5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part16

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:56
まだまだ続きます。
息の長い、伝統あるスレです。

達磨とか↓男とかウェルカムエイズワールドなどなど
有名どころな都市伝説は激しくガイシュツだったりするかもしれません。
ご注意を。

前スレ「死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part15」
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1026564993/
過去ログは>>2以降です。


2 :Bodiesbeat ◆cLqIFidk :02/08/03 00:56


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 00:57
過去ログ
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
http://piza.2ch.net/occult/kako/965/965152644.html
その2
http://piza.2ch.net/occult/kako/969/969033875.html
その3
http://piza.2ch.net/occult/kako/980/980780397.html
その4
http://piza.2ch.net/occult/kako/983/983455806.html
その5
http://curry.2ch.net/occult/kako/989/989409611.html
その6
http://curry.2ch.net/occult/kako/993/993836343.html
その7改
http://piza2.2ch.net/occult/kako/996/996631052.html
その8
http://piza2.2ch.net/occult/kako/999/999510095.html
その9
http://curry.2ch.net/occult/kako/1006/10060/1006021763.html
その10
http://curry.2ch.net/occult/kako/1012/10122/1012201120.html
その11
http://curry.2ch.net/occult/kako/1014/10141/1014176359.html
その12
http://curry.2ch.net/occult/kako/1015/10154/1015428802.html
その13
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10161/1016111756.html
その14
http://curry.2ch.net/occult/kako/1021/10218/1021887980.html

過去ログ倉庫
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 01:00
>>1
乙です

( ゚д゚)ノ● ウンコドゾー


5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 01:39
>>1
乙彼〜

6 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/03 01:39
1さん乙鰈



7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 01:55
確かPart15で「ミンキーモモ」の話が出ましたよね?
あれは横須賀ではそれなりに有名な「噂」です。
横・横道路沿いの「旧阿部倉トンネル跡」がその舞台となっております。
upされた話はオリジナルだったんでしょうかね?
「噂」にはこれに更に尾ひれがついて、
トンネル内を歩きながら、
「ラブラブ♪ミンキーモモ♪ お願い聞いて〜♪」と
テーマソングを歌っていると、どこからともなく
「ヤ・・・メ・・・ロ・・・ヤ・・・メ・・・・ロ・・・」
と呻く様な低い声が聞こえ始め、
それでも歌い続けていると、今度は金切り声で、
「オマエラァァァ!!!シニタイカァァァァ!!!」という叫び声が聞こえ、
びっくりして振り返ると、
「全身火だるまの人間」がすごい勢いで追いかけてくる・・・のだそうです。


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:05
あと・・・既出かもしれませんが、
「旧阿部倉トンネル跡」には、
地元において少なくとも以下の3つの「噂」が知られているそうです。
1.「ミンキーモモ」⇒既出
2.「まるはっちん」
3.「彷徨える女」

ちなみに、このトンネル跡は「自殺の名所」で有名なのだそうです。
トンネル入り口を囲むように左右にそびえる6本の樫の木・・・・
通称「首くくりの木」・・・・・
少なくとも50人以上がこの木で「首吊り自殺」したとか。
また、トンネル入り口前での「焼身自殺」が目立つことも特徴的。

いずれにしても、ろくな場所じゃありません。
十数年前は、民家が軒を連ね、人々が生活していたのですが、
「噂」と「自殺騒ぎ」、「奇妙な現象」などいろいろあり、
現在は廃屋ばかりとなっているとの事です。


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:35
専門学校の友達で霊感が強い人がいた。
その人は変わった人でその能力が楽しいらしい。
まずいわく付きのマンションに入居。
室内は美容師でも無いのに 練習用の生首だらけ。
天上からはスカルグッズがぶらさがってた
とまりに行った時、いきなり「そっちの部屋今いらっしゃるけんいかんほうがいいよ」とかおっしゃる。
そして押し入れにはペンタグラムがあって、一日一回サタン占いをしてくれた。
さらに、マリア様の絵を何も見ないで描けるし、服を作るのが上手くて、出来上がった服は真っ白のドレス系が多くて、ぜったいしあげに血糊をぶちまけるしまつ
ただのオカルト好きだと思っていたのですが...


10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:40
http://jinniku2.hoops.ne.jp/japan.mpg

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 02:42
http://jinniku2.hoops.ne.jp/japan.mpg

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 03:02
>>9の続き
サマーセミナーで山口のとある海辺のホテルに泊まった夜、消灯時間も過ぎ、人里離れたホテルだったので
なんの楽しみもないので、怪談大会としゃれこみましたが、その人は乗り気ぢゃありませんでした。
そのホテルの造りなんですが、窓がある・・というか硝子の壁なんですね。
そこからどの部屋からも砂浜に出れるんです。
数人が話終えたころその変わった彼が言うんです。「もうやめよう」って
そう言ったかと思うといきなり彼が海めがけて走りだしたんです。
それを見た瞬間私達の中で一番駆体のいいA君がやばいと感じ、彼を 押さえ付けました。しかし...

13 :ヘ(゚д、゚)ノ:02/08/03 03:07
>>9
長い文章カキコする時は、メモ帳に全部書いてから
カット&ペーストすると良いよ。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 03:21
>>続き
彼はいとも簡単に190センチあるA君を跳ね飛ばし、海へまっしぐら。俺達は急いで彼を追い掛け、男五人がかりでやっと組み伏せました。
彼の様子ももどって来たので、彼を連れて部屋に戻ると、今度は、部屋に残っていた女の子の一人が奇声をあげていました。
びっくりしていたら他の女の子達にも感染していきました。
先生が騒ぎに気付いてやって来ましたがどうしようもありません。
するとその変わった彼が、「いつもはこんなはずじゃないのに・・ごめんね」
と言って女の子達に憑いた物と対話し始めました。
数時間後彼は見事全部祓いました。
正体はたーくさんの子供達でした。この海でなにがあったんでしょうね?
次の日は俺らグループは予定をキャンセルしてオハライ&強制帰宅でした。

しかしまだ、続きがあるんです・・

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 03:51
ヽ(`Д´)ノ ボッキアゲ

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:04
4時になりますた。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:06
続き!
その後も彼とは、バンドしたり、一緒にバイトしたりしました。 ある日彼が俺に言うんです。
彼「俺とさー随分永く一緒にいたよね」
俺「うん」
彼「こんなに友達になるって思わんかったけん言わんやったけど・・・」
俺「なん?」
彼「見えるのってうつるけん気を付けててね」 ひえー
それからびびりまくりの日々でした。
それから半年後・・・運命の日が・・。
夜中。ちょうど今位の時間。アンプに繋いでギター弾いてました。するとアンプからテレビの砂嵐の音がしました。 シールド(アンプに繋ぐコード)がアンテナになってラジオをよく拾うのでむししてると。おや?
アミダニヨライコンポンダラニーノーボートラヤーヤーボーアミアミダー サンビャクサンボダヤーアニャタオンヤミリター
ひえー老婆のお経です。しかもアンプスピーカー一発なのにステレヲでした。気絶しましたハズカシナガラ
だってベランダに顔半分黒いのが見えてました。周りの霊能者にきおつけてね
チョー文御免ね

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:06
続きはまだかよ〜

19 :18:02/08/03 04:09
>>17
失礼致しました。長文オツカレ
そう言えば俺も霊感の強い子と付き合ってた時は色々感じたね・・・・

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:10
>17
更なる後日談を既ボンヌ。

21 :パパドン:02/08/03 04:12
>>17
それは全てあなたの恐怖心が作り出した幻ですよー!
もう怖がる事はないから安心しいいですよー!

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:14
>>17それって隣の半島のラジオ放送を受信したんじゃ……?
ハングル語って夜に聞くとお経に聞こえるよね。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:25
後日談というか、今までなーんも見ない人だったのに去年心霊写真撮れました!なんかうれしかった。
お盆の念仏踊り撮ったら四角がいっぱいとれた。その四角の中に逆さまの人がバストアップでうつってた。お寺の人にみせたら(お爺ちゃん住職ナンデス)遺影じゃないかって。遺影が空とんでんの。ヤバイカラ写真はご魔壇にかけられました

24 :携帯から:02/08/03 04:46
朝っぱらからすみませんが、
自己責任を御存知の方、いらっしゃいましたら、
携帯ユーザーからも見れるように『分割で』貼って頂けないでしょうか。

お願いします

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:50
>23
後日談ありがとう。
しかし、なんともシュールですね。
(=゚ω゚)ノ<写真見たかったよぅ。



26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 04:58
>24
どれくらいに分割したらいいのか、わかりません。

27 :携帯:02/08/03 05:05
すみません>26さん
どの位で容量オーバーなのかわからないので、
適当なとこで切ってもらってオゲーです。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 05:10
どうにかしてパソコンで見てください

29 :26:02/08/03 05:13
ただ、結構な量なので、それを更に分割して貼ると
「うざい」って怒られそうなんですよね・・・ちと無理かも??

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 05:14
ネットカフェ逝ってPCで見ろヴォケ

31 :携帯:02/08/03 05:19
神の降臨を気長に待ちます。


32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 05:22
一生待ってろ

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 05:22
A____A
/●。。 ● |
(= O = )
|二@二二|
ホゲ..


34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 05:27
パソコン持ってる友達にメールしてもらうとか(i-modeなら厳しいが)、
なんとかしてパソコンから見た方が早いよ。


35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 06:52
これは私が体験した真の体験です。
学生時代に彼女(元モデル(爆)とふたりで歩いていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし、「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(彼女・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は暗黒の騎士を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 06:57
>>35
面白・・・

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:45
斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!

38 : :02/08/03 07:51
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  こいつ2ちゃんの書きこみ
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    信じてるよ
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"


はじめて1000取れますた

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:51
真の勇気、しかと見届けた

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:52
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:54
>>35
まさにお前の存在がオカルトと言うお話でした。怖いですね。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 07:59
1000

43 :35:02/08/03 08:24
いやいやいやいや、(滝汗)
確かに信憑性の高いかろう事あらぬ出来事ではありますが、
すべからく、この私の身に起きた事実です。
横にいる彼女もそれは証明してくれています。

事件の後から、両肩に翼の形の痣も浮かんできています。
写真をお見せできない事だけが残念でなりません
(写真に取ろうとすると、不具合や故障などが起こるもので・・・)

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 08:29
近年稀に見るオカルト話だな、おい

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 08:35
確かに死ぬほど洒落にならない話ではあったな。

46 :35:02/08/03 08:38
待ってください!では彼女と変わります。

こんにちわ、彼女のみるると申します。
全部真実の出来事です。

(また戻りました)これですこしは証明になると思いますが。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 08:39
みるるage

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 08:42
みるみるsage

49 :◆zVoKb/zA :02/08/03 08:43
>>35
2ちゃんねるには「メンタルヘルス」「電波」「なんでもあり」「夢・独り言」「ヒッキー」「私のニュース」
等々あなたの発言を形容してくれる素晴らしい板がたくさんあります。
そちらに行かれてみてはどうでしょう?

50 :みるる:02/08/03 08:44
いっくぞォう、YO、ゴォンッゴォンッ

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 08:52
↑なんかよう分からんけど激しくワロタ


52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 09:02
斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!

53 :◆zVoKb/zA :02/08/03 09:11
>>35は神

間違いない

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 09:11
まさにムゥ読者文通コーナーだな(w

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 09:34
ただいまを持ちましてこのスレは残念ながら
>>35がデムパか神か判断するスレになりますた。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 10:24
>>35
あんたアニオタでしょ?

57 :35:02/08/03 10:24
お願いです、侮辱は控えてください。
みるが傷付きます。
分かりました、どうすればいいのです?
どうすれば事実だと信じてくれると?
それを待ちましょう。


58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 10:29
>>57
綾瀬駅前の本屋で飯食って来い。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 10:30
>31の携帯さんいる?どっか怒られなさそうなとこで貼る?
協力するよー

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 11:05

          /~ヽ              /:ヽ
          {:::::::::\        /.:::::::::}
          ヽ、::::::::\,.....-.―-/.:::::::::::ノ
           ゝ,.-‐-、,.‐‐-、::::::::::::::::"く
          /    /⌒丶 ヽ._::::::::::::::ヽ  賞味期限が切れるまでの間
         /   ,ィ〃//゙ヽ. ヾ ヽ::::::::::::}  大耳モナーが
         /  ∠_     `'、   ゝ:::::::::j  ここを管理しておきます♪
        {  /,.=、`   ,.ニ ̄`メ ヾ }:::::::メ
        ノ)イ1仆..}    ri⌒ヾ ソりト、::::/
          リソ,,`ー' .   、、::;ナ 仆⌒!ソ
     (\_/八    、_   ̄ '' ,.!|f_ノリ (\_/)
     ( ´∀`)リヽ.         ィルリ从メ   (´∀` ∩
     (.つ  つ   ` ー┬   トx     (つ   丿
      ) ,) ) '^~  ̄く(__ ___/ ,ゝ 、   (  ヽ,,ノ
      (,,_,,_,,)    /ソc< r一'~´  ヽ、 (,,゙__,,)
      /   レヘ、___//.:::::.ヽ\      入/   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 11:20
>>59
ここで貼り付けんなよ。PC持ってないヤツは帰れゴルァ

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 11:49
@全部ウソ
A>>35はアニオタ
B>>35は電波
Cみるるタンのエロ画像キボンヌ

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 12:22
)が一個足りなかったり
るが一個足りなかったり
大変だな
同情するよ

64 :◆zVoKb/zA :02/08/03 12:31
>>62
アニヲタ!

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 12:32
>62
C。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 13:03
Dスレを盛り上げようとネタを提供してくれる偉い人

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 14:28
>>35を読んで思ったんだが・・・
どうして「元モデル」って肩書きはよく見るのに「現役モデル」ってのがいないんだ?
現役のモデルは男とつき合っちゃいけない決まりでもあるのか?
「元モデル」は」女にとって一番都合のいいバレないウソではないかと思ったりする今日この頃

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 16:36
街歩いてて声掛けられポラ撮られた → 経歴:元モデル

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/03 16:37
一応実体験。

四年ほど前の事です。
我が家のパソコンは当時としては珍しくテレビを内蔵したもので、
その日私は内臓テレビをBGMがわりに点けたまま夜遅くまで友人達
とチャットをしていました。話が盛り上がった事もあり、気づいた時
にはテレビも全ての番組が終わるような時間でした。
それでもなんとなくテレビを切らずに放っておいたのですが
「ザーーッ」と言う砂嵐の音が聞こえてきた所でだんだん気味が悪くなり、
いい加減消しておこうとブラウザに隠れていた画面をアクティブにしました。
・・・上に出てきたテレビの画面を見て私は凍り付きました。
確かに画面には「ザーーッ」というけたたましい音と共に砂嵐が映っています。
しかし、なぜか画面の中央には砂嵐にかぶさるように
目をつぶった丸坊主の女の顔がくっきりと浮かび上がっていたからです。
私はパニックになりながらもきっと残像か何かだと思い
テレビを切らずにしばらく観察しようとしました。
しかししばらく見ているうちに、この女の目が今にも開いてきそうな気がして
恐ろしくなり慌ててテレビを切って寝てしまいました。

まぁ残像だったんだろうなと思っています。
でも何の映像だったのか今でも不思議。

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 16:39
>>69
MATRIXの向こう側から呼びに来たんだよ、君を。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 16:42
>>69
ほのぼのとしたええ話や。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 17:27
●韓国の併合は、韓国からの要請

公称百万会員の韓国最大の政治団体一進会の李容九会長は、
1909年12月「韓日合邦建議書」を韓国皇帝純宗に上奏し、
同時に曾禰荒助統監、李完用首相にも提出して、
韓日合邦を全国民に訴えた。
そして1910年8月22日、
親日派のリーダーである李完用総理大臣によって、
「韓国併合ニ関スル条約」の調印が行なわれ、
8月29日公布実施された。
こうして韓国は日本に併合されたのである。

併合してから、
道路や橋を整備
初潮前の少女を妓生とすることを禁止
病気の治療のための呪詛を禁止
白丁(被差別者)に笠をかぶせることを禁止
奴婢の解放
女性にも名をつけることを奨める
ソウルに大学を創った
(以下略)
といったことをしたけど、余計なお世話だったかな?

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 17:36
>>73
彼の国関係で洒落にならない話をするなら戦後をかかなきゃ


74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 17:51
赤いTシャツ着てる奴がいるとチョソかと思ってしまう。


75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 18:31
あげ

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 18:32
赤い血を吐く奴がいるとチョソかと思ってしまう。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 18:36
反転石ハケーン

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 19:26
今日の昼間体験した出来事・・・・書いていいかな?
本当にもぉシャレにならん位怖かった・・・・。

 部屋の中、クーラー効かせて気持ちよく愛犬と寝ていた
んだけど、頭の方からうるさい音がしたのだ。

 蝿がぶんぶん飛んでいたんだけなんだけどね。
五月蝿いから殺虫剤かけて殺そうとしたんだけどさ
なかなか死ななくて、やっと下に落ちたなぁ・・・と
で、もうちょっとで蝿が死ぬぞって瞬間、その出来事が
おきてしまった・・・・。


 蝿の尻(なのかな?)から白い物体が出てきた。
体液かと思ったが・・・・動いていた。
ウジらしい・・・・全身から嫌な汗が吹き出た。
即殺虫剤を大量に吹き付けて全滅させたがしつこく
うにょうにょ動く。

 父親に頼んで始末してもらったけど気持ち悪くて
夕食が食べられんほどだった。

 蝿を殺虫剤で殺す時には注意が必要です。

79 :イチタロー[ver4.9] ◆ichi49hk :02/08/03 19:42
子供の頃 ハエ叩き潰したら、潰れた胴体から
蛆虫が イパーイ出てきたことアル。
白くて細いのが、ウニョウニョ動いてたなぁ。。
火攻め水攻めと試したガ、ナカナカ死ななかった記憶アリ。
卵とかで産まないのね、ハエって。
親の腹食い破って 出たりしないんダロウ カ?

80 :35:02/08/03 19:46

戦いの話しに耳も傾けずに、気高いフリをしているだけの
アダルトチルドレンということですね。結局は。
失望しましたよ。ここには騎士はいないみたいですしね・・。
かっこつけない方がいいですよ!!生き方!!堅苦しいだけでしょ?!
クールに気どっていても、所詮はウロボロスがごとき漆黒の怠惰、暗黒の排他
それは言わずもがな、すべからく根源的なことでしょ?

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 19:53
戦いの場を求めてるならこの辺りにあるので行ってみてくれ。
退路は無いからそのつもりで。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1019286114/


82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 19:55
>80
引っ張りすぎたな
せっかく笑えたのに

83 :携帯:02/08/03 21:02
>59さん感謝です。

もしどこかに貼られる場合、
お手数ですが、URLの方、宜しくお願いします

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 21:06
>>83
これじゃあ見れない?
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/13/504.htm

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 21:06
>>69
レインだよ…それ
お前、関わっちまったんじゃないのか?

86 :携帯:02/08/03 21:14
すみません>84さん、
562の神主登場の途中までしか、携帯では表示されませんです。
容量オーバーらしいです。



87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 21:17
>>86
「しらー!PC買わんか! 何しよるんか! 馬鹿者が!」

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 21:22
レインってなんだ?

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 21:31
で結局35は電波だったのね?
みるるは彼にしか見えない守護神とか?

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 22:14
旧阿部倉トンネル跡 怪奇話2
「まるはっちん」
<前置き>
この話は21年前の実話に「都市伝説」なるものを組み合わせたものです。
皆さんは元高見山関(現 東関親方)が出演していた「丸八真綿」のCMをご存知ですか?
「ま〜るはっちん。ちゃらんちゃらんちゃちゃちゃ、ちゃらんちゃらんちゃちゃちゃ、
まるはち〜ん。はるはち〜ん」というとてもお寒いバックミュージックの中、元高見山関が踊るのです。
最後にきめ台詞として「(ジャジャジャジャジャン!)マルハッチ!」と叫ぶ元高見山関。
お寒さベリーナイスです。
現在の「郷です!GO!」とは違います。
このCMを覚えていらっしゃる方・・・・比較的気分の悪い思いを出来ますです。

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 22:32
>>35
それはきっとあなたのパトローナスです。
しかし暗黒の騎士ってのは謎・・・やっぱ創作っぽいな。悪いが。

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:00
本物のジンザイが枯渇しつつある今、ネタ職人が
増えるのはイイが……暗黒の騎士テ……
高クオリティのネタの量産は、なかなか凡人には
難しいようだな

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:18
約2年前の話。

上司と同僚と俺の3人で出張で山梨県甲府市へ行った時の事
仕事が終わってさー遊びに行くかと街へ出たが、
やることがなくて仕方ないので女の子でもナンパしするかと
言うことになり、女の子に声をかけようとした瞬間、
突然肩を捕まれた。

驚いて振り返ると一人のおばさんだった。
その人は半泣き状態で声を震わせながら
「お願いがあるんです…」
と鬼気迫る表情で言った。 左手首には包帯を巻いている。
びっくりしてどうしたのか話を聞くことにし、とりあえず俺は
おばさんを連れて同僚たちの待つ車へ戻った。

車で泣きながらおばさんが言った言葉は
「お願いがあるんです。ここから数キロ行った所にある愛宕トンネル
に連れて行って欲しいんです。そこで待っている人がいるんです」


94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:19
…その瞬間車内に寒気が走った。
もう午前0時を回ろうかとしている時に、
トンネルの入り口まで連れて行って欲しいと言ってる。
おばさんは泣き続けている。

俺たちはみんなで顔を見合わせながら、やばいと思い
断ることにした。
「ごめんね、俺たち出張でこっち来てるだけだから場所が
よくわからないしもう遅いから」

「ひどい… たすけて…」

…半ば無理やりにおばさんを車から降ろし、怖くなって
宿に帰り、みんな無言のまま就寝した。


怖くはないかもしれませんが、あのまま言われるままに
愛宕トンネルとやらに行っていたらどうなっていたのだろうと思います。

95 :35:02/08/03 23:22
94>>
うーん・・ちょっと・・創作っぽい・・?(死)

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:53
<まるはっちん>
今から21年前の話である。
当時、私は小学五年生だった。
隣のクラスにはいわゆる「知的障害者」の「*川」君という子が在籍していた。
親御さんが「健常な子供と一緒にどうしても教育を受けさせたい」と無理を言って「特殊学級」入学を拒否したため、学校側は仕方なく「通常クラス」に編入させていた。
この子はあまり目立った問題行動は起こさなかったのだが、ただひとつだけ問題があった。
何故か「丸八真綿」のCMのまねが大好きで、突発的にところかまわず始めてしまうのであった。
「ま〜るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち〜ん。まるはち〜ん。」と歌いながらクネクネと踊りだしてしまうのだ。
当時、このCMは高見山関(現 東関親方)が出演している事で有名だった。
クラスの連中は「いつもの事」と相手にしておらず、隣のクラスにいた私は「異常な雰囲気」をいつも感じ取っていた。
秋になって学芸会の季節となった。今までは「*川」君は蚊帳の外だったのであるが、親御さんが「息子も学芸会に参加させて欲しい」と校長に直談判し、学校側はしぶしぶ「*川」君の参加を認める事となった。


97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:54
・・・・さて、頭の痛いのは担任教師である。「どんな役をやらせたらよいものだろうか・・・?」
この時、当時のクラスの三悪である「*田」、「*合」、「*西」らはわるだくみを考えていた。
「あいつのおかげでクラス中迷惑してるしなぁ・・・・いっちょ、*川のクソババァに恥かかせてやろうか?」と「*田」。
「おもしろい。やろうぜ。で、どうするんだ?」と残りの二人。
「こんなの。どうだ?」
・・・・出し物は浦島太郎。「*川」君は乙姫様の「巫女」役で、舞台の上であの「まるはっちん」踊りを躍らせて、親御さんに恥をかかせようとするものであった。
更に「こんな奴がいて、クラス中迷惑している」事を他の親御さんにアピールする事も実行する事となった。
もちろん、担任教師の知らぬ所でこの計画は秘密裏に進められた。
クラスの誰も、この計画に反対する者はいなかった。
隣のクラスの友達(四年生の頃、同じクラスだった)が、「今度の学芸会では面白い事が起こるぜ」とニヤニヤしながら私に言った事はいまだに記憶に残っている。

が・・・・この企みが後に世にもおぞましく、後味の悪い事件の起こる原因になろうという事はこの三人にも予想がつかなかった。


98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:55
亀レス
みるる=BIGZAM(藁

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:55
学芸会 当日。
体育館で、各クラスが演劇などを発表してゆく・・・・
演目「浦島太郎」は順調に進み、ついに「巫女」の登場となった。
「鯛」役の「*合」が「*川」君に言った。
「さぁ。巫女よ。客人に踊りを差し上げなさい。」と言い放つと、
舞台上の全員が、「踊りを。さぁ!踊りを!」と叫ぶ・・・・
「平目」役の「*西」が「*川」君に耳打ちした。
「*川、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん・・・・」
それに刺激され、ついに「*川」君は「まるはっちん」踊りを始めた。
「ま〜るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち〜ん。まるはち〜ん。」
「ま〜るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち〜ん。まるはち〜ん。」
「ま〜るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち〜ん。まるはち〜ん。」
「ま〜るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち〜ん。まるはち〜ん。」
狂った様に「*川」君は踊り続けた・・・・・・いつまでも、いつまでも・・・・
ざわめく観客・・・・絶句する「*川」君のお母さん・・・・・
そして、「計画通り」に「*田」がキレた。


100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:56
「ふざけんじゃねぇぞ!!何がおもしれえんだ!!バカヤロウ!!!」とうそ泣きしながら、衣装を破り捨て、体育館から走り去っていった。
狂った様に踊り続ける「*川」君を「*合」と「*西」は押さえつけ、舞台のそでへ消えてゆく・・・・・
当然、学芸会は「これにておじゃん」となった・・・
「*川」君のお母さんはただ呆然としていた。が、周囲の者達の「反感の目」が自分に集中していた事に気づき、逃げる様に体育館から去っていった。

担任教師は激怒し、誰がこんな事を計画したのか、クラス全員に問い詰めた・・・・「*田」を除いては。
が、誰もこの計画が「*田」らによって計画された事を決して語らなかった。
一方、「*川」君の両親はすごい剣幕で学校側に抗議した。
「何故、息子にこんなまねをさせたんですかっ!!!!お前らそれでも、教育者か!!!」
この言葉に校長がついにキレた。
「あんた方が無理言って、通常学級に編入させていたから、こうなったんじゃないんですか???」
「何もこちらはこれ以上無理をして、*川君を受け入れるつもりはない。これ以上、文句・騒ぎを起こすなら、特集養護学校へ転入してもらうしかない!!!」
「正直、これ以上は迷惑だ!!!!」と凄まじく一喝。
実際、これだけの事を校長が言えたのは、「これまでの実績」と「今回の一件で反感をもったPTA関係者のバックアップ」があったためと後に判った。
・・・・・つまり、皆、「厄介者払い」に奔った訳である。
「*川」君の両親ははらわたの煮えくり返る思いを耐えつつ、
帰っていった・・・・・この時、お母さんはひどくうなだれていたという。


101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/03 23:57
その後、「*川」君とお母さんは行方不明となった。
そして更に二週間後、二人は「焼死体」として、警察に発見される事となった・・・・・・
そう、旧阿部倉トンネル跡で・・・・・・遺体は相当の程度で炭化していたそうである。
結局、母親の「歯型」から身元が断定された。
遺書は見つからなかったが、覚悟の無理心中と思われた。
「お母さんが「*川」君の頸静脈を鋭利な刃物切り裂き、絶命させた後、ガソリンをかぶって火をつけた」という事らしい・・・・・・
この後、小学校で「*川」君の話題がのぼる事は無くなった。
学校側はほとんど何の対応もしなかった様である。全校集会は開かれなかった事は記憶している。
ただ、「今後の法的・マスコミ対応のため」なのか、
遺体の身元が判った翌日、「終日自習」になった事を覚えている。
「*川」君のお父さんは狂った様に校長・担任教師に詰寄ったそうである。
「*枝も*之もお前らとお前らのクラスが殺したんだ!!!返せ!*枝と息子を返せ」と泣き崩れた・・・・

そして、十数年の時が流れた・・・・・・

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 00:06
                ∧        ∧  マチクタビレタ〜     マチクタビレタ〜
 マチクタビレタ〜       ./  ヽ      ./  ヽ      マチクタビレタ〜
               /   ヽ―――/   ヽ   マチクタビレタ〜  マチクタビレタ〜
   マチクタビレタ〜  /       l___l   \        マチクタビレタ〜
            |      ●  |    |  ●  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       へ    |   へ     ヽ  ./     | < ねえ、まだぁー?
        \\  \  \\    ヽ/     /   \____________
チン        \\  .> \\          ヽ
   チン      \\/    \\  _       |  マチクタビレタ〜
      \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  / ̄   ヽ    /   _
        \回回回回回/ ̄ ̄ヽ        / ̄ ̄ /|    マチクタビレタ〜
         \___/      ヽ____/  /  .|         マチクタビレタ〜
                               /    |  マチクタビレタ〜
   __________________/     .|
                             |      |     マチクタビレタ〜

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 00:57
>101
続くのか?

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 00:59
>>103
第四部では*田の孫が大活躍します。長くなりますがお付き合い下さい。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:17
「今作ってるとこなんでお待ち下さい」と言われて大人しく待てるかよ!

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:27
「*田」、「*合」、「*西」の三人は大学生になっていた。
ある夏の日、彼らは偶然にも再会した。
久しぶりに再開した三人は、酒を飲み、その勢いで「肝試し」する事となった。
その場所は・・・・・そう、旧阿部倉トンネル跡・・・・彼らは「昔の事件」を忘れていたのだ。
深夜、トンネル跡についた三人は懐中電灯を片手にトンネル内に入っていった・・・・・・・・・

「あ・・・・・・そういえば・・・・」と*合。
「何だよ。*合。」と残りの二人。
「いや・・・・さ、ここって、*川とそのおっかさんが自殺した場所じゃなかったっけ・・・・・」
「!」「?」
「おい、何が言いたいんだよ。」と*田
「まさか、未だに恨んでいて、幽霊になってそこら辺彷徨い歩っていたりして・・・・」と*西
「いやな事、思い出させるなよ!!」と*田
「罪悪感はあるわけだ・・・・・そりゃあ、そうだろなぁ・・・・」と*合
「ま〜るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち〜ん。まるはち〜ん。」と歌いだす*西。
「やめろよ!!いいかげんにせい!!」怒鳴る*田。
「冗談冗談、気にすんなよ。」と*西。
「んな事、ある訳無いじゃねーかよ。本気にするなよ〜♪」と*合。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:28
・・・・と、その時、かすかに声が聞こえてきた・・・・・・
「・・・・・・る・・・・は・・・ちん・・・・ま・・・・は・・・・・ちん・・・・」
「!」「!」「!」
「おい、やめろって言ってんのがわなんねーのかよ!!お前ら!!」と*田が怒鳴った。
「俺たち・・・・・何にもしゃべってねーぞ。」
「?だって聞こえてきたぞ。かすかだが。ま・・・は・・・ちんって」と*田は訝しげに話した。
「お前冗談にならねーぞ。神経質になりすぎじゃねーのか?」と残りの二人が返す。
が、その時・・・・・確かに・・・・聞こえてきたのである・・・・・あの声が・・・・
「ま・・・・・る・・・・はっ・・・・ちん・・・・ま・・・・る・・・・はっ・・・・ちん・・・・」
「?」「!」「!」
「おい、もう帰ろうぜ。気持ちわりーよ。」と*西が言い出した。
その間も不気味で弱弱しい声は聞こえ続けていた・・・・・・・・・
「俺たちの後ろから聞こえてこないか・・・・この声・・・・」と*合が言った。
「まさか・・・・・そんな・・・・」
三人はいっせいにトンネル出口へ走り出した!
が、声は小さくなるどころかどんどん大きくはっきりしたものに変わっていった・・・・・
「ま・・・・・る・・・・はっち・・・・ん、ちゃ・・・らん、ちゃ・・・ちゃ・・・ちゃらん・・・・」
「まるはっちん・・・・まるはっちん・・・・チャラン・・・・チャラン・・・チャチャチャ・・・・チャランチャラン・・・・チャチャチャ・・・・」
「まるはっちん〜まるはっちん〜・・・・・チャランチャランチャチャチャ・・・・・・チャランチャランチャチャチャ・・・・」
「まるはっち〜ん、まるはっち〜ん、まるはっち〜ん」

「おい!俺たちの後を追いかけてくるぞ!!」
「もっと速く走るぞ!!」
彼らは更に走る速度を上げた。
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
声はますます大きくなってゆく・・・・・・

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:29
「もうすぐ出口だ!!」
「よっしゃあああああ!!!」

「逃げないで・・・・逃げないで・・・・どうして逃げるの・・・・逃げるな・・・逃げるな・・・・逃げるな・・・逃げるな・・・」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるなぁぁぁぁ・・・・」

「逃げるなぁぁぁぁ!!!!てめえらぁぁぁぁ!!!!」と耳をつんざく怒号がトンネル内に響き渡った・・・・

三人が肝をつぶして振り返ると・・・・・十m程後ろにボォッと光っている人の姿が見えた・・・・・
が・・・・・首が無かった・・・・・

「うわわわわわわっ!!!!」三人が逃げ出そうとした、その時、
ボォッと光っている人の手がすごい勢いで伸び、*田の肩をつかんだ。
後ろに引きずられてゆく*田。
「た、た、助けてくれぇぇぇぇ!!!!」
が、残りの二人はすでにトンネルの外へ走っていった後だった・・・・

*田の叫び声を聞いた二人が振り返ると・・・・・・
*田がトンネルの中へ引きずられてゆくのが見えた・・・・・
*西が懐中電灯の明かりをトンネルに向けようとすると、明かりがフッと消えてしまった。
そして、二人は見た・・・・・
ボォッと光っている人の手が*田の肩をつかんでいるのを・・・・
その「光っている人」の左手には何かがぶる下がっていた・・・・・
「う、う、う、うぎゃああああああああ!!!」二人は腰を抜かした。
人の生首だった・・・・・目と口をカッと開き、二人を見据えていた・・・・紛れも無く、*川の顔だった・・・・

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:30
プレゼントデイ、プレゼントターイム、あーひゃっひゃっひゃ。

つかレインだったらうちにきてほすい

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:30
二人は放心状態になった。
トンネル内からは*田の叫び声と共に、
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
・・・と声が聞こえていた・・・・
「許してくれ、許してくれぇぇぇぇぇ!!!*川ぁぁぁぁ・・・・・・!!!!俺が悪かったぁぁぁぁ!!!」
「やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!ギャアアアアアアアァァァァ!!!!」

それきり、声はピタッとやんだ・・・・・
しばらくして、放心状態になった*田がフラフラとトンネルから出てきた・・・・・・失禁していた・・・・・・
結局、彼らはふらふらになりながらも、*田の家に行った。このトンネルから一番近い場所だったからである。
「あら、ずいぶん久しぶりねぇ。*合くん、*西くん。」
「どうもご無沙汰しております。お姉さん。」疲労困憊ながらも二人は愛想笑いしながら答えた。
「俺、水飲んでくる・・・先上がっていてくれ。」と*田は台所へ向かった。

二人は、2回へと上がっていった・・・・

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:31
さて、*田の部屋で、
「おい、あの時、どうしてたんだ?*田?」
「どうしたも何も無いって。あの気味の悪い化け物が俺を捕まえて・・・・トンネルに引きずり込んで・・・」
「で?」
「俺の周りをぐるぐる回りながら、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん・・・とか言って消えた・・・」
「いやぁ・・・えらいもん見ちまった・・・しばらく夢に見るなぁ・・・」
「お前ら、俺を見捨てただろ??」
「しょうがねーだろ。あの状況じゃあ。」
「まぁ、何とか逃げられたんだから。まぁ、よしとしようや。」

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:32
・・・・・と、その時、*田が言った。
「逃げられた?・・・逃げられる訳無いじゃん・・・・そりゃ無理だよ・・・」
「?」「?」
「何言ってるんだよ?*田〜♪」
「・・・・・だって、だって、ボクハココニイルンダモン!!!」
と、向けた顔は*田の顔ではなかった・・・・・*川の顔だった・・・・トンネルで見たのと同じ・・・・
「ギャアアアアアアアアアアアアッッッッッ!!!!」

階下のお姉さん、
「上が騒がしいわねぇ・・・・全くもぉ・・・・」
彼女は2階へと上がっていった・・・・・・・・・・
*田の大きな声が聞こえてきた・・・・歌っているようだ。
「?????」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」

「ちょっとぉ、うるさいわよぅ。もう少し静かになさいよ。深夜なんだから。」と部屋の扉を上げて・・・・・
彼女はその光景に凍りついた・・・・・部屋の中は血まみれだった・・・・
血まみれになった*田が部屋の中で踊っていた・・・・・・
床には首を切られて血まみれになって死んでいる*西と*合が転がっていた・・・・
*田は彼女のほうへ振り返ると、
「ジャジャンジャジャジャン!!!マルハッチ!!!」と叫ぶや否や、
持っていた包丁で自分の首を切り裂いた。
・・・・・飛び散る血・・・・・大量の返り血を浴びた彼女・・・・・・・
「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」

彼女は未だに「隔離施設」から戻っていない・・・・・・

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:35
おい!「これは地元の新聞にも載った実話です」ってのが抜けてるぞ!

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:38
さて、ここで問題です。
私は何回まるはっち〜んと言ったでしょうか。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 01:55
昔の丸八真綿のCMを知っている者ですが・・・・
イメージすると、劇欝です・・・・
スレの早い段階でいきなしICBM級の投稿でしか・・・・
もしかして、「ミンキーモモ」の投稿者ですか?>112

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 02:07
小学校のことは話に含まれてるからいいんだが、
肝心のところで語り部がいないのに描写が細かすぎててなぁ。
伝聞調にするか、一人生かしとくかした方が・・・

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 02:09
らヴらヴミンキーモモ♪まるはっちーん

118 :読んじまった:02/08/04 02:14
長いが・・・・筋は破綻してないんだよなぁ。
でもって、気持ち悪い終わり方・・・・・>112
描写が細かいというか、リアルすきるんだよなぁ。
もしかして、狙ってる?>112

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 02:15
マルハッチーンを全て「森井のくずきりポッカポカ、ホレッ、ポッカポカ!」に置き換えて読んでみてください

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 02:18
浮いてるぞ>119
風を読みなされ。
何だよ「森井のくずきり」って?

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 02:25
この話をマルハッチーン で作る90のセンスが怖い
彼の人生においてマルハッチーンはどんな意味を持ってるんだろう?

122 :投稿者@風呂上りです:02/08/04 02:29
で、皆様、「まるはっちん」はいかがでしたでしょうか?
「ミンキーモモ」に比べれば大した事無かったかな?
>116&118どの
構成的に狙ったつもりはありません。
ただ知っている事実と「噂」を単純に組み合わせてみたらこうなりました。
>115どの
御意。今回は当事者ではなかったので、そんなにリアルでも気持ち悪くも無かったでしょ?

>119どの
何のCMなんでしょう?
私は聞いたことがありませんので、おせーて下され。


123 :十分・・・・:02/08/04 02:33
投稿者サンへ
十分、陰湿かつシャレになっていないと思います。
後に続く連中は二の足踏んでると思います。
も少し出るタイミングを考えてください。
ああああああああ。

124 :みるる:02/08/04 02:52
>>98
うわ、すげえ嬉しい・・・。
お前と出会う事があれば、多分いい友達になれると思うよ。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 02:55
このスレ全部僕がかきました。
たのしんでいただけたでしょうか?




126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 03:27
>>まるはっちん

*田は殺されたのではなく憑かれて操られてしまい、殺人犯(友人2人&母親)として捕まえられ、
自分の無実を訴える獄内からの手紙でこの事件が噂として広まった、とかにした方がいいかも。
あるいは取り調べをした警官が家族に洩らしたとか。視点者がみな殺されるっていうのは都市伝説と
しては萎える要因だし。


127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 03:42
森井のくずきり知らんのか!

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 03:45
うまいの?森井のくずきり。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 03:55
美味いよ

130 :何処にいたって、人はつながっているのよ:02/08/04 04:19
>>109
リトルレインでもか?ほれ、ドアの隙間から覗いてる・・・

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 04:20
桂三枝のやつだな>くずきりのCM
おそらく関西圏だけで放映してたのだろう。

しかし、このスレでlainの名を見るとはな…

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 04:42
>>122
話がジジイの昔話みたいに長すぎなんだよ。もちっと簡単にまとめろ。
ダラダラひっぱんなヴォケ
あと「*田」とか伏せ字がウザイんだよ。仮名やAで十分だろがゴルァ




                  はぁ、スッキリヽ(´▽`)/

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 05:51
>>126
そうですね。
当事者が全員話せる状況にないのに(死んでたり施設にいたりして)
現場の話を描写できる理由付けは必要ですよね

以前に映画館で見た「パーフェクトストーム」を思い出した・・・

でも面白かったですね、残りの話も期待してます


134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 06:41
スレ違いかもしれないし、みなさんのように文章もうまく書けないのですが、
これは、4年ほど前に私が実際目撃したことです。

新宿の京王線ホームって地下にあって、改札から階段で地下のホームにおりて逝くのですが、
階段の途中の踊り場に片方の手か腕を怪我して包帯まいている人がいました。
私服の中年男性でたしか折り畳みガサを持っていたかな?
僕がトコトコとおりて、その踊り場につこうとしていたとき、その男が階段を踏み外したらしく、突然ダダダダーっと階段を落ちるようにかけおりて、
階段下のホームにおりかえし始発の電車を待つ5、6人の列につっこんでぶつかりホームに並んでいた人はなぎ倒されました。
キャーというこえが声がして、ヤバイ、線路におちる!!と思いましたが、幸い数人がホーム上で倒れただけですみました。
ぶつかった男はスミマセンと謝り、並んでいた人たちにもたいした怪我もなくその場は収まリ、
その数十秒後ホームに電車が入ってきました。

京王線の新宿駅を利用している方はわかると思いますが、ホームとホームの間には線路は一つしかありません。
つまり、もし誤ってホームに転落した場合逃げる場所がないのです。



135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 06:42
続き…


これはちょっとしたアクシデントでしたが、私は事件性を感じました。
私が目撃した限りでは、包帯をした男は足を踏み外すというより駆け足で階段を下っていったという感じでした。
しかも、はじめから電車を待列に目標を定め。
その様子を男が階段を掛けおりるのを始めからみたのはたぶん僕だけです。
包帯を巻いた腕の怪我も何かうそっぽかったし、目も少し逝っているような感じの男でした。

その後、なにごともなかったかのようにみな電車にのり、一連の出来事を階段の上の方からみた僕も電車にのりました。
私は駅員か警察に連絡しようかと思い発車をまつ電車のなかでしばら思い悩み、
ふと目をホームの方にやると、その男と目が合いました。
男はその電車に乗る様子もなくホームをうろうろしています。そして、つねに私の方をみているようでした。

やがて、電車は発車し男もやがて見えなくなりましたが、家についてもその夜は恐くて興奮していました。
結局、私の勝手な思い込みかもしれないし、何もなかった事件で大事になるのも
嫌だったので駅員にも警察にも相談しませんでした。

しかし、京王線に乗るといまでもその時のことを思い出します。
もし、線路に人が落ちていたらと……。
その時、私は証言するでしょうか。
この話を。


136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 06:52
まぁぶっちゃけ状況証拠にも程が有ろうと言う話だが

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 08:07
警察も事件が起きるまでは何もできないんだよね。
喧嘩ばっかりしてる嫁と姑とか世の中にはいっぱいいるけど
何も起きなきゃそれまでなんだよ

138 :中途半端にまとめてみた1:02/08/04 09:15
正確かどうかはわかりません。

荒崎海岸の洞窟
野比の幽霊病院
観音崎トンネル
猿島
城ヶ島公園岸壁
戦艦三笠
日野霊園傍
>横須賀

幽霊マンション・R134魔のカーブ
>横須賀三浦縦貫道路の終点付近

横浜・山手の南京墓地
>横浜

藤塚ICの近くのトンネル
>保土ヶ谷区

お化け階段・幽霊坂
>文京区弥生町

姿見の井戸
>東京都 練馬区

139 :中途半端にまとめてみた2:02/08/04 09:17
未整理場所

八高線の橋

鎌倉〜横浜間の山岳地帯

小田急線の鶴巻温泉と伊勢原の間の踏み切り

相模原の城山にある、岩井邸
大沢の養鶏所の裏

鎌倉〜横浜間の山岳地帯

南大沢の南多摩霊園周辺

青梅の吹上トンネル

小峰トンネル

新青梅街道のお地蔵様

国立=立川間の中央線の踏みきり

河原町団地

東秋留と秋川の間の踏切

池袋サンシャイン

松田と渋沢の間の旧道

140 :中途半端にまとめてみた3:02/08/04 09:18
未整理場所

相模湖

八王子中央病院

保土ヶ谷区児童遊園地

鎌倉の化粧坂

高尾山

新高円寺の堀之内斎場

東京都調布市多摩川5〜7丁目の多摩川の土手

八王子の八高線の鉄橋のちかくの夜中

神奈川県の箱根登山鉄道の大平台の駅の前の公衆電話

深静峡

141 :138:02/08/04 09:22
ごめんなさい。
張るとこ間違えました。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 09:24
>141
え、誤爆だったのか!?


143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 10:36
>>141
ちょっと待ってくれよ!
これ何のまとめなの??
俺の生活圏と一部オーバーラップしてるんですけど・・・・・
詳細聞いたら洒落にならなくなりますか????

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 10:46
>>141
ワラタ

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 10:58
>>141
見てる版同じだったんで分かったよ。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 12:29
>>143
心霊スッポトじゃない?
x全国的に有名所がカナリ入ってるし

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 12:34
0

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 13:12
>>122
コピペしていい?

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 13:51
>>132
なんだかんだ言っても、最後まで読んじゃったんだろ。
で・・・・ガクガクブルブルブルなんじゃね〜の?
おいらも然りじゃ。
投稿者・・・・あんたの話、陰湿すぎるって。
で、文章の区切り方がうまいんだよなぁ。
長いけど、全部読んじゃったもん。
「計算してない」って言ってるけど、絶対ウソじゃ。

>>126&133
そういうやり方もあるよなぁ。
でも、イメージ的には原文のほうがキツイよ。
正直、恥ずかしいけれど、予想外のラストだったのでマジびびりますた。
だめだ・・・・今夜夢に見そうだ・・・・
ああ、おいらって「根性ナシ」(鬱)

150 :投稿者@翌日です:02/08/04 14:00
おーおーおー、批評あるある(苦笑)
こんなに反応あると思わなかった。

>>「十分です・・・」さん
そんなに喜んでいただいても・・・・・(苦笑)
もしかして「ミンキーモモ」も読みました?

>>126&133 さん
そこまで頭が回りませんでした。創作力ないもんで。
そっちの結末のほうが怖かったかな?

>>132
すまんのぉ。全部読んじゃったのね。ありがとさんです。

>>148
よかです。どこへコピペ?
もしかして、例のHP管理者の方ですか?

>>149
いやいや。喜んで頂けてうれしいですわ。はい。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 14:04
調子に乗んなよゴルァ>150

152 :投稿者@翌日です2:02/08/04 14:05
あと、「森井のくずきり」解説してくださった皆さん、ありがとうデス。

それで、もうひとつ質問したいのですが、
「lain」って何ですか?
「レオン」とはちがうの?
おせーて下され。

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 14:13
(・∀・¥<どこにいたって、人は繋がっているのよ

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 14:22
キモイヲタアニメ >lain

これから恐怖話を書く奴は一行25文字程度で。
過去ログ倉庫が読みにくいんで


155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 14:30
(・∀・¥<うるせーばか

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 18:16
雑談がチョーウゼー
以前荒れまくった時もこんな感じで始まったんだよな、やれやれ

157 ::02/08/04 18:45
わかりやすスギ。

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 18:52
ageます

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 18:57

またアラシが始まるのかよ。
てめえら、つべこべ言ってないで、なんか話し書けやヴォケ。
クソヤロウドモ。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 18:58
というか君も話が無いのならレス付けない方が良いのではないかな?

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 19:24
>>76
ハエ話で思い出したけど、昔、ハエトリ草にハエあげたら、次ぎの日にハエトリ草が
閉じた隙間から、わんさか蛆が沸いて、ハエトリ草駄目になっちゃったよ。
子供心に蛆って、すげえ強い生命力だなって思ったよ。

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 19:39
ちょ、ちょーグロいじゃん、想像して悶えたYO

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 22:30
今やってるウルルンの内容ちょっと怖くないか?
ナチスドイツで双子を人工的につくる研究をしていた科学者が
戦犯として追われ、ブラジルに潜伏していたとき、
その科学者が逃亡していた地域では、今でも双子の発生率が高いって。


164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 22:38
ブラジルから来た少年age・・・ない

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 22:53
         rー、
    」´ ̄`lー) \
    T¨L |_/⌒/ ←ウイニングイレブン6買った奴
     `レ ̄`ヽ〈
       |  i__1
     _ゝ_/ ノ
      L__jイ´_ )
        |  イ
         |  ノ--、           r'⌒ヽ_
        ゝ、___ノ二7  /´ ̄l、_,/}:\  
         |ーi |   l_/ /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
        __〉 {      (T´ |1:::.  \_>、};;_」
       'ー‐┘       ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ} ←エスカレイヤー買ってしまった奴
               〈` ̄ ̄^`¬ノ .::〔 ̄´
                   1  ヽ   .:::レ  ヽ、
                |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 -- ...,,,__
        _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニア ー'´       ` ‐- ,,_
    , ‐ ´         └―'´                     ` ‐ 、


166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 23:31
卵を割ったら育ちかけでした。

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 23:54
>>166
ピータン

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/04 23:59
>>167

それを言うならバロットでわ

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 00:57
育ちかけをごはんにかけてくう

170 :某(nanigasi) ◆hsN4.bZQ :02/08/05 01:16
よくニュースでやってる三重県の宮川が俺の家の近くなんです
最近川の事故多いっしょ?? ウチの近くも今年で結構死んでるんですわ
そうなんやけど・・その事故起きるとこがいつも同じとこなんですよ
なんかあるのかな・・・・??

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 01:22
そりゃ普通に「危ない」んだろ
市役所にもっと河川整備しろって働きかけろよ

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 01:36
ある地方都市に出張に行った時の話。
毎朝ジョギングをするのを日課にしてるオレは、出先でも早起きして
ホテルの周囲を走ることにしている。その日も6時過ぎに起きて朝食前に
体を動かそうと外に出た。
地理が分からないのでとりあえず公園を見つけてその中を走ることにした。
朝早いのでまだ人がほとんどいなかったが、何周目かでベビーカーを押したお婆さんが
目に入った。何度か同じ所を走るうちにそのお婆さんと孫と思しき2人の近くを
通ることになった。その時、2人の会話?が耳に入ってきた。
「陽子、もう帰ろう」「はい、分かりました」

汗をぬぐうフリをして瞬間振り返るとベビーカーの中にいたのはしわくちゃの赤ん坊だった。
お婆さんと思っていた女の人は白髪でやつれてはいたが実は40才過ぎぐらいだった気がする。
オレは見てはいけないものを見た気がしてすぐにホテルに帰った。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 01:39
続くのか?

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 01:41
斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!


>>35
ワラタ

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 01:41
もう糸冬わり。後日談なしスマソ

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 01:50
老け顔の女性見て怖かったって言う話か

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 02:13
結局、「マイナスドライバー」より票を集めた話は
あれからあったんでしょうか?

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 02:32
プラスドライバーじゃないかな?

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 02:38
>>176
チガウダロ!

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 03:00
一昨日、起きた話。
友人と、今二人同時にやってるゲームの新発見についてデンワで語ってたら、
突然、友人がデンワの向こうで叫んだんです。
そいつは一人暮らしなのでなんかあったのか!?と思い、
必死で「もしもし!どうした!?」と言っていたら、
「ゴキがでた」。
人騒がせな奴だ全く。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 03:15
「なんだこのゴキブ、ザァァァァ」「でかい、1メート、ザァァァァ」「く、来るな。違う、くそ、死ね」「うわ、うわぁ、うわぁぁぁぁぁ、ザァァァァァ」
「ツーツーツーツー・・・」

それ以来奴には会っていない。

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 03:52
>>181
それ以来って、一昨日の話だろがよッ

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 04:29
悪い、一昨年の書き間違いだ

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 07:03
>ttps://enter.nifty.com/iw/nifty/ffortw/lib/2/123.html
>「おじゃま道草」はヤバいです。興味本位で読むことはお勧めできません。
>一応「鍵」は外してありますが、特に霊感の発達した方で感応してしまった時に
>自分で対処できない人は絶対に読まないで下さい。
>また伏せ字になっている「鍵にからむ言葉」を想像しないでください。
>もし読んだあとで何かの影響を感じた場合は日蓮宗のお寺とか神社などで
>お祓いを受けてください。 …だそうです

>@niftyのIDがないとここの怪談読めないんですけども、ちなみに読んでないです

誰かこれ読んで来て

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 07:22
          /:.´`´`´`\ 
         /:::. / :: \ヽ
         |:::.  ●  ● |  
         (6.  \___/|     
         ヽ    \/ /
          \____/
           / `ー-1'
     ,r''" ̄~`r'"~::`ー--‐^ー-、_
    i!     ,!   ~~`i: i"    `:、
    !、-―-、/      i: i    i:  ヽ
    //:::::::::::/ゞ、  __,,.j i、_   !ー'T
   f-'::::::::,'^!'''"~`T;:;:;::;;:;:| |;:;:::::_ィ:::::::::ヽ
  r"~~`ヾ/ ヾ' ( ( ;:三三三ミヾi`、::::::::ゝ
  | _ ,/   i!;彡-''"i~ r⌒i、`y! Y''" 」
  ,i!~ ミ;i!    |--―''ゝ-ゝ-'-Y |  t''"_,!
  | |:::::::ノ    /~ ̄ ̄`ー―-‐'''ヽ  `{~::::::ヽ
  !,,.... `!   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  ヾ,.:::::ヽ
  ゞ,r-J   i::_;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    ヾr‐ヽ
  |_|:/    ,.ゝ  ~`ヾ、:::::::::::;:r'"`|     `lJヾ!
  ヽ⊃    i!       i::::;/   |       ヾJl
        |      /-r     |

みずしな考えがこのスレに並々ならぬ興味を示しています


186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 08:10
>>184

そのURLは、ニフティの<占いフォーラム・西洋&ソフト>の、データライブラリ2番「トピック,資料,読み物 (テキスト) 」
ですが、123番は欠番で、該当する文書はありませんでした。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 08:35
ぐぐって
http://www.google.com/search?q=%82%A8%82%B6%82%E1%82%DC%93%B9%91%90&ie=Shift_JIS&hl=ja&lr=
しか引っ掛からないってのもなぁ。
ちなみにコピペ元のようだが。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 11:41
                         _,-‐''''''''ー-、
             __         / , -‐'''''''''ー-、`ヽ,          __,,...、
       _,. -_‐=Z._-、,...`ヽ,/ ` - 、 //_,,...,      ヽ, l        i",i  >-‐'''''ヽ、
     ,∠-=ー'~,.‐- ' /  ~フ,ノ     `'"~   |___    ',.|       i'('-)v'"   ''''''''''''`''''ー、
   /ー'~   `ー''''7-‐'''"            |.  |    }!      /i//ヽ、-`ー- 、..,,ー、,,,_  `ゝ
  /{      _...,-"                |  、 |~ヽ、 "      / // !ヾ、     ヽ `ヽ`>,/"
 / `ー---一'"./ /   /  _,/  _/      /   ヾ;>、!ミ,、     く,//l|   l ヽ     \ `>
 !       _,.-|/{    |-//-、<,    ,ィ' /     \ヽ!,\    //ヽ|   .| ヽ     \'
 `ー--,一'''" / ,!'ヽ .\/,!-=テ=く、i   //..,.イ  ノ    .ヽl 、'゙ヽ   //  L、  |  ヽ     /
   /   //  ,.|ヽ, {.l|i"ー'."::},'.レ '" ∠'"、|゙メ     | } l l  .|  //    ヽ、|~~`'l_,,.....--‐'
  ./,'  //,.'  {.| ゙t`.ヾ、;;;;メ'    /!,ノ,`))/_,. ,  .ィ ノ、U ノ| //
  |'  ///'" ,/ノ|. ,ト!. ``ヽ ゙ , ._ . .ゞ;_"メノ'___,../ ,/!<._ `ー' ノ'/
  |  ,イ~ ,i'{ /-メ,|. ,!ベ_、..、  |  フ ``ヾ"/~7ノ-'‐'"  ヽ>-‐^)/
  { ./i,{   .{/("~ゝl /-`-'-..ミ─ト-' __.....- 1 ,/  iヾ、  /" --‐'‐'‐`)
  ヽl| ヾ、_,  ` 〉/"  ー -`'、`'ニ"l,._ノ'ヽ | {、、`!ヽ、-iへ,     ク




189 :乳タイプ:02/08/05 14:21
Part15 訂正「笑う子供」

190 :乳タイプ:02/08/05 14:29
友達の怖い話
仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃はけっこうヤンチャなやつ。ホントにおばけなんかいるのか?じゃあ、ためしてみようなんて。
たとえば、夜中の防空壕、沖縄には今でも白骨化した死体とかけっこう残ってて、夜中にオバケが写そうと友人にカメラ向けてピースで写真を撮ったり、夜中2時くらいに、海で泳いで友人にカメラもたせて映せとか、結局(何もなかった)と言ってた。そんな肝っ玉優れたやつ。


191 :乳タイプ:02/08/05 14:30
で、ある日、悪友達連れて車3台連れて夜中ドライブに行ったんだって。
立ち入り禁止の波止場に入っていって夏だから花火とかして酒飲みながら遊んでた。鞍馬のヘッドライトの先、海の中10メートルくらい先に5〜6人いて一人が「誰か溺れてる!」って叫んだ!
見れば子供が1人あっぷあっぷしてる。
「えーどこ見えないよー」「いるだろあそこ」
そのうちの一人が誰か呼んでくるって近くの民家に走っていった。
「早く助けないと!」「どこ?どこにいるの?」そんなやりとりをしてるうちに、むこうからオジサンと助けを呼びに行ったやつが走ってくる。
「お前たちここは立ち入り禁止だろ!!」そのオジサンは漁師で今にも救出しようとして服むいでるやつにむかって「やめろ!!!」叫んでる。
「いや、でも子供が・・・」
漁師のおっさんは、なんか必死に止めようとしてる。
???
その状況はというと子供が溺れてる。6人中3人は見える。他のやつには見えない。
漁師「見えるのか?」
「だっているだろ。早く助けなきゃ!!」目の前10メートル先くらいに確かにいる。
「どこ?いないよ?見えない。」漁師のおっさんが「じゃあ見える奴。アイツの顔見てみろ」
「あのこども助けを求めてるように見えるか?」
よ〜く見ると「ううん・・笑ってる」
漁師「いるんだよ・・お前たちみたいな奴らが助けに飛び込んで引き込まれるんだ」
「そして、そんな状況で水死体があがるんだよ・・・」だからいつもここは関係者以外立ち入り禁止にしてるんだ。」


192 :乳タイプ:02/08/05 14:37
追加文。最近くわしく聞いたら8人いてその内2人が観えてたらしい。
車のヘッドライトあてて、すぐ5〜10メートル先に子供が溺れてるのがみえてたみたいで
一人が民家に走って救急車呼びに走った。

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 14:39
子供笑ってるってのが嫌、、、。

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 14:39
さんざん既出なんですが?
そのともだちって誰?
嘘っぺー具体的な数値出してるのがより嘘っぺー


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 14:42
もう終わってる話だろ。今さら訂正なんかする意味あんのかよ

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 14:42
あ、ゴメン、既出って言うか俺が以前同じような話しをさんざん読んだだけだわ

197 :乳タイプ:02/08/05 14:45
そしたら漁師のオヤジがすごい勢いで走ってきて、はあはあ息きらして無理やり引き止めて「とびこむな!!!ひきこまれるぞ!」って
怒鳴った。観えるやつはもう服をぬいで救出はだか状態。

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 14:46
子どもがおぼれていても
民家の人がくるまで助けない人たち

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 14:48
乳タイプ=アルツハイマー

200 :乳タイプ:02/08/05 14:52
聞くとよくそういう状況で「救急車呼んでくれ!」ってかけこんでくるらしい。
でも、「ひきずりこまれてな・・・そんな連中の水死体がよくあがるんだ・・」
とつぶやいたそうな。見たら花と線香がそなえてあった。
かなりやばい所で遊んでたようだ。

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 15:13
交差点があれば事故があり、防波堤があれば水死者ぐらい当たり前なんだよ。
花と線香ぐらいでガタガタ騒ぐなやボケェ!!

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 15:16
イマドキ携帯も持ってないのか…

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 15:17
>>202
ケンガイ

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 15:31
大学生の男女5人が山で遭難した。
決死の捜索も空しく、発見できたのは捜索を始めて1ヶ月後だった。
彼らは山奥の山荘に居た。無残な姿で。

山荘の中は凄惨たる景色だった。
壁一面に塗りたくられた血。
正面の壁に打ち付けられた男らしきぐちょぐちょの死体。
壁の四隅に置かれた頭。
その中心に女が座って、笑っていた。
女の右手にはフォークが握られており、血だらけであった。


この事件は結果だけしかわかっておらず、
この山荘で何があったのか、全くわかっていない。
もしこのスレにいる人で事実を知る人、
何があったのか予想できるという人は、詳細を書き込んで欲しい。
一刻も早くこの事件を解かねばならんのだ。
・・・彼女の為に。

205 :177:02/08/05 15:41
>>204
女は生きてたってこと?

206 :205:02/08/05 15:42
ごめん、177は別スレで書いたのを消すの忘れてた

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 16:01
>>205
女は生きていた。
その場に転がっていた死体は4つ。
壁に打ち付けられた男。
四肢を切断された男女2人。
そして、腕。腕が一本転がっていた。
あきらかに他の死体と数が合わない。
もう一つあるはずの死体はなく、腕だけがあったのだ。

生き残った女は今も保護している。
未だに奇妙な笑いを続けており、涎を垂らす様である。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 16:06
つまんね、次

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 16:08
母「おい、おまいら!!夕食ができますた。リビングに集合しる」
父「ネタ詳細キボンヌ!」
母「今日は、すき焼きですが、何か?」
兄「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!」
妹「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!」
姉「>兄>妹 ケコーン」
兄「>妹(;´Д`)ハァハァ…」
妹「キモイヨ━!!」
姉「RRは逝ってよし」
母「オマエモナー」
父「--------終了-------」
兄「--------再開-------」
妹「再開すな!ボケが。それより肉うぷキボン」
母「しらたきうp」
兄「野菜age」
母「↑誤爆スマソ」
兄「野菜age」
父「ほらよ>家族」
妹「神降臨!!」


210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 16:08
兄「野菜age」
妹「肉ねーよ!!」
兄「野菜age」
父「肉ねーよ!!」
兄「野菜age」
母「ジサクジエンカコワルイ」
兄「野菜age」
姉「野菜age厨uzeeeeeeeeeeee!!」
母「ageっていれればあがると思ってるヤシはドキュソ」
爺「すき焼きは卵がないと(肉を美味しく食べるのは)難しい」
セールス「イタイ家族がいるのはこの家ですか?」
兄「野菜age」
妹「兄必死だな(w」
セールス「そんな事よりきいてくれよ一家よ。すき焼きとは関係ないけどさ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)」

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 16:09
>>204
答えきぼーん

212 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/05 17:02
>>209-210
どこから出たんだろ?ワロタ

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/05 17:09
>>212
こちらでござる
http://ex.2ch.net/entrance/kako/1020/10204/1020485718.html

214 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/05 19:14
213さんありがとう(・∀・)♪

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 01:58
野菜age

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 02:00
肉ねーよ

217 :age:02/08/06 04:46
age

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 06:01
いいかげん2ちゃん用語ってやめたほうが、、、

フェイスマークに近いもんあるよね^^

219 :実話っち。:02/08/06 07:39
厨房のときの話。
親が家を留守にした日、うちは俺とばあちゃんの二人だけになったの。
で、男だけで山の神祭る行事のうちあわせで近所の子のうちに出かけてた。(このとき当然家にばあちゃん一人きり)

夜になって、打ち合わせしてる友人宅にばあちゃんから電話がかかってきて、「なんか家がおかしい」って言うの。
だから自宅に帰ったら、「さっきから家の戸(夜は鎧戸を立てている)がドンドン叩かれてる。」とのこと。
しばらくしたら、裏の鎧戸が『ドガーン!』とものすごい音を立てた。
それが数回続いた後、2階で誰かが歩いているような『ギィ・・・・・・・・ギイ・・・・・・・』と軋む音。
泥棒かもと思い、1m物差しひっつかんで2階に行きますた。

で、誰もいない。
2回の部屋一通り調べたが何も見つからず。
ところが、下りようと階段まで戻ったとき、また『ギィ・・・・・・・・ギイ・・・・・・・』。
今度は左手のカーテンかかった窓の外(屋根の上)から聞こえる。
思い切ってカーテン引いて外を見たが、そこにあったのは夜の帳のみ。
さっきの探索で鍵が全てかかっていたのは確認したから、もうメチャ怖くなって下へ行きますた。


220 :実話っち。:02/08/06 07:39
怖かったので隣のうちのおっさんに頼んで一緒に家の周りを見てもらったが異常なし。
おっさんが帰っていって、「どうしよう・・・。」と話していたとき。

「バタバタバタバタバタバタバタバタ!」

家の端から端まで、天井裏をすごい勢いで駆け回る足音!
天井裏は部屋とか関係なしにつながってるんだと思うが、一番向こうの部屋からこっちの部屋まで
めちゃくちゃに移動するような音でした。

もうビビリまくってその日はばあちゃんの妹宅にお泊り。

ここまで変なことはこれっきりだったが、あと他にも昔は玄関のチャイムが誰もいないのによく鳴ったなあ。
押し売りのときに鳴って追い返せたときは「ナイスタイミン、チャイムッ!」と思わず誉めてしまった。
こっちはどうも配線の接触不良が原因らしい。

das ende


221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 08:17
実家が寺なんだけどさ、あかずの間があるのさ。
子供の頃から気になってたけど、肺結核で死んだ人を隔離した
部屋だからあかずの間にしてる、病気になるから
あけちゃダメって言われてたのさ。でも大人になってから
いくらなんでも結核菌単体で生き残ってるわけないしなぁ…
って気づいてコソーリ入ってみたのさ。
思った以上にきちんと片付けられていて、埃が積もってるくらいで
ちゃんと窓から光もはいってるし、さして怖い感じの部屋じゃなかった
んだよ。子供の頃は前を通るのも怖かったのになぁって、なんか
拍子抜けで・・・


222 :221:02/08/06 08:23
したら部屋のおくに、長い髪の女性がいるじゃありませんか!
めちゃくちゃぎょっとしてあわてたさ。いったん部屋を飛び出して
ぜいぜいいったあと、あわてて茶の間に戻ってみのさんのTVを
みて心を落ち着かせたのさ。みのもんたのトークの俗っぽさに比べ、
なんだかその長い髪の女の姿が異様に非現実的に思えてきて。

223 :221:02/08/06 08:30
よせばいいのにもう一度のぞきにいったんだよ。とても現実とは
思えなくてね。
したらまだいたんだよ、彼女。人形だったんだよ、よくできた生人形。
なんだぁ!おどかしやがって…正直ほっとしてやっと部屋を見回す
余裕ができたんだよ。油絵がたくさんあって、昔はオイルが臭かった
って母親が言ってたなぁっておぼろげに思い出したよ。
だんだん度胸もでてきて、あの人形をしげしげ眺めることができる
ようになったんだ。実に良くできた人形で…ほら、わかるだろ?
年甲斐もなくめくってみたくなったんだよ、着物の裾を。

224 :221:02/08/06 08:36
朱鷺色の伊達巻までちゃんと着ててさ、おおっ!って思って
◎をみたらさ…あったんだよ!おまむこ!!!!!!!!!!
正確に言うと穴があいててさ、そこに竹筒があって、布が螺旋状に
詰め込まれていたんだよ。予想だけど、そこにお湯でもしみ込ませて
挿入してたんだろうね。ああ…結核でお嫁さんもらえなかった人が
いて、これを奥さんにしてたんだろうなぁって。

225 :221:02/08/06 08:54
なんだか貞操観念の強かった時代の人妻を無理やり陵辱したような罪悪感
にとらわれて、ごめんなーって。きちんと元通りにしてやって。その日は
もう夜遅くなってしまってたんで、風呂入ってメシ食ってぐっすり寝たんだ。
んで次の日、妹のマイナスイオンブラシ持って、おわびに髪でもすいて
やろうって、またあかずの間に入ったんだ。
したらさ…口からなんか出てるの。舌を噛んでるみたいな…ぐるぐるとした
茶色状のものがでてるの…なんじゃこりゃ!!!!!って思ったけど、ここで
逃げると余計怖くなるって思って勇気を出して近づいてみたんだよ。
案の定、包帯みたいなただの布で、よかった!!!昨日触った拍子に出ちゃった
んだなぁって思って首をもったとたんに…首もげちゃったんだよぉ!!!!
正確に言うと、首の下から包帯に巻かれた骨がぷら〜んってぶら下がってたんだ。

寺だろ?うち。たぶん若くして死んだおねぇちゃんかなんかの死体を
掘り起こして人形にして・・・奥さんにしてたんじゃないかな。

指・・・入れなきゃ良かった。

226 :午後 ◆kJSZVFLw :02/08/06 08:57
〜「音」の恐怖、潜入!坪野鉱泉〜

大学生になって初めての夏休みの時
俺は故郷である富山県に同郷の友人であるF川と帰省した
ひさしぶりに帰った実家でまったりとしていたが
実は俺達には目的があった
心霊スポットとして有名な「坪野鉱泉」を探検する事だった
夜中の一時頃親にはきちんと話していたので
普通に家の前で懐中電灯とカメラを用意して待っていた
3分ほどしてF川がやってきたので、すぐに俺の車に乗り込み出発した
坪野鉱泉はかなり山奥にあり、本当に真っ暗な道を進んでいった
そして目的地に向かう途中で第一の事件は起こった!
その時CDをかけて運転していたのだが(ロッキー3のサントラ)
突然音楽が乱れ「ギュィィーーーー、ィィーー」
という奇妙な音が出始めた
運転していた俺は気持ち悪くなって「ちょっと、(CD)止めて」と言うと






227 :午後 ◆kJSZVFLw :02/08/06 08:58
F川がCDを出すとその奇妙な音は止まった
俺がF川に「何かCDに傷とかついとる?」
(すいません、その時を忠実に再現したいのでたまに富山弁を使用します)
と聞くと
F川は「いや、ついてないぞ」
と言うので、気持ち悪いと思いながらラジオに変えた
そしてさらに奥深くへ入っていくと
街灯は一つもなく、広がるのは
闇!闇!闇!闇のみだった
しばらく進んでカーブにさしかかった
そして曲がりきり直線に戻ったとき
白っぽいモノが道の真ん中に落ちているのに気づいた
俺は「何だありゃあ?」と思い
車のスピードを緩めた
そして近くまで来た瞬間!
急にその白いモノが地面を這う様な感じで
「ガサガサガサ」といった感じで横の草むらに入っていった
驚いた俺は「ネズミじゃねえか?」
とF川に言うとF川は
「違うって、だってネズミだったら、なんであんなにでかいんだよ」
俺は「それもそうだな、じゃあ何だろう」と思い、車をまた発進させた

228 :午後 ◆kJSZVFLw :02/08/06 08:58
色々あったがとりあえず目的地である
「坪野鉱泉」に到着した
今までも廃墟はいくつか行ったけど
本当に「気持ち悪い」と思った
まず入り口から中に入ったが
奥は真っ暗で何も見えない
とりあえずそこで一枚写真を撮った
フラッシが光った瞬間
鳥の鳴き声の様なモノが聞こえた様な気がして
「変な音せんかったか?」
とF川に聞くと
「おお、キュゥウって聞こえた」と怯えながら言う
奥へ歩いていくと、奇妙な落書きが多く
そっちも恐かったが
なにより恐怖だったのが、F川には聞こえてなかったのか気にしてなかったが
俺は常に「ボー・・・・ボー」と汽笛の様な音が
かすかに聞こえていたのがわかった
そして俺達はかの有名なプール跡地についた
そこで俺達は最大の恐怖を味わうことになった!


229 :午後 ◆kJSZVFLw :02/08/06 08:59
坪野鉱泉にはいくつか掟があるらしいが
1-自分の車は使わない
2-ドアを開く時に注意
3-1人になってはいけない
4-名前を言ってはいけない
等がある
その中でも特に4番だけは守らなければならない
と言うことを俺はこの体験を得て言いたい
では本題にもどります

プールについた俺達は
周りを回ってみることにした
変に暖かい風に警戒して
何もおこらないことを確認し
プールの入り口まで戻った
少し恐怖に慣れた俺は、調子に乗り
あろうことかワザと掟をやぶってF川の名を呼んだ
「帰るか!F川」少し大きめの声でその言葉を言い終わった瞬間!
後ろの暗闇の方で無理やり鼻をすすったような音で
「ジュル!ジュルジュル!ジュル!」という音がした
その音で固まってしまった俺達が立ちすくんでいると
暗闇から俺達の前を白い大きなモノがスーっと
通り過ぎていった(これは間違いなく見た!)
固まりが解けた俺達は早歩きで
ワザと別の話題を話しながら帰った


230 :音速の名無しさん:02/08/06 09:12
ネタだったとしても、マジでこえーよ(汗
ttp://www5.plala.or.jp/pentagon/blacklist-1.html


231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 10:47
>>228
フラッシが光っし

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 10:57
>>228
坪野はねえ…
世界のギボアイコも、侵入を嫌がったって言うし…

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 12:03
>>221-225
ちょっと悲しい話だな。寺がそんなことやっちゃいかんとは思うが

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 12:59
>>午後

正確な年は、いついったの?

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 13:15
>>221-225
夫婦か婚約中かで二人とも結核になって、奥さんの方が早くに亡くなって…
それで、奥さんの遺骨を芯にして人形を作ったんじゃないかな?
いずれにしろ物悲しい話だな…

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 13:28
夕べあったこと。(死ぬほど洒落にならないわけでもないが)

昨日はずっと頭痛がしていて、具合があまりよくなかった。
でいつもより早めに布団に入ったんだけど、なかなか寝付けない。
窓ガラスに虫が当たるような音を聞きながら、ウトウトしていた。
浅い眠りの中で夢を見ていた。
夢の内容は覚えていないが、寝ているのか起きているのか分からない中途半端な状態の時、
布団の足もとに積んである雑誌の山が崩れるような音がした。
それと一緒に、ビニールにいれたひとつかみの小銭が畳に落ちる音も。
そして、その小銭のじゃらじゃらという音は、足下からわたしの体の左側を通って頭上に移動した。
一瞬「ネコか?」と思ったが、ネコの首輪につけている鈴の音がしなかった。

次の瞬間、頭上で「ざかざかざかざかっっ!!!」と畳の上を激しく動く物音がした。
なにか丸いものがすぐ頭の上で暴れてるような音。
そこで完全に目が覚め、暗闇の中、頭上の畳を確認したが、なにもない・・・。
電気スタンドのスイッチをいれ、メガネをかけ確認したが、なにもない・・・。

そして足もとも確認したが、雑誌は積まれていなかった。
ビニールにいれた小銭もなかった。

普通夢の中の音だったら、脳で聞く感じなのだが、その「ざかざかざかざかっっ!!!」という音は、
しっかりこの耳で聞いた音だった。
夢であることを願いたいが、あの耳で聞いた音はものすごくリアルだったなぁ・・・。

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 13:36
はやくミンキモモよみたいな・・・

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 18:33
数年前のIBM製HDD入れてる人は、ぼちぼち飛ぶ時期。
あっちこっちでガコガコ鳴る怪音報告がでてるようだけど
変な音が鳴り出したら逝く寸前です。
洒落にならないよマジで。Rに焼くにしてもえらい量になるし。

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 20:28
UFOとHDDは飛ぶものです(涙

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 21:46
誰かどっかの大学の山岳部の話知らない?
かまいたちで死んだらしいが・・・「ばあされ」とかいう呪文を唱える話。
あれはかなり怖かった

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 21:48
http://www.sol.dti.ne.jp/~taizen/yurei/die.htm
暑いね。これで少し涼もう。  ALT+F4で抜けれるよ

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 21:51
>>241
涼んだ。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 22:57
私は、呪われています。
私の先祖が一人の男を蹴落として事業に成功し、その男は、私の先祖の非難を苦に自殺した。
男の遺書に残された最後の言葉
「七代先まで呪ってやる」
この言葉は、今まで私を不幸のどん底に陥れてきた。
いじめ、迫害、病気、事故・・・
あらゆる災難に遭い、精神を破壊され、子供の頃は、その度にあの男が夢に出た。
夢枕に立って、必ず言う言葉。
「お前が七代目だ」
そう、私は七代目。
呪いを受ける
最後の子孫

大人になった今、
私のお腹には、子供がいる。
私が耐え切れば、きっとこの子には幸せが待っている。
そう・・・信じていた。
最近、またあの男が夢に出る。
昔と同じ、必ず言う言葉。
「お前が七代目だ」
そう、私は七代目。
呪いを受ける・・・最後の・・・・子孫?

今日もまた、男が夢に出た。
・・・
「お前が七代目だ」

「お前で・・・終わりだ!」
私の子供・・・

生まれることの無い・・・私の子供・・・・・・

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/06 23:03
「末代まで祟る」って昔の怪談でよく言うけど今は子供産まない夫婦や
一度も結婚しない人も多いからあっというまに願いが叶うね(w

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 00:22
「お邪魔道草」ってどんな話さ?
niftyID取るの面倒だし誰か貼ってくれないかなー

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 00:27
どれみが学校から帰る途中オタに輪姦される話だよ

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 00:49
なんか先週くらいから急に体中、あちこちが痒くなったんで
ボリボリ掻き毟ってたら皮膚ぼろぼろになった。
掻き毟るたびに皮膚の欠片がぱらぱら落ちるし、掻いた
跡は表面を粘液が覆ってる。
このままヘンな生き物になっちゃいそうで怖いYO!

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:06
それって・・・・

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:19
>>237&248
??????

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:26
ばいお はずあぁぁぁど

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:26
かゆ

うま

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:27
かぎをわたしや

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:28
>>238
逝っちゃう前に、早めにバックアップ取ったほうがいいよ。
俺のようにならないことを祈る。
(20GBのデータ入りのHDDがつい最近あぼーん)

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 01:38
>>245
ttp://www3.justnet.ne.jp/~sitta_europaea/ariuru-0.html
道草怪談「負の結界」はすでに封印されました。

なんか削除されたらしい

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 02:20
>>250
サンクス。

>>251&252
???????????

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 02:48
うちの娘6歳は、3歳頃から いよ という見えない女の子と
よく遊んでいました

先週久々に福島のお墓に行ってびっくり
墓石に40年程前に死んだ 伊予 という仏様の名前が彫ってありました
ぐうぜんかとおもいますが、、、

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 03:00
おじゃま道草はほんのりスレに貼ってあったよ。
そのいくつかは忘れたけど。

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 04:17
私が中学生の時の話です。
夜の10時くらいに親と喧嘩をして、思わず家を飛び出しました。
行く当てのない私は、今思うとなぜ?と言うような学校に行来ました。
校舎とは少し離れた所に有るプレハブの美術室の外に座って
親との喧嘩の事を考えていると、「かさ かさ かさ」と言う
音が聞こえてくるんです。誰かが歩いているような。
でも、人間の足音にしては軽すぎるんです。
その音がだんだん近付いて来てるので、恐くなってその場を離れ
校舎の中に入りました。
三階にある自分の教室に入り、電気をつけ机に顔をうずめていると
いつの間にか寝てしまったらしく、黒板の上にある時計は
夜中の2時をさしていました。
真夏で窓を開けていたためものすごい量の蚊にくわれて
足首が真っ赤に腫れていました。
このままここにいてもしょうがないので家に帰ろうと
立ち上がった時、左の窓の1部に女の子が写ってるのが見えるんです。
自分の姿が窓に写ってるんだろうと思って動いてみたけど
その窓の子は動かないんです。
その時は恐いという意識はなくそのまま1階まで降り
玄関から出ようとしたらカギが閉まっていて出れないんです。
仕方なく窓から外に出たのですが、その時に体育館の方で
バスケットをやってる音が聞こえてきました。
「ああ、夜まで部活やってるなんて大変だな。」と思ったんですが
後で考えると夜中の2時にやってませんよね・・・。
次の日学校に来ると、壁に原爆写真がたくさん貼ってありました。
昨日の夜中はそれにまったく気付きませんでしたが・・。

259 :おじゃま道草は:02/08/07 04:29
ほんのりと恐い話スレ、その5〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10163/1016348927.html
の506〜548参照

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 05:44
死人を火葬場で骨にする時炎の熱さで、ごくたまに生き返る人がいるらしい。でも死亡届が出てるから死人扱いしてそのまま焼いちゃうの。棺を開けると蓋を爪でガリガリ引っ掻いた跡があるらしいよ。可哀相で涙が出た…

261 :銅鑼衛門:02/08/07 05:46
棺は跡形も・・・

262 :260:02/08/07 05:52
>>261.失礼しました。棺じゃなかったっけ…?亡くなった人を入れる棺“みたいな”入れ物って事でOKかな?

263 :東東京市:02/08/07 06:02
生き返った人を焼いちゃうって話は筒井康隆の「家族百景」って小説に
アリマス。「亡母渇仰」っていう章ね。

264 :260:02/08/07 06:12
>>263.そーなんだぁ。小説の中の架空の話ならいいね。実際はどうなんだろう。親友のお母さんが亡くなった時、親友が葬儀屋から忠告されたんだって。「もし生き返っても出す事は出来ません」って。ショックだなあ…

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 06:13
結構有名な話です
かずお(男)とまゆみ(女)は周りから見てもお似合いのカップルでした。二人が付き合い始めて三年が経つ頃二人は大学を卒業しました。
まゆみは大学の親友のようこ(女)と同じ会社に就職し、そろそろ結婚したいと話していたやさきでした。まゆみに不幸がおきたのは。
ようことのみにいった帰りに酔っ払って川に落ち、死んでしまったんです。川に落ちたといっても道から落ちるとコンクリの土手に先に当たって
大怪我したまま川に落ちる為、泳げるはずのまゆみも死んでしまったのです。ようこからまゆみが結婚したがってた事等を聞き、
かずおは悲しみ、落ち込みました。ようこは責任を感じてかずおを励ますよう努力しました。そして二人はいつしか付き合う様になっていました。
まゆみの死後三年がたつとかずおとようこは結婚して、女の子が生まれました。二人はその子にさつきと名づけ、かわいがりました。
だが、さつきはあの、死んだまゆみに似ていたのです。だがかずおはまゆみの事などさつきには一切話しませんでした。
ある日かずおとさつきが二人でいる時こう思いました。「さつきはどんどんまゆみに似てくる。ようこも気付いているだろうな」
するとさつきが言ったのです。「ようこは私を殺す気よ、あの時みたいにね」

この話は名前だけ違う同じ様な話がいろんな所で広まっているみたいなので
知ってる人も多いかもしれません。


266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 06:26
>>260だから、棺桶も一緒に跡形も無く燃えてしまうのにどこの蓋の裏に爪跡が残るの?
それに死亡届けが出ているから生き返っても殺すなんて事あるわけないでしょ!

267 :東東京市:02/08/07 06:41
土葬されているトコロ(海外)で、事情あって棺を掘り起こしてみたら
がりがりって跡が、という話は実話で聞いたことある。
修行者の断食修行で自分を土中に埋めさせるっていうのも、途中で「
ヤパーリやめ」とか思ってもどうしようもないな。コワい!
ネタなしカキコスマソ。

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 06:51
>>266 聞いた話をカキコしただけ。それをそんなにムキになるんなら葬儀屋にでも行って確かめてくればぁ?プ

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 06:53
>265
元恋人が娘に生まれ変わったんなら娘と近親相姦で(゚д゚)ウマーなことになるかも・・・

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 07:07
>>268
ついに捨て台詞か

271 :ウラン:02/08/07 07:19
>>268.  270はお前の話が恐すぎて狂ってしまった。喧嘩はやめて病院連れてってやろうぜ

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 07:33
260=268=271自作自演ケテーイ!

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 07:55
>>271 病人と一緒に歩くのなんて恥ずかしいんだよ!あんたが連れてけば!

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 07:55
>>271 病人と一緒に歩くのなんて恥ずかしいんだよ!あんたが連れてけば!

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 07:56
「話した人が死ぬ話」
この話は聞いただけではなんにも起きませんが誰かに話したら話した人が死ぬという話です。

それは、あrdbzs

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 07:59
おい!どうした?275!

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 08:06
好きになった子に電話した。もちろん告白の。出たのがそのこの彼氏だった。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 08:08
余計なお世話。あんたが連れてけば。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 08:12
>>271
最悪板のウランか?お前って引きこもりだったの?

280 :ウラン:02/08/07 08:29
俺の会社は出勤時間が遅い。ちなみに今日は休みだ。引きこもる暇なんかねーさ。のんびりしてーな(鬱

281 ::02/08/07 09:06
火葬の時生き返ると中でゴトゴト音がするらしい・・・。
窓がある火葬場だと良く見えるらしい。
ちなみにスルメのごとく起きあがるってことはよくあります(これは死んでます)。

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 10:02
火葬場で生き返ることは医学的に有り得ないよ
葬儀屋の人に聞いてみ

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 12:02
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 12:29
つーか>>275
大丈夫か?続きをたのむ

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 12:36
じゃ、漏れこの話知ってるから代わりに話すよ。

江戸末期のこと。
ある夜三人の男が誘い合わせて夜釣りに行った。
一人が川に落ちて行方不明になった。
残った二人で残された家族にいってやればいいのかと悩みながら、行方不明の男の家にいくと、
不思議そうな顔でそこのおかみさんが出てきた。
「うちの人?とっくに帰ってきてますよ?」


286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 12:39
驚いた二人が駆け上がると、いなくなった男が火鉢のまえにすわっている。
無事だったかと安心した二人に、男はどうしても話しておきたいことがある、
けれどもこれから話す話は絶対誰にもいってはいけない、命にかかわるから
他言は無用だと釘をさした。
二人は承知した。
男は落ち着かない様子ではなしけkてんkぼdbhんpりhbprhjp

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 12:39
こわっ

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 12:40
焼かれる過程で、筋肉が収縮して腕だのが動くってのは
あるらしーけどね。
それで、「動いた!生きてるYO」って思った人が焼き場の
人に言っても、当然止めないから、「生き返ったのに、
焼き殺された」ってなったのかもね。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 13:19
これは俺が入院したときの話だけど
窓際はホントに心臓に悪い。
夜中眠りに付こうと思ったらいきなり「バンバンバンッ」って
窓を叩く音。結局、風の仕業なんだけど死ぬかと思ったよ。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 14:39
火葬場で生き返るのは無理だよ。
昔だったら死亡診断もいい加減で
手動で焼いてる最中に生き返ったとか
あるのかもしれんけど。

このネタを信じる人は、身内の葬式に
でた経験がないんじゃないかな?
死んでから焼くまでを見たことないヤシと思われ。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 15:52
だからー、ただ聞いた話をカキコしただけだってばよ。“絶対に”生き返るとは断言しとらんだろ。事実だったら恐いよなって事を言っただけ。わかるか?別にあんたらと喧嘩しようなんて考えてもないよ。

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 15:59
つまんないネタいつまでもひっぱんな

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 16:09
>事実だったら恐いよなって事を言っただけ。

どんどん言ってる事が変わるな

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 16:22
調子に乗って書いちゃったんだよな
( ´,_ゝ`)プッ

295 :あなたのうしろに:02/08/07 16:38
遺体を安置する場所(自宅か葬儀場)に到着したら、
すぐに遺体保存のため、ドライアイスをいれますので
今では、生き返る事は、ほぼ、有り得ません。
尚、ドライアイスは、体液を、凍らせる目的で
心臓部、頭部に、重点的に置くのがセオリーです。

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 17:02
急にキレ出す260にワラタ
∀-)クスクス

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 17:05
これは日本の話ではないけれど…、
とある地方の小さな街に、寂しい一人暮らしの女性がいました。
楽しみといえば、週末の夜に訪ねる小劇場での芝居見物でした。
そんなある日、芝居の幕間にある余興が入ったのでした。
ハンサムな腹話術師が椅子に座り、膝の上に乗せた人形と
馬鹿ばなしをする…よくある、何の変哲もない腹話術です。
しかしハンサムなだけではない、なんと美しい声なのだろう…と、
ひと目みて彼女は、その腹話術師に恋をしたのでした。
次の週末も、また次の週末の夜にも、その腹話術の余興はあり、
彼女の恋心はつのっていくばかりました。

意を決した彼女は、ある夜、余興が終わり幕が降りた後、
楽屋を訪ねてみようと思い、行動に移しました。
しかし楽屋を訪ねた彼女に、扉の向こうから聞こえてきたのは、
「残念ですが、お会いする気持ちはありません」という
彼からの冷たい返事でした。彼女はとても残念に思いながら
その夜は諦め、すごすごと楽屋を後にしました。
憧れの人と一対一で過ごしたい…彼女の願いはかないませんでしたが、
その夜限りで諦めてしまうことはなかったのです。



298 :297つづき:02/08/07 17:07
一ヶ月ほど経った夜、彼女は一房の花を買って小劇場を訪れました。
幕間にはじまった、いつもの腹話術師の美声におもわず涙しました。
余興が終わり、幕が降りると彼女は席を立ち、楽屋を訪ねました。
こんどは、もし合うことがかなわなくても、
花束を扉の外に置いて帰るつもりでいました。
そんな彼女の強い想いが通じたのでしょうか、
「では、お入りください」という嬉しい返事が、
扉の向こうから聞こえてきました。
ドアを開けて入ると、まるで、腹話術の舞台そのもののような演出。
奥の壁の前に椅子が置かれ、ハンサムな腹話術師が座り、
膝の上には人形が置かれていました。
スポットライトだけが灯っていて、「彼」と人形、そして椅子を
暗闇の中にくっきりと浮かびあがらせていました。

胸をどきどきさせながら、彼女が、
「はじめまして…」と呼びかけた時でした。
突然、椅子の上から何かが倒れました…、
椅子の上には「人形」だけが残っていました。
じっと彼女を見つめ、「分かったね…」というようにうなづき、
寂しげに、彼女に笑いかけたのでした。


299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 19:42
>251


さよなら…

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 19:43
やったよママ!!
300げと。

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 20:44
むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました
その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした

じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました
赤ん坊が生まれたりして51人になった場合、
その赤ん坊を殺すことで掟を守っていたのです

ある日、一組の夫婦が51人目になる子供を出産してしまいました
村人たちは「かわいそうだけど、掟は絶対だから」と赤ん坊を殺すよう母親に命じました

仕方なく、母親はどうやって子供を殺すか考えました
出来るだけ子供を苦しませたくないので、刃物などは使いたくありません
そこで母親は自分の乳房に毒を塗りました
赤ん坊がお乳を吸ったときに毒を飲ませようと考えたのです

しかし次の日死んでいたのは赤ん坊ではなく、赤ん坊の父親でした



302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 20:50
笑わせてどうするw

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 21:39
296.レスにいちいち絡んでくるバカを放置しようか迷ったがやっぱ頭にきてキレたさ。

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 22:12
ほんとだったら怖いね
ってのは分かった。
けどあんまりにも現実味に欠けてるから「ほんとだったら」なんて言えないのよ。
「んなわきゃねーだろ」になっちまうんだわ。
そこんとこわかってくれや。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 22:21
夏だねえ

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 22:27
>>304 納得したよ。冷静さを取り戻しつつある。サンクス。

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 22:37
いきなりで悪いんだけど
昔さあ、ちょくちょく振り向きザマとかに黒い影見たのよ
その影ってのがこっちがソレを認識した瞬間にいっつも
視界外にすんげー速さで消えるんだわ

どんな感じかっつーと・・
これでわかる奴いるかなー?
ゼビウスってファミコンのゲームあるんだけど
その基地破壊した時に黒い物が飛んで行くんだわ
ちょうどあんな感じ
飛んでく方向はさすがに一定じゃないけど

んでその黒い影なんだけど
多分中学ぐらいからだと思うが見なくなったよ
なんなんだべな?別に怖くはなかったが

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 22:42
まっくろくろすけ

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 22:46
今から>307の目玉をほじくりにいきます。まっててね

310 :307:02/08/07 22:54
>309
とりあえず待ってるけど
3時前までに来てくれよ
それ以降は確実に寝てるから

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 23:30
>>307
俺も見えるが、目の錯覚って事で気にしてないよ。
だけど・・・本当に霊とかだったら嫌だよな。

312 :311:02/08/07 23:32
>>309
俺は五時までOKだ。お茶菓子用意して待ってるよ。
ただ、家族を起こさないように静かにこいよ(w

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/07 23:52
ここのサイトは死ぬほど洒落にならない話が多い

ttp://www2.tokai.or.jp/himoiya/index.htm

314 :東東京市:02/08/08 00:31
怖ーい、怖ーいぞー。





ぎやあああぁぁぁぁぁっ!


どう?怖かった?

「低レベルソフトウェア研究所」
より流ー用ー。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 00:44
>314
???????

何が言いたいわけ?

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 00:49
訳わかんね。
つまんね。
どうすんべ。

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 00:50
sageろ

318 :東東京市:02/08/08 00:52
詳しくは「低レベルソフトウェア研究所」(アスキー刊)
を買って読んでみてください。

っていうか荒らしちゃったみたいね、スマソ。






319 :ガクガクブルブル:02/08/08 00:53
広島県呉市焼山西3、無職、松原潤容疑者(27)

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 00:55

誤爆か?
意味不明。

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 00:57
個人の情報だしたらいけないんですよー

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:00
>320
猫虐殺中継のデイルだよ…逮捕されたんだよ…。


323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:09
>>314
豆腐の角で頭うって死ね

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:24
最近、猫の生首事件が多発してるらしいな。
たとえ猫でも生首が落ちてたら、俺は悲鳴あげそうだ。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:25
>324
むしろ人間の生首より猫の生首に哀れを感じる俺は洒落になりませんか?(w

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:27
>>325
俺もそうですよ。

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:28
>325
確かに猫の方が現実味を感じるからね

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 01:38
>322
情報、サンクス。
しかし・・・・ろくでもない事ばっかりしてる奴、目立つなぁ。
犬神ならぬ「猫神」だな。

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 04:41
286 imigawakarann?
dareka 解説してちょ

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 05:31
>>329
ラストの文字が乱れているのは、

>けれどもこれから話す話は絶対誰にもいってはいけない、命にかかわるから
>他言は無用だ

というルールが、>>285>>286にも適用されたということでしょ。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 07:55
>>275
ワラタ

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 08:00
これが、中国の死刑の方法である。
併合前の韓国は中国の刑法を手本にしていた。

「凌遅刑」と呼ばれます。

http://japanese.joins.com/transboard/jp_bbs/content.html?tname=history&num=2959&page=1&startpage=1&oDest=num&sc=desc

この後、この男は周りの人たちに、肉を切られ食べられました。

韓国でも、同じ刑になった人がいます。
有名な一人は、金玉均です。

伊藤博文は韓国のこのような残虐な刑法を廃止して、日本の近代的な刑法を導入しました。
おなじように、多くの日本軍の捕虜・罪の無い市民・子供・女性も同じように殺されました。



333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 09:55
TVブラウン管の四隅のいずれかが紫や緑に変色すると、
その部屋に霊が住み着いたという証拠です。
次の話は、部屋の中で考えないで欲しいんです。とやsjぁもぐアヾω


334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 10:24
カレーパンから人間の指が出てきたって有名な話あるよね。
工場で指を落とした人はいないが、1人行方不明になっていたっていう話。
でもさ、基本的にバイトは日雇いだからそんなのわかるわけないよね。
ヤマ○キパンでバイトしてた友人は、食パンの生地に
「カ〜ッペッ」とはしていたみたいだけどね(藁

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 10:29
そういえば葉緑素入りガムとかあったよね。
あれって蚕の糞から抽出してるんだってさ。
アレ以上清潔で純度の高い葉緑素はないってことで。
赤の着色料でビート色素とかなってるのってさ、
ビート…竜舌蘭につく甲虫から取り出しているんだよん。
ソーセージとかで「蓄肉」とか表記してるのは毛皮とったあとの
うさぎちゃんのお肉だって。

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 10:32
むしろ俺としては>>334-335のような話を「へぇそうなんだ」と信じる奴の方が怖い

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 10:46
赤色着色料の原料がカイガラムシなのは常識だろ・・・
ソーセージは知らん

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 10:52
っていうか >>204の答えはなによ?

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 11:02
>>338
「犯人は俺だった」

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 11:04
>>204

なんですか、これ?
なんですか、これ?
こんですか、なれ?

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 11:13
>>339
いやいやいや

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 11:16
>>338
サバイバー。スタンド能力です。


343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 11:49
去年の夏休み、那須高原でキャンプをする事になった。
その春に入社した新入社員同士でめちゃくちゃ仲良くなり、
男3人女2人の計5人で一泊旅行する計画だった。
うちの会社は、社員が一斉に3日間の休みに入る為、
社内で休む日を合わせる必要もなく、計画は順調に進んだ。
この仲間の中に、俺が付き合い始めたばかりの彼女もいた。

当日。
那須ハイランドパーク、那須サファリパーク、そして花火。
みんなでカレーを作って、夜遅くまでトランプをした。
遊び疲れて、着替えもせずに雑魚寝。
俺も、あっという間に、いつの間にか、眠りに就いていた。

夢を見た。
誰かに呼ばれて体を揺すられている夢。
腰のあたりを誰かが揺さぶっているような感覚があった。
ハッとして目を覚ますと、
ズポンのポケットに入れっぱなしだった携帯が震えていた。
常にマナーモードにしている為、
音を出して周りの人を起こす事はなかったようだ。

344 :343:02/08/08 11:49
ディスプレイを見ると、「自宅」と表示されている。
こんな時間に?
寝ぼけながらも、家族に何か一大事があったのでは?と焦り、
電話に出てみたが、入れ違いで切れてしまった。
着信履歴を見ると3度ほど「自宅」からの着信があったようだ。

友達や彼女を起こさない様に外に出て、リダイヤルで自宅に電話した。
何度鳴らしても誰も出てくれない。
今まで電話がかかってきていたのに、父親も母親も妹も、誰も出ない。
家族に何があったんだろう?
とりあえず妹の携帯を鳴らそうと思った時、恐ろしい事に気付いた。
眠気も覚め、一人焦っていたが、焦りは恐怖に変わっていた。

俺は、この春から社会人になり、一人暮らしを始めていたのだ。
かつて「自宅」で登録していた住所は「実家」に登録変更し、
今ひとりで住んでいる所を「自宅」と登録してあったのだ。

彼女にさえ合鍵を渡していないのに。
誰もいないはずの部屋から、俺の携帯に3度の電話・・・・・・。

345 :343:02/08/08 11:50
仲間を叩き起こして、事情を説明。
泥棒か何かが不法侵入して電話してきてるのでは?という誰かの発言があり、
「次に電話がかかってきたら私が出る」と、彼女が電話に出る事に。
しかし、結局その後、電話は鳴らなかった。

旅行後、彼女と大喧嘩になった。
彼女は、自分以外に女がいて、しかもその女には合鍵を渡していて、
で、嫌がらせの電話があったのだと信じて疑わなかった。
もちろんそんな相手がいないのは俺が一番知っている。
だけど結局、これが原因で俺達は別れた。
彼女は会社に居辛くなったのか、その後すぐに退社した。

あの電話は一体なんだったんだろうか?
泥棒や見ず知らずの人の不法侵入?・・・・・・ありえない。
もし侵入されても、俺の携帯番号を知っているはずがない。

俺の知っている誰かが合鍵を持っているのか、
それとも心霊現象なのか。
どっちにしても怖いので考えるのをやめた。

その後、俺は引っ越しをした。

346 :343:02/08/08 11:51
最近思い出した事がある。
旅行に行く前から彼女とおかしな事で言い争いになる事があったのだ。
彼女から電話があり、出ると「何?今、電話くれたでしょう?」と言われる。
「してないよ。」と言っても「だって着信あったもん。」と。
「してない。」「した。」で揉めて、結局、納得できないままで
「覚えていないけど、電話したのかな?」と俺が折れた事があった。

キャンプ地で俺の携帯を鳴らした誰かと、
俺がいる部屋から、俺に気付かれずに彼女に電話した誰か。

引っ越してからは何もない事を考えると、
俺が住む前からあの部屋にいた、人ではない何者かだったんだろうな、
と今では思う。

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 12:03
>>346
正体を確かめて無断で使った電話代返してもらえよ

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 12:04
と言うか、そんな壊れかけの電話は早く捨てて最新の電話買えよ

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 12:16
その人ではない何者かがQ2にかけまくってて月末に膨大な電話料金が請求されてきたら嫌だよな
しかも、人妻趣味だった事が判明したらさらに嫌だよな

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 13:30
心霊現象と呼ばれるものについて不思議に思うのは、見たという奴がゴマンといる
のに、宮崎某や松本智津夫などの大量殺人犯が平気な顔して生きてることだ。


351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 13:39
2ちゃんで“死ね”って書かれてマジで自殺する奴がいるらしい。お前らは死ぬなよ!

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 13:58
>335
こら〜、ビ−ト色素は虫じゃないぞ〜
ボルシチなんかにも使う赤いカブみたいな植物だよ。
輸入食品の店なんかに、缶詰めが売っているから買ってみろ。

虫はコチニールだな。カンパリなんかにも使ってるよ。
で、これは335の書いた通り、リュゼツランに付く虫だ。

後、蚕の糞は蚕砂(さんしゃ)といって、生薬の一つだったりもする。
でも、今は養蚕があまり盛んじゃないから、高級品だんだろうな

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 13:59
社内でこのスレの過去ログ倉庫ずーっと読んでたら、
背後から女の人のすすり泣きみたいなのが聞こえて
誰が泣いてるんだ?と振り向いたけど、
部屋の中には女の人は一人もいなかった…
何だったんだ一体!?

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 14:42
>>353
怖い話を読んでると来るって言いますからねぇ・・・いたのかもしれませんンよ、クックックック…

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 14:55
>>353
それネカマだよ キヲツケロ

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 15:02
あぁ、ネカマだな

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 15:06
俺のアソコからエクトプラズムが出た。死ぬほど洒落にナンネー

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 15:27
みるるage

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/08 16:06
斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!


360 : :02/08/08 16:13
>>359 ワラタ!

でも>>35は女なのに、なんで自分を俺って呼ぶんだ?
僕女?801人間?

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/08 16:16
35は男だよ


362 :あなたのうしろに大名行列が・・・:02/08/08 16:25
テレビ、ビデオには気をつけた方が良いよ。

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 16:34
なななな、なんでだよ!?
シャァアァァ〜(←おしっこ)

364 :あなたのうしろに大名行列が・・・:02/08/08 17:07
>>363
何か私の身の回りの人間で、結構テレビ、ビデオネタが多いのです。

最初は、あまり怖くないやつね。

従兄弟が昼にテレビを付けたまま、食事をしていたんです。
そしてそのテレビには、何の変哲も無い昼ドラマが映っていました。
しかし、急にそのドラマとはマッタク関係の無い、白無垢衣装の花嫁
(和のやつね)の上半身が画面右下に出てきたらしいのです。
しかも無表情に見つめる、ほとんど動かず。
しかも、その後ろでは何事も無いようにドラマが展開されていた。
不気味に感じた従兄弟はテレビを消し(リモコンの無い時代だったのでスイッチをバチンって)
昼ご飯の片付けを始めました。

台所で食器を洗っていると、さっきのドラマの音が又聞こえて来ました。
「ん?と思い、見に行くとそこには・・・又さっきの花嫁が映っていましたと。
慌ててコンセントを抜き、その後は何も起きなかったようです。

あれ?文章にするとあまり怖くないですね。
でも、そういう類の話が結構まだあるんです。
今度、文章を勉強しなおして書きますね。

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 17:12
>>307
多分、飛蚊症
年数経ってれば大丈夫だとは思うが再発したら即眼科行った方がいい
場合によってはいきなり大きくなって網膜剥離
俺は一晩寝たら視界半分真っ暗になってた


366 :307:02/08/08 18:09
>365
なるほど、霊じゃないんだ〜ガクーリ

しかし起きたら視界半分じゃ洒落にならないな

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:17
小学校の頃家族でキャンプにいったんだけど。
そこに行く途中の山道で草刈をしている老人の団体さんに
呼び止められて、
「あんたら、どこいくの?」ってきかれました。
親父は
「今日、この奥でキャンプしようとおもって・・・」
じいさん「あそこはあんまりよくないから、やめたほうがいいよ」って
でもきた道をかえるのも面倒だったので忠告もきかず奥の滝壷にいきました。

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:22
すると何組かの家族ずれと釣りをしている人がいました。
少し上流のほうにいきテントをはって火を起こしたりとキャンプの準備を
していたのですが、夕方4時くらいになると周りにいた人たちが
ぽつりぽつりと帰っていくのです。
でも僕たちは川を占領できたみたいな感じで泳ぎまくっていました。
と、川の中からテントをみていると、テントをはってある上の林の中に
山小屋みたいな感じの建物がみえたのです。

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:28
親父にきいてみると
「山で仕事をしている人の物だろう」ということなので
気にせず遊んでいました。
夕食の焼肉をみんなで食べてすることもないので
川の石を投げたり、花火をしたりしていました。
9時くらいになって昼間の疲れもあって僕はテントに入ってました。
すぐに眠ってしまったのですが、暑さと蚊の攻撃で目が覚めてしまいました。
テントの中にはまだ誰もきていません。まだ外にいるんだ、と思いもう一回
寝ようとしたのですが、なかなか眠れません。

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:32
外が気になってテントからでてみると、火もきえかけてて
誰もいません!
はぁ〜?と思い懐中電気をもってあたりを照らしたのですが
家族全員の姿はどこにも見当たらないのです。
時間もわからず、一人で消えかけている火に木をくべて
どうにか火をつけることができました。

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:50
>>370
つづききぼんぬ!

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:53
370はいま、ママに呼ばれて
晩ご飯を食べています。

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:55
お父さんが帰ってきたので
370は自分の部屋で宿題やっています。

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 18:57
370はママの手作りの、
暖かい晩ご飯を食べています。
「おいしい、おいしい」

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 19:03
つづき
で、あんまりにも一人のじかんが長くて怖くなってきました。
テントをはってある川原は車では入ってこれず、小さなつり橋を歩いて
渡って来たのですが、もしやみんな車に戻っているのでは?
と思い戻ろうとおもいましたが、無理でした。
いけません。怖くって・・・
どうにか朝まで時間をつぶそうと、考えました。
大きな声でみんなを呼ぶのも逆に怖かったです。
と、上にある山小屋を思い出しました。
テントから顔だけ出して、のぞいてみると小さな窓に明かりが見えました。

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 19:04
370は今からマジ飯です。
またあとからかきます。

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 19:25
>370
ちゃんと火の始末してから寝れ。

と思ったのは俺だけ?

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 19:31
         __,,,,_
        /´      ̄`ヽ,
       / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
      i  /´       リ}
      |   〉.   \   ノー {!
      |   |   ‐ー  くー |
      ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}  <今のうちにご飯を食べよう
    /           `ヽ
   /  r―0――――――┐丶
    |   |___0__o__,!  l
   ゙、  l           / ノ
    ヽ、ヽ、――0-⊂二二ニ⊃
     >-‐(⌒)== |       |
     (_ノ ̄  ̄  \__ (⌒)
      /        └┬' ̄
      / _____  ⊥-‐(∬∫) 、
 ,,,-―''^ ̄        (  (∫∬∬) ) ̄`ー-、
                  `ー-ニ二ニ-‐'

379 :午後 ◆kJSZVFLw :02/08/08 19:34
〜恐怖!謎の旅館〜

高校3年の卒業式の次の日に卒業旅行として宇奈月の黒部峡谷へ行った
泊まったところは親の会社の社員寮の様な場所だった
始め宇奈月についた時から「なんか、嫌な所だな」と思っていた
たしかに壮大な自然が辺り一面に広まっているが
周りを全て山に囲まれ、夜になると漆黒の闇となり
正に「閉じこめられた」という感じだった
夜まで美しい自然を楽しんだりしたが、さすがに夜になると
「恐い・・・・」ただそれだけだった
その時一人の男がこう言った
「きもだめししようぜ」
恐怖の、始まりだった

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 19:42
370は食事を終えたあと
自分の部屋にもどり、こっそりオナーニを始めたようです。

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 20:16
イライライライラ
 イライライライラ
  イライライライラ
   イライライライラ
    イライライライラ
     イライライライラ
      イライライライラ
       イライライライラ
        イライライライラ

         嘘 だ よ (藁

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 20:20
                ∧        ∧  マチクタビレタ〜     マチクタビレタ〜
 マチクタビレタ〜       ./  ヽ      ./  ヽ      マチクタビレタ〜
               /   ヽ―――/   ヽ   マチクタビレタ〜  マチクタビレタ〜
   マチクタビレタ〜  /       l___l   \        マチクタビレタ〜
            |      Φ  |    |  Φ  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       へ    |   へ     ヽ  ./     | < ねえ、まだぁー?
        \\  \  \\    ヽ/     /   \____________
チン        \\  .> \\          ヽ
   チン      \\/    \\  _       |  マチクタビレタ〜
      \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  / ̄   ヽ    /   _
        \回回回回回/ ̄ ̄ヽ        / ̄ ̄ /|    マチクタビレタ〜
         \___/      ヽ____/  /  .|         マチクタビレタ〜
                               /    |  マチクタビレタ〜
   __________________/     .|
                             |      |     マチクタビレタ〜

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 20:30
つづき
明かりの見える窓がどうにもきになりました。
でも、やっぱ怖いです。人なんていると思ってなかったから。
もしかしたら家族がいるのか?通常ではこんなこと考えませんが、
懐中電気をもってそこにあるいていきました。
で、窓から中を見てみると、普通の部屋でTVとかもあって
見た感じぜんぜん怖くなかったんです。
しばらくぼーっと見ていると奥の台所っぽいところの隅っこに
老人っぽい人がいて暗くなっているところに消えていくのが見えました。
怖くなかったです。みたときは・・・
でも、家に入れてもらう勇気もなくテントに戻りました。

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 20:37
>>382
モチチュケ!!

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 20:39
上の家に人がいるのが妙な安心感になって、そのまま眠っていました。
気がついて外に出てみると親父がお湯を沸かしていました。
「昨日の夜、どこいってたんだよ!」と聞くと
暑いのと蚊がすごくってみんなを連れて車で寝ていたそうです。クーラーつけて・・・
僕はよく眠っていたので起こさなかったんだそうです。
親父に昨日の夜の小屋のことをいいました。
帰りに親父と小屋の中をみてみようと窓のところに行きましたが、
なぜか板がはりつけていました。「お前、夢でもみたんだろう」と親父に
いわれ、納得のいかないまま車に乗りこみました。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 20:47
帰りの道でまた昨日の草刈老人団体にあいました。
朝の9時頃です。
「あんたら、奥に泊まったの?」
びっくりしていました。そのじいちゃんに山小屋のことをいうと
その小屋は去年までおじいさんが一人で住んでたそうなんですが、
なんお遺書もないまま小屋で自殺していたそうなんです。
?昨日の夜みたのはなんだったのか?
今でもその小屋はあります。

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 21:45
けっこうナイスエピソードだった

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 22:12
で、肝試しは

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/08 23:17
なかなか、「劇的な盛り上がりに欠け気味」の状況だよねぇ。
これだけ長く続くスレだと、ネタも底つき気味になるのかな。
そろそろ、「投稿人@再登場です」なんて風に出てこないのかなぁ。
出現するタイミングがよけりゃあなぁ。
なんだかんだ言っても、最近のネタの中では相当強烈だもんなぁ。
お〜い、板見てるか「投稿人」?
そろそろ出番じゃないんか?
出てこ〜い。

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 01:22
誰それ?

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 05:42
>>390
ミンキーモモと森井のくずきりのシト

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 09:04
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「ま〜るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち〜ん、まるはっち〜ん♪」
「逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるなぁぁぁぁ・・・・」

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 09:12
らぶらぶまるはっちーんおねがいきいてー
らぶらぶまるはっちーんおねがいきいてー

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 09:18
ミンキーモモの話ってどんなやつなの?
なんか過去スレhtml待ちでみれん。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 14:41
眠キー桃木になる

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 14:56
今まで私の家は別に普通だと思ってました、よくテレビでやってる心霊現象の
番組とか見てても、うちは大丈夫だよなと、だって守護霊様がちゃんと守ってくれてるんやから
とか家族で言ってました。

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 17:32
>>396
少しも続き気にならんし
単発煽り丸出しだけど
誰もレスしないこの状況がちと哀れなので
続きキボンヌしておく

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 17:33
船田生人 臭い  

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 17:33
>>396
( ゚Д゚) お、終わったの。。。

あと普通の家族は
>だって守護霊様がちゃんと守ってくれてるんやから
みたいなことは言わないと思うぞ。

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 17:51
いや、普通だと思ってた家族が
>だって守護霊様がちゃんと守ってくれてるんやから
という発言をしたのがオカルトなのでは。
従って続きなんか元からないのでは。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 18:01
>391
俺的に川島先生の最萌えはグルームパーティ5巻のトントンの飼育係のお姉さんなんですが、どうスか?

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 18:46
ゲゲゲの百太郎

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 19:32
>>389
ジサクジエンウザイ

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 21:05

アオルオマエノホウガウザイ。
洒落にならない話のひとつも言ってみろヴォケ!!!と言ってみるテスト。
よって、サラシアゲ。
ダレカナントカシロー

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 21:15
見える人には見えるらしいデス・・・
http://usapon.com/



406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 21:17
>>404
ダレモナントカシテクレナイネ

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 21:42
>>404
いや、403は神だ。
誰が何と言おうと神!
が、神は神でも罵神〜♪
罵神、罵神、罵神・・・・バカミ、バカミ、バカ〜ミ、バカ〜ミ!!!!
あっひゃひゃひゃひゃ!!!バカ〜ミ
あっひゃひゃひゃひゃ!!!バカ〜ミ

バカ〜ミ!バンザイ!!イッテヨシィ!!!!
サ・ラ・シ・ア・ゲ♪

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 21:54
斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 22:03
しかし安い命もめずらだなw

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 22:59
T君に捧げます。
age

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/09 23:24
>>404=>>407
ジサクジエンウザイ

412 :サラシアゲ:02/08/09 23:44

411必 死 だ な(w

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 00:32
405>びびった。女がスイーと・・・・

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 01:16
精神的ブラクラってやつか?

俺そういうの苦手なんだよね

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 01:23
>>413
お前オコチャマだろ?プ

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 01:46
留年が決定しました。
それに親父がブチキレて仕送りストップしました。

死ぬほど洒落にならん!!!!




まあ漏れのせいダケド‥‥

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 01:47
ネタ臭ええええええええええええええええええええええええ

418 :銅鑼衛門:02/08/10 01:48
とんかつを床に落としました。
時間が止まりました。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 01:58
水と間違えてガソリン飲んじゃいました。
おなかが痛いです

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 02:17
CDの穴からチンポ抜けなくなりました。
頭が痛いです。

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 02:41
>>420
そりゃ痛そうだな。
で、どうする?

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 02:42
sageろ

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 02:49

ヤダ便所。うんこ、あぼーん。プ

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 02:54
>>416
ガッコなんてやめて実家にパラサイトしちまえ

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 03:05
415>言いたいことがわからん

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 03:25
あのー
415>って書き方、変じゃないですか

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 04:25
変だよね 意味不明

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 04:56
413=425=426あるいは427も

煽られたからってムキになりなさんな。
自作自演はカコワルイですよ。

415が言いたいのは、今頃こんなガイシュツネタで驚くなんて、
あなたは2ちゃん暦の浅いお子様でしょうって事。

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 05:33
「真の勇気、しかと見届けた」

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 05:46
荒れてきたね。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 06:22
屁タレ413必死だな(w

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 07:34
少なくともCDの穴ごときにオレ様のちんぽは入らんってこった

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 08:33
ふにゃふにゃの時にねじ込んでおくという罠

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 08:48
拷問スレでやったれ。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 09:04
tigireta

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 09:19
>>433
うっかり勃起して取れなくなる罠

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 09:45
担当刑事が犯人と癒着してる。

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 10:01
*****以下、雑談禁止*****

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 12:17
オカンの体験談
オカンは何気に感じるのか、たまに体験している。

ある夜中、突然目がさめて ん〜 てなっているときに
誰かが布団を直してくれた。
あら、お父さん優しいこと なぁんて能天気なことを
考えていたら隣からおトンのいびきがッ
えっ て思い、布団が直された方向を見たらなんとッ!!

アロハ着た若い感じの男が立っていて窓の外をじぃっと見ていたらしい
真冬な上にアロハって・・・ と軽い突っ込みを心の中で入れながら
またすぐに寝たとのこと

翌日、いきなりオカンに
あんた、アロハ着てウロツクナ と開口一番言われた。
いやいや、真冬にアロハ着るほど俺元気じゃないから。
その後オカンは2回程このアロハ男を見たそうだ。

大して怖くも無いね まだあったけど思い出したら書き込みます

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 12:26
陽気で優しいアロハは、いつもどこかで見守っています

441 :労いのひと:02/08/10 14:25
>>1乙カレー

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 15:12
アロハが笑顔でキメ!

443 :りべるたどーる:02/08/10 17:21
最近、某有名国立大学病院事務長から聞いた話を。

その大学病院に勤めていた女性は男友達と2人で飲みに行き、帰りは車で送って
もらったそうです。しかし、その友達に送り狼されないように家の近くで降ろして
もらったのです。それが不幸の始まりでした・・・。

後わずかで自宅に到着するはずの道のりで彼女は暴漢達に遭い、車に連れ込まれ
レイプされました。犯行が終わり、その場に捨てられた女性は携帯で男友達に連絡、
しかし気が動転していたのか、一人が恐すぎたのか、すぐに到着できる自宅に向か
わず、近くにある(それでも徒歩で10分程度はかかるであろう)職場へ向かい
ました。しかし・・・!


またレイプに遭ったそうです。しかも違う連中だったらしいです。結局、彼女は
その足で職場に向かい、今まであった事を事務長に話したそうです。男友達は
その後にようやくやってきたような状態であったと・・・。

私は男性ですが、一日(というかほんの1,2時間の間)に二度もレイプされるなんて
考えもつかない状況です。そういった状況だったからでしょうか、非常に親しい訳でも
無い事務長に一部始終を話す、という精神状態に陥ったのは。比較的治安の良いと
思われている町でこんなにむごい犯罪が行われた、というのもショックでした。

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 17:35
その話、読むの何度目だろ

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 21:03
>>441
またこのパターンか

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 21:07
444で止まってるのが微妙w

自分の体験を話します。幽霊は出てきません。

高校1年の時の話。我が家は3人家族です。
ある日家に帰ったら、母親がいませんでした。
父親も仕事で帰って来なかったので、一人で
晩飯を食い、翌朝はいつものように自分で
弁当を作って、学校に出かけました。

その日遅く帰ると、やはり母親はいなかった。
次の日もいませんでしたが、学際の準備で
疲れていた事もあって、父親と特に話すことも
しませんでした。翌日も母は家にいませんでした。

ついに父親が痺れを切らして、聞いてきました。
「お前、お母さんがいないのをおかしいと思わないのか?!」
続く

447 :446:02/08/10 21:16
446の続き

ここの前スレかどこかで、父親が母親を殺すんだけど、
子供に、母親不在を疑わしいと思わないか、と逆に訊く
話がありましたよね。今それをよんで、似てるなあ、
と思って思い出したわけです。

…自分は母が消えた理由もなんとなくわかっていました。
母はいわゆるキチです。記憶にないけれど、自分が小さい
頃にも何度か、数日間失踪したことがあったらしいです。
だが今回は、1週間経っても帰ってこない。疾走前には、
相当精神状態が不安定なようでした。
続く


448 :446:02/08/10 21:27
続き

自分は父親にこう答えました。
「うん、お母さん消えたの知ってるよ」
−このまま一生帰ってくるな、消えてしまえ!
というのが正直な気持ちでした。
鬼畜だと思うでしょうね。父親は黙ってました。

数日して、母は帰ってきました。
あまりに支離滅裂な話をされましたが、省きます。
それから数年は3人で暮らしていましたが、
母はまた消えて、音信不通になりました。
自分は住む場所を変え、これで関わらなくて済むと思いました。
続く

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 21:40
これは、私が小学三年生の頃の話なんですけどね。母親の体験なんですけど。
夏休、父のボーナスも多めに出たと言う事で四国の高松に家族全員でキャンプに行く事になったんです。
両親、姉、私の四人で行く事になりました。

そこのキャンプ場に入った時、私は何か、こう…変な感じがしたんです。空気がドロっしている…。
気のせいだと思ったんです。私は、朝、少し風邪を引いてしまって。そのせいだと思ってたんです。
そのキャンプ場は、大きな階段状になっていて、段それぞれにテントとめる所があるんです。森に囲まれたきれいな所だったんですけどね。
その夜の事なんです。

母が、夜中にトイレに行ったんです。急に…ハッて、起きてね。
そしたら、私達家族のテントがある段の一番端に深緑の見た事も無いテントがあったんです。
キャンプ場の温泉から戻って来た時はなかったんですけどね。
「おかしいなぁ、それにしても、古そうなテント。」
で、母は少し気になりながらもトイレに行って用を済ましてテントのある段に帰ってきたんです。
そしたら
その、深緑のテントから変な話声が聞こえるんです。ボソボソ…ボソボソ…ってね。
男の人…?が、三人くらいの話声なんですけどね。ボソボソ…ボソボソ…って。
母は結構気が強くて、そんな簡単にはビビらないんです。普通に家族のテントに帰って来ました。(母以外全員寝ていた)
そして、母が寝ようと毛布に入ろうとした時。

金縛り。

ピーンと、体が動かなくなって。「うわっ、きた!」って、母もさすがに怖くなって。
でも、目だけは動くんです。そして、おそるおそる、目を足の方にやると…
兵隊らしき男三人がたっていたんです。ガリガリに痩せ細った…
で、母はそのまま気を失ってしまったんです。

翌日、隣のテントは消えていたそうです。

って言うか、四国になんで兵隊が……?詳しい事誰か知りません?
母は僕が小六の時にこの話をしてくれました。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 21:40
歌舞伎町のとあるラブホでの話。
安さだけが魅力の部屋で彼女とセクース中に
「クワァーンクワァーン」
と何かが回る感じの音が・・・
見てみたらテーブルの上でガラス製の灰皿がグルングルン回ってた。
彼女はなんとなく気が付いてなかったみたいだったんでセクースは続行!
しかし漏れのほうが怖くなって萎え。
怒り狂う彼女。そしてそのまま寝たが朝起きて見てビックリ!
テレビの上に置いておいたリモコンが部屋のど真ん中の床の上に!!
しかしそれにも彼女は気が付かない・・・
だんだん心霊現象よりも、周りの不思議に気が付かない彼女が不気味に・・・
なんだかムカツいたんで彼女にローキックを一発。
ギャーギャー騒ぎ出した彼女に平手をもう一発。
金だけ置いて黙って帰りますた

451 :446:02/08/10 21:40
続き

一昨年の年末です。
チャイムが鳴ったので、集金かと思って、
ドアの覗き穴から覗くと、母が立ってたのです。
一体どこで何をしてたんでしょうか…
母を可哀想だと思う事もあったけれど、実際に
目にすると、恐怖しか感じませんでした。
なぜ突然現れたんだ?本当に腰が抜けました。
意味不明の事をわめき、ドアを叩き続けるので、
風呂場に隠れてましたが、1時間ほどで消えました。

これで終わり。母はあれ以来来ません。あれは人間だと思うんですけど…
でも霊でも人間でも、例え葬式でも会いたくない母なのでした。
憎い他人ならまだしも、血が繋がってるのが複雑な心境です…
(これ、ネタにして面白い話つくれませんかね?)

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 22:16
みんあ今そんな元気無いんだよ・・・

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 22:21
うちのおとん。

でっかいくしゃみをした。
すると肋骨が折れた。
うちは一階が医院なので、すぐさまレントゲンを撮りに。
見事に折れてる!
呼吸するたびにゴリゴリ音がしてました。

娘は笑い話として人に話すという始末。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 23:08
>>450
ワラタヨ

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 23:46
>450
>だんだん心霊現象よりも、周りの不思議に気が付かない彼女が不気味に・・・
こんな些細な自分勝手な理由で他人に
殴る蹴るの暴行する450が洒落にならん。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/10 23:55
>>449
文章下手すぎ。書き言葉というもんを知らんのか?

457 :文筆業:02/08/11 00:47
>>456
449の文章は、
べつにヘタレじゃないよ、、

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 01:38
>457
話の構成は下手だ。
おもしろくない。

459 :人畜無害:02/08/11 01:53
 うちのかーちゃん霊感強い方で、夕方何者かがテレビから出てきて
顔を覗き込み(生ぬるい呼吸つき)またすうっとテレビに消えたそうだ。
洋画のホラー映画(ポルターガイスト?)でテレビをチャンネルにして
霊が行き来する話があったが、当人はその映画を知らない。
ちなみにテレビはOFFだったそうだ。
 ちなみに昼間の室内で人魂を見たと言うつわものでもある。

460 :人畜無害:02/08/11 01:56
お詫びと訂正=「ちなみに」が重複。

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 02:00
>>455
え?この話って、自分の幻覚の八つ当たりに女に乱暴をする、って
筋を、より迫真さを出す為に一人称で語ってるんじゃないの?

462 :ハクション大マ王:02/08/11 02:09

おれん家のTVかってに電源がはいったり、ビデヲとかも勝手に
動き出したりするんだけど(マヂ)いったい何なのでしょうか?


463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 02:59
それ出力ばんばんに上げてるトラックの違法無線だろ

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 04:37
あー、ウチもトラックの無線拾っちまう。
はじめてスピーカーから話し声が聞こえて
きた時はビクーリしたなー。

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 05:12
>>464
灯油ストーブの自動着火装置も
トラックの無線で誤作動します。
押入れの中にしまってあったストーブが
突然発火して家が全焼・・・・

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 05:26
電池と灯油は抜いとくのが常識では?

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 06:02
今日の深夜(というか、ついさきほど)に友人数人と1台の車でドライブ
していたのですが、凄まじい恐怖を体験してしまいました。
名無山というその名の通り無名な山の峠道(未舗装)をずっと
走っていたんだけど、頂上付近で、どうやら自殺しようしている人を
偶然見つけてしまったのです。但し、自殺か否かは推測なのですが、
独りで深夜3時頃にスーツ姿で山奥にいるなんて考えられないからです。
しかも、手になにやら大き目のビン(ガソリン?)を持っていて、
足にかけているところでした。
我々みんな、一斉に車を飛び出して、「やめろ!」と止めようとしたところ、
思い出すのも嫌なんですが、その人・・・、いや、実は、既に死んでいたのです。
(想像にお任せします)
みんな、もう恐怖のあまり、車に一斉に飛び乗って、運転する人間も
含め4人全員がリアシートに固まってしまったので、どうしようもありませんでした。
少し時間が経って、薄明るくなり、もう一度、死体のほうを見てみると、
その死体が無かったのです。
4人全員が同じもの(死体)を見たのは確かです。

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 06:19
>>467
>足にかけているところでした。
>実は、既に死んでいたのです。
動く死体?ってこと? ごめん、良く意味がワカラン。

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 07:17
>459
失礼ながら、脳ないしは精神の疾患の可能性が、高いものと思われる。
病院で診察を受けるべき。
ネタであれば、もう少し、つくりこまないと面白くない。

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 09:25
電波かーちゃんのおもしろ話はもういいです

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 09:25
もうだめぽ

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 10:45
>>467
俺も意味がわからん。
肝心の「想像にお任せします」の部分を説明してくれ(w

473 :N氏に捧ぐ:02/08/11 13:04
長文メールのやりとりをしていた大切な友人が亡くなった日に、出したメールが全
てリターンしてきた。原因は不明。虫の知らせか。
翌日、彼の訃報を聞いて久しぶりに涙を流した。
俺に2ちゃんねるのこのスレの存在を教えてくれたのが彼だ。記念にここにカキコ
しておく。冥福を祈る。

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 13:13
> 運転する人間も含め4人全員がリアシートに固まってしまったのでどうしようもありませんでした

ここでワラタ。ところで心霊スポットにスーツ姿で逝くと面白いものが見れるぞ(w

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 13:35
ガイシュツかもしれんが、「稲川淳二の怪談」情報交換会part2スレの
409〜にマイナスドライバーの稲川語りバージョンが
書かれていた。
あれ誰かのオリジナルなのかな?
文体似ていてうまいと思ったよ。

http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025515796/

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 13:41
>>449
高松の何処だよ?地名教えてくれたら分かるかも。

477 :449:02/08/11 14:41
>>476
五色台キャンプ場なんですけど

478 :476:02/08/11 16:37
>>477
五色台は出るので有名だよ。中学校とかの林間学習とかによく
使われるのだが、学生が見た話しは多いよ。後、屋島なんかも
昔、源平合戦があった地だから出る話もある。兵隊って話
なんだけど、第二次世界大戦の時に高松は大規模な空襲で結構
な数の人が亡くなってるから、その影響かもしれませぬ。


479 :449:02/08/11 18:12
うぉぉ、さんくすこ!

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 19:17
>>472
腐敗でもしてて語ると気持ち悪くなっちゃうんで各々フィーリングで捕らえてくれってこったロ


481 :476:02/08/11 19:56
>>449
ドロッとした雰囲気なら屋島の方が凄いよ。
スレ違いsage

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 21:41
バンコクに行ったときのことです。
カオサンロードという有名な安宿街から近い、
8階建てくらいのショッピングセンターに行きました。
そのショッピングセンターは建築基準法違反ということで
取り壊しを待っているとのことでしたが、1〜2階はまだ
営業していました。

そのショッピングセンターは1階から一番上まですべて
吹き抜けになっており、エレベータから全体を
見渡せるつくりになっています。
吹き抜けの3階から上は暗かったですが、なぜかエレベータは
動いていたので、興味本位から乗ってみました。
外は真昼で、まったく恐怖感などはありませんでした。

エレベータにのってとりあえず7階のボタンを押すと、
ゴウンとという音とともに、上昇をはじめました。

<つづく>

483 :482:02/08/11 21:42
3階を越えると、1階から見上げたときはわかりません
でしたが、上からはほとんど光が入らないことがわかりました。
吹き抜けの下のほうから光が入ってくるだけで、今いる階は
ほとんど何も見えないのです。

4,5,6階といくにつれ、より暗闇が深くなります。
外が南国の真昼だとは信じられないような暗さです。
乗ってみたことを非常に後悔しましたが、いまさら
止められません。
そして、7階に到着し、ゆっくりとドアが開きました。

<つづく>

484 :482:02/08/11 21:43
そこは、まったくのがらんとしたスペースでした。
窓側はすべて光がふさがれており、遠くは見ることもできません。
吹き抜けからの淡い光だけが頼りです。
多少の光があることを頼みに、少しエレベータから出てみました。
手でエレベータの挟まれ防止用の部分を抑えたままです。
しかし、ドアがしまりはじめました。
なぜか、挟まれ防止用の部分を抑えていても、どんどんドアは
しまります。もう体をいれる余裕もなかったので、エレベータは
しまってしまいました。

すぐに下りのボタンを押しましたが、なんとランプがつきません。
エレベータは無情にも1階に降りていってしまいました。

<つづく>


485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 21:48
…おい、どこ行った?無事か?

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 22:13
お〜い>>482
真面目にどっか逝っちまったのか?汗

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 22:15
…続きが気になって寝れん

488 :482:02/08/11 22:22
なんども下りボタンを押しますが、反応がありません。
あきらめて、回りを見渡しました。
少しは目が慣れたのか、遠くにエスカレータが見えます。
吹き抜けから離れるのはとても嫌でしたが、外国のことで
助けをもとめることもできず、降りるよりしょうがないと
近づいていきました。

元々は婦人服売り場ででもあったのでしょうか。近づくと、
ハンカチらしきものや、マネキンの残骸のようなものも見えてきます。
なるべくマネキンには目をやらないようにしました。
エスカレータはもちろん止まっています。乗り口に木が置いてありますが、
乗り越えられる程度です。ベルトにつかまり、金属の段をカツンカツンと
いう音をたてながら降りていきました。
外は30度近くあるというのに、妙にすずしく感じます。

<つづく>


489 :482:02/08/11 22:23
5階、4階と降りていき、多少明るさが増してきたことで足取りを
早めました。4階から3階のエスカレータに移るとき、視界の隅に
おかしなものが見えました。

空中にアーモンド型の白いものが2つ。それが2体。
目・・・ のようでした。
それ以上はみていません。脱兎のごとく駆け下りて、
なんとか人のいるところに出ました。

今から思い直すと、作業員の人かも知れません。
でもそれなら服もきているでしょうし、だいいちタイの人は
そんなに色黒ではありません。

何かの見間違いなのかもしれませんが、
南国の真昼と真っ暗闇というミスマッチ、
異国であることと言葉が通じないこと、
上では動かないエレベータなど、非常な恐怖感を
味わいました。

<おわり>

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/11 23:47
小学生の頃、近所の工務店が夜逃げ倒産した。
完全に建物土地がトタンで囲われ外界と隔離されていたのですが、
さんざん探し回って裏の家の屋根からの土地への侵入ルートを発見しました。
その土地は倉庫と飯場(従業員のトタン造りの建物)が寄せ集まった薄暗い空間。
飯場にはあわてて出て行ったのか、どの建物にもまだ少し生活の名残すら。
ところが、その場所は私独りのものではありませんでした。
飯場の者が飼っていたのか?野良が侵入したのか、親犬と、仔犬が7・8匹。
小学生の私はその犬逹を追っかけまわして遊んでいました。

そんなある日、いつものように倉庫に入ったところ、床にあるものが。。。
続く

491 :ハクション大マ王:02/08/12 00:01

462の者ですが、トラックの無線による誤動作説は納得できる
のですが、コンセントを抜いていても動きだすのはこれで説明
つくのですか?

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 00:13
>>491
それは説明つきません。
念の為、塩を機器の近くに置いてください。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 00:15
好きな娘と話てたら「忙しくて彼氏とも会えないし・・」と予防線
はられました。ぁあもう、シャレにならん

494 : :02/08/12 01:43
ここ霊にまつわる話しじゃないとアカンの?



495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 01:53
>>491
塩盛りとかバカなこと試す前にサービスセンターに電話しる!

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 01:55
>>494
んなこたぁない。
マイナスドライバーとか下男なんかも幽霊の話じゃ無いし。

497 : :02/08/12 02:16
>496
じゃー季節ネタということで、

俺が消防たっだ頃の話
季節は兆度今頃のような蒸し暑い日の昼過ぎ、
夏休みということもあり、友達2人と俺、計3人でカブトムシを取りに行った時の出来事。
友達の内の1人が知っているカブトムシがよくとれるという秘密の場所へ行ってみようということになった。
そこは町外れのとある雑木林。
膝の高さ位の草が生えていて、かすかに獣道らしきものが残っているだけで道なんてない。
雑木林の中は、上空が葉や木々で日の光が遮られていて、あたりは薄暗かった。
かすかに残っている獣道の入口を見つけ、暫く歩いていくと、大きな広場らしき場所が見えてきた。
すると、なにやら人のけはい、恐る恐る近づいて見てみるとなんと、、
作業着を着た子太りのオヤジが、1人でうずくまっているのが見えた。
そのオヤジ、何やら意味不明なことをブツブツと言っている。
怖いけどカブトムシは取りたい、引き返す訳にもいかず、その場を通り過ぎようとした。
俺達の存在に気付いたのか、そのオヤジいきなり立ちあがり、あたりを見まわしている。
そして俺達の存在を確認すると、半分笑みを浮かべたような表情で俺達を見返してきた。
すると、何かカマのようなものを持った手を振りかざしつつ、訳のわからないことを叫びながら、
こちらに近寄ってくる、
怖くなった俺達は大急ぎで今来た道を全力で引き返した。
しかし、けたたましい声を張り上げつつ追いかけてくる。
俺達は道なき道を全力で走った。
向こうは大人だし消防よりも足が速いのは当然、もう捕まってもいいや、
もう半分諦めかけていた。
所々に散乱していた落ち葉や地面の起伏、そして微妙に木々が入り組んでいたことが幸いしたのか、
どうにか振り切って、やっとの思いで遊歩道に出て、通りすがりの人に助けを求めた。


追いかけてくる時のあのオヤジの形相がいまでもトラウマ。
なんであんなところに1人でいたのか?、変体遊びの真っ最中だったのか?
もしひとりでカブトムシ取りに行っていたとしたら、って今思うとソーっとする出来事だった


498 :人畜無害:02/08/12 03:30
 遅れてのレスをお詫びする。
>469>470
 興ざめさせて済まん。が、本人には日常茶飯事なので
非常に簡潔かつあっさりと言い聞かせられるので装飾はしなかった。
怪我のとき受けた脳の検査は特に問題なし
精神疾患は検査経験は無いと記憶するが、特に奇行などはない。
オカルトな話も特に好まない普通のおばはんだ。
こういう話をする自体が奇行だという人はいるが、
そういわれるのが嫌で普段からこういう体験をあまり公言しない。
ここへ安易に書き込んだ自分をこそ、猛烈に反省する。

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 03:53
>>498
お母さんのよき理解者であってあげて下さいね!

500 :人畜無害:02/08/12 04:42
 理解かあ。
まあ便利なこともあるからな。


501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 05:14
>>500
性欲処理もしてくれる便利なお母さん萌え

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 05:26
>>490
続き楽しみに待ってるんでよろしくおながいします。

503 :人畜無害:02/08/12 05:41
>>501
 チャレンジャーだな!
 男としてソンケーするぞ!
俺は若いねーちゃんでないとイヤだ。

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 07:55
下男の別バージョンで、ホテルのダブルに泊まったら
ベッドとベッドの隙間に男が居たって話し聞いたことあるな。

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 07:57
>>504
それはツインルームだろ
と突っ込んでみるテスト

506 :490:02/08/12 08:17
>>502
薄暗い倉庫の床に仔犬の前半分だけがおちていました、腸はみでた状態で。
“うわっ、ついに共喰いしたんか?!怖え〜”なんて考えつつ
鉄棒を構えて犬の襲撃にそなえつつ(小学生だったもんで)簡単に他の倉庫や
飯場を探検したのですが、他の犬は見当たりませんでした。
???となりながらも、どこかに抜け道があるんだろうなと思いながら、
工務店の裏口に廻ったところ、扉の下部のトタンがめくれている部分を見つけました。
“こんな風になっていなかったよな?いや、見落としか?犬が咥えて広がったのかも”
犬が出入りできる大きさだったので、犬はきっとこの中にいる!
と想像しました。
続く



507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 09:00
もうちょっと恐い作り話きぼん

508 :490:02/08/12 09:35
工務店は4階建て、長方形のさほど大きくない建物で1〜3階分の窓、扉は全て
トタンで打ち付けられていて、まだ侵入したことはなかったのです。
“この部分、持ち上げたら通れそうだぞ”
未知の探検に、惹きつけられるようにそのトタンをめくり上げてみると、
ドアの下半分が抜けていて、充分通り抜け出来るようになっていました。
のぞくと中は真っ暗だが、トタンの小さな隙間から細い光がところどころもれていて
目の前にあるドアの「給湯室」という文字もなんとか見えるくらい。
不思議と熱気が吹き付けてきて(トタンが陽に焼けて?)
何かたとえようのない匂いが吹き付けてきて蒸しかえりました。
耳をすませましたが物音は聞こえません。
探検心が猛烈にわきかえり、既に犬のことは頭からとんでいました。
続く

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 10:13
とりあえずテキストに書いてから貼れ
書きながら考えるな
ウザイし読み返すときめんどい

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 10:16
490は確信犯
続かないことキボン

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 10:36
みんないまどーなってるのみてるの?

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 10:49
つのだじろうキターーーーーー




くそみていな話だな..


513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 10:50
>>511『どーなってるの?』じゃなくて『こたえてちょーだい』だろ


514 :490:02/08/12 12:27
初心者なもんでイライラさせてすみません。
ご意見どおり書きながら考えてました。
そうですね、まとめてから貼ってみます。

515 :490:02/08/12 13:30
20年くらい前の出来事なので、思い出しながらぼつぼつ打ち込んでました。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 13:32
いちいち言い訳せんで良いから、さっさと去れ

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 13:45
どうやら仕切厨がいるようです、迷惑この上ありません
何度も言われているが てめーが怖い話書け

518 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/12 13:59
マターリいきましょうよ

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 14:12
>>517
ここはそういうスレなんだよ。オマエこそ話もないのにいちいちageるな。氏ね

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 17:06
お〜い >>490
続きはまだなのか。

521 :夏休み主婦:02/08/12 18:31
ついさっき起きた出来事。

部屋の掃除機をかけていて、掃除機本体をゴロゴロゴロって
他の部屋に引っ張ってゆくじゃないですか。
犬の抜け毛がひどいので夢中でかけてたら、ホースが伸び切って
かけにくい。
本体が段差にでも引っかかってるんだろうとふと振り向いたら、
ぶよぶよのワラビ餅みたいなお爺さん(?)が半笑いで掃除機を
後ろから引っ張ってた。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 19:21
>>521
キナコキボン

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 19:35
>522
ワロタ

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 19:36
駅のホームで友達としゃべっていた時のこと。
友人がくだらない駄ジャレを言ったので、
ツッコミをいれたところ、友人がよろよろと・・・。
電車が来て・・・。

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 19:37
>>521
やんちゃなお舅さんではないの?

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 20:26
>>534
ホームからその友人が落ちてしまった…
ということでつか?

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 21:48
>>534 よろしく(゚д゚)

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 22:09
>>490
楽しみにしてます

529 :麻婆:02/08/12 22:49
先日友達が二人うちに遊びに来たので、この春に卒業した高校の
卒業写真を皆で見ながら喋っていました。
三人とも同じクラスだったんですが、うちのクラスの写真を見てい
ていて、Tちゃんがふと、
「あれ。こいつ誰だっけw。もう忘れちゃってるわ、私アルツかなあw」
と笑いながら集合写真の一番右端を指差しました。
卒業して半年も経ってないのにもう忘れたんかい! とつっこみな
がら見てみると、そこにはちょっと首をかしげた感じで写っている男子
がいました。

私も見覚えがありませんでした。

もう一人のMちゃんも、Tちゃんの指差した男子を見ながら固まって
います。
写真の下に、写っている順番に名前が書いてあるのですが確かめる
と「W田K也」と立派な名前があるようですが聞き覚えもありません。
だいたいW田という苗字なら出席番号の男子の一番最後になるので、
女子の先頭に近いMちゃんが知らないはずがない。
間違えて他のクラスの人が混じって集合写真に写っちゃったのなら、
当たり前のように名簿に名前が書かれているはずがない。

530 :麻婆:02/08/12 22:54
あんまり気持ち悪いので、同じクラスだった他の子に電話して
聞いてみたんですが、皆私たちが指摘するまで気づかなかった
ようで、慌てて電話口に卒業写真を持って来て、
「うわ、ほんとだ。こいつ誰?!」
とか言っています。

ヒッキーで一度も学校に来ないやつが、卒業写真を写した日だけ
登校したのかな、ということにしましたが(そんな話聞いたこともな
いですが)、今見ても薄気味悪いです。

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 22:58
単にお前等が馬鹿なだけだろ。
一般の学校に通ってる生徒のうち5%は軽度の知的障害者だって言う話だしな。

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 22:58
>>529
うpするよし。


533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 22:59
>>530
ガッコのセンセに聞いてみれば?
ヒッキーなら先生は知ってるはずでしょ

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:00
>>531
オマエモナー( ´∀`)

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:00
>>530その写真を見せろよ

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:02
ヒッキーで卒業できる高校ってどんなだよ

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:06
部落立ドキュン高等学校 低能科

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:08
少し前に、室井滋さんが文春のエッセイで語っていた
話は既出ですか?
心霊ものではなく、殺人事件の話です。
あれはかなり怖い話だった。


539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:09
>>538
聞きたい聞きたい機器貸与〜〜


540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:09
>>538 何?知らない。詳細キボン

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:11
>>538話してくらはい。おながいしまつ

542 :538:02/08/12 23:12
ワードパットにまとめてきます。
しばらくお待ちを。

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:19
>>536
保健室で別に授業を受けさせてるとか。

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:23
期待moe

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:26
>>538マターリと待ってマツ

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/12 23:27
>>538
そのまま放置のほうが笑えるのでヨロシコ

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:02
放置はイヤダー
ワクワクしながら待ってまつ。

548 :538:02/08/13 00:13
遅くなってすいません。では…

これは室井滋さんがエッセイで語っていた話です。

確か、同じ業界の人の話だったと思います。
ある深夜、その人(A子さんとします)が仕事を終え、自宅マンションに帰り、
エントランスにある、集合ポストの中の郵便物をチェックしていました。
その時、帽子を目深にかぶった人物とすれ違いました。
A子さんは、仕事柄時間が不規則なため、マンションの住人をほとんど把握
していませんでした。
そのため、その人が、ここの住人なのか、住人の知り合いなのかも分からず、
大して気にもとめないで、部屋に帰りました。

そして次の日の朝。
マンションの外や廊下がやけに騒がしく、A子さんは外の様子をうかがってみると、
パトカーが数台とまり、ただ事ではない状況でした。
テレビをつけてみると、自分のマンションの一室で殺人が起こったことを告げる
ニュースが流れています。
A子さんは、被害者の住人のことはもちろん知らないし、「物騒だな」ぐらいの気持ちで
そのニュースを眺めていました。

549 :538:02/08/13 00:15
省略スマソ。

すると、突然インタフォンがなり、応対してみると、制服を着た警官が一人立っています。
その警官は、今ニュースでやっている事件について、怪しい人物を見なかったかとか、
何か気づいたことはないかといった、よくある質問をしました。
そこでA子さんは、きのう玄関で見た人物を思い出しましたが、帽子で顔は見えなかったし、
よくよく考えてみると、性別すら分からなかったので、
こんな証言は大して役に立たないだろうと、
その人物については黙っていました。

その後、刑事が来て、先ほどの警官とほぼ同じ内容の質問をしにたずねてきましたが、
A子さんは「何も知らない」で通し、その人物を見たことは、自分の中でなかった事にしました。


550 :538:02/08/13 00:16
そしてしばらくたったある日。
A子さんはニュースで先日の殺人事件が解決したことを知ります。
「これでやっと安心できる」とほっとしつつそのニュースを見ていると、
つかまった犯人の顔が映し出されました。
(どこかで見たことあるな…)
A子さんは犯人の顔にどうしても見覚えがあり、
必死に記憶をたどりました。
そこでA子さんは愕然とします。
あの事件が発覚した日、最初にたずねてきた制服警官こそが、あの犯人だったのです。
印象は違えど、確かに同じ顔。
A子さんは何が何だかさっぱり分からず、ただ呆然とするばかりでした。

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:19
続き早く。

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:19
おしまい(゚Д゚;≡;゚Д゚)?

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:20
>548
その話し、都市伝説じゃないかな?
何回か聞いた覚えある。

554 :538:02/08/13 00:20
A子さんはとりあえず、署にあの日最初に自分の部屋に訪ねてきた
警官について問い合わせましたが、制服の警官をよこした事実はない、との事でした。
A子さんはさらに混乱したのですが、何とか落ち着いて次のような結論を出しました。

・あの夜玄関で見た、帽子の人物こそが犯人だった。
・犯人は、姿を見られたことであせり、とりあえずポストでA子の部屋番号を確認した。
・事件が発覚し、自分のことを警察に言われることを恐れた犯人は、
警察より先回りして、A子の元へ行き、自分のことを覚えているか、確認した。

ここまで考えて、A子さんは、こんどこそ恐怖におびえました。
もしあの時、帽子の人物について正直に証言していたら…
 


555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:23
>>554
もっと早く犯人がつかまってた。

556 :538:02/08/13 00:23
ラスト手間取ってすいません。

>553
都市伝説だったんですか?
私の記憶では
室井さんの知り合いが実際体験した話と書いてあったようだったので…
ちょっとショック。


557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:24
>>555
なんでやねんw

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:29
>555
口止めだろう。


559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:34
>>556
俺も都市伝説で何回か聞いたことある。
USOジャパンでもやってた。

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 00:54
あんまり怖くないと思いますが・・

十年程前の話です。
当時学生だった私と彼氏は、深夜当てもないドライブをするのが好きでした。
京都市内に住んでいたのですが、「とにかく北上してみよう!」ってことで、
缶コーヒーやお菓子を食べながらマターリ走っていました。
話に夢中になっててふと気がつくと、左右は杉並木が延々と続く山道。
標識を見ると「京北町」と書かれています。
外灯もほとんどなく、真っ暗な中に左右に立ち並ぶ杉、杉、杉。
杉の幹が太くなったり細くなったり、延々と立っているのです。

「なんか不気味だなー・・」
と思っていると、彼氏が「あ」と短く叫びました。
見ると、反対車線のガードレールの向こう側に、おばさんが一人立っている
のです。
普通の、おばさんパーマの、トレーナーを着たおばさんです。
何するでもなく、ただ立って斜め向こうを向いていました。
深夜2時過ぎだってことを差し引くと、別段異常なことはないように思ったので、
彼氏に、
「どうしたの。普通のおばさんじゃん。近所の人でしょきっと〜」
と笑顔で話しかけました。

すると、
「なんで何メートルもの高さの杉の真ん中辺りに人が立てるんだよ!」
と、真顔で彼氏に言い返されました。
助手席側のガードレールを見ると、確かに向こうは崖のようになっていました・・

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 01:09
>>560
それは鍛錬中の忍者でしょう。京北町あたりには結構いるよ忍者。

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 01:30
【つりさがり】

みなさん、初めまして。
「つりさがり」というものをご存知でしょうか?
おそらく初めて耳にする言葉だと思います。
昭和44年の頃でした。青森県の某霊山で、この「つりさがり」の
伝説を聞いたのが最初のことでした。
霊山の奥深くに、真昼でも薄暗い森があるのですが、
そこの木々に茶巾袋をいくつも吊り下がっているところがあります。
これらの茶巾袋の中には、お茶の葉のようなものが入っており、
香りがしごく良いものです。これが「つりさがり」と呼ばれたのは、
かなり昔のことらしいのです。3年前に他界した祖母から聞いた
のですが、この「つりさがり」というものは、村にとってタブーの
ものであり、誰しもがその真相,意味を話したがらないそうで、
決して人の目につかない場所にあるとのことでした。
私が「つりさがり」に興味を持ったのは、去年のことで、
実際に「つりさがり」を確認してきました。
そこで、村人がタブーとしている真相をここで記すことにします。

「つりさがり」とは、昔、村八分を受けた者達の首を入れた袋の
ことです。それを霊山の人里離れた場所に吊り下げておき、
供養するというものです。お茶の葉は、遺骨が風化したもの。
香りは遺骨に繁殖した菌の臭いとのことらしいです。

今もその霊山では、多くの自衛隊の方が「つりさがり」を見るようです。
指揮官は、必ず「それはそういうものだから触れるな」としか答えない
とのことです。現在も存在するので興味のある方は、見物されては
いかがでしょうか?

563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 01:32
京北町の忍者をしらんとは・・・夜通し杉の上に立つ修行は有名だろ

564 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/13 01:43
>>563
超有名。
大体11時半頃から、夏場は5時頃まで


565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 01:48
>>564
最近じゃ忍者も増えすぎて地元の人間が迷惑してるらしい。猟銃で撃って捕まった人もいるそうな。


566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 01:55
ニンともカンとも

567 :??L?:02/08/13 01:58
京都といえば灰損八丁。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:00
うちの研究室の教授、学生の頃酒に酔った勢いで
深夜の道路(カーブ部)でガードレールの後に首
だけ出して座って、通る車の運転手びびらせては
遊んでたそうだ(w
いきなり深夜のカーブでガードレールの上に生首
発見したらそりゃ驚くよなあ

569 :560:02/08/13 02:29
>>561>>563-565
そうだったんですか、長年の謎が氷解しました・・・

ってみんなしてからかってます?
ほんとに怖かったのにぃヽ(`Д´)ノ

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:29
>>548
都市伝説に突っ込むのもあれだけど
警察官が来たらまず警察手帳を見せるのが常識でつ。


571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:39
>>562
村八分で首ちょん切られるものかなあ?

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:39
オカルトじゃないが

京北町といえば常照皇寺は良い所だぞ。
北朝の光厳院が建てた寺なんだが
前正月行ったら、ほんと村里にある品のいい
ひなびた感じの禅寺で、全然観光客もなく
只管静かだった。

院の遺言にある
「私の墓に生える木、墓の上を流れる雲が我が友である」
(だから豪華な陵や副葬品なんかは要らぬ)
ってのがまたいい。
ただし正月三が日に行ったんで、町営バスがないんで
京都バスのターミナルから8`も歩く羽目になった。

オカルトじゃないんで下げ。

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:45
ぎゃ〜〜〜〜〜ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

おれの;:;へt¥や・
部屋に・・でt@:

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:49
京北町はたしかに北山杉の山々の中にある町だな。
人家もそれほどないし。

町の北側をぐるっとまわるようにして
芹生?方面へ抜ける県道だか町道だかがある筈だが
40数`ほど延々と山道が続くはず。
夜なんか通りたくはないな。

これも下げ。でも常照皇寺はほんとお勧め。

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:52
>>560たんに萌えてしまいますた

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 02:54
モンキーなんとかの話誰か貼ってくだされ

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 03:20
日本の妖怪弱いなーw

578 :猫侍:02/08/13 03:23
>>576
その話過去にあるよ

それにしてもこのスレッドはやいな〜もう半分過ぎてる^^;
20までいくかな?

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 04:03
ミンキーモモだっけ?Partいくつかだけでいいから教えて。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 04:32
>>579
前スレ

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 05:23
モンキーミミ

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 05:31
では、私の妹の体験談を・・・

私が中学生だった頃、友人が昨日すごい怖い思いをした
んだ!と打ち明けてきました。
なんでも、友人の友人から、
「友達に、日本人形の話をしていたら、その夜本当に日本人形が
現れて、怖かった!」
という話を聞いたら、なんと自分の家にも日本人形が現れた、
という話を聞いた。そしたら、自分の家にも日本人形が現れたんだ
って話を友人が聞いたそうです。(ややこしくてスマソ)
そしたら、案の定、私の友人の所にもやってきて、寝ていたら
自分の上に乗っかってきて怖かったというのです。
私は、思わず、まさか私のところには来ないよねぇ〜なんて言って
家に帰ったのですが、結局、私はそのままぐっすり眠り何事も
おきませんでした。すっかりその日本人形を忘れていたのですが・・
しかし、朝、家の妹が青ざめて起きてきました。
そして、昨夜の出来事を話始めました。


583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 05:32
582の続き

妹は、夜中突然金縛りにあい、急に目がさめたそうです。
すると、階段をゆっくり上ってくる気配があり、なんか嫌な予感が
したそうです。まさか、自分の部屋に来るのでは??そう思って
ぎゅっと目をつぶってなんとか金縛りをとこうとしました。
しかし、解けることはなく、逆に部屋のドアがすーっと開き、
何かが入ってきた。なぜか目をつぶっているのに、三歳ぐらいの子供
ぐらいはあるだろう大きな日本人形だということがわかったそうです。
そして、自分の周りをぐるぐると周り、不気味な笑い声を出していた
そうです。余りにも怖いので、何とかしようと目をかすかに開けた
瞬間、日本人形が目の前にぶわっと髪の毛を垂らしながら覗き込んで
きたそうです。あまりの恐怖にお母さん助けてっ!と心で叫んだら、
日本人形は、ふっと体制を変え、部屋を出て行き、廊下をすーっと
歩いて、私の寝ている部屋のドアの前まで行ったそうです。
ああ!お姉ちゃんの部屋に行くって思ったそのとき、日本人形は、
私の部屋の前ですーっと下に降りていったそうです。
私の下の部屋・・・つまり家の母親が寝ている部屋です。
その後は家の妹は分からないそうですが、家の母親は、そのとき
すごく苦しくて眠れなかったと言っていました。ただ、日本人形
は見なかったそうですが。
しかし。。。聞いた本人に現れず、なぜ家の妹のところに
行ったのか、今でも不思議・・そして、何故に母のところへ??
私だけ、のんきに寝ていたのは言うまでもない。

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 09:28
室井繁の話は、文春だか週刊朝日で本人の連載で
読んだ。その前にUSOでも都市伝説としてやっていた。
つまり、室井の友人の体験が、都市伝説化したのだろう。
読んだのは去年。何月頃かは忘れた。


585 :まんぢる:02/08/13 09:50
数年前に台湾の高雄に行った時、
友人達とレストランへ夕食に向かうためにタクシーに乗った。
割りと道は空いていたが、
運転手は道のまん中ばかり走る。
時々対向車が来る時だけ、右(台湾は右側通行)へ寄る。
助手席にいた俺が横を見ると、
ドライバーは手首から先のない手で器用にシフトチェンジをしていた。
車から降りるまでだまってたが、
後で皆騒然となったのはいうまでもない。

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 10:32
>>583
つえ〜


587 :490:02/08/13 10:32
中に入ってみると事務所の部分は棚等が倒されていてぐちゃぐちゃに荒されているようで、
自然に2階への階段へと足を進めました。階段の手摺のところにはトタンに塞がれていない
4階からの光が届いて、誘われるようにそのまま4階へ。
見たところ4階は一本の通路が奥まで延びていて、部屋番号の付いたドアが左側に並び
右は全て窓で丁度倉庫や飯場が見渡せるようになっていました。
なんとなく緊張も解け、どうやら社員寮であるその部屋を順々に覗きながら奥へ進んで行きます。
各部屋には作業服とか靴下やそんなものが落ちているだけで大したお宝は見つからず、
ついにどん詰まりの部屋の扉のノブに手をかけました。
続く


588 :490:02/08/13 10:34
中は他の部屋と違いカーテンが閉めてあり薄暗くなっていました。
最初に目についたのは部屋の中央にひかれた布団でした。
まるで今まで誰かが寝ていたかのようにめくりあげられた掛け布団、
周りに散乱するマンガ、エロ本、ゴミ。
その部屋には他の部屋にも増して凄い生活感が漂っていたのです。
ちょっと薄気味悪さを覚えつつも、エロ本を見たりした後に、更なる獲物を求めて
押入れの襖を開けました。
上段には大きく丸められた新聞紙が突っ込まれていました。
続く


589 :490:02/08/13 10:35
何か茶色に汚れた感じのその塊からふいにどっと異様な匂いが押し寄せてきて
反射的にげっとしゃがみ込むと、そこにでかい・・・スコップ。
小学生の私の頭でも、柄まで赤黒い斑点が飛び、先が汚れたスコップと
仔犬の無残な屍骸とが結びつきました。
急に恐ろしくなって慌てて廊下に飛び出、階段の方に走る私の耳に
「ガリガリガシャン!!」
階下より金属音が聞こえたのです。
しゃがみ込んで窓から外を覗き込むと、見えました。
パーカーっぽいのを着、頭を短く刈り込んだ男がスーパーのビニール袋らしきものをぶら下げて侵入口の所に立っているのが。
続く


590 :490:02/08/13 10:36
その顔がこちらに向けられ、目が合った気がした。
心臓バクバクで「殺される殺される」と足をがくがくさせながら、はいずって廊下を戻りました。
奥の部屋に戻りカーテンと窓をあけ、覗き込むと2階の屋根の部分が出っ張っており、エアコンの室外機が置かれています。迷わず室外機に上へ飛び降りました。
(今考えると狭いひさしの部分でよく飛べたもんだと思います)
そこから倉庫の屋根の端に乗り移り一目散に逃げ帰ったんです。
はたして債権者のヤ組の居座りだったのか?その後不気味なことに近隣の道端に焼き焦がされた犬の屍骸とか口に棒を突っ込まれた状態の犬の屍骸が放置されていました。
まるで自分への警告のようで死ぬ程ビビリまくったのを覚えています。
長くて失礼しました。


591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 10:38
そりゃこわいわな

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 10:56
>>587-590はつまらないので読む価値なし

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 11:06
夢と霊感って関係あるかもしれない。

後輩の話を聞いてしみじみとそう思った

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 12:02
このスレで以前に何度か出ている「ドアノブ」の話。
私が体験した短大時代の話と似ているんです。
私には霊体験だったのかどうかもわからなず終い。
自分と似たような体験のある人っていたんだ!と
びっくりしたような・・・更に怖くなってしまったような・・・
ちょっと妙な気分です。




595 :594:02/08/13 12:04
さて体験談ですが・・・

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を
目指す人たちが専攻しています。
授業の中には、「学校給食」やら「体育」やらといったモノもあって
私は体育が苦手でした。中でも「鉄棒」の授業はお手上げ状態で
毎日放課後になると、同様に鉄棒を苦手とする友達と連れ立って
鉄棒の練習に励んでいたのです。
練習していた場所は地下にある体育室で、練習する時間といえば
夜の七時すぎから八時すぎの一時間ほど。
(短大だったので短い期間で取得単位が多かったので
一日の授業の数は高校並でした。)

いつものように鉄棒の設置をして練習・・・
この日も、あまり成果の得られぬまま練習を終え
更衣室に入って着替え始めたのですが・・・
(ちなみに私と友達2人の計3人)
おしゃべりしながら着替えをしていると
がちゃがちゃ・・・・という音と共にドアノブが動き始めたのです。
少し驚いて、私達は小さな悲鳴をあげましたが
誰かのイタズラなんじゃないかと思いなおし
ドアの外側に向かって声をかけてみました。
「誰かいるの?どうしたの?」
ドアノブの音は収まったものの
反応はありませんでした。



596 :594:02/08/13 12:05
元来気の強い私が、もう一度声をかけてみました。
「誰っ!私達をからかってるんでしょ!!??」
やはり反応はありません。

私達3人は、かなり怖くなってきました。
すでに着替えは終わっていたので
早々に立ち去ろうとカバンを肩にかけてドアに近寄ろうとすると

またです!

がちゃがちゃがちゃ・・・

しかも最初は音も小さく回転もゆっくりだったのが
段々と音も回転も激しさを増してきて
ドアノブが壊れるんじゃないか!?という勢いでした。

あまりの怖さに悲鳴も出ません。

どのくらいの間、その状態が続いたのかは覚えてないのですが
ドアノブの音と回転が収まった時
友達の一人が、「きっと幽霊だ!怖いよ怖いよっっ!!」といって
泣き出したので「大丈夫!大丈夫!」と背中を叩きながら
よせばいいのに、私がバカな事を言ってしまったのです。



597 :594:02/08/13 12:05
「原因がわからないから怖いんだよ!原因を確かめよう!」

私がドアノブの外側。
残りは更衣室の中に残って様子を見てみよう・・・と。

怖かったのですが、恐怖感が原因追及することで
収まるような・・・妙な感覚が私に沸いてしまったんでしょうか?
とにかく、そういう事にして・・・私はドアの外側に立ちました。

わずかな時間ですが、
何故「がちゃがちゃ」と動くのか確かめてやろうと
私はドアノブを凝視して(睨んでいた)いました。

ふいに更衣室から
「いやぁぁぁっっ!!!!」と友達の叫び声が。
びっくりして更衣室の中に入ると
2人の友達は半泣き状態でした。

私が見ていた外側のドアノブに異変はありませんでした。
しかし更衣室側のドアノブは
再びあの現象を起こしていたのだというのです。

がちゃがちゃがちゃがちゃ・・・・・・・

もう原因追求どころの話ではありません。
3人固まるようにして更衣室を飛び出ると
体育教官室まで走って逃げていきました。
助手の先生にワケを話しましたが、笑い話にされてしまって終わり。
それ以降、放課後の鉄棒の練習は怖くて出来ませんでした。

未だに原因は、わからず終い。
もうあんな体験はうんざりです。

598 :594:02/08/13 12:08
長々書き過ぎて読みづらいみたいです。
皆様ごめんなさい。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 12:34
だから前スレみれないんだってば

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 12:40
あらあら、それはかわいそうね(^。^

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 12:47
街を歩いてると昔の彼女にソックリな女が、
子供の頃の俺にソックリな子供を連れてた。
「こりゃ洒落にならん」と、足早にその場を去りました。

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 12:54
>>594
ドアノブって片方回したら連動して反対側も回るよね?
片側だけガチャガチャなってたって、ドアの断面図で見たら
どんな状態になってるのか気になる!でも怖いね…

603 :らぁめん:02/08/13 12:56
怖いですね・・・


604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 12:57
>>594
つまり「内側から回されていた」ということかな?

605 :らぁめん:02/08/13 12:59
二人を驚かすために外から回したとか・・・
でもそれじゃあ三人中にいるときは・・・・?


606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 13:10
仕掛け人のD子のしわざです
「ドッキリ成功!」の看板を持っていこうとしたらなんか先生のとこ行っちゃったんで出辛くなりました

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 13:33
ははーん。そのD子とやらが、
ドアの隙間に入って中から
ガチャガチャしたってわけか。

608 :猫侍:02/08/13 14:05
>>599

少しすればみれるようになるよ

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 14:32
犯人は厚さ1ミリの女

610 :594:02/08/13 14:37
>>604
それがわからないんです。
私が外に出て中に友達2人残して
確かめるようなマネをした時は
私の方のドアノブはピクリとも動かなかったのに
友達のいた更衣室側のドアノブは激しく音を立てて
回っていたらしいんです。

自分自身は霊体験なのかもわからなかったけど
今日、オカ板見ててログ倉庫発見して
そしたら「ドアノブ」っていうのがあって
ビックリしつつ自分を同様の体験談もあるのだ!?と

記憶が蘇った感じです。


611 :594:02/08/13 14:39
ドアノブの体験談は三つもあったんですね。
>>609
原因がそれだとしたら
余計に怖いよぉ(涙

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 14:48
>>602
>>594
>ドアノブって片方回したら連動して反対側も回るよね?

あふぉ、一回試してみ〜 回りゃせんよ。



613 :三つの願い:02/08/13 16:03
死ぬ程激しくガイシュツかも知れないが昔聞いた話。

あるところに男がいた。
男は年老いた母と二人で暮らしていたのだが、嫁に来てくれる女がいなかった。
男は知る限りの神様に祈願したが、一向に御利益がない。
最後の頼みとばかりに、三つの願いをかなえるかわりに三つの不幸をもたらすと
言われる祟り神に「どうか美しくて気立ての良い嫁を授けて下さい。」
と願をかけた。
すると、まもなく男に縁談の話が来て、美しくて気立ての良い嫁をもらった。
男はしばらくは幸せに暮らしたが、何年たっても子宝に恵まれない。
そこで男は、また祟り神に、今度は「どうか子どもを授けて下さい。」
と願をかけた。
不思議なことにまもなく男の妻が身篭り、十月十日後に玉のような男の子が
生まれた。
男は大変喜んだが、生まれた子供は産声ひとつ上げない。ひとつ、ふたつ、
みっつになってもまだウンともスンとも言わない。
困り果てた男は、ついにたまりかねて、祟り神に「どうか子供が声を出せるよ
うにして下さい。」とお願いしてしまった。
すると、子供が初めて「お母さん」としゃべった。
次の日、目が覚めると男の妻が布団の中で血を吐いて死んでいた。
悲観にくれる男の前で、子供が「おばあさん」と言った。
すると次の日、男の母親が軒下で首を吊って死んだ。
男は次に自分の名が呼ばれるのではないかと恐ろしくなり、布団の中でが
たがたと振るえて過ごした。
そして、ある日ついに子供が「おとうさん」と言った。

次の日、隣のおっさんが川で溺れ死んだ。

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 16:04
B子およびC美「ふふ、A子ったらすっかり騙されちゃって。いつも澄ましてばかりいるA子にはいい薬よね!」

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 16:40
>>613
死ぬ程激しくガイシュツです。

616 :594:02/08/13 17:20
>>614
そっか!私が騙されたのか!(笑)

ん?あれ・・・でもさー
そしたら更衣室の中で3人で目撃した
動くドアノブは何だったのぉ?

やっぱ怖いよぉ・・・(涙

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 17:24
>>616
1ミリの・・・

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 17:27
4人目の仕掛け人がいたんだろ

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 17:27
あ…3人目か

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 18:52
>>594
藤嬢人物を全て男に置き換えてみたら気分悪くなりました
史ね

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 20:06
>>620
勝手に置き換えて勝手に”史ね”って・・・w

622 :恩返し:02/08/13 20:08
ならばこれはどうだ?

ある所にひとりの猟師がいた。
猟師が山に獲物を捕りに出かけると、仕掛けておいた罠に一羽の大きな白い鳥
が掛かっていました。
猟師が鳥を捕まえようとすると、驚いた事に人の言葉を話しました。
「待ってください。私助けてくれれば必ず恩返しを致します。」
そういわれて猟師は咄嗟にツルの恩返しの話を思い出し、
「よし、ツルよ、必ず恩返しに来るんだぞ。」
と言って放してあげました。
ところが、いくら経ってもツルは恩返しに来ません。
怒った猟師は山に出かけ、ツルを探しました。
やっとの思いでツルを見つけた猟師は、詰め寄ります。
「おい、ツル!なんで恩返しにこないんだ?」
鳥は当たり前のように答えました。

「私はツルではなくてサギです。」

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 20:20
これはどうだ?ってあーた・・・・

「洒落にならない話」スレに駄洒落話を書き込んでどーするよ

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 20:34
母「おい、おまいら!!夕食ができますた。リビングに集合しる!」
父「詳細キボーヌ」
母「今日はカレーですが、何か?」
兄「カレーキターーーーーーーーー」
妹「キターーーーーーーーーー」
姉「カレーごときで騒ぐ奴は逝ってヨシ」
母「オマエモナー」
父 --------終了-------
兄 --------再開-------
妹「再開すなDQNが!それより肉うpキボンヌ」
母「ジャガイモうp」
姉「↑誤爆?」
兄「タマネギage」
父「ほらよ肉>家族」
妹「神降臨!!」
兄「タマネギage」
母「糞タマネギageんな!sageろ」
兄「タマネギage」
姉「タマネギage厨uzeeeeeeeeeeee!!」
母「ageって言ってればあがると思ってるヤシはDQN」
セールスマン「イタイ家族がいるのはこの家ですか?」
母「氏ね」
父「むしろゐ`」
兄「タマネギage」
妹「兄 、 必 死 だ な ( 藁 」

625 :ああ:02/08/13 20:54
洒落にならないシリーズの傑作選みたいなサイトってどこでしたっけ?

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 21:01
http://www2.csc.ne.jp/~okaruto/index.htm

627 :  :02/08/13 21:18
今年はやらないのかな。お盆の「百物語」


628 :602:02/08/13 21:20
>>612
試してみたら、両側回りマスタ…( ;゚Д゚)
うちのおかしいの?よそのも今度試してみるよ。

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 21:22
>>627 一度で言いから生ライブで見たい・・・。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 21:24
>>628 まわしたらドアノブごと取れますた。

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 21:24
久しぶりな人です、
今の話し系良スレ(オカ板)を教えてください。

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 21:26
>>628
両側回るのも、まだ残ってるようだね(w
一般事務所などに使われるドアノブは
片側しか回らないのが多いはず。。

633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 21:51
>>622
ワタラ

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/13 23:59
ミンキーモモ怖くないじゃん・・・

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 00:06
>>634
投稿人のキャラが受けただけでは・・・


636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 00:15
>>625
やっぱ、こっちでしょ

http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 00:20
ミンキーよりまるはっちんの方が格段に怖い

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 00:23
>>635&636
うーん、そうかなぁ?
過去ログ読んできたけど、まぁ確かに「洒落にならない話」ではあるかなぁ・・・・と思う罠。
怖いっていうより、気持ち悪いな。

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 00:27
>>637
・・・・・。
あれも気持ち悪いよなぁ・・・よく読むと。
陰湿さはあっちの方が上かなぁ。
ま、人の好みだからねぇ。
ミンキー⇒気持ち悪い話に10ペセタ。
まるはっちん⇒陰湿な話に100ペセタ。

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 00:29
そういや「彷徨える女」っていつupされるんだろ?
話を知っているヤシ、upキボーン。

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:21
お札(おさつ)とお札(おふだ)が同じ漢字なのをどうにかしてくれ。
おふだが出てくる怪談がウマーな話にしか聞こえん

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:24
部屋にいると時々「バキッ!!」ってTVが
いうんだけど、なんでかな? 

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:25
「バキッ!!」って言いたいんじゃないの?

644 :ダヌル・ウェブスター:02/08/14 01:27
それは「バキテレビ」じゃないかな。

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:29
>>644
そのまんまでないの。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:29
家のテレビもよく「バチッ!!」って音がなるよ
あれってなんだろうね?

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:32
part11は過去ログから外してもいいと思う

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:34
前スレhtml化まだかすら?噂のミンキモモよみたいわ。

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:38

過去ログサイトいきなはれ。(Part15)
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 01:50
>>642 TVをONにしていて音がするのなら、TVケースが熱膨張して
    接合部分がきしむ音。
    ONにしていなくても音がするなら・・・・コワ〜
>>646 TVのブラウン管電極には高圧がかかっているので、放電
    する音。放電すること自体おかしいが、ほこりなんかが
    たまっていると、着火することがまれにあるから、
    中を掃除した方がいい。マジで。

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 02:35
>650
家のテレビ、コマーシャルになると大音量になるんだけどなんで?

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 02:41
家電製品のトラブルQ&Aスレはここですか?

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 02:47
ここは夏休み子供相談室かよ!

654 :650:02/08/14 02:50
>>650 【訂正】TVをOFFにした直後くらいには、逆にケースの
    温度が下がって収縮するから、この場合も音がすることが
    ある。こちらの場合の方が多い。
>>651 放送局(民放)側でそのように調整している。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 03:04
>650
ありがとうございますた(半角風)

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 03:06
TVの映らないチャンネルのノイズって何なんですかね

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 05:22
>>654 なるほど、勉強になりますた。

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 07:16
家の犬たまに3回まわって「ワン」って吠えるんですけど、
その度に不幸な出来事が・・・


パンチョ伊東さん、ホントごめんなさい。

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 07:48
三年くらい前。大学に通うための部屋を借りました。
結構綺麗なマンションです。今は違うところに住んでますが。
はいったばかりの頃でした。休みの日昼過ぎまでゴロゴロしてました。
ピンポーンってチャイムがなったので除きマドから見たら
向こうもこっちを覗いていた。しかも変な顔だったです
びびって風呂の窓から逃げて近くの駅の便所に隠れてました
しばらくして落ち着いたから気を紛らわすためにビデオを借りて
家に戻りました。風呂場の窓を閉めて玄関に行くと玄関が開いてて
やばっ!泥棒だったのかと思いました。
しかし部屋に入るとベットに変な顔の奴が寝てました。
びっくりして何やってんだよ!と怒鳴ると。そいつは
この部屋をくれ」とか言い出しました。ふざけんなと言い争いをしていると
子供みたいに泣きながらくれーくれーって叫び出しました。ちょっとしゃれにならなくなって
きたので警察呼ぼうと思いましたが。警察の番号がど忘れしてしまい
友達に聞こうと思ったけどめんどうくさいので。
変な顔の奴に警察の電話番号知ってる?って聞きました。

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 07:49
するといきなり暴れ出して
机の電球は割られ冷蔵庫は倒されめちゃくちゃにされました。僕は頭にきてぶん殴りました
そいつはよろよろと倒れて泣き出しました。歯から血が出てました
そのとき隣のおばさんが騒ぎに驚いてたずねてきてくれました。僕は助かったと思って
警察に連絡してもらいました。警察が来るまでそいつは泣いてました。とおもいきゃ
ときたま僕をものすごい目つきで睨んでくる・・警察にそいつは連れて行かれました
障害者の方だったそうです。この辺じゃ有名らしくときたま人の家に上がりこんで
暴れたりするそうで警察も呆れて邪険にあつかってましたが。
ちょっとかわいそうに思いました。それから数ヶ月たったんですが。
隣のおばさんが教えてくれたんですが。あの障害者の人
その後施設にいれられてたけどすぐに舌癌かなんかで亡くなったそうです。
何とも言えない気分になりましたが。そんなこと1週間で忘れました。
しかし今では忘れられません。ときたま玄関をノックされるんです
夜の11時すぎごろに。ドン ドン ドンとノックしてきます
たぶんあいつです。見るのが恐いから見ないですが

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 09:04
なんか聞いたことあるような・・・

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 09:18
>>659
ぜんっぜんこわくない
死ね

663 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/14 09:19
シンジさんへ

初めまして浩一といいます。
私も同じ体験をしたことがあるので僕がやった対処法を教えたいと思います。
同棲している彼女が外出したのを見計らって、彼女の使っている歯ブラシを持ってきます。
その歯ブラシの”ブラシの部分”を自分の肛門の中へ挿入し、可能なら数回ブラッシングします。
もし抜いたブラシが酷く汚れていたり臭いが強い場合は水だけで洗いましょう。
私の体験談ですが、どうでしょうか?
ある程度はこれで対処できると思います。

ただ、すぐに彼女が歯ブラシを交換すると対処できなくなると思うので、十分に見極めて!
交換直後がベストなのですが、待ち時間が長くなると困りますよね。
同じ経験者として、シンジさんの今後が幸せになりますように願っております。

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 09:24
>>663
限りなくベストに近い方法

665 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/14 09:28
(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルガクブル



666 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/14 09:37
>ある程度はこれで対処できると思います。
何が?

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 09:45
>>666
獣の数字ゲトーおめでとう、うふふ。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 10:54
>>663は「彼女がアナル舐めを嫌がってしてくれません」っていう相談に対する答えか?

669 :まんた ◆IDjGPw72 :02/08/14 12:09
にしても何で彼女の歯ブラシを使うんだろう
きれいにするのが目的だったら何もそんな・・・

>もし抜いたブラシが酷く汚れていたり臭いが強い場合は水だけで洗いましょう。
つまり見た目普通ならそのままにしとくって事で

かなりマジレスしてみるテスト
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン!!!!コワイヨママン!!!!

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 13:06
っつか…痛いヨ
あんなモンでブラッシングしたら粘膜ボロボロ
そっから細菌入って炎症起して完璧痔になるよ〜
の前に用がたせないヨ痛くて。
目的が分からんっっっヽ(`Д´)ノ

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 13:22
コワー(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 17:15
>>670
歯みがき粉付けねーからだよ

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 17:47
>>670
柔らかい毛の歯ブラシから始めろ!!

674 :◆7bVRJBQY :02/08/14 19:12
「こちら●●消防署です。うちの人が朝になったら倒れてたんです」
この手の救急搬送、某地方では月に何度かあるらしい。
で、状況を聞いてみると。
「朝になったら、冷たくなっていて息をしていなかったんです」

おいお前ら、お願いだから救急病院に死体持ってこないでください。

でも、実のところいうと、最近は「畳で氏にたい」の逆が多くて、
世間体から、家で氏ぬよりも病院で氏んだほうがなにかと体裁が
いいということらしく、それでも、持ってきちゃうんだなー。
んで、死体に人工呼吸と心臓マッサージをしながら一応病院まで
持ってって、死亡診断書を書いてから、葬儀屋の黒いワゴンで
お持ち帰り。
病院であぼーんされると、お見送りで医者が一人取られちゃうし、
なんとか社会的救急搬送はなしにしてもらいたいものかと。

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 20:32
>659
警察の番号忘れるってお前どんだけDQNだよ

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 20:33

あら、あら、あら、あら・・・・・
ワラテよいのか分からないにゃあ。

677 :676:02/08/14 20:34
先のレス>>674

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 20:35
>>677
だからレス番つけろとあれほど・・・

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 20:42
http://w1.736.telia.com/~u73602493/flashback.html

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 20:50
>>674
自宅で亡くなっていた場合、事件性との関連から
病院に搬送されるんじゃないんですか?
わたしの肉親は、あきらかに亡くなっていましたが
病院まで救急車で運ばれました。
じゃないと死亡診断書も出せないって・・・。違う?
病気して通院していたからかな?
あ、スレ違いですね。ごめんなさい。

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 21:08
僕が飯食ってたんです、そしたら後ろに幽霊があらわれました
恐かったです


682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 21:09
そういや、バイト時代に残業で遅くなって深夜の空いてる電車に乗ったんよ。
んで、俺真ん中の席とか嫌いだから、必ず列車の端っこに座るんだけど
端っこって隣の列車も見える小さい窓がついてるんよね。
んで、疲れた〜ダルぅ〜と思って端に座ってふとその窓みたら
なんか顔中腫れて血まみれの男がさ。
よく見たら、なんかヤクザっぽい人4人に囲まれて奇声あげながら
ガンガン殴られてました。
さすがに俺は寝たフリしながら、速攻で次の駅で降りたよ(w
怖い怖い。

683 :681:02/08/14 21:11
写真です。
http://wasi.mods.jp/imgboard/img/img20020814162206.jpg

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 22:36
>>683
君揚げ物をオカズに惣菜パン食ってるのか?

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 22:39
昨日、友達の家に行きました(市営住宅で6階建て)
久しぶりだったので話も盛り上がり、帰る頃には夜中になってました。
エレベーターに乗り(友達の家は5階)1階のボタンを押しました。
何故か4階で1度止まり、1階に着きました。

ドアが開き「さっ降りよ」と思ったら
数秒後、全身に鳥肌が立ちました。
その場では、意外と冷静だったのですが、思い出すと怖いですね。

文章下手でスマソ

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 22:50
4階で誰かがボタン押したけど忘れ物して部屋に戻っただけだろ、、、

687 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/14 23:06
 「せんずりさ…」。目に陰までかけて、ダンディに決めているつもりなのでしょうか彼は。
 どことなく伴宙太と星飛雄馬を連想させる外見の二人ですが、当時の劇画はみんなこんな感じなので、特に「巨人の星」のエロパロとかではありません。

 ともあれ、ここで主人公がせんずりを知らないことが発覚。

 主人公「それやるとどうなるんだ?」
 木村くん「天国にいった気分になるのさ」

 そして、「よぉし一発伝授するか」などと言い出す木村くん。性に関する情報を雑誌やビデオやインターネットで仕入れる現代とは違って、30年前は兄弟や友人からせんずりの手ほどきを受けるのが常識だったようです。
 共同体の中で受け継がれていくせんずり文化。浪漫です。

 そんなこんなで、木村くんの一発伝授が始まります。

688 :(´Д`)/ ◆GoYYYYYY :02/08/14 23:18
>>687 (´ε`)ちゅ

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/14 23:33
>>682 ”隣の列車”って書くから隣のレール走ってる列車のことかと、
   状況が呑みこめんかったよ。
   ”列車”じゃなく”車両”だよ。
   

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:13
マンションで思いだしたよ。
川崎のマンションに数年前住んでいたんだけど、その部屋がエレベーター出て右手の突き当たりにあり、
向かいにエレベーター左手突き当たりの部屋と向かいあわせの位置にありました。
毎朝6:30頃家出て会社そばの店でゆっくり朝食とってから仕事つく生活
スケジュールを規則正しく続けてたんです。
ある時おかしなことに気が付きました。
自分が朝扉を開けて出た瞬間、向かいのドアが同時に閉まったように感じたんです。
そういえば向かいの住人見た事無いな、早起きなヤツだな〜なんてそん時は思いました。
ところが、気を付けていると次の日も、その次の日も全く同じく閉じる音がするんです。
まあ、それでもほぼ出勤する時間は同じだったのでまだ、向かいも新聞とるのが
規則正しいだけかもしれん、と考えていました。
そんなある日、珍しく出張が入っていたのでいつもより10分ほど早く部屋を早く
出なくてはなりませんでした。
で、バーンと扉開けたら、そこにいたんです。
「麗子像」そっくりの気味の悪い女が。
おかっぱで広がった色黒の大きい顔、小さくずんぐりとした体躯、着物。
目があった瞬間
すごい勢いで滑るようにUターンし向かいの開け放したドアに飛び込み勢いよく閉じられました。
あまりの気持ち悪さにしばらくその場から動けませんでしたよ、ほんとに。

ヒッキーかもしれません。単なる人嫌いかもしれません。
なんだよ、レイープされるかのように逃げやがって。こっちのほうが怖いわ!
とかも思いました。

しかし、後から考えてみると
何故10分も前からこちらを向いてエレベーターホールよりこちら側に立っていたのか?

この以降聞き耳をたて、必ず大げさな音をたててから部屋を出るクセは引越ししても
治っていません。



691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:28
緊急
NASAがついに宇宙人認めたらしいな。
BSで緊急記者会見やってた。

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:38
>>691
マジすか、なんかソースない?まだ出てないか。

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:49
>>691
これのことですね?
今日の5時頃和訳放送やるので見るよ。
こりゃ大変だ!!


25 名前:名無しさん@3周年 投稿日:02/08/15 01:22 ID:1GXCOP+L
【緊急】NASAついに知的地球外生命体との交流認める【会見】

ソース:BS放送のABCニュース(現地生放送における速報)

NASAが初めて知的地球外生命体の存在を認め、
近く9月上旬に公開することを決定した。
1965年以来、ブルーノート計画を発端に文化の交流を含め、
地球では考えられない科学技術を習得を試みた結果、
多大な知的財産と自国の発展に寄与出来たとのこと。
しかし昨年、新たな事実が判明し、自国だけでは対処不可能な
問題が発生し、これまでの地球・宇宙に対する概念を大きく
変更せざるを得ない状況にあり、それによる危険な問題が
浮上したとのこと。
今回の緊急記者会見は、全世界の各国に危機の打診を
行うのが目的とのこと。


訳はある程度大筋です。
今日は大変なことになりそうです。


694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:52
本当?

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:57
>>693 本当だとすると地球の歴史的ニュースだよ。
   しかし、アメリカはほとほと身勝手な国だな。
   財産は独り占めで危険はみんなで負担かよ。
   早くニュース詳細が知りたい。

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 01:59
ナンチャッテ、とか言うんじゃないだろうな・・・

697 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:03
ほんとならスレぐらい立つだろ

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:03
なんか本当らしい。
ニュース速報+板のインドのUFOと関係ありそうな。

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:04
>>679 は何?
 

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:06
は?マジ!?
とうとうTVで宇宙人と交流とか
いっちゃうワケ?

701 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:10
これネタだよ。同一人物のコピペ。
こんなニュースほんとだったらニュース速報+の板にすぐスレッド立つよ。


702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:12
>>701
っていうか、現地の速報なので、
英語のわかる人でないと何言ってるかさぱーりですわ。

703 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:15
ABCのサイト見たけど何も出てないぞ

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:16
なんだネタかよ、ウキウキさせやがってからに

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:16
>>701
ネタにしちゃ良くできてねーか?

706 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:18
>705
これくらいで良くできてるとかいったら、
あの「マウンテンバイク」「犬鳴」はどうなるんだ。

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:18
宇宙人キターーーーーーーーー!!!

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:20
もういいっつの

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:23
ブルーノート計画?
もしかして米空軍のUFO調査機関、プロジェクト・ブルーブックの事か?

詰めが甘いな。もう少しディテールに凝れよ。



710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:24
ブルーノートっていったらJAZZの方だよな。



711 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:26
一瞬、なんというか人生が開けた気がした。

ある意味ありがとう。。

712 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:27
702
>っていうか、現地の速報なので、
>英語のわかる人でないと何言ってるかさぱーりですわ。

なに言ってるかさぱーりなのになんで内容を知ってるんだ。。

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:31
ブルーノーツ計画じゃないの?

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:32
宇宙人キターーーーーーーーー!!!

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:40
そういえば、昔、レーガン大統領が
世界が団結してでも、地球外侵略者と戦うべき備えが必要と
サミットかなんかで言ってたけど、それと関係あるのかな?

716 :あなたのうしろに名無しさんが:02/08/15 02:50
だからネタだって

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:52
>>716
楽しい一時をありがとう。

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 02:56
おい、NASAが宇宙人認めたぞ!
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news/1029343970/


719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 03:11
だから寝ただろ?
おまいら釣られすぎ(w
そろそろ本題に戻ってくださいよ。

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 05:45
中学生の頃の話なんですけど当時、「スパイダーマン」ってアメコミが流行ったんですよ
あの、くも男の奴。口から糸を吐き出す奴ね。
でね、彼は蜘蛛だから、ビルとかよじ登っちゃうんですよ。素手で。
もう、それは物凄いスピードで。カサカサカサって。憧れましたね。
凄いよね。うん、凄い!かっこいい!で、中学生ですから、やっぱり、真似しちゃうんですよ。
カッコイイもんね。友達7−8人でカサカサカサって。
授業の合間の休み時間とか、昼休みとか、7−8人でカサカサカサーってやるんですけど。
流石に重力には逆らえないから床の上を這い回るんですよ。女子とかには白い目で見られてましたけど
そんなの知らんぷりですよ。所詮、男のロマンは女にはわかりませんよ。
白い目で見た女子の足の下を、わざと潜り抜けてやったりしてね。これ犯罪ですよね。
でもね、面白いもので僕達がカサカサやってるとつられてやる奴とか出てくるんですよ。
別に「スパイダーマン」好きでもないのに。なんか頭来ますよね。

そうなると、先駆者の意地、ファンの意地がありますから水平から垂直への
果敢な挑戦が始まるわけですよ。重力からの脱出ってやつですか。
野球部のバッターボックスの後ろにフェンスってありますよね。あの編み編みした奴
あれ。あれ使ったんですよ。僕的にはバルログみたいで嫌だったんですけどね。
「ヒョ〜」とか言って全然カッコ良く無いんだもんバルログ。
でも他に登れるとこ無かったから我慢しましたよ。で、野球部が練習してない時とかに張り付きに行くわけですよ。
登ってみれば解るけど、結構高いんですよ。あのフェンス。校舎の三階の窓に届くか届かないかってところまであったんじゃないのかな?
で、いつもの様に友達たち(10人くらい)と張り付いていたら野球部の顧問が凄い顔して走ってくるんですよ。
僕達「やベーーーーっ」って一番高いところ目指してよじ登りましたよ。物凄い勢いで。
顧問、なんか下で懸命に叫んでるんですけど、何言ってんだかわかりゃあしない。こっちも必死ですから。
そしたら突然「ブチーーーーーンッ」てフェンスの右上の方が剥げて、僕を入れた4人が後ろ向きに
「うわあああああああああああぁぁぁぁぁ〜〜〜ッ」って空を見上げる格好になったんです。怖かったです。泣きましたもん。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 06:00
>>243
遅レスだが・・・

>七代先まで呪ってやる

これ 縁戚でお稲荷さんに憑かれた人が同じ言葉を口走った。
七代ってのは、何を基準にしているのだろうか。

七回忌とかに通ずるものがあるのだろうか。

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 06:08
ラッキーセブン

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 06:29
七代先の子孫は大迷惑。

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 08:58
たしか仏教では七は永遠を意味する数字だから
永遠に祟ってやるという意味じゃないかな。

725 :えび ◆EBITIAAA :02/08/15 09:48

【向こう岸に立つ女】

去年の夏、千葉県の銚子に転勤した友人Yを訪ねて行った時の事です。

Yのアパートは利根川沿いの比較的静かな場所にありました。
部屋の窓からは河口付近の広々とした河の風景を見ることができ、昔から大きい河の近くに
住んでみたいと思っていた私にとって、なんとも羨ましい限りの環境でした。

夕刻になり、思い出話や雑談も尽き、私はぼんやりと窓の外を眺めた。
そういえば向こう岸は茨城県なんだなあ、と思いながら見ていると、あちら側の川岸に誰かが
立っているのに気がつきました。

よく見えないのですが、かろうじて女の人であることだけは分かります。
私が窓際を離れるまでの一時間くらいの間、彼女はずっと同じ場所に立っていました。
その時は、さほど気にならなかったのですが・・・・


私は東京での私用の為、Yの家に4、5日泊めてもらう事にしました。

翌朝、少し遅い時間に起きた私は換気も兼ねて窓を全開にし、河の景色を眺めました。
するとまた、あの女の人が川岸に立っているのです。
次の日も、そのまた次の日も彼女はそこに居ました。
よほど河を眺めるのが好きらしい。
私もその気持ちが分かるので、なんとなく彼女のことが気になりはじめたのです。
いったいどんな人なんだろうかと興味が湧いてきました。

私は、どうにかして彼女を近くで見れないものかと思案しました。
しかし向こう岸へ渡るには、近くに歩いて渡れるような橋もありません。
あるのは銚子大橋という、車でしか渡ることの出来ない橋のみです。
わざわざ遠回りして見に行くのは流石に気が引けたので、仕方なくそれは諦めることにしました。

726 :えび ◆EBITIAAA :02/08/15 09:50
その日、仕事から帰ったYとビールを飲みながら、それとなく彼女の事を話してみると

「へえ、俺ぜんぜんそんなの気づかなかったよ。で、かわいいコなのか?」

Yも興味深々な様子です。

「さあね。遠すぎるから、そんなのわかんないよ。もしかして今もいるかもしれないし見てみたら?」

言って私はYと一緒に窓際へ移動し、向こう岸を眺めました。
すると案の定、彼女はいつもの場所に立っていたのです。

「なるほどなあ、確かによく見えないよな。」

そう言うとYは押入れから双眼鏡を持ち出して来ました。
釣り好きの彼は、いつもこれで河の様子を部屋から確認しているみたいでした。

「どれ、貸してみて。」

私はYから半ば無理矢理に双眼鏡を借り、対岸を見てみました。
それでもまだ遠いせいか、はっきりとは見えないのですが、彼女は茶色のワンピースを着た
若い女性であることが確認できたのです。

727 :えび ◆EBITIAAA :02/08/15 09:52
次にYが双眼鏡を覗きました。
ここでいつもなら辛辣なコメントのひとつでも吐きそうな彼が、珍しく黙っています。
私はYの様子が少しおかしいのに気付きました。
妙なことに彼は、その場に固まってしまったかのように身動きひとつしないのです。
心配になり、私が声をかけようとしたその時、Yがポツリとつぶやきました。

「なあ、あれ、あの人、こっちに向かって歩いてきてる。」

私は最初、彼の言っている意味がよく把握できずにいました。
そしてYの隣に移動し、向こう岸を凝視すると・・・・

確かに歩いているのです。
水面の上を。

私は瞬時に彼女が異形の者であることを悟りました。
「やべえ、こっち見てるよ。ここに来る気だよ。」

「貸せ!」
私はYから双眼鏡をひったくって覗くと、彼女はもう河の中央ほどまで移動して来ていました。
今までよく見えなかった部分も、今なら鮮明にわかります。

その顔は水でふやけた水死体のように真っ白で、ぱんぱんに膨れ上がっていました。

私達はパニックにおちいり、一目散に部屋から逃げ出しました。
彼女に憑き殺されそうな気がしたからです。

結局その日は部屋に戻れず、隣町のビジネスホテルに一泊しました。

その後Yはアパートを引き払い、別の町へ引っ越してしまったようです。
私が気にするあまり、対岸にいた彼女を呼び寄せてしまったのでしょうか。

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 10:17
後ろにくっついいるようです。

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 14:26
>723
この悲しみをどうすりゃいいのー♪

誰が僕を救ってくれるのー♪

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 15:24
>>720
あかん!笑いとまらなくなってしまった!!!洒落にならん笑える話だ。

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:22
俺、家賃2万4千円のボロアパートに住んでて、エロ本の類は
全部屋根裏部屋にしまってるんだけど(押し入れの隅の四角い板を持ち上げて
そこに手を突っ込んでドサドサ適当に投げ込んでる感じ)エロ本もかなり増えてきて、
屋根裏部屋でもエロ本がゴチャゴチャになって目当てのエロ本を取りたくても
自由にとれなくなったから、エロ本整理のため昨日の深夜4時ころ押し入れの中に入って屋根裏部屋に通じる
四角い板を持ち上げて、はじめてそこに顔突っ込んで屋根裏部屋の中を見たら、
30センチくらいの畸形児っぽいミイラがあった。
これはネタになるのでは無いかと思って、それを手にとって良く見たら
本物の畸形児なのか作り物なのか見分けがつかない。
とりあえず、気持ち悪いんで袋に入れて洋服タンスの中にしまっておいて
明日大家に相談しようと思って、寝たんだけどさっき起きたら洋服タンスが開いていて
その畸形児みたいなモノが無くなってる。
続く

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:28
先日、夫の実家に行ってきました。
深夜にカブトムシを採りに行くことになって
義父、夫、息子、私の四人で出かけました。
真っ暗な山の中、うっかり息子とはぐれてしまいました。
穴にでも落ちてたら大変だと、必死に探しました。
しばらくすると息子はカブトムシをたくさん持って戻ってきました。
「・・・それ、どうしたの?」
「おにいさんにもらった」
「どんなお兄さんだった?ありがとうは言った?」
「おにいさん、たくさんいたけどみんなどっかいっちゃった」
先ほど辺りをさんざんうろつきましたが、誰にも会っていません。
息子はまだ小さいので、自力で採ることは無理だと思われます・・・。

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:31
>>720
私の脳内で、後ろにひっくり返るシーンがスローモーションで再現された
爆笑した

734 :732:02/08/15 17:31
>731
ごめんね。間に入っちゃって。
あんまり気持ち悪いから誰かに聞いて欲しかったの。

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:33
はずかしがりやのお兄さんが、恥ずかしがりゆえに夜集まって
地味虫取り大会してたんだよきっと。でも子供には優しいんだね
良かったッスね。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:35
>>720はバルログの呪い、あるいはバル様ヲタ女の呪い。

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:35
>>720
アンタ面白いなあw

738 :732:02/08/15 17:41
735
そうしておきます。怖いの嫌だから。
怖がりのくせに怖い話好きだから、いざ自分が遭遇するのは嫌なのよね。

ちなみに場所は福島県・北会津です。
その辺には心霊スポットとかは無いですよね?

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 17:44
>>731
続きは?

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 18:09
>>731
大丈夫か?

741 :ユウコ ◆wHPtuzPE :02/08/15 18:27
とても直接人には話せないのでここで話します。
アヤ(仮名)と私が学校帰りに、今日どこで遊ぶか話しながら歩いていました。私はメールを打っていました。
するアヤがフルスモークの黒いバンを見て、あの車の窓に顔みえない?って言ったんです。
私は見えなかったので「見えないよ」と言ってメールを打ってました。アヤは「うそ〜」と言って
黒いバンに近づいて見にいきました。「きゃー」と声がして黒いバンを見ると、ドアが閉まるとこでした。
すぐに車が発進してしまいました。一瞬、アヤはどこ?と思ってすぐ車に連れ込まれたと思いました。
でも一応その辺にいるかもしれないと思い曲がり角の先を見て、近くの店の中を見ましたがいません。
するとケータイに電話がかかってきました。着信にアヤと表示されています!急いで出ました。
すると男の声で「お前の名前も住所も解ってる、この女の事を警察にも誰にもしゃべるな、
しゃべったらお前を絶対殺す。」と言いました。アヤは死体で発見されましたが私は怖くて警察には言えませんでした。


742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 18:35
>>741
貴重な体験ですね!

743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 18:43
>>731
1文なが!

744 :きつねうどん大盛り:02/08/15 18:51
>>やばいね

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 18:54
>>720
カワイイ

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 20:40
>>741

「ヤるなら俺をヤれ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 22:13
731ま〜だ?

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 22:27
深夜タクシーを運転中に喪服のおばあさんを乗せたそうです。
行き先を聞いて発進していたのですが、薄気味悪いおばあさんなので気になってルームミラーからチラッと覗いたそうです。
そしたらおばあさんの両足が無かったのです。
びっくりして急ブレーキして恐る恐る振り向くと、後部座席には誰も座っていません。
運転手さんが呆然としているとどこからともなくうめき声が…



しかしよく見ると座席の下でちゃんと両足のあるおばあさんがひっくり返っていたのでした。
ただ正座してただけなんだって。
『足のないおばあさん』地元では有名でした

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 22:34
俺の友達に霊感の強い奴がいます。
顔がいいので女にモテモテです。
一度に何股もかけていたので女の事でよくもめていました。
女に「死んでやる!」と言われても、「勝手に死ねボケェ!」
と吐き捨てたり、すがる女を足蹴にしたりしていました。

ある日そいつが言いました。
「昨日別れた女が夢に出てきた・・・死んだかな・・・」

過去に3人、夢に出てきて死んだそうな。

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 22:39
深夜タクシーを運転中に喪服のおばあさんを乗せたそうです。
行き先を聞いて発進していたのですが、薄気味悪いおばあさんなので気になってルームミラーからチラッと覗いたそうです。
そしたらおばあさんが急に叫びました!『そっちではない、右に曲がるんじゃァ』
しかしおばあさんの言ってた行き先とちがうので運転手さんが尋ねると、
おばあさんは『こっちでいいのじゃ!○○はこっちじゃ』といいます。○○は確かにその方向にもあるのですが、
運転手さんが行こうと思っていた○○は24h営業のスーパーで、おばあさんが言ってるのは眼鏡屋さんのようです。
運転手『え、もうとっくに閉まってますよ?』
おばあさん『いいんじゃ、あそこの眼鏡しかワシはだめなんじゃ!!ワシのこだわりなんじゃ!!』



おばあさん『ワシは眼鏡にはうるさいのじゃ、眼鏡には「目がネェ」んじゃぁぁぁぁぁ!!!』
『目のないおばあさん』地元では有名でした
失礼しました

751 :初心者娘:02/08/15 22:39
このスレほんとイイですね。
怖いデス。
一つカキコしようと思うんですが・・・。
割と長めなんですが、メモ帳の使い方が分かりません。
どなたか教えてくれませんか?

752 :    :02/08/15 22:41
ルームミラーじゃ足までは見えない罠


753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 22:54
深夜タクシーを運転中に喪服のおばあさんを乗せたそうです。
行き先を聞いて発進していたのですが、薄気味悪いおばあさんなので気になってルームミラーからチラッと覗いたそうです。
そしたらおばあさんが急に叫びました!『胸が、胸がぁぁぁぁぁ〜』
おばあさんが苦しみ始めました。運転手さんは慌てて車をとめて後部ドアをあけておばあさんに駆け寄りました。
運転手『おばあさん、大丈夫ですか!!?』
おばあさん『胸が燃えそうじゃあ、助けてくれぇ〜』
そういっておばあさんが服を脱ぎ捨てました。運転手さんがおばあさんの胸あたりを見てみると、そこには平らになった乳首の無い胸がありました。
運転手さん『え、おじいさんなの?』
おばあさん『なにをこんなときにふざけてるんじゃ!!死ぬぅぅぅぅ」
そういっておばあさんが胸をかきむしります。すると…
「ビリ!!」



なにかが後部座席の下に落ちました。運転手さんが拾ってみるとそれは肌色のシップだっだそうです
『胸のないおばあさん』地元では有名でした
失礼しました、以上うわさのおばあさん3姉妹でした

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:05
>>751
スタートボタン
   ↓
Windowsの終了
   ↓
コンビニへダッシュ!

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:07
>751
ついでにウーロン茶買ってきて

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:08
>>754
10点

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:08
>>751
あ、俺マルボロボックス1カートンね。

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:10
>>751
俺ヤンマガ

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:10
>>731からはマジでヤバげな雰囲気が漂う…


760 :初心者娘:02/08/15 23:12
へ?
コンビニ?
近所にはヤマザキデイリーストアしか無いですけど、
いいですか?

あ、こんな時は最初にマジレスって入れなきゃいけないんですか?
・・・スイマセン初心者で。


761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:18
みんなそれじゃ751がかわいそーだよ

えーとね、エロトピア買って来い!

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:20
>>760
ネタニマジレス カ カワイイ (・∀・)ケコーンシテクレ

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:23
>>760
画面の何も無いとこで右クリック
       ↓
新規作成・テキストドキュメント
       ↓
色々と怖い話を書き込む
       ↓
スタートボタンを押しWindowsを終了。
       ↓
ヤマザキデイリーストアで、お買い物。

764 :初心者娘:02/08/15 23:26
えっと・・・。
ネタ(ネタ?)ってゆーのじゃなくて、
一応真剣なんですが。

初心者板だと早すぎてついていけないんです。
あっちにもカキコしました。
皆さんスイマセン(TT)

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:26
(・∀・)サムサー

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:29
>>764
そのまま書きなさい

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:30
(・∀・)ムッチムー

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:33
>>766
( ´,_ゝ`)プッ 何故かワロタ

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:39
>>764
いや、あの、ネタニマジレス カ カワイイ (・∀・)ケコーンシテクレは
ネタニマジレス カコワルイと本来言うべきところをその、まぁ、なんというか、

・・・

正直(・∀・)ツキアッテクレ

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/15 23:52
で、エロ本屋根裏の続きはまだ?

771 :初心者娘:02/08/15 23:55
んと。
友達にこのサイト教えてもらって、昔のレスとか
読んでたんですが、打つの遅いといろいろ言われるじゃないですか。

ちょっと耐えられそうにないので・・・。

772 :763:02/08/15 23:58
>>771
俺はスルーかよ。
コピペのやり方くらいは知っとろーな?

773 :初心者娘:02/08/16 00:02
>>763
あ、ごめんなさい。
あんまり分かりません。
よかったら教えてもらえませんか?

774 :763:02/08/16 00:05
>>773
もうここでこれ以上質問せん方がいい。
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1028191867/
とりあえずここに来なされ。

775 :竹島・日本海問題:02/08/16 00:11
韓国は最近付け上がっているようです。
竹島問題は日本の領海領空に関わり、経済水域にも影響する重大な問題です。
また日本海の表記に関しては、韓国の我侭を認めれば日本の国際社会に対する発言力やイニシャチブに影響する問題です。
ここで譲歩を許せば、韓国はもちろん中国や北朝鮮も付け上がって日本を舐めて見下した態度を取ることでしょう。
IHO加盟国に対する説明と説得活動、日本政府の力が試されます。

韓国に対してはビザ無し渡航の即時中止はもちろん、経済制裁を含めた具体的な行動をお願いします。
竹島問題に関しては海上保安庁や自衛隊が行動することも許されます。
なぜなら日本の領土に韓国人が不法入国、又は領土侵略を行っているのですから。

VOTEのアンケート結果のURLを添付します。
世論の参考にしてください。
http://www.vote.co.jp/vResults/index.phtml?voteID=29541168&cat=16417177
http://www.vote.co.jp/vResults/index.phtml?voteID=29533615&cat=29036955
http://www.vote.co.jp/vResults/index.phtml?voteID=29481321&cat=29036955

死ぬほど洒落になりません。板違いは承知してますが協力おながいします

776 :竹島・日本海問題:02/08/16 00:14
Sea of Japan -> the problem in Tokai and name change
- The simple name with "Tokai" exists in other ocean space.
- The name of the "Sea of Japan" originates in it being
  the ocean space divided by the Japanese Islands
 with the Pacific Ocean.
 Recognition that they are the name and territorial waters
 which made Japan the subject is the interpretation
 which progressed rapidly.
- China claims the name of the "East China Sea" to be "Tokai".
  Taking up only the opinion of "being the name of
  the Sea of Japan to Tokai" according to South Korea
  lacks equal nature remarkably.
- The notation of the "Sea of Japan" is already seen
 on the map of every country in the world before the aggression
 against the Korean Peninsula by Japan.
 The opinion which South Korea asserts "Japan of a colony time
  forced a name called the Sea of Japan" is contradictory.
- South Korea -- name change of "being the Sea of Japan to Tokai"
  -- especially -- claiming -- "it being the Yellow Sea to Saikai"
  The opinion of "being the East China Sea to Nankai" is not performed equally,
 and it cannot be judged as a rational opinion.





777 ::02/08/16 00:14
70 :日本語 :02/08/15 23:49 ID:hBHMWEGx
日本海→東海、名称変更に於ける問題点

・「東海」との単純な名称は、他の海域にも存在する。
・「日本海」の名称は、日本列島によって太平洋と分けられた海域である事に由来し、
 日本国を主体とした名称、領海であるとの認識は飛躍した解釈である。
・中国は「東シナ海」の名称を「東海」と主張しており、
 韓国による「日本海の名称を東海へ」との主張のみ取上げる事は著しく平等性を欠く。
・日本国による朝鮮半島侵略以前、既に世界各国の地図上に「日本海」の表記が見られ、
 韓国が主張する「日本海という名称を植民地時代の日本が押し付けた」という主張は矛盾する。
・韓国は「日本海を東海へ」の名称変更のみを特に主張し、「黄海を西海へ」、
 「東シナ海を南海へ」との主張を平等に行っておらず、合理的な主張と判断できない




778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 00:47
くだらねえ笑い話なんか聞きたくねえよ。宣伝もうぜえ、荒らして欲しいのかボケ

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 01:02
去年の秋ぐらいか友人三人が樹海探検ツアーに行った。
曰く死体を見て精神的に強く成りたいと。
極限状態で幽波紋を発現させたいと。
恐怖を乗り越えた花京院になりたいと・・・
まあ車を走らせました。

辺りも暗くなり、Yはバイト明けか途中爆睡していた。こいつは一回寝るとなかなか起きない。
Kも後部座席におり、運転しているSの相手をしていた。

Sという人物、なかなかのDQNである。厨房時代、○○教を設立し入信する者一人一人に
コーヒー味のチューインガムを配っていた。
また工房時代は自分を神だと名乗り(確かに見た目はあさは○しょうこ○だったが)、
服も何故か黒しか着ない。S In Black。(夏場は暑くねーのか)
自称豪傑だ。
続く

780 :779:02/08/16 01:03
続き
暫く走ると事故か何かで横転して野ざらし状態の車があった。
随分と放置されている車らしい。既に事故処理はされていたのだろう。
車をとめて車内から見物していると事故車の傍らに女性が一人立っていた。
年輩の女性のようだ。こんな人里離れた夜中の車道に何故?
周りに乗り物らしき物はない。一人で歩いて来たのだろうか?

するとその女性はSの車に気付きつかつかと歩いて来るではないか。
Sは車を走らせる事なくただ女が近付いて来るのを黙って見ていた。
刹那、女はおもむろにSの車の助手席のドアを勢い良く開けた。
女は車内を見回し、突然Sに向かい
   「あ〜お前か〜〜」
と言い、他には目もくれず夜の闇に消えた。
続く

781 :779:02/08/16 01:05
続き
出発前から息巻いていた自称神そして豪傑のSは結局そのおばちゃんに対し
裏返った声で「Σ(゚д゚) ハイ?」という的外れな返事しかできなかった
小心者だったとさ。( ´,_ゝ`)プッ

第一部完

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 01:23
「ハイ?」がいいね
で?

783 :初心者娘:02/08/16 01:31
体験談を書きます。

夜遅く、帰ってきたときのことです。
私の家は私鉄の最寄りの駅から20分ほど歩来ます。
その間、あまり街灯もなく、近くにアメリカ軍の基地もあり
意味の分からない叫び声が聞こえてくることも良くあります。

大通りから脇道にそれると、ほとんど明かりのない道が
300mほど続きトンネルへに着きますます。
いつもその道が怖くて、早足で歩くんですが、
決まって真ん中へんから後ろに誰かいる気がするんです。

がんばって振り向いても誰もいないんですが、
気づいてからは前を向いて歩き出すと、何かビーサンを履いている
ような足音が聞こえる時があります。

何かがいるような気がする所は、決まっておばあさん一人で
やっていた駄菓子屋があります。

もう10年以上前に閉店しました。

親や近所の人に聞いても、そのおばあさんとお店が
どうなったか教えてくれません。
たいてい、
「気がついたら無くなっていた」
と、言われますが、一度録音可能の古いウォークマンで録音してみたら
足音がしっかり入ってました。

K県の某所です。
心当たりのある方もいるかもしれません。

784 :初心者娘:02/08/16 01:33
>>774

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 01:35
おお〜!
初心者娘メモ帳使えたジャン!

で、ウーロン茶まだ?

786 :初心者娘:02/08/16 01:36
さっきは失敗。

こっちでは>>774さん
うまくできました!?

いろいろありがとうございました!

787 :763:02/08/16 01:38
>>786
はいよ。どういたしまして。

788 :初心者娘:02/08/16 01:39
>>785
あはは!
コンビニ閉まってま〜っす(^^)

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 01:45
死ぬ程洒落にならない話なのに
初心者娘ドタバタコントですっかり和んだよ

790 :779:02/08/16 01:51
>>783
横須賀やね
>>782
スマン。
その後の樹海での体験談あるが、それがvkjfdっsaかoskmckljf

791 :モーニング あきこ:02/08/16 01:53
私、小さい時から異常なほど霊体験が多いです。
見えないものが見えたり・・。
めちゃめちゃ怖い体験もしました。
でも、おもしろ半分に絶対書けない。
だって、集まってくるからさ。
今もカキコしてて、怖いけど。

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 01:56
>>791
アッ君のいじわるぅ〜
そこまで言ってもったいぶらないで〜

793 :モーニング あきこ:02/08/16 02:03
本当に、ここで霊体験を語っている方々は
パソコン向かっている時とかに何も起こらないの?
不思議で仕方ない。
 
今でも窓の外が怖いんだけど。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:05
タ.タトエバ?

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:06
>>783
>K県の某所です。

神奈川県、、まるだしのように思えます〜


796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:08
この話は、とても可哀想な男の子のお話・・・・・・・

その子は憎しみあった両親の子として生まれてきてしまったのです・・・
物心ついても、その2人の人間を親と理解していませんでした・・・・
そしていつのまにか両親は離婚、育児放棄が理由で裁判所からも養育権があたえられず、
少年は会ったこともない祖母のもとへと引き取られて行く事になったのです。
祖母の家はとても田舎にあり、とても不便な生活でした。
祖母は夫とも死別しましたが、少年の親戚は彼女だけでした・・・・・。
そしてある日・・・・・・
少年のちんぽこが取れてしまいました。

おわり。





797 :ミッドナイト ひろみつ:02/08/16 02:12
>793
>今でも窓の外が怖いんだけど。

ちょっとそれ解説してよ

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:13
窓にいきなり顔が現れたりとか考えない?

799 :ミッドナイト ひろみつ:02/08/16 02:15
>798
考えるのか?
それとも実話なのか?

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:17
いや、想像しちまうんよ。実話だったらそれこそ、ちんぽことれるよ。

窓に手がかかってたりとか、ぱっと見たら顔があって目があっちまうとか・・・・
あと天井のハジッコに人がいたり・・・・・・。

801 :ミッドナイト ひろみつ:02/08/16 02:19
>798
ちんぽとれねーよ!

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:20
え?とれない?・・・・・・・とれるよ!

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:21
>>796に不覚にも笑ってしまった・・・・・

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:25
メール欄にageか・・・
ネタだな。

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:25
怖いのキボン
暑いからね〜、さぁ〜こっからだよぉ〜

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:27
モーニングむかつく氏ね

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:27
>>800
今、想像したらゾッとした〜
ちんぽとれる〜

808 :36歳無職:02/08/16 02:29
もう3年も職が見つからない  

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:29
初心者娘
モーニング あきこ
ミッドナイト ひろみつ

(・Д・)シネヤカス


810 :ミッドナイト ひろみつ:02/08/16 02:32
>804
なぬ?!それは初心者娘のことか?!
おのれ〜

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:35
ひろみつ、おまえもか・・・

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:39
ちんぽとったれ

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:39
窓をふと見たら・・・・・・窓にちんぽ生えてました。

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:45
実体験です・・・・・・


昔・・・五年位前の話なんですけど、会社帰りのずいぶん遅い夜のことです。
ちんぽ ぼがーん。

おしまい。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:48
おまえ一人でなにやってんの?


816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:51
ごめん、眠れないんだ。

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:52
ちんぽネタばっかじゃねーか

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 02:54
某所って、怖い話するとき、やたらヤバそうな場所に聞こえるよな。
なんかいわくつく、みたいな。ただ地名隠すって感じだけじゃなく。

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 03:43
ある葬儀屋の話

ある小さな町でAという身の丈190cmの大男が死んだ。彼は乱暴で粗雑、しかも何ごとも根に持ち
ささいな子供のいたずらにも酷い仕返しをするので皆から嫌われていた。
彼を変人呼ばわりした近所の小学生を捕まえ、顔が紫色に腫れ上がるまで平手で打ち付け
暴行罪で逮捕された経歴まである。
身寄りもおらず、日雇いの汚い仕事で稼いでは酒を飲んでいたので、肝臓でもやられたのだろう。

町で唯一の葬儀店Bの店主もこの男が大嫌いだったが
役場からのたっての頼みでしぶしぶ安い葬式をあげることになった。
適当に死体を洗い、一番安い棺桶に押し込め、
売れない坊主を無理矢理説得してお経をあげさせた。


820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 03:53
異変が起きたのは葬儀が終わり棺桶を火葬場に運ぶときだった。
他に葬儀が重なってしまったせいもあり、霊きゅう車が手配できなかった店主は
軽トラックの荷台に積んでAの亡骸を運ぶことにした。
それほど遠い距離ではなかったが、大事をとって店主自らが荷台で棺桶が落ちないよう見張ることになった。

特に坂道や悪路もなく店主が荷台に乗ったのはあくまでも念のためだった。
が、しばらく行くと石でも踏んだのか急に棺桶が大きく揺らぎ、
店主は荷台の外枠と棺に足を強く挟まれた。
すぐに病院に運ばれたが、店主はスネから下を酷く複雑骨折しており
仕方なく切断することとなった。

しばらくして、「葬儀店Bの店主は自業自得だ」という声が町に出始める。
坊主がこんな事実を暴露したためだ。


あいつはAのサイズに合う棺桶を作るコストをケチって、
普通のサイズの棺桶に無理やりAの亡骸を納めたんだよ。
どうやったかって?

もちろんスネから下をノコギリで切断したのさ。

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 04:04
おお、いいねぇ。
なかなかクールだね

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 05:06
>819
元ネタ、ラヴクラフト?

823 :819:02/08/16 05:09
バレるとは全く思わなかった……
一度だけちらっと読んだことがあって再構成しました。
ング、ンガァ、イアァ

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 05:25
>823
いや、さすがにオカルト板では知っている人も多いのでは…。
マイナーな作家だけど、ホラー作家では有名なほうだよね?


825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 06:03
現在、私の実家は改築工事の為に解体されている。
それは今は亡き祖父母の家で、今までにも何度も
増改築を繰り返して来たが土台の痛みが酷く、
去年祖母が他界した事もあって、
ついに全面的な改修に踏み切ったのである。

話は解体工事の当日に遡る。
母は、大工に飲み物を差し入れたりしつつ、工事を眺めていた。
或る時、サイレンを鳴らし、一台のパトカーが表通りを走って来た。
続き、救急車、消防車のサイレンも聞こえ始める。
「何か事故でも起こったのだろうか?」
野次馬根性丸出しで表通りに出た母。
だが、何とそのサイレンは全て母の前で止まったのである。
ドヤドヤと駆け降りて来た彼等は母に尋ねた。
「Yさんのお宅はどちらですか!?」

それは、既に13回忌を迎えた祖父の名前だった。


826 :825:02/08/16 06:04
聞くに、
『老人用の携帯型緊急用アラームが鳴った為、
 急いで駆け付けた』
との事。
しかも一切の状況が掴めない為、
警察、救急、消防全てがやって来たと言うのだ。

呆気に取られた母だったが、
既に祖父母が他界している事、
そういった発信機は家に全く無かった事、
第一、家が無い事を説明し、帰ってもらったそうだ。
だが、駆け付けた救急隊員等は、
「絶対にここからの通報で間違っていない筈だが…」
と、最後まで納得していなかったという。

『解体工事中、電話線に妙なパルスが入り込んでしまい、
 偶然緊急通報として受け取られたのではないか』
この話を聞いて、そう言った者もいた。
だが、我々の見解はただ一つ。

『そんな、あの世からアラーム鳴らさんでも…』



827 :825:02/08/16 06:07
申し訳無い、怖くない上省略されてしまいました。
しかもageちまったですぅ…

つ〜か、こんなんで呼ばれる公務員の方々が洒落になりませんよ…

828 :ヘ(゚д、゚)ノ:02/08/16 06:25
>827
世の中には乳首に洗濯バサミつけて悶える公務員もいるぞ。

829 :キャベツ(コピペ):02/08/16 08:52
「窓−1」

当時、俺は同じ大学に通っていた京介という、友人がいました。
京介には彼女がいませんでした。どちらかというと勉強をあまりせず、かといって遊びもせず、
単に無駄な毎日を過ごしている人物でした。(俺も人のこと言えないですが…。

京介は大学より少し離れた、築何十年もの安いアパートの1階に住んでいて、
俺は、よくそこへ泊まり込んで酒を一緒に飲んだりしたものでした。
しかし、そこはとんでもなく薄気味悪いアパートでした。
染みだらけの壁は、ともかく、何よりも墓地に面してる窓が気持ち悪かったのです。


ある晩その部屋で、酒が入った勢いなのか、話の流れで俺は京介に冗談まじりに
「もしお前が1週間オナニーせんと過ごせたら今度の家賃払ったる」と言ってしまったのです。
京介はすぐに話しに乗りました。
「ええで!(1週間よりも)2週間キッチリ我慢したるわ。そん代わり先月払ってない家賃もたのむで!」
(…げっ!おまえ、まだ払ってなかったんか!いくらボロアパートでも2ヶ月の家賃はきつい。

俺「お前、本気で言うてんの?」
京介 「マジやで、万が一、出てもうたら、お前に2ヶ月分の家賃代払ったるわ」

京介は、タナボタというような感じでニヤリと笑いました。(むかっ!
俺「ほんなら、今日から2週間お前と一緒に住んで監視すんで!ええんか?」
京介 「べつにええよ。しょんべんも一緒について来たらええやん。」

あかん、地雷踏んだか?乗せられたんか?ちくしょー!
絶対、コイツにだけはオナニーさせん!俺はそう決めました。

続く

830 :キャベツ(コピペ):02/08/16 08:54
「窓−2」続き

意地の張り合いの続く中、京介のアパートに泊まり込んで1週間が過ぎた真夜中、
やはり酒が入ってるのですが、京介の様子が突然変わりました。
何だか、辺りを見渡してソワソワし出したのです。

「どないしてん、もう限界なんとちゃうん?」
俺は持ち込んだエロ本でも効いたのかと思ったのです。
京介は黙ったままキョロキョロと辺りを見渡し始めました。
当然、いつもの京介と違う。どうかしてる。
まるで何かが部屋の中に居るかの様に…探して…(探してる?

「何してんの、気持ち悪いなぁ、演技やろ、それ」
そう言ってる最中、京介はある一点を見て固まっていました。
窓の方、カーテンの隙間…。
「え、誰か、おんのか?」尋ねても京介は返事をしませんでした。
目は見開いたまま…。
そして、いきなり走り出し、カーテンを開きました。バッ!

「何か、おったんか?」あまりの京介の奇怪な行動に不気味なものを感じました。
「な、なんもあらへん…」
そう言って、京介はそのまま布団にもぐり込んで、寝てしまいました。
俺は直感的に、京介は何か隠してる。この部屋に何か居てるんじゃないかなと疑いました。
もしかすると、俺も京介と同じ様に「それ」を見ることになるかも知れないと、覚悟を決めました。

続く

831 :キャベツ(コピペ):02/08/16 09:00
「窓−3」続き

明日の朝で2週間目という日が、ついにやって来ました。
京介はここ数日、何かをブツブツつぶやくようになっていましたが、賭けは賭け!
ここで、情けをかけると今度は俺がカモられる。これも、奴の罠かも知れないのです。
毎晩、京介が窓の方を見ているのが、やけに気にはなっていたのですが、俺には何も見えない。
絶対に芝居だ!と確信していました。
京介はオナニーをしてないので、あまりに溜め過ぎて敏感になってるらしく、
すぐに立ってしまう息子をかかえて四苦八苦していました。

その晩、京介の部屋で「禁オナニーマラソン完走祝勝会」を開いていると、
いつもの様に京介はキョロキョロし始めました。(…またか!
「もうええっちゅうねん!お前の勝ちや!朝になったらやけどな!じっとしとけ!」
俺は、我慢の限界が来て京介に怒鳴りました。
しかし、今度は京介が叫びました。「お前、まだ気付かへんのか?窓の外に何があるんか!
お前には、わからへんのか!」京介は目を見開き、口をバカっとあけたまま窓を見ました。

832 :キャベツ(コピペ):02/08/16 09:05
「窓-4」続き
俺はすぐに立ちあがり窓を隠してるカーテンを開けようとして、手をかけました。
「やめろおおー!」突然、京介が後ろで絶叫!絶対に開けるなと言わんばかりに…!
俺はお構いなしにカーテンを開きました。

そこには何と、窓一面びっしりと張り付いた、女の尻、尻、尻!
「うわああああっ!」俺はべたっとへたり込みました。おびただしい数の女の尻!

呆然と窓を見上げてる俺の後ろで京介が吼えた!
「うおおおおおおおーーー!」
京介はズボンを脱いで、そそり立ったティンポを握り締めながら窓に向かって走り出しました。
「や、やめろおー!」ガシャーン!
俺が叫ぶのと同時に京介は窓ガラスを突き破り、下半身、血まみれになって窓の外に転落。
「京介ぇぇ!」俺が慌てて助けに行くと京介は気を失っていました。
ティンポから白いものを垂らしながら…。


翌朝、冷静になれた俺は、やっと目が覚めた京介に聞いてみました。
「昨日の晩、何が起きたんか覚えてるか?」

「ぜ、全然、覚えてへん…。なんか、あったんか?」

…俺には京介の記憶が無くなっていた…というよりも、
どうやっても「シラをきっている顔」にしか見えませんでした。

そんなに、家賃払いたくないんか、京介…。

お前、賭けに負けたんや…(涙!

833 :キャベツ(コピペ):02/08/16 09:12
おわり

834 :「旧校舎のトイレ」:02/08/16 09:18
こんな所で、この話して良いものなのか私にも判りません。
ただ、これを聞いた人がそういう境遇に陥らない事を願うだけなのです。


私には小学校の時の遊び仲間で藤井という奴が居ました。
かなりヤンチャで、俺達いつも先生に怒られるような事ばかりしていました。
例えば、誰もいない体育館のど真ん中でウンコをしたり、女子トイレの汚物入れの中身を、鉄棒に一枚ずつかけていったりと…。(今では、このくらい普通でしょうか?

そんな、倫理感の欠如した藤井が昼休みの終わり頃、腹が痛いと言い出しました。
俺は、早くトイレに行ってこいと言ったのですが、
みんなが出入りするトイレで、ウンコは出来ないと言うのです。
たぶんバカにされるのが嫌だったんでしょう。(小学生だし…
「もう休み時間終わるから誰も来んようになると思うけど、
とりあえず、向こうでしてくるわ」と、藤井は旧校舎の便所に走り出しました。

その旧校舎の便所は誰も近寄らないくらい気味の悪い場所で、
小便は、壁そのものにオシッコをするような作りで、
大便の方は木のドアの古めかしい「ぽっとん便所」だったのです。
当然、電灯もありません。

「あいつ、勇気あるなぁ…」
俺には当時、それぐらいにしか感じなかった出来事だったのですが…。

続く

835 :「旧校舎のトイレ」:02/08/16 09:20
彼と、やっと再会したのは2ヶ月前の同窓会。
あの、明るかった藤井がまるで別人のように暗い。
何かあると思った私は、悩み事を聞いてやるからと、藤井に取り入りました。

「どないしたん?暗い顔して。会社か?ストレス溜まるやろ。不景気やしなぁ。
話せば少しは楽になると思うんやけどな。」
「え、いや、そんなんちゃうねん。」「ほんなら、なんや女の事か?」
「そんなんとも、違う…。」(えーい、いったい何やねん!

「勿体ぶらんでええやん。俺でよかったら力になったんで。」

836 :「旧校舎のトイレ」:02/08/16 09:22
藤井はポツリとはなし始めました。
「俺ら、小学校のとき、ずっと一緒やったやろ。」「ああ、確かにな。」
「俺一人で、旧校舎のトイレに行ったこと覚えてるか?」藤井はうつむきながら聞いてきた。
「当たり前やン!あんな怖いとこ一人で行けんのお前だけや!俺、今でも嫌やで!」

「あん時な、何でか知らんけど、大の方の扉、全部閉まっててん。」
「全部か?」「全部って言うのはおかしいかな、一番奥のトイレだけ空いてた。」
俺は、何故か聞いてはいけないものを聞いてるような錯覚に陥りました。

「俺な、しゃあないから一番奥のトイレでウンコしたんや。薄暗い便所やけど採光の窓あるから
他よりは、ましやったかも知れへん。」
俺は藤井が話すトイレの話が怪談めいてるのが気にはなりましたが、
そのまま黙って聞いていました。

837 :「旧校舎のトイレ」:02/08/16 09:24
「ぽっとん便所の下見るとな、底の方で小さく自分の顔が明かりに照らされて写っててん。
それがな…」
藤井はゆっくりとこっちに振り向き、俺の顔をのぞき込んだ。
「便所の底に写ってた顔がいきなり暗くなって消えたんや!」
「顔が消えたんか?」
「ああ、そん時はさすがに恐怖が襲った。それで俺は周りを見渡した。」

何か、だんだん俺の指先に力が入らなくなってきた。
これ以上聞かない方がいいのかもしれない。

「周りを見渡して、ふと、採光の窓をみると俺の事をまるで恨めしそうに、
じーっと見ている男の顔がそこにあってん。」

藤井の顔が青ざめていくのが判る!
俺はただ無言で、藤井の話を聞いていた。

「そして、その男は俺に、こう言うたんや。」


『…なんや、男か…。』

838 :浮上!:02/08/16 09:27
あげぇぇぇーーーぇぇええ!

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 10:31
今から10年以上前の話です。
同級生のM子と一緒に買い物に行く約束をしました。
待ち合わせの場所に5分程遅れてM子がやって来ました。
「どこに行く?」「とりあえずマックでお茶する?」
そんな立ち話をしていたのですが、何か変な匂いがするんです。
「ねぇ、生ゴミみたいな匂いしない?」
私はM子に尋ねました。
「そう?別に気にならないけど…」
M子がそう言うので私もそれ以上は言いませんでした。
「じゃあ、とりあえずマックね!」
そう言って私に背を向けたM子の洋服(パーカーのフードの部分)が
少し汚れているのに気づきました。
白いフードの先の部分に茶褐色のシミ。
「ねぇねぇ、ここ汚れてるよ」
私はM子に教えてあげました。
「うそー!これ昨日洗濯したばかりなのに。ちょっとこれで拭いてくれない?」
M子は少しイラつきながらフードの部分を引っ張ってシミを確認して
自分のカバンからウエットテッシュを取り出しました。
私はシミを拭こうとフードに手を伸ばしました。
触った感触が変だったのでフードの中を覗いたら
小さい塊が入ってるんです。
よく見ると肉の塊みたいで、変色してた。

 





840 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 10:32
つづき…
その事をM子に告げるとM子は半泣きになりながら
「ちょっと早く取ってよぉ」とジタバタします。
内心、嫌だなと思いつつソレを取り出し、すぐに近くのゴミ箱に捨てました。
その時は2人とも「誰かのイタズラかな?」くらいにしか思ってませんでした。
その後は普通に買い物をしてM子と別れました。

帰宅すると父親が新聞を読んでいて
「昨日の飛び込み自殺の記事が載ってるぞ」
「嫌ねぇ…電車のやつでしょ?」
そんな感じで2人が話していました。
私も気になって新聞を覗き込んだけど、すぐに後悔しました。

M子の家は、その線路沿いだったのです。
私が掴んだあの塊って…。 

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 10:40
チンポ

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 11:05
あげぇぇぇぇぇ〜〜

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 11:11
気味の悪い上げ方だな。

>>840
当然、チンポでしょ。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 11:24
>>840 
う〜ん、いくつか考えられるけど、確立の高い順で挙げるなら

@ちんぽ
Aちんぽ
Bちんぽ

かな?

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 13:51
いやん

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 14:26
またちんこかよ
またちんぽかよ

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 14:37
>>840

多分ちんぽかちんこかちんちんか肉棒のどれかだな

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 14:59
おまいら勝手に男ときめてるけど、女だったらどうするよ?
女でチソチソだったら・・・・・コヮ〜

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 17:06
ふたなりもOKさ。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 18:14
数年前の冬の出来事です。

当時学生で一人暮らしをしていた俺は、大学が冬休みとなり実家に帰省しました。
自分の部屋に荷物を置きに行ったのですが、その時、隣にある姉の部屋の入り口に、
盛り塩があることに気付きました。不思議に思った俺は、その日の遅く、勤務先で
ある病院から帰宅した姉に、なぜ盛り塩などしているのかを尋ねました。
「やっぱり気になるよねー」と言いながら、姉は自室に俺を招き入れ、その理由を
話し始めました。

851 :850:02/08/16 18:15
それはその日から6日前の夜中だったそうです。眠っていた姉は、なんとなく息
苦しさを感じ、目を覚ましました。すると、暖かい蒸しタオルの用な物が、なぜか
姉の首に押し付けられていました。寝ぼけていた姉は、「暖かくて気持ちいい」と
最初は思ったそうです。
しかし、意識がはっきりしてくると、そのタオルは人の手によって自分の首に押し
付けられている事に気付きました。押し付けているのは見ず知らずの中年の女性で
した。

852 :850:02/08/16 18:16
「寒いでしょう」

そう言いながら、タオルをさらに首に押し付けてきたそうです。しかも、その力は
徐々に強くなっていきました。その時、姉は自分が金縛り状態にある事にも気付き
ました。
「苦しい、、このままでは、、何とかしないと、、」必死に体を動かそう、声を出
そうとした姉は、唯一そこだけは動かすことが出来た目で周りを見回しました。
すると、苦しむ姉が寝ているベッドの足もと付近を、3、4歳ぐらいの子供がパタ
パタと走り回っていたそうです。
それを見た姉は、「この子供はもしかすると、この女性の子かもしれない」と思い、
ダメもとというか、やけくそというか、必死の思いで「やめて下さい!やめないと
その子がどうなっても知らないわよ!」と、その女性に対して強く念じました。
すると、その女性も、子供も、すうーっと消えていき、タオルを押し付けられてい
た首も解放されたそうです。

853 :850:02/08/16 18:17
「それが3日間続いたのよ。」少し疲れたような表情で姉は言いました。聞いてい
る俺は、ここがその現場で、つい数日前の事だと思うと、冬の寒さとは別の悪寒が、
背中から首筋へと走りました。姉の話はさらに続きます。


854 :850:02/08/16 18:18
4日目の朝、姉は勤務先の病院に寝不足のまま出勤しました。姉の様子がおかし
い事に気付いた同僚が、「具合悪そうね。どうしたの?」と声をかけてきます。
姉は不可思議なこの「蒸しタオル」の話を同僚に話しました。それが現在進行形で
あるという事も。話を聞いたその同僚は、「この病院の別の病棟の職員で、その手
の事に強い人を知っている。」とのことで、その人、Aさんとします、を紹介して
くれました。姉はAさんにも一部始終を話しました。
話を聞いたAさんは、「あなたが、その、タオルを押し付けてくる女性にも、パタ
パタ走り回っている子供にも見覚えが無いのだとしたら、あなたの部屋がたまたま
霊の通り道になってしまったのかもしれない。だとすると、部屋に盛り塩をすれば、
それで出てこなくなるかもしれないわよ。」とのアドバイスをくれたそうです。


855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 18:18
なんどが変な体験をしました。
小2ぐらいの時、1人でテレビを見ていて、ふと目の前のテーブル
の向こう側にあるステレオを見たら、ステレオ棚(?)のガラスに、
実物大ぐらいの父の顔がありました。当時父は単身赴任で家にはほとんどいませんでした。
それから最近は、テレビを見ながら寝てしまった時とかに目が覚めると、
テレビは点いているのに、暫くは全く音が聞こえなく、
じっとテレビを睨んでいる内に、普通に聞こえるようになります。
あと朝起きて鏡を見たら、おもいっきり目がロンパリになっている事がありました。
しかも犬のパグみたいに目ん玉が少し出ている感じでした。
びっくりして何度も目をパチクリしている内に、これもまた元に戻りました。
痛くもなんともなかったです。
(視力0.01以下なんですけど、しかもその日はコンタクトしたまま
眠ってしまっていたんですけど。)

856 :850:02/08/16 18:20
その日帰宅した姉は、Aさんに言われた通りに盛り塩をしてから床につきました。
盛り塩の効果はテキメンでした。姉は朝まで何にも邪魔されず、4日ぶりに熟睡で
きたそうです。その日スッキリした気分で出勤した姉は、早速お礼と報告をするた
めに、Aさんを訪ねました。
「おかげさまで、あの女性も、子供も、誰も来ませんでした。ありがとうございま
した。」そう報告する姉にAさんは、苦笑いをしながらこう答えました。

「あたしの所へ来たわよ」

姉に盛り塩をさせたAさんの事を恨みに思い、「余計な事を教えやがって」という
ことなのか、「蒸しタオル」の女性はAさんの家に現れたそうです。ただ、Aさん
はその手のものを、ある程度寄せつけない力を持っているとの事で、家の中までは
入ってこられなかったそうです。ただ、一晩中「蒸しタオル」をAさんの家の壁や
窓に、

「びちゃっ べちゃっ」

と投げ付けていたそうです。Aさんは夜明け前、やっとその女性があきらめて消え
るまでは寝るに寝られず、ほぼ徹夜になってしまったとの事でした。
「とにかく、あなたの所にはもう行かないと思うわ。」とAさんは言ってくれたそ
うです。

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 18:20
★陰謀ヲタども ついにNASAが異星人を認めたぞ!
これを読んで宇宙の真実を知れ!

http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news/1029343970/
25 名前:名無しさん@3周年 投稿日:02/08/15 01:22 ID:1GXCOP+L

【緊急】NASAついに知的地球外生命体との交流認める【会見】

ソース:BS放送のABCニュース(現地生放送における速報)

NASAが初めて知的地球外生命体の存在を認め、
近く9月上旬に公開することを決定した。
1965年以来、ブルーノート計画を発端に文化の交流を含め、
地球では考えられない科学技術を習得を試みた結果、
多大な知的財産と自国の発展に寄与出来たとのこと。
しかし昨年、新たな事実が判明し、自国だけでは対処不可能な
問題が発生し、これまでの地球・宇宙に対する概念を大きく
変更せざるを得ない状況にあり、それによる危険な問題が
浮上したとのこと。
今回の緊急記者会見は、全世界の各国に危機の打診を
行うのが目的とのこと。




858 :850:02/08/16 18:21
これが盛り塩の理由でした。姉の部屋が霊の通り道になってしまったのなら、隣に
ある俺の部屋も、、、話を聞き終えた俺はすぐに、塩を取るためにキッチンへと向
かいました。

 その夜俺は、、、と言いたい所ですが、俺には何も起きませんでした。しかし、
何も無かったとは言え、恐怖の一夜だった事は間違いありません。

長文スマソ 

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 18:40
857が本当なら死ぬ程洒落にならない

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 18:44
>>859
ネタニマジレス・・・(略

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 18:50
上の階でサラリーマンが2人で同居してるんだけど、夜中になるとドタバタと音がする。

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 19:01
>>857 はネタです。
この種の問題を全世界に向けて発表するとすれば、
NASAではなく、大統領か国防省か国務省となります。
NASAは米政府機関ではなく、研究開発機関です。
このネタ文書いたヤシはバカ丸出し。

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 19:03
>>859
ネタニマジレス(・∀・)カコイイ!

864 :東京人:02/08/16 19:43
二日前、下北半島の温泉に入っていたら、頭にスズメバチがとまってきて(2回も!!!)
死ぬ程洒落になりませんでした。(実話!!!)



865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 19:49
アパートの隣に80歳オーバーのおばあちゃんが一人暮ししてるんだけど、
時々夜になるとオナニーしてるらしくてアンアン聞こえるのが
少し洒落にならない。

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 19:53
ワロタ

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 20:05
うちのじいさん、夜中にトイレ行って、そのままトイレでねちまうんよ。鍵掛けないから、知らずに開けた時はマジでビックリする!(実話だから弱いか)

868 :コピペ:02/08/16 22:34
既出だったらスマソ

僕が学生のころあれは確か昭和63年12月の出来事でした。
さて、あの時は確か大学3年の時であった、同じ高校の友達と二人で神戸三宮に出ていたら別の高校卒業以来の友達と出くわした、「おお、ひさびさじゃないか」となって確かお茶かなんか飲んだ記憶がある。
その後、三人は最後に出会った友達の家に向かった。
さて、夜になって又これまた、この家に高校卒業以来の友達が来た。
彼は、この家にはちょくちょく来てたらしいが、僕とは卒業以来の出会いであった。
「いやーお前久々じゃないかどうしてたんだい」言われて、あれこれ盛り上がったのだが、これからが問題であった。
僕達は高校の時、6人で仲が良かったのだが、この時点でそのうち4人が偶然に集まったのだ。
「不思議だよな、今まで音信なかったのに」とか言ってた記憶
がある。
「あと、NとWが来ればあのメンバーだよな」とか話してたら、
夜更けになって驚愕すべき事を知ったのだ、
夜中4時ごろ突然N:こいつも彼の家によく来てたらしいが:が車で青くなってやってきた、そして僕達をみるなり:かれも卒業以来なのにそれどころじゃないらしく
「wが昨日自殺していた」とwの家から連絡があったと語った。
もはや疑い様がなっかたのである、卒業以来6人が集まる事などなっかたにも関らずこの日次々と5人までが出会って、最後に彼の死を知ったのだ。
きっと、彼が近くにいたのだと今でも思う。
この出来事の後、彼らとはこの10年さっぱり連絡をとっていない。
亡くなった友達がメンバーを集めてくれたとしか、思えない。

PS この中の一人とはついこないだ、電車の中で出会いました。
名刺交換だけ致しました。
次は、いつどこで誰と・・・。
                         合唱

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 22:43
洒落にはならないが、ちょっとホノボノした

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 22:54
>>868
歌ってどうするw

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 23:27
【社会】奇跡の軍人 11歳の日本兵南京でレイプ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1029504308/


872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 00:05
819に似た話だが・・・
火葬にしたあと、遺骨と共に一本の釘が出てきたんだと。
さては医療ミスか!とあわてたけど、騒ぎを聞いた葬儀屋が恐る恐る・・・
「すみません、何度乗っけてもかつらがずり落ちてくるもんだから・・・」

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 00:29
都市伝説は都市伝説のスレがあっただろ

874 :実話:02/08/17 00:40
友達(A)から聞いた話

Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた。
(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)
その教習所で地元の女の子2人組、C子、D子と仲良くなった。
教習所に通っている間、いつも4人で遊んで仲良くやっていたが、
AとBには地元に付き合っている彼女がいた。
C子とD子とはその場限りの遊びのつもりだったので、
免許が取れた後はすっかり会わなくなった。
何度か電話がかかってきたが、居留守を使ったりして話す事すら無かった。

それから暫くしてAの夢の中にC子が出てきた。
C子はうつむいて
「もっと沢山遊びたかったのにねー・・・せっかく仲良くなれたのにねー・・・」
と呟きながら消えていった。
AはC子になにかあったのかなと思いC子に電話してみたが繋がりらない。
D子にも電話しましたがこっちも繋がらない。
連絡が取れないならしかたないと、あまり気に留めていなかった。

875 :実話:02/08/17 00:41
続き

それかまた暫くしてD子から電話がかかってきた。
D子は沈んだ声で言った「C子死んじゃった・・・」

なんでも2人で歩道を歩いていたら、そこに居眠り運転のドラックが
突っ込んできてC子は即死、D子も意識不明の重態に。
幸いD子は順調に回復し退院となったが、退院してすぐC子が亡くなった事を
聞かされ、なぜ自分だけが助かってしまったのかと、
半ばノイローゼ気味になっていた。

Aはこの事をBにも話さなきゃなーと思っていた矢先、
別の友人からBがバイクで事故ったと聞かされた。
前の車を追いこそーと反対車線に出たところ対向車と正面衝突。
Aは急いで病院に行ったが、Bは意識不明のまま1週間後に亡くなった。

AはBが死んだ事をD子に話すべきか迷ったが、
4人のうち2人が死んでしまい、少し心細かったせいもありD子に電話してみた。
しかしまたしてもD子の電話が繋がらなかった。
不安になったAはD子の実家に電話をかけたところ、D子は行方不明となっていた。
ちょうどC子の事で電話をかけてきたすぐ後から。

876 :実話:02/08/17 00:42
続き

この時からAは少しおかしくなってしまった。
なぜ自分だけが今生きているのだろう。皆に申し訳無い。
そんな思いに毎日押しつぶされそうになっていた。
その後、何日間かの記憶はもうろうとしてはっきりと思い出せなかった。
その何日間かの出来事を母親が教えてくれた。

 〜母親から聞いた話〜

Aはすっかり生気をなくし、食事もろくに取らず部屋の篭りっきりだった。
ある日Aが部屋から出てきて、
「かーちゃん、友達が来てるからお菓子持ってきてよ」と言いながら、
ジュースとグラスを4つ持って部屋に戻っていった。
母親は「いつの間に来たんだろう」と思いながらも、お菓子を持ってAの部屋に。
部屋のドアを開けると、誰もいないテーブルにジュースの入ったグラスが4つ。
窓の方に目をやると、Aが窓から身を乗り出し今にも飛び降りそうになっていた。
Aの住んでいるマンションは8階、落ちたら即死である。
母親は慌ててAをつかみ部屋に戻そうとした。
Aは「みんな待ってくれ!俺を置いて行かないでくれ!」
と叫びながら宙に手を伸ばしていた。
なんとか部屋に引き戻したものの、同じ事が何日も続いた。
さすがの母親もこれにはまいり、人づてで結構有名な霊能師を紹介してもらい
お払いをする事になった。
霊能師によると、
「成仏しきれない霊にもう少しであの世に連れて行かれるところだった」と。


それからAは正気を取り戻し現在に至るのだか、この話の最後にAは言った。

「D子は未だに行方不明だけど、もう死んでるよ。 だって時々3人で来るから・・・」

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 00:50
ドラックはいけません、っていう話だな。

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 01:24
ナットク・・・

879 :ミッドナイト ひろみつ:02/08/17 01:32
結局あれか?・・・ちんぽか?

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 03:07
俺が中学校二年生の時にさ経験したことなんだけどさ
学校で女友達に「胸触らせて」っていったらその子さ、「胸
だけでいいの?」っていうからさ最後までしてしまったんだよ。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 03:14
友達6人で肝だめしに幽霊が出るって有名な廃病院にいった時の話。
「恐いな」とかいいながら中を探検してたら血の後がでっかく残ってて
心臓が止まりそうになった。そのまま懐中電灯で照らしながら
進んでいくと、族のスプレーのラクガキみたいなのがあった。
結局なにもおこらなかったので帰ろうとしたら帰り道の車の中で
友達の女の一人が「うー、うー」とか下を向いてぶつぶついってた。
「気分悪いんか?」と尋ねても下を向いてぶつぶつつぶやいているだけ。
すると友達の一人が笑い出して
「ハハハハ、幽霊の真似してんの?面白いからビデオとったる」
といってビデオ撮影をしたら急に女の子が車を運転してる奴の首を
しめて、「殺してやる!殺してやる!」と白目を剥きながら叫んでた。
すぐに車を止めて「落ち着けよ!」とかみんなでなだめたけど
まったく効果はなく、叫びながらキチガイのように走り出したりした。
「おい、ひょっとしてとりつかれたんとちゃうんか?」
と友達がいってそこから無理やりK塚のM間寺に連れていく事になった。
M間の坊さんの話によると狐にとりつかれたらしい。
おはらいをしたら何事もなかったかのように落ち着いたけど、
今思い出してもあの時の体験は恐い。

文が下手でわかりにくくてスマソ。

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 03:38
そして、先日撮影したビデオを見てみると確かに映っていました。
妙に指が長く、変にクネッとしている白くて細い手が。

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 06:15
まぁアレだ、、、ちんぽが無事ならそれでイイじゃない!

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 07:27
>>883
ちんぽあるだけじゃ駄目、ちゃんと機能しないと

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 07:53
こら!君達!なんでそんな下品な事ばっかり言ってるんだ!
全くもう!不愉快極まりない。

886 :ちんぽ:02/08/17 08:19
ヲマエらは園児か!!

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 09:30
朝起きたらPCがフリーズ中、再起動したら120GHDD死んでました。
大量の映画とゲームが…。

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 09:53
怨念

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 10:05
>887
どうせMXだろ

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 10:06
小学校・秋
近所の畑に火をつけたら全焼しました。

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 11:14
>850
なげーよ

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 13:33
中学校の時、先生に聞いた話です。ガイショツならすいません。

幼い2人の姉妹が家で留守番していました。両親は夜にならないと
帰ってきません。
暇をもてあましていた姉は、家でかくれんぼをする事を思いつきました。
ジャンケンで姉が負けて姉が鬼になり、妹は姉が数え始めると
一目散に姉のいる2階から1階へ降りていきました。そして押入れに隠れました。

やがて2階から「数えたよ 今からみつけるからね。」という姉の声がし、
1階におりてくる足音が聞こえました。妹が階段を降りる音を聞いていたの
でしょう。
それからいろんなところを開けては閉める音が聞こえてきました。
妹は見つからない自信がありました。押入れの奥に隠れて小さくなっていれば、
例え押入れを開けられても、中を良く探さないと見つかりっこありません。

そしてしばらく時間がたち、妹が暗い押入れの中でウトウトし始めたとき、
「あっ みーつけた!」
という姉の声が聞こえました。




893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 13:35
そんな馬鹿なことはありません。押し入れすらまだ開けられていないのですから。
多分これは姉の作戦で、見つけたことを妹に聞こえるように言えば、
妹は見つかったと思って顔を出すのを狙っているに違いないと妹は思いました。
そのままじっと押入れの奥で隠れていると、外から姉の声が聞こえてきました。
「見つけた。出てきなさい」
「はやく出てきなさい」
姉の声は最初は穏やかでしたが、だんだんと妹をだそうとやっきになっているのか
声が荒荒しくなってきました。
「はやく出てきなさいよ」
「いいかげんにしなさいと怒るわよ」
「はやくでなさい!!」
そのうち壁をたたくような音も聞こえてきました。
妹は姉が自分を見つけれずに怒り出したと思って怖くなり、しょうがなく押し入れ
からこっそりでることにしました。

姉は洋服のクローゼットの前で立っています。
そこで妹が見たものは
クローゼットの中から出ている「白い小さい手」を必死になって引っ張っている
姉の姿でした。

その後妹が叫び声をあげ、姉が気づくと、小さい手はクローゼットの中に引っ込んだ
そうです。
夜に帰ってきた両親に泣きながら話をしましたが、信じてもらえませんでした。
しかしその後2度とその小さい手を見ることはなかったそうです。


894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 13:44
姉強いな。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 13:45
姉の鬼のような引っ張りに必死で抵抗する白い手(w

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 13:47

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |
       | ムシタオル
       \
          ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∧_∧      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧     ( ´Д` )    < コエーヨー
         ( ´Д` )   /⌒    ⌒ヽ    \_______
        /,  /   /_/|     へ \
       (ぃ9  |  (ぃ9 ./    /   \ \.∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /    /、    /    ./     ヽ ( ´Д` )< コエーヨー
       /   ∧_二つ (    /      ∪ ,  /   \_______
       /   /      \ .\\     (ぃ9  |
      /    \       \ .\\    /    /  ,、    ((( )))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  /~\ \        >  ) )  ./   ∧_二∃    ( ´Д` ) < コエーヨー
     /  /   >  )      / //   ./     ̄ ̄ ヽ    (ぃ9  )  \_______
   / ノ    / /      / / /  ._/  /~ ̄ ̄/ /   /    ∧つ
  / /   .  / ./.      / / / )⌒ _ ノ     / ./    /    \   (゚д゚) ナゲーヨー
  / ./     ( ヽ、     ( ヽ ヽ | /       ( ヽ、   / /⌒>  )  ゚(  )−
(  _)      \__つ    \__つ).し          \__つ (_)  \_つ   / >


897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 14:14

( ・ω・)ノ――――――――――@)`Д)、;'.・ ビシッ  <<890
( ・ω・)ノ@ パシッ

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 14:18
せっかく機嫌良く寝てる座敷童 無理やり引っ張り出すなよ。

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 15:03
>>829の「窓」も、やけに長く感じたが
>>850の「蒸しタオル」には、かなわない。

まあ、あれだ、
蒸しタオル VS 盛り塩 ってところだな。

900 :猫侍:02/08/17 15:07
900!!


901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 15:20
http://ime.nu/click2k.net/up/data/759.jpg

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 15:27
「蒸しタオル」と「まるはっちん」はいい勝負だな。
どちらも、なげー。

さて、おまいらに質問。どっちが「怖い・洒落にならない話」か答えろヤシ!

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 15:43
この話はあまりに不謹慎な事も有り
今迄殆ど人に話しした事が無い話です

私が中学の時の事、放課後友人4人で地元のアーケードを歩いていました
駅前で結構人通りが多いところです
だらだらと気だるそうに歩いていたんですが、身体障害者と思われる私達と同年代位の子が
ぎこちない歩き方で私達を追い抜いていきました
一人の悪ふざけの好きな友人が、それを見てその歩き方を真似して並んで歩き出しました
「あいつ、いつか刺されるぞ」と一人が言ったその時
50歳ぐらいのおじさんが「お前!そんなのまねすんな!!」と頭を叩きました
が、しかし叩かれたのは本当の身体障害者でした
かわいそうに叩かれた人は声にもならない声で泣きながら去っていきました
おじさんも周りの人達も唖然としていました

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 15:44
真似をした奴は普段からそういう歩き方を真似てふざけてました
止めろと言っても、その事件後も、相変わらずでした
月日が流れ、体育祭の日
100m走にそいつが出てきました
見てると何かおかしい
走り方がバタン、バタンとぎこちないのです
そいつは大きく離されたビリでした
みんなは「お前バチが当たったんだ、バチが」と笑ってましたが
その後もとうとう治らなかったです

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 16:10
ねぇねぇ、変換キーが乳首になってるよぉ

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 17:09
>>902
「まるはっちん」は創作もの?だけどスプラッターで恐かった。85点。
「蒸しタオル」はこのタオルの人が何をしたかったのか分らない所が恐かった。75点。


907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 17:34
点数をつけるのだけはやめてくれ

908 : :02/08/17 17:37
>>907
3点

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 17:41
>>906
2点


910 :906:02/08/17 17:42
>>907

ついやってしまった。すまんかった。

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 17:51
大学の先輩が、いつか酒の席で聞かせてくれた話です。
先輩のお母さんは、まだ先輩が赤ん坊の時に離婚してから、ひとりで先輩を育ててきました。
お金がないので保育園にもやれず、先輩は一人で家に置き去りのままだったそうです。
ある日お母さんが早退けして家へ帰ってくると、先輩が誰かと話す声がします。
驚いて子供を見ると、先輩はひとりで空中に話しかけ、相づちを打っていたのだそうです。
先輩はそのころのことをよく覚えていないそうですが、物心ついたときから「黒い影のようなもの」が自分の周りにいることはわかっていたそうです。
「黒い影」は幼い先輩の友達であり、親代わりのような存在でした。
先輩が一人になると、「黒い影」は先輩に優しい言葉をかけ、一緒に遊んでくれました。
先輩は幼な心に「黒い影」のことをお父さんと思っていたそうです。
(もちろん、本当のお父さんは違うところにいます)
不審に思ったお母さんが四六時中先輩を見張るようになると、「黒い影」は姿を消しました。
今でも時どき身の回りに「黒い影」の気配を感じる、と先輩は言います。
ベッドの下やドアの陰に「黒い影」は隠れていて、少し寂しそうに笑っているのだそうです。

912 :片山元 ◆2Get/5Jw :02/08/17 17:56
>>731はどうなんったの?

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:06
>>731 続き書いてくれYO!
>>850 怖いから盛り塩して寝るYO!

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:10
おもろい

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:16
私が小学生のときに体験したことです。
クラス替えがあって初めて仲良くなった友達の家へ
遊びにいきました。見た目は普通の一軒家なのですが、
中に入った途端、強烈な違和感を感じました。
まるで、人が住んでいる気配がしないのです。
モデルルームみたいなんです。生活感が感じられないのです。
気味悪いなーと思ったのですが、二階にある友達の部屋へ、階段を
上っていくともっとすごいものを見てしまいました。
二階には部屋が二つあるのですが、そのうちの一つの部屋のドアのノブと、
階段の手すりが、ビニール紐でぐるぐるまきに縛られているのです。
何十にもしつこく巻かれていました。私が唖然としてそれをみていると、
友人は「そこ、お姉ちゃんの部屋なんだ。自分がいない間、誰にも部屋に
入られたくないんだって」といいました。
私はなんとなく納得しました。友人の部屋は割りと普通でした。
続く・・・


916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:20
1000!

917 :915続き:02/08/17 18:28
友人の部屋で遊んでいても、私の頭からあの部屋のことが
頭から離れませんでした。そこで、友人がトイレに行った隙に
ベランダに出て、となりの部屋を覗き込んだのです。(ベランダ
はとなりの部屋とつながってた)
すると・・・夕日がさんさんと照る時間で、太陽の光がまぶしい
くらいなのに、部屋の中は真っ暗なのです。
それもそもはず。その部屋は、内側からベニヤ板でふさがれていた
からです。いくらなんでも、人に見られたくないからって
そこまでするものでしょうか?
しかも、サッシの隙間から、かび臭い匂いが漏れ出していました。
古い図書室の匂い・・・。
「何やってんの!!!!!」
友人に怒鳴られて、われに返りました。
「帰ってよ!!!」と怒られて、私はしぶしぶ帰りました。
それから、数ヶ月して彼女が転校するまで、一回も口を利いて
もらえませんでした。もっとも、彼女はその日から
あまり学校に来なくなっていましたが・・・。
これで私の怖い話は終わりです。
ちなみにその家は、彼女たちが引っ越してすぐ取り壊され、
今は駐車場になっていますが、幽霊がでるという
うわさもあるみたいです。

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:31
2,3続けて書く人はsageでかいたほうがいいよ。
916みたいな馬鹿がいるから。

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:34
>>915 こわひ

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:35
海外の話だけど、中古の一軒家に引っ越してきた家族の母親が
毎月の電気代が妙に高くて、おかしいと思って調べたら
見慣れない電気コードが1本繋がっていて裏庭の地中へと。
掘り出したら小さな冷蔵庫の中に複数の子供のバラバラ死体が
部分ごとにラップに包まれて冷蔵保存されてたとさ。
喰ってたんだろかね。

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 18:45
>>920 そんなあなたにお勧めのスレ
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029045792/

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 19:22
>>915
おれも盛り塩したYO!


923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 19:58
ひきこもりで悩んでたんだろ、そのお姉さんは。
勝手に人んちのプライバシーを侵害して、、、残酷だよね、子供は。

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 21:24
引っ越しした友達ん家で寝てたら、夜中に部屋の隅でガサゴソ音が・・・
隣のベッドで友達は寝てるし、何?と思って目をこらしたら、
なんかぼんやりとした影みたいのがある。
気のせいか思ってまた寝っ転がった。
したらまた、ガサゴソっちゅー音が聞こえてくるんだ。
今度は入り口近くの、押し入れのほう。
距離的には3メートルくらいなんだけど、なぜか音はよく響いてる。
びびりながら押し入れ見てたら、なんかカリッ、カリッって音が・・・
やべー、やべー、とっとと寝よう思うんだけど、目は押し入れに釘付け。
見えるんだよ、押し入れの隙間から、目玉みたいのが。
で、その横・・・襖の隅に白い指が並んでる。んで、カリッ、カリッっていう音。
襖を開けようとしてるとしか思えない。
もういい、何かの見間違いだ、それか猫!
強引にそう思いこんで布団をかぶった。
猫に指なんかねーよ、とびびりながら自分に突っ込みつつ
カリッ、カリッっという音は、自分が眠るまでずっと聞こえていた・・・

朝起きたら、開口一番に友達が「お前ゆうべ、何か見たろ」だって。
「このアパートって、あと何年かで取り壊されるらしいんだよな。
そんな古い建築ってわけでもねーのにさ、こりゃいわくアリだべ?
んでお前がさ、頭から毛布かぶって寝てたとき、お前の足首を
ぼやっとした白い手みたいのがつかんでてさ、寝るに寝れなかったぜ」
まじで背中に寒気が走った。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 21:27
今日、変な電話がかかってきました。
「おまえを一生のろってやる。
絶対に許さない」
と女性の声でした。
本当に洒落になっていません。
今日は寝ずに家の廻りを監視します。

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 21:40
ごめん、それ私だ

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:12
これ俺のイトコの話なんだけど、
今から20年くらい前、そいつが族にいた時に8−さんと付き合いがあって、
ある日その8−さんに「お前ら一晩1万円のバイトしないか?」って友達と
一緒に誘われたんだって。
しかもやることといえば、ある部屋で一晩過ごすだけっていう簡単な内容。
あんまりにも話が旨すぎるので聞いてみたら、その8−さんが正直に
「その部屋出んだよ、これが。」って言って手を下向きにしてぶらぶらしながら
「でもお前らみたいな肝が据わった連中なら怖かないだろ。」
って言われたんで結局引き受けることしたんだって。

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:31
んで、その夜に友達と二人で8−さんと一緒にそのマンションに行ったんだって。
でもその部屋は普通の部屋で、特にいやな雰囲気もしなくてほっとしたらしい。
8−さんが「じゃあ、鍵置いていくから後はよろしくな。」って言って出ていっ
ちゃったんで、しょうがないから二人でビール飲みながらTV見ていた。
でも20年ぐらい前の話だから今みたいに1日中TV放送もやってないんで、全部の
TV局が放送終了になってしまった。
友達と二人でしょうがないから寝るかって事になって、布団敷いて電気消したんだ
けど、やっぱり出るって事が気になって眠れずにぼうっとしていたんだって。
1時間ぐらいそうしていたら友達が、「なあ、○○(イトコの名前)」って話し掛
けてきたんだって。

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:39
続きをしる!

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:40
「お前のとこから窓の外が見えるか?」
イトコが「いや、見えねぇよ。」
「俺も見えないんだけど、気になってしょうがないんだよ。」
って友達が言ってきたんだけど、実はイトコも窓の外が気になってしょうがな
かったんだって。
結局ビビッテいてもしょうがないので、二人で窓の外を見る事にしてカーテン
を引いたら、窓の外に落ちていく血まみれの人が見えた。
でもその人が落ちていく気がするのに、いつまでも窓の外に見えるんだって。
で怖くなって二人で外に飛び出して公衆電話からその8−さんに掛けたら、
8−さんが迎えに来てくれて事務所で朝まで飲ましてくれたんだって。

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:42
>>930
落ちていた女性は、マトリックス?

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:43
私は東京で異常によく人身事故が起こるJRの某T線という路線のAという駅を
最寄りの駅にしています。
もう、14年も前になりますが私はその駅の快速が止まる方のホームに立ってい
ました。ちょうど、お昼になるかならないかの時間で朝はごったがえすホームも
人影はまばらといったところでした。
中間テストシーズンだったのか、近くにある女子校の生徒が隣のホームで騒いで
いるのをボケ〜っと眺めていました。私の右に、ちょうど3mぐらい離れたとこ
ろにいた同じ学校の生徒が隣のホームの子達に何かを叫んで手を振っていました。
その時、構内アナウンスで
『まもなく、3番線を電車が通過します。白線より下がって・・・』
と、放送が掛かりました。相変わらず女の子は大きな声で笑いながら話していま
した。やがて、左の方から特急がくるのが見えました。
ここからは今でもスローモーションの様に思い出されます。
今度は右を見ようとすると隣のホームにいた女の子達が何か指さしています。
その指の先を追いかけると、さっき、隣にいた同じ学校の女の子のさらに2m
程先にさっきまでベンチに座っていた中年のその時は、性別が解らなかった男
性が突然、立ち上がって線路に飛び込もうとしていました。
右にいた、女の子はあっけに取られているだけで身動き一つしません。私も全く
同じでした。
そして、その男は線路に飛び降りて行きました。
結構、勢いよく飛び込んだはずなのですが、記憶としてはふわ〜〜っと落ちてい
く、感じでした。

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:48
あれ、切れちゃった・・・
長いと思ったので2部に分けようとしたんだけど・・・

特急は、もの凄い、警笛を鳴らしはじめ、キ〜〜〜〜ッ!!っという、ブレーキ
を掛けて急停車しようとしていましたが私の前を勢いよく通過して行きました。
グシャッ!!っという音が一瞬、聞こえたような気がしました。本当に聞こえた
のかはよく解りません。
そして、その瞬間、その隣にいた女の子の顔と白いブラウスに赤い斑点が無数に
出来て、足下にはなんだか解らない、肉?の塊の様な物が転がりました。
その子は一瞬(時間は解りませんが1秒も経っていないかも・・・)ぎょっとし
た目をした後、両手を顔に当てて、もの凄い悲鳴を上げました。
そして、その後、ふら〜っと後ろに2,3歩、後ずさりをして、そのまま後ろ向
きに倒れそうになりました。その時、やっと私は動くことができ、その子がベン
チにぶつかる瞬間に抱きとめました。





934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:52
んで、その飲んでいるときに8−さんが教えてくれたんだけど、
不動産屋とかにそお言う物件の処理を頼まれることが結構あるらしくって、駄目
もとで族とかに厄払いさせてみようかって事で試したんだけど、殆ど駄目だった
らしい。
でもその後、南米とかアジア系の不法外国人にそお言うとこに住まわせたら出な
くなったらしいよ。
まあ幽霊も訳わかんない外国人相手じゃやり辛かったんだろうね。
その8−さんは外国人使って結構そお言う物件を除霊(?)しまくったらしいよ。
長い上に怖くなくてスンマセンでした。

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:58
俺は夜型人間なので夜中に音楽とか聞くんだけど、、、
ある夜にもいつもと同じように音楽聞いてたのね、
そしたら番号非通知で電話がかかってきて
「オマエ毎晩毎晩うるせーんだよ。xxxxxx(聞いてたバンド)聞いてんじゃねー殺すぞ!」
って男の声で、、、、
俺はアパートの角部屋に住んでて二階建ての二階なんだけど
その夜は隣も下の階の住人も不在(しかも住人は両方とも女性)だったんです。
       なんか怖くありません?

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:59
>>934
メモ帳に一度かいてコピペしたらいいよ。

んで、人が住むとその人にとりついて
アパートからいなくなるってことなん?

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 22:59
今度は反省して短く切り上げたつもりが・・・
スイマセン。

その子は失神していました。私は何をどうして良いかも解らずに、その子に
必死で呼びかけているとすぐに駅員がやってきました。警察もすぐにやって
来ました。その、直後に来た救急隊員に担架に乗せられてその子は運ばれて
行きました。最初は駅員や警察官や救急隊員も私に親切に対応してくれてい
ましたがそのうち、一人の警察官に「ちょっといいですか」と言われ、待っ
ていたパトカーに乗せられて警察署に連れて行かれました。
前のホームにいた女の子達が俺が押したと言ったみたいです。
結局、夜になって隣にいた女の子の意識が戻り、勝手に飛び込んだと証言し
てくれました。警察官が後日、謝りに来ましたが今でも、そのホームに行く
と、そのベンチにその男が座っているような錯覚にとらわれます。

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:00
>>935
男に頼んでかけさせた。
もしくは、隣のアパートの男。

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:01
>>936
今度から、そうします。
ご迷惑おかけしました。
その上、ちっとも怖い話じゃないですね。


940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:04
>前のホームにいた女の子達が俺が押したと言ったみたいです。

これの方がシャレにならんね。解けてよかった。

941 :935:02/08/17 23:06
>>938
なんで俺の携帯番号知ってるの?
俺は携帯の明細などは結構神経質にチェックしてる
だから明細を盗られたりはしてないんだけど、、、


942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:06
>>927の話は、893が一体何のために
部屋で一晩中過ごすことが出来る人間を
雇ったのかが気になる……

部屋にいるだけで一晩1万円て…

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:08
>>940
まったくです。おかげで、警察署で8時間ぐらい、ギャアギャア言われました。
飛び込んだ男の身元をしつこく聞かれたのですがもちろん、知るわけがありま
せん。結局、その男の身元がわかったのは2週間以上も経ってからだった様です。

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:19
かなり昔の話です。当時アーケードの「ストU」がはやっていて
それがスーファミに移植され、毎日毎日隣の家のA君と対戦に
興じておりました。隣の家とは家族ぐるみの付き合いでしたが
ある日、隣が引っ越す事になり「最後の対戦しようぜ〜」って事で
夜中まで私の家で対戦に興じました。
A君が引っ越して半年くらいたって、部屋で何気なくストUをプレイ
していたら、音楽がなり「Hear comes a New Challenger!」
の文字が…(わかります??)
2Pのコントローラーはささってないのに乱入されてしまいました。
キャラの選択画面のまま動かなかったのですが、動揺した私は電源を
落としてしまいました。
その二、三日後にA君の母親から連絡がありA君が交通事故で亡くなった
との事。お葬式に行った時に「きっと最後の対戦をしにきたんだ」と
思い、号泣してしまいました。
怖い話というより、思い出話になってしまいすいませんでした。



945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/17 23:26
部屋に盛り塩、これ最強。
ただこれをすると知り合いのところに幽霊が行ってしまう。
諸刃の剣....

946 :(´Д`)/ ◆GoYYYYYY :02/08/18 00:05
>>944こっちの方がいいようー。(ノД`゜)。 
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025267410/l50

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 02:42
ヽ(`Д´)ノ チンポアゲ

948 :優香なんて目じゃないね:02/08/18 03:50

結論:我がちんぽが世界で一番可愛いねん♪キメッ

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 05:05
それにしても荒れちゃいないが内容の薄いスレになったな・・・

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 06:05
同感。
ただの幽霊話ばっかだな。
相応のスレでやってほしい。

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 06:05
上げちまった。
相応のとこに逝ってきます(涙

952 : :02/08/18 06:18
( ・ω・)ノ――――――――――@)`Д)、;'.・ ビシッ <<950
( ・ω・)ノ@ パシッ


953 :nir:02/08/18 07:14
「用務員さん」
これは僕が小学生のときにあった本当の話です。
月曜日、友達のY田君がいつも通り某週間少年誌を
持ってきました。みんなまわし読みしていたのですが
当時結構有名だった連載ギャグ漫画で学校の用務員さん
を激しく馬鹿にした内容が掲載されていました。
内容はうる覚えですが、たしか主人公が
「用務員なんてただの働くおっさんなのだ!!」
などと、とにかく用務員さんをこれでもかというほど
侮辱していばした。
小学低学年くらいの僕達は影響されやすく残酷なもので
すぐにみんな僕達の学校の用務員さんを馬鹿にし始めました。
「はたらくおっさん!!生きてて楽しいか??」
「何で先生じゃないのに学校にいるんだよ!!」
「おっさん!頭悪いから先生になれなかったの??」
などなど、とにかくおちょくっては逃げてよろこんでました。
しかし用務員さんは逆上し切れてしまいクラスメートの
H西君の首を〆、彼を殺しました。
すぐにこのことは問題となり、これが原因でその週の某少年誌は
回収され、大問題となったことは知っている方も
大勢いらっしゃると思います。

おわり。






954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 07:30
ジャンプか??

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 09:35
【恐いトンネル】

幼少の頃に裏山にあったトンネルの話。
入って行くと行き止まりになっているのだが、
同じく反対側から入っても行き止まり。
しかし、村の長老だけが、そのトンネルをくぐりぬくことが出来る。
最近になって、その謎が解けた。
真中に隠し扉があり、その中にエレベータがあった。
エレベータは地下3階まであり、途中のB1,B2は行き止まり。
B3は、広い空間になっており、奥に扉がひとつある。
どうやら反対側へ抜ける扉のようだ。
灯りをつけると、古ぼけたぜんまい仕掛けの人形が一体あった。
奥の扉をあけようとした、その時!
人形がゆっくりと近づいてきた。
そこで意識が途絶える。

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 10:40
>>903
かなり前にここで見たなぁ

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 10:41
>>920
これは日本バージョンの話がここにあったよね

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 10:48
>>924
こわっ!
>>934
ほのぼの&ワラタ
>>935
天上裏ネタ?
>>941
お前のダチの彼女なんだろ
>>953
燃えるおにーさんだね
>>955
なんかカコイイな


959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 10:54
>>955
先行者ですか?

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 11:45
盛り塩で霊は退治できないんだと。
玄関にまくだったか何か忘れたか、ちゃんとした方法でやらないと駄目なんだそうだ。
盛り塩しただけでは、逆に霊が寄ってくると言っていた。

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 12:22
自分が体験した唯一の心霊体験です。
今は違うのですが、最近まで東京都板橋区の自殺で有名な
T団地にすんでました。私が小学生の頃は本当にたくさんの
人がその団地で自殺によって亡くなってました。
今は廊下に鉄格子みたいなものがはめ込まれ、自殺者はほとんど
いなくなったみたいですが、当時はタクシーに乗ってわざわざ
飛び降りに来る人もいるくらいに有名なスポットでした。
まだ自分が小学4年生の頃の話です。明日から夏休みで終業式が
終わって友人と4人で帰宅途中にある団地のわきに通りかかった
時に、パイロンに囲まれて人型のチョークがかかれている場所を
通りかかりました。


962 :961:02/08/18 12:30
信じられないかも知れませんが、みんな口々に「またかよ〜」
「何で死ぬんだろね」というくらい当たり前の光景だったのです。
今思えばなんでそんな事したんだろう?と思うのですが私は
パイロンを蹴飛ばして、人型のチョークに寝転がったりして
遊び始めました。さすがにまわりの友達はひいてましたが
「なんだよおまえら、根性ねえな!」みたいな事を言ってごろごろ
チョークの上を転がっておりました。

963 :961:02/08/18 12:43
その日の夜、妙な息苦しさで目がさめました。意識の中では
目がさめてるのですが、体がさっぱり動きませんでした。
金縛りなんて経験した事ない私はものすごくパニックになって
いましたが、声も出せずにただただじっとしてるしかありませんでした。
そのうちお腹の上になにかが乗っかっているような重みを感じ、それは
どんどん重くなっていき、そのまま気を失ってしまいました。
朝目覚めて母親にその事を話したのですが、「疲れてるだけよ」と
まったく取り合ってもらえずに、再び夜を迎えました。


964 :961:02/08/18 12:57
なんか寝るのが怖くて、ガキにしては夜更かしをしていたんですが
そのうち寝てしまいました。すると再び夜中に目がさめてしまったのです。
しかし今回はまぶたすらあける事ができず、なにかが全身に覆い被さって
いるような感触と、男のひとの「ヒューヒュー」という息遣いが聞こえて
きました。怖くなった私は心の中でひたすら「ごめんなさい、ごめんなさい」
と繰り返してました。すると突然体が軽くなり、心で叫んでいた
「ごめんなさい」が本当に大声で口からでていました。となりで寝ていた
両親もその声で飛び起き、なにがあったのかを問いただしたので
私も泣きながらチョークの上に寝転がって遊んでいた事を話しました。
母は「明日一緒に謝りに行こうね」といい、次の日お線香と花を買って
そのチョークのところに行きました。

965 :961:02/08/18 13:04
それからはうなされることもなく、家族旅行や友達との遊びの中で
そんな事も忘れかけていたのですが、夏休みも後半に入り一人自宅で
宿題のドリルをしてると、突然電話がなりました。
「もしもし○○です」「……」「もしもし??」「……」
悪戯かなと思い受話器を置こうとしたときに、男の人の声で
「二度とするなよ…」と

それ以来霊体験をすることなく現在にいたっております。なんか
読みづらい文章でスマソ

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 13:56
次スレ立てました。
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029646267/l50

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 18:09
>>961
「二度とするなよ」  コワカッターヨ((( ;゚Д゚)))

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 21:23
>>961
>男のひとの「ヒューヒュー」という息遣いが

どうせだったら、女の方が良かったのにな
上に乗って吐息を聞かせてくれるなら、毎晩来てホスィ

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 21:34
>>953

これだな。この作者はどうしようもないな。。
http://www.karin.sakura.ne.jp/~rollei/moeoni01.html

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 21:58
今読んできたけど…
なんなんだこの漫画


971 : :02/08/18 22:05
こわくないけど、こわかったつーんで

暗い女の声で電話がかかってきて
「あの〜エイズの相談窓口ってこちらですか?」
つ〜まちがい電話だったんだけど、ちがうつったら
ガチャってきれてさー。なんかいたたまれないよな。

   ごめん、版ちがうと思ったんだけどさー。

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 22:13
鬼面組みと違うのか?・????

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 22:35
奇面組の作者の元アシスタントだよ

漏れは奇面組のファンだからそういう間違いはしないでくれ……

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 03:00
ちゃんと埋めないと呪うぞ!!!

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 06:38
嗚呼ー、どうやら漏れのちんぽ呪われたっぽいな」全く反応しねっし

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:24
      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < それじゃあ1000取り合戦、いくぞゴルァ!!   ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    


977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:25
1000!

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:36
1000

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:41
1000取ったヤツは今夜死ぬほど洒落にならないことが起きます。

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:42
2

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:45
1000

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:46
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 1000!

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:46
983!

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:55
>>969
昔アニメを見た気がする。タイトルしか覚えてないけど

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:57
結構好きだったからがんばってほしかったんだけどな>佐藤正

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 13:58
bakabakasii

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 14:42
1000

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 14:52
988

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 14:55
989

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 14:57
990

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:00
とまってる

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:01
みんなやる気ねー

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:02
1000

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:02
まだまだー

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:03
990

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:03
997!

997 :廃人T ◆MATRIXOA :02/08/19 15:04
1000ぐらいかな。

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:05
999でストップさせるべき

999 ::02/08/19 15:06
1000

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/19 15:07
999でdat落ちさせようよage

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

308 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)