5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武田騎馬軍団進軍開始!勝頼公上洛への道

1 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:00
何度もの激しい騎馬突撃が繰り返される。
柵内からの連続射撃。
バタバタと倒れてゆく騎馬兵達。
あまりの被害の多さに総退却を決意した勝頼公だが、一人のムカデ衆の報告がその後の歴史を変えた。
「山県昌景隊、ついに馬防柵突破!只今柵内の鉄砲隊を殲滅中!」
思わず立ち上がった勝頼公の許に、第二、第三の注進が。
「馬場隊、内藤隊、真田隊も柵を突破、他の諸隊もこれに続いています。」
「只今、敵鉄砲隊壊滅!織田軍は敗走し始めました。」
それを聞いた勝頼公は
「全軍追撃!予備の親族衆の隊も投入せい!信長めを生かして返すな!」
と下令。凄惨な追撃戦が始まる・・・。
そして、長い一日が終わった。
小高い丘の上にたたずむ勝頼公。その眼前には累々たる人馬の屍、そして打ち捨てられた膨大な軍需物資。
重臣馬場民部がやって来て報告する。
「残念ながら信長めには逃げられました。しかし、お味方の損害約千二百名、一方織田軍はおよそ一万人は失っているかと。大勝利です。
ところでお館様、今後どうされるおつもりですか?」
勝頼公は答える。
「我が父信玄の遺志を継ぎ、このまま上洛の途につく。民部、諸隊をまとめぃ。」
「ははっ、直ちに。」去ってゆく民部。
見送った勝頼公はふと頭上を見上げた。そこには満天の星達。
その強い輝きはあたかも今の武田家の盛運を象徴するが如き光彩を放っていた。
そして、ここから新たなる歴史が始まる・・・。

さてさて、ここから勝頼公と武田軍はどうなってしまうのでしょうか?
信玄公の上洛とは、また違った視点から見たifについて語り合いましょう。


2 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:01
また武田スレか・・・

3 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:01
ええと・・・。その。
    ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (*゚ー゚) < 2げっと
   /  つつ \________
 〜(__ノ



4 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:01
先鋒の山県がなんで生きてんのよ?
犠牲ボコボコでてんだろ?

5 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:02
武田勝頼は勝利の美酒に酔いしれた所急性アルコール中毒に
よって死亡した・・。

〜完〜


6 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:03
>お味方の損害約千二百名、一方織田軍はおよそ一万人は失っているかと

都合よすぎ

7 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 15:11
信長の野望で試して見てはどうか。

8 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:11
>>7
簡単すぎ

9 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:13
べつにむかで衆の報告が歴史を変えたわけではないようだが?

10 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:15
>>9
まあまあ(^^)。

11 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:16
騎馬突撃とか言ってる時点でイフのイの時にすらならん。

12 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:30
誰でもいいから1の続き書けや。

13 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:32
武田がほんとうに騎馬隊をもっていたら歴史は変わっていただろうか?


14 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:33
一万五千?の内二千人も死んだら
とても進軍できる状態では無いヤカン。

15 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:34
>>13
日本の地形だと活かしきれんかも。
関東くらいじゃない?まともに運用できそうなの。

16 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:35
>>15
日本馬には日本馬の特徴があるから、本当に存在したなら
いろんな運用はできたと思うけど。
ただ存在しなかったからどうしょうもないわな。

17 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:35
>>14
禿同。
それに15,000人ごときで上洛なんぞ無理。
馬場民部なら止めるって。

18 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:40
>>13
どちらにせよ長篠では陽動にひっかかったわけだから、
同じ運命をたどると思われ

19 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:48
日本のように山ばかりの土地で騎馬隊(の大軍)なんぞ使えるかヴォケ!

20 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:51
馬場信春「徳川家康が降伏しますた」

21 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:52
勝頼「斬れ!!」


22 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:53
武田信実「酒井忠次を撃退しますた」

23 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:54
勝頼「追い討ちをかけて斬れ!」

24 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:55
滝川一益「勝頼を追い詰めますた」

25 :武田厨必死だな(藁:02/08/16 16:56
    チンギスハン軍団  武田騎馬軍団
スピード   95        70
耐久力    90        65
規模     97        50
残虐性   100        10
実績    100         5

26 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:57
勝頼「もはやこれまで。・・・ぐふっ。」

27 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 16:59
信長「勝頼親子の首を飯田で晒したるで」

28 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 17:01
上洛どころか、人生の道閉じてんじゃん(w

29 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 17:05
小山田信茂「降伏しますだ」

30 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 17:20
また糞スレか。

31 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 19:18
穴山信君「俺が武田家を再興してやるぜ」

32 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 20:12
(本能寺の時の)土民「死ねや穴山ー!!」

33 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 20:22
>1
はまずどうやって馬防柵を突破したのかを納得いくように解説しろ!

34 ::02/08/16 20:54
決戦から三日後、武田軍の軍議の席・・・。
まず赤備えの猛将、山県三郎兵衛昌景が発言する。
「設楽原に於ける御味方大勝利とその後の我が軍の働きによって、三河の徳川諸城は既に落城もしくは自落。
三河の諸豪も皆我が軍になびいており、総兵力も二万を超えました。
遠江浜松城に家康めがおりますが、最早何もできませぬ。
某は若干の押さえを残し、このまま尾張進撃こそ最善と考えまする。」
「あいや、待たれい。山県殿。」
西上野に睨みを効かせる内藤修理亮昌豊が立ち上がる。
「某は反対でござる。家康は三方ヶ原にて信玄公に破れはしたが、侮れない漢。
必ずや後顧の憂いとなりましょうぞ。」
軍議は紛糾し、なかなかまとまらなかった。
やがて、黙って聞いていた勝頼公が立ち上がった。諸将固唾を呑んで静まり返る中、勝頼公の口が開いた。
「三郎兵衛の意見しごく尤もである。以前の余であればそちの言を取ったであろう。
しかし、家康が油断ならぬ漢であることは余も痛い程分かっておる。
来たる織田軍との戦いの際、後方に不安を残したくないのだ。三郎兵衛よ、分かってくれい。」
「軍議は決した。此度は修理亮の言を採用する。
余は御旗、楯無に誓う。浜松城に籠もる家康を粉砕せん!」
諸将が出陣準備に追われる最中、陣の外れにたたずむ穴山梅雪斎の姿があった。
通りかかった馬場民部が声をかける。
「穴山殿、どうなされた。まもなく出陣ですぞ。」
「いやな、民部殿。あの戦いの後、四郎殿変わったと思わんか?」
黙って、目で語り合う二人・・・。
やがて遠くで出陣の法螺貝の音が鳴り響く。
「もう御館様と呼ばねばならんな。のう、民部殿。」
「それはもう。我々の御館様ですからな。」
二人は自陣へ走ってゆく。
その背後には浜松へ向かう将士の隊列が延々と連なっていた・・・。

35 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 21:23
1次第だな。

36 :武田騎馬軍団:02/08/16 22:24
真面目に武田家を語る場合は、お願いですから
「武田騎馬軍団」なんていう呼称を使わないで下さい。

http://ruitomo.com/~gulab/search.cgi?keyword=%95%90%93c%8BR%94n%8CR%92c&option=K

37 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 22:41
別にいーじゃん

38 ::02/08/16 22:57
>>36
大変気持ちは分かります。
しかし、現在武田軍は精強な騎馬隊を率いていたという認識が一般的です。
一部異論も有る様ですが…。
その為漏れは戦国史にあまり詳しくない人や、興味の無い人でも親しみが持て、なおかつ分かりやすいようにこの呼称を用いました。
何卒そのあたりの事情をお汲み取りの上、本スレをお楽しみ下さい。
まだ勝頼公の戦いは始まったばかり…。
是非一緒に本スレを盛り上げていきましょう。

39 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 22:58
>>38
ネタ?


40 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 22:58
>>38
ネタ集団である2ch武田騎馬軍団が迷惑しているって言われているんですよ、あんた。(w

41 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 23:03
>>1よ…
俺は最近おまいに似た夏厨を見かけたよ。
ヤシの名は廖化、そう、某リプスレのあいつだ。
前スレとまったく同じ名前でスレ立ててたりと、悪気はないのだろうが、
はたから見て厨にしか見えない、いや、真の厨房なのだろうな。
そこそこ読ませる文章書くだけに惜しいのだが、削除依頼してくるのだ。

42 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/16 23:25
あの廖化はリプレイとして名作の部類に入りそうな雰囲気はあったのだが、
こうなるんだったら2chでやらないで自分のサイトでやったほうが
よかったんだろうなあ。

43 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 00:42
デムパゆんゆんゆん

44 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 00:56
>>1
大変気持ちは分かります。
しかし、現在2chは精強な夏厨が糞スレ立てているという認識が一般的です。
一部異論も有る様ですが…。
その為漏れは2chにあまり詳しくない人や、興味の無い人でも親しみが持て、なおかつ分かりやすいようにこのageを用いました。
何卒そのあたりの事情をお汲み取りの上、本スレをお楽しみ下さい。
まだ>1の戦いは始まったばかり…。
是非一緒に本スレを生暖かい目で見守っていきましょう。

45 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 01:05
>>44
面白いコト言うね♪

46 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 01:29
>>44
禿しくワロタ

47 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 01:36
俺、マジでクックルだけど何か聞きたいことある?

    ノノノノ  定期コピペ
   ( ゚∋゚) 
  /⌒\/⌒ヽ_______
 | ̄⌒\ 彡ノ_   |
 |_________\_|__ 丿____|
/_____________\彡ノ_________\
 ‖      \ヽ    ‖
         ヽミ

★スレのルール★
・激しくage進行(sageてると答えないかも)
・AAの張り付けは推奨
・カラ投稿やテスト投稿も歓迎
・ガキ(損権)は適当にあしらうこと


48 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 12:20
ここの1は強いな。

49 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 12:38
電波が?

50 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 14:30
このスレの意図は武田マンセーの武田厨のスレなのか?
あるいは勝頼>>>>>>>>>>>>>>>>>信玄を
暗示させるアンチ信玄厨(=織田厨)のたてたものなのか?

いまだ判別がつかん

51 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 14:37
>>48
は?

52 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 14:40
>>1
がむばれ!!

53 ::02/08/17 18:58
>>52
ご声援有難うございます。
頑張ります。

54 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 19:02
>>53
わざわざスレ建ててまでやるんだから最後まで書ききるように。
こういうの始めるヤシの八割は途中で飽きてやめる罠。

55 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 19:02
(°Д°)ハァ?

56 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 19:16
(°Д°)ハァ?これむかつく

57 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/17 19:44
(°Д°)ハァ?

ハァ?【ハァ?】
(゚д゚)ハァ?の進化系と思われ。片目を見開いたその顔は元祖ハァ?よりも生意気で、
自分の発言にこのレスがつけられると非常に腹が立つ。
顔文字板、厨房板、半角などで見られる。
なお厨房板では進化ヴァージョン(?)として

(°Д°)ハァ? 何だお前ら、下賎のくせに。
        神である俺にひざまずけ。

という形で登場する。

58 ::02/08/17 23:55
ついに国境を越え遠江に入った武田軍。
鍛えぬかれた精鋭達が意気高く進軍してゆく。
馬上の勝頼公の許に一人の使番が近寄って報告する。
「遠江に放った乱波の報告によりますと、家康は兵をかき集め浜松城に篭城したようです。
兵力は約五千。士気は高いと思われます。」
共に駒を進める重臣馬場民部が云う。
「遠江の大半が我が手に有る今、浜松城は後詰も望めぬ孤城。
そんな状況で兵を五千も集めるとは、やはり家康只者ではありませんな。」
「うむ。やはり油断ならぬ奴であった。
しかしあれほどの規模の城に五千もの兵力で篭もられては、力攻めはできんな。
損害が多くなり過ぎる。ここでいたずらに兵を損なうわけにはいかぬ。
かといってのんびり兵糧攻めにする程の時間も無いしのう。」
「お館様、どうなさいますか?」
「そうだの。ム、そうじゃ、民部耳を貸せ。」
勝頼公の話を聞く民部の眼にたちまち光が差す。
「はっ、直ちに。」言い残して去ってゆく民部。
そして何事もなかったように駒を進めてゆく勝頼公。
やがて眼前に浜松城の雄姿があらわれる。
進んでゆく兵士達。
いよいよ徳川家との決着を付ける戦いが始まる・・・。


59 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 00:00
続きがきになる。
CMの後で?か?
1がんがれ!

60 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 00:00
ワクワク

61 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 00:02
(゜Д゜)

62 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 00:18
>>59
>>60
今、1は一所懸命
妄想中・・・

63 ::02/08/18 00:48
はい、ただ今妄想中です(笑
次回書き込み時間は未定ですので気長にお待ち下さい。

64 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 01:01
ついに帰省シーズンを越え夏休みも後半に入った夏厨軍。
鍛えぬかれた厨達が意気高く糞スレを立て逃げしてゆく。
pc前の>1公の許に一人のレスが書き込まれてageていく。
「続きがきになる。CMの後で?か?1がんがれ。」
共に駒を進める厨臣(゜Д゜)が云う。
「三戦板の大半が夏厨の糞スレに有る今、損厨スレはageも望めぬ孤スレ。
そんな状況で千もレス集めるとは、やはり損厨只者ではありませんな。」
「うむ。やはり油断ならぬ奴であった。
しかしあれほどの夏厨が部屋に五千時間も引き篭もられては、力攻めはできんな。
体臭がキツクなり過ぎる。ここでいたずらに地球を汚染するわけにもいかぬ。
かといってのんびり兵糧攻めにする程の時間も無いしのう。」
「お館様、どうなさいますか?」
「そうだの。ム、そうじゃ、(゜Д゜)尻を貸せ。」
>1公の話を聞く民部の頬にたちまち朱が差す。
「はっ、直ちに。」言い残して着物を脱いでゆく(゜Д゜)。
そして何事もなかったように一物を菊門へ進めてゆく>1公。
やがて眼前に浜松城の雄姿があらわれる。
ageてゆく夏厨達。
いよいよ徳川家との決着を付ける戦いが始まる・・・。

65 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 01:13
>>1より>>44>>64が面白い罠。
もういっそのこと>>1の文章を改竄するスレにしたほうがいんじゃねーの?(藁

66 :1:02/08/18 01:24
>>65
いや実の所、>>44>>64にはワロタ。
書き込みで疲れた体がほぐれました。
スレも盛り上がるんで続編キボン

67 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 01:26
>>1
どこをたて読みすればいいのでしょうか?

68 ::02/08/18 03:37
浜松城本丸・・・。
いらいらしながら歩き回る家康の許に近臣が駈け寄る。
「お館様。今三河から戻った者の報告によれば、酒井殿は退路を遮断され壮烈なる討ち死にを遂げられたとの由。
それから武田軍が浜松に現われました。」
「なにぃ。それを早く言わんか、愚か者めが!」
外を見た家康の眼に雲霞の如き大軍が映る。
「ついに来おったか、勝頼めが。調子に乗りおって。」
地団駄を踏む家康。近臣が諌める。
「お館様落ち着き召されぃ。兵力も兵糧も十分あります。更にこの浜松城は難攻不落、かの信玄も攻めるのを諦めた堅城。
勝頼如き匹夫に落とせるものではありませぬ。」
家康我を取り戻して言う。
「そうであったな、皆済まぬ。余はどうかしていたようだ。
それでは勝頼の手並みを拝見すると致すか。ハッハッハッハ。」
一方武田軍では・・・。
駒を進める勝頼公に馬場民部が話しかけていた。
「お館様、まもなく浜松城下ですが焼き払いますか?」
勝頼公は答える。
「いずれは余の領国の一部となる浜松じゃ。焼くに忍びぬ。捨ておけぃ。
それより浜松城の包囲を急げ!厳重にな。但し攻撃は一切まかりならん。各将にそれを徹底させよ。」
「はっ」去りかけた民部が振り返って云う。
「そう、大切な報告を忘れておりました。例の件相整いましてございまする。」
「うむ。」満足気に勝頼公は頷く。
やがて浜松城は完全に包囲された。
必勝の念に燃える武田軍精鋭達の手によって・・・。




69 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 12:48
武田勝頼公マンセー

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/18 12:49
こんなくだらん糞スレにくだまくより
このテキストサイト逝って小一時間笑ってろ
http://www.ogaki-tv.ne.jp/~zeus/

71 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 12:51

       ☆ チン        ハラヘッタ〜
                     ハラヘッタ〜
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 信長援軍マダーマチクタビレター
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | 淡路たまねぎ   .|/

72 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 12:52
また妄想スレか。厨房死ねよ

73 :1:02/08/18 12:58
勝頼病死撤退終了

74 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 12:59
>>72
オマエカコワルイ(プ

75 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 13:11
そうだ、そうだ。
>>72カコワルスギ プ

76 :72:02/08/18 13:22
また妄想スレか。厨房死ねよ

77 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 13:26
>>72
ヤハーリおまえカコワルイ
ダサスギ、ププッ

78 :77:02/08/18 13:28
ぁゃゃのうんこ食べたい

79 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 13:29
>>72こそ厨房、プ

80 :72:02/08/18 14:28
また妄想スレか。厨房死ねよ




81 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 14:30
妄想スレあげ

82 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 14:45
あげ

83 :72:02/08/18 14:47
また妄想スレか。厨房死ねよ

84 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 15:28
>>72はワンパターン
ヤハーリ厨房、早く氏ね!

85 :72:02/08/18 15:38
また妄想スレか。厨房死ねよ

86 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 15:42
>>84
馬鹿正直だねw
ネットをやるには不向きな知能の低さ

87 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 15:44
84=1

88 :84=1:02/08/18 16:16
>>86
不向きですた。
回線切ってフテ寝します。

89 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 16:30
損厨城pc前・・・。
むらむらしながらヌキまくる損厨の許に近臣が駈け寄る。
「お館様。今日本史板から戻った者の報告によれば、酒井殿はアクセスを遮断され電源切って首を吊ったとの由。
それから夏厨軍が浜松に現われました。」
「なにぃ。それを早く言わんか、愚か者めが!」
外を見た損厨の眼に雲霞の如き駄スレが映る。
「ついに来おったか、>>1めが。調子に乗りおって。」
地団駄を踏む損厨。近臣が諌める。
「お館様落ち着き召されぃ。ペットボトルもスナック菓子も十分あります。更にこの損厨城はADSL、かの信玄も利用の接続常時の高速pc城。
>>1如き匹夫に荒されるものではありませぬ。」
損厨我を取り戻して言う。
「そうであったな、皆済まぬ。余はどうかしていたようだ。
それでは>>1の叩かれぶりを拝見すると致すか。ハッハッハッハ。」
一方武田軍では・・・。
駒を進める>>1公に(゜Д゜)が話しかけていた。
「お館様、まもなく損厨城下ですが吉野家コピペ貼りますか?」
>>1公は答える。
「いずれは余の伝説スレの一部となる損厨じゃ。貼るに忍びぬ。捨ておけぃ。
それより損厨城の包囲を急げ!厳重にな。但しageは一切まかりならん。各将にそれを徹底させよ。」
「はっ」去りかけた(゜Д゜)が振り返って云う。
「そう、大切な報告を忘れておりました。先のまぐわい、快感でございまする。」
「うむ。」満足気に>>1公は頷く。
やがて損厨城は完全に包囲された。
必勝の念に燃える夏厨軍精鋭達の手によって・・・。

90 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 17:18
リアル損権なんぞ、一人でボコってあげるよ(w

91 ::02/08/18 17:58
面白すぎ>>89
マジで二本立てで行きません?
しかし惜しいよな。
アンタ程のセンスが有ればいくらでも名文書けるだろうに・・・。
って2ちゃんではマジレスは無粋でしたな。相すみませぬ。
では又後ほど。

92 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 18:08
死ねよ1

93 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 18:24
>>90
じゃあ、居場所突き止めてマジでボコってきてください。
ボコった写真をアップするのがお前の夏休みの宿題な。(w

94 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 19:05
。の後に(w付けるやつって少なそうだな。

95 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/18 19:25
征夷大将軍武田勝頼天下平定

無理だから。

96 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/19 14:16
age


97 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/20 21:33
age


98 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/20 23:41
勝頼は浜松包囲中に、鉄砲に狙撃されて死にました。


〜完〜

99 ::02/08/21 18:14
遠州浜松城・・・。
徳川家康が精鋭と共に拠る最後の拠点。
平時であれば、二俣城、高天神城と共に遠江に睨みをきかせる要害である。
しかし、武田軍に蟻の這い出る隙もなく包囲された今となっては、絶海の孤島にも等しい存在であった。
その本丸・・・。城主家康の許に一人の鎧武者が駆け寄る。
「お館様。当城が包囲されて今日で三日目となりますが、相変わらず武田軍に目だった動きはありませぬ。」
それを聞いた家康は周囲に告げる。
「皆の者、聞いたか?やはり勝頼は父信玄に似ても似つかぬ愚将。
この浜松城を包囲しておれば落ちるものと考えているあたり、やはり知恵が足らぬわ。」
傍に侍す徳川家きっての猛将本多平八郎忠勝が畏まって答える。
「お館様。油断召されるな。
確かに勝頼は只の猪武者。しかし、やつの帷幕には信玄以来の智将、勇将が控えておりまする。
決して甘く見てはなりませぬ。」
家康はからからと笑って云う。
「相変わらず平八郎は心配性よのう。心配要らぬわ。そちも一杯やりながら勝頼の阿呆面でも見物せい。」
その頃、武田軍本陣・・・。
馬場民部に連れられた一人の男が勝頼公の御前に拝伏する。
「そちか、此度は駿河からご苦労であった。ところで例の件、進み具合はどうか?」
男は答える。
「あと二日程頂ければ必ずや。」
民部が手を振り、男は去ってゆく。
「ではお館様、二日後に決行ですな。」
「うむ、それまで敵軍は適当にあしらえ。」
「分かりました。それでは。」去っていく民部。
その後戦況は完全に膠着、何事も無く二日間が経過していった。


100 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/21 18:15
100get!

101 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/23 02:17
禿げ

102 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/24 14:48
遠州損厨城・・・。
損厨がヲタと共にひきこもる最後の拠点。
平時であれば、キャットキラー城、ネオ麦城と共に厨房に煽りを食らう要害である。
しかし、夏厨軍に良スレの這い出る隙もなく駄スレを立てられた今となっては、絶海の孤島にも等しい存在であった。
その本丸・・・。城主損厨の許に一人の鎧武者が駆け寄る。
「お館様。当城が包囲されて今日で三日目となりますが、相変わらず夏厨軍に目だった荒らしはありませぬ。」
それを聞いた損厨は周囲に告げる。
「皆の者、聞いたか?やはり>>1は英雄ネオ麦茶に似ても似つかぬ愚将。
この損厨城をsageておればdat落ちするものと考えているあたり、やはり知恵が足らぬわ。」
傍に侍す損厨家きっての痛将本多平八郎忠勝が畏まって答える。
「お館様。油断召されるな。
確かに>>1は只の夏厨。しかし、やつのpcには秋葉原伝来のメモリ、HDが備わっておりまする。
決して甘く見てはなりませぬ。」
損厨はからからと笑って云う。
「相変わらず平八郎は心配性よのう。心配要らぬわ。そちもエロゲ板を見ながら>>1の阿呆面でも見物せい。」
その頃、夏厨軍本陣・・・。
(゜Д゜)に連れられた一人の男が>>1の御前に拝伏する。
「そちか、此度は軍事板からご苦労であった。ところで例の件、進み具合はどうか?」
男は答える。
「あと二日程頂ければ必ずや。」
(゜Д゜)が腰を振り、男は去ってゆく。
「ではお館様、二日後に決行ですな。」
「うむ、それまで敵軍は適当にageておけ。」
「分かりました。それでは。」去っていく(゜Д゜)。
その後このスレは完全に膠着、ageも無く二日間が経過していった。

103 ::02/08/25 02:18
包囲五日目の夜・・・。
明々と燃える松明に浮かび上がる浜松城。そして、粛然とそれを取り囲む武田軍の精鋭達。
表立った動きはないが、張りつめた空気が両陣営を包んでいる。
やがて武田軍本陣に座す勝頼公の許に、この包囲戦に終止符を打つ一片の報告が届く。
「全ての準備が整いました。お館様、ご裁可を。」
勝頼公が満足げに答える。「うむ。やれぃ!」
それを聞いた使番は直ちに駆け去ってゆく。
その頃城内二の丸・・・。
城主家康は近臣を引き連れ、城内の巡検をしていた。守備につく兵達に気軽に声を掛けながら、廻ってゆく。
突然家康が立ち止まった。訝る近臣が声を掛ける。
「お館様。いかがなされました?」
不機嫌そうに家康が答える。
「何か嫌な胸騒ぎがするのじゃ。こういう時は大抵良からぬ事が起こる。
城兵どもに、更なる警備の徹底を伝えぃ。」
近臣は馬鹿らしくも思ったが、主君の命に背くわけにもいかない。
近臣の下知を受けた供廻の士が城内に散ってゆく。
その時異変は起こった・・・。
突然湧きおこった鬨の声。突如燃え上がる真っ赤な火の手。折からの強風にあおられて火災はどんどん拡大していく。
茫然と立ち尽くす家康の眼に、有り得ぬ筈の光景が映る。
「お館さまぁっ、武田軍の夜襲です。早く防戦のご下知を!」
近臣の懇願にも似た声に家康はやっと我を取り戻した。
家康が執ったその後の防戦指揮は考え得る最良のものであったろう。しかし時既に遅し・・、であった。
城内には武田兵が充満し、各所で凄惨な戦いが繰り広げられている。不意をつかれた上に、城外の勝頼公も戦機を逃さなかった。
城内の火の手を見てとった勝頼公の軍配が静かに上がり、そして振り下ろされる。
その瞬間、浜松城の運命は決まった・・・。
城外の武田軍が大手門に集中攻撃を開始する。城兵も必死の防戦を試みるが、腹背に敵を受けた状態では効果的な防戦なぞ出来ようも無い。
善戦虚しく大手門陥落。堰を切ったように武田軍が雪崩れ込む。
後はもう一方的な戦いであった。
夜が明けかけた頃、戦いは全て終わった。




104 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/27 05:52
 さて、問題です。武田軍はどのようにして、城を落としたでしょう。
以下から選んでください。
駿河から来た男は…
い・今川ゆかりの者で、城内の今川軍残党に内応させた。これで今川家再興!
ろ・河童の言葉が分かる男で、近くの川の河童に城兵たちの尻小玉を抜かせた。
は・てんぷら料理人で、城兵にてんぷら上げてやろうと思ってたら、うっかり火事に。

結果は次の展開に生かしますんで、よしなに…。

105 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/27 08:05
に・全ての頭の兵がちんこをしごいて同時発射の一斉放撃。ホワイトボム。

106 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/27 11:05
ほ・城の四方から駿河の歌を唄わせて、戦意を喪失させた。

107 ::02/08/29 03:23
ついに浜松城は陥落した。昨日までは徳川家の物だったこの城に、今は武田家の旗や諏訪大明神の幟が誇らしげに翻っている。
城内は戦の後始末に奔走する将士達で騒々しい。
そんな中、一人の男が勝頼公の御前に引き立てられてきた。警護の士が報告する。
「敵将徳川家康にございます。」
武田軍のあまりにも迅速な攻撃に腹を切るゆとりも無かったのであろう。まさに家康その人であった。
傲然と胸を反らし、鋭い眼光を勝頼公に向ける。その視線をしっかり受け止めながら勝頼公が云う。
「家康殿、このような状況下であれほどの防衛戦見事であった。しかし戦は時の運。こうして貴殿が余の前に居るのも何かの定めであろう。
貴殿程の漢を失うのは、いかにも惜しい。どうだろう、これからは余を助けて天下安寧の為に働いて呉れんか?」
家康が答える。
「某をそこまで評価して頂けるのは有難い。だが某はかつて信長殿と共に天下統一の為に戦うと誓ったのだ。それを裏切る事は出来ん。」
その後も、勝頼公はこんこんと家康を説得するが、家康は頑として首を縦に振らない。
困り果てた勝頼公を見かねた馬場民部が云う。
「お館様。あまりくどく強いるのは真の漢を遇する道ではありませぬ。彼の信念に殉じさせてやるのが、慈悲というものでありましょう。」
それを聞いた勝頼公、無念そうに家康処断を下知する。警護の士に連行され去ろうとする家康がふと思い出した様に勝頼公に問うた。
「勝頼殿、一つだけ教えて呉れんか。武田軍は一体どうやって我が城内に侵入したのだ?」
勝頼公が答える。
「駿河の安倍金山から金山衆を呼び寄せ、城内に向けて抜け道を掘らせたのだ。城兵に悟られぬ様夜間だけな。」
家康は最初唖然とした顔をしていたが、やがて笑いだした。
「いや、済まぬ。負けたわ。やはり貴殿はあの信玄公のお子だな。では失礼する。」
粛々と去ってゆく家康。見送る勝頼公。
もはやそこには永年の宿敵である二人は無かった。

108 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/29 16:06
ついに浜松城は陥落した。昨日までは徳川家の物だったこの城に、今は夏厨家の駄スレやオナニースレが
スレ立て当人の保守ageで上っている。
城内は叩きや削除依頼に泣きながらキーを叩く将士達で騒々しい。
そんな中、一人の男が>>1の御前に引き立てられてきた。警護の士が報告する。
「敵将徳川家康にございます。」
夏厨軍のあまりにも糞な書き込みに腹を立てるゆとりも無かったのであろう。まさに家康その人であった。
傲然と胸を反らし、鋭い眼光を>>1に向ける。その視線をしっかり受け止めながら>>1が云う。
「家康殿、このような状況下であれほどの煽り見事であった。しかし戦は時の運。こうして貴殿が余の前に居るのも作者の妄想であろう。
貴殿程の漢を失うのは、いかにも惜しい。どうだろう、これからは余を助けて夜伽の為に尻を貸してくれんか?」
家康が答える。
「某をそこまで評価して頂けるのは有難い。だが某はかつて信長殿と共に天下統一の夜に掘り合うと誓ったのだ。それを裏切る事は出来ん。」
その後も、>>1はずんずんと一物を突きつけるが、家康は頑として腰を前後に振らない。
困り果てた>>1を見かねた(゜Д゜)が云う。
「お館様。あまりくどく強いるのは真の漢を衆道ではありませぬ。拙者の尻をご用立て致そう。」
それを聞いた>>1、うれしそうに家康の一物切断を下知する。警護の士に連行され去ろうとする家康がふと思い出した様に>>1に問うた。
>>1、一つだけ教えてくれんか。いったいいつまで糞スレを続ける気だ?」
>>1が答える。
「俺の夏休みが終わるまでじゃ。夏休みが終わった後も夜間だけな。」
家康は最初唖然とした顔をしていたが、やがて笑いだした。
「いや、済まぬ。本物の電波じゃ。やはり貴殿はあのネオ麦茶の系統だな。では失礼する。」
粛々と去ってゆく家康。近臣にも笑われ、涙を流す>>1
数分後そこには永年の友、いやホモである>>1と(゜Д゜)の二人しかいなかった。


109 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/29 16:11
>>1
お疲れ〜
面白いスレだからROMってた
余計なレスで消費しないように
ただ、>>1が展開を聞いてるのに完全放置だったので、やる気を失っては困ると思い、レスw
がんがってくらさい

110 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/29 16:18
>>109
どこを縦読みしますか?

111 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/29 16:23
>>1
お疲れ〜
前々から面白いスレだからROMってた
早く続きが読みたいので余計なレスで消費しないように
くるしくなったら、展開いつでも相談してください。
しっかりした骨太の文を期待しています。
寝る間も惜しんで、このスレチェックしてます。
やる気を失っては困ると思い、レスw
糞カキコなんかにめげないでくださいね。
がんがってくらさい



112 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/29 16:27
>>106
浜松城は遠江だから、駿河の歌、歌われても意味無いだろ・・・。

113 :無名武将@お腹せっぷく:02/08/31 13:52
保守

114 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/05 10:59
もう終わりかな

115 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/07 07:48
(゜Д゜)

116 ::02/09/07 21:21
構想練っておりました。
本日登場予定!
乞うご期待!

117 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/07 23:13
>>116
ガンガレ!!

118 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/08 23:15
1はどした?

119 :>>1の縁者より:02/09/09 02:07
 『武田騎馬軍団進軍開始!勝頼公上洛への道』を楽しみにお待ちしていた
方々に申し上げます。本日>>1は交通事故に遭い、書き込みが出来ない体に
なってしまいました。
 昨日の夜、晩御飯を食べながら自分の居場所を見つけたとうれしそうに
話してくれたあの笑顔が今はもう遠い昔のように思えます。それでも目を
閉じるとまぶたの裏にくっきりとその時の>>1の笑顔が浮かぶのです。
今日の夕方、「帰ったら2chに書き込みしなくちゃ」と言って出て行った
元気な>>1はもう見られないのです。
 私もこのスレを見るたびに深い悲しみに包まれ、もうキーを叩くことが
出来ません。皆さん、どうかこのスレにはもう書き込むことなく私の深い
悲しみと共に沈めてください。よろしくお願いします。

120 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/09 03:06

(つД`)・゚・

121 ::02/09/11 00:37
皆さんお待たせいたしました。続きをお楽しみ下さい。
実は>>119さんの言う通り少し体調をくずしまして…。スマソ

122 ::02/09/11 00:38
浜松城陥落から二日後・・・、美濃国岐阜城。
信長の本拠地であるこの城には、現在三万を超える将兵が集結している。
設楽原にて大敗を喫した信長が急遽集めた兵力であったが、既に進発準備は完了している様であった。
その頃城内では出陣前の最後の軍議が開かれていた。
信長が叫ぶ。「浜松城が危うい。我が軍は直ちに浜松救援に向かう。我に続けぇーっ!」
今まさに飛び出そうとする信長の前に、一人の近習が駆け寄る。
そして信長に蹴倒されそうになりながらもなんとか報告する。
「ただいま浜松から戻った乱波の報告によりますと、浜松城既に陥落。徳川殿は勝頼に捕らえられ、腹を召されたとの由に
ございまする。」
それを聞いた信長、顔を真赤に上気させ近習を睨んでいたがやがてプィッとその場を立去ってしまった。
諸将は完全に置き去りにされた格好である。
やがて、ざわめく諸将の中からひとりの将が立ち上がり発言した。織田家中一の重臣、柴田勝家である。
「皆で、いつまで騒いでいても無意味じゃ。兵を臨戦状態に保ち、お館様のお指図を待とうぞ。」
諸将に否やはなく、軍議は散会となった。
その日の夜・・・。
信長の寝所に信長と密談する一人の男の姿があった。貧相な小男である。
「次の目標・・・、その前・・して・・」「勝頼が・・に、・・村の・・・であ・・」
ひとしきり密談すると男は静かに去っていった。
一方その頃武田軍は三遠国境を越え、三河に入っていた。北条への抑えとして駿河江尻に穴山梅雪斎を残したが、遠江を
完全に手中に収めたため、兵力は二万八千程になっている。
兵の士気も高い。三遠駿の三国を制圧した今、畿内への道は完全に開けた。
そしていよいよ武田軍と織田軍との死闘が始まる・・・。




123 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/11 01:10
|´Д`)アッ

124 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/15 04:08
浜松城陥落から二日後・・・、美濃国岐阜城。
信長の本拠地であるこの城には、現在三万を超える将兵が集結している。
設楽原にて大敗を喫した信長が急遽集めた兵力であったが、出す糞の量も相当なもので岐阜城下は悪臭の真っ只中にあった。
その頃城内では出陣前の最後の軍議が開かれていた。
信長が叫ぶ。「浜松城が危うい。我が軍は直ちに浜松救援に向かう。我に続けぇーっ!」
今まさに飛び出そうとする信長の前に、一人の裸の近習が駆け寄る。
そして信長に犯されそうになりながらもなんとか報告する。
「ただいま浜松から戻った田代まさしの報告によりますと、浜松城既に陥落。徳川殿は>>1に捕らえられ、尻を掘られたとの由に
ございまする。」
それを聞いた信長、顔を真赤に上気させ近習を犯していたがやがてプィッとその場を立去ってしまった。
諸将は完全に置き去りにされた格好である。
やがて、ざわめく諸将の中からひとりの将が立ち上がり発言した。織田家中一の重臣、柴田勝家である。
「ワシ、ウンコもれそう。って言うか、ムラムラきちゃったよ。又左、内蔵介『さんぴい』なるものをしようぞ。」
諸将に否やはなく、軍議は乱交の場となった。
その日の夜・・・。
信長の寝所に信長と猥談する一人の男の姿があった。貧相な小男である。
「またこのパターンきゃ…正直…もう飽きたでよ…」「>>1が…厨なので…他のパターンを…思いつきませぬ」
ひとしきり、勝頼の城攻めの時とパターンが似てることにつまらなさを爆発させると男は静かに去っていった。
一方その頃夏厨軍は夏休みを終え、二学期に入っていた。宿題未提出者への罰として今週追加課題を出されたが、
夜を完全に2chタイムに生活習慣が安定したため、進度は28%程になっている。
苛めに遭う日の確立も高い。臭い・汚い・気持ち悪いの三拍子を達成した今、ヒッキーへの道は完全に開けた。
そしていよいよ夏厨軍と織田軍との死闘が始まる・・・。


125 :無名武将@お腹せっぷく :02/09/15 04:51
浜松陥落3日後、関東の北条氏政は、小田原城で重臣を集めあることを決定した。
武田勝頼は、現在出陣中で、甲斐は手薄。いまこそ、甲斐信濃駿河を我が北条に組み込むときが来た。
そして、その数刻後伝令が、各城に散っていった。
そして出陣は数日後には出撃用意をおえ、速やかに甲斐に侵攻する手はずを整えていた。
そして、数日後、北条は氏照・氏邦が、2万の兵を率い出陣。甲斐信濃に進撃を開始した。
氏政は、小田原で、兵糧補給などを指揮していたのである。

126 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/15 15:27
北条氏照・氏邦兄弟が2万の軍勢を率いて進撃を開始してすぐ、
常陸の国の佐竹義重、下総の里見氏、
そして宇都宮氏と彼らに庇護されていた大田資正が、
一斉に対北条の兵を挙げた。
勝頼は対北条氏のために各大名と事前に密約をとり交わしていたのである。
また関八州というあまりに広い領土を統治するには器的にも小さい氏政は、
国内の政治が行き届かず、領民や国人から強い不満を募らせていた。
そんな状況下の中、さらに無謀にも甲斐駿河上野に攻め込もうとしたばかりに、
国内外から足元をすくわれてしまったのである。
千葉氏、成田氏にも離反され上野の北条景広にも侵攻され、
北条氏は完全に包囲されてしまう形となった。
その状況をみて氏照・氏邦は撤退を開始した。
しかしその後を穴山信君らに追撃され壊滅状況に陥ってしまった。
信玄に徹底的にたたかれた、みませ峠の戦いと同じ状況になってしまったのである。
ここに来て北条氏も風前のともし火となってしまった。

127 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 02:28
なんかすげーご都合主義な展開だな(w

どんな密約だよ?

領内に不穏分子抱えてる大名が外征なんかするのかよ?

近くでにらみ聞かせてる北条より、近臣にも舐められてる遠くの勝頼を選ぶのかよ?



128 :無名武将@お腹せっぷ:02/09/18 16:21
ところで真田三兄弟は出ないの?
とくに昌幸は出して欲しいなあ

129 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 16:41
>>1
こっちを終わらせろよ

今川義元尾張を蹂躙す
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1031523982/ (30)



130 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/20 00:08
>ところで真田三兄弟は出ないの?
>とくに昌幸は出して欲しいなあ
長兄は藁で城を作り、次兄は木で城を作りました。
どちらも織田・徳川軍に(城の材料が材料だけに)あっけなく
攻め滅ぼされましたが、ただ一人末弟の昌幸だけはレンガで
城を作ってあったので助かりました。


131 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/23 20:21
>>1よ終わりか?
>>125,>>126は、ちと無理があると思うが。。。

織田との決戦だけでなく、上杉や関東の武将との関係、北陸をどうするか?
こっからが面白くなるんでしょ?

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)