5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

@ 民話の中のオカルト @

1 :◆W1aSrup80c :02/10/19 13:00
チベットの民話に「犬になった王子」というお話があります。
穀物を持たない貧しい国の王子が飢えた民の生活をなんとかしようと命を懸けた旅にでます。
苦難の旅の末、竜王の国にたどり着き、そこから麦の種の盗み出したのですが、そのことで
竜王に捕まり魔法で犬に変えられてしまいます。しかし、ひとりの娘と出会い、その娘の愛
に救われ、ついに祖国に麦をもたらし、飢えた民を救う。

という話です。
この話に出てくる“竜王の国”とは麦の発祥の地とされ、かつてチベットの西方で栄華を
誇ったホズラムの国か、豊かな漢族の国で“魔法で犬にされた”というのは洗脳によって
元の考えを失った状態のことをさしてると思われます。

他にもこういった別の解釈ができる民話の中のオカルト話があったら教えてちょ。


2 :ANGEL:02/10/19 13:03
新スレおめでとー(゚∀゚)
2ゲトー

3 : :02/10/19 13:06
千夜一夜物語なんかはそういった話の宝庫だな。

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:07

まじめに追求したいなら↓に行ったほうがいいんですけど。
http://academy.2ch.net/min/

5 :1 :02/10/19 13:11
>>4
・・・・・・そうゆう板があるのは知ってます。

6 ::02/10/19 13:11
鶴の恩返しの元話になったアジアの民話
ある動物(国によってまちまち、日本ではサメ)が優しい人間の男
に命を助けられる。
その動物は男に恋をして「根性?」で絶世の美女に化けて男を誘惑して
結婚する。
しかし、子供を産むとき「絶対に覗かないで下さい」という願いを男は
破ってしまう。子供を産むときだけ本当の姿に戻らなければならない。
「あなたが約束を破らなければ私はずっとあなたの側にいられました。」
と子供を残して去ってしまう。
種族が違っても愛し合うことはできるがその多くは「タブー」を破ること
により破局する。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:16
>>6
その話って日本のみの話じゃないんだ。
じゃ、人間と動物、異種族=異人種とか国際結婚のタブーを
語ってるのかな?

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:21
昔は蔑視してる隣国人を動物に例えるのはよくある事だったろうな。
今でも差別的な意味でつかったりするけど。

9 :6:02/10/19 13:26
それもあるけどアジアでは夫が出産に立ち会うのはタブーの傾向がある
ようです。夫婦で苦痛を味わうべしというワケ分からん西洋人とは違います。
当時男性の出産に対する知識は0、ショックで不能になってしまうことも
おおかったのかも?
それに妊婦の死亡率も高かったことも示唆してますね。
日本版の話は古事記か日本初記か失念。学生やめて長いもので、ヘヘ。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:33
インドの神話にはどう解釈してもUFOとしか思えないものがしょっちゅう出てくる。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:41
>>10
例きぼん。わくわく。そういうの大好き

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:48
わかった。
想像以上にショッキングだった出産シーンを見て
インポになった旦那に愛想を尽かし、嫁は出ていってしまう、
という悲しい話なんだな。

好奇心で覗くと夫婦どちらのためにもならない事になる、とゆう
ありがたい教えが含まれてる。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 14:03
>>11
たとえば、インドの古い文献の「マハーバーラタ」の戦記に
「インドラのいかづち」ってのがでてくるんだけど、これがものすごい兵器で、
「生けるもの全てを破壊した」と記されてる。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 14:07
14げっと?げとしていいの?すり

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 14:22
オカルトではないけど洗脳繋がりで、
「赤い旅団」というイスラムの暗殺団があって、ここの洗脳のやり方はすごい。
まず、田舎の無知で貧しい青年を見つけだし、酒場に誘う。
麻薬を混ぜた酒を飲まし、眠らし、美女だらけのハーレムに
連れて行き、青年が目を覚ましたら「ここは天国であなたは
あの酒場で酒を飲み過ぎて死んだ」と教え込む。
そして一週間ほど麻薬入りのご馳走を与えハーレムで遊ばした後、
再び眠らせ現実にもどし、「そこは勇敢な暗殺者だけが行ける天国で、
赤い旅団の教えを守れば再び行ける」と教える。
そうすると命知らずの暗殺者が一人できあがるらしい。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 14:25
>>13
ビーム!
もっときぼん

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 14:45
>>16
「ラーマーヤナ」というインド古い文献に「“飛行車”ヴィマーナ」というのが出てくる。

魔女たちがこの飛行車でアショカの森というところからシータという女性を誘拐する話とか、
それを可哀想に思った魔王ラーヴァナが自分の飛行車使ってシータを助け出し、アヨージャの
都に帰えす話とかがある。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 14:54
なんかそうゆうのに詳しい人いたな。名前わすれたけど。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 15:30
よく考えると「かぐや姫」も不思議な話だ。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 15:42
>>15
男だったら百パーセント洗脳されてしまうね。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 15:46
>>1
宮崎駿の「シュナの旅」の元ネタ?

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 20:39
かぐや姫って最後なにか乗り物に乗って月に帰るんだっけ?
まんまだな。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 20:40
>>22
牛車だろ。

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 20:43
>15
アサシンか
シリアに行ったとき奴らの砦?遠くから見たよ

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 20:53
>>24
アサシンはトルコのアンカラだろーが。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:12
>>15
それってアサシンじゃない?
「赤い旅団」はイタリアのテロ組織じゃなかったか?

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:15
「赤い旅団」=ドイツ
「赤い日曜日」=イタリア


28 :24:02/10/19 21:20
>25
あちこちあるんだよ

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:20
オカ板、みんなテキトーでオモロイ

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:22
>>28
んな話聞いたことねえよ。

31 :15:02/10/19 21:31
>>26
あ、そっちだ「アサシン」シーア派の一派。
なんか勘違いしてた。

32 :Zanoni=28:02/10/19 21:37
>27
赤い旅団はイタリアですよ。バーダー・マインホフと勘違いしてないですか。
赤い日曜日は聞いたことないです。

アサシン派は元々、12世紀にイランで結成されました。
シリアは山の老人もいましたし、アサシン派の勢力が特に強かった土地です。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:38
だから、んな話聞いたことねえよ。

34 :ダヌル・ウェブスター:02/10/19 21:38
「輝ける道」

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:38
( ´_ゝ`) ブリガーテロッセ、赤い旅団。
       イタリアのモロ元首相暗殺で有名ですな。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:45
>33
あなたが無知だということはよく分かりました。
アサシン派でぐぐってみると、少しは賢くなれますよ。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 21:46
で、スレから外れていっても誰も軌道修正しようとせずそのままなんだなw

38 :Zanoni:02/10/19 21:53
じゃあスレの本旨に戻って

>3
オカルトとは言えないかもしれませんが、ギリシア神話もそういう話多いですね。
有名どころでは、デメテルの娘がハデスに嫁ぐ話とか。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 22:01
わりと新しい民話なんかだと、1みたいに今の感覚でも解釈しやすいけど、
神話までいくと訳が分かんなくなって解釈が難しいな。

日本神話でもすねた神が穴に閉じこもってしまい、
穴から出そうとした女神が裸で踊って誘ったり、体の穴という穴から食べ物
出してみたりと訳分からん話が多い。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 22:23
>>39
日蝕

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 22:27
>>38
それどんな話?

42 :ダヌル・ウェブスター:02/10/19 22:37
デメテルの娘、京子がハデスに一目ぼれして結婚する。

結婚式は平安閣。

43 :Zanoni:02/10/20 00:53
>41
うろ覚え何で軽くぐぐって見たんですけど、あんまり適当なのがないですね。

デメテル Demeter ギリシャ神話で、大地の実り、とくに麦の豊穣をつかさどる女神。クロノスとレアの娘。
冥府(めいふ)の神ハデスに娘ペルセフォネをさらわれ、ゆくえをさがしてその職務を放棄したため、地上には
穀物がまったくみのらず、荒れ放題になった。この状態におどろいた主神ゼウスは、兄弟であるハデスに
ペルセフォネを女神にかえすよう要求した。ハデスはそれに同意したが、地上にかえす前にペルセフォネに
ザクロの実を食べさせた。いったん冥府の食べ物を口にした者はそこを退去できないという掟(おきて)のため、
結局、ペルセフォネは1年のうち4カ月は冥府で生活しなくてはならないことになった。そのため、デメテルが
娘といっしょにすごす期間だけ大地はゆたかにみのり、毎年冬になると娘をつれさられたデメテルの嘆きに
よって作物がみのらないのだという。
Microsoft(R) Encarta(R) Reference Library 2002. (C) 1993-2001 Microsoft Corporation. All rights reserved.

という、日本神話の岩戸隠れや伊弉冉尊が黄泉の国から戻って来られなくなる逸話と似た話です。

子供の頃、ブルフィンチ編の岩波少年少女文庫版で読んだときは、現実の地名との適合などかなりおもしろい
ことを書いてあって印象に残っていた話なんですが。


44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/20 01:59
アサシンとは朝が新鮮って感じだ。
朝が新鮮といえば朝が鮮やかな国と解釈できアサシンのルーツは
あの朝が鮮やかな国だったのかとさえ思えば

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/20 08:33
>>40
そうゆう解釈が一般的なのか。
神話に出てくる神=高貴な立場の人、と思ってたから意外。

46 :山野野衾 ◆W7NDQJtGoM :02/10/20 11:14
>43
冥界神と豊穣神が関わる神話、豊穣神が岩戸に隠れる話は世界的に分布して
います。ところで民話の背景の解釈を本格的に学びたい方には柳田國男の著
書や五来重の「鬼むかし」がお勧めです。

47 :孔雀王:02/10/20 14:55
「孔雀王退魔聖伝」の日本神話編で小泉八雲をパクったキャラが
「日本神話とギリシャ神話は共通点多いね」と言っていたが
思いつくだけでイサナギ―オルフェウス、
スサノオ&ヤマタノオロチ―ヘラクレス&ヒュドラ。他にもあるかも知れん。

何だか右翼から圧力があったとかで打ち切り、無念。
どうして共通点が多いのかも謎のまま。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/20 15:00
伊勢神宮の灯篭なんかに刻まれている紋章は、ユダヤ教と同じマークだそうですね。


49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/20 15:06
立山連峰の何処かに埋まっている佐々成政の埋蔵金の話は結構怖いかも…。
民謡に謎を解く鍵があるらしいのですが、謎を解こうとすると不幸が訪れ。
それでも核心に迫ろうとすると狂死するというものなんですが、実際に埋蔵金探しで財産を失い。
正気を失った者が続出したので、それを避ける為に、民話の中で警告しているそうです。


50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/20 15:31
財宝の隠し場所にまつわる民話は他にも結構あるね。
山陰地方のどこかのお寺の話で「ぶっそうな石」という話があるけど、
これも宝の隠し場所とそれを盗もうとする者には良くないことが起こるという話。


51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 00:39
ヨーロッパで語られる妖精なんかは、白人に追いやられて森に隠れ住んだ
古いヨーロッパ人種のことなんじゃないかと思うことがある。
あと魔女なんかの描写も自然の薬草の知識に長けた古ケルトの文化を臭わせるし。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 00:50
馬に恋した娘が、殺された馬とともに神社に祭られているとか、きいた覚えが・・・
里見八犬伝の冒頭のお話みたいなの
こういうのって騎馬(狩猟)民族と農耕民族の悲恋が元ネタなんだろか?

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 01:11
逆に宝が掘り出されたがって化けて出る話もあるよね。
器物の精というか九十九神、付喪神はもともとは魏晋時代の伝奇に
出てくるが、宝が化けて人を呼ぶと言うのは日本だけのようだ。

宝のナゾを託した民謡はそれ自体がマクロみたいなもので、なぞを解こうと
言葉の羅列にアクセスしようとすると言霊のトラップに自分で自分がはまり込む
大変よくできたウィルス。言葉の八門遁甲の陣みたいで面白い。
恐ろしく緻密な計算をしないとこれだけの手の込んだ仕掛けは困難だ。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 01:14
神隠しって実はらちだろうか?

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 01:23
>>52
遠野物語のオシラサマでは?

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 01:30
>>52
その系統の話は中国から養蚕の伝播した地方に広く分布。
東北のおしらさまや、魏晋のころ娘を巻き込んで天に消えた馬の皮が
蚕となった話など完全な類型あり。
白鳥伝説はヒッタイトから始まって製鉄伝播の経路にともないユーラシア
から日本各地まで点在。

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 01:33
( ´_ゝ`) 馬娘婚姻譚って他にも色々あったとオム。
      「捜神記」とかにもあったような…

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 01:37
( ´_ゝ`) あら、詳しい人書いてたわ…

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 02:07
馬に惚れるのはやはりでかさからだろうか?

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 02:09
オカ板の馬は短小だが

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 03:59
現代の神話では、とある人妻が「・・・わたしだから?」と美しい誤解をするのだよ

獣らーんどっ (天王寺水族館

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 04:42
意味がわかりません

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 14:26
>>39
どこかで聞いた話なんだけど、岩戸に篭もった天照大神=卑弥呼説ってのが
あるらしい。
「お隠れになる」は高貴な人が「死ぬ」の隠語。
で、卑弥呼が死んだ後、男が次々と王の位に立ったら戦乱が起こる→太陽が消えた闇の世界。
次のトヨ(イヨ?)が現れて再び平和が訪れる→岩戸から天照大神が再び現れ、太陽が出現。

天照大神が岩戸に隠れ篭もった後、岩戸の前で踊ったり食べたりして大騒ぎ・・
というのも、それは当時の葬式形態そのものらしい。
当時は誰かが死んだら、とにかく食べて飲んで大騒ぎする慣習だったとか。


64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 15:35
>>63
それだと矛盾があるのではないでしょうか?
純粋な疑問なんですけど、
天照大神が隠れてしまって、こまったから、踊って彼女を外へ出そうとしたのでしょう。
葬式で踊るのなら、世の中が闇に包まれる前に踊るのが
順序として正しくない?
責めてるわけじゃないよ。そこ疑問に思ったから。

65 :64:02/10/22 15:38
失礼。
>世の中が闇に包まれる前に踊る

闇に包まれた直後に踊る

ええと、自分でなに言ってるのか分からないけど、
男が王になって国が乱れてから
卑弥呼に踊りをしても順序がおかしいんじゃないか?ということ。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 17:51
岩戸に籠もった神様は結局タヂカラオとかいう力自慢の神に
引きずり出されたんじゃなかったっけ?

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 08:52
age

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 14:48
>66
何してんだようるせえなと天照が岩戸の扉をちょこっと開けたのを見逃さず、
力自慢が岩戸を全開にしてひっぱりだしたのです。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 00:47
  あ

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 02:22
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ ) <アマテラ!アマテラ!アマテラ!アマテラ!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< アマテラ!アマテラ!アマテラ!アマテラ!
アマテラ〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /


71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 01:02
 

72 :んが:02/10/30 01:13
古事記に出てくる天の鳥船とか天の浮き船なんかもUFOぽいよね。
「マハーバーラタ」に出てくる戦争の描写なんて空軍や核兵器みたいだよ。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 01:16
首領の死→戦乱→新たな首領が平定
が神話化して岩戸がくれの話ができ、その時の儀式の模様は
首領が死んだ後の宴の模様が投影されてる、ということかいな?

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 01:19
卑弥呼の時代にはすでに大和朝廷があって、「卑弥呼」は「日の御子」
であるのを、魏の使いのものが名前として「ひみこ」と報告したのでは
、という説もあるね。

75 :めんこ:02/10/30 01:25
田舎の近所に安寿と厨子王を人攫いしてきた
山椒大夫の屋敷跡がある。
わたしって人攫いの子孫???

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 01:34
それって新潟のどっかやったっけ?

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 02:21
>>75
うちのおじいちゃんの家もその辺だ。
夏休みに遊びに行くと、その話よくしてもらった。
>>76
京都府

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 02:49
( ´_ゝ`) 攫われた場所が新潟でしたかな。直江津か何処か。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/30 10:37
そうそう直江津やった。
こないだ行ったとき、地図見たら安寿と寿司王丸の供養塔があったんで。

ttp://www.choryo.jorne.ed.jp/area/mori.html
ttp://web.joetsu.ne.jp/~jtca/aruku/naoetsu/naoetsu.htm

安寿と厨子王の物語で有名な「山椒大夫」は、森鴎外が中世の説経節「さんせう
太夫」を題材に小説化したもの。一行が人買に売られる今津とは直江津のこと。
東国と西国へ人が売られる港町として描かれている。
関川河口に安寿と厨子王の供養塔が建ち、土地の古老は「丹後の船が入ると海
が荒れる」と今でも言っている。

80 : :02/10/30 21:48
人攫いとか女衒(漢字デタ)は近代以前決して珍しいことではないでしょう。
まぁオレのお爺ちゃんだって戦争で人殺したし♪

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/01 23:32
 

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/04 20:13
 

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/07 14:36
【懐かしい】昔話はオカルト満載・第2話【語れ】
ttp://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1035538023/

84 :Zanoni:02/11/10 12:01
>41
デメテルの娘ペルセポネ(プロセルピナ)は、アプロディテとエロスの陰謀で黄泉の国の王
ハデスにさらわれる。デメテルは、娘を探し世界中を歩き回る。シチリアのキュネア川に
浮いた娘の帯を見て、娘が死んだことを悟るが原因が分からない。

以下はブルフィンチ作、岩波少年少女文庫の「ギリシア・ローマ神話 上」80頁からの引用

「恩知らずの大地よ、私はお前に豊かにものを生む力を与えて、青草や穀物を生やしてやっ
たのに、もうこれからは一切恵みをかけてやらぬから。」

85 :Zanoni:02/11/10 12:05
それからというものは、家畜は死ぬし、すきは畑の中で壊れるし、種は芽を出さなくなっ
てしまいました。むやみに日照りが続くかと思うと、今度は長雨が降り続きます。種はみ
んな鳥に盗まれてしまいました。--そしてアザミとイバラばかりがはびこりました。

86 :Zanoni:02/11/10 12:07
泉の女神アレトゥサがこのありさまを見て、大地のためにとりなして言いました。
「デメテルさん、そんなに大地をお責めにならぬ方がいいでしょう。大地は、ただ仕方なし
に、あなたの娘さんを通してあげただけなのです。あなたの娘さんがどうなったか、教えて
あげましょう。というのは、私、お嬢さんをお見かけしたのです。ここは私の本国ではござ
いません。私はエリスから来たのです。私は元は森のニンフで、狩りが大好きでした。みん
なは、私のことをきれいだと言ってほめましたが、私はそんなことは少しも気にかけないで、
それより狩りの上手なのを自慢していました。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/10 12:08
ある日、さんざ走り回って、暑くてフーフー言いながら森から帰る途中、静かな川の畔へで
ました。川の水は透き通っていて、底の小石まで数えられるくらいです。調度柳の木陰にな
っていて、青草の生えた岸が、流れのふちまでなだらかにおりていっています。私は近寄っ
て、ちょっと足を水につけてみました。膝ぐらいの深さのところまで、入っていきましたが、
それだけでは気が済まなくなって、上着を柳の気に掛けておいて、水に浸かりました。

88 :Zanoni:02/11/10 12:10
そして水の中で遊んでいますと、川の底の方から、なんだかムニャムニャ囁くような声が
聞こえます。大急ぎで手近の川岸へ逃げようとしますと、その声が
『アレトゥサ、何で逃げるのだ?私はこの川の神アルペイオスだよ。』
と言うではありませんか。私は逃げ出しました。川の神は追いかけてきました。速さでは
私も負けはしませんが、向こうの方が力が続くので、私が疲れてくるにつれ、向こうは追
いついてきました。

89 :Zanoni:02/11/10 12:12
とうとう疲れ果てて、私はアルテミスに助けを求め、
『お助けください、女神様。あなたを信じる者をお助けください。』
と叫びました。アルテミスはそれを聞いて、たちまち私を濃い雲の中に包み隠してくれま
した。川の神は、あちこち見回して、二度も私のすぐ側まで来ましたが、気が付かずに行
ってしまいました。

90 :Zanoni:02/11/10 12:13
『アレトゥサ!アレトゥサ!』
と川の神は叫びました。檻の外で狼のうなり声を聞く子羊のように、私はガタガタ震えて
いました。冷や汗が流れました。私の髪の毛は水になびいていました。私の立っていると
ころは、池になっていました。あっという間に、私は泉になってしまったのです。けれど
この泉が私だということを知ると、川の神は自分の流れを私の方に注ぎ込もうとしました。

91 :Zanoni:02/11/10 12:16
そのとき、アルテミスが大地を開いてくれましたので、私はただもう川の神の手を逃れた
いという一心で、その割れ目に飛び込み、土の下を通り抜けて、このシチリア島に出てき
たのでございます。私が地面の一番深い所を通りましたときに、あなたのお嬢さんのペル
セポネをお見かけしました。

92 :Zanoni:02/11/10 12:21
お嬢さんは、悲しそうな顔つきをしていらっしゃいましたが、もう驚いたようなふうには
見えませんでした。お嬢さんの様子は女王のようでした。黄泉の国の女王のようでした。
地獄の花嫁らしい威厳を備えておられました。」
デメテルはこの話を聞いて、しばらくは気の抜けたように、ぼんやりと立ち尽くしていま
したが、やがて馬車に乗って天へ昇り、ゼウスの王座の前に急ぎ参上しました。

93 :Zanoni:02/11/10 12:26
デメテルは、ゼウスに娘を連れ戻すことを依頼する。ゼウスはペルセポネが黄泉の国で何
も食べていなければという条件付で承知した。使者のヘルメスがデメテルと共にハデスの
所に行くと、すでにペルセポネはハデスの勧めたザクロの汁を啜った後だった。
交渉の結果、ペルセポネは一年の半分を母のデメテルと過ごし、残り半分を夫のハデスと
過ごすことになる。デメテルは今まで通り大地の世話をするようになった。

94 :Zanoni:02/11/10 12:27
引用再開

このデメテルとペルセポネの話は、確かに一つの例え話ともとれます。ペルセポネは地中に
まかれ、そこに隠されている種を意味しています--黄泉の国にさらって行かれたというのは
このことなのです。種は、やがて芽を出すでしょう--それが、ペルセポネがお母さんの所へ
連れ戻された、ということになるのです。「春」が、地の中にいたものを、日の光の中に連
れ戻してくれるのです。
アルペイオス川は実際、途中で地面の下に隠れて見えなくなり、色んな地下の水路を通って
また地上に現れてきます。シチリアの泉アレトゥサもk、やはり同じ流れの水が海の底を通
ってシチリア島で地上に現れてきたものと言われています。ですから、アルペイオス川に杯
を投げ入れると、その杯がアレトゥサの泉に出てくる、という話が伝わっています。

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 01:09
 

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 04:51
こうゆの面白い。

>>84-94 乙

97 :Zanoni:02/11/11 20:08
>96
がんばって手入力したので、喜んでもらってうれしいです。

小学校の時、はじめてこの話の解釈を読んだときはあまりの鮮やかさに感動したものでした。
(先日改めて読み直して、結構単純なのでちょっとがっかりしましたが。)

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 21:46
神々の系図
ttp://www.levy5net.com/odashima/home17.html

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 18:42
日本神話とギリシャ神話の共通性について語るスレ
ttp://academy.2ch.net/test/read.cgi/min/1015782896/

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 20:10
100

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 21:15
>99
こらっ!ここわりといいスレなのにゴミリンク貼るな!
読んでそんした気分だぞ

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 21:18
ゴミリンクか

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 20:33
じゃあこれは?

ギリシャ神話
ttp://academy.2ch.net/test/read.cgi/min/973390481/

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 21:00
あがれ

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 21:02
>>1
これ、映画あったね。数年前に。

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 21:15
そういわれりゃどっかで聞いた話だな

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 11:47
あげ

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 13:00
 

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 18:40
>1たまには出て来い

110 :◆W1aSrup80c :02/11/21 23:16
このスレのこと忘れてた。

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/23 08:14
age

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/23 16:29
>>53
宝が化けて人を呼ぶと言うのは日本だけのようだ。

うろ覚えで、恐縮なのだが、ロシアの民話・伝説なんかにもそういう話はあるらしい。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 15:53
>110
もうちょっと手入れしてください。
がんばって引用してくれた人もいるんだから

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 23:27
浦島太郎の玉手箱って。。。
ttp://academy.2ch.net/test/read.cgi/min/991038315/

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 00:24
75 名前:天之御名無主 投稿日:2002/11/25(月) 20:11
講談で有名な大岡裁きで、1人の子どもを自分の子だと主張する二人の女のエピソード。

これは、旧約にソロモン王の裁きの話として同型の「エピソード」があるのですが。
a)戦国末期に日本に渡来した宣教師によって伝播した説
b)(>>74のアレキサンダー伝説とほぼ同様に)アラビア→ペルシヤ→中国と伝播した説
と両方ありますね。
折衷して、一端bで伝わっていたためにaで再発見された、なんて説もある。

どちらにしろ、エピソードの伝播は日ユ同祖論のようにオリジナルな話者である民族自体の移動を伴うとは限りませんので。
ないとは言えないと思います。
同時に、類似性と言っても断片的に挿話(エピソード)が伝播してきた可能性から考えた方が合理的です。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/29 04:24
 

117 :蝿皇子 ◆MLX/At3sMc :02/11/29 06:19
>>47
その共通神話にシュメールがあるからでえす。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 05:58
 

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 13:56
唐揚げするからスレがしらける。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 18:36
>119
じゃあネタ振って
しなかったらdat落ちなんで

121 :YOSHIKI:02/11/30 19:25
おい、お前ら! ■神=謎の巨大コンドーム■ 
について何か知りたければ ■コンドーム■を使え!
■コンドーム■の使用法はここに掲載してあるぜ!
■コーヒー浣腸■のやり方も、ここに掲載してあるぜ!
http://www12.brinkster.com/uhikaru/a&w.htm

■コンドーム■をした感想は このスレでオレに知らせろよ!
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/1037874647/l50
+ ad

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)