5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【恐怖】 曹操が来る!((゚Д゚;)))) 【戦慄】

1 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:27

曹操の話をしていると、曹操が来るのれす!
だからみなさん、曹操の話をしてはいけないのれす!曹操が来たら
大変な事になるのれす!

そ・・・曹操は・・・
昔の人れす・・・
・・・このくらいなら、きっと大丈夫なのれす。

そ・・・曹操は・・・
お城をいっぱい持ってた人れす・・・

 ビクビク(((゚Д゚;))) (((;゚Д゚))))キョロキョロ

・・・こ、このくらいなら大丈夫れす・・・


※本物の曹操でない人が曹操を名乗ってはだめれす。

2 :葬☆想:02/06/16 14:30
僕が曹操ですが何か?

3 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:37
>>2
びっくりさせないれくらさい ビクビク(((゚Д゚;)))
そんな事を言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…

お、おそろしくていえないのれす〜!

4 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:38

キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!

5 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:39
曹操って、小柄らしいね。

6 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:42
>>5
呂布に馬鹿にされたんだっけか?
呂布「公よ、なんぞ痩せたる?(嘲笑)」
曹操「我が痩せたるは国務に励むが為なり」

フィクションかも知れないけどな

7 :換☆兎:02/06/16 14:52
>>6は陳宮。

8 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:55
孫権の話をしていると、孫権が来るのです!


9 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 14:57
遼来来

10 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 15:00
曹操のHP晒しちゃえ!

11 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 15:04
>>5

だめれすーっ!!その話だけはだめれす!!
曹操が、曹操が来るれす!

曹操は自分の容姿にコンプレックスを持っていて、
異民族の使者が来た時、部下のサイエン(背も高くて威厳がある)を王座に
座らせ、自分はその後ろで従者のふりをして謁見して…

ところがその使者が、人物眼のいい人で、後で周囲の人に
「曹操は立派な人でした。しかしその後ろに居た人物こそ英雄です」
と言っていたというのを聞いて…
「危険な人物だ」として、使者を追いかけて殺させてしまったのれすーっ!!

って、そんな話をしてはだめれす!!
曹操が来るれす!曹操が来るれす!!

12 :6:02/06/16 15:16
>>7
俺は陳宮かよ(笑)
まぁ、彼は(演義で)面白いキャラしてるから結構好きなんだけどね

13 :換☆兎:02/06/16 15:27
>>12だめレスぅぅぅ。せめてHNを陳宮にしなくちゃ
そ・・・・曹操が出てくるレスぅぅぅ。

14 :換☆兎:02/06/16 15:28
と、彼は残虐な物まねをしたので、
ロンが殴りかかろうとしていた。

15 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 17:17
背は高いが曹操マンセーですがなにか?

16 :夏候惇:02/06/16 17:18
すまんが孟徳が邪魔しておらぬか?

17 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 17:24
シャアが来る!

18 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 18:20
 たしか曹操って、とある戦いで捕虜にしたヒゲ魔人にハァハァして勝手に
尽くしまくったのに、「キモイ、超嫌い」と捨て台詞を残して去っていかれた
のを根に持って、長耳くんを逆恨みして目の敵にした人だよね。

ん?なんか赤い鎧が通常の3倍の速度で・・・(≡〈(・)) 《(・) )Ahhhhhhh.......!

19 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 18:31
>>18 はい、さよなら。

20 :ふっふっふ ◆z0areZMU :02/06/16 18:38
曹操など返り討ちにしてくれるわ!

・・・500万の大軍で。

21 :陶謙:02/06/16 19:11
曹操がやって来た、殺した、去った。


22 :袁紹:02/06/16 19:59
陶謙が必ずしも正論を述べてるとは限らない。

23 :大槻:02/06/16 20:09
曹操など実在しない。
曹操と呼ばれている事象は全てプラズマで説明できるのだ。

24 :陸景:02/06/16 20:37
フッフッフッフ───

猿は動物園に還りなちゃい(プ
猿は動物園に還りなちゃい(プ
猿は動物園に還りなちゃい(プ
猿は動物園に還りなちゃい(プ


25 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/16 22:26
このスレに曹操が来るのは1000レス目ですか?

26 :曹操:02/06/16 22:28
余に何か用か?

27 :陶謙:02/06/16 23:09
損害賠償請求しゅる

28 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 00:56
>>26

そ…曹操れすか!?
ほんとに曹操さんれすか!?

29 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 01:17
抵抗するなら皆殺し
降伏しても半殺し

徴兵バンバン、重税ガンガン
恐怖の曹操やってくる

30 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 01:38
>>1
まぁ落ち着け。
曹操なんて来やしな・・・

ザシュ!! ガフッ・・・

31 :タケノコ ◆ENokT4mw :02/06/17 01:48
>>1
説到曹操、曹操就到
という中国のことわざからのネタだね?

32 :ななし:02/06/17 01:52
曹操に墓荒しをしろと言われたのれすが、ばちと曹操は、どっちが怖いれすか?

33 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 10:46
>>28
大丈夫れす・・・ほんとの曹操じゃなかったみたいれす・・・

>>31
そう、そう・・・曹操・・・ぷぷぷっ(w

(゚Д゚)ハッ

言ってしまったのれす!だじゃれを言ってしまったのれす!

((゚Д゚)))) ガクガクブルブル

よ、よかった、曹操には聞こえてなかったみたいれす。

>>32
曹操れす!曹操のほうが怖いのれす!!

あああ〜
こんな話をしている間にも、どこかで曹操が出たみたいれす・・・

34 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 10:51
曹操さんまだ〜?きたいage

35 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 10:53
曹操はいつから関羽に恋をしていたのかな。演義だと華雄を斬ったときから?

36 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 10:57
劉備とのはめどり写真をみたときから

37 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 14:00
>>31 噂をすれば影がさす。の中国バージョン。

38 :曹爽:02/06/17 14:04
呼んだ?

39 :曹爽:02/06/17 14:06
まぁなんだ、その

40 :曹爽:02/06/17 14:06
呼ばれたらいつでも来るから期待しる

41 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 14:56
期待age
曹爽さーん

42 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 15:02
>>35
関雨のアイコラを見た時からだろ(藁

43 :曹爽:02/06/17 18:12
>>41
呼んだ?

44 :曹繰:02/06/17 22:40
ういー! みんなこんばんわだぞ〜

45 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 22:43
>>38
日本語だと確かにあんたもソウソウだな(笑)

46 :曹操孟徳■本人:02/06/17 22:45

これ、こわっぱ!人の名を騙るでないぞ、、、

47 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/17 23:01
漏れ無能だから速攻斬られるだろうな・・・・・

48 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 01:35
>>46
トリップくらいつけろや。
◆caocao とかさー。

でもこのスレは曹操があんまり早く来るとつまんない。

49 :曹爽:02/06/18 01:50
呼んだ?

50 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 01:58
>>49
お前いいキャラしてんな(藁

51 :曹操孟徳◇caocao :02/06/18 02:21
はやく寝ろ!!

52 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 02:36
政官腐敗による政治不信・責任なき増税指標・対外政策の失敗・・・
最後の希望といわれた小泉も精彩を欠き、英雄待望論すら飽きられる。

嗚呼、彼はどこに居るのか、ここに来てくれるのか、、。
エロイムエッサイム!出でよ曹操!!

53 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 05:00
孟徳はもうとっくに帰ったぞ

54 :曹繰:02/06/18 07:28
はいはい呼びました?

55 :曹爽:02/06/18 08:44
>>52
呼んだ?

56 :曹丕:02/06/18 09:33
おっす

57 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/06/18 11:25
     |ゝ`) ・・・・・・・・・・・・
     |⊂    
     |     

58 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 12:41

みなさんだめれす!
曹操の話をしてはいけないのれす!!



曹操さんは詩が好きだったとか…
美しい詩を創りながら…
たくさんの兵隊を率いて戦ったとか…

そんな話をしてはいけないのれす〜!

((゚Д゚;))))
ナゼカ フルエガ トマラナイノレス

59 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 14:35
ワールドカップでさ…フランスがボロ負けしたよな?
あれ…曹操の仕業らしいぜ…

60 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/06/18 15:14
|ゝ`)つ ・・・>>1ゾクミナゴロシ
|ノ
|


|彡サッ
|
|

61 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 15:38
トルコ人が攻めてきました

62 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談>:02/06/18 21:58
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に劉豫州さん(仮名)とするれす!
劉豫州さん(仮名)はその頃、曹操の隙を見つけて徐州と言うところを
手に入れたばかりでした!

曹操の部下が徐州をカエセ!!と軍隊を連れて攻め込んで来ましたが
劉豫州さん(仮名)は傭兵軍団の隊長をしていたほどの人でしたから
曹操の部下を返り討ちにして「お前らじゃ話にならん!カエレ!!」と馬鹿にしました。
そして泣いて逃げ帰る曹操の部下に向かって「曹操が来れるもんなら来てみろ!」
と言ってしまったのれす!

劉豫州さん(仮名)の部下の人が「兄貴ぃ、ンなことゆってダイジョブですかい?」と
心配そうに尋ねたのですが、
劉豫州さん(仮名)は「曹操は今ごろ官渡で袁紹と睨みあってて動けやしねーって!」と
笑って気にしませんでした・・・

63 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談>:02/06/18 21:59
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


64 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談>:02/06/18 22:00
「ソウソウきたーーー!!!」
見張りの声に半信半疑で偵察に出た劉豫州さん(仮名)は目を疑いました。
もうもうと馬塵が立ちこめる先頭に! 曹操がいたのれす!
官渡にいるはずの曹操がいたのれす!
八頭身コチにウマごと担がれて曹操がいたのれす!
そして劉豫州さん(仮名)を見つけるとニヤーリ笑いかけてきたのれす!


こうして劉豫州さん(仮名)はその日の内に徐州を失ってしまいました・・・
その上、大事な大事な義兄弟を曹操に捕られてしまったのれす・・・


曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!


65 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 22:01
>>62-64
((゚Д゚)))) ガクガクブルブル----

66 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談2>:02/06/18 22:26
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に淳右傾さん(仮名)とするれす!

淳右傾さん(仮名)はその頃、
烏巣と言う所に集められた袁紹軍の兵粮守備についてたれす。
その頃袁紹軍は官渡に引き篭る曹操軍を何倍もの兵力で取り囲んで
攻撃しているところだったのれす。

ディフェンスに回された淳右傾さん(仮名)は攻撃に参加できなくて
イライラして酒で憂さばらしをしていたれす。
そしてその時ポロリと
「あんなぁ、昔は俺も西園八校尉の一人でヨ、曹操よか上っぽい感じでいたんだゼ?」と
言ってしまいました。
淳右傾さん(仮名)の部下の人が「大将ぉ、ンなことゆってダイジョブですかい?」と
心配そうに尋ねたのですが、
淳右傾さん(仮名)は「官渡でヒッキーになってる曹操に何ができんだヨ?」と
笑って気にしませんでした・・・

67 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談2>:02/06/18 22:27
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

68 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談2>:02/06/18 22:28
「ソウソウきたーーー!!!」
見張りの声に半信半疑で天幕から出た淳右傾さん(仮名)は目を疑いました。
辺り一面火の海になる中! 曹操がいたのれす!
官渡でヒッキーになってるはずの曹操がいたのれす!
カクカク震えるカクとタンデムで曹操がいたのれす!
そして淳右傾さん(仮名)を見つけるとモコーリ勃ち上がってきたのれす!


こうして淳右傾さん(仮名)はその日の内に大切なショジョを失ってしまいました・・・
その上、鼻を削がれ大事な大事な兵粮を曹操に焼かれてしまったのれす・・・


曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

69 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 22:29
>>66-68
(((゚Д゚)))) ガクガクブルブル----

70 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 22:33
あげ

71 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 22:36
何気に面白い。。。更なる体験談を求む!

72 :曹繰:02/06/18 22:42
面白age

73 :夏侯惇:02/06/18 22:42
孟徳の代理で来ました。

74 :始皇帝:02/06/18 22:44
そんなことは真人が許さぬ。

75 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談3>:02/06/18 23:22
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に諸葛アキラ少年(14歳)とするれす!

諸葛アキラ少年(14歳)はその頃、徐州瑯邪と言う所で幸せな少年時代を過ごしていたれす。
その頃徐州は曹操軍がやってきて荒らされてしまったばかりだったれす。
荒れて治安の悪くなった徐州を前にして諸葛アキラ少年(14歳)は心痛め憤慨したれす。
そして「早く大人になってボク、曹操をやっつけるんだ!」と言ってしまいました。
諸葛アキラ少年(14歳)のお母さんの人が「アキラ、そんな恐ろしいことゆってはいけないよ?」と
眉を顰めてたしなめたのですが、諸葛アキラ少年(14歳)は
「管仲や楽毅を目指すボクが曹操をやっつけなくてどうすんのさ!」と
ほっぺをぷぅっと膨らましてそっぽを向きました・・・

76 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談3>:02/06/18 23:23
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


77 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談3>:02/06/18 23:24
「ソウソウきたーーー!!!」
逃げ惑う村人にもみくちゃにされながら脱出した諸葛アキラ少年(14歳)は驚きました。
逃げ惑う鶏や犬を追いかける曹操がいたのれす!
虐殺を部下に任せ鶏と犬に夢中になってる曹操がいたのれす!
そして森に隠れる諸葛アキラ少年(14歳)が見えたのかキャハーリ笑い顔になったのれす!


こうして諸葛アキラ少年(14歳)はその日の内にお父さんお母さんの行方が分からなくなり、
お兄さんとは生き別れになったのれした・・・
その上、キャハーリ笑う曹操の姿がトラウマとなり十何年も草廬へヒキコモリに・・・


曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

78 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 23:25
>>75-77
((゚Д゚)))) ガクガクブルブル----

79 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 23:25
(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル

80 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/18 23:27
ウルトラマンコスモスが…逮捕されたよな…
あれも…曹操の仕業だって噂がある…

81 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/19 11:48
曹操の話をしていると曹操が来る…でもどこから来るのかな?

82 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/06/19 11:50
ゝ`)オマエノウシロニイルゾ
|ノ
|


|彡サッ
|
|

83 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/19 14:34
なんか項王来を思わせるな。項羽も鬼神というか破壊神だった((゚Д゚))))

84 :曹爽:02/06/19 15:58
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

85 :曹爽:02/06/19 16:52
先人から聞いたのだが、
陶謙の徐州大虐殺って・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

86 :陳宮:02/06/19 16:54
曹操なんて怖くもなんともn

87 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/06/19 17:01
|ゝ`)>>86 モウイチドヨニツカエンカ? ソノキガナイナラ…
|ノ
|


|彡サッ
|
|

88 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/19 17:08
>>86
曹操ですか? 曹操が来たのれすかーーーー?(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

89 :特攻隊:02/06/19 22:13
はじめまじっ!!

どしゅ

・・ぐふう

90 :陶謙:02/06/19 22:41
俺悪くないのに曹操が無辜の民を虐殺しながらこっちに来るんですよ!
なんなのあいつ!
頭いいから俺が悪くないってことぐらいわかるでしょ!
それなのにどうしてこんなことするかなあ!
所詮は宦官の家のk

91 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/19 22:43
きゃぁぁぁあああぁぁぁぁあああぁーーーーーーーーーーー!!


曹操が来たのれーs

92 :曹豹:02/06/19 22:48
陶謙様はそれがs

93 :張遼:02/06/19 22:48
国賊めが! その手をはなs

94 :孔融:02/06/19 22:51
(((((((゚д゚))))))))ガクガクブルブル

95 :伏皇后:02/06/20 01:02
曹操タンが来た、我らのところに・・・

96 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/20 09:53
>>95
展開が早すぎ。
もうちょっと間を置いてから来てくれ。(w

97 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/06/20 11:17
|ゝ`)イマカラ>>90コロシニイク、リアルデ。
|ノ カントクフユキトドキノツミハオモイ
|


|彡サッ
|
|

98 :蒋義渠:02/06/20 13:11
s

99 :李封:02/06/20 13:17
何だこのクソすr

100 :タケノコ ◆ENokT4mw :02/06/20 13:21
>>98
随分早いなあ。
曹操じゃなくて夏侯淵なんじゃないの。

101 :劉j:02/06/20 14:18
曹操?まだ来ないでしょヾ(´ー`)ノ

102 :劉j:02/06/20 16:18
安心安心 マタ―リ行こうyo!!ヾ(´ー`)ノ


103 :謎の影:02/06/20 16:18

|彡サッ
|
|

104 :劉埼:02/06/20 16:25
何やら不穏な陰が見えるが・・・((((;゚Д゚)))

105 :劉j:02/06/20 17:26
どうやら平気みたいだのうヾ(´ー`)ノ
曹操はまだ水軍訓練中じゃ、こちらもラジオ体操でもしようかの

106 :特攻隊:02/06/20 17:43
はあはあ・・・
よ、ようやく復活したべ

僕は恐ろしい情報をてにいれましたべ(体験談4)
その人はある人の親父で
息子が三人いるべ
そのある人に
「都にカムバック」という勅命
あったんですべ
なんだろう?
と思って道を進んでいたら
「なぜ急に勅命なんでしょうが?」
と一族の00が聞いてきた
「さあ知らんとりあえず血判書の
契りを果たす機会だ
はっはっはっは」
そうこうしてるうちに使者がきた
そしてその使者と曹操を殺すことを誓い合った・・・べ
そして城門前で
曹操のことを
一族とちょびっと話したら・・・・・
矢が城から雨のように降ってきて・・・・
なななななんと!!
城から曹操がでえてきたたたたああああ
そしてその親父さんがつかまり
死んでしまったああああああああああああべええええ
に、にげろおおおおおおお

107 :特攻隊:02/06/20 17:44
はあはあ・・・
よ、ようやく復活したべ

僕は恐ろしい情報をてにいれましたべ(体験談4)
その人はある人の親父で
息子が三人いるべ
その親父に
「都にカムバック」という勅命
あったんですべ
なんだろう?
と思って道を進んでいたら
「なぜ急に勅命なんでしょうが?」
と一族の00が聞いてきた
「さあ知らんとりあえず血判書の
契りを果たす機会だ
はっはっはっは」
そうこうしてるうちに使者がきた
そしてその使者と曹操を殺すことを誓い合った・・・べ
そして城門前で
曹操のことを
一族とちょびっと話したら・・・・・
矢が城から雨のように降ってきて・・・・
なななななんと!!
城から曹操がでえてきたたたたああああ
そしてその親父さんがつかまり
死んでしまったああああああああああああべええええ
に、にげろおおおおおおお

108 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/20 17:46
馬父さん??

109 :馬騰:02/06/20 17:51
曹操は俺が殺す!

110 :馬超 猛起:02/06/20 17:52
父さんの敵〜

111 :謎の影:02/06/20 18:56

|彡サッ
|
|


112 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談X>:02/06/20 19:37
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に劉減特さん(仮名)とするれす!
劉減特さん(仮名)はそのころ、荊州で中年太りを気にしながら力を養っていたのれす!

曹操の部下が荊州をクレクレと軍隊を率いて攻め込んできましたが、劉減特さん(仮名)はその頃
配下にしていた高名さん(仮名)の策により返り討ちにして、「お前らじゃ相手にならん、
弱すぎる」とおちょくりました。そして、よせばいいのに「曹操も詩文にかまけていくさの
仕方を忘れたか!」と言ってしまったのれす。
劉減特さん(仮名)の部下のお髭さんが「兄者、前にもそんなこと言ってエラい目にあいません
でしたか?」と心配そうに尋ねたのですが、
劉減特さん(仮名)は「西涼には馬騰もいる。都の政情も安定していない。こんな状況で奴自ら
出向けるものか」と笑って気にしませんでした・・・


113 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談X>:02/06/20 19:40
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


114 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談X>:02/06/20 19:45
「ソウソウきたーーー!!!」
避難民のキャンプを急襲され大混乱に陥る中、命からがら逃げ出した劉減特さん(仮名)は驚きました。
阿鼻叫喚の人の海が真っ二つに割れた先に! 曹操がいたのれす!
許都で動けないはずの曹操がいたのれす!
夏候淵と張遼の快速ツートップを引き連れた曹操がいたのれす!
そして劉減特さん(仮名)を見つけるとウホーイ舌なめずりしたのれす!

こうして劉減特さん(仮名)はその日のうちに領民と軍勢の大半を失ってしまいました・・・
その上奥さんも亡くしてしまい、大事な大事な跡継ぎまでこの時のショックでバカボンに
なってしまったのれす・・・


曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!


115 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/20 20:53
ガタガタ((゚ロ゚;))

116 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/21 00:12
ガクガク(((゜д゜;)))ブルブル

117 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/21 01:45
(((((((((゚д゚;))))))))))ガクガクブルブル



118 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/21 02:55
ガクガクブルブル(((((((((((((゚д゚;))))))))))))))ガクガクブルブル

119 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/21 03:03
怖い、怖すぎる・・・でももっと体験談の投稿を求む!

120 :文若:02/06/21 03:16
曹操さんちからお歳暮が届きました。
開けても良いものか?

121 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/22 00:33
>>120

この時期だったらお中元だと思われ

122 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/22 00:34
も、もしや白い粉?

123 :文若:02/06/22 01:16
建安十七年十月だから、ちと気の早いお歳暮かな〜?
と思ったんだけど。

124 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/22 06:03
>>123
きっと中味は曹操れす! 開けたらだめれす! 恐ろしいことがおこるれす!

125 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/22 19:46
そのお歳暮h

126 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/22 21:10
>>125
な、何故途切れているんだ((((゚д゚;))))))))))))))ガクガクブルブル

127 :孫権:02/06/22 21:34
私はあんな奴より張遼が怖いのだが((((;゚Д゚)))

128 :楊任:02/06/22 21:35
まだこの漢中には曹操はこn

129 :楊昴:02/06/22 21:36
あら?あの旗印は曹そ

130 :張衛:02/06/22 21:37
兄上をs

131 :張魯:02/06/22 21:37
漢中は天然の要害だから大丈夫だ。
みなのもの落ち着けい。
曹操なんぞはこの五斗米道の法力であっという間にけちらしt

132 :楊sy:02/06/22 21:39
 

133 :楊柏:02/06/22 21:40
あ、兄上は名前すら・・・
曹操め、こn

134 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/23 00:47
曹 説
操 着
就 曹
到 操

135 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/23 01:16
ガクガクブルブル(((((((((((((゚д゚;))))))))))))))ガクガクb

136 :馬騰:02/06/23 01:38
曹操タンが征南将軍にしてくれるヨーなので、
休、鉄を連れて許昌まで都見物がてら逝ってきます。

137 :馬休:02/06/23 02:51
父う

138 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/23 02:59
シャア来来

139 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/25 02:59
続き読みたいage

140 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/25 03:23
>>138
ガクガクブルブル(((((((((((((゚д゚;))))))))))))))ガクガクブルブル


141 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/25 04:41
あああああぁぁぁぁ!!!
馬さんが!馬さんが!

142 :李儒:02/06/25 08:35
殿、曹操のヤシめが何か謙譲したいとのこt

143 :献帝:02/06/26 03:08
李儒よ、なぜお主がこの時代にいk

144 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談6>:02/06/26 22:04
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に張僚さん(仮名)とするれす!

張僚さん(仮名)はその頃、合肥と言う所を仲間たちと7千の兵で守っていたれす。
そこへ突然損権が十万の兵を率いて攻め込んで来たれす。
張僚さん(仮名)たちはあっと言う間に合肥を包囲されてしまい、大ピンチになったれす。
「どうしよう・・・」
張僚さん(仮名)たちは頭を抱えました。張僚さん(仮名)の君主の人は
その時、数千里もの遥か彼方の漢中にいてとても助けに来れるはずはなかったのれす。
皆、絶望的な気分になったその時、「バカ! 諦めるな!」と護軍の薛庭(仮名)が
叫びました、「敵襲があったらこれを開けと、曹閣下がこれを下さったのだ!」
薛庭(仮名)が掲げたものを期待して見た皆はガクーリ、肩を落としました。
それは、小さな一つの錦嚢だったのれす。
「こんなコブクロ一つ役に立つかーーーっ!」
期待を裏切られた怒りで張僚さん(仮名)はビターン!! その錦嚢を床に叩きつけました・・・

145 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談6>:02/06/26 22:04
で も ・ ・ ・

曹 操 の モノ を ・ ・ ・ 

粗 末 に し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

146 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談6>:02/06/26 22:06
「ソウソウでたーーー!!!」
錦嚢から噴きだした煙を見て、張僚さん(仮名)は怯えました。
錦のコブクロから出た煙が忽ち!曹操になったのれす!
沸きだした煙が小さな髯ダソディ、曹操になったのれす!
そしてガクガクブルブル(((゚Д゚;)))) する楽唇(仮名)たちにテキパキ指示を出すと
張僚さん(仮名)にモホーン! 薔薇色の流し目を送って言ったのれす!
「張僚(仮名)、お前は儂のウマーになれ」
そうして心底泣いて嫌がる張僚(仮名)さんに跨がると
未だ氏にたくないと哭き叫ぶ数百人の兵を駆り立てて
10万の損権軍に特攻していったのれした・・・

こうして張僚さん(仮名)はその日一日中ソウソウのウマーとなって10万の軍に突撃しつづけ、
戦いの恐ろしさとソウソウのモノを粗末にした自分の身のほどを知ることになったのれす・・・
この合肥の戦いで張僚さん(仮名)は前より有名になれたのれすが、
その代わりモホーン! な曹操に跨がられて八頭身になってしまったサイズは元に戻らず、
八頭身のまま一生を過ごすことになったのれした・・・


曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

147 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/26 22:07
>>144-146
ガクガクブルブル(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル

148 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/26 22:14
身内でさえ容赦しない曹S

149 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/27 17:33
ガガガガガガガガ(((゚Д゚;)))) ブブブブブブブブ



150 :陳宮:02/06/27 20:07
あの時殺しとけばよかった・・・

151 :当陽県で劉備惨敗:02/06/28 01:29
関羽「あの時、奴を斬っておれば・・・」
劉備「鼠に投げんとして、器を忌る。と申す」

152 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/28 01:34
こい!曹操!!!

153 :無名武将@お腹せっぷく:02/06/29 04:30
はっ!貴様何やt

154 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/01 11:42
no!



155 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/06 14:48
age

156 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/06 16:22
良スレage

157 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談7>:02/07/06 18:03
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に芝居さん(仮名)とするれす!
芝居さん(仮名)はその頃、
都仕えするように何度か誘いを受けていましたが、思う所あって断り続けていました!

ある日芝居さん(仮名)は父の芝乏さん(仮名)と酒を呑んでおりました。
芝居さん(仮名)はついポロリと、
「宦官の息子の曹操って奴が偉そうにしてんだぜ?そんな所で働くかっつーの!」
と言ってしまったのれす!

芝乏さん(仮名)は「おいおい、悪口言ってると晒しageくらうぞ」
と心配になり咎めたのですが、
芝居さん(仮名)は「孫権相手に一杯イパーイな曹操に何が出来んだよ」
笑い飛ばしました。

158 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談7>:02/07/06 18:03

で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


159 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談7>:02/07/06 18:05

「ソウソウきたーーー!!!」
父の声に驚いて超音速で振り向いた芝居さん(仮名)は目を疑いました。
夕暮れの日差しが差し込む屋敷の中! 曹操がいたのれす!
孫権とガチンコしてるはずの曹操がいたのれす!
「人事担当」の名札をつけた荀逝(仮名)を従え、曹操がいたのれす!
そして芝居さん(仮名)を見つけるとヌルーリと喉から手を出してきたのれす!

こうして芝居さん(仮名)はその日の内に都にさらわれていきました・・・
その上、超音速で振り向いた首は後ろを向いたままになってしまったのれす・・・

曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

160 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/06 20:47
>>157-159
ガクガクブルブル(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル

161 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/06 23:22
あ、あげ・・(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル

162 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/07 19:51
面白いがネタ切れしそうなスレ…

163 :無名武将@お腹せっぷく  :02/07/07 20:01
説曹操、曹操就到。Shuo cao cao,cao cao jiu dao.

164 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/08 22:25
>>162
あと5、6個は燃料あるよ

165 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/08 23:15
>>164
じゃあ投下してくれ。

166 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談8>:02/07/09 00:38
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に娠姫さん(仮名)とするれす!

娠姫さん(仮名)はその頃、袁木(仮名)の妻になって姑の人と[業β]で夫の帰りを
待っていたれす。
その頃[業β]は曹操軍に包囲され陥落したばかりだったれす。
いつ曹操軍が入ってくるか分からない、殺伐とした雰囲気がいいんじゃないのと
姑の人は娠姫さん(仮名)が止めるのも聞かず隠れてる小部屋の中で
曹操の悪口を言い始めました。
「曹操・・・我が夫袁紹が生きていたら! 何が得意げな顔して占領よ!」
娠姫さん(仮名)は「お義母さま、小声でもそんな恐ろしいことゆってはいけませんわ」と
眉を顰めたしなめたのですが、姑の人は聞く耳もちませんれした・・・

167 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談8>:02/07/09 00:39
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


168 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<体験談8>:02/07/09 00:40
「ソウソウでたーーー!!!」
顔に泥を塗って部屋に隠れ入り口の方を窺っていた娠姫さん(仮名)たちは驚きました。
寝台の下の暗がりの中から「2ゲット ズサー!」と曹操が現れたのれす!
そして隠れていた娠姫さん(仮名)を見つけるとモコーリ、股間のちょびっつを膨らまして
近づいてきたのれす!

嗚呼、この三白眼人妻スキーに犯される・・・
目をつむって覚悟したその時、娠姫さん(仮名)は昔の言い伝えを思いだしたのれす。
「そうそう! お義母さま、同意するときにはそうそう!って言うのよね!
 他にはやばやと、って意味でそうそうって言葉があったし!
 あと、あと、手紙の結びにも使いましたわ!
 他にそうそうって、なにかありました? いいえ!
 あ り ま せ ん わ ! 」

そう叫んで娠姫さん(仮名)が恐る恐るつむっていた目を開いて辺りを見渡すと、
ソウソウの姿は何処にもなく、曹非(仮名)が一人ポカーンと突っ立っているだけれした・・・


169 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/09 00:41
>>166-168
ガクガクブルブル!!(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル!!


170 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/09 07:19
(゚Д゚;)・・
(゚Д゚;)・・
(゚Д゚;)・・
ガクガクブルブル(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル

171 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/09 11:59
恐ろしいことが、恐ろしいことが・・・・

おきてないやんっ!(w

172 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/09 16:18
この後、曹非(仮名)にさらわれるわけで…

173 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/10 00:42
ゾワー
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

174 :曹爽:02/07/10 01:35
呼んd

175 :漢中住民:02/07/10 17:00
ここは、平和でそうそうなんてこないぜ〜!
なんか、りゅうび(仮名)って人が来るらしいけど・・・。

176 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/10 17:23
>>175

で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

177 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/10 17:52
「ソウソウきたーーー!!!」
建安24年、りゅうび(仮名)軍の叫びで外を覗いた>>175は驚いた。
「オ、オラの畑が〜!」
もうもうと土煙をあげながら、りゅうび(仮名)軍と曹操軍が畑の上…
いや、ほんのさっきまで畑だった場所で戦っているのれす!

曹操軍はひとまず追い払われたのですが、
りゅうび(仮名)軍との睨み合いはひたすら続いたのれす!
そしてその間、畑は修復される事もなく荒れていったのれす!

178 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/10 17:53
それから2ヶ月ほどたったある日の事でした。
「畑も荒れちゃったし、奪ってもおいしくなさそうな土地っぽいから帰るわー!」
曹操の叫び声が聞こえたかと思うと、
まるで波がひくかのごとく、一瞬にして曹操軍は消えうせておりました。

後にはただ呆然としているりゅうび(仮名)軍と>>175の姿がありました。

179 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/10 18:42
>>175-178
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

180 :175:02/07/10 23:55
>>176-179
おお!おみごとなのれす!ありがとうなのれす!
ところで、オラの畑は・・・?

181 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 01:59
沛国の夏侯豚(仮名)さんは、14才の頃自分の師匠を侮辱した男に
謝罪をする様試みました。しかし、交渉は難航し決裂状態でした。
 侮辱した男は「そういえば、お前の周りにはろくな奴がいねえな、何だっけか?
従兄弟の…曹…曹操だっけか?人の嫁盗んだり、騙したりする悪童だよな。
お前はそんなやつの一族だからなあ…。」と夏侯豚(仮名)さんをも侮辱しました。
夏侯豚(仮名)さんはじっと黙っていました。

182 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 02:01

で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


183 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 02:06
夏侯豚(仮名)さんがふと、自分の右手を握る者を感じたかと思うと
そこには何と!「ソウソウ来た〜〜〜〜!!!」
曹操が居たのです!
逃げようとする男に、曹操は夏侯豚(仮名)さんの右手に剣を握らせ
そのまま夏侯豚(仮名)さんの手で男を刺し殺したのです!


184 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 02:10
しばらく夏侯豚(仮名)さんは呆然としていましたが
すでに曹操は居なく、周りには人がたくさん集まっていました。
その後男は息を吹き返す事も無く、夏侯豚(仮名)さんは殺人犯として
指名手配される事になるのです…。

185 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 02:15
>>181-184
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

186 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 10:23

ガクガクブルブル(((゚Д゚;)))) ガクガクブルブル

187 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<番外編> :02/07/11 10:42
これは、あるエロゲ会社の人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名を仮に超先生(仮名)とするれす!
超先生(仮名)はそのころ〆切を破りながら泊まり込みでシナリオを
作っていたのれす!

超先生はいつものように寝不足と天然でテンパった頭でわけわかめな
シナリオを書いていたのれす。そしていつものごとく自画自賛を始めた
のれすが、言うに事欠いて「私の文才も、もはや歴史遺産級のレベルだ。
いにしえの曹操と比べても劣る物ではあるまい」と言ってしまったのれす。
同僚達は(こんなのと比較される曹操も可哀想だな)とは思いつつも、
呆れと嘲笑の混じった愛想笑いで追従していたのれす・・・・・・


188 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<番外編> :02/07/11 10:43
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


189 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!<番外編> :02/07/11 10:43
「ソウソウきたーーー!!!」
開発室の騒ぎに、仮眠室から起き出した超先生(仮名)は驚きました。
部屋中のパソコンのディスプレイ上に! 曹操がいたのれす!
貞子さながらに画面の外にはいだしている曹操がいたのれす!
そして超先生(仮名)を見つけると「屋上屋を架す」と書かれたお札を取り出し
ユラーリユラーリ間合いを詰めてきたのれす・・・

こうして超先生(仮名)はそれまでに作ってあったデータをふっ飛ばされ、
社長に大目玉を食らうことになったのれす。その上、お札の呪いで「RR」
「感感俺俺」などと意味もなく同じ言葉を並べた電波な文しか書けなくなったのれす・・・


曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!



190 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 11:32
>>187-189
ワケワカラン…

191 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 12:54
>>187-189
その葉鍵ネタは、ここではキツイよ。
超先生(仮名)を知っている自分はワロタけど。

192 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 15:15
>>187-189
かなーりワケワカラン…

193 :董承:02/07/11 15:22
みんな!安心してくれ!
曹操は明日、薬で・・・

194 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 18:30
信長が来る!スレがすぐ下に…

ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブル

195 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 19:00
○○が来る!のオリジナルってここですか? なんか3つ4つ同じスレが
立ってるんですが、真似されるって事は良スレ認知の証なのかな・・・

196 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/11 23:36
このスレ立ってからずっと居座ってるけど
これがオリジナルだと思ふ

197 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/12 22:47
イヤ、流石は本家よのう。
超先生だけ訳輪からめだが、合いの手の入れ方もよし!
某が勝手に良スレと 認定させてもらったぞ。

しかし、曹操と信長、どちらが怖いかと問われたら
勿論曹操であるな。
はっ、いかんつい口がすb・・・・・ザシュ!

198 :ななし:02/07/13 01:08
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


199 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 01:28
事を成し終えた>>193は喜びに打ち震えていた。
毒を入れた料理を曹操が食べたのれす!
曹操は痙攣して倒れたのれす!
ついに、ついに曹操を倒したのれす!

後は皇帝に報告すれば>>193も歴史に名の残る功臣になるだろう。
ふ、ふふ、ふははははははは!!!!

200 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 01:28

で も ・ ・ ・

曹 操 を 侮 っ て は ・ ・ ・ 

い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


201 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 01:30
「ソウソウ治ったーーー!!!」
侍医の華駄(仮名)の叫びに、>>193は愕然として振り返った。
メチャメチャ元気そうな曹操がスキップしていたのれす!
マッドな笑みを浮かべた華駄(仮名)を従え、曹操がいたのれす!

し、しまった〜っ!
共謀者の劉尾(仮名)軍は成功の喜びに浮かれて山に芝刈りに、
呉子乱(仮名)たちは皇帝のお使いで川に洗濯に行っているのれす!!

「そ、曹操殿、げげげ元気になられてなによr」ズシャーッ!!
>>193のうわずった声は途中で途切れた。永遠に途切れたのれす!

曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

202 :ななし:02/07/13 02:20
>>199-201
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

203 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:17
【恐怖】 曹性が来る!((゚Д゚;)))) 【戦慄】

204 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:33
【恐怖】 曹豹が来る!((゚Д゚;)))) 【戦慄】

205 : :02/07/13 20:36
この戦場でーー後に戻れば地獄におちーるーーー

ソウーソウーソウー!!

206 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:38
【恐怖】 今川氏真が来る!((゚Д゚;)))) 【戦慄】

207 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:43
【W杯】 鄭夢準が来る!((゚Д゚;)))) 【買収】


208 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:45
【緊急事態】曹爽が来る!((゚Д゚;))))【復活】

209 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:55
【学歴】 宅間守が来る!((゚Д゚;)))) 【コンプ】

210 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 20:58
【こんな】 モー娘。が来る!((゚Д゚;)))) 【片田舎に】

211 :娘。の話をしているとなっちが来るのれす!<体験編> :02/07/13 21:57
で も ・ ・ ・

娘 。 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 



212 :娘。の話をしているとなっちが来るのれす!<体験編> :02/07/13 21:58
「なっちキターーーーーーーーーーーーー!!」
商店街の大騒ぎに振り返った>210は驚きました。
駅前の駐輪場を片づけたスペースに! なっちがいたのれす!
バカ殿様と2人でみかん箱に乗った、なっちがいたのれす!
里帰り方々、室蘭に極彩色の錦を飾りにきた、なっちがいたのれす!!
そして混乱に陥っている>210を見つけると、例のポーズをとりながら
アイーンにじり寄ってきたのれす!!

こうして>210はその日のうちになっちの僕になってしまったのれす・・・
その上、全国ツアーについていってバカ殿様のコスプレで最前列に陣取るように
なってしまったのれす・・・

娘。のことを言ってると本当になっちが来るのれす!
なっちが来たら…本当になっちが来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!


213 :張繍:02/07/13 22:36
曹操?( ´,_ゝ`)プッ
また散々な目にあわせちゃうよ

214 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 22:53
曹操饅頭いらんかぇー、曹操饅頭いらんかぇー・・・

ったく、ちっとも売れやしねえよこの饅頭・・・ステッ

215 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/13 23:36
>>213 
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


216 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 13:14
【上段蹴り】 曹仁が来る!((゚Д゚;)))) 【許チョの用意】

217 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 17:06
>>215
人任せかよ

218 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 18:49
人任せなうえに、よりによって曹操が勝ったことのない人では後の続けようが
ないのれす・・・

219 :215:02/07/14 21:24
>>217-218 俺は213では無いが、続きをどうぞ。

長州(仮名)さんは、何とかして曹操を2度も追い払いましたが
于筋(仮名)さんによって、荊州へと追いやられました。

 劉氷(仮名)さんに一城を分け与えられた長州(仮名)さんは
一息ついて、「ふう、曹操の話をして生き残れたのは俺だけか…。なあ、
賈句(仮名)よ…?…………!!!」

で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

なんと既に賈句(仮名)さんの瞳は、曹操のそれと同じく青く輝き、
人外の生物の物となっていたのです!!
そして、
賈句(仮名)「フウウ…フウウウウ…。ソウソウニチュウセイヲ
チカエ、フウウウウ…。ソウソウニチュウセイヲチカエ!フウウウ、
コノアントファッカーメ!!!」

周りは物凄い冷気に包まれ、長州(仮名)さんは生きた心地を失い
そのまま曹操に降ってしまったのレス。

その後の話では、官渡の戦いの時、長州(仮名)さんは
人間とは思えないような異常な活躍をしたそうれす。そして
その後すぐに無くなったそうれす。
原因は今でも不明で、曹日(仮名)さんに虐め殺されたとか、
病死だとか諸説がありますが、ある人の話によると
夜中に「ウオオオオオ!!!そ、曹操!俺を殺す気か!ぐあああああ!!やめてくれえ!!!」
と叫び、北方の駐屯地のそばの崖から転落したそうれす…。


220 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 22:21
>>213-219
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル


お約束なのれす。
そうしないと曹s・・・ハッ!
ビクビク(((゚Д゚;))) (((;゚Д゚))))キョロキョロ

221 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 22:57
>>216
は何をしたかったんだ・・・?
【上段蹴り】 曹仁が来る!((゚Д゚;)))) 【許チョの用意】って、いみわからん

222 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 23:02
>>213-219 ガクガクブルブル((((((((((゚Д゚;)))))))) ガクガクガクガクブルブル

223 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/14 23:08
>>221
八頭身スレへGO

224 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:42
((((((((((゚Д゚;)))))))) ガクガクガクガクブルブル

225 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:43
この話は…人から聞いた話なのれすが・・・

中国で文化大革命という祭りがあった頃・・・
中国のとある村に、一人の少年が(仮にAとするれす)いたのれす。
「お前のとうちゃんは帝国主義者だ!」
「俺達、紅衛兵が成敗してやる!」
Aは村外れで、同じ村の少年達にいじめられてたのれす。何故なら、Aの父は歴史好きで、三国志の事もよく研究
してたかられす。
文化大革命では、そういう人はとことん弾圧されたのれす。
「俺の父ちゃんは紅衛兵だぞ!お前のオヤジなんかひっ捕まえて牢屋にぶちこんでやる!」
Aはいじめには耐えていたのれす。喧嘩なんかしたら、ただでさえ、村人に後ろ指さされてる父の立場が悪くなる
かられす・・・そして、いじめっ子のリーダーの親父は、本当に紅衛兵の偉い人らしいのれす。もし怪我でもさせ
たら、大変な事になるのれす・・・

226 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:44
でも、Aは耐えきれなかったのれす・・・
「なーにが曹操は英雄だ!あんなの帝国主義者の殺人鬼の強欲の塊じゃないか〜へへへ〜」
「スケベで恥知らずで、人の血が好きな虐殺愛好者だろ〜」
「・・・」
「なんとか言えよ〜へへへ!」
「ち・・・ちがう!」
「なんだこいつ!逆らう気か!」
「曹操はそんな人じゃない!」
「こいつはピー党に逆らう帝国主義者だ!みんな!人民の怒りを見せてやれー!ハハハハ!」
Aは袋叩きにされながらも、叫んでいたのれす・・・
「曹操の悪口を言うな!曹操は、曹操は腐敗した漢王朝に代わって、人民の生活を守ろうとした偉い人なんだ!」
前歯を折られ、鼻骨をつぶされ、体じゅうを痣だらけにしながらも、Aは叫んでいたのれす。
「曹操はそんな人じゃない!素敵な詩を書いて・・・自然を愛して・・・」
「へーっへっへっへー!まだ言ってるぜ〜!」
Aがうめき声も出せなくなるまで、いじめっ子達は、うずくまるAに蹴りを入れ続けたのれす・・・
「なにが曹操だ〜!」
「明日も成敗してやるからなー!アハハハ!」
Aがビクリとも動けなくなるのを見て、いじめっ子達はやっと帰って行ったのれす。


227 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:44
明くる日には、村の中で、Aやその家族を見る目は一転していたのれす。それまでは、無視はされていても、それ
以上の事は無かったのに、その日、Aやその家族を見る目は、悪意そのものの目だったそうれす・・・
そういう時代だったのれす。弱みを見せた者は真っ先に間引かれるのれす。
Aはその日も、家計を助ける為に村へ薪を売りに行ったのれすが、誰にも買ってもらえませんれした。Aと口をきく
者も誰もおらず、全ての家で、Aは追い払われてしまったのれす。
それでもAは恨み言も言わず、村はずれにある自分達の家へ、黙って帰りました。
しかし帰り道に・・・また村の悪ガキ達が待っていたのれす。
Aはもう抵抗しませんれした。自分さえ耐えれば。こいつらが飽きるまで耐えれば、自分も家族も助かると、そう
思ったかられす。しかし・・・
「お兄ちゃん!」
兄の帰りの遅い事を心配した妹が、Aを迎えに来たのれす。そしてその光景を見てしまったのれす。
「どうしてこんな酷い事をするの?やめてください!」
妹はAにすがりつき、いじめっ子達に向かって嘆願したのれす。
だけど・・・いじめっ子達は、Aを殴るより面白い紅衛兵ごっこを思いついたのれす・・・
「お前も曹操の手下の仲間だな!矯正してやるぜ!」
いじめっ子達は泣き出す妹を抱え上げ、連れ去ろうとしたのれす。
Aは怒り、立ち上がりました・・・しかし、たちまち、いじめっ子達に囲まれ、石や丸太で殴られ、倒れてしまった
のれす。
薄れゆく意識の中、Aは聞きました。妹の泣き声と。
「大悪党曹操の子分を倒したぜ!ヘーッヘッヘッヘ」
「正義は必ず勝つんだー!」
「野蛮人の極悪人の恥知らずの大馬鹿野郎の曹操なんか、くそくらえ〜」
「アハハハハ!教えてやろうか!おまえの父ちゃんも母ちゃんも、帝国主義者のスパイって容疑で今夜タイーホされる
んだぜ!」
そんな声を。


228 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:45


で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 




229 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:46
Aが気がついた時には、もう辺りは夕焼けになっていたのれす。
Aは空を見つめました…しかし、空には、星が明るく輝いているのれす。
身を起こしたAが見たのは、信じられない光景れした。
夕焼けだと思ったのは、村を包む炎だったのれす!
家も、畑も…全てが炎に包まれているのれす!
Aは駆け出しました。足は挫いているし、腕やあばらも折れていて、酷く痛むのれすが、何かがAを突き動かした
のれす。

そしてAは…みたのれす。
道を埋め尽くす、おびただしい蹄の跡を。火の海と化した村を。
焼け崩れる家の中から、悲鳴が聞こえ、そして消える、地獄のような絵図を。
Aは妹の名を叫びながら、火の海と化した村の中を、痛みを堪え、駆け回ったのれす・・・
あの家、この家・・・生きている人間はどこにも居ませんれした・・・
それでもAは叫び、よろめきながら歩きました。親父が紅衛兵の偉い人という子供の家まで・・・

230 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:47
どうにかまだ焼け崩れてないものの、激しい炎を噴き上げるその家に、Aは迷わず飛び込みました。
そして・・・見てしまったのれす。
横たわる妹と。その脇に屈みこんだ、見慣れない少し小柄な大人が一人。その後ろに、体格のいい、片目に眼帯を
した立ち尽くす大人がもう一人。
Aは、やっと見つけた妹に近寄りました。そして・・・気がついたのれす。妹が死んでいる事に。
立ち尽くした大人が言いました。
「この娘の縁者か」
「・・・はい」
Aはおもわず応えました。だけど片目の大人は何も言いませんでした。Aにはもう解っていました。妹は自分で舌
を噛んで死んだのれす。
暫く沈黙の後、片目の大人がようやく言いました。
「・・・もう行こう」
その声に応え、もう一人の大人が、立ち上がりました。
その人は。泣いていました。静かに。
Aは妹にかけより、すがりつき、泣きました。そのAに、小柄な方の大人は、背を向けたまま、呟きました。
「・・・悠悠として我を哀しましむ・・・」
「・・・」
片目の大人が口を挟みました。
「・・・さあ・・・還ろう」
小柄な大人は頷き、Aにはもう目もくれず、片目の大人を従えて去って行きました・・・


231 : ◆ibxA7MxA :02/07/15 01:52
Aはどうにか、焼け落ちる寸前の家から、妹の亡骸を運び出すと、疲労と怪我のせいで、そのまま気を失って
しまいました。
目が覚めた時には、もう火事もおさまり、辺りには人民軍の兵士が居て、瓦礫を片付けていました。

妹の亡骸は、村外れのAの家で、丁重に弔われました。
村に生き残った人は、一人も居ませんれした。
この事は、ただの大火事として記録されたそうれす。
Aも二度と、あの大人達を見る事はありませんれした。
誰も、あの村が火事で全滅したという事を疑う者は居ませんれした。道に残っていた馬の蹄も、火事に驚いた
村の馬が厩舎から逃げ出して走り回ったものだと断定されました。
そして。Aには言えませんれした。言ったところで誰にも信じてはもらえないし、自分だって信じられないし。
・・・そして何よりも、口に出すのが恐ろしかったのれす。
村人を皆殺しにし、村に火を放ったのが誰か、だなど。
村人に殺された一人の見ず知らずの少女の死に涙を流していたのが、誰か、だなど・・・


その後Aは苦労して出世し、今では、あの頃の政策を「誤りだった」と言っても大丈夫なくらいの、偉い人に
なりました。
Aはお父さんの影響で、三国志が好きなそうれすが、曹操の話だけは絶対にしなかったそうれす。だけど泥酔
して私にこの話をしてしまいました。それからAには会ってないれす。


232 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 01:56
>>225-230 力作!

233 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 02:14
>>225-231
あまりにも良作すぎて((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル

234 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 02:28
良さk

235 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 03:11
感動しますた!

236 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 06:25
突然良スレの予感

237 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 14:51
ええスレ?(良作涙

238 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 17:26
            上半期
        「説着曹操」最優秀賞は
      ◆ibxA7MxA 氏に決定しますた!

239 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 17:28

怨  怨         怨        怨   怨     
怨   怨       怨 怨      怨     怨    
怨          怨   怨            怨   
怨         怨     怨           怨   
怨        怨       怨           怨  
怨       怨         怨          怨  
怨        怨       怨           怨  
怨         怨     怨           怨   
怨          怨   怨            怨   
怨           怨 怨            怨    
怨            怨            怨     
怨                              

240 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 17:53
>>225-231
神作で感動したけど◆ibxA7MxA氏は曹操に何かされないのか?

241 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 18:30
((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル

242 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 18:43
むしろ曹操に何かされたためにこの大作をk

243 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 19:11
>>240-242 
陳琳の様に優れた文才を持つものには、かえって賞賛を浴びせるのが曹操れす。

244 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 20:21
ブルブルブル(((((゚Д゚;))))))ブルブルブル

245 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 22:44
まぁ、あれだ自分より高い能力を持っている奴を褒めて味方につけようって魂胆d

246 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/15 22:59
>>245 禰衡が殺された…。
((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル
ブルブルブル(((((゚Д゚;))))))ブルブルブル
((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル

247 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/16 00:21
【私は】 チンコが来る!((゚Д゚;)))) 【処女膜】

248 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/16 00:45
【恐怖】勃起がおさまらない!((゚Д゚;))))【前立腺】

その1
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1026360853/
その2
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1026715673/

249 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/16 20:05
新ネタキボン

250 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/16 22:15
同じく新ネタキボンヌ

251 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/17 01:29
激しく新ネタキボンヌ

252 :劉備:02/07/17 16:59
けっ、曹操なんて所詮こんなもんなんだよ。曹操なんて、俺様は全然怖くn…

253 :加太(仮名):02/07/17 17:39
あとで、曹操の頭の中を調べます。

254 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/17 18:05
魏の五将軍って張遼 徐晃 張[合β] 楽進 干禁 でいいの?

255 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/17 19:11
>>254
五将軍っていう肩書きは無いけど、曹夏侯族を除けば優先されてるのは確かだね(伝を立てる順が)

256 :ななし:02/07/17 20:27
テスト

257 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/18 00:27
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を仮に召喚(仮)さんとするれす!
召喚(仮)さんは曹操配下れしたが、敵国の総大将週湯(仮)さんと幼なじみれした。
そこで、週湯(仮)さんの元に行き、そのコネを使って週湯(仮)さんを
味方に引き入れようとしますた。

で も ・ ・ ・呉 で 
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

週湯(仮)さんは
「せっかくマブダチが来てくれたんだから戦の話はやめよーぜ。
 特に敵国の総大将の名前を言ったら死刑!」と言ったのれす!
ああ、なんと週湯(仮)さんは計略を見抜いていたばかりか、
「曹操の話をしてはいけないどころか名前を言っても行けない」ということを
ちゃんと知っていたのれす!

恐るべし週湯(仮)さん ((゚Д゚)))) ガクガクブルブル----

(゚Д゚)ッテ、オチガチガウ?

258 :257:02/07/18 00:30
シパーイ
× 週湯(仮)さんは
○ 週湯(仮)さんは幼なじみとの再開を喜び、宴の開きその席で

ですた。


259 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/18 01:20
>>257
((゚Д゚)))) ガクガクブルブルの対象が周瑜かyo!(w

260 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/18 10:02
>>257 斬新でイイ!!

261 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/18 12:51
袁紹の最大の敗因は
幼馴染みだなんだと部下に曹操の話をしまくったことだったのか…。

262 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/18 13:55
>257
ウマイ(゚∀゚)イイ!

263 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/18 21:56

漁師A『けっ、巷じゃあよ曹操がどうのこうのいってるがよう。
   あんな奴、水かきもできねえただの犬じゃねえか。』

漁師B『んだんだ。我らが周遊様の方が百倍上だでな。
    この呉に攻め込もうったって、あれだ。
    お船を浮かべてるだけじゃねえか、なあ?』

漁師C『お、おめんら・・めったな事言うもんでねえ・・・』


264 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:43
で も ・ ・ ・

曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

265 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:43
「ソウソウきたーーー!!!」
突然の漁師仲間の声に、漁師A・B・Cは仰天しました。
全身を水に濡らし、おさかなを口にくわえた曹操が海辺からザバーリ出てきたのれす!
大江を泳ぎきることはおろか、船にすら酔うはずの曹操が出てきたのれす!
あろうことか、水に慣れていないはずの疑軍が次々とザバーリ出てくるのれす!

漁師達は慌てふためき、蜘蛛の子を散らすように逃げ惑い
近くに駐屯していた誤軍は疑軍の奇襲にたちまち敗走してしまいました・・・

この戦の勝利を確信した疑軍兵士はポツリと言ってしまいました

「誤軍もまるでたいしたことがない。周瑜の程度が知れるな」

266 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:43
で も ・ ・ ・

誤 で 周 瑜 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

267 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:44
「シュウユきたーーー!!!」
付近の見張りに出ていた兵士が上げた声に、疑軍兵士はどよめきました。
なんとそこには、口外さん(仮名)を肩に担いで全力疾走してくる周瑜がいたのれす!
そして、曹操さんを見つけるとゲフーリ吐血まじりの口をニンマリさせたのれす!

気がついた時には、口外(仮名)さんが持ち込んだ物と思われる大量の油や柴に火がつけられ
曹操さんが乗ってきた船団はおろか、上陸した疑軍の周囲も炎で囲まれてしまったのれす・・・

268 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:44
その後、赤壁から命からがら逃げのびた曹操さん一行は、烏林にさしかかったところで一息つきました
張僚さん(仮名)や徐行さん(仮名)らの奮闘で、追ってを振り切り安心しきった曹操さんは
突然独りで笑いだし
「孔明や周瑜もたいしたことはないな。この曹操なら、まずこの地に伏兵を置き、逃げ行く敵を殲滅したものを・・
 孔明、周瑜の如きはまだまだ青二才よ!」
と言ってしまったのれす。
そばにいたは諸将は赤壁での事もあったので
「丞相。めったに、さようなことをお口になさらないものです」
と諫めるのも聞かず、曹操さんは兵法の講義を語り続けたのれす

269 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:44
で も ・ ・ ・

孔 明 の 話 は ・ ・ ・ 

し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 

270 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 02:44
「コウメイきたーーー!!」
講義も終わるか終わらないかといううちに、突然兵士があげた声にさすがの曹操さんもビクーリしてしまいました
たちまちのうちに左右の森林から、超運さん(仮名)、張非さん(仮名)、ヒゲ魔人さん(仮名)らの猛将を引き連れ
四輪車に乗った孔明さんが出てきたのれす!
そして、曹操さんを見るなりウフフ顔で兵をけしかけてきたのれす!

敗戦に次ぐ敗戦で、疲労困憊もゲージMAXまで振り切ってしまった曹操さんは、さすがにこの時ばかりはガクーリきました
許著さん(仮名)、張僚さん(仮名)、徐行さん(仮名)らの捨て身の猛攻で、曹操さんはなんとかその場を脱出することに成功したのれす・・・
しかし、ヒゲ魔人さん(仮名)に先回りされ、曹操さんももはや観念してしまったのれす!
兵士達も恐れおののき、もはや全滅を免れられないと思ったとき程育さん(仮名)がある提案をしたのれす
曹操さんはさっそく、昔ヒゲ魔人さん(仮名)が、主君であり義兄である劉減特さん(仮名)とはぐれた時に世話をした時の思い出話を語りだしたのれす・・・
恩義に厚いヒゲ魔人さん(仮名)は情に負け、曹操さんを見逃してあげたのれす!
こうして曹操さんは九死に一生を得て、自分の城に生きて帰ってくることができたのれす


ともかく人を名指しで軽々しく言ってはいけないのれす!
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

271 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 03:57
献呈「曹操あぼーんキボンヌ」

某劉氏「(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル」

献呈「キボンヌ・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。」

某劉氏「ち、勅命とあらば。命に代えてでも・・・」

ゴトッ

献呈・某劉氏「(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル
      (゚Д゚)!(゚Д゚≡゚Д゚)」

運命の日はまじかに迫っていた・・・・

272 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 11:02
>>263-270
コンボワロタ

273 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/19 23:14
>>225-231

  神

◆ibxA7MxA

274 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/20 10:07
現在はその2人って事だ。

275 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/21 17:38
age

276 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/21 19:52
sage

277 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/21 20:45
nage

278 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/21 22:20
葬送は怖いが流石に曹豹やら金旋やらは怖くもなんともないな。

279 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/21 22:23
>>278
化けて出たらどうだろうか

280 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/22 14:24
とりあえずみんなが聞いた体験談を書くといいYO!

281 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/23 14:09
バイト先でNO.1の美人が彼女に!
【モニターNO.0102 】塔宅さん(仮名) (25歳) フリーター

小学生の頃から太っていて、彼女もいないしこのままじゃまずいと思っていた
時、HPで曹操の事を知りました。半信半疑で飲みつづけると驚いた事にみるみ
る贅肉が落ちて、逆に筋肉がついてきたんです!なんか自信もついてバイト先
で1番人気の腸線(仮名)に軽い気持ちで付き合わないかって聞いたら、あっ
さりOK。感激です。

282 :佗曹操の話をしていると曹操が来るのれす!:02/07/23 19:18
 で も ・ ・ ・ ・
 曹 操 を 飲 ん で は
 い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ ・

283 :曹操の話をしていると曹操が来るのれす!:02/07/23 19:19
「副作用キターーーーーーーーーーーー!!」
厚生省の発表に新聞を読んだ>281は驚きました。
幻覚症状が逝きつく先に! 曹操がいるのれす!
華佗と腕を組んでスキップしている、曹操がいるのれす!
そして>281を視線に捕らえると、メスと麻酔薬を構えてウヒョーリにじりよってくるのれす!

・・・こうして>281は副作用にガクガクブルブルする半生を送ることになったのれす。
そのうえ、せっかくドーピングして造った筋肉もげっそり削げ落ちて、腸線(仮名)にも
あっさり見捨てられることとなったのれす・・・・


曹操を飲んでいると本当に曹操が見えるのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!


284 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/23 22:25
>>281-283
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

285 :あび:02/07/23 23:54
はいよ!
ttp://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=Ryuji

286 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 00:29
そういや曹操と華佗って同郷だったね

287 :報告者:02/07/24 00:36
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を♭さんと#さんとするれす!
つい先日、二人のいる村に曹操軍が戦のために進軍してきたのれす。
百姓たちは軍勢の到来を知って恐れを抱き、麦の刈り取りを放り出して
遠くの村へ逃げてしまっていたのれす。
曹操は報告を受けるとすぐに村々に使者を送ってお触れを出しました。
「逆賊討伐のため、やむなく麦の熟するこの季節に出陣したが、わが軍の軍律は堅守されている。
 一歩でも麦を踏みつけにする兵がいれば、厳しくこれを斬首に処す。
 百姓たちは家に帰り、安心して仕事に励むべし」
お触れを聞いて百姓たちは曹操の徳ある言葉に感動して早々と畑に戻ったのれす。
でも※さんと*さんは不謹慎にも
「あーは言ったけどもよ、曹操自身が踏んだらどうすんだべな(w」
「んだんだ、言い出しっぺなんだから、踏んだら死んでもらうべな、げひゃひゃひゃ」

288 :?n???O`:02/07/24 00:36
で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・

289 :報告者:02/07/24 00:37
「ソウソウきたーーー!!!」
許チョに思いッきりぶん投げられて、麦畑の上を飛行機のようにキーーーーンと飛んできたのれす!
でも、着地の時にちょっと失敗して麦を一本踏んでしまったのれす!
すると曹操はニヤリと不遜な笑みを浮かべて、おもむろに自分の刀を抜いたのれす。
そして、自分の首に刀をあて、斬ったのれす!!!
ああ、しかし、曹操の刀はカキーンとまっぷたつに折れてしまったのれす!
そこで曹操は♭さんの鎌を奪い、また首を切ろうとしますた。でも結果は同じれした。
そこで曹操は#さんの鍬を奪い、また首を切ろうとしますた。でも結果は同じれした。
仕方がないので、曹操は自分の頭をキレイに丸坊主にしたのれす(意外と似合ってたそうれす)!
そのあと、二人に切った髪を手渡しました。そしてその髪でカカシを作るように命じたので
二人は言うとおりしました。するとどうでしょう!そのカカシはまるで生きているかのように
動き始め、鳥や畑泥棒から畑を守るようになったのれす!

曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
たまにはいいこともおこるかもしれないのれす・・・。


290 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 01:10
>>287-289
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

(゚Д゚ )・・・・

(゚Д゚ )ソウソウイイヤシカモ・・

291 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 01:30
許チョはぶん投げて生きて帰れたのか?(w

292 :報告者:02/07/24 01:47
>>291
許チョは命令されてやったのれす。

293 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 03:18
実質許チョが踏んだようなもんでは?w

294 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 10:47


で も ・ ・ ・ 
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 



295 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/07/24 11:11
|ゝ`)ウガンゾクセイバツシューリョー
|ノ サテト、ハンランブンシノシマツデモ…
|


|彡サッ
|
|

296 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 14:32
これは、ある人から聞いたほんとうの話なのれす!
本名は明かせないのでその人の名前を綺羅さんとするれす!
つい先日、綺羅さんがえらい人ワショーイをしていると後ろから誰かが斬りつけてきたのれす。
綺羅さんはおどろいて逃げ出してしまったのれす。
その後風の噂にそのキティはアボーンされたと聞いたのれすが、
話はまだおわっていなかったのれす。

綺羅さんはその日お酒をしこたまのんでいたのれす。
「しかしおまえも災難だったよな、まあ今だから言えるけどよ」
友人の問いかけにうっかり綺羅さんはこう答えてしまったのれす。
「そうそう、ああいうヤシに限って逆恨みとかこわいよな」
ぼくの友人の名誉のために誓っていうのれすが、綺羅さんはその時よっぱらっていたのれす。
普段は温厚ないい人なのれす。

297 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 14:33
で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・

298 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 14:34
「曹操キターーーーーーーーーーーー!!」
家来の叫びに綺羅さんはおどろきました。
庭先に曹操がいるのれす!
消防服に身を包みでんでん太鼓を一心不乱に打ち鳴らす、曹操がいるのれす!
そして綺羅さんを視線に捕らえると、太鼓を大上段に構えてウヒョーリにじりよってくるのれす!

デンデン・・・デンデン・・・デンデン・・・

「違うんだ!!あれは曹操ではなくて、ただそうそうって・・・
けして悪口をいったわけでは」
・・・ガクガクブルブルして綺羅さんは一生懸命にいったのれす。

気が付くと曹操は消えていたのれすが綺羅さんが最初に見たのは
倉庫の隅でガクガクブルブルしている自分の姿だったのれす

・・・ところが今朝の新聞には綺羅さんが
倉庫の隅で殺されているのがみつかったとでていたのれす!
まさに話していた通りなのれす!!
きっと犯人はデンデン太鼓をもった消防士なのれす!

曹操のはなしをするとと本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!


299 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 14:37
>>296-298
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル


300 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 16:15
300げとー!

301 :換☆兎:02/07/24 16:24
300!!!

302 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 16:26
で も ・ ・ ・
3 0 0 げ っ と は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・

303 :換☆兎:02/07/24 16:30
ていうか少年犯罪版の人まじ面白い。


304 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 17:32
うざ

305 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 17:37
                   ._     .,.,,,,,i,,,,,,,,,,,i,,、  .,,,,,,,,      
              .,,,,,iiiiilli,,,iii,〆   . ^'゙゙l!l!!!llllllllllli,,..,llllllllllli,,、  ..: 
             .,,illl!l!゙i!llill!゙°       ..,l,iilllillllllllllilllllllllllllllllllll . 
             .,ill!゙,!゙,i!llll!°        ;llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll° 
            ...l!゙.广.'$:゙!l         ..jl!iiillllllllllllllllllllllllllllllllllllll  
           ,,K   ,、."         .. .:,,illl!!!!゙!!llllllllllllllllllllllllllllllli, 
           .,,f   ..          ..'ll!゙゙゙,,liillllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!i、
           :,`              . ′゙゙!ll!iililllllllllll!llllllllllllllllllllll、
          . .ト         .,,.,,,。_,,,,i,,    .'llllllllll!!゙,,iill断":liiiiiilllll: 
          ..,f       .,,,,iiiiii!!!叩~”     ..!l!i,,yl,゙鬱'i,  .llllllllllll 
         !llii,     .,,,iiilll!!゙゙°,,,,,,,,,,ゃ    .ゝlii,ill!,,i,i,,,゙i, illlllllllll 
         .'゙!lli,,    ,iill!!゙゙,,,ャ!ll゙゙゙私゙゙’     .:.:.ll゙l゙,i゙’ .゙`l"illllllllllll 
         . ii!llli,,  . '゙゙「.l!゙゜ .、:゙‐''ニ       .:. ll|.;゙ ゙゙".. ,「,llllllllllll゙: 
         ..~゚ぁ゙゙゙!ll         .:       .. ll!.,  .:゜.,,llllllllllll゙°
          .l  ,お                .::,.,ll llr ,! ,illllllllllllllil  
          .ト.,l                 . l|lll、゙゚,,lわlll!llllllll!゙  
           ;.,l                 .,,_[lll√  ,,l!l,,,,,,|;l   
          .ii゙   .._              .;,lトll|  ...'゙ ゙゙!!ll:.l   ..
           ゙゙llw,  ` ,             .'!l:,ll,    .,i゛'l゜廴  
           .,,,iill仏 ゙゙゙l!!!llll!!!iiiiii,,,,     .:lli,lll,   ..,  : ll  .,, 
          .,illllll゙"゙, 、.,,e..vv -゙゙!!lllii,,      .'lil゙゙l,       .l   !l 
         .:゚" '゙` .`         ゙゙゙!!iii、    .;゙l l    . .li,゙l,   
         .   、 '゙゙゙゙゙゙ヽ        ゙叭    .:゙%..    .` l!l`゙l 
        ..,,、 l             ..       ;L'、     'il .ll 
        .トl  ..l         .     ..il      . :巛  ..,。‐:;゙i,li!!゙ 
        ..:fll  %i      .,,iト,l    ..ll      ...:《.廴'|,,,#l゙゙l.,l|  
        ..】私 .,l".,,._ ,,i!  .,,il!゙,わ   .:i$     ._.、.l,,lillll゙゙”    !i、 
        ..i'ili、 .,!.,,鬱.,il!゜.,,,illlllllll    .:.'i,, ...、'',,x・゙゙`lil .,.:'‐riilli, 
       .,l゙,il! ,,゙,鬱l,,ill!,,iilllllllll!゙°    ..:i!!".,,ill'゙″ ..: :',私′  . ,゙l,,、
       ..:i,l!゙".,l゙,ll!゙liilllllll!!l゙゙゙゚゙゙!゙   . .  ..鬱゙°、.  .. ':終      ゙ll 

306 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/24 21:08
曹操キター!

307 :大井為地下裸:02/07/24 21:44
すいませんが、某の父を知りませんか?
確か「早々にいたそう」と言った次の日から行方が知れません。

予定通りに綺羅の屋敷に乗り込んだら辺り一面に
馬が暴れたと思われる蹄の跡が残されているばかりでした。
更には綺羅の手勢も皆、殺されていました。

仕方ないので炭小屋へ逝くと、綺羅が死んでいるでは無いですか!
幸いにも首は付いていたので、首を切り取り
我ら46人はその場から立ち去りました。

一体父はどこに、そして綺羅の屋敷を襲った者は何者なのでしょうか?




308 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/25 00:06
>>307
曹s

309 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/25 13:25
ま、まさか大井為も魏の総大将にやられてしまったのか?
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

310 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 01:55
で も ・ ・ ・

家 康 は ウ ン コ を ・ ・ ・ 

漏 ら し て し ま っ た の れ す ・ ・ ・ 

311 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 04:10
偽誌曹操伝
曹操は、降将関羽を何とかして味方にしようと大宴、小宴をくりかえしたが、効はなかった。
おかげで、曹操はふさぎ込んでしまい、張遼は、それを聞いて駆けつけた。
曹操「うむ、張遼よ、関羽の忠義の心はまことに固い、、」
張遼「たしかに、、されど、殿が今後も目をかけられれば、関羽も心服するかと」
曹操「ふむ、ありとあらゆる快をわしは与えたつもりだが・・・」
張遼「それがしの見るところ、殿のもてなしにひとつだけ欠けるものがございます」
曹操「なんだ、申してみよ」
すると、張遼は、畏まって再び口を開いた。
張遼「性欲にございます」
曹操「性欲?美女十人贈ったのにまだ足りないと申すのか」
張遼「いえ、殿自らが当たりなさい、さすれば義心の強い関羽のこと、殿の愛に溺れるに違いありませぬ」
曹操「なに、あのいかつい顔した関羽が男色だったとは・・・、玄徳もその方法で手なずけたのか?」
張遼「どうやら、玄徳の命を受けた張飛が・・・」
曹操「うむ、そうか、それ以上言わずともよいぞ」
以上の経緯により、関羽は曹操に仕え、後、魏の大司馬となったのである。



312 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 10:38
展開の突飛さに
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

313 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 13:30
「劉君、そなた、誰が当今の英雄と思うかね」
曹操の問いに、劉備は辟易する。
「昨今、都に覇を唱えて、丞相に討たれた李・郭の輩は、類稀なき英雄と見ておりましたが」
「そなたには、あんな忘恩の者が英雄に映るか。はははは・・・、他にはいるかね?」
曹操の問いに劉備は再び辟易する。
「私は自分も英雄だと思っております」
「ほう、李・郭と同様だと仰せあるか、漢の皇叔ともあろう者が、はははは・・・、他にはいるかね?」
曹操の問いに劉備は三度辟易した。
「あとは、丞相ぐらいしか見当たりませぬな、簒奪者は」
劉備の大胆不敵な言に曹操は笑い、心中では、生かしておくべからずと誓ったという。
            (偽誌曹操伝)



314 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 15:05
その時である。
ピカッとまるで、ぴかちゅうのような黄色い光とともに雲間から雷鳴がとどろいた。
「ああっ」
劉備は、いそいそと机の下に潜り込む。曹操はそれを見て感慨に耐えない顔をしていた。
「ああ・・・、昔洛陽の学校で避難訓練したころが偲ばれる、雷怯子よ、座り給え」
曹操は、雷怯子劉備をもてなすのだった。(偽誌曹操伝)<感想お願い>




315 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 16:20
「馬岱よ、そちにはいろいろ迷惑をかけてすまぬな」
孔明は、馬岱の前で頭を下げつつ、涙を流した。
「丞相、あんまりにございます、このたびの仕打ちは・・・」
「うむ、百杖の刑のことも、身分剥奪のことも、申し訳ない」
「なぜ、このようなことになったのです」
いぶかる馬岱に、孔明は、また下を向く。
「成り行き上、そうなってしまったのだ、許せ。ほとぼりが冷めたら、ミス成都を何人でもくれてやる」
馬岱は、首を振った。
「私は、肌の黒いおなごは嫌いです。色白のミス洛陽かミス許昌を所望致します」
「うむ、そうか、ならば北伐の兵を挙げねばなるまい。出師の表でも書くとしよう」
こうして、孔明は、自らの罪滅ぼしの為に度重なる北伐を敢行するのであった。 (偽誌諸葛亮伝)





316 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 17:56
>>315
ほんとに北伐ってそんな感じだったらいやだね

317 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 19:50
偽誌シリーズおもろい!続編きぼんぬ
もちろん葬送キタシリーズも

318 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 19:58
「剣閣に立てこもるのは、蜀の精鋭、ここは、陰平より侵入すべきであろう」
トウガイの言に、鐘会はわらう。
「あのような険阻な山々は越えられるものではない」
トウガイは、その言を聞き流して、畳み掛けた。
「もし、越えられたときはいかがなされるか」
「うん、そうだね。三回まわってワンというのもいいし、魏に反乱を起こしたっていいね、ハハハは・・・」
以上は、蜀征討戦に従軍した長史杜預が後に語ったところである。(偽誌鐘会伝)



319 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 20:47
曹操は、董卓暗殺に失敗し、県令陳宮に捕らえられた。
「くっ、早く董卓のもとに俺を差し出して、出世にあずかり給え」
曹操は、神妙にそう言い、黙然と目を閉じていた。
「ぐへへへ、そんなこと言えば、助けると思ったか、あまちゃんなんだよ、宦官崩れが」
と、よだれをたらしながら、陳宮は言った。
ああ、現実というものは甘くはない、今はじめて気づいた曹操だったが、その命も、もはや露ほどにしか残されていなかった。(偽誌曹操伝)

320 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 23:17
で も ・ ・ ・ 
曹 操 の 前 で 油 断 し て は・ ・ ・ 
 い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 


321 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/26 23:25
ピカッ!ドッシャ〜〜〜〜〜ン!
「雷キターーーーーーーーーーーー!!」
雷が大の苦手だった陳宮は驚いて机の下に飛び込んだのれす。
そのとき、放り投げられた檻の鍵は、あろうことか曹操の目の前に落下したのれす。
まんまと折から脱出した曹操は、さっきまでの恨みとばかりに陳宮を縄でぐるぐる巻きにし、
攫っていったのれす。

曹操に何かしても、ラッキーボーイ曹操はピンチを脱出するのれす!
曹操が脱出したら…本当に曹操が脱出したら…
お、おそろしい報復が待っているのれす〜!

ちなみに
おとなしく曹操軍で働いていた陳宮さんが後に呂布にねがえったのと
この事件が関係があるのかどうかは記録がないのでわからないのれす。



322 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/27 08:43
今さらだが>>263-270の流れは秀逸だなぁ・・・。

323 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/27 10:30
「おっかさん、ただいま帰りました」
「おお、阿備かえ、よく無事に帰ってきたねえ」
ここは、劉備の故郷、楼桑村。彼は、黄巾の賊徒より逃れ、辛くも茶壷を持って帰ったきたのである。
「おっかさん、おっかさんの大好きな茶壷を買ってまいりました」
「ほへ、ほへ、阿備や、ありがとうよ、・・・ん??」
劉備の母は、劉備の腰のあたりを見て、目を大きく見開いた。
「阿備やっ、そなたが腰に佩いていた先祖伝来の宝剣は、どうしたのですっ」
「えっ、それはその、黄巾賊から私を救ってくださった張飛という方に差し上げました。他に御礼として渡すものもなく、、、ただ、この茶壷だけは持ち帰りました」
すると、劉備の母は、天を仰いで慟哭した。
「ああ、子の育て方をあやまった。ご先祖様に顔向けもできません・・・」
「おっかさん、申し訳ありません」
「私たちの先祖は、まぎれもなく漢の中山靖王劉勝の正しい血すじなのですよ。おわかりかえ」
劉備は、静かに頷く。
「ええ、でも、おっかさんは、他家から入ってきた、ただの土民でしょ」
「だからなんだというのです。私は、そんな教育をお前にした覚えはない」
「でも、おっかさんの先祖はただの土民でしょ、父さんも言ってたよ、どうして、漢の景帝の子孫たる自分が土民の女を嫁にもらわなきゃいけないのかって」
「じゃかましい!!おだまりっ!!」
その後、延々と母の説教は続いたという。(偽誌劉備伝)


324 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/27 19:56
「呂布め、わしのチョウセンに戯れるとは、匹夫めっ」
いきり立つ董卓を、李儒は諌める。
「なにも女のひとりくらいで怒ることもありますまい」
「ただの女ではない、あやつは余の側室に手を出そうとしたのだぞ」
「あの女には相国の側室たる資格はありません」
すばやく断言する李儒に、董卓は目を向けた。
「なにゆえか、申してみよ」
すると、李儒は、座り直して口を開き始めた。
「さればにございます。王允の召使より聞いた話によりますれば、
あのチョウセンという女は、王允の養女といいつつ、実は彼の妾に過ぎないということでした。
既に、処女を失ったような女が、相国の側室としてふさわしいはずはありません」
李儒のその言を聞いた董卓は、たちまち怒気をあらわにした。
「そのような汚れた女を献ずるとは、王允め・・・、李儒っ、ただちに奴を処刑せよ」
「ははっ、して、チョウセンはいかが致しますか」
「ふん、呂布にでもくれてやれ」
「ははっ、仰せの通りに致しまする」
李儒は、そう言い、これで自分も滅亡の憂き目に遭わずにすむと安心したのであった。(偽誌李儒伝)



325 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/28 16:16
このスレ、最初から読んでみたけど、文才のある人がいるね。
おもしろいから、もっと書いてくれよ。

326 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/28 17:07
戦もなく、呉とも小康状態を保っていたころ、晋の武帝、司馬炎は、酒宴を催した。
酒をがぶ飲みして、無礼をする輩がたいていだったが、その中でも重臣杜預は杯に触れようともしない。不審に思った司馬炎は尋ねた。
「そなた、酒は好まぬようだが、いったいなにが趣味なのか」
すると、杜預は、にこりと笑い、
「春秋左氏伝を読んでいれば、幸せです」
と、答えた。これを聞いた司馬炎は、机に頭を没するほどに笑った。
「ははっ、人は見かけによらぬものよのう、心中刺し伝とは・・・、普段は女に興味を示さぬくせにのう」
杜預は、反論したくなる心を抑えつつ、難聴の皇帝に仕えるのであった。(偽誌杜預伝)

327 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/29 14:06
良スレあげ

328 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/29 14:56
偽誌は大して面白くない上にスレ違い。

329 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/29 16:48
「おっかさん、ただいま帰りました」
「おお、阿備かえ、よく無事に帰ってきたねえ」
ここは、劉備の故郷、楼桑村。彼は、黄巾の賊徒より逃れ、辛くも茶壷を持って帰ったきたのである。
「おっかさん、おっかさんの大好きな茶壷を買ってまいりました」
「ほへ、ほへ、阿備や、ありがとうよ、・・・ん??」
劉備の母は、劉備の腰のあたりを見て、目を大きく見開いた。
「阿備やっ、そなたが腰に佩いていた先祖伝来の宝剣は、どうしたのですっ」
「えっ、それはその、黄巾賊から私を救ってくださった張飛という方に差し上げました。他に御礼として渡すものもなく、、、ただ、この茶壷だけは持ち帰りました」
すると、劉備の母は、天を仰いで慟哭した。
「ああ、子の育て方をあやまった。ご先祖様に顔向けもできません・・・」
「おっかさん、申し訳ありません」
「申し訳ありませんですめば、警察はいりません」
「・・・・・・」
黙りこくる劉備に母は、続けて言う。
「全く、こんな息子が皇帝の子孫とはね、耳は長いし、テナガザルみたいだよ」
すると、劉備はうつむいた顔を上げる。
「おっかさんみたいな愚民の血が、何代にもわたって混じれば、人もサルになりますよ」

逆ギレ劉備、このあと、いったいどうなってしまうのか?!





330 :無名武将@お腹せっぷく:02/07/29 17:07
いや、偽誌程度の荒らしならまだ無視して放置してりゃいいから大丈夫。むしろ
夏休みなのにこの程度ですんでいるのは良いことだ。

331 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/01 13:11
ほしゅ

332 :陳宮の策を用いると、呂布がくるのれす!:02/08/02 00:07
 興平元年(194)、曹操の幕僚達は困り切っていたのれす。
前年、曹操の父が闘犬(仮名)の配下に殺されるという事件が起きました。曹操は
怒り狂い、群臣の止めるのも聞かず、徐州をペンペン草一本生えないほど徹底的に
破壊しまくっていたのれす。この調子では人心が曹操から離れていくのは必定れす。

ここで珍Qさん(仮名)が一計を案じたのれす。
「本拠地である陳留を何処かの勢力に襲われれば、殿も軍を引かざるを得なくなり
当分遠出は出来ないでしょう。襲撃役は、流浪で手勢の少ない呂布がよろしい。念の
ため張ボク殿に埋伏の毒となって頂いて、万一の時には暗殺して貰う手筈を整えて
おくならば完璧です。この機会に奴を滅ぼせるなら一石二鳥というものです。」

 頭がいいはずの謀臣たちは、うかうかとこの策にのってしまったのれす。かくして
珍Qさん(仮名)自らが呂布を動かすべく使者にたちました
そう、この時点では、誰一人として珍Qさんの真の企みに気付いていなかったのれす・・・・・


333 :陳宮の策を用いると、呂布がくるのれす!:02/08/02 00:08
 で も ・ ・ ・ ・
 珍 Q の 策 に の っ て は
 い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ ・ ・


334 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/02 01:41
>>332-333
やり逃げ?

335 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/02 03:12
ここからひっくり返せという事じゃないのか?

336 :曹操の話をすると、曹操が来るのれす!<体験談x>:02/08/02 04:01
実は、蝶撲さん(仮名)と珍Qさん(仮名)はグルになってエン州乗っ取りを
企てていたのれす。そうとは知らず、たいした備えもしていなかった町々は
あっさり攻め落とされ、帰ってきた曹操軍本隊までも勢い敗退させてしまった
呂布軍中は、盆と正月と誕生日がまとめてやってきたようなお祭り騒ぎで祝杯を
あげていたのれす。
 「はっはっはー、どうだ思い知ったか宦官野郎が!」
 「いや全く、呂布殿の強さに宦官風情はタマを縮みあがらせてガクガクブルブルしておりましょうぞ」
 「今度戦場で出会ったら、奴のタマも引っこ抜いて祖父の跡を継がせてやろうぞ」
曹操の幼なじみでもある蝶撲さん(仮名)だけはさすがに何も言いませんでしたが、
宴会は「宦官」「タマなし」の大合唱をツマミに、いつ果てるともなく続いたのれす・・・・


337 :曹操の話をすると、曹操が来るのれす!<体験談x>:02/08/02 04:13
で も ・ ・ ・

曹 操 を タ マ な し 呼 ば わ り し て は ・ ・ ・

い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ ・ ・



338 :曹操の話をすると、曹操が来るのれす!<体験談x>:02/08/02 04:16

「曹操キターーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
見張りの大騒ぎに、二日酔いで頭を抱えつつ物見台に上がった珍Qさん(仮名)は驚きました!
野外を埋め尽くす程の青州兵の大軍を従えて、曹操がきたのれす!
ブタの去勢道具を兵たちにばらまいている、曹操がいたのれす!!
そして曹操は珍Qさん(仮名)を見つけると、カチャーリカチャーリ特大やっとこを開閉させつつニヤリと
笑いかけたのれす!!

 こうして、その日のうちに珍Qさん(仮名)一行は領地を失ってしまいました・・・
その上、大事な大事なタマを取られそうになった恐怖でEDになってしまったのれす・・・



曹操の話をしていると、曹操がくるのれす!
曹操が来たら... 本当に曹操が来たら...
お、恐ろしいことが起こるのれす〜!!



339 :曹操の話をすると、曹操が来るのれす!<体験談x>:02/08/02 04:20
(しかし、この異様な重さはなんなんだろう。たった3レスを「送信」するだけで
30分以上かかるとは・・・・((゚Д゚;)))) 

340 :曹操:02/08/02 06:12
>>339
漏れの話をしたかられす。

341 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/02 10:23
>>340
曹操の一人称は「漏れ」・・・か

342 :曹孟徳 ◆socAocAo :02/08/02 11:09
|ゝ`)ワシノニセモノヲミヤブルトハ… >>341
|ノ ウガンゾクノシシャノクセニヤリオルワ…
| オイ、オイカケテシマツセヨ


|彡サッ
|
|

343 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/02 12:31
>>338
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル
>>339
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル
>>342
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

連続で
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル



344 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/03 00:43
>>287-289から数日後、
#さんと♭さんは畑仕事の合間に無駄話をしていました。
「髪を切って首となすとは、ずいぶんゴーインだんべ」
「んだんだ。いいだしっぺのくせに自分だけは特別なんだべ。
 ハァ、チョーシいいったらねえもんだ」
「曹操ってのは悪知恵が働くっちゅーか、口がうまいっちゅーか・・・」


345 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/03 00:44
で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 



346 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/03 00:45
「ソウソウきたーーー!!!」
さっきまで烏を追っ払っていたはずの曹操のカカシが、二人の悪口を聞くやいなや
ものすごい勢いでしゅるるるん!と触手(どうやら曹操の髪の毛らしいれす)を
のばして襲いかかってきたのれす!
あっという間に二人をぐるぐる巻きにしてしまうと、♭さんの鎌を持ち

へ へ
の の
 も  ニターリ
 ∀

と笑いを浮かべ、二人を丸ボウズにしてしまったのれす!

曹操のことを言ってると本当に曹操が来るのれす!
曹操が来たら…本当に曹操が来たら…
お、おそろしいことがおこるのれす〜!

347 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/03 01:47
>>344-346
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

348 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/03 15:53
だんだん三国志と関係なくなってる気がする・・・
これも奴の計略か・・・(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

349 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/04 13:59
 これはある人から聞いた本当の話なのれす。
ある日、公共の電波を使って民百姓に何か表現をする事を生業とする芸能人と
呼ばれる下賤な人々が、公共の電波を使い今日の世相を批難したのです。
「あーあ、最近の政治家は駄目だね〜」

でも…
芸能人風情が政治に干渉しては
いけなかったのれす…。

次の日突然閣僚及び各省庁の人間が皆殺しになり、人事が刷新されたのれす。
総理大臣:霊帝
官房長官:張角 
防衛庁長官:董卓
財務大臣:袁術
外務大臣:呂布
その他閣僚:中常侍

そう、まさに彼等芸能人の理想と日頃の行いをミックスさせ、更に増幅された
彼等の思い通りの強欲凶悪政権が誕生したのです。
現代社会において信じ難いようなありとあらゆる蛮行が横行し、この国の
95%は壊滅したのでした…。

アテが外れ、ひどい目にあっても懲りない彼等は
「くそ!もと不良で人徳のある劉備が来てくれればよかったのに!」

でも…
劉備の話を
してはいけなかったのれす…。

「リュウビ来たーーー!!」歓喜の声は一瞬にして悲鳴に代わりました。
劉備の後ろにいた関羽と張飛が一人残らず彼等を痛めつけました…。

それでも懲りない彼等は、遂に言ってしまったのれす…!
「俺達の崇高な生きざまを理解してくれるのは曹操だけだ!」

でも…
曹操の話を
してはいけなかったのです!!!!

如何に悪名で知られる曹操も、諸悪の主要因の一つの彼等を
総てにおいて一時代を築いた英明な彼が理解し許すはずも無かったのれす。
大半の者を車裂きに、或いは宮刑に…。
残りの者は終身屯田員として過酷な労働を強いられる事になりました…。
彼等が望んだとはいえ、余りにも愚昧な発言に彼等は後悔しても
悔やみきれない人生を余儀無くされるのでありました。



350 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/04 14:08
(゚Д゚;)意味わかんね

351 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/04 17:12
>>349
つまり「マスゴミ」だと。特にワイドショーって事?


352 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/04 21:29
>>351 う〜ん。それも有るけど…。

353 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/05 00:51
政治を口ばっかの他人任せにしちゃ駄目だよってことでわ。

だがそれよか。


>外務大臣:呂布


キ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ヤッパ(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル

354 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/05 02:45
>官房長官:張角
官房長官はまずいよー!
大抵あとで首相になるじゃん
太平道・張角内閣 ヒ ━━━ (((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル

355 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/05 19:59
>353
しかしあれで仲裁やったことあるからな。アイツは。

356 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/08 12:04
 これは、人から聞いた話なのれすが…

 洛陽での話れす。この市内に党幹部のさる偉い人が、御屋敷を構えて
住んでいたのれす。(仮にAとするれす)
 ある夜、Aは妻君の機嫌を損ねてしまい、許しを請う為に、自らの手で
ゴミを集積所に持って行かなくてはならなくなりました。(中国には恐妻家
が多いのれす)

A「全く…なんで党書記のわしがこんな事を…」
 Aはぶつぶつ言いながら暗い道を歩いておりました。
A「酒が冷めてしまうわい。…酒に向かいてまさに歌うべし…李白だった
かな…」
 ようやく、ゴミ集積所の前まで来ると、Aはゴミ袋をそこへ投げ出しました。
A「いや…ああ、曹操だったっけか。ハハハ…」
 Aは独りつぶやきました。




357 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/08 12:05



で も ・ ・ ・
曹 操 の 話 は ・ ・ ・ 
し て は い け な か っ た の れ す ・ ・ ・ 




358 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/08 12:06

 その時。さっさと帰ろうとするAの肩を、誰かがトントン、と叩きました。
 Aが不審に思い振り返ると、そこにはいつの間にか、警棒を持った小柄
な青年が一人居て、Aに背を向け、今Aが出したゴミ袋をいじっておりました。
 Aは言いました。
「何をする。人の家のゴミ袋をいじるとは、失礼な奴だ」
 そう言ってAが青年の肩を掴もうとした瞬間…

「こんな時間にゴミを出すな!」
A「ギャアッ!」
 青年はそう叫ぶや否や、警棒でAの太股を強かに叩いたのれす!
「黒ビニール袋で出すな!」
A「グワアッ!」
 倒れたAの背中を、また!
「燃えるゴミは明後日だ!」
A「ギャアアーッ!」
 もう一発!


359 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/08 12:07

 それだけ叩くと、今度は青年はゴミ袋を開け、中身を調べ始めたのれす。
 Aはたまらず叫びました。
A「きっ、貴様何をするのだ!知らないのか!私は党書記だぞ」
 しかし…青年の手の中には…ゴミ袋の中から取り出された、スプレー缶の
残骸があったのれす。
A「わ、私は党書記にして人民代議員の…」
 Aは尚も印籠を振りかざしましたが…
「それがどうした!」
A「ギャアアーッ!!」
 青年には、相手の肩書きなど全く通用しなかったのれす!
 今度はAの額を棒が直撃しました!
 這い回って逃げるA。しかし青年は尚も大股に歩み寄りながら、棒を振り
かざし、Aの腰といわず尻といわず、散々に叩き続けたのれす!
A「グワァァーッ!」
「これは不燃ゴミだ!!」
A「グギャアアーッ!」
「スプレーはガスを抜いてから捨てろ!!」
A「ゥオェッ!グハッ!ギャーッ!」
「空き瓶は資源ゴミに出せ!!」


360 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/08 12:08

A「お、おまえは…いや…貴方様は…まさか…まさか…」

 そして。尚も振り上げられた棒を見上げた瞬間。Aの中で何かが壊れた
のれす。
A「も、孟徳様!孟徳様!申し訳ありませんでした!どうか、このゴミを持って
帰って分別して、決まった日に出す事をお許し下さい!孟徳様!」
 そう叫び、Aは平伏したのれす。
 返事はありませんれした。
 一分…二分…
 Aは恐ろしくて顔を上げる事が出来ませんれした。
 三分…四分…
 Aの中では、数時間とも思える程の時が過ぎて行きました。
 やがて十分にもなろうかという頃…ようやくAは、ほんの少しだけ、顔を
上げました。


 そこにはもう…誰も居らず…開いた筈のゴミ袋は、きちんと口を縛ったまま、
道の上に転がっていたのれす。


 曹操の話をしていると、曹操が来るのれす!
 だからみなさん、曹操の話をしてはいけないのれす!曹操が来たら
 大変な事になるのれす!


361 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/08 16:52
>>356-360
(((((;゚Д゚)))))アワワワワワワワワワワ

362 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/09 12:33
>>356-360
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

363 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/09 22:04
え?これ面白いの?>>356-360
こんな話三国志にあったっけか?

364 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/09 22:32
>>363
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル




365 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/09 23:40
>>363
曹操が洛陽の役人だった頃の話を調べるべし

366 : ◆ibxA7MxA :02/08/09 23:52
(((((((゚Д゚;))))))) ガクガクブルブル

367 : ◆ibxA7MxA :02/08/09 23:54
 これは…聞いた話なのれすが…

 十九世紀、清朝中国の、とある漁村での出来事れす…
 この村に、ある男がやって来ました。(仮にAとするれす)
 早くに両親を無くしたAには、養父が居ました。養父は清朝の高官で、A達がこの村に
やって来たのも、養父の巡察任務の為でした。

 村は…荒れていました。
A「網元達が真っ先に阿片に手を出して…それが漁師達にも広まってしまったようです…
網元が舟を売ってしまうので、まともな漁師も、もう漁に出られないようです…」
 養父は悲しみに顔を歪め、頷きました。
「なんという事か…警察官は何をしているのだ…」
 Aにとって、尊敬する養父が悲しみにくれる事は、何よりも辛い事れした。Aは、身寄
りの無いAを優しく育て、教育を与えてくれた養父を、誰よりも尊敬していたのれす。

368 : ◆ibxA7MxA :02/08/09 23:55
 Aは養父の命で、この村の治安を守るべき官吏の元を訪れました。
A「この村はどうなっているのだ。何故阿片を取り締まらない」
 Aは警察官に言いました。その警察官は、体は大きいものの、どう見ても知恵があるよ
うには見えない男れしたが、話してみると、もっとひどいものれした。
「…おら…むつかしいことわがんね」
A「君は警察官ではないのか。阿片を何故取り締まらない?」
「…おら…ぐずだから舟にものれねえし…字もわかんねえし…やくたたずだから…この仕
事させてもらってる…」
 Aは落胆して呟きました。
A「何という事だ…これではもうどこから手をつけていいのか解らない…父に何と報告し
たものか…こんな時、かの曹操様ならどうするのだろう…」
 男はほんの一瞬Aの事を見ましたが、何を思ったのか、そのまま出て行ってしまいまし
た。

369 : ◆ibxA7MxA :02/08/09 23:56
 Aは仕方なく、村の家々を一軒一軒訪ねて歩きました。
 阿片はどれくらい広まっているのか…誰が阿片を売っているのか…阿片の影響はどのく
らい出ているのか…
 しかし、村人達は…
「阿片なんか誰もやらないよ!」
「さあ、知らないね」
「あたしは何もしらないよ!帰った帰った!」
 皆、何かを恐れているかのように、口をつぐむのれす…

 そんな中、Aは奇妙な事に気づきました。
 商業の盛んな街などでは、阿片が街じゅうに蔓延するというような事も有り得るのれす
が…阿片は高価なものれす。貧しい人間は、そもそも阿片が買えない筈れす。しかしこの
村では、どうも貧しい者でも阿片を手にしているようなのれす。

370 : ◆ibxA7MxA :02/08/09 23:57
 Aが宿に戻ると、養父の姿はありませんれした。他の随行の官吏に聞くと、近くに居る
という知り合いを尋ねて行ったといいます。
A「ああ…何故阿片などがこの国に持ち込まれてしまったのだろう…」
 Aは大好きな詩の一節を思い出しました。
A「蒼海を見渡せば、ゆらゆらと波はおだやか、島山は水面にそびえ、樹木はむらがり生
え…緑なす草は豊かなり…ああ…この美しい海を越え、なんと禍禍しいものがやって来た
のだろう…」
 その時。開けたままの扉の前に、盃を手にした酔っ払いが一人、ふらりと現れました。
「ああ酔った…君、君。今の詩は良いね」
A「貴方は?」
「ただの酔いどれだ、気に留めるなかれ。知っているか?網元共が売った舟は、魚は取っ
て来ないが、海にはよく出ているそうだ…後は君の仕事だ。さらば」
A「あの…?」
 酔っ払いは扉の前からフラリと消えました。Aはすぐ追いましたが、廊下から覗くと、
男の姿はもうどこにもありませんれした。
A「…」
 不思議な男れした。弁髪もしておらず、盃を持ったままフラフラしているようなだらし
のない男なのに、とてもこんな田舎には居ないような、風情のある伊達男れした。そのか
らかうような口調にも、何か大変な教養と、天才的な閃きを伴った知性が滲みでていたの
れす。
 Aは夜も更けて来たのにも構わず、湊へと走りました。

371 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:02
 湊は静まり帰っていました。具合を悪くしているようにも見えない漁具や網が、長らく
使われもしないまま放り出されている光景は、Aの心を傷つけました。
A「…」
 沖合いを見ると。ちょうど、一艘の舟が湊に向かって来る所れした。Aは陸に揚げられ
た舟に隠れ、その様子を見守りました。
 Aが見守る中。舟は桟橋に辿りつき、やがて舟から水夫達が降りて、舟から荷物を桟橋
に移し始めました。
A「…あれは!?」
 水夫達の中には、何人か、清国人ではない者が混ざっていました。Aは確信しました。
彼らは英国人ではないようれすが、きっとその手下に違いありません!
 それれは…あの荷物は…
 Aは飛び出して行きたい気持ちを押さえ、その様子を見守りました。他の水夫達は、ど
うやらこの村の者達のようれした。
 あの荷物は、きっと阿片なのれす!
 水夫達の何人か、特に清国人ではない水夫達は、恐ろしい新式銃で武装しているようれ
した。今出て行っても、殺されるだけれす。
 Aは隙を見て、静かに走りだしました。

372 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:03
A「父上!父上は戻っていますか?」
 Aは同僚の官吏に尋ねました。養父は客人と一緒に、離れに居るとの事れした。
 Aは離れに走り、扉の中へと飛び込みました。
A「父上!大変です!湊で、阿片の密輸が行われています!私は確かにこの目で見まし
た!」
 Aはそう叫びました…そして…凍りつきました。
 養父は居ました。その客も。養父の客は…紅毛に白面…英国人だったのれす!
「…Aよ。大きな声を出すな」
A「父上…その男は…その…」
「…私は騒ぐなと命じているのだ」
A「父上…まさか…そんな…父上…」
 養父は席から立ち上がり、Aに歩み寄りました。
「Aよ…何故そんな目で私を見る?」
A「父上…まさかそんな…父上が阿片を…嘘だと言ってください」
「息子よ。案ずる事はない。私はこの人から阿片を購入している。しかしそれは帝の為で
…」
A「父上!!なんていう事を!今すぐお止め下さい!なんという事を!」
「…」
A「じ…自首してください、父上…わ、私も父上と共に…父上、どうか…」
「…」

373 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:04
 次の瞬間…養父はAを引き倒し、その脇腹を激しく蹴りつけたのれす!
「この…不忠者が!!」
A「ち、父上っ!?」
「愚か者が!馬鹿者が!この腐れ外道め!石潰しの白痴め!」
A「ぐああっ!うええっ!」
 養父は尚も、Aに激しい蹴りを浴びせ続けたのれす。英国人は、手を叩いて笑いだしま
した。
「腐れ儒子が…最近のお前は気に食わなかった…フン、育て方を間違えたか…貴様の目は、
貴様の愚かな父親そっくりだ!」
 養父は禍禍しい笑みを浮かべ、Aを凝視しながら言いました。
「貴様の顔にも見飽きて来た所だ…愚か者め。冥土の土産に教えてやる…貴様の父親を破
滅させ、一家心中に追い込んだのは、このわしよ…フ、フ、フ、フ…」
 その時のAの気持ちを、どう書き表したものれしょう…信じ、敬愛し、Aにとって全て
と思って来た男が、実は悪魔だったのれす…
A「うわああ…うわああああ!」
 養父は尚もAを蹴りつけながら言いました。
「学士気取りの屑め…知っておるぞ!貴様が曹操に傾倒しておるのを!フン!貴様のよう
な軟弱者が…片腹痛いわ!」
A「オエッ…ゲホッ…」
「わしは…現代の曹操となってやる!金と権力を掻き集め…帝位を貶め、愚かな民衆を恐
怖で支配する、現代の曹操となるのだ!フハハハハハ!」
A「そ…曹操は…そんな人じゃない!」
「抜かせ!匹夫が!貴様如き軟弱者が曹操の何を語るのだ!グハハハハハ!」

 やがて意識を失ったAは、納屋の中に放り出されたのれす。
「この男は阿片を所持し、密売していた!この男には死罰を与える!処刑は明日、村外れ
の辻で行う!」
 その声は、Aには聞こえませんれした…

374 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:05

 深夜。意識の戻ったAは、小さな格子窓から、空を見上げました。
 窓の外には、ちょうど、血のように赤い満月が、輝いていました。
A「今宵は…満月…」
 Aは呟き、項垂れました。
 その時。
 納屋の扉が、外から開けられました。扉の外には、同僚の官吏の姿がありました。
「…出ろ」
A「…放っておいて下さい…私は…明日死にます…」
「いいから出ろ!」
 同僚はAを無理矢理、納屋から引きずり出しました。
A「今更…何だというのですか…」
「お前の養父が殺された…来い」
 Aは自分の耳を疑いました。

375 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:06

 Aが連れて行かれたのは、村外れの森の中の辻れした。
 そこには、深夜にも関わらず、多くの村人が居ました。
 養父は、血塗れの姿で、辻に倒れていました。傍らにはもう一人。あの英国人の骸があ
りました。そして、辻の周りには、馬の蹄の跡がありました。
A「…」
「英国人の骸が厄介だ…奴らは一人殺されると千人で復讐に来るという…Aよ…犯人に心
当たりがあれば言ってくれ」
A「…私に解るわけがありません…私は納屋に閉じ込められていたのです…」
 Aはそう言って頭を振りました。そんなAの視界に、一人の男の姿が映りました。
 それは、あの、警察官だという、白痴の男れした。男は酷く蒼ざめ、尋常でない程震え
ていました。
「…お、おら…しらねえ…」
 同僚の官吏がそれに目を留めました。
「何だ?知ってる事があれば何でも言ってくれ」
「…お、おら…おら…聞いちまっただ…」


376 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:08
 Aはぼんやりと満月を見上げていました。
 白痴の男は、震えながら言いました。
「こ、この人が…そ…そ…曹操の話をしてたのを!」

 曹操。
 その、たった一言で、辺りに居た村人達の様子が、一変したのれす!
「う、うわあっ!」
「やめろ!その名を口にするな!」
 血気だった村の男達は、白痴の男に詰め寄ったのれす!
「う、う、うわぁぁん!」
「ふえ、ふええ、ふええーん!怖いよ、おっかあ、怖いよー!」
 子供達は堰を切ったように泣き出し…
「おやめ!泣くんじゃない!き、聞いてはだめだよ!」
「その男を黙らせて!早く!」
 Aは目を見開きました。
 まさか、この村の人々が、曹操の名など知っているとは思えなかったのれす。教養もな
く、読み書きの出来る者も僅か、こんな村で、曹操の名がそんなにも知られているなど…
 白痴の男は、泣き叫び始めました。
「こ、この人は自分も曹操になるって言ってただ!…おら、恐ろしくて何も言えなかっ
た!」
「や、やめろぉぉ!!」
「口に出すな!その名を口にするな!」
 村人の何人かが白痴の男に掴みかかりました。しかし白痴の男は、狂ったように叫び続
けました。
「そ、そ、そ、曹操の話をしていると、曹操が来るだ!!」

377 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:09
「やめろぉぉ!」「く、口を塞げ!黙らせろ!」
「曹操だあ!!曹操が来てこの人を殺したんだああ!」
「だ、黙らせろ!」「殺せ!」「この白痴め!」
 殺気立った村の男達は、白痴の男を引き倒し、一斉に殴りつけ、蹴りつけ始めました。
Aは慌てて村人達の間に入ろうとしました。
A「やめろ!よせ!やめるんだ!」
 しかし、白痴の男は、さんざんに打ちのめされ、血を吐きながらも、狂ったように叫び
続けたのれす。
「曹操が来る!曹操が来る!みんな、みんな殺されるだああ!!」
「言うなああ!!言うなぁぁ!!」「こ、殺せ!黙らせろ!」「うわあああっ!!」
A「落ち着け!やめるんだ!曹操は遠い昔の人物だ!それは迷信だ!」
 Aはそう言ったのれす…
「あ、あんたまで!」「あたいらを殺す気かい!」「あんたも黙れ!」
 Aはたちまち、村の女達に囲まれ、蹴られ、殴られ、引き倒されてしまいました。
A「や、やめろぉ!」
「グフッ…曹操が…曹操…ソ…」
 Aは見ました。倒れても尚叫ぶ白痴の男の頭に、大きな石が叩きつけられるのを。
 男は…白目を向き、ぴくりとも動かなくなりました。

378 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:09
 辺りは静かになりました。
 Aの同僚の官吏は、村人達の様子に怯え、立ちすくんでいました。
 Aが黙ったのを見て、Aを取り囲んでいた人々も離れました。
 Aは立ち上がり、村人の間を割って、白痴の男に近づきました。
A「…死んだ…」
 白痴の男は死んでいました。
A「…なんという事を…この男は警察官だったんだぞ…」
 村人達は無言れした。
 Aは…呟きました。
A「…曹操は…そんな人じゃない…」
「まだ言うのか!」
 村人がAに掴みかかろうとした、その時れした…

 遠く、森の中れ…
 馬が…一声…いなないたのれす…
 村人達の恐怖は、頂点に達しました…

「そ…曹操の話をしていると…曹操が来る!!」

379 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:11
「そ…」「来た…」「曹操だ…」「曹操が!!曹操が来たぁぁっ!!」
 村人が叫びました。口々に。狂おしく。怯え。泣き。激しく。
A「ま、待て…」
 Aは叫びましたが、それは全くの無意味れした…
「曹操軍だーっ!!」「曹操が、曹操が来た!曹操軍が来た!皆殺しだ!」
A「落ち着け!皆落ち着け!」
 夫は妻を押しのけ。妻は夫を押しのけ。
「助けてくれーっ!皆殺しだ!」「うわあああっ!!曹操軍だ!曹操軍が来る!」「ぐうぇ
ぇえ!ひぐええ!ぐげええ!」
A「迷信だ!曹操は歴史上の人物だ!」
 ある者は泣き喚き。ある者は青ざめ。
「うええええーん!」「怖いよぅぅぅ!」「助けてぇ!!助けてええ!」
 子供達は怯え、泣き叫び。母にさえ手を引いてもらえなかった子供達は、転び、泣く…
 逃げ惑う人々。
「おしまいだあ…曹操が来る…曹操軍が…皆殺しだ!皆殺しだ!」「ぐうぇぇ!げえええ!
そ、曹操が…曹操があ!」「助けてくれ!!!助けてくれ!!」

380 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:12

A「…」
 村人達は一人残らず、逃げ去ってしまいました。後に残されたのは、三つの骸とAと、
その同僚だけれした。
 同僚は言いました。
「…曹操って…誰だ?歴史上の人物なのか?」
 Aは答えませんれした。
「どうしたらいいのだ…警察官殺しまで…だいたい何なんだ、曹操と言うのは…」
 そこで。ようやくAは呟きました。
A「…曹操様は…生きていたのか…」
「良く解らないが…その恐怖は、民間伝承の中に生きていたという事か?曹操というのは、
この地方の伝説か何かか?」
A「みんな…みんな狂ってしまった」
「…?」
 Aは、地面についた蹄の跡を見て、それを追いはじめました。
「ああそうか…その蹄後が犯人のものなら、追いかければ何かわかるかもな…A?」
 Aは、何かに取りつかれたかのように、蹄跡を追って行きました。



381 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:13
「おいA、そんなに急ぐと危ないぞ」
A「…」
 Aは蹄跡を追って走り…そして転んでしまいました。
「ほら転んだ…膝が血が出てるぞ」

 転んだAは…おきあがり、そして月を見つめました。
A「…アヒャ…」
「A?」
 Aは…突然、狂ったようなに笑い出したのれす。
A「アヒャヒャ…(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!! アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!」
「お、おい!?A!?」
A「曹操様…来てくだったのれすね…曹操様!」
「A!しっかりしろ、A!」
A「曹操様…曹操様…御待ちしておりました、曹操様…」
 Aは今度は泣き出しました…そして、すがりつく同僚を振り払い…Aは、叫びました。
A「曹操様!どうかお救いくらさい!この狂った国をお救いくらさい!曹操様!」
 そして…Aはついに駆け出したのれす…
「A−っ!!」
A「曹操様―っ1!曹操様!どうか、どうか私を貴方様の部下に加えてくらさい!曹操様!
曹操様―っ!!」
 赤い満月の下。
 Aは…叫びながら。
 森の中へと…消えていきました。蹄の跡を追って。
A「私を家来にしてくらさい!曹操様!曹操様!曹操様ぁぁーっ!!曹操様ぁぁーっ!!」


382 : ◆ibxA7MxA :02/08/10 00:14

 (((((;゚Д゚)))) 私の話は、これでおしまいれす…
 その後、ボロを来て野山をさ迷うAの姿は、猟師などによって、何度か目撃されたそう
れす…
 しかしやがて、その姿は見られなくなりました…猟師達は密かに言ったそうれす。Aは、
曹操の元へ行ったのだと…

383 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/10 00:44
>>367-382
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル( ;゚;∀;゚;)

384 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/10 00:50
おお、大作。


385 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/10 09:15
>382
久々の大作ですね!前作同様感動しますた!

386 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/10 15:59
最早、曹操は民間神話の中の1人物みたいになっとるな…

(゚Д゚)ハッいかん、曹操が来ちゃうところダターヨ

387 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/11 00:15
>>386
殿ッ!
もうきてまs

388 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/11 19:34
まぁ、徐州なら曹操が悪鬼羅刹のたぐいとして「泣く子はいねーがー」とか伝承されてる
可能性もなくはないが。

389 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/12 02:39
>388
自重せy

390 : :02/08/13 02:30
次回予告 特別編

 【呉の恐怖】張遼来来!((゚Д゚;)))【合肥戦慄】

          をお送りいたします。お楽しみに…。

391 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 03:19
>>390
ワク(・∀・)ワク,ブル((゚Д゚;))ブル

392 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 12:10
【呉の恐怖】張遼来来!((゚Д゚;)))【合肥戦慄】

これはある人から聞いた本当の話なのれす…。
呉の若き主、村県さん(仮名)は、西暦210年に赤壁で名臣周癒さん(仮名)
の献策により見事曹操を退けた後、軍をまとめ今度は魏領に自分から
攻め入りました。
兵は村県さん(仮名)直属の部隊だけでも10万を数え、物凄い兵力でした。
村県「ふふふ、赤壁の痛手が癒えぬ今ならば我が精鋭を持って北上すれば
曹S…、じゃなかった、魏など我が軍の敵ではないわ!」

 呉の軍勢はいずれも選りすぐった猛者ばかり、しかも後方との連絡を密にし、
補給路を常に確保し、斥候は常に送り、呉を代表する名将全てを配置し
また、赤壁で捕らえたもと魏軍の事情通の部将、安さん(仮名)さんを
連れてきており、そして何より村県さん(仮名)はちゃんと周癒さん(仮名)
の献策を覚えており、万全の体制で行軍していました。
 最初のカン城は難なく落ちました。呉の軍勢は益々意気盛んになり
すさまじい勢いで第二のターゲット「合肥」に向かうのでした…。


393 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 15:48
合肥城の500里手前に辿り着いた村県さん(仮名)は、100人の斥候に
合肥城四方をがっちり張り込む様指示しました。少しでも城兵に異変があれば
即時報告するようにも命令しました。来る日も来る日も城兵は動こうともせず
城はひっそりと静まり返っていました。
 村県さん(仮名)はある日の軍義で「明朝総攻撃を行う。今夜は戦勝前祝いだ!」
と諸将に言いました。
 その夜、呉の諸将は酒を酌み交わし、大いに明日の確実に勝つであろう戦を讃え
あいました。
ところが、宴もたけなわになろうかと言う時、陳部さん(仮名)が酔った勢いで
「あの城の守将は、張遼とか抜かす元呂布匹夫の降将。しかも馬術が巧みなだけの
思慮の浅い猪と聞いた!それがしが真の戦と言うモノを明日身にしみ込ませてやるわ!」
と諸将の居並ぶ前で宣言したのです!!


394 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 15:50
でも…

呉将が

張遼の名を話しては

いけなかったのれす…

395 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 15:59
「チョウリョウキタアー!!!」

護衛兵のその声よりわずかに先に、諸将の前をかまいたちが走ったかとおもうと、
陳部さん(仮名)の首はごろりと床に落ちました…。
諸将「!!!!」
 そして帳の奥にニヤリと佇む、張遼字を文遠がそこにいたのれす!!

ーーーーーーーーーーーー戦慄−−−−−−−−−−−−−−

ぎゃああああああああああああ!!!!
皆あまりの事に我を忘れ慌てて自分の宿舎に戻り武装し始めました!
しかし、時既に遅かったのれす。


396 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 21:24
それはもう、ひどい惨状でした。
 物凄い声で北方の騎馬軍はなで切りに呉軍を斬り付け、
さらには夜の闇のせいで同士打ちをするもの、あまりの事に気が触れるて
おかしくなるもの、逃げ出すもの…。それはそれはひどい有り様でした…。
 村県さん(仮名)はというと、宋圏さん(仮名)の必死の救助でなんとか
馬に乗り南方に逃れたものの、宋圏さん(仮名)は八つ裂きにされ戦死し
村県さん(仮名)も背中に傷を負いました。
こんなひどい事は呉建国以来…いや、孫堅が世に出て以来初めての事でした。
 残された諸将は何とか切りぬけたものの、見てはならないものを見てしまいました…。
それは、呉に急襲したのはたった800騎に過ぎないのですが、それらの顔はすべて張遼と
同じものでした…。

 


397 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 21:40
たった一刻にして、10万の軍は壊滅しました…。
翌朝、水軍の居留地に村県さんと諸将はなんとか辿り着きはしたものの
皆、傷を負い兵士の数も数十人しかいませんでした…。
村県さん(仮名)もその時のショックで漆黒の髯が紫になり、
瞳も碧くなってしまいました…。
 また、今回のトラウマは彼の深層心理に残り、若いうちは
なんとか覇気で凌げたものの、晩年はおかしくなったそうれす…。

とにもかくにも、呉の人間が張遼の名を語ってはいけない事は
その後の魏討伐戦を見ても明らかだったのレス…。



398 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 21:51
>>392-397
((゚Д゚)))) ガクガクブルブル

399 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/13 23:20
(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル
(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル
(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル

400 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/14 00:37
そうそう【曹操】
三国の魏の始祖。字は孟徳。江蘇沛県の人。
権謀に富み、詩をよくした。
後漢に仕えて黄巾の乱を平定、袁紹を滅ぼし、華北を統一、魏王となる。
没後武王と諡(おくりな)。
その子丕(ひ)が帝を称し魏を建て、追尊して武帝という。
廟号は太祖。(155〜200)

[広辞苑より]

401 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/14 00:40
チョウリョウキタ――――!!!

ガクガクブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル


402 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/14 00:41
sage

ブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガク

403 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/14 06:17
チョーリョーれす!チョーリョーがきますた------!!!!!!!
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;))))))ガクガクブルブルガタガタb

404 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 02:53
チョウリョウ、キタ―――――(・∀・)―――――!!!!!

405 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 13:08
チョ、チョウリョウ、キタ━━━━━(((((゚Д゚;)))))━━━━━ !!!!!


406 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 14:03
陶謙もけっこうな悪名ぶりだったらしいから、曹操よりも逆に怨んだ人も多いかも


407 :エース:02/08/17 14:56
誰も来るかー

408 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 15:41
へっ。曹操なんか所詮昔の奴じゃん。
今頃になってなにかできるw

409 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 16:39
>>408
Σ(゚д゚;)ハッ

410 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 20:10
>>408
ΣΣ(゚д゚;)ギョエ!!

ガクガクブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル



411 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 20:19
ゝ`)オマエノウシロニイルゾ
|ノ
|


|彡サッ
|
|


412 :劉備:02/08/19 12:28
ふん、曹操がなんだ。俺には孔明がいるんだろ

413 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/19 13:19
僧が二人やってきて僧僧。
謝れ!

414 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/19 13:29
いやです

415 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/19 14:39
>>413 アホの方ですか?

416 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/19 15:01
>>413
そのネタSoSo.

417 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/19 21:58
このスレ面白い。
良スレケテーイ

418 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/20 03:59
今さら

419 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/20 07:53
>>417-418 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

420 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/22 21:07
農民A「くそぅ。曹操め。オラの畑で暴れくされやがって・・・」

421 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/22 21:53
農民B「猛徳のあふぉたれが!チンチクリンのくせに、なにいばっているんだか」

422 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/22 21:57
>420
曹操の話をしてはいけないのれs

423 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/22 22:48
さっき無双そうやってたらホントに

「チョウリョウキター!!!!」

でワラタ。


424 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/25 21:21
ヒィィィ 曹操だ!

425 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/25 21:40
>>416
うまい!

426 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/25 21:42
曹操:実は人徳あふれる男

427 :( ゚Д゚)<名スレの予感:02/08/25 23:02
ピンクサロン「貂 蝉」と1,2を争う良スレだな。

428 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/30 01:15
なんとなく保守しないと曹s

429 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/03 23:28
保守

430 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/06 14:57
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

全板AAトーナメント、予選17組(9/17)に出場なのれす…

トーナメント情報
http://www.vote.flets.org/2ch/2ch_aa/2chaa.htm

投票コード発行所
http://www.vote.flets.org/code/2chaa/code.cgi


431 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/07 14:14
ガクガクブルブル(((((゚Д゚;)))))ガクガクブルブル


432 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/08 01:53
>>430
曹仁タンがいたら入れるのに・・・

433 :1:02/09/12 23:46
(´Д`)そろそろ終わりれすかね…






やっぱり…






ホントは本物の曹操様に来て欲しかったのれす…

434 :曹捜:02/09/13 03:29
(‘ε‘)よんだ?

435 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 22:21
>>433
投稿します。

436 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 22:21
昔、昔の中国のお話なのれす。
その時の中国大陸は天下三分していたのれす。
そのなかで、蜀漢という国の将、完雨さん(仮名)が、北魏のハン城を攻めていたのれす。
数々の困難がありましたが完雨さんが城を落とすのは間違いないと部下は信じていたのれす。
そして、もう少しで完雨さんが城を落とすところで、
完雨さんは己の自信からかとんでもない事いったのれす・・
「曹操など大した事は無い。某を恐れれて遷都まで考えているというではないか。
 このままなら、兄者が中国の覇者となる日も近いな。」
と、自信たっぷりにその言葉を話したのれす・・・・

437 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 22:21

 で も 、
 曹 操 の 話 を し て は い け な か っ た の れ す 。


438 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 22:22
「曹操キタ----------------!!」
陣幕の中に大慌てで兵士が入ってきたのれす。
そんなはずは無い。曹操は遥か遠くの都にいるはずだ。と、完雨さんは外に出たのれす。
しかし、陣のちょっと離れたところに大軍と曹操はいたのれす。
完雨さんはビックリして「全軍、ただちに迎撃せよ!!」と命令をだしたのれす。
ですが、既に時遅し。曹操はこちらを向いてニヤッと不気味に笑ったのれす。

完雨さんは善戦しました。腕が痛んでも戦いました。
そして、部下は言いました。「完雨様、ここはひとまずお逃げください!」と、
ふと、完雨さんは戦場を眺めたのれす。こちらの兵はほとんど居なくなっていたのれす。
しかし、妙なことに、曹操がいままで立っていたはずの丘に曹操はいなく、
その上、先程まで、魏と称された大旗はなく、そのかわり、呉と称される旗が無数に立っていたのれす。

439 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 22:23
曹操は退却したのか?、完雨さんは考えました。麦城に馬を走らせながら考えました。
でも、あんな乱戦で曹操がそう簡単に抜け出せるわけがない。だとしたら…、
完雨さんはよくわからなくて完閉さん(仮名)に聞きました。
しかし、完雨さんの問いかけに完閉さんは、
「何をおっしゃっているです。最初から攻撃していたのは呉ではありませんか。」
完雨さんはハッとしました。
「そうだ、呉が最初から攻めていたに違いない。あの乱戦で魏軍と呉軍が入れ替われるわけが無い。
 では、あの曹操は一体なぜ?」
完雨さんは曹操の顔を良く知っています。見間違えでは無いのは確かです。
そして完雨さんはようやく気づいたのれす。あれは幻覚だったという事を。
それなら、なぜあの兵士は曹操キタ--------などとぬかしたんだ。と考えていると。
伝令が着たのれす。「江陵城陥落せり」との一報でした。

440 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 22:23
「某が曹操の幻とわかっていればもう少し冷静な判断が出来たものを・・」
完雨さんは土砂降りの雨の中、
目から涙を一筋つたわせて数百騎の部下と共に麦城に向かったそうなのれす。
その後、完雨さんが兄弟達の姿を見ることはありませんでした。

皆さん、曹操の話をすると本当に曹操が来るのれす。
お願いだから、曹操の話はしないで下さいなのれす。

441 :440:02/09/13 22:25
>>1
このスレいいスレだから、なるべく長持ちさせましょうよ。

442 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/13 23:21
age

443 :神・曹操猛徳:02/09/13 23:51
1死ねえんええ根ね根年エ根ねねえええええええええええええええええええ

444 :1 ◆ibxA7MxA :02/09/14 00:23
>>440

((((((((;゚Д゚)))))))) ガクガクガクガク ブルブルブルブル

が、がんばるれす…

>>443

字が違うれす…だめれすー!ほんとに曹操が来るれすよ!

445 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/15 00:07
>>436-440
久しぶりの良作に((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル


446 : ◆ibxA7MxA :02/09/15 19:35
>>436-440
も、もしかして…

その…完雨さんが見た曹操さんは…





小脇に完雨さんへの誕生日プレゼント(手編みのマフラー)を抱えていたとか…





((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル

447 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 05:15
>446
((((((((;ΤДΤ))))))))ガクガクブルブル

448 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/21 20:59
((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル

449 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/21 21:06
このスレ史上最強の曹操マンセースレと思うage

450 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/21 21:44
>449
あっ!!
だめれす!!
そんなことしたらあの人の目に付いてしまうのれす〜〜〜!!

451 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/21 22:58
ゝ`)オマエノウシロニイルゾ
|ノ
|


|彡サッ
|
|

452 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/22 17:49
現在進行形の実話。
このスレ読んで笑ってたら今さっき友達から電話が来た。
真・三国無双2を買ってプレイし始めたらしい。
趙雲使って1ステージ目長坂の戦い、敵将ほぼ片づけたにもかかわらす
劉備がちっとも退却してくれないから曹操を討ちに行っちゃっていいのか?
と助言を求めに来た。
「そーそー、劉備時々動いてくれないことがあるんだよ。さっさと曹操
討ちに行っちゃえよ」
…と話をしていたら、なぜだか電話がブチッ…と切れた。

思わず切れた電話に向かって
ソウソウ、キタ━━━━━(((((゚Д゚;)))))━━━━━ !!!!!
と叫んでしまいますた…。ブルブル
タイミング良すぎだす。

453 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/22 17:53
>453
((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル


454 :453:02/09/22 17:55
>452ダタヨ

455 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/22 18:52
>>432
>そーそー
ってとこにワロタ。
だが後半は((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル


456 :455:02/09/22 18:53
>>452ダタヨ

457 :司馬:02/09/23 19:11
曹爽キター
((((((((((゚Д゚;))))))))ガクガクガクガクブルブル

458 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/25 00:23
曹操を挑発できる猛者はおらぬか!
もし挑発できたら銀80を授けよう!

459 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/25 00:38
C6の斬こえ〜!
一瞬

460 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/26 19:55
曹操なんてぜんぜん怖くな・・・・・・・・・・

129 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)