉の感触が傘を伝わってくるのを感じながら、
それでも思いっきりかさを突き刺していると、
その手はふっと引っ込んでそれっきり静かになった。
玄関の外には人の気配はなく、
覗き穴を見ても人らしき影はない。
「うわー、出たー!」と思いながら、
その日は布団を被って震えながら眠りに付いた。


924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 06:02
コワイ・・・ヒイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ

925 :922:02/08/02 06:12
続き2最後。
夕方頃目を覚ました俺が、
バイトに行くため恐る恐る玄関に近付くと、
玄関に無数に小さな丸い跡が付いていた。
それは昨日俺が何度も青白い手に突き刺したはずの傘の先の跡だった。
俺は確かに手だけに刺していたはずだった。
一度も金属音はしなかったし、
そんな感触もなかった。(大家さんにはメチャクチャ怒られたけど・・・。
おまけに弁償した。)
だがおかしなことはそれだけではなかった。
外にはくっきりと、
玄関の方を向いて立っていたであろう足跡が付いていた。
それも泥まみれの!
その日も前の日も、
雨なんか降っていなかったし、
階段には足跡どころか泥さえも付いていなかった。
その出来事から2週間経って、
俺は今のアパートに引っ越した。
今でもあの日のことを夢に見て跳ね起きることがある。
あれは幽霊だったのだろうか?
それともストーカー?
あの時は本当に洒落にならんぐらい恐かった。

長文、及び稚拙な表現ですいません。
でもほんとに恐かった・・・。


926 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 11:39
やっと過去ログ全部読んだ。私も知ってる話書いて
いいですか?

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 11:52
>>926
期待age

928 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 11:54
 あれは、私が小学四年位の時です・・・・

 通っていた小学校の学区内に精神病院があったんですが、
そこから男が一人逃げたしたんです・・・・
その男は鎌を持ち歩いているという噂もあり、学校では注意
して登下校するようにとのお達しもありました。

 ニ、三日後、学校から帰ろうとしていた時の事です。その時私は、
甲男君、乙美ちゃんと一緒に帰っていたんですよ。
で私達は田舎に住んでいたんですが、通学路の脇にある雑木林
から何かウ〜っていうようなケダモノが鳴くような呻き声が聞こえてきたんですよ。
で、私は、あ、こりゃまずいかな〜って思ったのです。

 そしたら、案の定、鎌男が飛び出してきたんです。で、私達は
死に物狂いで逃げたんですけど、鎌男も涎を撒き散らしながら
追ってくる。近くに民家も無かったので、田んぼの脇にある、井戸
の小屋?みたいな所へ逃げ込んだのですよ。で、必死に扉を
押さえ、開かないようにした。鎌男は私達を見失い、しばらくそこらへん
を探してたようですが、ついに私達が隠れてた小屋に目を付けた。それで
その男は扉を抉じ開けようとしたんですが、子供三人必死で押さえているので
開かない。業を煮やしたのか、男はいきなり鎌を扉に突きたてたんです。
で、その小屋はプレハブ小屋だったんで、鎌が貫通して、乙美ちゃんの右目
に鎌が刺さってしまったんです。乙美ちゃんはその瞬間、叫び声をあげようと
したんですが、私と甲男君で必死に口を押さえてました。
そのうち、たまたま通りかかった人に男は見つかり、私達は助かったんです。


929 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 11:55
 結局乙美ちゃんの右目は摘出手術をしてしまったんですが、
その後、学校で心無い男子等が眼帯をしている乙美ちゃんの事を、
鬼太郎、だとか、サイクロプス、海賊、等とからかうようになってしまったんですが、
もともと気の強かった乙美ちゃんの事、負けてはいません。
眼帯を外してぽっかりと空洞になった右目を剥き出しにして、
男子を追い掛け回したりしていました。

930 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 11:57
まぁ、上のは実話をもとにした話です。
死ぬほど怖いというほどでもないかな?
次は知り合いから聞いた話。

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 11:58
>>925
玄関の丸い跡ってなに?金属のドアにカサで跡がついたの?
あんた超能力者?

932 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 11:58
 それは・・・・私があと三日で会社を定年退職する、という時の事
でした・・・・
 
 その日、同僚のSさんと一緒に飲もうという事になりました。いつも私達が帰り
に寄る辺りではなく、別の駅で降りてぶらぶらしながら店を探していました。
私は会社をやめた後は息子夫婦と同居する事になっていたので、途中で
孫の為におもちゃを買ったのです。それで、Sさんと一緒に何処で飲もうかと
話していたのですが、私は何故かビルの間にひっそりと建っていた一寸、
こう言っては失礼かもしれませんが小汚い店へ入ろうという気になったのです。
なぜそんな気になったかは分かりませんが、何故かこの店が私を呼んでいる、
というような気がしたのでした。それでSさんも別に反対しなかったので、その店
に入ろうという事になったのでした・・・・

 その店へ入ったら、客は私らの他に誰もいず、不気味な感じがしたんですが
まあ、静かでいいや、といつものようにビールを注文して飲んでいたのです。
店の親父も何か生気が無いような感じで、私も何か言いようの無い感じ、誰か
にじっと監視されてでもいるかのような気配を感じたのです。気持ちが悪くない
という事は無かったのですが、どうせもう年寄り、どうなろうと知ったこっちゃない、
とかまわず飲み続けたのです・・・・

933 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 11:59
 そうこうしている内に、まだ瓶で一本しか飲んでいなかったのですが、気分が
どんどん悪くなってきて、もうこりゃたまらん、という気になったので、一緒に飲んで
いたSさんにそろそろ出ようかと言い、Sさんもすぐにそうしましょう、といったので
勘定を精算して店をでたのですが、その嫌な感じは、店を出てからも私に付いて回りました。
それで、Sさんにこの事を話した所、実はSさんも嫌な視線を感じていたという事です。

 今までまったく霊体験のなかった私は、一体何なのかとますます気分が悪くなり、
すぐに帰宅しようと早早にSさんと別れたのですが、その後すぐ、子供の声が聞こえた
ような気がしたのです。まだそんなに遅い時間ではなかったのですが、それにしても
子供の声が今ごろ聞こえるとは解しかねる。そう思ってあちらこちらを見回して
みたのですが、子供の姿など全然見当たりません。なのに、声はまだ聞こえるのです。
耳を澄ましてみますと、五歳ぐらいの男の子の声で、「おじいちゃん・・」とか
「僕にも頂戴・・」等と言っているのです。

934 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 12:00
 私は逃げるようにしてタクシーを捕まえて飛び乗り、しばらくは恐怖に震えていたのです。
運転手は少し怪訝そうに私をバックミラーで眺めているようでしたが、私が少し落ち着いた
と見るや、「早速どうしたんですか」と聞いてきました。私は先ほど起きた出来事を包み隠さず
運転手に話したのです。すると、運転手は「ああ、そうだったんですか・・・・実はあの店の
店主にはお孫さんが一人いたんですがね。その息子夫婦というのが酷い夫婦でね、息子、
つまり店主の孫ですな、を虐待していたんです。そのお孫さん、K太といったかな、を殴る蹴る、
という事を普通にしていて、家から追い出してしまう、という事もやってたんです。そうしたら、K太
君は家の近くの、あの優しいお祖父ちゃんがいる居酒屋へ逃げ込む、という事をやってたんですよ。」

 「それは酷いね。」私は言いました。「ええ、ですが、まだ酷いのはここからでね。ある日よっぽど
K太の事が気に障ったんでしょうな。いつものようにK太を家から追い出した後、父親が、あそこの、
例の居酒屋まで追いかけてきて、K太君を殴り殺してしまったんですな。それを見た親父さんは精神
に異常をきたして入院してしまい、間もなく自殺。その店は誰も借り手が無くて
廃墟のようになってしまったんですよ。」

 そこまで聞いて、私はハッッとしました。
「えっ、そんな、だって、私はさっきまであの店にいたんですよ!」
「ええ、あなたの事が羨ましかったんでしょうな。ついつい呼び込んでしまったのでしょう。」
私はそう言われてそうとう怖くもあったのですが、何分今まで霊など見たこともないので、運ちゃん
に対し反発も感じ、「なぜそんな事が分かるのですか!」と、少々食って掛かりました。
すると、運転手は「私ね・・・生まれつき霊感が強いほうでね・・・・見えちゃうんですよ。」
「だから何がですか!」私はほとんど叫ぶように言いました。
「ほら。」
運転手は前をみたまま後ろを指差しました。
「ついて来ちゃったようですね」
私が急いで後ろを振り向くと、そこには顔面痣だらけで右目が殆んど潰れている子供の顔と、あの、
陰気な店の親父の顔がガラスに張り付いていました。


935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/02 12:00
>>932
定年退職するような年輩者と、知り合いなの?

936 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 12:01
以上、まぁ、嘘っぽい話ですよね。

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 12:11
長くてディテールが多い話は目的(怖がらせたい)があって書いてる証拠だーね

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 13:35
>>922
久々にコワーな話だった。

939 :にぬすねふり ◆NINURUYA :02/08/02 13:36
>>935
すいません。今935に気づいた。
ええ、近所の人ね。

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 14:16
いいなあ…みんな、そんなのと遭遇できて。
俺はずいぶん新聞配達してるけど、>922みたいなこと
やったこともやられたこともない。

たぶん

941 :925じゃないが:02/08/02 14:57
>>931
>>925
>玄関の丸い跡ってなに?金属のドアにカサで跡がついたの?
>あんた超能力者?

あんた、そんなん簡単に凹みまっせ。
金属のドアといったって
表面は薄いブリキ板みたいなもの。



942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 15:35
>>940
前にすごく早く目が覚めた時にヒマだったので玄関のとこで新聞が来るのを
待ち伏せして、配達の人が新聞受けに突っ込んだ瞬間に中から思いっきり引き抜いたことあるよ。
ほとんどリレーのバトン状態。一瞬足音が止まってた(w

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 19:29
暗闇を走っている配達屋としては、怖くなるとマジで怖いのでやめてほすい。

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 19:42
暗闇を走る配達屋をじぃ〜っと見てるよ・・・。

945 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/02 19:59
>>942
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン!!!!コワイヨママン!!

彼氏の家の新聞配達来るの早すぎ・・・922タソじゃないけど、
いつも3時半頃来るよ。
大抵私だけネットやってて起きてるんだけど、
いつもあの音に吃驚すます。

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 20:18
「俺を殺したんはお前やな!」って話は有名or概出ですか?

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 20:20
そろそろ新スレかな?
次たてる1は
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
も貼っとけよ。

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 20:41
>945
だいたいどこの新聞も二時半頃から三時にはつくから。
織り込み早けりゃそのくらいに届くねえ。

俺の配ってる某マンションに張り紙べたべた張ってあって、
「深夜の徘徊は警察に通報します」とか「エレベーターの中までしっかり見てます」とか書いてある。
しかも異臭がするからマジコワイネ。

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:00
雑誌からだけど怖かった話を。アメリカの話。

ある夫婦が休日に子供を連れて、海水浴にでかけた。
ちょうど海開きのシーズンで、海岸には大勢の人がいて
浜辺で日光浴なんかをしている。
 
適当な所で車をとめて、夫はその賑わいの様子を眺めていた。
妻ははしゃぐ子供と共に、ビーチボールなどを用意して
浜の方へ走っていこうとしたとき、
夫が真っ青な顔をして、その腕を掴み、止めた。
「帰ろう、急いで。」
夫は震える声でそういうと、戸惑う二人を車に押し込んだ。

数キロもいったところで、妻はやっと夫に訊いた。
「・・・いったいどうしたの。」
「・・・君は気付かなかったのか。」
「なにを?」
「浜の様子をさ。」
「別に・・どこも変なことなかったじゃない。人も大勢いたし。」
「その人たちが問題なんだ。」
「なぜ?みんな楽しそうに笑っていたわ。」
「そう、みんな僕らの方を向いてね。」

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:06
>>949 の「模範サゲ」を教えてくれ。

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:06
怖いか?
単にその夫婦がスゲェ面白おかしい格好をしてたんだろ

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:16
アメリカ・ジョークと同じでオチがわからない

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:18
英語原文じゃないとオチがワカンナイんじゃないのかな?

英単語同志をかけた駄洒落とかさ。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:23
怖いと思うけどな…


955 ::02/08/02 23:26
海水浴客は普通海の方を向いているもんだということも
わからん厨房には難しい話だね。

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:30
海水浴客が、みんなこっちを見て・・怖ッ



957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:35
じゃ洋モノの話をひとつ。

あるところに新婚夫婦が住んでいた。ある夜、夫婦宅に刑務所からの脱走犯が
侵入。脱走犯はベッドで寝ていた2人を縛り上げ、奥さんの方に顔を近づけて耳にキスを
したかと思うと、1人バスルームに入っていった。夫婦はその隙に急いで会話をする。

夫「あの男の目を見たか?あいつは長いこと女を見てないに違いない。
  体を求めてきても絶対抵抗するな!騒いだら2人とも殺される。頑張るんだ。愛してるよ!」

妻「あなた、あの男は私にキスしたんじゃなくて『ローションはあるか?』って聞いたのよ。
  私じゃなくてあなたのことを気に入ったらしいわ。抵抗しちゃだめよ。頑張ってね。愛してるわ!」

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:47
それはアメリカンジョークだろ

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:55
>>957
ちょっとワラタよ。

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/02 23:58
>>957
尻の*、ガンガレ!(w

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:03
やっと過去スレパート8まで読みました
全然おいつかねーw
どーでもいいが7〜8ぐらいが今からちょうど1年前です

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:07
>>949
これからコンビニに夜食を買いに行こうと思ってたのに、行けなくなっちゃったじゃんかよー。
その場面を想像したら、死ぬほど怖いじゃねーか。

963 ::02/08/03 00:11
>>962

コンビニニ入ロウトシタラ店員モ客モ君ノ方ヲ向イテ笑ッテイルダロウネ……

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:17
949の落ちがわかりました。それは怖いわ

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:18
>>962
ソシテイラッシャイマセトカイウンダロウネ・・・・

966 ::02/08/03 00:24


967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:27

応用の利く怖さだね。秀逸。

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:58
新スレ。
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1028303782/l50

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 01:00
>>949

名作「悪魔の追跡」を想いださせるね。
つーか、あの映画からヒント得た気も・・・


970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:28
自宅のトイレで用をたして、トイレから出ようとしてドアを開けたら、ドアが何かにぶつかって「痛っ」って声がした。

俺、一人暮らしなのに。

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:28
>>970
藁田

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:36
このスレを読んでいる時
眠っている妻が


いびきをかいた
死ぬほど驚いた

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:48
http://jinniku2.hoops.ne.jp/japan.mpg

fnwkenffe,


974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:50
>>972
うちの嫁は歯ぎしりもすごいですが何か?

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:21
血って少し鉄の味しますよね。
髪洗っててシャワーで流していたとき、
凄く水が臭い血の匂いがすると思ってめをあけてみたら、
シャワーから真っ赤な水が出ていました。

ボイラーの故障で錆が出たらしいです。



あと、また洗顔していたときに、
臭い血の匂いがすると思って目がしみるのを堪えて開いてみたら、
真っ赤な泡で顔を洗っていました。

どうやら鼻血がでていたみたいです。


スレちがいかもしれませんが、
そのときはシャレにならないくらいびくーりしました。

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:22
うちの嫁は寝屁がすごいです

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:30
今血便がでた・・・18年間生きてきてはじめて出た・・・
まじで恐ろしい。

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:32
痔か
辛い人生になると思うが、へこたれることなく生きてくれ

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 05:45
ほんにこのスレはペースはえぇなぁ。
ほんのりのスレとは比べ物にならへんね。
とか言ってみるテスト。

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 06:52
新スレも立ったし、千鳥合戦が始まるのか?

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:39


      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < それじゃあ1000取り合戦、いくぞゴルァ!!   ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    



982 : :02/08/03 07:40
     ムシャブリツキナサイ!!
( `A)  
/(ヘ っ )ヘ

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:43
Σ(;゚Д゚) エッ ♥?

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:44
( ̄ー ̄)ニヤリッ

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:45
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァァァァン!!!

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:45
1000

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:45
1000


988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:46
だめぽ

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:46
1000

990 :岡本禿明:02/08/03 07:47
チビ 禿げ わいせつ教師

991 : :02/08/03 07:47
                        ,. -──- 、,
                      ,ィ"::::::::::::::ハ::::::::::::::`ヽ、
                       /::::/::::/i::::/ ゙、:;::::::i、:::::::::ヽ
                    /::/::/i:::/. |::/,  、':;ト、::i i;::i;:::::::゙:,      嫌や〜
                   ,':::l:::/_,!ム-!'"   `'‐`、!,_i:l !::::::::',      1000ゲットじゃなきゃ
        /             i::::::|/ i'_,.......,     ,......, " i:::::::::!      嫌や〜
‐、    / /           |::::::il '"   `    "   `'  !:::::::|
、 `'‐、  / /       |:::::::|              |::::::::|         \
.ヽ   `'‐、 /           |:::::::|                il::::::::!         \ \
  \   `''‐、          |:::::::|,      __   _,.... 、.  !゙:::::::|       \ \        ,..
.    \    `'‐、        |:::::::|;'、 r,""''"´,,,.二゙....,,_  )./::::::::::|          \   ,,.. -‐''"´/
     \    `'‐、     |::::::::|;;;;ヽ , ̄ ̄     `/;;;|::::::::|        ,,. -‐''"´  ,, ‐'"
         \.     >'>ヘ,,|::::::::|;;;;;il;;;``'i‐- ...,,. r''";;;l;;;;;;;!::::::::!   _,. - ''"      ,. ‐'"
         \  /./   |:i:::::::|ー┴ッ-r!     l、;;-‐ 、;;|::::/!|'"`i"l      ,. ‐'"
             `'〈/    l:!i::::::|   ヽヽ、,__,.ノノ   !:::/.|i   ! i  ,.. ‐'"
             L    i! `、::|    `'''‐-‐''''"    i/ /   l. l‐'" 
             \     `'                   ,」'゙


992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:47
1000

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:47
目覚めると、そこは千鳥合戦場だった。

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:48
ネッカマ チビ 禿〜げ
ネッカマ チビ 禿〜げ
買春教師


995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:48
995

996 : :02/08/03 07:48
996

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:49
うんこ

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:49
1000get


999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:49
     

1000 : :02/08/03 07:49
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  こいつ2ちゃんの書きこみ
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    信じてるよ
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"  

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

319 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)